>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

0706

-1987

熱間・温間型鍛造品の丸み

Corner and Fillet Radii of Forged Parts

(Hot and Warm Forgings)

1.

適用範囲  この規格は,型鍛造による普通鋼及び特殊鋼の熱間・温間鍛造品(以下,鍛造品という。)

の断面形状変化部及び平面形状変化部の角(かど)の丸み及び隅(すみ)の丸みの値について規定する。

備考  この規格は,鍛造品の設計製図及び製作に際し,一般に経済的な丸みの推奨値を定めたもので

あり,一部品中の丸みに統一して適用する。

引用規格:

JIS B 0415

  鋼の熱間型鍛造品公差(ハンマ及びプレス加工)

JIS Z 8601

  標準数

2.

用語の意味  この規格に用いる用語の意味は,次による。

(1)

抜けこう配  型鍛造における材料流れ及び型打ち直後の鍛造品の金型からの取出しを容易にするため,

鍛造品の側面を鍛造方向に対して傾けるために付けるこう配,鍛造品が型から外れるよう作用する抜

けこう配を外抜けこう配,鍛造品が型を締めるように作用する抜けこう配を内抜けこう配という(

1

参照)

図 1

(2)

断面形状変化部  鍛造品の型割面に垂直な断面において輪郭線が変化する部分(図 に○で示した部

分)


2

B 0706-1987

図 2

(3)

平面形状変化部  鍛造品の型割面に平行な断面において輪郭線が変化する部分(図 に○で示した部

分)

図 3

(4)

角と隅  鍛造品を形成する面の角又は隅(図 参照)

図 4

(5)

丸み  断面形状変化部,平面形状変化部の角の丸み及び隅の丸み。丸みの値は,丸みの半径の大きさ

で表す。

備考  この規格で使用する記号の意味は,次による。

r

:角の丸み

  r

1

:断面形状変化部の角の丸み

  r

2

:平面形状変化部の角の丸み

R

:隅の丸み

  R

1

:断面形状変化部(外抜けこう配)の隅の丸み

  R

2

:断面形状変化部(内抜けこう配)の隅の丸み

  R

3

:平面形状変化部の隅の丸み

H

:断面形状変化部の段の高さ

b

:平面形状変化部のリブの幅

L

:平面形状変化部のリブの長さ


3

B 0706-1987

3.

丸みの値及び寸法許容差  丸みの値及び寸法許容差は次による。

(1)

丸みの値  断面形状変化部及び平面形状変化部の角の丸み及び隅の丸みの値は,表 による。

表 1  丸み

単位 mm

1

,1.5,2,2.5,3,4,5,6,8,10,12,16,20,25,30,(35),40,50

備考1.  丸みの値が50 mm を超える場合には,JIS Z 8601(標準数)の

R10

による。

2.

括弧内の丸みの値は,なるべく使用しない。

(2)

丸みの値の許容差  断面形状変化部及び平面形状変化部の角の丸み及び隅の丸みの値の許容差は,表

2

JIS B 0415[鋼の熱間型鍛造品公差(ハンマ及びプレス加工)

〕による。

表 2  丸みの値の許容差

単位 mm

丸みの値

(R)

10

以下

10

を超え

32

以下

32

を超え

100

以下

100

を超えるもの

許容差

+0.5×(R
−0.25×(R)

+0.4×(R
−0.2×(R)

+0.32×(R
−0.15×(R)

+0.25×(R
−0.1×(R)

4.

断面形状変化部の丸みの値の適用

4.1

角の丸み  断面形状変化部の角の丸み r

1

の値の適用は,

表 による。

表 3

単位 mm

段の高さ H

区分

10

以下

10

を超え

16

以下

16

を超え

25

以下

25

を超え

40

以下

40

を超え

63

以下

63

を超え

100

以下

100

を超え

160

以下

並級  2.5 2.5 3  4  5  8  12

精級 1 1.5

2 2.5

3 4 6

備考  下図のような端部の角の丸みは,表 の丸みの約 3 倍の値とし,表 の丸みの値から選ぶ。


4

B 0706-1987

4.2

隅の丸み  外抜けこう配及び内抜けこう配の断面形状変化部の隅の丸みの値 の運用は,それぞれ

表 及び表 による。

表 4  外抜けこう配の隅の丸み R

1

の値

単位 mm

段の高さ H

区分

10

以下

10

を超え

16

以下

16

を超え

25

以下

25

を超え

40

以下

40

を超え

63

以下

63

を超え

100

以下

100

を超え

160

以下

並級  4 5 6 8 10

16

25

精級  2 3 4 5 6 8 12

備考1.  下図のように平面形状変化部の交差角度が90°未満(D-断面)の場合には,断面形状変化部の隅の丸

みの値は,

4の丸みの値より大きくし,表1の丸みの値から選ぶ。

2.

断面形状の上では,外抜けこう配の場合でも,材料流動を考慮して,

表 の R

2

の値をとることができ

る。


5

B 0706-1987

表 5  内抜けこう配の隅の丸み R

2

の値

単位 mm

段の高さ H

区分

10

以下

10

を超え

16

以下

16

を超え

25

以下

25

を超え

40

以下

40

を超え

63

以下

63

を超え

100

以下

100

を超え

160

以下

並級

6  8  12 16 20 30 50

精級  4 5 6 8 10

16

25

備考1.  下図のように平面形状変化部に交差角度が90°未満(A断面)がある場合には,断面形状変化部の

隅の丸みの値は,

5の丸みの値より大きくし,表1の丸みの値から選ぶ。

2.

鍛造後の凹部を更に穴抜きする場合には,断面形状変化部の隅の丸みの値は,

表 の丸みの値より小さ

くし,

表 の丸みの値から選ぶ。

5.

平面形状変化部の丸みの値の適用

5.1

角の丸み  平面形状変化部の角の丸みの値 r

2

の適用は,

表 による。


6

B 0706-1987

表 6

単位 mm

リブの幅 b

区分

10

以下

10

を超え

25

以下

25

を超え

40

以下

40

を超え

63

以下

63

を超え

100

以下

100

を超え

160

以下

160

を超え

250

以下

250

を超え

400

以下

並級  3 3 4 5 8

10

16

25

精級  1.5

2 3 4 6 8

10

16

備考  下図のような段付き形状において の値は,リブの幅のうち小さい方をとり,その寸法に応じた丸みの値

を選ぶ。

5.2

隅の丸み  平面形状変化部の隅の丸みの値 R

3

の適用は,

表 による。

表 7

単位  mm

リブの長さ L

区分

16

以下

16

を超え

25

以  下

25

を超え

40

以  下

40

を超え

63

以  下

63

を超え

100

以下

100

を超え

160

以  下

160

を超え

250

以  下

並級

6  8  10 12 16 20 30

精級

3 4 5 6 8 12

16

備考  下図のような段付き形状において,の値は,リブの長さのうち小さい方をとり,その寸法に

応じた丸みの値を選ぶ。