>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

1002

-1985

二面幅の寸法

Dimensions of Widths Across Flats

1.

適用範囲  この規格は,ねじ部品及びスパナ類(

1

)

に適用する二面幅の寸法並びに六角ボルト,六角ナ

ット,

六角穴付き止めねじ及び六角穴付きボルトのねじの呼び径に対する二面幅の寸法について規定する。

(

1

)

一般的な丸形スパナ,やり方スパナのほか,ソケットレンチ用ソケット(ボックススパナ)

,め

がねレンチ,棒スパナなども含むものとする。

備考  この規格の付表 に規定する二面幅の系列には,ISO 272-1982 (Fasteners−Hexagon products−

Widths across flats)

ISO 2343-1972 (Hexagon socket set screws

−Metric series)  及び ISO 4762-1977

(Hexagon socket head cap screws

−Product grade A)  に規定されている六角部の二面幅が含まれて

いる。

また,

付表 には,ISO 272 の六角ボルト,六角ナットの二面幅並びに ISO 2343 及び ISO 4762

の六角穴の二面幅が含まれている。

引用規格: 

JIS B 1021

  ねじ部品の公差方式

JIS B 1176

  六角穴付きボルト

JIS B 1177

  六角穴付き止めねじ

JIS B 1180

  六角ボルト

JIS B 1181

  六角ナット

JIS B 1186

  摩擦接合用高力六角ボルト・六角ナット・平座金のセット

対応国際規格: 

ISO 272-1982

  Fasteners−Hexagon products−Widths across flats

ISO 2343-1972

  Hexagon socket set screws−Metric series

ISO 4762-1977

  Hexagon socket head cap screws−Product grade A

2.

二面幅の寸法  ねじ部品及びスパナ類に適用する二面幅の寸法は,付表 による。

3.

六角ボルト,六角ナット,六角穴付き止めねじ及び六角穴付きボルトの二面幅  六角ボルト・六角ナ

ットのねじの呼び径,六角穴付き止めねじ・六角穴付きボルトのねじの呼び径に対する二面幅の寸法は,

付表 による。


2

B 1002-1985

付表 1  二面幅の寸法

単位 mm

二面幅(
び s')

対角距離(参考)(

2

)

二面幅(
び s')

対角距離(参考)(

2

)

二面幅 
の呼び  基準

寸法

許容差

d

1

d

2

e

1

e

2

e

3

二面幅
の呼び 基準

寸法

許容差

d

1

d

2

e

1

e

2

e

3

*0.7

0.7

0.81

34

34

40

45   39.3  48.1  36.8

*0.9

0.9

1.04

36

36

42

48   41.6  50.9  39.0

*1.3

1.3

1.50

41

41

48

54   47.3  58.0  44.4

*1.5

1.5

1.73

46

46

55

60   53.1  65.1  49.8

*2

2

2.31

50

50

60

65   57.7  70.7  54.1

*2.5

2.5

2.89

55

55

65

71   63.5  77.8  59.6

*3

3

3.46

60

60

70

80   69.3  84.9  65.0

3.2   3.2

 4

 4.2   3.70  4.53

65

65

75

85   75.0  91.5  70.3

4

 4

 5

 5.3   4.62  5.66

70

70

85

92   80.8  99.0  75.7

4.5   4.5

 5.5   6.0   5.20  6.36

75

75

90

98   86.5 106   81.2

5

 5

 6

 6.5   5.77  7.07

80

80

95

105   92.4 113   86.6

5.5   5.5

 7

 7.1   6.35  7.78

85

85

100

112   98.1 120   92.0

*6

 6

 7

 8

 6.93  8.49

90 90

 105

118

104

127

97.4

7

 7

 8

 9

 8.08  9.90

95 95

 110

125

110

134

103

8

 8

 9

10

 9.24 11.3

100 100

  115

132

115 141 108

10 10

(

4

) 12  13  11.5 14.1

105 105

(

4

)

120

138 121  148  114

11 11

  13  14.5 12.7 15.6

110 110

  130

145

127

156

119

*12 12

  14  16  13.9 17.0

115 115

  135

152

133

163

124

13 13

  15  17  15.0 18.4

120 120

  140

160

139

170 130

*14 14

  16  18  16.2 19.8

130 130

− 150

− 141

15(

3

) 15

17

19

17.3  21.2

135 135

− 156

− 146

16 16

  18  20  18.5 22.6

145 145

− 167

− 157

*17 17

  19  22  19.6 24.0

150 150

− 173

− 162

18 18

  20  23  20.8 25.5

155 155

− 179

− 168

*19 19

  22  25  21.9 26.9

165 165

− 191

− 179

21 21

  24  27  24.2 29.7

170 170

− 196

− 184

*22 22

  26  29  25.4 31.1

180 180

− 208

− 195

24 24

  28  32  27.7 33.9

185 185

− 214

− 200

27 27

  32  36  31.2 38.2

200 200

− 231

− 216

30 30

  36  40  34.6 42.4

210 210

− 242

− 227

32 32

  38  42  37.0 45.3

34.6

220 220

− 254

− 238


3

B 1002-1985

(

2

)

この欄に示す e

1

e

2

及び e

3

の値は,

それぞれの二面幅  (s)  が基準寸法であるときの計算値である。

また,ねじ部品側の二面幅  (s)  に対する対角距離の最小値は JIS B 1021(ねじ部品の公差方式)

又はねじ部品の個別規格による。

(

3

)

この二面幅は,フランジ付き六角ボルト及びフランジ付き六角ナット以外には用いない。

(

4

)

ねじ部品側の二面幅  (s)  に対する許容差は,JIS B 1021 又はねじ部品の個別規格による。

なお,スパナ類側の二面幅  (s')  に対する許容差は,スパナ類の個別規格による。

備考  二面幅の呼びに*印を付けたもの及びあみかけ  (      )  をしたもの以外は,ISO 272 によってい

る二面幅である。

なお,*印のものは,ISO 2343 及び ISO 4762 によっており,あみかけをしたものは,これら

の ISO 規格に規定されていない二面幅である。

付表 2  六角ボルト,六角ナット,六角穴付き止めねじ及び六角穴付きボルトの二面幅

単位 mm

六角の二面幅(

5

) (s)

六角穴の二面幅  (s)

六角の二面幅(

5

) (s)

六角穴の二面幅  (s)

基準寸法

基準寸法

基準寸法

基準寸法

ねじの

呼び径

d

小形系列

並形系列

大形系列

止めねじ

の場合

ボルト

の場合

ねじの

呼び径

d

並形系列

ボルトの場

1.6

− 3.2

−   0.7

1.5

42

65

32

2

− 4

−   0.9

1.5

45

70

32

2.2

4.5

−   0.9

1

48

75

36

※2.3

4.5

52

80

36

2.5

− 5

−   1.3

2

56

85

※2.6

5

60

90

3

− 5.5

−   1.5

2.5

64

95

3.5

6

68

100

4

− 7

−   2  3

72  105

4.5

8

76

110

5

− 8

(

6

)

2.5

4

(

6

)

 80

115

(

6

)

(

6

)

6

− 10

−   3  5

85  120

7

− 11

90

130

8

12 13

−   4  6

95  135

10

14 16

17

−   5  8

  100  145

12

17 18

19 21 22

 6

10

  105  150

14

19 21

22 24

12

  110  155

16

22 24

− 27 −  8

14

  115  165

18

24 27

− 30 −

14

  120  170

20

27 30

− 34 32  10 17

  125  180

22

30 34

32 36

17

  130  185

24

32 36

− 41 −  12 19

  140  200

27

36 41

− 46 −

19

  150  210

30

41 46

− 50 −

22

33

46 50

− 55 −

24

36

50 55

− 60 −

27

39

55 60

− 65 −

27


4

B 1002-1985

(

5

)

この二面幅は,六角ボルト・六角ナットに適用するほか,形状が六角以外のものにも準用する。

(

6

)

六角及び六角穴の二面幅  (s)  に対する許容差は,JIS B 1021 又はねじ部品の個別規格による。

備考1.  ねじの呼び径に対する“六角の二面幅”のうち,あみかけ(      )をしたもの以外は ISO 272によってい

る。

また,ねじの呼び径に対する“六角穴の二面幅”のうち,

“止めねじの場合”は,ISO 2343 によって

おり,

“ボルトの場合”は,あみかけをしたものを除き ISO 4762 によっている。

2.

“六角の二面幅”における“小形系列”は,JIS B 1180(六角ボルト)及び JIS B 1181(六角ナット)の
附属書の小形六角ボルト・小形六角ナットの二面幅によっており,“並形系列”には,これらの附属書
の並形の六角ボルト・六角ナットの二面幅が,また“大形系列”には,JIS B 1186(摩擦接合用高力六
角ボルト・六角ナット・平座金のセット)の六角ボルト・六角ナットの二面幅が含まれている。

3.

“六角穴の二面幅”における“止めねじの場合”には,JIS B 1177(六角穴付き止めねじ)の六角穴の

二面幅が,

“ボルトの場合”には JIS B 1176(六角穴付きボルト)の六角穴の二面幅が含まれている。

4.

ねじの呼び径に※印を付けたものは,ISO 261 (ISO general purpose metric screw threads−General plan)  に
規定されていないものである。

機械要素部会  ねじ部品の形状・寸法専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

北  郷      薫

工学院大学

吉  本      勇

東京工業大学

江  藤  元  大

千葉工業大学

宇田川  鉦  作

日本ねじ研究協会

田  辺  俊  彦

通商産業省機械情報産業局

山  崎  宗  重

工業技術院標準部

青  野  雄  勝

ミネベア株式会社技術管理室

伊  藤  順一郎

黒田精工株式会社技術企画室

佐  藤  義  朗

株式会杜サトーラシ

田  中  誠之助

株式会社佐賀鉄工所開発部

中  田  重  平

株式会社互省製作所製造部

永  峯  威  如

日東精工株式会社ファスナー事業部

林          完

株式会社名古屋螺子製作所第 1 営業部

須  永  順  一

いすゞ自動車株式会社特許部

田  中  英  夫

株式会社東芝開閉装置部

田  中      宏

三菱電機株式会社技術本部

松  井      博

株式会社彌満和製作所技術本部

矢  作  博  美

日産自動車株式会社設計管理部

山  口  太  郎

全国作業工具工業組合

山  本      巌

東急車輛製造株式会社技術研究室

高  山  和  男

株式会社ネジの高山(日本ねじ商業協同組合連合会)

中  村  智  男

日本ねじ研究協会

(事務局)

高  橋  和  敬

工業技術院標準部機械規格課