>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0418 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS B 0418-1985 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 0418

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)  鍛造品の形状,寸法及び外観

附属書 2(参考)  鍛造品の取り代の求め方


日本工業規格

JIS

 B

0418

 : 1999

自由鍛造品の取り代

Machining allowance for open die forgings

1.

適用範囲  この規格は,ハンマ又はプレスによる質量が 10kg を超え,10 000kg 以下の機械構造用炭素

鋼,合金鋼及び鍛鋼品の熱間域での自由鍛造品(以下,鍛造品という。

)の基準取り代,黒皮寸法の求め方

及び許容差について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。この引用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0112

  鍛造加工用語

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0112 によるほか,次による。

a)

自由鍛造品  単純形状をした金敷及びはん用の治工具を用い,素材を打撃又は加圧変形させて,棒,

軸,円板,リングなどの所定の寸法形状に塑性加工したもの。鍛錬,据込み,せぎり,穴広げ鍛錬な

どの加工法が用いられる。

b)

基準取り代  黒皮寸法を定めるために,機械加工後の寸法に加算する基礎寸法。

c)

補正用取り代  段付軸及び片つば付軸の鍛造時の偏心量を吸収するために基準取り代に加算する寸法。

d)

黒皮寸法  機械加工後の寸法に 5.の基準取り代及び補正用取り代を加算し,その値を 6.の規定で切り

上げた寸法。

e)

許容差  黒皮寸法に対する製作公差。

f)

取り代  鍛造品から機械加工後の寸法にするために切削又は研削によって除去する部分の寸法で,黒

皮寸法から機械加工後の寸法を減じた量に許容差を加算した寸法。

4.

鍛造品の種類  鍛造品の種類は,形状によって,丸棒,角棒,段付軸,片つば付軸,円板及びリング

の 6 種類に区分し,

表 による。


2

B 0418 : 1999

表 1  鍛造品の種類

名称

形状及び寸法

適用寸法の範囲

丸棒

円形断面の段が付かない棒。長さ は,直径 

上,50 倍以下。

D

L≦50D

角棒

正方形断面の段が付かない角棒。長さ は,対辺
距離 以上,50 倍以下。

S

L≦50S

段付軸

円形断面の段が 2 か所以上付いた軸。長さ は,
直径 以上,50 倍以下。直径 は,他の直径 d

1

d

2

d

3

,……を超える。

D

L≦50D d

1

d

2

d

3

,……<D

片つば付軸

円形断面の片端につばが付いた軸。長さ は,直
径 以上,50 倍以下。つばは,その直径 d が直

径 の 1.3 倍以上で,長さが直径の 1/2 以下の突
起部分をいう。

D

L≦50D,1.3Dd

2

d

l

円板

直径 は,高さ を超え,12 倍以下。

H

D≦12H

リング

外径 は,高さ を超え,12 倍以下。外径と内
径 との差 Dは,外径 

10

1

以上,かつ,

2

1

下。

H

D≦12H

2

10

)

(

D

D

d

D

5.

鍛造品の基準取り代  直径の基準取り代 Y

D

,対辺距離の基準取り代 Y

S

,長さの基準取り代 Y

L

Y

l

及び

高さの基準取り代 Y

H

は,鍛造品の種類ごとに,次のように規定し,いずれも両側での総量とする。

a)

丸棒の直径 及び長さ の基準取り代 Y

D

及び Y

L

は,

付表 による。

b)

角棒の対辺距離 及び長さ の基準取り代 Y

S

及び Y

L

は,

付表 による。

c)

段付軸の直径 及びその部分の長さ l,並びに長さ の基準取り代 Y

D

Y

l

及び Y

L

は,

付表 による。

直径 以外の直径 d

1

d

2

d

3

,…の基準取り代 Y

d1

Y

d2

Y

d3

,…は,

付表 によって求めた直径 

基準取り代に,

付表 3A によって求めた補正用取り代

αを加算する。

d)

片つば付軸の軸部の直径 D,つばの長さ 及び長さ の基準取り代 Y

D

Y

l

並びに Y

L

は,

付表 による。

つばの直径 の基準取り代は,

付表 によって求めた軸部の直径 の基準取り代に,付表 4A によっ

て求めた補正用取り代

αを加算する。

e)

円板の直径 及び高さ の基準取り代 Y

D

並びに Y

H

は,

付表 による。

f)

リングの外径 D,内径 及び高さ の基準取り代 Y

D

Y

d

並びに Y

H

は,

付表 による。

6.

鍛造品の黒皮寸法  機械加工後の寸法(注文者が指定する図面寸法)に基準取り代を加算し,次によ

って処理したものを黒皮寸法とする。

a)

丸棒の直径 D,段付軸及び片つば付軸の直径 D,並びに角棒の対辺距離 が 200mm 以下の場合は,小


3

B 0418 : 1999

数点 1 位以下を切り上げて整数とし,200mm を超える場合は,5mm 刻みで切り上げる。その長手方

向の寸法は,その長さ が 1 000mm 以下の場合は,小数点以下を切り上げて整数とし,1 000mm を超

え,5 000mm 以下の場合は 5mm 刻みで切り上げ,5 000mm を超える場合は,10mm 刻みで切り上げる。

b)

円板の直径 及びリングの外径 が 200mm 以下の場合は,小数点以下をその直径及び外径について

は切り上げ,その内径 については切り捨てて,各々整数とし,200mm を超える場合は,5mm 刻み

で,その直径及び外径については切り上げ,その内径については切り捨てる。その高さ が 200mm

以下の場合は,小数点以下を切り上げて整数とし,200mm を超える場合は,5mm 刻みで切り上げる。

7.

黒皮寸法の許容差  鍛造品の黒皮寸法の許容差は,6.によって求めた黒皮寸法と,機械加工後の寸法

との差(取り代)に

表 に示す許容差を乗じて求める。ただし,小数点以下は切り上げる。

表 2  許容差

単位  %

部位

形状

直径又は対辺距離

長さ又は高さ

丸棒 
角棒

±35

段付軸 
片つば付軸

±50

±60

円板 
リング

±40

±40


4

B 0418

: 19

99

付表 1  丸棒の基準取り代

単位 mm

400

を超え

630

以下

630

を超え

1 000

以下

1 000

を超え

1 600

以下

1 600

を超え

2 500

以下

2 500

を超え

4 000

以下

4 000

を超え

6 300

以下

6 300

を超え

10 000

以下

区分

Y

D

Y

L

Y

D

Y

L

Y

D

Y

L

Y

D

Y

L

Y

D

Y

L

Y

D

Y

L

Y

D

Y

L

 63

を超え    80以下

11 21 12 22 13 23 16 25 19 29

 80

を超え  100以下

12 23 13 24 14 25 17 27 20 31 26 36

100

を超え  125以下

13 25 14 26 16 27 18 29 21 33 27 38

125

を超え  160以下

15 27 16 28 17 29 19 32 23 35 28 41 37 50

160

を超え  200以下

16 29 17 30 19 32 21 34 24 37 30 43 39 52

200

を超え  250以下

18 31 19 32 20 34 23 36 26 39 32 45 41 54

250

を超え  315以下

20 33 21 34 22 36 24 38 28 41 33 47 42 56

315

を超え  400以下

22 36 23 37 24 38 27 40 30 44 36 49 45 58

400

を超え  500以下

25 38 26 39 27 40 29 42 33 46 38 51 47 60

500

を超え  630以下

27 40 28 41 30 42 32 44 35 48 41 53

630

を超え  800以下

    31 43 33 44 35 47 38 50

備考  Y

D

:直径 の基準取り代を示す。Y

L

:長さ の基準取り代を示す(以下,これに準じる。


5

B 0418

: 19

99

付表 2  角棒の基準取り代

単位 mm

400

を超え

630

以下

630

を超え

1 000

以下

1 000

を超え

1 600

以下

1 600

を超え

2 500

以下

2 500

を超え

4 000

以下

4 000

を超え

6 300

以下

6 300

を超え

10 000

以下

区分

Y

S

Y

D

Y

S

Y

L

Y

S

Y

L

Y

S

Y

L

Y

S

Y

L

Y

S

Y

L

Y

S

Y

L

 63

を超え    80以下

11 25 13 26 15 27 18 29 22 33

 80

を超え  100以下

12 26 14 27 16 28 20 30 23 34 28 39

100

を超え  125以下

13 27 15 28 18 30 21 32 25 35 30 41

125

を超え  160以下

15 29 17 30 19 31 22 33 26 37 31 42 37 51

160

を超え  200以下

17 31 19 31 21 33 24 35 28 38 33 44 39 53

200

を超え  250以下

18 32 20 33 23 35 26 37 30 40 35 46 41 55

250

を超え  315以下

20 34 22 35 25 37 28 39 32 42 37 48 43 57

315

を超え  400以下

23 37 25 38 27 39 30 41 34 45 39 50 45 59

400

を超え  500以下

25 39 27 40 30 42 33 44 37 47 42 53

500

を超え  630以下

28 42 30 43 33 45 36 47 40 50

630

を超え  800以下

    34 47 36 48 39 50


6

B 0418

: 19

99

付表 3  段付軸の基準取り代 

単位 mm

400

を超え

630

以下

630

を超え

1 000

以下

1 000

を超え

1 600

以下

1 600

を超え

2 500

以下

2 500

を超え

4 000

以下

4 000

を超え

6 300

以下

6 000

を超え

10 000

以下

区分

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

100

を超え  125以下

12 26 14 29 16 31 18 35 21 39 25 45

125

を超え  160以下

14 28 15 30 17 33 19 36 22 40 26 46 31 53

160

を超え  200以下

15 29 17 32 19 34 21 38 24 42 28 48 32 55

200

を超え  250以下

17 31 18 33 20 36 23 39 25 44 29 49 34 56

250

を超え  315以下

19 33 20 35 22 38 24 41 27 46 31 51 36 58

315

を超え  400以下

21 35 22 37 24 40 27 43 29 48 33 53 38 60

400

を超え  500以下

23 37 25 40 27 42 29 46 32 50 36 56 40 63

500

を超え  630以下

26 40 27 42 29 45 32 48 34 53 38 58

630

を超え  800以下

    30 45 32 48 35 52 38 56

800

を超え1 000 以下

  

36

51

38

55

 

付表 3A  段付軸の補正用取り代

単位 mm

D

d(

1

) 40

を超え

50

以下

50

を超え

63

以下

63

を超え

80

以下

80

を超え

100

以下

100

を超え

125

以下

125

を超え

160

以下

160

を超え

200

以下

200

を超え

250

以下

250

を超え

315

以下

315

を超え

400

以下

400

を超え

500

以下

500

を超え

630

以下

補正用取り代

2 2 3 4 5 6 7 9 11

14

18

22

(

1

)  d

n

d

1

d

2

d

3

d

4

,……


7

B 0418

: 19

99

付表 4  片つば付軸の基準取り代

単位 mm

400

を超え

630

以下

630

を超え

1 000

以下

1 000

を超え

1 600

以下

1 600

を超え

2 500

以下

2 500

を超え

4 000

以下

4 000

を超え

6 300

以下

6 300

を超え

10 000

以下

区分

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

Y

D

Y

L

Y

l

 40

を超え   50以下

11 25 13 26 15 27 18 30

 50

を超え   63以下

12 26 14 27 16 28 18 31 22 34

 63

を超え   80以下

13 27 15 28 17 29 19 32 22 35

 80

を超え  100以下

14 28 16 29 18 31 20 33 23 36 27 42

100

を超え  125以下

15 30 17 31 19 32 21 34 24 38 28 43

125

を超え  160以下

16 31 18 32 20 33 22 36 25 39 29 45 35 54

160

を超え  200以下

17 33 19 34 21 35 24 37 27 41 31 46 36 55

200

を超え  250以下

19 35 20 36 22 37 25 39 28 43 32 48 37 57

250

を超え  315以下

20 37 22 38 24 39 27 41 30 45 34 50 39 59

315

を超え  400以下

22 39 24 40 26 41 28 44 32 47 36 53 41 62

400

を超え  500以下

24 42 26 43 28 44 31 46 34 50 38 55 43 64


8

B 0418

: 19

99

付表 4A  片つば付軸のつば径の補正用取り代

単位 mm

d

D

40

を超え

50

以下

50

を超え

63

以下

63

を超え

80

以下

80

を超え

100

以下

100

を超え

125

以下

125

を超え

160

以下

160

を超え

200

以下

200

を超え

250

以下

250

を超え

315

以下

315

を超え

400

以下

400

を超え

500

以下

500

を超え

630

以下

 40

を超え   50以下

5

6

7

9       

 50

を超え   63以下

4

5

7

8

10

     

 63

を超え   80以下

4

5

6

8

10

12

    

 80

を超え  100以下

4 5 6 8 9 11 14

100

を超え  125以下

4 5 6 7 9 11 14

17

125

を超え  160以下

  4 6 7 9 11

13

16

20

160

を超え  200以下

    5  7  8  10 13 16 19 24

200

を超え  250以下

      6  8  10 12 15 19 23 29

250

を超え  315以下

        8  9  12 15 18 23 28 35

315

を超え  400以下

     9

11

14

18

22

28

34

400

を超え  500以下

    

11

14

17

21

27

33


9

B 0418

: 19

99

付表 5  円板の基準取り代

単位 mm

40

を超え

50

以下

50

を超え

63

以下

63

を超え

80

以下

80

を 超 え

100

以下

100

を超え

125

以下

125

を超え

160

以下

160

を超え

200

以下

200

を超え

250

以下

250

を超え

315

以下

315

を超え

400

以下

400

を超え

500

以下

500

を超え

630

以下

区分

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

Y

D

Y

H

 125

を超え  160 以下

13

14

13

14

14

15

14

15

15

16

       

 160

を超え  200 以下

13 14 14 14 14 15 14 15 15 16 16 16 17 17

 200

を超え  250 以下

14 15 15 15 15 15 16 16 16 16 17 17 18 18 19 19

 250

を超え  315 以下

16 16 16 16 16 16 17 17 17 17 18 18 19 19 20 20 22 21

 315

を超え  400 以下

18 17 18 17 18 17 19 18 19 18 20 19 21 20 22 21 24 23 25 24

 400

を超え  500 以下

20 18 20 18 20 19 21 19 22 20 22 21 23 21 24 23 26 24 28 26 30 28

 500

を超え  630 以下

23 20 23 20 23 21 24 21 24 22 25 22 26 23 27 24 29 26 30 27 33 30 36 32

 630

を超え  800 以下     26 22 27 23 27 23 28 24 29 25 30 25 31 26 32 28 34 30 36 32 39 35

 800

を超え1 000 以下         31 26 32 26 32 27 33 27 34 28 35 29 37 31 38 32 41 35 44 37

1 000

を超え1 250 以下             37 29 38 30 38 31 39 32 41 33 42 34 44 36 46 38 48 41

1 250

を超え1 600 以下                 45 34 46 35 47 36 48 37 49 39 51 40 53 43 56 45

1 600

を超え2 000 以下                     55 41 56 42 57 43 58 44 60 46 62 48


10

B 0418

: 19

99

付表 6  リングの基準取り代 

単位 mm

40

を超え

50

以下

50

を超え

63

以下

63

を超え

80

以下

80

を超え

100

以下

100

を超え

125

以下

125

を超え

160

以下

160

を超え

200

以下

200

を超え

250

以下

250

を超え

315

以下

315

を超え

400

以下

400

を超え

500

以下

500

を超え

630

以下

630

を超え

800

以下

区分

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

Y

H

Y

D

Y

d

125

を超え    160 以下

12

16

10

12

16

11

13

17

11

13

17

12

160

を超え    200 以下

13

16

10

13

16

10

13

17

11

13

17

11

14

17

12

14

18

13

15

18

14

200

を超え    250 以下

13

17

11

14

17

11

14

17

12

14

18

12

14

18

13

15

19

14

15

19

15

16

20

17

250

を超え    315 以下

14

18

12

15

18

12

15

18

13

15

19

14

15

19

14

16

20

15

17

20

16

17

21

18

18

22

20

315

を超え    400 以下

16 19 14 16 19 14

16

20

14

17

20

15

17

20

16

17

21

17

18

22 18 19

23

19

19

24

21

21

25

24

400

を超え    500 以下

18 21 15 18 21 16

18

21

16

18

22

17

19

22

18

19

23

19

20

23 20 20

24

21

21

25

23

22

27

25

24

28

28

500

を超え    630 以下

20 23 18 20 23 18

20

23

19

21

24

19

21

24

20

21

25

21

22

25 22 23

26

23

23

27

25

25

29

28

26

30

31

28

32

34

630

を超え    800 以下

      23 26 21

23

26

22

23

27

22

24

27

23

24

27

24

25

28 25 25

29

26

26

30

28

27

31

31

29

33

34

30

35

37

33

38 42

800

を超え  1 000 以下

27

30

25

27

30

26

27

30

27

28

31

28

28

31

29

29

32

30

30

33

32

31

35

34

32

36

37

34

38

41

36

41

46

1 000

を超え  1 250 以下

31

34

30

31

34

31

32

35

32

33

36

33

33

36

35

34

37

37

35

39

39

37

40

42

38

42

46

41

45

50

1 250

を超え  1 600 以下

36

39

36

36

39

37

37

40

38

38

41

39

39

42

41

40

43

44

41

45

47

43

47

50

45

49

55

1 600

を超え  2 000 以下

45

47

46

45

48

47

46

48

48

47

50

50

48

51

52

49

53

55

51

55

59

53

57

64


11

B 0418 : 1999

関連規格  JIS G 3201  炭素鋼鍛鋼品

JIS G 3202

  圧力容器用炭素鋼鍛鋼品

JIS G 3203

  高温圧力容器用合金鋼鍛鋼品

JIS G 3204

  圧力容器用調質型合金鋼鍛鋼品

JIS G 3205

  低温圧力容器用鍛鋼品

JIS G 3206

  高温圧力容器用高強度クロムモリブデン鋼鍛鋼品

JIS G 3221

  クロムモリブデン鋼鍛鋼品

JIS G 3222

  ニッケルクロムモリブデン鋼鍛鋼品

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4052

  焼入性を保証した構造用鋼鋼材(H 鋼)

JIS G 4102

  ニッケルクロム鋼鋼材

JIS G 4103

  ニッケルクロムモリブデン鋼鋼材

JIS G 4105

  クロムモリブデン鋼鋼材

JIS G 4106

  機械構造用マンガン鋼鋼材及びマンガンクロム鋼鋼材

JIS G 4202

  アルミニウムクロムモリブデン鋼鋼材


12

B 0418 : 1999   

附属書 1(参考)  鍛造品の形状,寸法及び外観

この附属書は,鍛造品の形状,寸法及び外観について記述したもので,規定の一部ではない。

鍛造品の形状,寸法及び外観は,次による。

a)

鍛造品の形状,寸法及び外観は,注文者が指定する図面による。ただし,その図面が仕上図で,中間

工程において荒削りの必要な場合には,受渡当事者間の協定による。

b)

取り代及び許容差で片側に対する量を決める場合には,注文者はあらかじめ製造者と協議する。

c)

鍛造品の機械試験(引張試験,衝撃試験など)用供試材又はその他特別な余長部の必要な場合,注文

者はあらかじめ製造者と協議する。

d)

鍛造品の端面を切断する場合には,ガス又はたがねによる。

e)

スケールきず,かぶさりきず,割れなどの表面欠陥は,取り代の範囲内で適当な方法で除去し,かつ,

a)

に適合させる。


13

B 0418 : 1999

附属書 2(参考)  鍛造品の取り代の求め方

この附属書は,鍛造品の取り代の求め方について記述したもので,規定の一部ではない。

例題 1.(丸棒の場合) 

1.1

与えられた条件  附属書 図 は,丸棒の自由鍛造品の例を示したもので,与えられた条件は,次

のとおりとする。

機械加工後の直径 は,

D

φ

280mm  (1.1)

機械加工後の長さ は,

L

=3 150mm  (1.2)

附属書 図 

1.2

基準取り代の求め方  式(1.1)及び式(1.2)を付表 の直径 の 250 を超え 315 以下,及び長さ の 2 500

を超え 4 000 以下の欄に照合し,次を読み取る。

直径の基準取り代 Y

D

は,

Y

D

=28mm  (1.3)

長さの基準取り代 Y

L

は,

Y

L

=41mm (1.4)

1.3

黒皮寸法の求め方  機械加工後の寸法に基準取り代を加算し,本体 6.の規定によって丸める。

直径の黒皮寸法 D

f

は,式(1.1)及び式(1.3)から,

D

Y

D

=280+28=308mm (1.5)

直径 が 200mm を超えるので,式(1.5)を 5mm 刻みで切り上げて,次のとおりとなる。

308mm

D

f

=310mm (1.6)

長さの黒皮寸法 L

f

は,式(1.2)及び式(1.4)から,

L

Y

L

=3 150+41=3 191mm (1.7)

長さ が 1 000mm を超え,5 000mm 以下であるので,式(1.7)を 5mm 刻みで切り上げて,次のとおりと

なる。

3 191mm

L

f

=3 195mm  (1.8)

1.4

許容差の求め方  黒皮寸法と機械加工後の寸法との差を求め,本体表 の許容差 (%) を乗じる。

ただし,小数点以下は切り上げる。

直径の許容差は,式(1.6),式(1.1)及び本体

表 から,次のとおりとなる。

(D

f

D)×(±35%)=(310−280)×(±0.35)=±10.5→±11mm (1.9)


14

B 0418 : 1999   

長さの許容差は,式(1.8),式(1.2)及び本体

表 から,次のとおりとなる。

(L

f

L)×(±60%)=(3 195−3 150)×(±0.60)=±27→±27mm  (1.10)

1.5

丸棒の取り代  以上の結果,直径の取り代は式(1.6),式(1.1)及び式(1.9)から,次のとおりとなる。

式(1.6)−式(1.1)±式(1.9)=310−280±11=30±11mm

また,長さの取り代は,式(1.8),式(1.2)及び式(1.10)から,次のとおりとなる。

式(1.8)−式(1.2)±式(1.10)=3 195−3 150±27=45±27mm

例題 2.(段付軸の場合) 

2.1

与えられた条件  附属書 図 は,段付軸の自由鍛造品の例を示したもので,与えられた条件は,

次のとおりとする。

機械加工後の直径 は,

D

φ

450mm  (2.1)

機械加工後の直径 d

1

は,

d

1

φ

180mm (2.1a)

機械加工後の直径 d

2

は,

d

2

φ

280mm  (2.1b)

ただし,d

2

d

3

としたので,d

3

の計算は省略する。

機械加工後の長さ は,

L

=3 150mm  (2.2)

附属書 図 2

2.2

基準取り代の求め方  式(2.1)及び式(2.2)を本体付表 の直径 の 400 を超え 500 以下,及び長さ L

の 2 500 を超え 4 000 以下の欄に照合し,次を読み取る。

直径の基準取り代 Y

D

は,

Y

D

=32mm  (2.3)

直径の基準取り代 Y

d1

は,

Y

d1

=32mm (2.3a)

直径の基準取り代 Y

d2

は,

Y

d2

=32mm  (2.3b)

長さの基準取り代 Y

L

は,

Y

L

=50mm (2.4)

2.3

段付軸部の補正用取り代の求め方  段付軸の直径 dn の補正用取り代

α

n

は,胴部の直径 と段付軸

部の直径 dn との差を,まず求める。


15

B 0418 : 1999

直径 d

1

部は,(Dd

1

)

=(450−180)=270 となり,本体

付表 3A の 250 を超え 315 以下の欄に照合し,次

を読み取る。

直径 d

1

の補正取り代

α

1

は,

α

1

=11mm (2.5)

また,直径 d

2

部は,(Dd

2

)

=(450−280)=170 となり,本体

付表 3A の 160 を超え 200 以下の欄に照合

し,次を読み取る。

直径 d

2

の補正取り代

α

2

は,

α

2

=7mm (2.6)

2.4

黒皮寸法の求め方  機械加工後の寸法に基準取り代を加算し,本体 6.の規定によって丸める。直径

の黒皮寸法 D

f

は,式(2.1)及び式(2.3)から,次のとおりとなる。

直径 の黒皮寸法 D

f

は,

D

Y

D

=450+32=482mm (2.7)

そして,直径 が 200mm を超えるので,式(2.7)を 5mm 刻みで切り上げて,次のとおりとなる。

482

D

f

=485mm  (2.8)

直径 d

1

の黒皮寸法 d

1

f

は,次のとおりとなる。

d

1

Y

D

α

1

=180+32+11=223mm(2.7a)

223

d

1

f

=225mm (2.8a)

また,直径 d

2

の黒皮寸法 d

2

f

は,次のとおりとなる。

d

2

Y

D

α

2

=280+32+7=319mm (2.7b)

319

d

2

f

=320mm  (2.8b)

長さ の黒皮寸法 L

f

は,次のとおりとなる。

L

Y

L

=3 150+50=3 200mm

3 200

L

f

=3 200mm (2.9)

2.5

許容差の求め方  黒皮寸法と機械加工後の寸法との差を求め,表 の許容差を乗じる。ただし,小

数点以下は切り上げる。

直径 D

f

の許容差は,式(2.8),式(2.1)及び本体

表 から,次のとおりとなる。

(D

f

D)×(±50%)=(485−450)×(±0.50)=±17.5→±18mm (2.10)

直径 d

1

f

の許容差は,式(2.8a),式(2.1a)及び本体

表 から,次のとおりとなる。

(d

1

f

d

1

)

×(±50%)=(225−180)×(±0−50)=±22.5→±23mm (2.10a)

直径 d

2

f

の許容差は,式(2.8b),式(2.1b)及び本体

表 から,次のとおりとなる。

(d

2

f

d

2

)

×(±50%)=(320−280)×(±0.50)=±20.0→±20mm  (2.10b)

長さ L

f

の許容差は,式(2.9),式(2.2)及び本体

表 から,次のとおりとなる。

(L

f

L)×(±60%)=(3200−3150)×(±0.60)=±30.0→±30mm  (2.11)

2.6

段付軸の取り代  以上の結果,直径 の取り代は,式(2.8),式(2.1)及び式(2.10)から,次のとおりと

なる。

式(2.8)−式(2.1)±式(2.10)=485−450±18=35±18mm  (2.12)

直径 d

1

の取り代は,次のとおりとなる。

式(2.8a)−式(2.1a)±式(2.10a)=(225−180)±23=45±23mm (2.12a)

直径 d

2

の取り代は,次のとおりとなる。

式(2.8b)−式(2.1b)±式(2.10b)=(320−280)±20=40±20mm  (2.12b)


16

B 0418 : 1999   

また,長さ の取り代は,次のとおりとなる。

式(2.9)−式(2.2)±式(2.11)=(3200−3150)±30=50±30mm (2.13)

例題 3.(リングの場合)  外径 及び高さ は,例題 1.及び例題 2.に準じて求めるが,内径 については

減算となることに注意する。

JIS B 0418

自由鍛造品の取り代改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

篠  崎  吉太郎

工業技術院機械技術研究所

小  谷  泰  久

通商産業省機械情報産業局素形材産業室

本  間      清

工業技術院標準部

黒  木  勝  也

財団法人日本規格協会

岡  本  圭  司

岡本鉄工合資会社

村  田      勉

清水鋼鐵株式会社

西  巻  芳  則

株式会社西巻鉄工所

中  村  総一郎

株式会社中村鉄工所

森      紀  暁

中野工業株式会社

山  本  光  晴

関西鉄工株式会社

浦  郷  直  幸

大同特殊鋼株式会社渋川工場

中  野  克  彦

川崎重工業株式会社原動機事業部

尾  崎  信  彦

株式会社日本製鋼所室蘭製作所

佐  藤  隆  夫

株式会社神戸製鋼所鋳鍛鋼工場

白  髭  昌  男

石川島播磨重工業株式会社技術本部

渡  辺  康  雄

株式会社日立製作所日立工場素形材センター

高  橋  宣  男

日本鋳鍛鋼会

河  部  壽  雄

財団法人鍛造技術研究所

(事務局)

中  丸  善  明

財団法人鍛造技術研究所

文責  浦郷  直幸