>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

0417

-1979

ガス切断加工鋼板普通許容差

Permissible Deviation in Dimensions without Tolerance

Indication for Gas Cut Steel Plates

1.

適用範囲  この規格は,厚さ 6mm 以上 100mm 以下の熱間圧延鋼板をガス切断機で直線切断(以下,

切断という。

)した加工鋼板の長さ及び幅の普通許容差並びに切断縁の真直度及び直角度の普通許容値,切

断面の倒れ及び粗さの普通許容値(以下,普通許容差と総称する。

)について規定する。

備考1.  普通許容差は,仕様書,図面などにおいて機能上特別な精度が要求されない寸法について,

許容差を個々には記入しないで一括して指示する場合に適用する。

2.

普通許容差の指示は,次の(1)又は(2)のいずれかによる。

(1)

各寸法の区分に対する数値の表

(2)

規格番号及び等級

1.JIS B 0417,B 級

2.:切断長さ,切断幅,真直度,直角度:JIS B 0417,A 級

倒れ,粗さ:JIS B 0417,B 級

3.

切断面が垂直な短形の加工鋼板以外のものは,この規格を適用しない。

4.

焼入れ焼もどしをした鋼板及びコイル鋼板は,この規格を適用しない。

5.

プラズマ切断機により切断したものは,この規格を適用しない。

引用規格: 

JIS B 0601

  表面粗さ

関連規格:JIS B 0404  寸法の普通許容差の通則

JIS B 0410

  金属板せん断加工品普通許容差

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,次のとおりとする。

(1)

切断面  切断によって加工鋼板にできた面。

(2)

切断縁  切断面の最突出部を結ぶ線(図 参照)。

(3)

切断長さ及び切断幅  切断した加工鋼板の実際の長辺及び短辺。

(4)

真直度  切断縁の両端を結ぶ基準線に対する切断線の最大のくるいの大きさ  (a)  (図 参照)。


2

B 0417-1979

図 1  真直度

(5)

直角度  長辺の両端を結ぶ基準線に対し,短辺の両端を通る垂線を引き,その垂線間の距離  (Q)  (図

2

参照)

図 2  直角度

(6)

倒れ  加工鋼板の表面に垂直な直線と切断面に接する直線とでできる角  (

θ

)

図 参照)。


3

B 0417-1979

図 3  倒れ

(7)

粗さ  切断面のおうとつの最大高さの区分値。

3.

等級  普通許容差の等級は,A 級及び B 級の 2 等級とする。

4.

普通許容差

4.1

切断長さ及び切断幅の普通許容差  切断長さ及び切断幅の普通許容差は,表 のとおりとする。

表 1  切断長さ及び切断幅の普通許容差

単位 mm

6

以上 27 以下 27 を超え 50 以下 50 を超え 100 以下

板厚区分

切断長さ

等級別

又は切断幅区分

A

B

A

B

A

B

1000

以下

±1

±2

±1.5

±2.5

±2

±3.5

1000

を超え  3150 以下

±1.5

±2.5

±2

±3

±2.5

±4

3150

を超え  6000 以下

±2

±3

±2.5

±3.5

±3

±4.5

6000

を超え 10000 以下

±2

±3.5

±2.5

±4

±3.5

±5

4.2

真直度の普通許容値  真直度の普通許容値は,表 のとおりとする。

表 2  真直度の普通許容値

単位 mm

A

B

切断長さ区分

1000

につき

3150

以下 0.4

1

3150

を超え  6000 以下 0.5

1.2

6000

を超え 10000 以下 0.6

1.5

備考1.  板厚6mm 以上10mm 以下及び切断幅200mm 以下の加工鋼

板については,適用しない。

2.

上表中の 1000 につきとは,全長にわたるくるいの大きさ
を測定し,その数値を 1000mm 当たりの数値で示すことを
いう。

4.3

直角度の普通許容値  直角度の普通許容値は,表 のとおりとする。


4

B 0417-1979

表 3  直角度の普通許容値

単位 mm

6

以上 50 以下 50 を超え 100 以下

板厚区分

切断幅

等級別

(短辺)区分

A

B

A

B

315

以下 1

2

1.5

3

315

を超え  1000 以下

1.5

3 2 4

1000

を超え  2000 以下 2

4

2.5

5

2000

を超え  3150 以下

2.5

5 3 6

4.4

倒れの普通許容値  倒れの普通許容値は,表 のとおりとする。

表 4  倒れの普通許容値

単位  度

板厚区分 mm A 級

B

6

以上    50 以下 2

5

50

を超え 100 以下 1.5

4

4.5

粗さの普通許容値  切断面の粗さの普通許容値は,表 のとおりとする。

表 5  粗さの普通許容値

板厚区分 mm

A

B

6

以上    50 以下 50S

70S

50

を超え 100 以下 70S

100S

備考  これらの数値は,JIS B 0601(表面粗さ)に規定されている

最大高さの区分値による。

原案作成委員会構成員名簿

氏名

所属

(委員長)

稲  垣  道  夫

科学技術庁金属材料技術研究所

手  塚  敬  三

日本ウェルディングロッド株式会社

田  沼  欣  司

科学技術庁金属材料技術研究所

田  中  政  直

石福金属興業株式会社

藤  田      譲

東京大学船舶工学科

竹  花  范  平

運輸省船舶技術研究所

市  川  慎  平

株式会社田中製作所

山  口      登

小池酸素工業株式会社精機工場

北  角  利  之

株式会社千代田精機

川  平  水  哉

鋼板剪断機械株式会社

藤  野      宏

石川島播磨重工業株式会社東京第二工場

関  根  通  男

日本鋼管株式会社鶴見造船所

青  柳  篤  幸

全国厚板シアリング工業組合生産性委員長

久  松      保

全国厚板シアリング工業組合生産性委員

高  田  繁  一

松尾橋梁株式会社八千代工場

相  場      昭

東京芝浦電気株式会社府中工場

福  原  章  男

新日本製鉄株式会社

仲井真  弘  多

工業技術院標準部機械規格課