>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1071

:2010

(1) 

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  測定項目

2

4

  測定方法

3

4.1

  ねじ

3

4.2

  寸法公差付き形体

5

4.3

  幾何公差付き形体

14

附属書 A(参考)トリロールジグ(一例) 

23


B 1071

:2010

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会

(JFRI)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1071:1985 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 B

1071

:2010

締結用部品−精度測定方法

Fasteners-Methods of verification for size and geometry

適用範囲 

この規格は,JIS B 1021 に基づいて,締結用部品に与えられた寸法公差及び幾何公差に関する特性の測

定方法について規定する。

測定方法は,実測による方法,ゲージによる方法又は比較による方法とする。

注記  被測定部品の軸部を保持して回転させるために使用するジグの例を附属書 に示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0251

  メートルねじ用限界ゲージ

JIS B 1012

  ねじ用十字穴

JIS B 1013

  皿頭ねじ−頭部の形状及びゲージによる検査

JIS B 1015

  おねじ部品用ヘクサロビュラ穴

JIS B 1016

  六角穴のゲージ検査

JIS B 1021

  締結用部品の公差−第 1 部:ボルト,ねじ,植込みボルト及びナット−部品等級 A,B

及び C

JIS B 1194

  六角穴付き皿ボルト

JIS B 7153

  測定顕微鏡

JIS B 7184

  測定投影機

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7515

  シリンダゲージ

JIS B 7516

  金属製直尺

JIS B 7520

  指示マイクロメータ

JIS B 7524

  すきまゲージ

JIS B 7533

  てこ式ダイヤルゲージ

JIS B 7540

  V ブロック

JIS B 7544

  デプスマイクロメータ


2

B 1071

:2010

   

測定項目 

締結用部品の特性値に対する測定で対象とする項目(以下,測定項目という。

)は,

表 による。

表 1−測定項目 

測定項目

JIS B 1021

の箇条

測定方法

a)

  有効径

4.1.1 a)

による。

1.1

めねじ

b)

  内径

4.1.2 

4.1.1 b)

による。

a)

  有効径

4.1.2 a)

による。

1.2

おねじ

b)

  外径

3.1.2 

4.1.2 b)

による。

a)

  外径

4.1.3 a)

による。

b)

  谷の径

4.1.3 b)

による。

c)

  山頂切取りの幅

4.1.3 c)

による。

1

ねじ

1.3

タッピンねじ

d)

  ねじ先の形状

5.1.1 

4.1.3 d)

による。

a)

  ねじ部長さ

3.1.4.5 4.2.1 

a)

による。

b)

  長さ

3.1.4.4

5.1.3.3 4.2.1 

b)

による。

c)

  二面幅

3.1.3.1.1

4.1.3.15.1.2.1.1 4.2.1 

c)

による。

d)

  対角距離

3.1.3.1.2

4.1.3.25.1.2.1.2 4.2.1 

d)

による。

e)

  頭部の高さ

3.1.3.1.3

3.1.4.25.1.2.1.35.1.3.2 4.2.1 

e)

による。

f)

  ナットの高さ

4.1.4.1

4.1.5.1 4.2.1 

f)

による。

g)

  頭部及びナットの有効高さ

3.1.3.1.4

4.1.4.24.1.5.15.1.2.1.4 4.2.1 

g)

による。

h)

  頭部の直径

3.1.4.1

5.1.3.1 4.2.1 

h)

による。

i)

  円筒部径

3.1.4.6 4.2.1 

i)

による。

j)

  座面の径

3.1.4.3

4.1.4.3 4.2.1 

j)

による。

k)

  座の高さ

3.1.4.3

4.1.4.3 4.2.1 

k)

による。

l)

  首下移行円の径

3.1.4.3 4.2.1 

l)

による。

m)

  溝付きナットのキャッスル部の径

4.2.1 m)

による。

2.1

外側寸法

n)

  溝付きナットの溝底から座面までの距離

4.1.5.1 

4.2.1 n)

による。

a)

  六角穴の二面幅

4.2.2 a)

による。

b)

  六角穴の対角距離

3.1.3.2.1 

4.2.2 b)

による。

c)

  すりわりの幅

4.2.2 c)

による。

d)

  すりわりの側面の傾き

3.1.3.2.2

5.1.2.2.1 

4.2.2 d)

による。

e)

  十字穴

3.1.3.2.4

5.1.2.2.3 4.2.2 

e)

による。

f)

  ヘクサロビュラ穴

3.1.3.2.5

5.1.2.2.4 4.2.2 

f)

による。

g)

  六角穴の深さ

3.1.3.2.3 4.2.2 

g)

による。

h)

  すりわりの深さ

3.1.3.2.3

5.1.2.2.2 4.2.2 

h)

による。

i)

  ナットのねじ部の面取り

4.1.4.3 4.2.2 

i)

による。

2

寸法公差付き形体

2.2

内側寸法

j)

  溝付きナットの溝の幅

4.1.5.1 4.2.2 

j)

による。


3

B 1071

:2010

表 1−測定項目(続き) 

測定項目

JIS B 1021

の箇条

測定方法

a)

  外側形体(締付け部の形体) 3.2.1.1.15.2.1.1

4.3.1 a) 

による。

b)

  内側形体(締付け部の形体) 3.2.1.1.2

4.3.1 b) 

による。

c)

  軸部に対する外側形体の位置度 4.3. c) 

による。

d)

  軸部に対するすりわりの位置度 4.3. d) 

による。

e)

  軸部に対する十字穴の位置度 

3.2.1.2

5.2.1.2

4.3.1 e) 

による。

f)

  軸部に対する内側形体の位置度 3.2.1.2

4.3.1 f) 

による。

g)

  軸部に対する円形の頭部の位置度 3.2.2.15.2.2.1

4.3.1 g) 

による。

h)

  ねじ部に対する割りピン穴の位置度 4.3. h) 

による。

i)

  ねじ部に対する(半)棒先の位置度 4.3. i) 

による。

j)

  ねじ部に対する円筒部の位置度 

3.2.2.1

4.3.1 j) 

による。

k)

  軸部の真直度 3.2.2.25.2.2.3

4.3.1 k) 

による。

l)

  軸部に対する座面の軸方向全振れ 3.2.2.35.2.2.2

4.3.1 l) 

による。

m)

  軸部に対するねじ先端面の軸方向全振れ 3.2.2.3

4.3.1 m) 

による。

n)

  ねじ部に対するねじ先円すい面の円周振れ

3.2.2.1

4.3.1 n) 

による。

3.1

おねじ部品

o)

  座面の形状からの偏差 3.2.2.4

4.3.1 o) 

による。

a)

  外側形体(締付け部の形体) 4.2.1.1

4.3.2 a) 

による。

b)

  ねじ部に対する六角側面の位置度 4.3. b) 

による。

c)

  ねじ部に対する四角側面の位置度 

4.2.1.2

4.3.2 c) 

による。

d)

  ねじ部に対する円形外周部の位置度 4.3. d) 

による。

e)

  ねじ部に対する割りピン溝の位置度 

4.2.2.1

4.3.2 e) 

による。

f)

  ねじ部に対する座面の軸方向全振れ 4.2.2.2

4.3.2 f) 

による。

3

幾何公差付き形体

3.2

めねじ部品

g)

  座面の形状からの偏差 4.2.2.3

4.3.2 g) 

による。

測定方法 

4.1 

ねじ 

4.1.1 

めねじ 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a)

  有効径 

めねじの有効径(D

2

)は,その公差域クラスに対応する通り・

止りのねじプラグゲージを用い,JIS B 0251 に規定する方法に
よって調べる。

JIS B 0251 による

ね じ プ ラ グ ゲ ー

b)

  内径 

a)

  有効内径部 

b)

  不完全内径部 

図 

方法 1:ゲージによる方法 
  めねじ内径(D

1

)は,その公差域クラスに対応する通り・止

りのプレーンプラグゲージを用い,JIS B 0251 に規定する方法
によって調べる。 
  ナットの有効内径部

1)

  の長さ(y)は,プレーン止り側プラ

グゲージがナットの両面から入った長さの和(z

1

z

2

)をナット

の実測高さ(m)から差し引いた値とする。 
  なお,プリベリングトルク形ナットにおける不完全内径部

2)

の長さ(x)は,プレーン止り側プラグゲージがナットの座面か
ら入った長さとする。

1)

  めねじ内径が,規定された許容域内にある部分[図

1 a)

参照]

2)

  めねじ内径が,規定された最大許容寸法を超えてい

る部分[

図 1 b)  参照]。

 
JIS B 0251 による

プ レ ー ン プ ラ グ
ゲージ


4

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

b)

  内径(続き)

方法 2:実測による方法 
  めねじ内径(D

1

)は,その公差域クラスに対応した内径の許

容限界に見合う測定器(例えば,ノギス)を用い,直交する二

方向について測定する。 
  なお,有効内径部の長さ(y)及び不完全内径部の長さ(x
については,実測によって得られた内径変化の状態図(

図 

照)から求める。

注記  D

1

′  及び D

1

″  は,実測による内径の

最小及び最大寸法。D

1 max

は,めね

じの公差域クラスごとに規定され
た内径の最大許容寸法。

図 2−内径変化の状態図 

 
JIS B 7507 による

ノギス

4.1.2 

おねじ 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a)

  有効径 

おねじの有効径(d

2

)は,その公差域クラスに対応する通り・

止りのねじリングゲージ又はこれに代わるねじ用限界ゲージ

を用い,JIS B 0251 に規定する方法によって調べる。

JIS B 0251 による

ね じ リ ン グ ゲ ー

b)

  外径 

方法 1:ゲージによる方法 
  おねじ外径(d)は,その公差域クラスに対応する通り・止
りのプレーンリングゲージ又は通り・止りのプレーン挟みゲー
ジを用い,JIS B 0251 に規定する方法によって調べる。 
方法 2:実測による方法 
  おねじ外径(d)は,外側マイクロメータ若しくは指示マイ
クロメータ又はこれらに代わる測定器を用い,直交する二方向

について測定する。 
  なお,おねじ外径の測定位置は,ねじ部の中央付近とするが,
ねじ部が長い場合は,先及び元の 2 か所について測定するのが

よい。ただし,ねじ先端からの 2 ピッチ分及び不完全ねじ部を
除く。

JIS B 0251 による

プ レ ー ン リ ン グ
ゲ ー ジ 又 は プ レ
ーン挟みゲージ

JIS B 7502 による

外 側 マ イ ク ロ メ
ータ

JIS B 7520 による

指 示 マ イ ク ロ メ
ータ


5

B 1071

:2010

4.1.3 

タッピンねじ 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a)

  外径 

タッピンねじの外径(d

1

)は,外側マイクロメータ,指示マイ

クロメータ,測定顕微鏡,測定投影機又はこれらに代わる測定
器で測定する。

JIS B 7502 による

外 側 マ イ ク ロ メ
ータ

JIS B 7520 による

指 示 マ イ ク ロ メ
ータ

JIS B 7153 による

測定顕微鏡

JIS B 7184 による

測定投影機

b)

  谷の径 

タッピンねじの谷の径(d

2

)は,測定顕微鏡,測定投影機又は

これらに代わる測定器で測定する。

c)

  山頂切取りの幅 

タッピンねじの山頂切取りの幅(c)は,測定顕微鏡,測定投
影機又はこれらに代わる測定器で測定する。

d)

  ねじ先の形状 

タッピンねじのねじ先の形状(角度又は d

3

)は,測定顕微鏡,

測定投影機又はこれらに代わる測定器で測定する。

JIS B 7153 による

測定顕微鏡

JIS B 7184 による

測定投影機

4.2 

寸法公差付き形体 

4.2.1 

外側寸法 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a) 

ねじ部長さ(図 の b
b

m

l

s

及び l

g

a)

  b

m

は,植込みボルト

の植込み側ねじ部の
長さ。

b)

  l

s

は,ねじのない円

筒部の長さ。

c)

  l

g

は,ねじのない円

筒部(ねじの切終り

部を含む。

)の長さ。

図 

ねじ部の長さ(b)は,ねじ先端から不完全ねじ部までの寸法
を金属製直尺,ノギス又はこれらに代わる測定器で測定する。

この場合,ねじ先の端面が斜めになっているものは,端部の起
点を最長点とする(

図 参照)。

  なお,完全ねじ部と不完全ねじ部との境界は,通り側ねじリ

ングゲージが止まった点(

図 参照)又はこれに相当する点と

する。 
植込みボルトの植込み側ねじ部の長さ(b

m

)は,の測定に用

いた測定器で,ねじ端面から不完全ねじ部の終りまでの寸法を
測定する。 
ねじのない円筒部の長さ(l

s

及び l

g

)は,の測定に用いた測定

器で,ボルトの座面から測定する。 

図 4−ねじ先の端部の起点 

a)

  ねじ部面取りがある通り側ねじリングゲージを用いる場

合は,その寸法が 寸法に含まれないようにする。

図 5−完全ねじ部と不完全ねじ部との境界 

JIS B 7516 による

金属製直尺

JIS B 7507 による

ノギス


6

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

b)

  長さ(図 の l

図 

長さ(l)は,ねじ部長さ(b)に準じて測定する[4.2.1 a)  参照]

  なお,ねじ先の端面が斜めになっているものは,端部の起点
を最長点とする(

図 参照)。

JIS B 7516 による

金属製直尺

JIS B 7507 による

ノギス

c)

  二面幅(図 の s

図 7

方法 1:実測による方法 
  二面幅(s)は,ノギス,外側マイクロメータ,指示マイクロ

メータ又はこれらに代わる測定器で測定する。 
方法 2:ゲージによる方法 
  二面幅(s)は,その許容限界寸法に対応した通り・止りの挟

みゲージで調べる。 
  なお,通り側挟みゲージの代わりに,JIS B 1021 

図 C.1 

図 C.3 に基づく総形のゲージを用いてもよい。

JIS B 7507 による

ノギス

JIS B 7502 による

外 側 マ イ ク ロ メ
ータ

JIS B 7520 による

指 示 マ イ ク ロ メ
ータ

・挟みゲージ 
・総形のゲージ

d)

  対角距離(図 の e

図 

方法 1:実測による方法 
  対角距離(e)は,二面幅(s)に準じて測定する[4.2.1 c)  の
方法 参照]。 
方法 2:ゲージによる方法(e

min

を調べる場合)

  対角距離(e

min

)は,その寸法に対応した挟みゲージで調べ

る。

 
 
 
 
・挟みゲージ

e)

  頭部の高さ(図 の k

a) 

図 

方法 1:ゲージによる方法 
  座面と平行で,首下移行円の径より大きい頂面をもつ頭部

図 9 a)  参照]の高さ(k)は,その許容限界寸法に対応した

通り・止りの挟みゲージで調べる。 
  皿頭及び丸皿頭[

図 9 b)  参照]の高さ(k)は,JIS B 1013

に規定する皿ゲージで調べる。ただし,六角穴付き皿ボルトの
場合は,JIS B 1194 に規定する皿ゲージで調べる。

 
・挟みゲージ

JIS B 1013 に規定

する皿ゲージ

JIS B 1194 に規定

する皿ゲージ


7

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

e)

  頭部の高さ(続き)

b) 

c) 

d) 

図 9(続き)

方法 2:実測による方法 
  座面と平行で,首下移行円の径より大きい頂面をもつ頭部

図 9 a)  参照]の高さ(k)は,二面幅(s)に準じて測定する

4.2.1 c)  の

方法 参照]。

  二面幅(s)に準じた測定ができない頭[

図 9 c)  参照]及び

頂面に丸みがある頭[

図 9 d)  参照]の場合には,図 10 に示す

例によって,座面から頂面までの寸法をダイヤルゲージ又はこ
れに代わる測定器で測定する。 
  なお,頂面に丸みがある頭の場合には,ダイヤルゲージの測

定子は,平板状のもの(

図 34 参照)又は平面状のものとする。

a)

  穴又は溝の角部は,首下丸み部と

干渉しないように面取りを施す。

図 10−実測による頭部の高さの測定例 

 
 
 
 
JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

f) 

ナットの高さ(図 11 
及び h

図 11 

方法 1:実測による方法 
  ナットの高さ(及び h)は,二面幅(s)に準じて測定する

4.2.1 c)  の

方法 参照]。

方法 2:ゲージによる方法 
  ナットの高さ(及び h)は,その許容限界寸法に対応した

通り・止りの挟みゲージで調べる。

 
 
 
 
・挟みゲージ

g) 

頭部及びナットの有効
高さ(図 12 の k

w

及び

m

w

図 12

方法 1:実測による方法 
  六角ボルト及び六角ナットの有効高さ(k

w

及び m

w

)は,ノ

ギス,マイクロメータ,測定投影機などで対角距離の最小許容
値(e

min

)が存在する点を検出して,その点から座面までの寸

法をノギス,マイクロメータ又はこれらに代わる測定器で測定

する(

図 13 参照)。

図 13−実測による有効高さの測定例 

 
JIS B 7507 による

ノギス

JIS B 7502 による

外 側 マ イ ク ロ メ

ータ

JIS B 7520 による

指 示 マ イ ク ロ メ

ータ

JIS B 7184 による

測定投影機

 


8

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

g) 

頭部及びナットの有効
高さ(続き)

方法 2:実測にゲージを併用する方法 
  六角ボルト及び六角ナットの有効高さ(k

w

及び m

w

)は,リ

ングゲージ

3)

  で対角距離の最小許容値(e

min

)が存在する点を

検出して,そのゲージの下面から座面までの寸法をノギス,ダ
イヤルゲージ又はこれらに代わる測定器で測定する(

図 14 

照)。この場合,リングゲージは,軸線に対して傾かないよう

に入れる。

3)

  JIS B 1123 の附属書,JIS B 1189 の附属書 及び JIS 

B 1190

附属書 では,リングゲージの内径を

e

min

    (mm)とし,内径の角は直角であって丸み

及び面取りがあってはならないとしている。

図 14−有効高さの測定にゲージを併用する例 

 
JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7507 による

ノギス

・リングゲージ

方法 3:専用ゲージによる方法 
  フランジ付き六角ボルト及びフランジ付き六角ナットの有
効高さ(k

w

及び m

w

)は,

図 15 に示す A 及び B の二つのリング

ゲージ

4)

  で調べる。フランジ部分に着座させたリングゲージ A

と,頂面に載せたリングゲージ B とが接触してはならない。 
  なお,リングゲージ B は,軸線と直角になるように載せる。

4)

  次の規格では,リングゲージの寸法を図 15 のように

規定している。

JIS B 1127

附属書 A

JIS B 1189

附属書 A

JIS B 1190

附属書 A

JIS B 1199-3

附属書 1

JIS B 1199-4

附属書 1

W

a min

e

理論

(mm)

W

a max

W

a min

+0.01(mm)

W

b max

e

min

−0.01(mm)

W

b min

W

b max

−0.01(mm)

T

a max

m

w min

又は T

a max

k

w min

(mm)

T

a min

T

a max

−0.01(mm)

図 15−有効高さの測定にゲージを使用する例 

 
・リングゲージ

+0.008
  0


9

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

h) 

頭部の直径(図 16 
d

k

図 16 

方法 1:実測による方法 
  頭部の直径(d

k

)は,二面幅(s)の測定方法に準じて測定す

る[4.2.1 c)  の

方法 参照]。

方法 2:ゲージによる方法 
  頭部の直径(d

k

)は,その許容限界寸法に対応した通り・止

りの挟みゲージ又はリングゲージで調べる。

  なお,皿頭及び丸皿頭の直径(d

k

)の最小寸法については,

JIS B 1013

に規定するリングゲージで調べる。

 
 
 

・挟みゲージ又はリ

ングゲージ

JIS B 1013 による

リングゲージ

i)

  円筒部径(図 17 の d

s

図 17

方法 1:実測による方法 
  円筒部の直径(d

s

)は,二面幅(s)の測定方法に準じて測定

する[4.2.1 c)  の

方法 参照]。

  なお,d

s

の測定位置は,その中央付近とするが,円筒部が長

い場合には,ねじ部側及び頭部側の 2 か所について測定するの
がよい。 
方法 2:ゲージによる方法 
  円筒部の直径(d

s

)は,その許容限界寸法に対応した通り・

止りの挟みゲージで調べる。

 
 
 
 
 
 
 
・挟みゲージ

j)

  座面の径(図 18 の d

w

a)

  d

w

に対する基準位置

図 18 

方法 1:実測による方法 
  座面の径(d

w

)は,測定投影機で次によって測定する。

  基準線に,座面の影を合わせる。基準線が被測定物の内側に

なるよう軸線方向に 0.1 mm 移動させた後,基準線と座面外周
の影との交点から座面の径(d

w

)を求める。

方法 2:実測による方法 
  座面の径(d

w

)は,輪郭形状測定機で次の手順によって測定

する。

手順 1  おねじ部品の場合には,測定の妨げにならないよう

に軸部を切除する。

手順 2  先端の丸み半径が 0.025 mm の測定子を用い,実際の

座面の径(d

w

)を超える範囲の,座面の軸線を通る

直径方向の輪郭形状線を得る。

なお,輪郭形状線の内周側には,おねじ部品の場

合は,首下丸み部を可能な限界まで含めるものとし,

めねじ部品の場合は,ねじ部の面取り部を含める。

手順 3  座面から内側に 0.1 mm 入った直線と,輪郭形状線と

の交点から,座面の直径(d

w

)を求める。

注記  座面の輪郭形状線は,おねじ部品の場合には,首下

移行円の径[4.2.1 l)  参照]及び座面の形状からの偏
差[4.3.1 o)  参照]

,めねじ部品の場合には,ナット

のねじ部の面取り[4.2.2 i)  参照]及び座面の形状か
らの偏差[4.3.2 g)  参照]の測定にも用いる。

方法 3:ゲージによる方法 
  座面の径(d

w

)は,直径又は幅が d

w

で,0.1 mm の段差をも

つ機能ゲージ(

図 19 参照)で調べる。座面は,機能ゲージの

段差の底面と接触してはならない。

 
JIS B 7184 による

測定投影機

 
 
 
・輪郭形状測定機 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・機能ゲージ

 
 
 
 


10

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

j)

  座面の径(続き)

図 19−機能ゲージによる座面の径の検証例 

k)

  座の高さ(図 20 の c

図 20 

方法 1:実測による方法 
  座の高さ(c)は,ノギス又はこれに代わる測定器で測定する。

  なお,座の高さ(c)は,ダイヤルゲージを用い,

図 21 に示

す方法によって測定してもよい。

注記  測定上の基準は,A 面又は B 面のいずれでもよい。

ただし,B 面を基準にした場合は,ダイヤルゲージ
の読みから m

0

を差し引いた値を とする。

図 21−実測による座の高さの測定例 

 
JIS B 7507 による

ノギス

JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

方法 2:ゲージによる方法 
  座の高さ(c)は,次によって調べる。 
  六角部の対角距離よりも外径の大きい平座金

5)

  又はこれに

代わる平板を座面に密着させる。その上面から六角部下面まで

の寸法を,座の高さ(c)の許容限界寸法に対応した通り・止り
の厚みゲージ

6)

  と比較する(図 22 参照)。

5)

  平座金は,JIS B 1256 によるのがよい。

6)

  厚みゲージの寸法許容差は,JIS B 7524 のすきまゲ

ージに準じるのがよい。

なお,JIS B 7524 のすきまゲージを厚みゲージに

準用してもよい。

図 22−ゲージによる座の高さの測定 

 
・平座金又は平板 
・厚みゲージ 
JIS B 7524 による

すきまゲージ

l) 

首下移行円の径(図 23
の d

a

図 23

方法 1:実測による方法 
  首下移行円の径(d

a

)の測定には,4.2.1 j)  の

方法 で得た輪

郭形状線を用いる。 
  首下移行円の径(d

a

)は,輪郭形状線の座面を表す直線と首

下丸みを表す円弧との交点から求める。 
方法 2:ゲージ又はノギスによる方法(d

a max

を調べる場合)

  首下移行円の径(d

a max

)は,その寸法に対応した挟みゲージ

を用い,被測定部品の d

a

と比較する。又は,最大許容寸法に目

盛りを合わせたノギスを用い,被測定部品の d

a

と比較する。

  なお,ゲージの口には,丸み又は面取りがあってはならない。

 
 
 
 
 
 
・挟みゲージ

JIS B 7507 による

ノギス


11

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

m) 

溝 付 き ナ ッ ト の キ ャ
ッスル部の径(図 24
の d

e

図 24 

方法 1:実測による方法 
  キャッスル部の直径(d

e

)は,二面幅(s)に準じて測定する

4.2.1 c)  の

方法 参照]。

方法 2:ゲージによる方法 
  キャッスル部の直径(d

e

)は,その許容限界寸法に対応した

通り・止りの挟みゲージで調べる。

 
 
 
 
・挟みゲージ

n) 

溝 付 き ナ ッ ト の 溝 底
か ら 座 面 ま で の 距 離

図 25 の w

図 25

方法 1:実測による方法 
  溝底から座面までの距離(w)は,ノギスで測定する。この
場合,溝底と接触する外側用ジョーの断面は,溝底と接触する

ように丸めるか又は角ばらせる

7)

。また,外側用ジョーが溝の

幅より厚い場合には,ジョーの厚さを修正する。

7)

  測定結果に影響しない程度の細い幅をもつ平面は,

許容される。

方法 2:実測による方法 
  溝底から座面までの距離(w)は,先端に溝の幅より小さい

丸みの球面をもつ測定子をダイヤルゲージに取り付け,それを
用いて測定する。座面を下にしてナットを定盤に置き,定盤(基
準面)から溝底までの高さを測定する。

  なお,溝底から座面までの距離(w)がダイヤルゲージの測
定範囲を超える場合には,高さ寸法が既知のブロック(ゲージ)
との比較測定をする。

 
JIS B 7507 による

ノギス

 
 
 
 
 
JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7533 による

て こ 式 ダ イ ヤ ル

ゲージ

4.2.2 

内側寸法 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a) 

六角穴の二面幅(図 26
の s

図 26

方法 1:実測による方法 
  六角穴の二面幅(s)は,ノギス,シリンダゲージ又はこれら
に代わる測定器で測定する。 
方法 2:板ゲージによる方法 
  六角穴の二面幅(s)は,その許容限界寸法に対応した通り・
止りの板ゲージで調べる。 
方法 3:六角穴用ゲージによる方法 
  六角穴の二面幅(s)は,その許容限界寸法に対応した通り・
止りの六角穴用ゲージで調べる。

 
JIS B 7507 による

ノギス

JIS B 7515 による

シリンダゲージ

・板ゲージ 
 
JIS B 1016 による

六角穴用ゲージ

b) 

六角穴の対角距離(図
27

の e

図 27

方法 1:実測による方法 
  六角穴の対角距離(e)は,六角穴の二面幅(s)の測定方法
に準じて測定する[4.2.2 a)  の

方法 参照]。ただし,測定器の

接触測定子は,六角穴のすみに当たるような形状とする。

  なお,の測定には,測定顕微鏡,測定投影機などを用いて
もよい。 
方法 2:六角穴用ゲージによる方法(e

min

を調べる場合)

  六角穴の対角距離(e

min

)は,4.2.2 a)  の

方法 に示す六角穴

用通り側ゲージで調べる。 
方法 3:ゲージによる方法(e

min

を調べる場合)

  六角穴の対角距離(e

min

)は,その寸法に対応した板ゲージ

で調べる。ただし,板ゲージの両側面は,六角穴の辺と干渉し
ないように面取りをする(

図 28 参照)。

 
JIS B 7153 による

測定顕微鏡

JIS B 7184 による

測定投影機

 
 
JIS B 1016 による

六角穴用ゲージ

 
・板ゲージ


12

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

b) 

六角穴の対角距離(続
き)

図 28−板ゲージの例 

c) 

すりわりの幅(図 29
の n

図 29 

方法 1:実測による方法 
  すりわりの幅(n)は,ノギス,すきまゲージ又はこれらに

代わる測定器で測定する。 
方法 2:ゲージによる方法 
  すりわりの幅(n)は,その許容限界寸法に対応した通り・

止りの形状ゲージで調べる(

図 30 参照)。

  通り側形状ゲージは,

A 面が製品と接触しなければならない。

  止り側形状ゲージは,B 面が製品と接触してはならない。

 a)

  通り側 b)  止り側 

a)

  t

min

:すりわりの深さの最小許容寸法

図 30−形状ゲージの例 

 
JIS B 7507 による

ノギス

JIS B 7524 による

すきまゲージ

 
・形状ゲージ

d) 

すりわりの側面の傾き

図 29 参照)

すりわりの側面の傾き(7°以下)は,

図 30 に示す通り側形状

ゲージを用い,すりわりの側面の傾きをゲージとのすきまで比

較する(

図 31 参照)。

図 31−形状ゲージによる比較測定の例 

・形状ゲージ

e)

  十字穴 

十字穴の測定は,JIS B 1012 に規定する方法によって行う。

f)

  ヘクサロビュラ穴 

ヘクサロビュラ穴の測定は,JIS B 1015 に規定する方法によっ
て行う。

g) 

六角穴の深さ(図 32
の 及び w

図 32

1)

  六角穴の深さ(t)の測定 

方法 1:実測による方法 
  六角穴の深さ(t)は,デプスバー付きのノギス,デプスマイ
クロメータ又はこれらに代わる測定器で測定する。ただし,こ
の場合における測定器の測定子は,六角穴のすみ部に当たるよ

うにする。 
方法 2:実測による方法 
  六角穴の深さ(t)は,十字穴の深さ又はヘクサロビュラ穴の

深さの測定方法に準じて,ダイヤルゲージで測定する[4.2.2 e) 
及び 4.2.2 f)  参照]

。この場合,測定子の形状・寸法は,JIS B 1016

による六角穴用通り側ゲージによる。ただし,六角部の長さ(C

は,任意とする。また,測定子の先端部には,面取りを施さな
い。

 
 
JIS B 7507 による

デ プ ス バ ー 付 き
のノギス

JIS B 7544 による

デ プ ス マ イ ク ロ
メータ

JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ


13

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

g) 

六角穴の深さ(続き)  方法 3:ゲージによる方法(t

min

を調べる場合) 

  六角穴の最小深さ(t

min

)は,

図 28 に示す板ゲージの差し込

み部長さを,六角穴の深さ(t)の最小許容寸法に対応した寸法

とし,それを深さのゲージにして調べる。

2)

  六角穴の底から座面までの距離(w)の測定  六角穴の底

から座面までの距離(w)は,4.2.1 e)  の

方法 によって実測し

た頭部の高さ(k)から,実測した六角穴の深さ(t)を差し引
いて求める。 
  なお,六角穴の底部がきり底の場合には,ドリル加工穴の深

さ(t′)を六角穴の深さの測定方法に準じて測定し,この値を
実測した頭部の高さ(k)から差し引いて求める。

 
・板ゲージ

1)

  すりわりの深さ(t)の測定 

方法 1:実測による方法 
  すりわりの深さ(t)は,ダイヤルゲージに平板状の測定子を
取り付け,それを用いて測定する。この場合,平板状測定子の
幅は,すりわりの全長にわたるものとする(

図 34 参照)。

  なお,すりわりが大きい場合は,デプスバー付きのノギス,
デプスマイクロメータなどで測定してもよいが,この場合,測
定子は,すりわり深さの最も浅い部分に当たるようにする。

図 34−実測によるすりわりの深さの測定例 

 
 
JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7507 による

デ プ ス バ ー 付 き
のノギス

JIS B 7544 による

デ プ ス マ イ ク ロ
メータ

方法 2:ゲージによる方法 
  すりわりの深さ(t)は,その許容限界寸法に対応した通り・

止りの板ゲージ(

図 35 参照)で調べる。

  なお,最大許容寸法(t

max

)の規定がない部品には,止り側

板ゲージを適用しない。

図 35−板ゲージによるすりわりの深さの測定例 

 
・板ゲージ

h) 

すりわりの深さ(図 33
の 及び w

図 33 

2)

  すりわりの底から座面までの距離(w)の測定  すりわり

の底から座面までの距離(w)は,溝付きナットの溝底から座
面までの距離の測定方法に準じて測定する[4.2.1 n)  の

方法 2

参照]

。ただし,すりわりの底から座面までの距離(w)は,す

りわり深さの最も深い部分から座面までとする。 

JIS B 7507 による

ノギス

JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7533 による

て こ 式 ダ イ ヤ ル

ゲージ


14

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

i) 

ナットのねじ部の面取
り(図 36 の α 及び d

a

図 36 

方法 1:実測による方法 
  ナットのねじ部の面取りの測定には,4.2.1 j)  の

方法 で得

た輪郭形状線を用いる。

  ねじ部の面取り角度(α)は,面取り部を表す直線から求め
る。 
  面取りの直径(d

a

)は,座面を表す直線と面取り部を表す直

線との交点から求める。 
方法 2:ゲージ又はノギスによる方法(d

a max

を調べる場合)

  面取り円の径(d

a max

)は,その寸法に対応した挟みゲージを

用い,被測定部品の d

a

と比較する。又は,最大許容寸法に目盛

を合わせたノギスを用い,被測定部品の d

a

と比較する。

  なお,ゲージの口には,丸み及び面取りがあってはならない。

 
 
 
 
 
 
 
 
・挟みゲージ

JIS B 7507 による

ノギス

j) 

溝付きナットの溝の幅

図 37 の n

図 37

方法 1:実測による方法 
  溝付きナットの溝の幅(n)は,六角穴の二面幅(s)の測定
方法に準じて測定する[4.2.2 a)  の

方法 参照]。

方法 2:板ゲージによる方法 
  溝付きナットの溝の幅(n)は,その許容限界寸法に対応し
た通り・止りの板ゲージで調べる。

 
JIS B 7507 による

ノギス

 
・板ゲージ

4.3 

幾何公差付き形体 

4.3.1 

おねじ部品 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a) 

外側形体(締付け部の
形体) 

図 38

外側形体(締付け部の形体,

図 38 参照)は,総形のゲージで

検証する。

JIS B 1021 

図 C.1

又は

図 C.3 に基づ

く総形のゲージ

b) 

内側形体(締付け部の
形体) 

図 39

内側形体(締付け部の形体,

図 39 参照)は,六角穴用通り側

ゲージで検証する。

JIS B 1016 による

六 角 穴 用 通 り 側
ゲージ


15

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

c) 

軸部に対する外側形体
の位置度(図 40 の t

a)

  座面からデータム A

までの距離は,0.5  d
以下とする。ただし,
タッピンねじの場合

は,1 以下とする。

また,データム A

は,すべて円筒部に

あるか,すべてねじ
部にあるようにし,
ねじ部の切終わり部

及び首下丸み部を含
ませない。

図 40 

軸部に対する外側形体の位置度(t)は,機能ゲージで検証する。

フランジ付き六角ボルトの六角頭の位置度の検証例を,

図 41

に示す。

図 41−機能ゲージによるフランジ付き六角ボルトの 

六角頭の位置度の検証例

JIS B 1021 

図 C.4

に 基 づ く 機 能 ゲ
ージ

d) 

軸部に対するすりわり
の位置度(図 42 の t

図 42 

軸部に対するすりわりの位置度(t)は,機能ゲージで検証する。

六角ボルトのすりわりの位置度の検証例を,

図 43 に示す。

図 43−機能ゲージによる六角ボルトの 

すりわりの位置度の検証例

JIS B 1021 

図 C.6

に 基 づ く 機 能 ゲ
ージ

e) 

軸部に対する十字穴の
位置度(図 44 の t

a)

  図 40 の注

a) 

参照。

図 44 

軸部に対する十字穴の位置度(t)は,機能ゲージで検証する。 
チーズ小ねじの十字穴の位置度の検証例を,

図 45 に示す。頭

部の頂面(頂面が丸い場合は,頂面と十字穴の入り口とが実際
に交差する点)は,機能ゲージの A 面と接触しなければならな
い。

  なお,JIS B 1012 に規定する H 形十字穴及び S 形十字穴の位
置度(t)は,

図 46 に示す機能ゲージで検証してもよい。この

場合,十字穴の食い付き用ゲージは,十字穴に食い付かなけれ

ばならない。

図 45−機能ゲージによるチーズ小ねじの 

十字穴の位置度の検証例

 
 
 
 
 
 
 
 

JIS B 1021 

図 C.7

に 基 づ く 機 能 ゲ

ージ


16

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

e) 

軸部に対する十字穴の
位置度(続き)

    1  十字穴の食い付き用ゲージ 

a)

  ゲージの内径は,ねじ外径の最大実体寸法を内径と

する円筒径穴である。

図 46−機能ゲージによる 形十字穴又は 形十字穴をもつ 

チーズ小ねじの十字穴の位置度の検証例

 
 
 
・機能ゲージ 
JIS B 1012 に基づ

く 十 字 穴 の 食 い

付き用ゲージ

f) 

軸部に対する内側形体
の位置度(図 47 の t

a)

図 40 の注

a) 

参照。

図 47 

軸部に対する内側形体の位置度(t)は,機能ゲージで検証する。

  六角穴付き止めねじの六角穴の位置度の検証例を,

図 48 

示す。 

図 48−機能ゲージによる六角穴付き止めねじの 

六角穴の位置度の検証例

JIS B 1021 

図 C.5

に 基 づ く 機 能 ゲ

ージ

g) 

軸部に対する円形の頭
部の位置度(図 49 の t

a)

図 40 の注

a) 

参照。

図 49

軸部に対する円形の頭部の位置度(t)は,機能ゲージで検証す
る。 
フランジ付き六角ボルトのフランジ外径の位置度の検証例を,
図 50 に示す。

図 50−機能ゲージによるフランジ付き六角ボルトの 

フランジ外径の位置度の検証例 

JIS B 1021 

図 C.8

に 基 づ く 機 能 ゲ
ージ

h) 

ねじ部に対する割りピ
ン穴の位置度(図 51
の t

図 51

ねじ部に対する割りピン穴の位置度(t)は,位置度測定用溝及

び通り側ねじリングゲージのねじに等しいねじをもつ専用ゲ
ージに被測定部品をねじ込み,検査用ピンを用いて検証する

図 52 参照)。

・専用ゲージ及び検

査用ピン


17

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

h) 

ねじ部に対する割りピ
ン穴の位置度(続き)

a)

  検査用ピン径(d

l

′):割りピン穴径の最大実体寸法

b)

  溝の幅(S):d

l

′+t

図 52−専用ゲージ及びピンによる 

割りピン穴の位置度の検証例

i) 

ねじ部に対する(半)
棒先の位置度(図 53 
t

図 53 

ねじ部に対する(半)棒先の位置度(t)は,機能ゲージで検証
する。 
すりわり付き止めねじの棒先の位置度の検証例を,

図 54 に示

す。 

図 54−機能ゲージによるすりわり付き止めねじの 

棒先の位置度の検証例

JIS B 1021 

C.10

に基づく機

能ゲージ

j) 

ねじ部に対する円筒部
の位置度(図 55 の t

a)

  データム A は,

できるだけ円筒

部近くにとる。

図 55 

  ねじ部に対する円筒部の位置度(t)は,機能ゲージで検証す

る。 
  六角ボルトの円筒部の位置度の検証例を,

図 56 に示す。

図 56−機能ゲージによる六角ボルトの 

円筒部の位置度の検証例

JIS B 1021 

C.13

に基づく機

能ゲージ

k) 

軸部の真直度(図 57 
t

図 57 

軸部の真直度(t)は,機能ゲージで検証する。

全ねじボルト及び呼び径ボルトの場合には,円筒形のゲージ穴
に被測定部品を通して調べる。全ねじ六角ボルトの軸部の真直
度の検証例を,

図 58 に示す。

伸びボルト及び有効径ボルトの場合には,対向させた 2 枚の平
行板の間で被測定部品を回転させて調べる。平行板の形状及び
間隔は,測定をするボルトの軸部の形状及び幾何公差に従うも

のとする。2 枚の平行板を用いたフランジ付き六角ボルトの軸
部の真直度の検証例を,

図 59 に示す。

JIS B 1021 

C.24

に基づく機

能ゲージ

 
 
 
 


18

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

k)

  軸部の真直度(続き)

注記  は,おねじ外径の最大実体寸法。

図 58−機能ゲージによる全ねじ六角ボルトの 

軸部の真直度の検証例 

注記 1  d

s

は,円筒部外径の最大実体寸法。

注記 2  d

b

は,ねじ転造ブランク径の最大実体寸法。

注記 3  は,おねじ外径の最大実体寸法。

図 59−機能ゲージ(平行板)によるフランジ付き 

六角ボルトの軸部の真直度の検証例

l) 

軸部に対する座面の軸
方向全振れ(図 60 の t

a)

図 40 の注

a)

参照。

図 60 

軸部に対する座面の軸方向全振れ(t)は,次の手順によって測
定する。

手順 1  三つめ(爪)チャック,コレットチャック,V ブロ

ック,トリロールジグ

8)

  又はこれらに代わるジグで

データムを保持する。

手順 2  被測定部品の座面にダイヤルゲージをセットして,

被測定部品を回す。このとき,被測定部品が軸線方
向に移動しないようにする

9)

手順 3  ダイヤルゲージの振れを読み,その値を座面の軸方

向全振れ(t)の測定値とする。

測定範囲は,直径 0.8 d

k

の円内とする。ただし,フランジ付き

ボルトの場合は,半径方向の直線上の最高点を連ねた線上とす

る。 
六角ボルトの座面の軸方向全振れの測定例を,

図 61 に示す。

フランジ付き六角ボルトの座面の軸方向全振れの測定例を,

62

に示す。

8)

  附属書 参照。

9)

  頭部の頂面側又はねじ先の端面側に,軸線と直角な

平面が得られるように V ブロックなどを置き,これ
に被測定部品を当てて回すとよい。

図 61−六角ボルトの座面の軸方向全振れの測定例 

JIS B 1021 

C.14

に基づく三

つめ(爪)チャッ

ク 又 は コ レ ッ ト
チャック

JIS B 7540 による

V ブロック

・トリロールジグ 
JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7533 による

て こ 式 ダ イ ヤ ル

ゲージ


19

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

l) 

軸部に対する座面の軸
方向全振れ(続き)

a)

  直定規アンビル

図 62−フランジ付き六角ボルトの座面の 

軸方向全振れの測定例

m) 

軸部に対するねじ先端
面の軸方向全振れ(図
63

の t

図 63

軸部に対するねじ先端面の軸方向全振れ(t)は,次の手順によ
って測定する。

手順 1  V ブロック,トリロールジグ

8)

  又はこれらに代わる

ジグでデータムを保持する。

手順 2  ねじ先端面にダイヤルゲージをセットして,被測定

部品を回す(

図 64 参照)。このとき,被測定部品が

軸線方向に移動しないようにする

9)

手順 3  ダイヤルゲージの振れを読み,その値をねじ先端面

の軸方向全振れ(t)の測定値とする。

測定範囲は,直径 0.8 d

p

の円内とする。

8)

  4.3.1 l)  の注

8) 

参照。

9)

  4.3.1 l)  の注

9) 

参照。

図 64−ねじ先端面の軸方向全振れの測定例 

JIS B 1021 

C.12

に基づくジ

JIS B 7540 による

V ブロック

JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7533 による

て こ 式 ダ イ ヤ ル
ゲージ

・トリロールジグ

n) 

ねじ部に対するねじ先
円 す い 面 の 円 周 振 れ

図 65 の t

図 65

ねじ部に対するねじ先円すい面の円周振れ(t)は,次の手順に
よって測定する。

手順 1  通り側ねじリングゲージのねじに等しいねじ及びそ

の軸線と同軸の外径円筒をもつ専用ジグにデータム
をねじ込んだ後,データムを専用ジグに固定する。

この場合,データムの固定には,皿ばね座金及び止
めナットを用いるのがよい。

手順 2  被測定部品を固定した専用ジグを,V ブロック又は

これに代わるジグで保持する。

手順 3  ねじ先部の円すい面に対して垂直にダイヤルゲージ

をセットして,専用ジグを被測定部品と共に回す(

66

参照)。このとき,被測定部品が軸線方向に移動

しないようにする

9)

手順 4  ダイヤルゲージの振れを読み,その値をねじ先円す

い面の円周振れ(t)の測定値とする。

9)

  4.3.1 l)  の注

9) 

参照。

JIS B 1021 

C.11

に基づくジ

JIS B 7540 による

V ブロック

JIS B 7503 による

ダイヤルゲージ

JIS B 7533 による

て こ 式 ダ イ ヤ ル
ゲージ


20

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

n) 

ねじ部に対するねじ先
円 す い 面 の 円 周 振 れ

(続き)

a)

  皿ばね座金

b)

  止めナット

図 66−ねじ先円すい面の円周振れの測定例 

o) 

座面の形状からの偏差

図 67 の φ 及び t

a)

  d

a max

と d

w min

との間

の半径方向の線。

図 67 

1)

  座面の角度(φ)の測定  座面の角度(φ)の測定には,4.2.1 

j)

方法 で得た輪郭形状線を用いる。

  座面の角度(φ)は,d

a max

と 0.8×d

w min

との間の輪郭形状線

の最小二乗法による直線から求める。

2)

  座面の真直度(t)の測定  座面の真直度(t)の測定には,

4.2.1 j)

方法 で得た輪郭形状線を用いる。

  輪郭形状線を互いに平行な二つの直線で挟み,その間隔を座
面の真直度(t)の測定値とする。ただし,平行な二つの直線の
方向は,上記 1)  で求めた最小二乗法による直線の方向と同じ

とする。 
  測定範囲は,d

a max

から 0.8×d

w min

の間とするが,0.8×d

w min

の外側が凸形状になっている場合には,その高さも測定値に含

める。

4.3.2 

めねじ部品 

測定項目

測定方法

測定器具の例

a) 

外側形体(締付け部の形
体) 

図 68 

外側形体(締付け部の形体,

図 68 参照)は,総形のゲージで

検証する。

JIS B 1021 

図 C.1

又は

図 C.3 に基づ

く総形のゲージ

b) 

ね じ 部 に 対 する 六 角 側
面の位置度(図 69 の t

図 69

ねじ部に対する六角側面の位置度(t)は,機能ゲージで検証

する。 
六角ナットの六角側面の位置度の検証例を,

図 70 に示す。

図 70−機能ゲージによる六角側面の位置度の検証例 

JIS B 1021 

C.17

に基づく機

能ゲージ


21

B 1071

:2010

測定項目

測定方法

測定器具の例

c) 

ねじ部に対する四角側面
の位置度(図 71 の t

図 71 

ねじ部に対する四角側面の位置度(t)は,機能ゲージで検
証する。 
四角ナットの四角側面の位置度の検証例を,

図 72 に示す。

図 72−機能ゲージによる四角側面の位置度の検証例 

JIS B 1021 

C.18

に基づく機

能ゲージ

d) 

ねじ部に対する円形外周
部の位置度(図 73 の t

図 73 

ねじ部に対する円形外周部の位置度(t)は,機能ゲージで

検証する。 
フランジ付き六角ナットのフランジの円形外周部の位置度
の検証例を,

図 74 に示す。

図 74−機能ゲージによる円形外周部の位置度の検証例 

JIS B 1021 

C.19

に基づく機

能ゲージ

e) 

ねじ部に対する割りピン
溝の位置度(図 75 の t

図 75 

ねじ部に対する割りピン溝の位置度(t)は,機能ゲージで
検証する。 
溝付き六角ナットの割りピン溝の位置度の検証例を,

図 76

に示す。

図 76−機能ゲージによる割りピン溝の位置度の検証例 

JIS B 1021 

C.20

に基づく機

能ゲージ

f) 

ねじ部に対する座面の軸
方向全振れ(図 77 の t

図 77 

ねじ部に対する座面の軸方向全振れ(t)は,次の手順によ
って測定する。

手順 1  通り側ねじプラグゲージのねじに等しいねじ及び

その軸線と直角な座面をもつ専用ジグにデータム
をねじ込んだ後,データムを専用ジグに固定する。
この場合,データムの固定には,専用ジグの座面

と被測定部品との間に,皿ばね座金を入れるのが
よい。

手順 2  被測定部品を固定した専用ジグを,両センタで保

持する。

手順 3  被測定部品の座面にダイヤルゲージをセットし

て,専用ジグを被測定部品と共に回す。

手順 4  ダイヤルゲージの振れを読み,その値を座面の軸

方向全振れ(t)の測定値とする。

測定範囲は,直径 0.8 又は 0.8 d

k

の円内とする。ただし,フ

ランジ付きナットの場合は,半径方向の直線上の最高点を連
ねた線上とする。 
ナットの座面の軸方向全振れの測定例を,

図 78 に示す。

フランジ付きナットの座面の軸方向全振れの測定例を,

図 79

に示す。

JIS B 1021 

C.21

又 は

C.22

に基づく専

用ジグ

JIS B 7503 によ

るダイヤルゲー


22

B 1071

:2010

   

測定項目

測定方法

測定器具の例

f) 

ねじ部に対する座面の
軸方向全振れ(続き)

1  皿ばね座金

2  被測定部品

図 78−ナットの座面の軸方向全振れの測定例 

1  皿ばね座金

2  直定規アンビル

図 79−フランジ付きナットの座面の軸方向全振れの測定例 

g) 

座面の形状からの偏差

図 80 の φ 及び t

a)

  d

a max

と d

w min

の間の半径方向

の線。

図 80 

1)

  座面の角度(φ)の測定  座面の角度(φ)の測定には,4.2.1 

j)

方法 で得た輪郭形状線を用いる。

  座面の角度(φ)は,d

a max

と 0.8×d

w min

との間の輪郭形状線

の最小二乗法による直線から求める。

2)

  座面の真直度(t)の測定  座面の真直度(t)の測定には,

4.2.1 j)

方法 で得た輪郭形状線を用いる。

  輪郭形状線を互いに平行な二つの直線で挟み,その間隔を座
面の真直度(t)の測定値とする。ただし,平行な二つの直線の

方向は,上記 1)で求めた最小二乗法による直線の方向と同じと
する。 
  測定範囲は,d

a max

から 0.8×d

w min

の間とするが,0.8×d

w min

の外側が凸形状になっている場合には,その高さも測定値に含
める。


23

B 1071

:2010

附属書 A

(参考)

トリロールジグ(一例)

A.1 

トリロールジグの例 

被測定部品の軸部を保持して回転させるために使用するトリロールジグの例を,

図 A.1 に示す。

1  保持ばね 
2  フラットロール 
3  押えロール 
4  被測定部品

注記  は,ねじの呼び径を表す。

図 A.1−トリロールジグの例 

参考文献  JIS B 1123  六角タッピンねじ

JIS B 1127

  フランジ付き六角タッピンねじ

JIS B 1189

  フランジ付き六角ボルト

JIS B 1190

  フランジ付き六角ナット

JIS B 1199-3

  プリベリングトルク形ナット−第 3 部:非金属インサート付きフランジ付き六角

ナット

JIS B 1199-4

  プリベリングトルク形ナット−第 4 部:全金属製フランジ付き六角ナット

JIS B 1256

  平座金