>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0255:2008

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正をしたもので,これによって,JIS B 0255:1998 は改正され,一部が

置き換えられた。


 

   

日本工業規格

JIS

 B

0255

:2008

ユニファイねじ用限界ゲージ

(追補1)

Limit gauges for unified screw threads

(Amendment 1)

JIS B 0255:1998 の一部を,次のように改正する。

2.(引用規格)の JIS B 0261 平行ねじゲージの検査方法を,JIS B 0261 平行ねじゲージ−測定方法に置

き換える。



B 0255:2008

   

表 1(ねじ用限界ゲージの種類,ゲージ記号,形状,寸法,許容差及び公差)を,次の表に置き換える。

表 1  ねじ用限界ゲージの種類,ゲージ記号,形状,寸法,許容差及び公差 

寸法,許容差及び公差の適用表

検査され
るねじ

検査され
る箇所

ねじ用限界ゲージの種類

ゲージ記号

JIS B 0210 
規定す る並 目
ねじ用

JIS B 0212 
規定する細目
ねじ用

形 状
の 適

用 規

通り側ねじリングゲージ(工作・検
査共用)

GR

付表 

付表 15 

工作用止り側ねじリングゲージ WR

付表 

付表 16 

有効径

 

検査用止り側ねじリングゲージ IR

付表 

付表 17 

JIS B 
3102 

工作用プレーン通り側挟みゲージ WS

(

1

)

工作用プレーン止り側挟みゲージ WS

(

1

)

付表 

付表 18 

検査用プレーン通り側挟みゲージ IS

(

1

)

おねじ

外径

検査用プレーン止り側挟みゲージ IS

(

1

)

付表 

付表 19 

JIS B 
3102 

(

2

)

通り側ねじプラグゲージ(工作・検

査共用)

GP

付表 

付表 20 

工作用止り側ねじプラグゲージ WP

付表 

付表 21 

有効径

検査用止り側ねじプラグゲージ IP

付表 

付表 22 

JIS B 
3102 

工作用プレーン通り側プラグゲージ

WM

(

1

)

工作用プレーン止り側プラグゲージ

WM

(

1

)

付表 

付表 23 

検査用プレーン通り側プラグゲージ

IM

(

1

)

めねじ

内径

検査用プレーン止り側プラグゲージ

IM

(

1

)

付表 10 

付表 24 

JIS B 
3102 

(

2

)

(

1

)

  通り側と止り側とが別々になっている場合は,ゲージ記号の後に“通”及び“止”の文字を付ける。

例  WM 通,WM 止

(

2

)

  この形状は,JIS B 7420 に準じてもよい。