>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0682-1:2017

1)

目  次

ページ

序文  

1

1  適用範囲  

1

2  引用規格  

1

3  用語及び定義  

2

附属書 A(参考)用語,パラメータ及びそれらの記号の一覧表  

7

附属書 B(参考)GPS マトリックス  

9

参考文献  

11

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

12


B 0682-1:2017

2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第

12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工

業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済

産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 0682 の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 0682-1  第 1 部:用語及びパラメータ

JIS B 0682-2  第 2 部:仕様オペレータ


日本工業規格

JIS

 B

0682-1

2017

製品の幾何特性仕様(GPS)-真円度-

第 1 部:用語及びパラメータ

Geometrical product specifications (GPS)-Roundness-

Part 1: Vocabulary and parameters of roundness

序文 

この規格は,

2011 年に第 1 版として発行された ISO 12181-1 を基とし,関連する他の日本工業規格との

整合を図るために,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書 JA に示す。

この規格は,製品の幾何特性仕様(

GPS)規格の一つであり,GPS 基本規格に属し,データムに無関係

な線の形状の規格チェーンのリンク番号

2 に関係する。

用語,パラメータ及びそれらの記号の一覧表を,附属書 に示す。

この規格と他の規格及び

GPS マトリックスとの詳細な関係を,附属書 に示す。

適用範囲 

この規格は,真円度に関する用語及びパラメータについて規定する。

注記 1  この規格は,球上の 1 周の断面(見かけ上の直径が最大となる)にも適用することができる。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 12181-1:2011,Geometrical product specifications (GPS)-Roundness-Part 1: Vocabulary and

parameters of roundness(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“

MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0021  製品の幾何特性仕様(GPS)-幾何公差表示方式-形状,姿勢,位置及び振れの公差表示

方式

JIS B 0634  製品の幾何特性仕様(GPS)-フィルタ処理-線形の輪郭曲線フィルタ:ガウシアンフィ

ルタ

注記

  対応国際規格:ISO 16610-21:2011,Geometrical product specifications (GPS)-Filtration-Part 21:

Linear profile filters: Gaussian filters(IDT)

JIS B 0672-1  製品の幾何特性仕様(GPS)-形体-第 1 部:一般用語及び定義


2

B 0682-1:2017

注記 1  対応国際規格:ISO 14660-1:1999,Geometrical Product Specifications (GPS)-Geometrical

features-Part 1: General terms and definitions(IDT)

注記 2  ISO 14660-1:1999 は廃止され,ISO 17450-1:2011,Geometrical product specifications (GPS)-

General concepts-Part 1: Model for geometrical specification and verification に置き換えられた。

JIS B 0672-2  製品の幾何特性仕様(GPS)-形体-第 2 部:円筒及び円すいの測得中心線,測得中心

面並びに測得形体の局部寸法

注記

  対応国際規格:ISO 14660-2:1999,Geometrical Product Specifications (GPS)-Geometrical

features-Part 2: Extracted median line of a cylinder and a cone, extracted median surface, local size

of an extracted feature(IDT)

用語及び定義 

真円度の幾何特性に関する主な用語及び定義は,JIS B 0672-1JIS B 0672-2 及び JIS B 0021 によるほか,

次による。

3.1 

一般用語 

3.1.1 

真円度に関連するパラメータ(

parameters of roundness deviation)

基準円に依存した真円度曲線から導かれる幾何特性。

3.1.2 

円筒の中心軸直線(

axis of cylindrical feature)

外殻形体としての円筒を特徴付ける中心線。

注記 1  円筒には,柱面(空間閉曲線の各点を通り定直線に平行な直線の作る曲面)又は回転面(平

面上の曲線を同一平面上の直線の周りに回転してできる曲面)がある。

注記 2  測得データに最小二乗法などで当てはめた円筒の軸直線を求め,その軸直線に直角な断面の

輪郭を測定するという手順は現実的ではない。一般に真円度測定機などを用いた半径法では,

測定される円筒部品の倒れをできる限り小さくした後に測定を実施する。中心軸直線とは,

この事前操作において求める円筒の軸直線をいう。

3.1.3 

円筒横断面(

roundness plane)

円筒の中心軸直線に垂直な形体全域に広がる平面。

3.2 

曲線に関する用語 

3.2.1 

測得真円度曲線(

extracted circumferential line)

実表面と円筒横断面との交線を表現する(真円度)測定デジタルデータセット。

注記

  測得真円度曲線の測得の規定は,JIS B 0682-2 による。測得真円度曲線は,JIS B 0672-1 で規定

する測得外殻形体の一つである。

3.2.2 

真円度曲線(

roundness profile)

測得真円度曲線にローパスフィルタを適用したデータセット。

注記 1  この規格に規定した概念及びパラメータは,真円度曲線に対して適用できる。

注記 2  真円度曲線は,閉じた(1 周の)曲線である。


3

B 0682-1:2017

3.2.3 

真円度曲線の偏差(

local roundness deviation)

基準円から真円度曲線の各データまでの法線方向の距離(図 及び図 参照)。

注記 1  基準円については 3.3.1 を参照。

注記 2  基準円に対して実体側に存在するデータ点の距離を負とする。

注記 3  真円度曲線の偏差は,各データ点の基準円に対する偏差のデータセットである。

1

基準円

a

正の偏差

b

負の偏差

図 1-内側形体の真円度曲線の偏差 


4

B 0682-1:2017

1

基準円

a

負の偏差

b

正の偏差

図 2-外側形体の真円度曲線の偏差 

3.3 

基準円に関する用語 

3.3.1 

基準円(

reference circle)

3.3.1.13.3.1.4 に示す基準円に関する定義を,真円度曲線に当てはめた円。基準円に対する偏差データ

セット(真円度曲線の偏差)に基づいて,真円度及び真円度に関連するパラメータを求める。

3.3.1.1 

最小領域基準円(

minimum zone reference circles)

真円度曲線に内外接し,半径差が最小になる二つの同心円。

注記

  最小領域基準要素であることを示すために略号 MZ を用いる。

3.3.1.1.1 

外側の最小領域基準円(

outer minimum zone reference circle)

最小領域基準円の外側の円。

3.3.1.1.2 

内側の最小領域基準円(

inner minimum zone reference circle)

最小領域基準円の内側の円。

3.3.1.1.3 

平均の最小領域基準円(

mean minimum zone reference circle)

最小領域基準円の算術平均の半径をもつ円。

注記

  最小領域法では平均の基準円を必要としないが,直径などを導く際に利用可能であるので,便

宜的に基準円に含める。

3.3.1.2 


5

B 0682-1:2017

最小二乗基準円(

least squares reference circle)

真円度曲線の最小二乗円。

注記

  最小二乗基準要素であることを示すために略号 LS を用いる。また,最小二乗基準におけるパ

ラメータ値であることを示すための略号として接頭語

G(Gaussian)を用いる。

3.3.1.3 

最小外接基準円(

minimum circumscribed reference circle)

真円度曲線に外接する最小半径の円。

注記

  最小外接基準要素であることを示すために略号 MC を用いる。

3.3.1.4 

最大内接基準円(

maximum inscribed reference circle)

真円度曲線に内接する最大半径の円。

注記 1  最大内接基準円が決まらない場合もある。

注記 2  最大内接基準要素であることを示すために略号 MI を用いる。

3.3.2 

基準円の中心(

associated derived centre)

基準円の中心。

3.4 

真円度曲線に関する用語 

3.4.1 

周当たりの山数,UPR(undulations per revolution)

真円度曲線に含まれる

1 周当たりの正弦波的な起伏数。

3.4.2 

円周方向の波長(

circumferential wavelength)

基準円の円周長さを

1 周当たりの山数(UPR)で除した値。

3.5 

フィルタに関する用語 

3.5.1 

閉曲線フィルタ(

wave filter)

山数軸の片側又は両側で減衰する伝達特性をもつデジタルフィルタ。閉じた曲線に対して適用する(JIS 

B 0634 参照)

3.5.2 

カットオフ山数(

undulation cut-off)

測得真円度曲線に適用するフィルタによって,振幅の

50 %が真円度曲線に伝達される正弦波信号の波長。

注記

  カットオフ山数は,通常,1 周当たりの山数(UPR)によって定義する。

3.5.3 

振幅伝達特性(

transmission band for roundness profiles)

測得真円度曲線に適用するフィルタの通過帯域。山数の上・下限に対するカットオフ山数で規定する。

注記

  フィルタのカットオフ山数は,通常,振幅伝達特性の 50 %位置として指定する。

3.6 

パラメータに関する用語 

3.6.1 

一般パラメータ 

3.6.1.1 

真円度測定値(

peak-to-valley roundness deviation)


6

B 0682-1:2017

真円度曲線の偏差における最大値と最小値との差。

注記 1  真円度測定値は,あらゆる基準円に対して適用できる唯一のパラメータである。

注記 2  真円度測定値は,最小領域基準円,最大内接基準円及び最小外接基準円に適用できる。

注記 3  最小二乗基準要素に対する真円度測定値に適用する形状公差であることを示すために指定条

件の略号

GT を用いる。

注記 4  真円度測定値の“測定値”とは,真円度曲線から求めたパラメータの値をいう。

3.6.1.2 

真円度曲線の山高さ測定値(

peak-to-reference roundness deviation)

最小二乗基準円に対する真円度曲線の偏差の最大値。

注記 1  真円度曲線の山高さ測定値は,最小二乗基準円だけに適用できる。

注記 2  最小二乗基準要素に対する山高さ測定値に適用する形状公差であることを示すために指定条

件の略号

GP を用いる。

3.6.1.3 

真円度曲線の谷深さ測定値(

reference-to-valley roundness deviation)

最小二乗基準円に対する真円度曲線の偏差の最小値の絶対値。

注記 1  真円度曲線の谷深さ測定値は,最小二乗基準円だけに適用できる。

注記 2  最小二乗基準要素に対する谷深さ測定値に適用する形状公差であることを示すために指定条

件の略号

GV を用いる。

3.6.1.4 

二乗平均平方根真円度測定値(

root-mean-square roundness deviation)

最小二乗基準円に対する真円度曲線の偏差の二乗平均平方根。

注記 1  二乗平均平方根真円度測定値は,最小二乗基準円だけに適用できる。

注記 2  最小二乗基準要素に対する二乗平均平方根測定値に適用する形状公差であることを示すため

に指定条件の略号

GQ を用いる。

3.6.2 

その他のパラメータ 

3.6.2.1 

調和成分(

dynamic content)

測得真円度曲線の調和解析による高調波成分。

注記 1  調和成分は,各山数における振幅及び位相によって表現できる。

注記 2  一つ以上の指定された山数に対する振幅は,複数の指定された範囲の山数の振幅と位相をも

った波の和(重ね合わせ)によって示すことができる。

注記 3  3.6.1 で規定したパラメータは,指定された範囲の山数だけを含む調和成分に対して適用でき

る。

注記 4  調和成分は,あらゆる基準円に対して適用できる。


7

B 0682-1:2017

附属書 A

(参考)

用語,パラメータ及びそれらの記号の一覧表

形体の指示は,図面上に簡潔に製品仕様を一意に記載できるよう略語と修飾語との組合せによって行う

ことが基本である。しかし,例えば,測定報告書又はその他の技術文書のように設計図の図示記号では実

用的ではないところで製品仕様及び検査仕様を記載したいことがあることから,この規格,ISO 12180-1

JIS B 0683-1 及び ISO 12781-1 で規定されている用語並びにパラメータに対する記号を,表 A.1 及び表 A.2

に示す。

表 A.1-用語及び記号 

記号

用語

対応規格

LSCI

最小二乗基準円

この規格の 3.3.1.2

LSCY

最小二乗基準円筒

ISO 12180-1:2011 の 3.3.1.2

LSLI

最小二乗基準直線

JIS B 0683-1 の 3.3.1.2

LSPL

最小二乗基準平面

ISO 12781-1:2011 の 3.3.1.2

LCD

円筒度曲面の偏差

ISO 12180-1:2011 の 3.2.3

LFD

平面度曲面の偏差

ISO 12781-1:2011 の 3.2.3

LRD

真円度曲線の偏差

この規格の 3.2.3

LSD

真直度曲線の偏差

JIS B 0683-1 の 3.2.3

MICI

最大内接基準円

この規格の 3.3.1.4

MICY

最大内接基準円筒

ISO 12180-1:2011 の 3.3.1.4

MCCI

最小外接基準円

この規格の 3.3.1.3

MCCY

最小外接基準円筒

ISO 12180-1:2011 の 3.3.1.3

MZCI

最小領域基準円

この規格の 3.3.1.1

MZCY

最小領域基準円筒

ISO 12180-1:2011 の 3.3.1.1

MZLI

最小領域基準直線

JIS B 0683-1 の 3.3.1.1

MZPL

最小領域基準平面

ISO 12781-1:2011 の 3.3.1.1

UPR 1 周当たりの山数

この規格の 3.4.1


8

B 0682-1:2017

表 A.2-パラメータ及び記号 

記号

パラメータ

対応規格

CYLtt 

円筒テーパ測定値(

LSCY)

a)

ISO 12180-1:2011 の 3.5.2.5

STRsg 

母線方向の真直度測定値

ISO 12180-1:2011 の 3.5.2.3

STRlc 

母線方向の局部真直度測定値

ISO 12180-1:2011 の 3.5.2.2

CYLp 

円筒度曲面の山高さ測定値(

LSCY)

a)

ISO 12180-1:2011 の 3.5.1.2

FLTp 

平面度曲面の山高さ測定値(

LSPL)

a)

ISO 12781-1:2011 の 3.4.2

RONp 

真円度曲線の山高さ測定値(

LSCI)

a)

この規格の 3.6.1.2

STRp 

真直度曲線の山高さ測定値(

LSLI)

a)

JIS B 0683-1 の 3.5.2

CYLt 

円筒度測定値(

MZCY),(LSCY),(MICY),(MCCY)

a)

ISO 12180-1:2011 の 3.5.1.1

FLTt 

平面度測定値(

MZPL),(LSPL)

a)

ISO 12781-1:2011 の 3.4.1

RONt 

真円度測定値(

MZCI),(LSCI),(MCCI),(MICI)

a)

この規格の 3.6.1.1

STRt 

真直度測定値(

MZLI),(LSLI)

a)

JIS B 0683-1 の 3.5.1

CYLv 

円筒度曲面の谷深さ測定値(

LSCY)

a)

ISO 12180-1:2011 の 3.5.1.3

FLTv 

平面度曲面の谷深さ測定値(

LSPL)

a)

ISO 12781-1:2011 の 3.4.3

RONv 

真円度曲線の谷深さ測定値(

LSCI)

a)

この規格の 3.6.1.3

STRv 

真直度曲線の谷深さ測定値(

LSLI)

a)

JIS B 0683-1 の 3.5.3

CYLq 

二乗平均平方根円筒度測定値(

LSCY)

a)

ISO 12180-1:2011 の 3.5.1.4

FLTq 

二乗平均平方根平面度測定値(

LSPL)

a)

ISO 12781-1:2011 の 3.4.4

RONq 

二乗平均平方根真円度測定値(

LSCI)

a)

この規格の 3.6.1.4

STRq 

二乗平均平方根真直度測定値(

LSLI)

a)

JIS B 0683-1 の 3.5.4

STRsa 

中心軸線の真直度測定値

ISO 12180-1:2011 の 3.5.2.1

a)

  パラメータ名称に続く括弧内の記号は,パラメータが適用可能な基準要素を示している。


9

B 0682-1:2017

附属書 B

(参考)

GPS マトリックス

B.1 

一般 

GPS マトリックスの詳細は,ISO/TR 14638 による。

ISO/TR 14638 に示される ISO/GPS マスタープランは,この規格が ISO/GPS システムのどの一部になっ

ているかの概要を示す。ISO 8015 に示す ISO/GPS の基本的な規則は,この規格に適用し,また,JIS B 0641-1

に示す標準的な決定規則は,指示がない限り,この規格に従って作成した仕様に適用する。

注記 ISO/TR 14638 は廃止され,ISO 14638 として制定されている。

B.2 

規格及びその利用についての情報 

この規格は,ISO 17450-2 の規定に従って,外殻形体の真円度に関する用語及び概念を規定する。

B.3 GPS マトリックスにおける位置付け 

この規格は,一般的な

GPS 規格であり,図 B.1 に示すように,GPS マトリックスの中の角度に関する規

格チェーンのリンク番号

2 に影響する。


10

B 0682-1:2017

GPS

原理

規格

 GPS 共通規格 

 GPS 基本規格 

リンク番号

1 2 3 4 5 6

サイズ

距離

半径

角度

データムに無関係な線の形状

×

データムに関係する線の形状

データムに無関係な面の形状

データムに関係する面の形状

姿勢

位置

円周振れ

全振れ

データム

粗さ曲線

うねり曲線

断面曲線

表面欠陥

エッジ

 
1  記号及び指示法 
2  形体に対する要求事項 
3  形体の性質 
4  測定 
5  測定機器 
6  校正

図 B.1GPS マトリックスにおける位置付け 

B.4 

関連規格 

関連する国際規格又は日本工業規格は,図 B.1 に示す規格のチェーンに含まれる規格である。


11

B 0682-1:2017

参考文献

[1]  ISO 8015:1985,Technical drawings-Fundamental tolerancing principle

注記

  ISO 8015:1985 は 廃 止 さ れ , ISO 8015:2011 , Geometrical product specifications (GPS) -

Fundamentals-Concepts, principles and rules  に置き換えられた。

[2]  JIS B 0632:2001  製品の幾何特性仕様(GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-位相補償フィルタの特性

注記 1  対応国際規格:ISO 11562:1996,Geometrical Product Specifications (GPS)-Surface texture:

Profile method-Metrological characteristics of phase correct filters

注記 2  対 応 国 際 規 格   ISO 11562:1996 は 廃 止 さ れ , ISO 16610-21:2011 , Geometrical product

specifications (GPS)-Filtration-Part 21: Linear profile filters: Gaussian filters に置き換えられ

た。

[3]  ISO 12180-1:2011 , Geometrical product specifications (GPS) - Cylindricity - Part 1: Vocabulary and

parameters of cylindrical form

[4]  JIS B 0682-2  製品の幾何特性仕様(GPS)-真円度-第 2 部:仕様オペレータ

注記

  対応国際規格:ISO 12181-2:2011,Geometrical product specifications (GPS)-Roundness-Part 2:

Specification operators

[5]  JIS B 0683-1  製品の幾何特性仕様(GPS)-真直度-第 1 部:用語及びパラメータ

注記

  対応国際規格:ISO 12780-1:2011,Geometrical product specifications (GPS)-Straightness-Part 1:

Vocabulary and parameters of straightness

[6]  ISO 12781-1:2011,Geometrical product specifications (GPS)-Flatness-Part 1: Vocabulary and parameters of

flatness

[7]  JIS B 0641-1:2001  製品の幾何特性仕様(GPS)-製品及び測定装置の測定による検査-第 1 部:仕

様に対する合否判定基準

注記 1  対応国際規格:ISO 14253-1:1998,Geometrical Product Specifications (GPS)-Inspection by

measurement of workpieces and measuring equipment-Part 1: Decision rules for proving

conformance or non-conformance with specifications

注記 2  対応国際規格  ISO 14253-1:1998  は廃止され,ISO 14253-1:2013,Geometrical product

specifications (GPS)-Inspection by measurement of workpieces and measuring equipment-Part

1: Decision rules for proving conformity or nonconformity with specifications に置き換えられた。

[8]  ISO/TR 14638:1995,Geometrical product specification (GPS)-Masterplan

注記

  ISO/TR 14638:1995 は廃止され,ISO 14638:2015,Geometrical product specifications (GPS)-

Matrix model に置き換えられた。

[9]  ISO 17450-2:2012,Geometrical product specifications (GPS)-General concepts-Part 2: Basic tenets,

specifications, operators, uncertainties and ambiguities


12

B 0682-1:2017

附属書 JA

(参考)

JIS と対応国際規格との対比表

JIS B 0682-1:2017  製品の幾何特性仕様(GPS)-真円度-第 1 部:用語及びパ
ラメータ

ISO 12181-1:2011 , Geometrical product specifications (GPS) - Roundness - Part 1: 
Vocabulary and parameters of roundness

(

I)JIS の規定

(

II)国際

規格番号

(

III)国際規格の規定

(

IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと

の評価及びその内容

(

V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用語及び
定義

用語の定義

   3 ISO 17450-1 

変更

ISO 17450-1 を JIS B 0021 に変更し
た。

ISO 17450-1 の用語及び定義は引
用していないため。

 3.1.1 真円度に関連

するパラメータ

 3

JIS とほぼ同じ

変更

parameters of roundness deviation”

に変更した。

円筒断面輪郭に関するパラメータ
の総称としているので,国際会議
で修正を提案する。

 3.1.2

円筒の中心軸

直線

 3

JIS とほぼ同じ

変更

axis of cylindrical feature”に変更

した。

3.5.1

General

削除

削除した。

用語定義に不要な内容のため。

 3.6.1.4

二 乗 平 均 平

方根真円度測定値

 3.6.1.4

ΔR

rms

削除

削除した。

関連する定義式を,そのまま使え
るものではなく,特別な用途がな
いとして,削除した。

附属書

A

測 定 デ ー タ の ベ ク
トル表現

削除

削除した。

測定データのベクトル表現は国際
規 格 の 内 容 と か い 離 し て い る た
め,利用できる内容ではなく必要
もない。国際会議で削除を提案す
る。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 12181-1:2011,MOD

12

B 06

82
-1


201

7


13

B 0682-1:2017

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

 MOD

国際規格を修正している。

13

B 06

82
-1


201

7