>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1057 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS B 1057 : 1994 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,JIS B 1052 が平成 10 年 1 月 20 日に改正されたこと及び JIS B 1052 

附属書 3(強度区

分 4T∼12T のナット)が平成 12 年 12 月 31 日限りで廃止されることによって,新たに JIS B 1181 

附属

書 として規定されることに伴う形式改正である。

JIS B 1057

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 B

1057

: 2001

非鉄金属製ねじ部品の機械的性質

Mechanical properties of non-ferrous metal fasteners

序文  この規格は,1986 年に第 1 版として発行された ISO 8839, Mechanical properties of fasteners−Bolts,

screws, studs and nuts made of non-ferrous metals

を元に,技術的内容を変更をすることなく作成した日本工業

規格であるが,対応国際規格に規定されていない規定事項を日本工業規格として追加している。今回の改

正は,JIS B 1052 が平成 10 年 1 月 20 日に改正されたこと及び JIS B 1052 

附属書 3(強度区分 4T∼12T

のナット)が平成 12 年 12 月 31 日限りで廃止されることによって,新たに JIS B 1181 

附属書 として

規定されることに伴う形式改正である。

なお,規格のうちであみかけ(    )を施した事項は,対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,銅,銅合金及びアルミニウム合金の非鉄金属を用いて製造したボルト(植込

みボルトを含む。

)小ねじ,ナットなどのねじ部品で,

表 の適用条件に該当するもの(

1

)

の機械的性質とそ

の試験,検査及び表示について規定する。

(

1

)

この規格で適用の対象とする非鉄金属製のボルト,小ねじ及びナットは,以下,ボルト,小ね

じ及びナットといい,それらを総称する場合は非鉄金属ねじ部品という。

表 1  非鉄金属ねじ部品の適用条件

適用項目

適用条件

ねじの形式

JIS B 0205

によるもの。

ねじの呼び範囲 M1.6∼M39 のもの。

材料

銅,銅合金及びアルミニウム合金のもの。

備考1.  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 8839 : 1986

  Mechanical properties of fasteners − Bolts, screws, studs and nuts made of

non-ferrous metals (MOD)

2.

この規格は,一般に用いる非鉄金属ねじ部品の,常温における機械的性質を規定したもので,

耐食性,導電性などの特別な性質が要求されるものには適用しない。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの規格はその最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 1051

  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルト


2

B 1057 : 2001

備考  ISO 898-1 : 1999, Mechanical properties of fasteners made of carbon steel and alloy steel−Part 1:

Bolts, screws and studs

が,この規格と一致している。

JIS B 1052

  鋼製ナットの機械的性質

JIS B 1058

  締結用部品の機械的性質第 7 部呼び径 1∼10mm のボルト及びねじのねじり強さ試験及び

最小破壊トルク

備考  ISO 898-7 : 1992, Mechanical properties of fasteners−Part 7:Torsional test and minimum torques

for bolts and screws with nominal diameters 1 mm to 10 mm

が,この規格と一致している。

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0101 による。

4.

機械的性質の表し方  非鉄金属製ねじ部品の機械的性質は,表 に示す材質区分の記号によって表す。

表 2  材質区分の記号

非鉄金属の区分

材質区分の記号(

2

)

銅 CU1

CU2

CU3

CU4

CU5

CU6

銅合金

CU7

AL1

AL2

AL3

AL4

AL5

アルミニウム合金

AL6

(

2

)

材質区分の記号は,非鉄金属の区分及び非鉄金属ねじ部品
に対する機械的性質の水準(5.1及び5.2参照)を示す。

5.

機械的性質

5.1

ボルト・小ねじの機械的性質

5.1.1

ボルト・小ねじの引張強さ,耐力及び伸び  ボルト及び小ねじの引張強さ,永久伸び 0.2%の耐力

及び破断後の伸びは,

表 による。


3

B 1057 : 2001

表 3  ボルト・小ねじの引張強さ,耐力及び伸び

機械的性質

引張強さ(

3

N/mm

2

耐力(

4

N/mm

2

伸び(

5

%

材質区分の記号

ねじの呼びの区分

最小

最小

最小

CU1 M1.6

以上 M39 以下 240

160

14

M1.6

以上 M6 以下 440  340

11

CU2

M6

を超え M39 以下 370

250

19

M1.6

以上 M6 以下 440  340

11

CU3

M6

を超え M39 以下 370

250

19

M1.6

以上 M12 以下 470

340

22

CU4

M12

を超え M39 以下 400

200

33

CU5 M1.6

以上 M30 以下 590

540

12

CU6 M6

を超え M39 以下 440

180

18

CU7 M12

を超え M39 以下 640

270

15

M1.6

以上 M10 以下 270

230

3

AL1

M10

を超え M20 以下 250

180

4

M1.6

以上 M14 以下 310

205

6

AL2

M14

を超え M36 以下 280

200

6

M1.6

以上 M6 以下 320  250

7

AL3

M6

を超え M39 以下 310

260

10

M1.6

以上 M10 以下 420

290

6

AL4

M10

を超え M39 以下 380

260

10

AL5 M1.6

以上 M39 以下 460

380

7

AL6 M1.6

以上 M39 以下 510

440

7

(

3

)

引張強さは,7.2.1の a)によって求めた製品の引張強さに適用する。

(

4

)

耐力は,7.2.1 の b)によって求めた永久伸び 0.2%の耐力に適用する。

(

5

)

伸びは,7.2.1 の b)によって求めた破断後の伸びに適用する。

備考1.  この表の機械的性質は,“ねじの呼びの区分”に属するものに適用し,その区分から外れている

ものに対する機械的性質を特に必要とする場合は,受渡当事者間の協定による。

2.

塑性加工の割合が大きいねじ部品で,この表の適用が困難なものに対する機械的性質は,受渡

当事者間の協定による。

5.1.2

ボルト小ねじのねじり強さ

ねじの呼び M1.6∼M5 のボルト及び小ねじのねじり強さは,

表 による。


4

B 1057 : 2001

表 4  ボルト・小ねじのねじり強さ

材質区分の記号

CU1

CU2 CU3

CU4

CU5

AL1

AL2

AL3

AL4 AL5 AL6

ねじの呼び

ねじり強さ(最小)(

6

)

M1.6

0.06

0.10 0.10

0.11 0.14

0.06

0.07

0.08

0.10 0.11 0.12

M2

0.12

0.21 0.21

0.23

0.28

0.13

0.15

0.16

0.20 0.22 0.25

M2.5 0.24

0.45

0.46

0.5

0.6

0.27

0.3  0.3  0.43 0.47 0.5

M3

0.4 0.8 0.8 0.9 1.1 0.5 0.6 0.6 0.8 0.8 0.9

M3.5

0.7 1.3 1.3 1.4 1.7 0.8 0.9 0.9 1.2 1.3 1.5

M4

1.0 1.9 1.9 2.0 2.5 1.1 1.3 1.4 1.8 1.9 2.2

M5

2.1 3.8 3.8 4.1 5.1 2.4 2.7 2.8 3.7 4.0 4.5

(

6

)

ねじり強さは,7.2.2によって求めた製品のねじり強さに適用する。

なお,材質区分 CU6 及び CU7 は,M5 を超えるものに適用することにしているので,そのねじり強さは

規定しない。

5.1.3

その他の機械的性質  非鉄金属製のボルト及び小ねじに対して 5.1.1 及び 5.1.2 以外の機械的性質を

必要とする場合は,受渡当事者間の協定による。

5.2

ナットの機械的性質

5.2.1

ナットの保証荷重応力  ナットの保証荷重応力は,表 に示した引張強さ(最小)の値による。

なお,ナットは 7.2.3 によって試験したとき,破断したり,ねじ山がせん断することなく,保証荷重(

表 参照)に耐えなければならない。また,荷重を除去した後,ナットは,マンドレルから手で取り外せ

なければならない。

5.2.2

その他の機械的性質  非鉄金属製のナットに対して 5.2.1 以外の機械的性質を必要とする場合は,

受渡当事者間の協定による。

6.

材料  非鉄金属ねじ部品の材質区分に対する材料は,表 による。ただし,この表以外のものでも製

品の品質が

表 の材料を用いたときと同じように確保できる同系統の材料は,受渡当事者間の協定によっ

て用いることができる。


5

B 1057 : 2001

表 5  材料

ISO 8839

で規定する材料

対応する JIS の材料

材質区分の記号

記号

関連規格

合金番号

関連規格

CU1 Cu-ETP

又は

Cu-FRHC

ISO 1337

C1100

JIS H 3250 

JIS H 3260

CU2 CuZn37 ISO 426/1

C2700

JIS H 3250 

JIS H 3260

CU3 CuZn39Pb3

ISO 426/2

C3603

JIS H 3250 

JIS H 3260

CU4 CuSn6  ISO 427

C5191

JIS H 3270

CU5 CuNi1Si ISO 1187

(

7

)

(

7

)

CU6 CuZn40Mn1Pb

C6782

JIS H 3250

CU7 CuAl10Ni5Fe4

ISO 428

C6191

JIS H 3250

AL1 AlMg3  ISO 209

5052

JIS H 4040

AL2 AlMg5  ISO 209

5056

JIS H 4040

AL3 AlSi1MgMn

ISO 209

6061

JIS H 4040

AL4 AlCu4MgSi

ISO 209

2024

JIS H 4040

AL5 AlZnMgCu0.5

7N01

JIS H 4040

AL6 AlZn5.5MgCu

ISO 209

7075

JIS H 4040

(

7

) CU5

の材料は,Ni 及び Si を含有するもの(

参考表1参照)で,これに相当する材料は,日本工業

規格に規定されていない。

備考  この表に示した材料の化学成分及び質別を参考表 及び参考表 に示す。 

7.

試験

7.1

試験の種類  5.1.15.1.2,及び 5.2.1 に規定したボルト,小ねじ及びナットの機械的性質を調べる試

験の種類は,

表 による。

表 6  試験の種類

試験するねじ部品

試験の種類

測定する機械的性質

試験方法の規定項目

引張強さ

7.2.1

の a)

耐力(永久伸び 0.2%のもの)

7.2.1

の b)

引張試験

伸び(破断後のもの)

7.2.1

の b)

ボルト,小ねじ

ねじり強さ試験

ねじり強さ

7.2.2

ナット

保証荷重試験

保証荷重応力

7.2.3

7.2

機械的性質の試験

7.2.1

引張試験  引張試験は,ボルト及び小ねじの引張強さ,永久伸び 0.2%の耐力及び破断後の伸びを

求めるためのもので,次の方法による。

a)

引張強さを求める試験  この試験は,ボルト及び小ねじの製品を供試体とし,JIS B 1051 の 8.2(製品

の状態で行うボルト,ねじ及び植込みボルトの引張試験)によって行う。

b)

耐力及び伸びを求める試験  この試験は,ボルト又は小ねじから採取した試験片(JIS B 1051 の図 1

参照)を供試体とし,JIS B 1051 の 8.1(削出試験片による引張試験)によって行う。ただし,この試

験で求める耐力は永久伸び 0.2%のもの,伸びは破断後のものとする。

7.2.2

ねじり強さ試験  ねじり強さ試験は,ボルト又は小ねじの製品を供試体とし,JIS B 1058 の 3.(ね

じり試験)によって行う。

7.2.3

保証荷重試験  保証荷重試験は,ナットの製品を供試体とし,JIS B 1052  附属書 1(保証荷重値規

定ナット−並目ねじ)の 8.1(保証荷重試験)によって行う。


6

B 1057 : 2001

なお,ねじの呼び M1.6∼M39 に対する保証荷重は,ボルト・小ねじの最小引張荷重と同じとし,

付表 1

の値を適用する。

8.

検査

8.1

検査計画  非鉄金属ねじ部品の検査計画は,次による。

a)

検査項目  ボルト,小ねじ及びナットの機械的性質(5.1.15.1.2 及び 5.2.1 にかかるもの。)に対する

検査項目は,

表 の○印のものとする。

表 7  検査項目

検査項目

検査するねじ部品  ねじの呼びの区分

引張強さ(

8

)

ねじり強さ

耐力(

10

)

伸び(

10

)

保証荷重応力

M1.6

∼M5(

9

)

○又は○

ボルト,小ねじ

M6

∼M39

ナット M1.6∼M39

(

8

)

引張強さは,呼び長さ3dはねじの呼び径)以上のものについて行う。

(

9

)

ねじの呼び M1.6∼M5 のものは,引張強さ又はねじり強さのいずれかを検査すればよい。

(

10

)

耐力及び伸びは,製品から採取した試験片[7.2.1 の b)参照]について行う。ただし、この検査は,品質保
証の基準として扱い,通常の検査では省略してもよい。

b)

抜取検査方式  ロット検査における抜取検査方式は,受渡当事者間の協定とする。

8.2

引張検査

8.2.1

引張強さ検査  引張強さ検査は,供試体のボルト又は小ねじを 7.2.1 の a)によって試験したとき引

張強さが

表 に適合しなければならない。

なお,製品の長さが短いため,引張試験ができないものに対する検査は,受渡当事者間の協定による。

8.2.2

耐力及び伸びの検査  耐力及び伸びの検査は,供試体のボルト又は小ねじから JIS Z 2201 の 14A

号に準じた試験片(JIS B 1051 

図 参照)を採取し,7.2.1 の b)によって試験したとき,永久伸び 0.2%

の耐力及び破断後の伸びが

表 に適合しなければならない。

なお,製品の長さが短いため,14 号 A に準じた試験片が採取できないものに対する検査は,受渡当事者

間の協定による。

8.3

ねじり強さ検査  ねじり強さ検査は,供試体のボルト又は小ねじを 7.2.2 によって試験したとき,ね

じり強さが

表 に適合しなければならない。ただし,この検査は,ねじの呼び M1.6∼M5 のものに適用し,

この検査を行ったものは,8.2.1 の引張強さ検査は省略してもよい。

8.4

保証荷重検査  保証荷重検査は,供試体のナットを 7.2.3 によって試験したとき,5.2.1 に適合しなけ

ればならない。

9.

材質区分及び製造業者識別の表示

9.1

製品表示  非鉄金属ねじ部品に施す製品表示は,次による。

a)

材質区分の刻印記号  非鉄金属ねじ部品に材質区分を表示する場合の刻印記号は,表 の“材質区分

の記号”による。

b)

ボルト・小ねじの製品表示  ボルト・小ねじの製品表示は,JIS B 1051 の 9.3(製品の表示)による。

ただし,この規格の“強度区分の刻印記号”は,a)の“材質区分の刻印記号”とする。

c)

ナットの製品表示  ナットの製品表示は,JIS B 1052  附属書 の 9.3(製品の表示)による。ただし,

この規格の“強度区分の刻印記号”は,a)の“材質区分の刻印記号”とする。


7

B 1057 : 2001

9.2

包装の表示

a)

材質区分の記号(

表 参照)

b)

左ねじの場合はその表示

c)

製造業者名又はその略号

関連規格  JIS H 0001  アルミニウム,マグネシウム及びそれらの合金−質別記号

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS H 3270

  ベリリウム銅,りん青銅及び洋白の棒及び線

JIS H 4040

  アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線

ISO 209-1 : 1989

  Wrought aluminium and alummlum alloys−Chemical composition and forms of

products

−Part 1:Chemical composition

ISO 209-2 : 1989

  Wrought aluminium and aluminimlum alloys−Chemical composition and forms of

products

−Part 2:Forms of products


8

B 1057

: 20

01

付表 1  ボルト・小ねじの最小引張荷重及びナットの保証荷重

材質区分の記号

CU1 CU2 CU3 CU4 CU5 CU6 CU7 AL1 AL2 AL3 AL4 AL5 AL6

ねじの

呼び

ピッチ

mm

有効断面積

mm

2

最小引張荷重及び保証荷重(

11

)

M1.6 0.35  1.27

305

559

559

597

749

− 343

394

406

533

584

648

M2 0.4  2.07

497

911

911

973

1

220

− 559

642

662

867

952

1

060

M2.2

0.45

2.48

595

1 090

1 090

1 170

1 460

670

769

794

1 040

1 140

1 260

M2.5

0.45

3.39

814

1 490

1 490

1 590

2 000

915

1 050

1 000

1 420

1 560

1 730

M3

0.5

5.03

1 210

2 210

2 210

2 360

2 970

1 360

1 560

1 610

2 110

2 310

2 570

M3.5

0.6

6.78

1 630

2 980

2 980

3 190

4 000

1 830

2 100

2 170

2 850

3 120

3 460

M4

0.7

8.78

2 110

3 860

3 860

4 130

5 180

2 370

2 720

2 810

3 690

4 040

4 480

M5

0.8

14.2

3 410

6 250

6 250

6 670

8 380

3 830

4 400

4 540

5 960

6 530

7 240

M6

1

20.1

4 820

8 840

8840

9 450

11 860

5 430

6 230

6 430

8 440

9 250

10 250

M7

1

28.9

6 940

10690

10 690

13 580

17 050

12 720

7 800

8 960

8 960

12 140

13 290

14 740

M8

1.25

36.6

8 780

13 540

13 540

17 200

21 590

16 100

9 880

11 350

11 350

15 370

16 840

18 670

M10

1.5

58.0

13 920

21 460

21460

27 260

34 220

25 520

15 660

17 980

17 980

24 360

26 680

29 580

M12

1.75

84.3

20 230

31 190

31 190

39 620

49 740

37 090

21 080

26 130

26 130

32 030

38 780

42 990

M14

2

115

27 600

42 550

42 550

46 000

67 850

50 600

73 600

28 750

35 650

35 650

43 700

52 900

58 650

M16

2

157

37 680

58 090

58 090

62 800

92 630

69 080

100 500

39 250

43 960

48 670

59 660

72 220

80 070

M18

2.5

192

46 080

71 040

71 040

76 800

113 300

84 480

122 900

48 000

53 760

59 520

72 960

88 320

97 920

M20

2.5

245

58 800

90 650

90 650

98 000

144 500

107 800

156 800

61 250

68 600

75 950

93 100

112 700

124 900

M22

2.5

303

72 720

112 100

112100

121 200

178 800

133 300

193 900

84 840

93 930

115 100

139 400

154 500

M24

3

353

84 720

130 600

130 600

141 200

208 300

155 300

225 900

98 840

109 400

134 100

162 400

180 000

M27

3

459

110 200

169 800

169800

183 600

270 800

202 000

293 800

128 500

142 300

174 400

211 100

234 100

M30

3.5

561

134 600

207 600

207 600

224 400

331 000

246 800

359 000

157 100

173 900

213 200

258 100

286 100

M33

3.5

694

166 600

256 800

256 800

277 600

305 400

444 200

194 300

215 100

263 700

319 200

353 900

M36

4

817

196 100

302 300

302 300

326 800

359 500

522 900

228 800

253 300

310 500

375 800

416 700

M39

4

976

234 200

361 100

361 100

390 400

429 400

624 600

302 600

370 900

449 000

497 800

(

11

)

ボルト・小ねじの最小引張荷重及びナットの保証荷重は,次の式によって求めたものである。

最小引張荷重=保証荷重=(

表 の引張強さ)×有効断面積


9

B 1057

: 20

01

参考表 1  CU1CU7 に対する材料の化学成分及び質別

化学成分  %

材質区

分の記 

関連規格

材料記号

又は合金 
番号

Cu  Pb Fe Sn Zn Al Mn Ni  P  Si

摘要

質別(

3

)

Cu-ETP (Cu

+Ag)

ISO 1337

Cu-FRHC 99.90

以上

CU1

JIS H 3250

JIS H 3260

C1100 99.90

以上

− 1/2H∼

3/4H

ISO 426/1 CuZn37  62.0

∼65.0 0.3 以下 0.2 以下

残部

CU2

JIS H 3250

JIS H 3260

C2700 63.0

∼67.0 0.07 以下

0.05

以下

残部

− 1/2H∼

3/4H

ISO 426/2 CuZn39Pb3

56.0

∼59.0 2.5∼3.5 0.35 以下

残部

CU3

JIS H 3250

JIS H 3260

C3603 57.0

∼61.0 1.8∼3.7 0.35 以下

Fe

+Sn

0.6

以下

残部

− 1/2H∼

3/4H

ISO 427 CuSn6

残部 0.05 以下

0.1

以下 5.5∼7.5

0.3

以下

− 0.3 以下

0.01

∼0.4

その他の

成分

0.3

以下

CU4

JIS H 3270 C5191

− 5.5∼7.0

− 0.03∼0.35

− (Cu+Sn+P)

99.5

以上

1/2H

3/4H

ISO 1187 CuNi1Si

残部

− 1.0∼1.6

− 0.4∼0.7

− TH(

4

)

CU5

(

1

− CuZn40Mn1

Pb(

2

)

(57.0

∼59.0) (1.0∼2.0) (0.5 以下)(0.5 以下)(残部) (0.6 以下)

 (0.4

∼1.8) (1.0 以下)

(0.4 以下) その他の

成分

0.5

以下

CU6

JIS H 3250 C6782

56.0

∼60.5 0.50 以下

0.10

∼1.0

残部 0.20∼2.0 0.50∼2.5

− 1/2H∼

3/4H


10

B 1057

: 20

01

参考表 1  CU1CU7 に対する材料の化学成分及び質別(続き)

化学成分  %

材質区

分の記

関連規格

材料記号

又は合金 
番号

Cu  Pb Fe Sn Zn Al Mn Ni  P  Si

摘要

質別(

3

)

ISO 428 CuAl10Ni5

Fe4

残部 0.05 以下

2.0

∼5.0

− 0.5 以下

8.5

∼11.0 1.5 以下

4.0

∼6.0

CU7

JIS H 3250 C6191

81.0

∼88.0

− 3.0∼5.0

− 8.0∼11.0 0.50∼2.0

0.50

∼2.0

− Cu+Al+Fe

+Mn+Ni

99.5

以上

1/2H

3/4H

(

1

) CU5

の CuNi1Si に相当する材料は,日本工業規格に規定されていない。

(

2

) CuZn40Mn1Pb

の化学成分は,ISO 規格に規定されていないが,DIN 17660 には規定されているので,その化学成分を括弧内に示す。

(

3

)

質別は一例を示したもので,製品が本体 5.の機械的性質を満足するならば,他の質別によってよい。

(

4

) CU5

は,JIS H 0001 の T8 相当の時効硬化熱処理を施す(ISO 1637 参照)


11

B 1057

: 20

01

参考表 2  AL1AL6 に対する材料の化学成分及び質別

化学成分  %

その他

材質区

分の記

関連規格

材料記号

又は合金

番号

Si  Fe Cu  Mn Mg Cr Zn Ti Zr,

V

Zr

+Ti

個々

合計

Al

質別(

6

)

ISO 209 AlMg3 0.5

以下 0.5 以下 0.10 以下

0.4

以下 2.4∼3.1 0.35 以下 0.2 以下

− Zr+Ti

0.2

以下

残部

AL1

JIS H 4040 A5052

0.25

以下 0.40 以下 0.10 以下

0.10

以下 2.2∼2.8 0.15∼0.35 0.10 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

H14

∼H16

ISO 209 AlMg5 0.5

以下 0.5 以下 0.10 以下

0.5

以下 4.5∼5.6 0.35 以下 0.2 以下

− Zr+Ti

0.2

以下

Mn

+Cr

0.1

∼0.5

残部

AL2

JIS H 4040 A5056

0.30

以下 0.40 以下 0.10 以下

0.05

∼0.20 4.5∼5.6 0.05∼0.20 0.10 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

H14

∼H16

ISO 209 AlSi1MgMn

0.6

∼1.6 0.5 以下 0.10 以下

0.4

∼1.0 0.4∼1.0 0.35 以下 0.2 以下

− Zr+Ti

0.2

以下

残部

AL3

JIS H 4040 A6061

0.40

∼0.8 0.7 以下 0.15∼0.40 0.15 以下 0.8∼1.2 0.04∼0.35 0.25 以下 0.15 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

T6

ISO 209 AlCu4MgSi

0.2

∼0.8 0.7 以下 3.5∼4.7 0.3∼1.0 0.3∼1.2

− 0.5 以下

− Ni:0.2 以下

Ti

+Zr+Cr:0.3 以下

残部

AL4

JIS H 4040 A2024

0.50

以下 0.50 以下 3.8∼4.9 0.30∼0.9 1.2∼1.8 0.10 以下 0.25 以下 0.15 以下

Zr

+Ti

0.20

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

T4

− AlZnMgCu

0.5

(

5

)

(0.50

以下) (0.50 以下) (0.5∼1.0) (0.10∼0.40) (2.6∼3.7) (0.10∼0.30) (4.3∼5.2)

− Zr+Ti

0.20

以下

(0.05

以下) (0.15 以下) (残部)

AL5

JIS H 4040 A7No1

0.30

以下 0.35 以下 0.20 以下

0.20

∼0.7 1.0∼2.0 0.30 以下 4.0∼5.0

0.20

以下 V0.10 以下

Zr0.25

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

T6

ISO 209 AlZn5.5Mg

Cu

0.40

以下 0.50 以下 1.2∼2.0 0.30 以下 2.1∼2.9 0.1∼0.35 5.1∼6.4

− Zr+Ti

0.30

以下

Ni

:0.10 以下

Mn

+Cr:0.50 以下

残部

AL6

JIS H 4040 A7075

0.40

以下 0.50 以下 1.2∼2.0 0.30 以下 2.1∼2.9 0.18∼0.28 5.1∼6.1

0.20

以下

Zr

+Ti

0.25

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

T6

(

5

) AlZnMgCu0.5

の化学成分は,ISO 規格に規定されていないが,DIN 1725には規定されているので,その化学成分を括弧内に示す。

(

6

)

質別は,JIS H 0001 による。ただし,この表に示した質別は一例であって,製品が本体 5.の機械的性質を満足するならば,他の質別によってよい。


12

B 1057

: 20

01

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 1057 : 2001

  非鉄金属製ねじ部品の機械的性質

ISO 8839 : 1986

  締結用部品の機械的性質−非鉄金属製のボルト,ねじ,植込みボル

ト及びナット

(I)  JIS

の規定 (II)

国際規格

番号

(III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体表示方法:あみかけ

項目番号

内容

ISO 8839

項目番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

1.

適用範

銅,銅合金及びアルミ
ニウム合金製ねじ部品
の機械的性質とその試

験,検査について規定

 1.

適用

範囲

銅,銅合金及びアルミ
ニウム合金製ねじ部品
の機械的性質について

規定

MOD

/追加 試験,検査についての規定

を追加

ISO

には,検査の項目はない

が,JIS ではこの項目を追加
しているため,次回改正時に

ISO

と整合させる。

4.

機械的

性質の表 
し方

材質区分の記号で規定

3.

材料

の呼び 

材質区分の記号及び材

料の呼び方について規

MOD

/削除 JIS は,材料の呼び方を削除

している。

JIS

は,材料を別項目で規定

しているので,次回改正時に

ISO

と整合させる。

5.

機械的

性質

ボルト,小ねじの引張

強さ,耐力,伸び及び
ナットの保証荷重を規

 4.

機械

的性質

JIS

と同じ IDT

6.

材料

材質区分を規定

− MOD/追加 JIS は,ISO の 3.(材料の呼

び方)で規定する材料記号

をここで規定

JIS

は,この項目を分離して

規定したが,次回改正時に

ISO

と整合させる。

7.

試験

試験の種類及び方法を
規定

 5.

試験

試験の種類を規定 MOD/追加 ISO は,試験方法を別に規

定している。

JIS

は,この項目を分離しれ

規定したが,次回改正時に

ISO

と整合させる。

6.

試験

方法

おねじ部品の引張試

験,ねじり試験及びナ
ットの保証荷重試験に
ついて規定

IDT

JIS

は,7.試験の中に包含し

ている。


13

B 1057

: 20

01

(I)

JIS

の規定 (II)

国際規格

番号

(III)

国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体表示方法:あみかけ

項目番号

内容

ISO 8839 

項目番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

8.

検査

検査項目を具体的に規

− MOD/追加 ISO の 6.試験方法を具体的

に検査に置き換えたもの。

9.

材質区

分及び製

造業者識 
別の表示

製品表示と包装の表示
を規定

 7.

表示

製品の表示について規

MOD

/追加 ISO には,包装の表示に関

する規定はない。

旧来の JIS に従ったもので,

次回改正時には削除して,

ISO

と整合させる。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −IDT  技術的差異がない。 
    −MOD/削除・・・・・・国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −MOD/追加・・・・・・国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −MOD・・・・・・・・・・・・国際規格を修正している。


14

B 1057 : 2001

非鉄金属製ねじ部品の機械的性質原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

益  田      亮

相模工業大学名誉教授

桑  原  茂  樹

通商産業省機械情報産業局

鈴  木  茂  光

工業技術院標準部

佐々木      務

工業技術院機械技術研究所

宇田川  鉦  作

日本ねじ研究協会

稲  葉  元  成

レックスノード・ファスナー株式会社

田  中  誠之助

株式会社佐賀鉄工所技術部

尾  形      卓

株式会社桂川精螺製作所

山  口      博

株式会社名古屋螺子製作所技術開発部

明  石  哲  也

株式会社トープラ情報技術室

山  田  輝  一

株式会社フセラシ

岩  井  輝  興

ミネベア株式会社東京螺子製作所

石  井      勇

住友軽金属工業株式会社名古屋製造所

松  岡      建

古河アルミニウム工業株式会社押出事業部

中  村  寿  雄

日本伸銅協会

本  橋      仁

大木伸銅工業株式会社

辻      健  次

ダイキン工業株式会社技術開発部

田  中  英  夫

社団法人日本電機工業会

柏  原  恵  教

東急車輌製造株式会社本社工場

宮  内  義  弘

三菱重工業株式会社技術本部

高  山  和  男

株式会社ネジの高山

(事務局)

中  村  智  男

日本ねじ研究協会