>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B

  1010:2003 (ISO 8991:1986)

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会(JFRI)/財団法人日本規格

協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の

審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎とした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 8991:1986,Designation system for

fasteners

を基礎として用いた。


B 1010

:2003 (ISO 8991:1986)

(2)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  体系

1

3.

  例

2


JIS B 1010

:2003

(1) 

日本工業規格

JIS

 B

1010

:2003

(ISO 8991

:1986

)

締結用部品の呼び方

Designation system for fasteners

序文  この規格は,1986 年に第 1 版として発行された ISO 8991,Designation system for fasteners を翻訳し,

技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,締結用部品の製品規格における製品に関する呼び方の体系について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 8991

:1986,Designation system for fasteners (IDT)

2.

体系

−          −        ×        ×        ×        −        −        −        −        −

 
製品の名称 
 
当該 JIS 番号 
 
対応 ISO 規格番号

(製品仕様が ISO 規格と一致している場合)

 
ねじの呼び,呼び径,外径など 
 
ねじの呼び,呼び径,外径などに追加する事項

(例えば,ねじのピッチ,ピンの直径公差)

 
呼び長さ

(ボルト,ねじ,植込みボルト,ピンなどに対して)

 
ねじ部長さ又は円筒部長さ(必要がある場合) 
 
製品の種類(必要がある場合) 
 
強度区分,硬さ,材料など(必要がある場合) 
 
部品等級(必要がある場合) 
 
駆動の形体(必要がある場合) 
 
表面処理(必要がある場合)


B 1010

:2003 (ISO 8991:1986)

(2)

3.

3.1

JIS B 1180

の呼び径六角ボルト(並目ねじ)で,ねじの呼び d=M12,呼び長さ l=80 mm,強度区分

8.8

の場合:

呼び径六角ボルト  JIS B 1180   ISO 4014  M12 × 80  8.8

3.2

JIS B 1180

の全ねじ六角ボルト(細目ねじ)で,ねじの呼び d=M12,ねじのピッチ P=1.5,呼び長

さ l=100 mm,強度区分 10.9 の場合:

全ねじ六角ボルト  JIS B 1180   ISO 8676  M12 × 1.5×100   10.9

3.3

JIS B 1180

の呼び径六角ボルト(並目ねじ)で,ねじの呼び d=M12,呼び長さ l=80 mm,強度区分

8.8

で,  JIS B 1044 による電気めっき(A2P)を施す場合:

呼び径六角ボルト  JIS B 1180   ISO 4014  M12 × 80  8.8  A2P

3.4

JIS B 1181

の六角ナット−スタイル 1(並目ねじ)で,ねじの呼び d=M12,強度区分 8 の場合:

六角ナット−スタイル 1  JIS B 1181   ISO 4032  M12   8

3.5

JIS B 1181

の六角低ナット−面取りなしで,ねじの呼び d=M6,最小硬さ 110 HV の鋼製(St)の場

合:

六角低ナット−面取りなし  JIS B 1181   ISO 4036  M6  St

3.6

JIS B 1122

の十字穴付きなべタッピンねじで,ねじの呼び ST3.5,呼び長さ l=16 mm,ねじ先 C 形,

十字穴 Z 形の場合:

十字穴付きなべタッピンねじ  JIS B 1122   ISO 7049  ST3.5×16   C   Z

3.7

JIS B 1356

の熱処理を施さない平行ピンで,呼び径 d=6 mm,円筒部直径の許容差 m6,呼び長さ l

=30 mm,種類 A,鋼製(St)の場合:

平行ピン  JIS B 1354   ISO 2338  6 ×m6×30   A  St

3.8

JIS B 1256

の並形面取り− 部品等級 A の平座金で,呼び径 8 mm,硬さ区分 140 HV,鋼製の場合:

平座金−並形面取り  JIS B 1256   ISO 7090  8  140HV