>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

0410

-1991

金属板せん断加工品の普通公差

General tolerances for parts formed by shear from metal plates

1.

適用範囲  この規格は,ギャップシャー,スケヤシャーなどの直刃せん断機で切断した厚さ 12mm 以

下の金属板の切断幅の普通寸法公差並びに真直度及び直角度の普通公差について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0111

  プレス機械用語

JIS B 0621

  幾何偏差の定義及び表示

JIS Z 8114

  製図用語

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0111JIS B 0621 及び JIS Z 8114 によるほか,

次による。

(1)

切断幅  シャーの刃で切断された辺とその対辺の距離(図 の b)。

(2)

切断長さ  シャーの刃で切断された辺の長さ(図 の l)。

図 

(3)

真直度  切断された辺の刃当たり部分の,幾何学的に正しい直線からの狂いの大きさ(図 の f)。

(4)

直角度  長辺をデータム形体とし,データムに対して直角な幾何学的平面からの短辺の刃当たり部分

の狂いの大きさ(

図 の f)。

二つの辺が等しい長さの場合は,いずれの辺をデータムとしてもよい。


2

B 0410-1991

図 

図 

3.

切断幅の普通寸法公差  切断幅の普通寸法公差は,板厚区分によってそれぞれ A 級及び B 級の 2 等級

とし,それぞれの寸法許容差は

表 による。

表 1  切断幅の普通寸法許容差

単位 mm

板厚  (t)  の区分

t

≦1.6 1.6<t≦3 3<t≦6 6<t≦12

等級

基準寸法の区分

A

B

A

B

A

B

A

B

30

以下

±0.1

±0.3

 30

を超え 120 以下

±0.2

±0.5

±0.3

±0.5

±0.8

±1.2

±1.5

 120

を超え 400 以下

±0.3

±0.8

±0.4

±0.8

±1

±1.5

±2

 400

を超え 1

000

以下

±0.5

±1

±0.5

±1.2

±1.5

±2

±2.5

 1 000

を超え 2

000

以下

±0.8

±1.5

±0.8

±2

±2

±3

±3

 2 000

を超え 4

000

以下

±1.2

±2

±1.2

±2.5

±3

±4

±4


3

B 0410-1991

4.

真直度の普通公差  真直度の普通公差は,A 級及び B 級の 2 等級とし,それぞれの公差は表 による。

表 2  真直度の普通公差

単位 mm

板厚  (t)  の区分

t

≦1.6 1.6<t≦3 3<t≦6 6<t≦12

等級

切断長さの呼

び寸法の区分

A

B

A

B

A

B

A

B

30

以下 0.1

0.2

 30

を超え 120 以下

0.2 0.3 0.2 0.3 0.5 0.8

1.5

 120

を超え 400 以下

0.3 0.5 0.3 0.5 0.8 1.5

2

 400

を超え 1

000

以下

0.5 0.8 0.5 1  1.5 2

3

 1 000

を超え 2

000

以下

0.8 1.2 0.8 1.5 2  3

4

 2 000

を超え 4

000

以下

1.2 2  1.2 2.5 3  5

6

5.

直角度の普通公差  直角度の普通公差は,A 級及び B 級の 2 等級とし,それぞれの公差は表 による。

表 3  直角度の普通公差

単位 mm

板厚  (t)  の区分

t

≦3 3<t≦6 6<t≦12

等級

短辺の呼び長

さの区分

A

B

A

B

A

B

30

以下

 30

を超え 120 以下 0.3

0.5

0.5

0.8

1.5

 120

を超え 400 以下 0.8

1.2

1

1.5

2

 400

を超え 1

000

以下

1.5

3 2 3

3

 1 000

を超え 2

000

以下

3 6 4 6

6

 2 000

を超え 4

000

以下 6

10

6

10

10

6.

図面上の指示  図面又は関連文書には,この規格の規格番号及び等級を指示する。

なお,切断幅の普通寸法公差と真直度又は直角度の普通公差とを異なる等級で指示する場合には,その

ことを明記する。

例  切断幅の普通寸法公差  JIS B 0410-A

真直度及び直角度の普通公差  JIS B 0410-B


4

B 0410-1991

原案作成委員会  委員構成表

氏名

所属

(委員長)

吉  本      勇

拓殖大学(東京工業大学名誉教授)

(幹事)

桑  田  浩  志

トヨタ自動車株式会社設計管理部

鈴  木  茂  光

工業技術院標準部

前  田  禎  三

東京電機大学(東京大学名誉教授)

藤  原  孝  誌

工業技術院機械技術研究所

大  園  茂  夫

東京大学

杉  浦  守  彦

石川島播磨重工業株式会社技術本部

三  町      勲

日立精機株式会社我孫子工場

渡  辺  昭  俊

新技術コンサルタント

黒  柳  啓太郎

三菱重工業株式会社技術管理部

佐々木  茂  夫

株式会社東芝生産技術研究所

金  子  昌  雄

社団法人日本ダイカスト協会

天  野  健  郎

株式会社北沢バルブ技術本部

中  鏡      肇

社団法人日本塑性加工学会

(日本電気オートメーション株式会社)

川  崎  陽  康

社団法人日本金属プレス工業協会(株式会社川崎精工所)

田  仁      哲

社団法人日本工作機械工業会

中  込  常  雄

財団法人日本規格協会

(事務局)

大  熊  敬  尚

財団法人日本規格協会