>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0254

:2011

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  量記号

2

4

  ゲージの種類 

2

4.1

  ねじ用限界ゲージの種類及びゲージ記号 

2

4.2

  点検用ゲージの種類及びゲージ記号 

3

5

  ゲージの機能,管理及び使い方

3

5.1

  おねじ用限界ゲージ及び点検用ゲージ 

3

5.2

  めねじ用限界ゲージ

5

6

  不完全ねじ山のねじ山払い及び面取り 

5

7

  おねじ用ゲージ 

7

7.1

  有効径の公差域の位置関係 

7

7.2

  山形

8

7.3

  諸数値

10

8

  めねじ用ゲージ 

12

8.1

  有効径の公差域の位置関係 

12

8.2

  山形

13

8.3

  諸数値

14

9

  標準温度

15

10

  ゲージの寸法,許容差及び公差

15

11

  硬さ及び表面粗さ 

15

12

  測定方法 

15

13

  検査

15

14

  表示

15

附属書 JA(規定)ゲージの寸法,許容差及び公差

16

附属書 JB(規定)JIS B 0202 の附属書に規定するねじに用いる管用平行ねじゲージ

30

附属書 JC(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

54


B 0254

:2011

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本精密測定機器

工業会(JMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 0254:1985 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

0254

:2011

管用平行ねじゲージ

Limit Gauges for Parallel Pipe Threads

序文 

この規格は,1987 年に第 2 版として発行された ISO 228-2 を基に,一部技術的内容を変更して作成した

日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所,

附属書 JA 及び附属書 JB は,対応国際規格に

ない事項である。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JC に示す。

附属書 JB は ISO 228-2 によらないねじ用のゲージに関する規定であるが,JIS B 0202 の附属書に合わせ

て規定する。JIS B 0202 

附属書が廃止されるときは,この附属書 JB の廃止を検討する。

適用範囲 

この規格は,JIS B 0202 に規定する管用平行ねじ(G)の寸法検査に用いるねじ用限界ゲージ及びその

点検用ゲージについて規定する。

なお,ねじ用限界ゲージ及び点検用ゲージを総称して,単に,ゲージという。

JIS B 0202

附属書に規定する管用平行ねじ(PF)に適用するゲージは,附属書 JB に規定する。

工作物ねじの用途によって,このゲージ以外の測定機器による検査を行ってもよい。

ゲージの機能は,次による。

a)

通り側ねじゲージは,工作物ねじの山形が JIS B 0202 で定義された山形の最大実体限界を超えないこ

とを保証しなければならない。

b)

止り側ねじゲージは,工作物ねじのフランクの最小実体限界を決定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 228-2:1987

,Pipe threads where pressure-tight joints are not made on the threads−Part 2:

Verification by means of limit gauges

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格で引用することによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引

用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0202

  管用平行ねじ

注記  対応国際規格:ISO 228-1,Pipe threads where pressure-tight joints are not made on the threads−

Part 1: Dimensions, tolerances and designation

(MOD)

JIS B 0261

  平行ねじゲージ−測定方法


2

B 0254

:2011

JIS B 0680

  製品の幾何特性仕様(GPS)−製品の幾何特性仕様及び検証に用いる標準温度

JIS G 4404

  合金工具鋼鋼材

量記号 

この規格で用いる量記号は,

表 による。

表 1−量記号 

量記号

意味

b

3

切り取ったフランクをもつゲージの谷底の逃げの幅

d

D

おねじ外径の基準寸法及びめねじ谷底の径の基準寸法(JIS B 0202 参照)

d

1

D

1

おねじ谷底の径の基準寸法及びめねじ内径の基準寸法(d

1

D

1

d−1.280 654 P

d

2

D

2

おねじ有効径の基準寸法及びめねじ有効径の基準寸法(d

2

D

2

d−0.640 327 P

ねじリングゲージの有効径の公差域の中心から,通り側点検プラグの有効径の公差域の中心までの距離

r

1

完全なフランクをもつ山形のゲージのフランクの直線部分と接する山の頂及び谷底の丸みの半径

r

2

切り取ったフランクをもつ山形のゲージのフランクの直線部分と接する山の頂及び谷底の丸みの半径

P

 a)

 

ピッチ(P=25.4/ねじ山数)

切り取ったフランクをもつ谷底の逃げの偏りの量

S b

3

の許容差

T

CP

点検用ゲージの有効径公差

T

d2

おねじの有効径公差

T

D2

めねじの有効径公差

T

PL

通り側及び止り側ねじプラグゲージの有効径公差

T

R

通り側及び止り側ねじリングゲージの有効径公差

u

 b)

 

ねじの山の頂及び谷底の丸み部高さを 2 倍した値  (u=0.147 84 P

W

GO

通り側ねじプラグゲージ又は通り側ねじリングゲージの有効径の公差域の中心から摩耗限界までの距離

W

NG

止り側ねじプラグゲージ又は止り側ねじリングゲージの有効径の公差域の中心から摩耗限界までの距離

Z

PL

通り側ねじプラグゲージの有効径の公差域の中心からめねじの有効径の最小許容寸法までの距離

Z

R

通り側ねじリングゲージの有効径の公差域の中心寸法からおねじの有効径の最大許容寸法までの距離

a)

数式による計算値よりも JIS B 0202  に規定する値を優先する。

b)

数式による計算値よりも

表 及び表 の値を優先する。

ゲージの種類 

4.1 

ねじ用限界ゲージの種類及びゲージ記号 

ねじ用限界ゲージの種類及びゲージ記号は,

表 による。

表 2−ねじ用限界ゲージの種類及びゲージ記号

検査されるね

検査される箇所

ねじ用限界ゲージの種類

ゲージ記号

おねじ

有効径

通り側ねじリングゲージ GR

止り側ねじリングゲージ NR

めねじ

有効径

通り側ねじプラグゲージ GP

止り側ねじプラグゲージ NP

注記  ゲージ記号は,ISO 228-2 に規定されていないが,使用の便を考え従来から使用している記号を示した。


3

B 0254

:2011

4.2 

点検用ゲージの種類及びゲージ記号 

点検用ゲージの種類及びゲージ記号は,

表 による。

表 3−点検用ゲージの種類及びゲージ記号

点検されるねじ用限界ゲージ

点検用ゲージの種類

ゲージ記号

新製の通り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ GRGF

通り側ねじリングゲージ

新製の通り側ねじリングゲージ用止り側点検プラグ GRNF

通り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ GW

新製の止り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ NRGF

止り側ねじリングゲージ

新製の止り側ねじリングゲージ用止り側点検プラグ NRNF

止り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ NW

注記  ゲージ記号は,ISO 228-2 に規定されていないが,使用の便を考え従来から使用している記号を示した。

ゲージの機能,管理及び使い方 

5.1 

おねじ用限界ゲージ及び点検用ゲージ 

5.1.1 

通り側ねじリングゲージ 

5.1.1.1 

機能 

通り側ねじリングゲージは,おねじの総合寸法,すなわち,おねじの有効径寸法を拡大させているねじ

の形状偏差(有効径の直径不同及びねじ軸の真直度)

,ピッチ誤差,リードのよろめき及び半角誤差を考慮

した総合有効径を点検するために用いる。

併せて,このゲージはおねじの直線フランクの長さが適切であるかどうか,すなわち,おねじの谷底の

丸みが大きすぎないかどうかも点検する。

このゲージはテーラーの原理(JIS B 0251 参照)に従っているので,このゲージでおねじを点検するこ

とによって,おねじの山形が JIS B 0202 に規定する最大実体限界を超えていないことが保証できる。

5.1.1.2 

管理 

一般に通り側ねじリングゲージは,通り側及び止り側の点検プラグで検査し,また定期的に摩耗点検プ

ラグで管理する。ただし,止り側点検プラグを用いない場合は,他の方法で通り側ねじリングゲージの有

効径の最大許容寸法を超えていないことを保証しなければならない。

5.1.1.3 

使い方 

おねじに,通り側ねじリングゲージを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,おねじのねじ全

域にわたって,ねじ込まれなければならない。これが不可能な場合は,おねじは仕様を満足していない。

5.1.2 

新製の通り側ねじリングゲージ用点検プラグ 

5.1.2.1 

機能 

通り側及び止り側点検プラグは,

新製の通り側ねじリングゲージの総合有効径を検査するために用いる。

5.1.2.2 

使い方 

新製の通り側ねじリングゲージに,

通り側点検プラグを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,

ねじリングゲージのねじ全域にわたって,ねじ込まれなければならない。

新製の通り側ねじリングゲージに,

止り側点検プラグを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,

ねじリングゲージのどちらの端面側からも 1 回転を超えてねじ込まれてはならない。1 回転を超えたかど

うかは,止り側点検プラグを抜くときに決定する。


4

B 0254

:2011

5.1.3 

通り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ 

5.1.3.1 

機能 

摩耗点検プラグは,通り側ねじリングゲージの有効径が摩耗限界を超えていないことを確かめるために

用いる。摩耗点検プラグの有効径は,通り側ねじリングゲージの摩耗限界と同じ寸法である。

5.1.3.2 

使い方 

通り側ねじリングゲージに,摩耗点検プラグを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,ねじリ

ングゲージのどちらの端面側からも 1 回転を超えてねじ込まれてはならない。

1

回転を超えたかどうかは,

摩耗点検プラグを抜くときに決定する。1 回転を超えてねじ込まれた場合は,通り側ねじリングゲージは

仕様を満足していない。

5.1.4 

止り側ねじリングゲージ   

5.1.4.1 

機能 

止り側ねじリングゲージは,おねじの実際の有効径が規定の最小許容寸法を超えているかどうかを検査

するために用いる。止り側ねじリングゲージによる検査は,剛性工作物おねじの検査ではテーラーの原理

を満たしていない。非剛性工作物おねじの検査もテーラーの原理を満たしていないが,これは工作物おね

じに柔軟性があるためである。

5.1.4.2 

管理 

一般に,止り側ねじリングゲージは,通り側及び止り側点検プラグで検査し,また定期的に摩耗点検プ

ラグで管理する。ただし,止り側点検プラグを用いない場合は,他の方法で新製の止り側ねじリングゲー

ジの有効径の最大許容寸法を超えていないことを保証しなければならない。

5.1.4.3 

使い方 

おねじに,止り側ねじリングゲージを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,2 回転を超えて

はならない。2 回転を超えたかどうかは,止り側ねじリングゲージを抜くときに決定する。2 回転を超えて

ねじ込まれた場合は,おねじは仕様を満足していない。

なお,3 山以下のねじ長さのおねじにおいては,止り側ねじリングゲージは,完全に通り抜けてはなら

ない。

5.1.5 

新製の止り側ねじリングゲージ用点検プラグ 

5.1.5.1 

機能 

通り側及び止り側点検プラグは,

新製の止り側ねじリングゲージの総合有効径を検査するために用いる。

通り側点検プラグは,新製の止り側ねじリングゲージの谷底の直径が小さ過ぎないことも確認する。

5.1.5.2 

使い方 

新製の止り側ねじリングゲージに,

通り側点検プラグを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,

ねじリングゲージのねじ全域にわたって,ねじ込まれなければならない。

新製の止り側ねじリングゲージに,

止り側点検プラグを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,

ねじリングゲージのどちらの端面側からも 1 回転を超えてねじ込まれてはならない。1 回転を超えたかど

うかは,止り側点検プラグを抜くときに決定する。

5.1.6 

止り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ 

5.1.6.1 

機能 

摩耗点検プラグは,止り側ねじリングゲージの有効径が摩耗限界を超えていないことを確かめるために

用いる。摩耗点検プラグの有効径は,止り側ねじリングゲージの摩耗限界と同じ寸法である。


5

B 0254

:2011

5.1.6.2 

使い方 

止り側ねじリングゲージに,摩耗点検プラグを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,ねじリ

ングゲージのどちらの端面側からも 1 回転を超えてねじ込まれてはならない。

1

回転を超えたかどうかは,

摩耗点検プラグを抜くときに決定する。1 回転を超えてねじ込まれた場合は,止り側ねじリングゲージは

仕様を満足していない。

5.2 

めねじ用限界ゲージ 

5.2.1 

通り側ねじプラグゲージ 

5.2.1.1 

機能 

通り側ねじプラグゲージは,めねじの総合寸法,すなわち,めねじの有効径寸法を減少させているねじ

の形状偏差(有効径の直径不同及びねじ軸の真直度)

,ピッチ誤差,リードのよろめき及び半角誤差を考慮

した総合有効径を点検するために用いる。

併せて,このゲージはめねじの直線フランクの長さが適切であるかどうか,すなわち,めねじの谷底の

丸みが大きすぎないかどうかも点検する。このゲージはテーラーの原理(JIS B 0251 参照)に従っている

ので,このゲージでめねじを点検することによって,めねじの山形が JIS B 0202 に規定する最大実体限界

を超えていないことが保証できる。

5.2.1.2 

管理 

通り側ねじプラグゲージの摩耗は,定期的に検査をする。

摩耗は測定して判定する。

5.2.1.3 

使い方 

めねじに,通り側ねじプラグゲージを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,めねじのねじ全

域にわたって,ねじ込まれなければならない。これが不可能な場合は,めねじは仕様を満足していない。

5.2.2 

止り側ねじプラグゲージ 

5.2.2.1 

機能 

止り側ねじプラグゲージは,めねじの実際の有効径が規定の最大許容寸法を超えているかどうかを検査

するために用いる。

5.2.2.2 

管理 

止り側ねじプラグゲージの摩耗は,定期的に検査をする。

摩耗は測定して判定する。

5.2.2.3 

使い方 

めねじに,止り側ねじプラグゲージを過大な力を加えることなく手でねじ込んだとき,2 回転を超えて

はならない。2 回転を超えたかどうかは,止り側ねじプラグゲージを抜くときに決定する。2  回転を超え

てねじ込まれた場合は,めねじは仕様を満足していない。

なお,3 山以下のねじ長さのめねじにおいては,止り側ねじプラグゲージは,完全に通り抜けてはなら

ない。

不完全ねじ山のねじ山払い及び面取り 

不完全ねじ山は,工作物ねじの寸法検査に支障が生じないようにねじ山払い(完全ねじ山の始まりまで

不完全ねじ山を除去する。

)を施すことを推奨する(

図 参照)。それが不可能な場合は,ねじの谷底から

27.5

°の面取りを施す(

図 参照)。


6

B 0254

:2011

a) 

ねじプラグゲージ
及び点検プラグ

b) 

ねじリングゲージ

a) 

ねじプラグゲージ
及び点検プラグ

b) 

ねじリングゲージ

図 1−ねじ山払い

図 2−ねじ山の面取り


7

B 0254

:2011

おねじ用ゲージ 

7.1 

有効径の公差域の位置関係 

有効径の公差域の位置関係は,

図 による。

図 3−おねじ用ゲージの有効径の公差域 


8

B 0254

:2011

7.2 

山形 

7.2.1 

通り側 

通り側は,

図 及び図 による。

a) 

通り側ねじリングゲージ(GR

b) 

新製の通り側ねじリングゲージ用 
通り側点検プラグ(GRGF

図 4−完全なフランクをもつ山形

a) 

新製の通り側ねじリングゲージ用 
止り側点検プラグ(GRNF

b) 

通り側ねじリングゲージ用 
摩耗点検プラグ(GW

図 5−切り取ったフランクをもつ山形


9

B 0254

:2011

7.2.2 

止り側 

止り側は,

図 及び図 による。

図 6−切り取ったフランクをもつ山形


10

B 0254

:2011

a)

ねじの呼び G

1

/

16

∼G

3

/

8

及び G 2

1

/

4

∼G 6 の B 級ねじ用ゲージの外径は,

山の頂のとがりを弱めるために次の式によって算出する。

[d

2

T

d2

−(T

R

/2)

m−(T

cp

/2)

+0.831 785 PT

PL

]

±T

PL

a) 

新製の止り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ(NRGF 

b) 

新製の止り側ねじリングゲージ用 
止り側点検プラグ(NRNF 

c) 

止り側ねじリングゲージ用 
摩耗点検プラグ(NW 

図 7−完全なフランクをもつ山形 

7.3 

諸数値 

7.3.1 

山形に関する諸数値 

山形に関する諸数値は,

表 による。


11

B 0254

:2011

表 4−山形に関する諸数値 

単位  mm

完全なフランクをもつ

山形

GR GR

,GRGF,NRGF,

NRNF

,NW

切り取ったフランクをもつ山形

GRNF

,GW,NR

谷底の丸みの最大値

r

2max

谷底の逃げの幅

b

3

a)

検査さ
れるね

じの呼

ねじ山数

(25.4 mm

につき)

ピッチ

(参考)

山の頂
の丸み

r

1

谷底の丸
みの最大

値 r

1max

半角の
許容差
(分)

GRNF,

GW

A

級ね

じ用 NR

B

級ね

じ用 NR

基準
寸法

許容差

半角の
許容差
(分)

G

1

/

16

G

1

/

8

28 0.907

1

0.12 0.12

±15 0.12

0.07 0.02

±16

G

1

/

4

G

3

/

8

19 1.336

8

0.18 0.18

±13

− 0.4

±0.04

±16

G

1

/

2

G

7

/

8

14 1.814

3

0.25 0.25

±11

− 0.5

±0.05

±14

G 1

G 6

11 2.309

1

0.32 0.32

±10

− 0.8

±0.05

±14

a)

谷底の逃げの中心は,山形の中心に対して図に示す だけ偏りがあってもよいが,その値は b

3

の許容差 と同

じとする。b

3

の許容差は,実際の偏り が より小さいときは,と との差の 2 倍だけ大きくすることがで

きる。

 
 
 

 
 
 
 
 

7.3.2 

ゲージの寸法,許容差及び公差を求めるための諸数値 

ゲージの寸法,許容差及び公差を求めるための諸数値は,

表 による。

表 5−ゲージの寸法,許容差及び公差を求めるための諸数値

単位

μm

A

・B 級ねじ共用通り側ねじリングゲージ及び点検用ゲージ

GR

,GRGF,GRNF,GW

A

級ねじ用止り側ねじリングゲージ及び点検用ゲージ

NR

,NRGF,NRNF,NW

B

級ねじ用止り側ねじリングゲージ

及び点検用ゲージ

NR

,NRGF,NRNF,NW 

検査される 
ねじの呼び

T

d2

T

R

T

PL

T

CP

m Z

R

W

NG

W

GO

u

mm

T

d2

T

R

T

PL

T

CP

m W

NG

G

1

/

16

, G

1

/

8

 107 16 10 10 17

2  13

18

0.134

214

26 16 14 24

21

G

1

/

4

, G

3

/

8

 125 16 10 10 17

2  13

18

0.198

250

26 16 14 24

21

G

1

/

2

∼G

7

/

8

 142 20 12 10 20

9  17

23

0.268

284

26 16 14 24

21

G 1

∼G

2 180 20 12 10 20

9  17

23

0.341

360

34 20 18 30

28

G 2

1

/

4

∼G

4 217 26 16 14 24

13

21

28

0.341

434

34 20 18 30

28

G 4

1

/

2

∼G

6 217 26 16 14 24

13

21

28

0.341

434

34 20 18 30

28


12

B 0254

:2011

7.3.3 

ピッチの許容差 

ゲージの全長にわたって任意の二つのねじ山間で測定したピッチの許容差は,±5

μm とする。

めねじ用ゲージ 

8.1 

有効径の公差域の位置関係 

有効径の公差域の位置関係は,

図 による。

図 8−めねじ用ゲージの有効径の公差域 


13

B 0254

:2011

8.2 

山形 

山形は,

図 及び図 10 による。

図 9−完全なフランクをもつ山形 

図 10−切り取ったフランクをもつ山形


14

B 0254

:2011

8.3 

諸数値 

8.3.1 

山形に関する諸数値 

山形に関する諸数値は,

表 による。

表 6−山形に関する諸数値

単位  mm

完全なフランクをもつ山形

GP

切り取ったフランクをもつ山形

NP

谷底の逃げの

b

3

a)

検査される

ねじの呼び

ねじ山数

(25.4 mm

につき)

ピッチ

(参考)

山の

頂の
丸み

r

1

谷底の丸み

の最大値

r

1max

半角の

許容差
(分)

谷底の丸みの

最大値

r

2max

基準

寸法

許容差

半角の

許容差
(分)

G

1

/

16

, G

1

/

8

 28 0.907

1

0.12

0.12

±15 0.07

±16

G

1

/

4

, G

3

/

8

 19 1.336

8

0.18

0.18

±13

− 0.4

±0.04

±16

G

1

/

2

∼G

7

/

8

 14 1.814

3

0.25

0.25

±11

− 0.5

±0.05

±14

G 1

∼G 6

11

2.309 1

0.32

0.32

±10

− 0.8

±0.05

±14

a)

谷底の逃げの中心は,山形の中心に対して図に示す だけ偏りがあってもよいが,その値は b

3

の許容差 と同

じとする。b

3

の許容差は,実際の偏り が より小さいときは,と との差の 2 倍だけ大きくすることがで

きる。

8.3.2 

ゲージの寸法,許容差及び公差を求めるための諸数値 

ゲージの寸法,許容差及び公差を求めるための諸数値は,

表 による。

表 7−ゲージの寸法,許容差及び公差を求めるための諸数値

単位  µm

めねじ用ゲージ    GP,NP

検査される 
ねじの呼び

T

D2

Z

PL

T

PL

W

NG

W

GO

u

mm

G

1

/

16

, G

1

/

8

 107

8

10

10

14

0.134

G

1

/

4

, G

3

/

8

 125

8

10

10

14

0.198

G

1

/

2

∼G

7

/

8

 142

13

12

13

19

0.268

G 1

∼G 2

180

13

12

13

19

0.341

G 2

1

/

4

∼G 4

217

18

16

17

23

0.341

G 4

1

/

2

∼G 6

217

18

16

17

23

0.341


15

B 0254

:2011

8.3.3 

ピッチの許容差 

ゲージの全長にわたって任意の二つのねじ山間で測定したピッチの許容差は,±5 µm である。

標準温度 

この規格に規定する各寸法は,JIS B 0680 に規定する標準温度 20  ℃における値とする。

10 

ゲージの寸法,許容差及び公差 

ゲージの寸法,許容差及び公差は,箇条 及び箇条 の計算式による。その計算結果は,

附属書 JA 

よる。

11 

硬さ及び表面粗さ 

ゲージの硬さは 660 HV 以上又は 58 HRC 以上とし,ゲージ面の表面粗さは Ra 0.2 とする。

12 

測定方法 

ゲージの測定方法は,JIS B 0261 による。

13 

検査 

ゲージの検査は,箇条 12 で規定する方法で行い,箇条 7810 及び箇条 11 に適合すれば合格とする。

14 

表示 

ゲージの表示は,ゲージの適切な箇所に次の事項を表示しなければならない。

a)

検査されるねじの呼び−ねじの等級を表す記号

1) 2)

b)

ねじ山の巻き方向

3)

c)

ゲージ記号

d)

製造業者名又はその略号

e)

製造年月又はその略号及び製造番号

例 1  通り側ねじリングゲージの場合

G1

−A・B  GR  XXXX  1001 1234

 4)

例 2  通り側・止り側ねじプラグゲージの左ねじ(両頭形)の場合

GP

左 G1  NP  XXXX  1001 1234

 4)

例 3  通り側ねじリングゲージ用通り側・止り側点検プラグ(両頭形)の場合

GRGF  G1

−A・B  GRNF  XXXX  1001 1234

 4) 

又は  GRGF−A・B  G1  GRNF−A・B  XXXX  1001 1234

2)  4) 

1)

“−”及び“ねじの等級を表す記号”は,おねじ用ねじリングゲージ及びその点検用ゲージ

に適用する。また,通り側ねじリングゲージ及びその点検用ゲージは,等級 A 及び B を共用

できるため,ねじの等級を表す記号を“A・B”とすることができる。

2)

ねじの等級を表す記号はゲージ記号の後に“−”などに続けて表示してもよい。

3)

左ねじに限り“左”の文字又は“LH”の記号を表示する。

4)

 XXXX

は,製造業者名又はその略号の例を示し,1001 1234 は製造年月又はその略号及び製

造番号の例を示す。


16

B 0254

:2011

附属書 JA

(規定)

ゲージの寸法,許容差及び公差

JA.1 

適用範囲 

この附属書は,JIS B 0202 に規定するねじの寸法検査に用いるねじ用限界ゲージ及びその点検に用いる

点検用ゲージの寸法,許容差及び公差について規定する。

この附属書に示す寸法,許容差及び公差は,

表 JA.3 によって計算した。表 JA.3 は,箇条 及び箇条 8

の計算式を書き換えたものである。

JA.2 

ねじ用限界ゲージの寸法,許容差及び公差 

ねじ用限界ゲージの寸法,許容差及び公差の適用は,

表 JA.1 による。

表 JA.1−ねじ用限界ゲージの寸法,許容差及び公差

ねじ用限界ゲージの種類

ゲージ記号

寸法,許容差及び

公差の適用表

A

・B 級ねじ共用通り側ねじリングゲージ GR

表 JA.4 

A

級ねじ用,B 級ねじ用止り側ねじリングゲージ

NR

表 JA.5 

通り側ねじプラグゲージ GP

表 JA.6 

止り側ねじプラグゲージ NP

表 JA.7 

JA.3 

点検用ゲージの寸法,許容差及び公差 

点検用ゲージの寸法,許容差及び公差の適用は,

表 JA.2 による。

表 JA.2−点検用ゲージの寸法,許容差及び公差 

点検用ゲージの種類

ゲージ記号

寸法,許容差及
び公差の適用表

A

・B 級ねじ共用通り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ GRGF

表 JA.8 

A

・B 級ねじ共用通り側ねじリングゲージ用止り側点検プラグ GRNF

表 JA.9 

A

・B 級ねじ共用通り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ GW

表 JA.10 

A

級ねじ用,B 級ねじ用止り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ NRGF

表 JA.11 

A

級ねじ用,B 級ねじ用止り側ねじリングゲージ用止り側点検プラグ NRNF

表 JA.12 

A

級ねじ用,B 級ねじ用止り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ NW

表 JA.13 


表 JA.3−ゲージの寸法及び許容差の計算式 

ゲージの種類

外径,谷の径又は逃げの直径

有効径

内径,谷の径又は逃げの直径

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

1

通り側ねじリングゲージ  GR

d

以上

d

2

Z

R

T

R

/2

Z

R

T

R

/2

d

1

a)

    0

a)

T

R

2

止り側ねじリングゲージ  NR

dT

PL

)以上 

d

2

 

T

d2

T

d2

T

R

d

1

'' 

d

2

T

d2

T

R

/2

−0.2 P

T

R

T

R

3

通り側ねじプラグゲージ  GP

D

b)

 

+3T

PL

/2

b)

T

PL

/2

D

2

 

Z

PL

T

PL

/2

Z

PL

T

PL

/2

D

1

以下

4

止り側ねじプラグゲージ  NP

D''

D

2

T

D2

T

PL

/2

+0.2P

T

PL

T

PL

D

2

 

T

D2

T

PL

T

D2

D

1

T

D2

)以下

5

通り側ねじリングゲージ用 
通り側点検プラグ  GRGF

u 
uT

PL

d

2

Z

R

mT

CP

/2

Z

R

mT

CP

/2

d

1

T

PL

)以下

6

通り側ねじリングゲージ用 
止り側点検プラグ  GRNF

d'

d

2

Z

R

T

R

/2

+0.2P

T

PL

/2

T

PL

/2

d

2

Z

R

T

R

/2

T

CP

/2

Z

R

T

R

/2

T

CP

/2

d

1

T

PL

)以下

7

通り側ねじリングゲージ用 
摩耗点検プラグ  GW

d''

d

2

Z

R

W

GO

+0.2P

T

PL

/2

T

PL

/2

d

2

Z

R

W

GO

T

CP

/2

Z

R

W

GO

T

CP

/2

d

1

T

PL

)以下

8

止り側ねじリングゲージ用 
通り側点検プラグ  NRGF

d

T

PL

c)

T

PL

d

2

T

d2

T

R

/2

mT

CP

/2

T

d2

T

R

/2

mT

CP

/2

d

1

以下

9

止り側ねじリングゲージ用 
止り側点検プラグ  NRNF

d

T

d2

T

PL

T

d2

T

PL

d

2

T

d2

T

CP

/2

T

d2

T

CP

/2

d

1

以下

10

止り側ねじリングゲージ用 
摩耗点検プラグ  NW

d

T

d2

T

R

/2

W

NG

T

PL

T

d2

T

R

/2

W

NG

T

PL

d

2

T

d2

T

R

/2

W

NG

T

CP

/2

T

d2

T

R

/2

W

NG

T

CP

/2

d

1

以下

a)

ねじの呼び G

1

/

16

及び G

1

/

8

の山の頂を平らにする場合の内径の基準寸法及び許容差は,次の式による。

(d

1

uT

R

/2)

±T

R

/2

b)

ねじの呼び G

1

/

16

及び G

1

/

8

の山の頂を平らにする場合の外径の基準寸法及び許容差は,次の式による。

(D

u

T

PL

/2)

±T

PL

/2

c)

ねじの呼び G

1

/

16

∼G

3

/

8

及び G 2

1

/

4

∼G 6 の B 級ねじ用ゲージは山の頂のとがりを弱めるため,許容差は次の式によって修正する。

上の許容差  d

2

T

d2

T

R

/2

mT

CP

/2

+0.831 785 Pd

下の許容差  d

2

T

d2

T

R

/2

mT

CP

/2

+0.831 785 Pd−2T

PL

17

B 0254


20
1

1


18

B 0254

:2011

表 JA.4−通り側ねじリングゲージ(GR)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

有効径

a)

内径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

基準寸法

d

1

 c)

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ 

mm

mm

mm

±

(分)

±

 G

1

/

16

d)

  28 0.907

1  7.142

6 10

16

6.561

0 16

16 5 15

 G

1

/

8

d)

28 0.907

1  9.147

6 10

16

8.566

0 16

16 5 15

 G

1

/

4

19 1.336

8 12.301

6 10

16

11.445

0 16

16 5 13

 G

3

/

8

19 1.336

8 15.806

6 10

16

14.950

0 16

16 5 13

 G

1

/

2

14 1.814

3 19.793

1 19

20

18.631

0 20

20 5 11

 G

5

/

8

14 1.814

3 21.749

1 19

20

20.587

0 20

20 5 11

 G

3

/

4

14 1.814

3 25.279

1 19

20

24.117

0 20

20 5 11

 G

7

/

8

14 1.814

3 29.039

1 19

20

27.877

0 20

20 5 11

G

1

11 2.309

1 31.770

1 19

20

30.291

0 20

20 5 10

 G 1

1

/

8

11 2.309

1 36.418

1 19

20

34.939

0 20

20 5 10

 G 1

1

/

4

11 2.309

1 40.431

1 19

20

38.952

0 20

20 5 10

 G 1

1

/

2

11 2.309

1 46.324

1 19

20

44.845

0 20

20 5 10

 G 1

3

/

4

11 2.309

1 52.267

1 19

20

50.788

0 20

20 5 10

G

2

11 2.309

1 58.135

1 19

20

56.656

0 20

20 5 10

 G 2

1

/

4

11 2.309

1 64.231

0 26

26

62.752

0 26

26 5 10

 G 2

1

/

2

11 2.309

1 73.705

0 26

26

72.226

0 26

26 5 10

 G 2

3

/

4

11 2.309

1 80.055

0 26

26

78.576

0 26

26 5 10

G

3

11 2.309

1 86.405

0 26

26

84.926

0 26

26 5 10

 G 3

1

/

2

11 2.309

1 98.851

0 26

26

97.372

0 26

26 5 10

G

4

11 2.309

1

111.551

0 26

26

110.072

0 26

26 5 10

 G 4

1

/

2

11 2.309

1

124.251

0 26

26

122.772

0 26

26 5 10

G

5

11 2.309

1

136.951

0 26

26

135.472

0 26

26 5 10

 G 5

1

/

2

11 2.309

1

149.651

0 26

26

148.172

0 26

26 5 10

G

6

11 2.309

1

162.351

0 26

26

160.872

0 26

26 5 10

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この基準寸法 d

1

は,JIS B 0202 で規定するおねじの谷の径 d

1

の数値と一致する。


19

B 0254

:2011

表 JA.4−通り側ねじリングゲージ(GR)の寸法,許容差及び公差(続き)

d)

この呼びのゲージで,7.2.1 による山の頂を平らにした形状の内径は,次による。

単位

μm

内径

d

1

'

許容差

公差

検査される 
ねじの呼び

mm

±

G

1

/

16

 6.703 8  16

G

1

/

8

 8.708 8  16


20

B 0254

:2011

表 JA.5−止り側ねじリングゲージ(NR)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

有効径

a)

内径

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

ピッチ

(参考)

基準
寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

 
 
 
 

d

1

'' 

c)

許容差

公差

 
 
 
 

d

1

''

 

c)

許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

につ 

mm

mm

mm

±

mm

±

±

±

G

1

/

16

28 0.907

1  7.142

107 123 16

214

240

26

6.846 16

32

6.734 26 52  5

16

G

1

/

8

28 0.907

1  9.147

107 123 16

214

240

26

8.851 16

32

8.739 26 52  5

16

G

1

/

4

19 1.336

8 12.301

125 141 16

250

276

26

11.901 16

32

11.771 26 52  5

16

G

3

/

8

19 1.336

8 15.806

125 141 16

250

276

26

15.406 16

32

15.276 26 52  5

16

G

1

/

2

14 1.814

3 19.793

142 162 20

284

310

26

19.278 20

40

19.133 26 52  5

14

G

5

/

8

14 1.814

3 21.749

142 162 20

284

310

26

21.234 20

40

21.089 26 52  5

14

G

3

/

4

14 1.814

3 25.279

142 162 20

284

310

26

24.764 20

40

24.619 26 52  5

14

G

7

/

8

14 1.814

3 29.039

142 162 20

284

310

26

28.524 20

40

28.379 26 52  5

14

G

1

11  2.309

1 31.770

180 200 20

360

394

34

31.118 20

40

30.931 34 68  5

14

G 1

1

/

8

  11  2.309

1 36.418

180 200 20

360

394

34

35.766 20

40

35.579 34 68  5

14

G 1

1

/

4

  11  2.309

1 40.431

180 200 20

360

394

34

39.779 20

40

39.592 34 68  5

14

G 1

1

/

2

  11  2.309

1 46.324

180 200 20

360

394

34

45.672 20

40

45.485 34 68  5

14

G 1

3

/

4

  11  2.309

1 52.267

180 200 20

360

394

34

51.615 20

40

51.428 34 68  5

14

G

2

11  2.309

1 58.135

180 200 20

360

394

34

57.483 20

40

57.296 34 68  5

14

G 2

1

/

4

  11  2.309

1 64.231

217 243 26

434

468

34

63.539 26

52

63.318 34 68  5

14

G 2

1

/

2

  11  2.309

1 73.705

217 243 26

434

468

34

73.013 26

52

72.792 34 68  5

14

G 2

3

/

4

  11  2.309

1 80.055

217 243 26

434

468

34

79.363 26

52

79.142 34 68  5

14

G

3

11  2.309

1 86.405

217 243 26

434

468

34

85.713 26

52

85.492 34 68  5

14

G 3

1

/

2

  11  2.309

1 98.851

217 243 26

434

468

34

98.159 26

52

97.938 34 68  5

14

G 4

11

2.309 1  111.551  217  243

26

434

468

34

110.859 26

52

110.638

34

68

5

14

G 4

1

/

2

  11  2.309

1

124.251

217 243 26

434

468

34

123.559 26

52

123.338 34 68  5

14

G

5

11  2.309

1

136.951

217 243 26

434

468

34

136.259 26

52

136.038 34 68  5

14

G 5

1

/

2

  11  2.309

1

149.651

217 243 26

434

468

34

148.959 26

52

148.738 34 68  5

14

G

6

11  2.309

1

162.351

217 243 26

434

468

34

161.659 26

52

161.438 34 68  5

14

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この d

1

''の数値は,理論寸法(公差の中央値)を示す。


21

B 0254

:2011

表 JA.6−通り側ねじプラグゲージ(GP)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

外径

有効径

a)

新製の場合

半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

 
 
 
 

D

 b) 

上の許容差

下の許容差

基準寸法

D

2

 c) 

上の許容差

下の許容差

摩耗限界

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

につ

 mm

mm

公差

mm

公差

±

±

 G

1

/

16

d)

  28 0.907

1  7.723 15

5 20

7.142

13

3 10

6 5 15

 G

1

/

8

d)

  28 0.907

1  9.728 15

5 20

9.147

13

3 10

6 5 15

 G

1

/

4

19 1.336

8 13.157 15

5 20

12.301

13

3 10

6 5 13

 G

3

/

8

19 1.336

8 16.662 15

5 20

15.806

13

3 10

6 5 13

 G

1

/

2

14 1.814

3 20.955 18

6 24

19.793

19

7 12

6 5 11

 G

5

/

8

14 1.814

3 22.911 18

6 24

21.749

19

7 12

6 5 11

 G

3

/

4

14 1.814

3 26.441 18

6 24

25.279

19

7 12

6 5 11

 G

7

/

8

14 1.814

3 30.201 18

6 24

29.039

19

7 12

6 5 11

G

1

11 2.309

1 33.249 18

6 24

31.770

19

7 12

6 5 10

 G 1

1

/

8

  11 2.309

1 37.897 18

6 24

36.418

19

7 12

6 5 10

 G 1

1

/

4

  11 2.309

1 41.910 18

6 24

40.431

19

7 12

6 5 10

 G 1

1

/

2

  11 2.309

1 47.803 18

6 24

46.324

19

7 12

6 5 10

 G 1

3

/

4

  11 2.309

1 53.746 18

6 24

52.267

19

7 12

6 5 10

G

2

11 2.309

1 59.614 18

6 24

58.135

19

7 12

6 5 10

 G 2

1

/

4

  11 2.309

1 65.710 24

8 32

64.231

26

10

16

5 5 10

 G 2

1

/

2

  11 2.309

1 75.184 24

8 32

73.705

26

10

16

5 5 10

 G 2

3

/

4

  11 2.309

1 81.534 24

8 32

80.055

26

10

16

5 5 10

G

3

11 2.309

1 87.884 24

8 32

86.405

26

10

16

5 5 10

 G 3

1

/

2

11  2.309

1 100.330  24

8  32

98.851

26

10

16 5  5  10

 G 4

11

2.309 1

113.030

24

8

32

111.551

26

10

16

5

5

10

 G 4

1

/

2

11  2.309

1 125.730  24

8  32

124.251

26

10

16 5  5  10

G

5

11  2.309

1 138.430  24

8  32

136.951

26

10

16 5  5  10

 G 5

1

/

2

11  2.309

1 151.130  24

8  32

149.651

26

10

16 5  5  10

G

6

11  2.309

1 163.830  24

8  32

162.351

26

10

16 5  5  10

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 は,JIS B 0202 で規定するめねじの谷の径 の数値と一致する。

c)

この基準寸法 D

2

は,JIS B 0202 で規定するめねじの有効径 D

2

の数値と一致する。


22

B 0254

:2011

表 JA.6−通り側ねじプラグゲージ(GP)の寸法,許容差及び公差(続き) 

d)

この呼びのゲージで,8.2 による山の頂を平らにした形状の外径は,次による。

単位

μm

外径

許容差

公差

検査される 
ねじの呼び

D'

mm

±

G

1

/

16

 7.584

5

10

G

1

/

8

 9.589

5

10


23

B 0254

:2011

表 JA.7−止り側ねじプラグゲージ(NP)の寸法,許容差及び公差

単位

μm

外径

有効径

a)

新製の場合

半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

 
 
 
 

D'' 

c)

許容差

基準寸法

D

2

 b)

上の許容差

下の許容差

摩耗限界

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

につ

mm mm

±

公差

mm

公差

±

±

G

1

/

16

28 0.907

1  7.435  10

20

7.142

117

107

10

102 5  16

G

1

/

8

28 0.907

1  9.440  10

20

9.147

117

107

10

102 5  16

G

1

/

4

19 1.336

8 12.698  10

20

12.301

135

125

10

120 5  16

G

3

/

8

19 1.336

8 16.203  10

20

15.806

135

125

10

120 5  16

G

1

/

2

14 1.814

3 20.304  12

24

19.793

154

142

12

135 5  14

G

5

/

8

14 1.814

3 22.260  12

24

21.749

154

142

12

135 5  14

G

3

/

4

14 1.814

3 25.790  12

24

25.279

154

142

12

135 5  14

G

7

/

8

14 1.814

3 29.550  12

24

29.039

154

142

12

135 5  14

G 1

11

2.309 1

32.418

12

24

31.770

192

180

12

173

5

14

G 1

1

/

8

 11

2.309

1

37.066

12

24

36.418

192

180

12

173

5

14

G 1

1

/

4

 11

2.309

1

41.079

12

24

40.431

192

180

12

173

5

14

G 1

1

/

2

 11

2.309

1

46.972

12

24

46.324

192

180

12

173

5

14

G 1

3

/

4

 11

2.309

1

52.915

12

24

52.267

192

180

12

173

5

14

G 2

11

2.309 1

58.783

12

24

58.135

192

180

12

173

5

14

G 2

1

/

4

 11

2.309

1

64.918

16

32

64.231

233

217

16

208

5

14

G 2

1

/

2

 11

2.309

1

74.392

16

32

73.705

233

217

16

208

5

14

G 2

3

/

4

 11

2.309

1

80.742

16

32

80.055

233

217

16

208

5

14

G 3

11

2.309 1

87.092

16

32

86.405

233

217

16

208

5

14

G 3

1

/

2

 11

2.309

1

99.538

16

32

98.851

233

217

16

208

5

14

G

4

11 2.309

1

112.238 16

32

111.551

233

217

16

208 5 14

G 4

1

/

2

 11

2.309

1

124.938

16

32

124.251

233

217

16

208

5

14

G 5

11

2.309 1  137.638

16

32

136.951

233

217

16

208

5

14

G 5

1

/

2

 11

2.309

1

150.338

16

32

149.651

233

217

16

208

5

14

G 6

11

2.309 1  163.038

16

32

162.351

233

217

16

208

5

14

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 D

2

は,JIS B 0202 で規定するめねじの有効径 D

2

の数値と一致する。

c)

この D''の数値は,理論寸法(公差の中央値)を示す。


24

B 0254

:2011

表 JA.8−通り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ(GRGF)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

ねじ

ピッチ

外径

有効径

a)

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ 

P

(参考)

 

d

 c)

上の許容差

下の許容差

公差

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

mm

mm

mm

±

(分)

±

G

1

/

16

 28

0.907

1

7.723

134

144

10

7.142

14

24

10

5

15

G

1

/

8

 28

0.907

1

9.728

134

144

10

9.147

14

24

10

5

15

G

1

/

4

 19

1.336

8

13.157

198

208

10

12.301

14

24

10

5

13

G

3

/

8

 19

1.336

8

16.662

198

208

10

15.806

14

24

10

5

13

G

1

/

2

 14

1.814

3

20.955

268

280

12

19.793

24

34

10

5

11

G

5

/

8

 14

1.814

3

22.911

268

280

12

21.749

24

34

10

5

11

G

3

/

4

 14

1.814

3

26.441

268

280

12

25.279

24

34

10

5

11

G

7

/

8

 14

1.814

3

30.201

268

280

12

29.039

24

34

10

5

11

G 1

11

2.309 1

33.249

341

353

12

31.770

24

34

10

5

10

G 1

1

/

8

 11

2.309

1

37.897

341

353

12

36.418

24

34

10

5

10

G 1

1

/

4

 11

2.309

1

41.910

341

353

12

40.431

24

34

10

5

10

G 1

1

/

2

 11

2.309

1

47.803

341

353

12

46.324

24

34

10

5

10

G 1

3

/

4

 11

2.309

1

53.746

341

353

12

52.267

24

34

10

5

10

G 2

11

2.309 1

59.614

341

353

12

58.135

24

34

10

5

10

G 2

1

/

4

 11

2.309

1

65.710

341

357

16

64.231

30

44

14

5

10

G 2

1

/

2

 11

2.309

1

75.184

341

357

16

73.705

30

44

14

5

10

G 2

3

/

4

 11

2.309

1

81.534

341

357

16

80.055

30

44

14

5

10

G 3

11

2.309 1

87.884

341

357

16

86.405

30

44

14

5

10

G 3

1

/

2

 11

2.309

1

100.330

341

357

16

98.851

30

44

14

5

10

G 4

11

2.309 1

113.030

341

357

16

111.551

30

44

14

5

10

G 4

1

/

2

 11

2.309

1

125.730

341

357

16

124.251

30

44

14

5

10

G 5

11

2.309 1

138.430

341

357

16

136.951

30

44

14

5

10

G 5

1

/

2

 11

2.309

1

151.130

341

357

16

149.651

30

44

14

5

10

G 6

11

2.309 1

163.830

341

357

16

162.351

30

44

14

5

10

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この基準寸法 は,JIS B 0202 で規定するおねじの外径 の数値と一致する。


25

B 0254

:2011

表 JA.9−通り側ねじリングゲージ用止り側点検プラグ(GRNF)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

ねじ

ピッチ

外径

有効径

a)

A

・B 級

ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

P

(参考)

 

d' 

c)

許容差

公差

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm

mm

±

mm

±

(分)

±

G

1

/

16

 28

0.907

1

7.329

5

10

7.142

11

  1

10 5 16

G

1

/

8

 28

0.907

1

9.334

5

10

9.147

11

  1

10 5 16

G

1

/

4

 19

1.336

8

12.574

5

10

12.301

11

  1

10 5 16

G

3

/

8

 19

1.336

8

16.079

5

10

15.806

11

  1

10 5 16

G

1

/

2

 14

1.814

3

20.157

6

12

19.793

6

−4

10 5 14

G

5

/

8

 14

1.814

3

22.113

6

12

21.749

6

−4

10 5 14

G

3

/

4

 14

1.814

3

25.643

6

12

25.279

6

−4

10 5 14

G

7

/

8

 14

1.814

3

29.403

6

12

29.039

6

−4

10 5 14

G 1

11

2.309 1

32.233

6

12

31.770

6

−4

10 5 14

G 1

1

/

8

 11

2.309

1

36.881

6

12

36.418

6

−4

10 5 14

G 1

1

/

4

 11

2.309

1

40.894

6

12

40.431

6

−4

10 5 14

G 1

1

/

2

 11

2.309

1

46.787

6

12

46.324

6

−4

10 5 14

G 1

3

/

4

 11

2.309

1

52.730

6

12

52.267

6

−4

10 5 14

G 2

11

2.309 1

58.598

6

12

58.135

6

−4

10 5 14

G 2

1

/

4

 11

2.309

1

64.693

8

16

64.231

7

−7

14 5 14

G 2

1

/

2

 11

2.309

1

74.167

8

16

73.705

7

−7

14 5 14

G 2

3

/

4

 11

2.309

1

80.517

8

16

80.055

7

−7

14 5 14

G 3

11

2.309 1

86.867

8

16

86.405

7

−7

14 5 14

G 3

1

/

2

 11

2.309

1

99.313

8

16

98.851

7

−7

14 5 14

G 4

11

2.309 1

112.013

8

16

111.551

7

−7

14 5 14

G 4

1

/

2

 11

2.309

1

124.713

8

16

124.251

7

−7

14 5 14

G 5

11

2.309 1

137.413

8

16

136.951

7

−7

14 5 14

G 5

1

/

2

 11

2.309

1

150.113

8

16

149.651

7

−7

14 5 14

G 6

11

2.309 1

162.813

8

16

162.351

7

−7

14 5 14

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この d'の数値は,理論寸法(公差の中央値)を示す。


26

B 0254

:2011

表 JA.10−通り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ(GW)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

ねじ

ピッチ

外径

有効径

a)

A

・B 級

ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

(参考)

 

d'' 

c)

許容差

公差

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm mm

±

 mm

±

±

G

1

/

16

28 0.907

1  7.339

5 10

7.142

21

11

10 5 16

G

1

/

8

28 0.907

1  9.344

5 10

9.147

21

11

10 5 16

G

1

/

4

19 1.336

8 12.584

5 10

12.301

21

11

10 5 16

G

3

/

8

19 1.336

8 16.089

5 10

15.806

21

11

10 5 16

G

1

/

2

14 1.814

3 20.170

6 12

19.793

19

9 10 5 14

G

5

/

8

14 1.814

3 22.126

6 12

21.749

19

9 10 5 14

G

3

/

4

14 1.814

3 25.656

6 12

25.279

19

9 10 5 14

G

7

/

8

14 1.814

3 29.416

6 12

29.039

19

9 10 5 14

G

1

11 2.309

1 32.246

6 12

31.770

19

9 10 5 14

G 1

1

/

8

11 2.309

1 36.894

6 12

36.418

19

9 10 5 14

G 1

1

/

4

11 2.309

1 40.907

6 12

40.431

19

9 10 5 14

G 1

1

/

2

11 2.309

1 46.800

6 12

46.324

19

9 10 5 14

G 1

3

/

4

11 2.309

1 52.743

6 12

52.267

19

9 10 5 14

G

2

11 2.309

1 58.611

6 12

58.135

19

9 10 5 14

G 2

1

/

4

11 2.309

1 64.708

8 16

64.231

22

8 14 5 14

G 2

1

/

2

11 2.309

1 74.182

8 16

73.705

22

8 14 5 14

G 2

3

/

4

11 2.309

1 80.532

8 16

80.055

22

8 14 5 14

G

3

11 2.309

1 86.882

8 16

86.405

22

8 14 5 14

G 3

1

/

2

11 2.309

1 99.328

8 16

98.851

22

8 14 5 14

G

4

11 2.309

1

112.028

8 16

111.551

22

8 14 5 14

G 4

1

/

2

11 2.309

1

124.728

8 16

124.251

22

8 14 5 14

G

5

11 2.309

1

137.428

8 16

136.951

22

8 14 5 14

G 5

1

/

2

11 2.309

1

150.128

8 16

149.651

22

8 14 5 14

G

6

11 2.309

1

162.828

8 16

162.351

22

8 14 5 14

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この d''数値は,理論寸法(公差の中央値)を示す。


27

B 0254

:2011

表 JA.11−止り側ねじリングゲージ用通り側点検プラグ(NRGF)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

ねじ  ピッチ

外径

有効径

a)

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

上の許容差

下の許容差

(参考)

基準寸法

d

 c)

許容差

公差

d)

d)

公差

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm

mm

±

mm

±

(分)

±

G

1

/

16

 28

0.907

1

7.723

10

20

−84** 116**

32

7.142

127 137 10 244  258  14  5

15

G

1

/

8

 28

0.907

1

9.728

10

20

−84** 116**

32

9.147

127 137 10 244  258  14  5

15

G

1

/

4

 19

1.336

8

13.157

10

20

−38**  70**

32

12.301

145 155 10  280  294  14  5

13

G

3

/

8

 19

1.336

8

16.662

10

20

−38**  70**

32

15.806

145 155 10  280  294  14  5

13

G

1

/

2

14  1.814 3  20.955

12

24

  16

 16

32

19.793

167 177 10  314  328  14  5

11

G

5

/

8

14  1.814 3  22.911

12

24

  16

 16

32

21.749

167 177 10  314  328  14  5

11

G

3

/

4

14  1.814 3  26.441

12

24

  16

 16

32

25.279

167 177 10  314  328  14  5

11

G

7

/

8

14  1.814 3  30.201

12

24

  16

 16

32

29.039

167 177 10  314  328  14  5

11

G 1

11  2.309 1  33.249

12

24

  20

 20

40

31.770

205 215 10  398  416  18  5

10

G 1

1

/

8

11  2.309 1  37.897

12

24

  20

 20

40

36.418

205 215 10  398  416  18  5

10

G 1

1

/

4

11  2.309 1  41.910

12

24

  20

 20

40

40.431

205 215 10  398  416  18  5

10

G 1

1

/

2

11  2.309 1  47.803

12

24

  20

 20

40

46.324

205 215 10  398  416  18  5

10

G 1

3

/

4

11  2.309 1  53.746

12

24

  20

 20

40

52.267

205 215 10  398  416  18  5

10

G 2

11  2.309 1  59.614

12

24

  20

 20

40

58.135

205 215 10  398  416  18  5

10

G 2

1

/

4

 11

2.309

1

65.710

16

32

−48**  88**

40

64.231

247 261 14  472  490  18  5

10

G 2

1

/

2

 11

2.309

1

75.184

16

32

−48**  88**

40

73.705

247 261 14  472  490  18  5

10

G 2

3

/

4

 11

2.309

1

81.534

16

32

−48**  88**

40

80.055

247 261 14  472  490  18  5

10

G 3

11

2.309 1

87.884

16

32

−48**  88**

40

86.405

247 261 14  472  490  18  5

10

G 3

1

/

2

 11

2.309

1

100.330

16

32

−48**  88**

40

98.851

247 261 14  472  490  18  5

10

G 4

11

2.309 1  113.030

16

32

−48**  88**

40

111.551

247 261 14  472  490  18  5

10

G 4

1

/

2

 11

2.309

1

125.730

16

32

−48**  88**

40

124.251

247 261 14  472  490  18  5

10

G 5

11

2.309 1  138.430

16

32

−48**  88**

40

136.951

247 261 14  472  490  18  5

10

G 5

1

/

2

 11

2.309

1

151.130

16

32

−48**  88**

40

149.651

247 261 14  472  490  18  5

10

G 6

11

2.309 1  163.830

16

32

−48**  88**

40

162.351

247 261 14  472  490  18  5

10

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この基準寸法 は,JIS B 0202 で規定するおねじの外径 の数値と一致する。

d)

 **

印の数値は,

表 JA.3 の注

c)

により修正してある。


28

B 0254

:2011

表 JA.12−止り側ねじリングゲージ用止り側点検プラグ(NRNF)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

ねじ

ピッチ

外径

有効径

a)

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用  B 級ねじ用

P

(参考)

基準寸法

d

 c)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm

mm

mm

±

(分)

±

G

1

/

16

 28

0.907

1

7.723

97 117 20 198 230 32

7.142 102 112 10

207

221

14

5

15

G

1

/

8

 28

0.907

1

9.728

97 117 20 198 230 32

9.147 102 112 10

207

221

14

5

15

G

1

/

4

19

1.336 8

13.157  115 135 20 234 266 32

12.301 120 130 10 243 257 14  5

13

G

3

/

8

19

1.336 8

16.662  115 135 20 234 266 32

15.806 120 130 10 243 257 14  5

13

G

1

/

2

14

1.814 3

20.955  130 154 24 268 300 32

19.793 137 147 10 277 291 14  5

11

G

5

/

8

14

1.814 3

22.911  130 154 24 268 300 32

21.749 137 147 10 277 291 14  5

11

G

3

/

4

14

1.814 3

26.441  130 154 24 268 300 32

25.279 137 147 10 277 291 14  5

11

G

7

/

8

14

1.814 3

30.201  130 154 24 268 300 32

29.039 137 147 10 277 291 14  5

11

G 1

11

2.309 1

33.249  168 192 24 340 380 40

31.770 175 185 10 351 369 18  5

10

G 1

1

/

8

11

2.309 1

37.897  168 192 24 340 380 40

36.418 175 185 10 351 369 18  5

10

G 1

1

/

4

11

2.309 1

41.910  168 192 24 340 380 40

40.431 175 185 10 351 369 18  5

10

G 1

1

/

2

11

2.309 1

47.803  168 192 24 340 380 40

46.324 175 185 10 351 369 18  5

10

G 1

3

/

4

11

2.309 1

53.746  168 192 24 340 380 40

52.267 175 185 10 351 369 18  5

10

G 2

11

2.309 1

59.614  168 192 24 340 380 40

58.135 175 185 10 351 369 18  5

10

G 2

1

/

4

11

2.309 1

65.710  201 233 32 414 454 40

64.231 210 224 14 425 443 18  5

10

G 2

1

/

2

11

2.309 1

75.184  201 233 32 414 454 40

73.705 210 224 14 425 443 18  5

10

G 2

3

/

4

11

2.309 1

81.534  201 233 32 414 454 40

80.055 210 224 14 425 443 18  5

10

G 3

11

2.309 1

87.884  201 233 32 414 454 40

86.405 210 224 14 425 443 18  5

10

G 3

1

/

2

11

2.309 1

100.330  201 233 32 414 454 40

98.851 210 224 14 425 443 18  5

10

G 4

11

2.309 1

113.030  201 233 32 414 454 40

111.551 210 224 14 425 443 18  5

10

G 4

1

/

2

11

2.309 1

125.730  201 233 32 414 454 40

124.251 210 224 14 425 443 18  5

10

G 5

11

2.309 1

138.430  201 233 32 414 454 40

136.951 210 224 14 425 443 18  5

10

G 5

1

/

2

11

2.309 1

151.130  201 233 32 414 454 40

149.651 210 224 14 425 443 18  5

10

G 6

11

2.309 1

163.830  201 233 32 414 454 40

162.351 210 224 14 425 443 18  5

10

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この基準寸法 は,JIS B 0202 で規定するおねじの外径 の数値と一致する。


29

B 0254

:2011

表 JA.13−止り側ねじリングゲージ用摩耗点検プラグ(NW)の寸法,許容差及び公差 

単位

μm

ねじ  ピッチ

外径

有効径

a)

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

(参考)

基準寸法

d

 c)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

半角の許容差

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm

mm

mm

±

(分)

±

G

1

/

16

 28

0.907

1  7.723 92

112

20 190

222 32

7.142

97

107 10 199

213

14

5

15

G

1

/

8

 28

0.907

1 9.728 92

112

20 190

222 32

9.147

97

107 10 199

213

14

5

15

G

1

/

4

  19 1.336

8  13.157 110 130

20 226

258 32

12.301

115

125 10 235 249

14 5

13

G

3

/

8

  19 1.336

8  16.662 110 130

20 226

258 32

15.806

115

125 10 235 249

14 5

13

G

1

/

2

14  1.814

3  20.955  123  147 24 260

292 32

19.793

130 140 10 269  283 14  5

11

G

5

/

8

  14 1.814

3  22.911 123 147

24 260

292 32

21.749

130 140 10 269 283

14 5

11

G

3

/

4

14  1.814

3  26.441  123  147 24 260

292 32

25.279

130 140 10 269  283 14  5

11

G

7

/

8

14  1.814

3  30.201  123  147 24 260

292 32

29.039

130 140 10 269  283 14  5

11

G

1

11  2.309

1  33.249  161  185 24 329

369 40

31.770

168 178 10 340  358 18  5

10

G 1

1

/

8

  11  2.309

1  37.897  161  185 24 329

369 40

36.418

168 178 10 340  358 18  5

10

G 1

1

/

4

  11  2.309

1  41.910  161  185 24 329

369 40

40.431

168 178 10 340  358 18  5

10

G 1

1

/

2

  11  2.309

1  47.803  161  185 24 329

369 40

46.324

168 178 10 340  358 18  5

10

G 1

3

/

4

  11  2.309

1  53.746  161  185 24 329

369 40

52.267

168 178 10 340  358 18  5

10

G

2

11  2.309

1  59.614  161  185 24 329

369 40

58.135

168 178 10 340  358 18  5

10

G 2

1

/

4

  11  2.309

1  65.710  193  225 32 403

443 40

64.231

202 216 14 414  432 18  5

10

G 2

1

/

2

  11  2.309

1  75.184  193  225 32 403

443 40

73.705

202 216 14 414  432 18  5

10

G 2

3

/

4

  11  2.309

1  81.534  193  225 32 403

443 40

80.055

202 216 14 414  432 18  5

10

G

3

11  2.309

1  87.884  193  225 32 403

443 40

86.405

202 216 14 414  432 18  5

10

G 3

1

/

2

  11  2.309

1  100.330  193  225 32 403

443 40

98.851

202 216 14 414  432 18  5

10

G

4

11  2.309

1  113.030  193  225 32 403

443 40

111.551

202 216 14 414  432 18  5

10

G 4

1

/

2

  11  2.309

1  125.730  193  225 32 403

443 40

124.251

202 216 14 414  432 18  5

10

G

5

11  2.309

1  138.430  193  225 32 403

443 40

136.951

202 216 14 414  432 18  5

10

G 5

1

/

2

  11  2.309

1  151.130  193  225 32 403

443 40

149.651

202 216 14 414  432 18  5

10

G

6

11  2.309

1  163.830  193  225 32 403

443 40

162.351

202 216 14 414  432 18  5

10

a)

この有効径は,単独有効径である。

b)

この基準寸法 d

2

は,JIS B 0202 で規定するおねじの有効径 d

2

の数値と一致する。

c)

この基準寸法 は,JIS B 0202 で規定するおねじの外径 の数値と一致する。


30

B 0254

:2011

附属書 JB

(規定)

JIS B 0202

の附属書に規定するねじに用いる管用平行ねじゲージ

JB.1 

適用範囲 

この附属書は,JIS B 0202 

附属書に規定する管用平行ねじ(PF)の寸法検査

1)

に用いるねじ用限界ゲ

ージ及びその点検に用いる点検用ゲージ及び調整に用いる調整用ゲージについて規定する。

1)

ねじ山のフランク,山の頂,谷底の形状,有効径の真円度,表面粗さ及びその他の検査が必要

な場合には,この規格のゲージ以外の測定機器による。

JB.2 

ねじ用限界ゲージの種類,記号,形状,寸法,許容差及び公差 

ねじ用限界ゲージの種類及び記号は

表 JB.1 に,それらの形状,寸法,許容差及び公差は,表 JB.3∼表

JB.8

による。

表 JB.1−ねじ用限界ゲージの種類及び記号 

検査される

ねじ

検査される

箇所

ねじ用限界ゲージの種類

記号

適用表

通りねじリングゲージ(工作・検査共用) GR−A・B

(A・B 級ねじ共用)

通りねじはさみゲージ(工作・検査共用) GH−A・B

総合

(A・B 級ねじ共用)

表 JB.3 

工作用止りねじリングゲージ(A 級ねじ用) WR−A

(B 級ねじ用) WR−B

工作用止りねじはさみゲージ(A 級ねじ用) WH−A

(B 級ねじ用) WH−B

表 JB.4 

検査用止りねじリングゲージ(A 級ねじ用) IR−A

(B 級ねじ用) IR−B

検査用止りねじはさみゲージ(A 級ねじ用) IH−A

おねじ

有効径

単独に

近い

(B 級ねじ用) IH−B

表 JB.5 

通りねじプラグゲージ(工作・検査共用) GP−A・B

総合

(A・B 級ねじ共用)

表 JB.6 

工作用止りねじプラグゲージ(A 級ねじ用) WP−A

(B 級ねじ用) WP−B

表 JB.7 

検査用止りねじプラグゲージ(A 級ねじ用) IP−A

めねじ

有効径

単独に
近い

(B 級ねじ用) IP−B

表 JB.8 

JB.3 

点検用及び調整用ゲージの種類,記号,形状,寸法,許容差及び公差 

表 JB.1 に示すねじ用限界ゲージのうち,ねじリングゲージの点検に用いる点検用ゲージ及びねじはさみ

ゲージの調整に用いる調整用ゲージの種類及び記号は

表 JB.2 に,それらの形状,寸法,許容差及び公差は,

表 JB.9∼表 JB.12 による。


31

B 0254

:2011

表 JB.2−点検用及び調整用ゲージの種類及び記号 

点検又は調整されるねじ用限界ゲージ

点検用及び調整用ゲージの種類

記号

適用表

通りねじリングゲージ

通り側はめあい点検ねじプラグゲージ

GF

−A・B

(工作・検査共用)

(A・B 級ねじ共用)

通りねじはさみゲージ

通り側調整ねじプラグゲージ GT−A・B

(工作・検査共用)

(A・B 級ねじ共用)

表 JB.9 

工作用止りねじリングゲージ

工作用止り側はめあい(A 級ねじ用)

WF

−A

点検ねじプラグゲージ(B 級ねじ用)

WF

−B

工作用止りねじはさみゲージ

工作用止り側調整ねじ(A 級ねじ用)

WT

−A

プラグゲージ

(B 級ねじ用)

WT

−B

表 JB.10 

検査用止りねじリングゲージ

検査用止り側はめあい(A 級ねじ用)

IF

−A

点検ねじプラグゲージ(B 級ねじ用)

IF

−B

検査用止りねじはさみゲージ

検査用止り側調整

(A 級ねじ用)

IT

−A

ねじプラグゲージ

(B 級ねじ用)

IT

−B

表 JB.11 

通りねじリングゲージ

通り側摩耗点検ねじプラグゲージ GW−A・B

(工作・検査共用)

(A・B 級ねじ共用)

表 JB.12 

JB.4

ねじとねじ用限界ゲージ,点検用及び調整用ゲージの公差相互の関係位置 

ねじとねじ用限界ゲージ,点検用及び調整用ゲージの主要寸法について,それぞれの公差相互の関係位

置を

図 JB.1 に示す。

JB.5 

材料,硬さ及び表面粗さ 

ゲージの材料は,JIS G 4404 に規定する SKS3 又はこれと同等以上の品質をもつ材料とし,ゲージ部の

硬さは,660 HV 以上又は 58 HRC 以上とする。また,ゲージ面の表面粗さは,Ra 0.2 とする。

JB.6

ゲージの測定方法 

この規格に定めるゲージの測定方法は,JIS B 0261 による。

JB.7 

測定の温度条件 

この規格に規定する各寸法は,JIS B 0680 に規定する標準温度 20  ℃における値とする。

JB.8 

ゲージの使い方 

この規格による限界ゲージを用いておねじを検査する場合には,通りねじリングゲージが無理なく通り

抜け,又は通りねじはさみゲージがいずれの方向においても無理なく通り抜け,止りねじリングゲージが

2

回転以上ねじ込まれず,又は止りねじはさみゲージがいずれの方向においても通り抜けないとき,この

規格に定めるゲージによる寸法検査に合格したものとする。

めねじを検査する場合は,通りねじプラグゲージが無理なく通り抜け,止りねじプラグゲージが 2 回転

以上ねじ込まれないとき,この規格に定めるゲージによる寸法検査に合格したものとする。

なお,止りゲージの工作・検査別の使い分けは,使用者間において適宜行うものとし,これらのゲージ

の公差及び摩耗限度の内にあるものであれば,通常どちらで合格しても製品は合格とする。

ねじリングゲージ及びねじはさみゲージのいずれかで合格した場合は,ねじの製造業者と使用者との協

定がない限り,通常これを合格とする。


32

B 0254

:2011

JB.9

製品の呼び方 

ゲージの呼び方は,ねじの呼び及びゲージの記号による。ただし,両頭形又は A・B 級ねじ共用のもの

は一部を省略することができる。

  通りねじリングゲージの呼びが PF7 の場合  PF7 GR−A

JB.10

  表示 

ゲージの適切な箇所に,製品の呼び方,製造業者名又はその略号及び製造番号を表示する。


33

B 0254

:2011

図 JB.1−ねじとねじ用限界ゲージ及び点検用ゲージとの公差相互の関係位置説明図 


34

B 0254

:2011

表 JB.3−通りねじリングゲージ及び通りねじはさみゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

ねじリングゲージ記号

ねじはさみゲージ記号

A

・B 級ねじ共用 GR−A・B

A

・B 級ねじ共用 GH−A・B

単位

μm

ねじ  ピッチ

有効径

a)

内径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

新製の場合

新製の場合

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

山の半角の許容差

 
 
 

ゲージ
長さの

標準値

T 

c)

上の許容差

下の許容差

公差

摩耗限度の許容差

基準寸法

    d

1

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

摩耗限度の許容差

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm mm

 mm

±

± mm

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147

4

12

8

0

8.566

6

18

12

0

4

18

6.01

PF

1

/

4

19

1.336 8

12.301

5

15

10

0

11.445

8

24

16

0

4

14

9.02

PF

3

/

8

19

1.336 8

15.806

5

15

10

0

14.950

8

24

16

0

4

14

9.36

PF

1

/

2

14

1.814 3

19.793

5

15

10

0

18.631

8

24

16

0

4

12

12.24

PF

5

/

8

14

1.814 3

21.749

5

15

10

0

20.587

8

24

16

0

4

12

12.24

PF

3

/

4

14

1.814 3

25.279

5

15

10

0

24.117

8

24

16

0

4

12

13.61

PF

7

/

8

14

1.814 3

29.039

5

15

10

0

27.877

8

24

16

0

4

12

13.61

PF 1

11

2.309 1

31.770

5

15

10

0

30.291

8

24

16

0

4

11

15.59

PF 1

1

/

8

11

2.309 1

36.418

5

15

10

0

34.939

8

24

16

0

4

11

15.59

PF 1

1

/

4

11

2.309 1

40.431

5

15

10

0

38.952

8

24

16

0

4

11

17.90

PF 1

1

/

2

11

2.309 1

46.324

6

18

12

0

44.845

9

27

18

0

4

11

17.90

PF 1

3

/

4

11

2.309 1

52.267

6

18

12

0

50.788

9

27

18

0

5

11

21.08

PF 2

11

2.309 1

58.135

6

18

12

0

56.656

9

27

18

0

5

11

21.38

PF 2

1

/

4

11

2.309 1

64.231

6

18

12

0

62.752

9

27

18

0

5

11

24.38


35

B 0254

:2011

表 JB.3−通りねじリングゲージ及び通りねじはさみゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

ねじ  ピッチ

有効径

a)

内径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

新製の場合

新製の場合

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

山の半角の許容差

 
 
 
 

ゲージ
長さの

標準値

T 

c)

上の許容差

下の許容差

公差

摩耗限度の許容差

基準寸法

    d

1

 b) 

上の許容差

下の許容差

公差

摩耗限度の許容差

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

山数

25.4

mm

につ

mm

mm

 mm

±

± mm

PF 2

1

/

2

11

2.309 1

73.705

6

18

12

0

72.226

9

27

18

0

5

11

24.38

PF 2

3

/

4

11

2.309 1

80.055

7

21

14

0

78.576

11

33

22

0

5

11

27.56

PF 3

11

2.309 1

86.405

7

21

14

0

84.926

11

33

22

0

5

11

27.56

PF 3

1

/

2

11

2.309 1

98.851

7

21

14

0

97.372

11

33

22

0

5

11

29.15

PF 4

11

2.309 1  111.551

8

24

16

0

110.072

12

36

24

0

5

11

32.32

PF 4

1

/

2

11

2.309 1  124.251

8

24

16

0

122.772

12

36

24

0

5

11

32.32

PF 5

11

2.309 1  136.951

8

24

16

0

135.472

12

36

24

0

5

11

35.50

PF 5

1

/

2

11

2.309 1  149.651

9

27

18

0

148.172

14

42

28

0

5

11

35.50

PF 6

11

2.309 1  162.351

9

27

18

0

160.872

14

42

28

0

5

11

35.50

PF 7

11

2.309 1  187.751

10

30

20

0

186.272

15

45

30

0

5

11

45.09

PF 8

11

2.309 1  213.151

11

33

22

0

211.672

17

51

34

0

5

11

48.26

PF 9

11

2.309 1  238.551

11

33

22

0

237.072

17

51

34

0

5

11

48.26

PF 10

11

2.309 1  263.951

12

36

24

0

262.472

18

54

36

0

5

11

51.44

PF 12

11

2.309 1  314.751

14

42

28

0

313.272

21

63

42

0

6

11

53.98

注記 1  この表の許容差は,ねじリングゲージ及びねじはさみゲージに共通して適用し,このうち用途に適したい

ずれのゲージを用いて検査してもよい。

注記 2  谷底は,表 JB.9 に規定する通り側はめあい点検ねじプラグゲージの山の頂よりも逃げた形状とする。 
注記 3  山の頂は,基準山形又はそれに近い形状とする。 
注記 4  有効径,ピッチの許容差及び山の半角の許容差の測定は,この表の数値に関係なく,通りねじリングゲー

ジにあっては,

表 JB.9 に規定してある通り側はめあい点検ねじプラグゲージが無理なく,また遊びがなく

ねじ込まれ,更に通りねじはさみゲージにあっては,

表 JB.9 に規定してある通り側調整ねじプラグゲージ

が無理なく,また遊びなく通り抜けることによって適合するものと判定する。

注記 5  有効径の摩耗限度はこの表の数値に関係なく,表 JB.12 に規定する通り側摩耗点検ねじプラグゲージが通

り抜けないことで,摩耗限度内にあると判定する。

注記 6  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 7  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの有効径  (d

2

)

及び谷の径  (d

1

)

の基準寸法の数値とそれぞれ一致する。

c)

  JIS B 0253

附属書表 のゲージの厚さ の数値と一致する。


36

B 0254

:2011

表 JB.4−工作用止りねじリングゲージ及び止りねじはさみゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

ねじリングゲージ記号

ねじはさみゲージ記号

A

級ねじ用

B

級ねじ用

WR

−A

WR

−B

A

級ねじ用

B

級ねじ用

WH

−A

WH

−B

単位

μm

有効径

a)

内径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

d

1

mm 

ピッチ

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

山の半角の許容差

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

につ

mm

mm

公差

公差

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147

99

107

8

206

214

8

4

24

8.75

8.70

c)

PF

1

/

4

19

1.336 8

12.301

115

125

10

240

250

10

4

18

11.75

11.64

c)

PF

3

/

8

19

1.336 8

15.806

115

125

10

240

250

10

4

18

15.25

15.15

c)

PF

1

/

2

14

1.814 3

19.793

132

142

10

274

284

10

4

15

19.07

18.93

PF

5

/

8

14

1.814 3

21.749

132

142

10

274

284

10

4

15

21.03

20.88

PF

3

/

4

14

1.814 3

25.279

132

142

10

274

284

10

4

15

24.56

24.41

PF

7

/

8

14

1.814 3

29.039

132

142

10

274

284

10

4

15

28.32

28.17

PF 1

11

2.309 1

31.770

170

180

10

350

360

10

4

13

30.85

30.67

PF 1

1

/

8

11

2.309 1

36.418

170

180

10

350

360

10

4

13

35.50

35.32

PF 1

1

/

4

11

2.309 1

40.431

170

180

10

350

360

10

4

13

39.51

39.33

PF 1

1

/

2

11

2.309 1

46.324

168

180

12

348

360

12

4

13

45.41

45.22

PF 1

3

/

4

11

2.309 1

52.267

168

180

12

348

360

12

5

13

51.35

51.17

PF 2

11

2.309 1

58.135

168

180

12

348

360

12

5

13

57.22

57.04

PF 2

1

/

4

11

2.309 1

64.231

205

217

12

422

434

12

5

13

63.28

63.10

c)

PF 2

1

/

2

11

2.309 1

73.705

205

217

12

422

434

12

5

13

72.75

72.57

c)

PF 2

3

/

4

11

2.309 1

80.055

203

217

14

420

434

14

5

13

79.10

78.92

c)


37

B 0254

:2011

表 JB.4−工作用止りねじリングゲージ及び止りねじはさみゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

内径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

d

1

'

mm

ピッチ

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

山の半角の許容差

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

に つ

mm

mm

公差

公差

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF 3

11

2.309 1

86.405

203

217

14

420

434

14

5

13

85.45

85.27

c)

PF 3

1

/

2

11

2.309 1

98.851

203

217

14

420

434

14

5

13

97.90

97.71

c)

PF 4

11

2.309 1

111.551

201

217

16

418

434

16

5

13

110.60

110.41

c)

PF 4

1

/

2

11

2.309 1 124.251

201

217

16

418

434

16

5

13

123.30

123.12

c)

PF 5

11

2.309 1 136.951

201

217

16

418

434

16

5

13

136.00

135.81

c)

PF 5

1

/

2

11

2.309 1 149.651

199

217

18

416

434

18

5

13

148.70

148.52

c)

PF 6

11

2.309 1 162.351

199

217

18

416

434

18

5

13

161.40

161.21

c)

PF 7

11

2.309 1 187.751

298

318

20

616

636

20

5

13

186.69

186.61

c)

PF 8

11

2.309 1 213.151

296

318

22

614

636

22

5

13

212.09

212.01

c)

PF 9

11

2.309 1 238.551

296

318

22

614

636

22

5

13

237.49

237.41

c)

PF 10

11

2.309 1 263.951

294

318

24

612

636

24

5

13

262.89

262.81

c)

PF 12

11

2.309 1 314.751

369

397

28

766

794

28

6

13

313.62

313.61

c)

注記 1  この表の許容差は,ねじリングゲージ及びねじはさみゲージに共通して適用し,このうち用途に適し

たいずれのゲージを用いて検査してもよい。

注記 2  谷底の形状は,図のように短くしたフランク以外の部分が検査されるおねじと接触しないように,適

宜逃げをとるものとする。ただし,25.4 mm につきねじ山数 28 のものは,フランクを延長した形状
でも差し支えない。

注記 3  有効径,ピッチの許容差及び山の半角の許容差の測定は,この表の数値に関係なく,止りねじリング

ゲージにあっては,

表 JB.10 に規定してある止り側はめあい点検ねじプラグゲージが無理なく,また

遊びなくねじ込まれ,更に止りねじはさみゲージにあっては,

表 JB.10 に規定してある止り側調整ね

じプラグゲージが無理なく,また遊びなく通り抜けることによって適合するものと判定する。

注記 4  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 5  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの有効径  (d

2

)

の基準寸法の数値と一致する。

c)

内径の標準値は,通常,図のように山の頂の幅を P/3 とするが,おねじ谷底の丸み部と干渉するので,

数値を修正してある。


38

B 0254

:2011

表 JB.5−検査用止りねじリングゲージ及び止りねじはさみゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

ねじリングゲージ記号

ねじはさみゲージ記号

A

級ねじ用

B

級ねじ用

IR

−A

IR

−B

A

級ねじ用

B

級ねじ用

IH

−A

IH

−B

単位

μm

有効径

a)

内径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

d

1

'

mm

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

に つ

mm mm

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147

107

115

8

214

222

8

4

24

8.75

8.370

c)

PF

1

/

4

19

1.336 8

12.301

125

135

10

250

260

10

4

18

11.75

11.64

c)

PF

3

/

8

19

1.336 8

15.806

125

135

10

250

260

10

4

18

15.25

15.15

c)

PF

1

/

2

14

1.814 3

19.793

142

152

10

284

294

10

4

15

19.07

18.93

PF

5

/

8

14

1.814 3

21.749

142

152

10

284

294

10

4

15

21.03

20.88

PF

3

/

4

14

1.814 3

25.279

142

152

10

284

294

10

4

15

24.56

24.41

PF

7

/

8

14

1.814 3

29.039

142

152

10

284

294

10

4

15

28.32

28.17

PF 1

11

2.309 1

31.770

180

190

10

360

370

10

4

13

30.85

30.67

PF 1

1

/

8

11

2.309 1

36.418

180

190

10

360

370

10

4

13

39.50

35.32

PF 1

1

/

4

11

2.309 1

40.431

180

190

10

360

370

10

4

13

39.51

39.33

PF 1

1

/

2

11

2.309 1

46.324

180

192

12

360

373

12

4

13

45.41

45.22

PF 1

3

/

4

11

2.309 1

52.267

180

192

12

360

372

12

5

13

51.35

51.17

PF 2

11

3.309 1

58.135

180

192

12

360

372

12

5

13

57.22

57.04

PF 2

1

/

4

11

2.309 1

64.231

217

229

12

434

446

12

5

13

63.28

63.10

c)

PF 2

1

/

2

11

2.309 1

73.705

217

229

12

434

446

12

5

13

72.75

72.57

c)

PF 2

3

/

4

11

2.309 1

80.055

217

231

14

434

448

14

5

13

79.10

78.92

c)


39

B 0254

:2011

表 JB.5−検査用止りねじリングゲージ及び止りねじはさみゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

内径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

d

1

'

mm

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

に つ

mm mm

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF 3

11

2.309 1

86.405

217

231

14

434

448

14

5

13

85.45

85.27

c)

PF 3

1

/

2

11

2.309 1

98.851

217

231

14

434

448

14

5

13

97.90

97.71

c)

PF 4

11

2.309 1

111.551

217

233

16

434

450

16

5

13

111.60

110.41

c)

PF 4

1

/

2

11

2.309 1 124.251

217

233

16

434

450

16

5

13

123.30

123.12

c)

PF 5

11

2.309 1 136.951

217

233

16

434

450

16

5

13

136.00

135.81

c)

PF 5

1

/

2

11

2.309 1 149.651

217

235

18

434

452

18

5

13

148.70

148.52

c)

PF 6

11

2.309 1 162.351

217

235

18

434

452

18

5

13

161.40

161.21

c)

PF 7

11

2.309 1 187.751

318

338

20

636

656

20

5

13

186.69

186.61

c)

PF 8

11

2.309 1 213.151

318

340

22

636

658

22

5

13

212.09

212.01

c)

PF 9

11

2.309 1 238.551

318

340

22

636

658

22

5

13

237.49

237.41

c)

PF 10

11

2.309 1 263.951

318

342

24

636

660

24

5

13

262.89

262.81

c)

PF 12

11

2.309 1 314.751

397

425

28

794

822

28

6

13

313.62

313.61

c)

注記 1  この表の許容差は,ねじリングゲージ及びねじはさみゲージに共通して適用し,このうち用途に適し

たいずれのゲージを用いて検査してもよい。

注記 2  谷底の形状は,図のように短くしたフランク以外の部分が検査されるおねじと接触しないように,適

宜逃げをとるものとする。ただし,25.4 mm につきねじ山数 28 のものは,フランクを延長した形状
でも差し支えない。

注記 3  有効径,ピッチの許容差及び山の半角の許容差の測定は,この表の数値に関係なく,止りねじリング

ゲージにあっては,

表 JB.11 に規定してある止り側はめあい点検ねじプラグゲージが無理なく,また

遊びなくねじ込まれ,更に止りねじはさみゲージにあっては,

表 JB.11 に規定してある止り側調整ね

じプラグゲージが無理なく,また遊びなく通り抜けることによって適合するものと判定する。

注記 4  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 5  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの有効径  (d

2

)

の基準寸法の数値と一致する。

c)

内径の標準値は,通常,図のように山の頂の幅を P/3 とするが,おねじ谷底の丸み部と干渉するので,

数値を修正してある。


40

B 0254

:2011

表 JB.6−通りねじプラグゲージ(工作・検査共用)の形状,寸法,許容差及び公差 

ねじプラグゲージ記号

A

・B 級ねじ用 GP−A・B

単位

μm

有効径

a)

外径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

新製の場合

新製の場合

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    D

2

 b)

上の許容差

下の許容差

基準寸法

    D

 b)

上の許容差

下の許容差

摩耗限度の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

に つ

mm mm

公差

摩耗限度の許容差

mm

公差

±

±

PF

1

/

8

 28

0.907

1

9.147

12

4

8

0

9.728

18

6

12

0

4

18

PF

1

/

4

 19

1.336

8

12.301

15

5

10

0

13.157

24

8

16

0

4

14

PF

3

/

8

 19

1.336

8

15.806

15

5

10

0

16.662

24

8

16

0

4

14

PF

1

/

2

 14

1.814

3

19.793

15

5

10

0

20.955

24

8

16

0

4

12

PF

5

/

8

 14

1.814

3

21.749

15

5

10

0

22.911

24

8

16

0

4

12

PF

3

/

4

 14

1.814

3

25.279

15

5

10

0

26.441

24

8

16

0

4

12

PF

7

/

8

 14

1.814

3

29.039

15

5

10

0

30.201

24

8

16

0

4

12

PF 1

11

2.309 1

31.770

15

5

10

0

33.249

24

8

16

0

4

11

PF 1

1

/

8

 11

2.309

1

36.418

15

5

10

0

37.897

24

8

16

0

4

11

PF 1

1

/

4

 11

2.309

1

40.431

15

5

10

0

41.910

24

8

16

0

4

11

PF 1

1

/

2

 11

2.309

1

46.324

18

6

12

0

47.803

27

9

18

0

4

11

PF 1

3

/

4

 11

2.309

1

52.267

18

6

12

0

53.746

27

9

18

0

5

11

PF 2

11

2.309 1

58.135

18

6

12

0

59.614

27

9

18

0

5

11

PF 2

1

/

4

 11

2.309

1

64.231

18

6

12

0

65.710

27

9

18

0

5

11

PF 2

1

/

2

 11

2.309

1

73.705

18

6

12

0

75.184

27

9

18

0

5

11

PF 2

3

/

4

 11

2.309

1

80.055

21

7

14

0

81.534

33

11

22

0

5

11

PF 3

11

2.309 1

86.405

21

7

14

0

87.884

33

11

22

0

5

11

PF 3

1

/

2

 11

2.309

1

98.851

21

7

14

0

100.330

33

11

22

0

5

11

PF 4

11

2.309 1

111.551

24

8

16

0

113.030

36

12

24

0

5

11

PF 4

1

/

2

 11

2.309

1

124.251

24

8

16

0

125.730

36

12

24

0

5

11


41

B 0254

:2011

表 JB.6−通りねじプラグゲージ(工作・検査共用)の形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

外径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

新製の場合

新製の場合

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    D

2

 b)

上の許容差

下の許容差

基準寸法

    D

 b)

上の許容差

下の許容差

摩耗限度の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ

mm mm

公差

摩耗限度の許容差

mm

公差

±

±

PF 5

11

2.309 1  136.951

24

8

16

0

138.430

36

12

24

0

5

11

PF 5

1

/

2

 11

2.309

1

149.651

27

9

18

0

151.130

42

14

28

0

5

11

PF 6

11

2.309 1  162.351

27

9

18

0

163.830

42

14

28

0

5

11

PF 7

11

2.309 1  187.751

30

10

20

0

189.230

45

15

30

0

5

11

PF 8

11

2.309 1  213.151

33

11

22

0

214.630

51

17

34

0

5

11

PF 9

11

2.309 1  238.551

33

11

22

0

240.030

51

17

34

0

5

11

PF 10

11

2.309 1  263.951

36

12

24

0

265.430

54

18

36

0

5

11

PF 12

11

2.309 1  314.751

42

14

28

0

316.230

63

21

42

0

6

11

注記 1  谷底は,最小めねじの山の頂よりも逃げた形状とする。 
注記 2  山の頂は,基準山形又はそれに近い形状とする。 
注記 3  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 4 PF

1

/

8

∼PF 6 の A 級ねじ用は,

附属書 JB の規定外事項である。

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するめねじの有効径  (D

2

)

及び谷の径  (D)  の基準寸法の数値とそれぞれ一致する。


42

B 0254

:2011

表 JB.7−工作用止りねじプラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

ねじプラグゲージ記号

A

級ねじ用

B

級ねじ用

WP

−A

WP

−B

単位

μm

有効径

a)

外径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

D'

mm

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    D

2

b)

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ

mm mm

公差

公差

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF

1

/

8

 28

0.907

1

9.147

107

99

8

214

206

8

4 24

9.54 9.60

c)

PF

1

/

4

 19

1.336

8

12.301

125

115

10

250

240

10

4 18

12.85 12.96

c)

PF

3

/

8

 19

1.336

8

15.806

125

115

10

250

240

10

4 18

16.36 16.46

c)

PF

1

/

2

 14

1.814

3

19.793

142

132

10

284

274

10

4 15

20.52 20.66

PF

5

/

8

 14

1.814

3

21.749

142

132

10

284

274

10

4 15

22.47 22.61

PF

3

/

4

 14

1.814

3

25.279

142

132

10

284

274

10

4 15

26.00 26.14

PF

7

/

8

 14

1.814

3

29.039

142

132

10

284

274

10

4 15

29.76 29.90

PF 1

11

2.309 1

31.770

180

170

10

360

350

10

4 13

32.69 32.87

PF 1

1

/

8

 11

2.309

1

36.418

180

170

10

360

350

10

4 13

37.34 37.52

PF 1

1

/

4

 11

2.309

1

40.431

180

170

10

360

350

10

4 13

41.35 41.53

PF 1

1

/

2

 11

2.309

1

46.324

180

168

12

360

348

12

4 13

47.24 47.42

PF 1

3

/

4

 11

2.309

1

52.267

180

168

12

360

348

12

5 13

53.19 53.37

PF 2

11

2.309 1

58.135

180

168

12

360

348

12

5 13

59.05 59.23

PF 2

1

/

4

 11

2.309

1

64.231

217

205

12

434

422

12

5 13

65.19 65.37

c)

PF 2

1

/

2

 11

2.309

1

73.705

217

205

12

434

422

12

5 13

74.66 74.84

c)

PF 2

3

/

4

 11

2.309

1

80.055

217

203

14

434

420

14

5 13

81.01 81.19

c)

PF 3

11

2.309 1

86.405

217

203

14

434

420

14

5 13

87.36 87.54

c)

PF 3

1

/

2

 11

2.309

1

98.851

217

203

14

434

420

14

5 13

99.81 99.99

c)

PF 4

11

2.309 1

111.551

217

201

16

434

418

16

5 13

112.51 112.69

c)


43

B 0254

:2011

表 JB.7−工作用止りねじプラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

外径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

D'

mm

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    D

2

b)

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ

mm mm

公差

公差

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF 4

1

/

2

 11

2.309

1

124.251

217

201

16

434

418

16

5 13

125.21 125.39

c)

PF 5

11

2.309 1

136.951

217

201

16

434

418

16

5 13

137.91 138.09

c)

PF 5

1

/

2

 11

2.309

1

149.651

217

199

18

434

416

18

5 13

150.61 150.79

c)

PF 6

11

2.309 1

162.351

217

199

18

434

416

18

5 13

163.31 163.49

c)

PF 7

11

2.309 1

187.751

318

298

20

636

616

20

5

13

188.81

188.89

c)

PF 8

11

2.309 1

213.151

318

296

22

636

614

22

5

13

214.21

214.29

c)

PF 9

11

2.309 1

238.551

318

296

22

636

614

22

5

13

239.61

239.69

c)

PF 10

11

2.309 1

263.951

318

294

24

636

612

24

5

13

265.01

265.09

c)

PF 12

11

2.309 1

314.751

397

369

28

794

766

28

6

13

315.89

c)

 315.89

c)

注記 1  谷底の形状は,図のように短くしたフランク以外の部分が検査されるめねじと接触しないように,適

宜逃げをとるものとする。ただし,25.4 mm につきねじ山数 28 のものは,フランクを延長した形状
でも差し支えない。

注記 2  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 3  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するめねじの有効径  (D

2

)

の基準寸法の数値と一致する。

c)

外径の標準値は,通常,図のように山の頂の幅を P/3 とするが,めねじ谷底の丸み部と干渉するので,
数値を修正してある。


44

B 0254

:2011

表 JB.8−検査用止りねじプラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

ねじプラグゲージ記号

A

級ねじ用

B

級ねじ用

IP

−A

IP

−B

単位

μm

有効径

a)

外径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

D'

mm

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    D

2

b)

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

につ 

mm mm

公差

公差

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF

1

/

8

 28

0.907

1

9.147

115

107

8

222

214

8

4 24

9.54 9.60

c)

PF

1

/

4

 19

1.336

8

12.301

135

125

10

260

250

10

4 18

12.85 12.96

c)

PF

3

/

8

 19

1.336

8

15.806

135

125

10

260

250

10

4 18

16.36 16.46

c)

PF

1

/

2

 14

1.814

3

19.793

152

142

10

294

284

10

4 15

20.52 20.66

PF

5

/

8

 14

1.814

3

21.749

152

142

10

294

284

10

4 15

22.47 22.61

PF

3

/

4

 14

1.814

3

25.279

152

142

10

294

284

10

4 15

26.00 26.14

PF

7

/

8

 14

1.814

3

29.039

152

142

10

294

284

10

4 15

29.76 29.90

PF 1

11

2.309 1

31.770

190

180

10

370

360

10

4 13

32.69 32.87

PF 1

1

/

8

 11

2.309

1

36.418

190

180

10

370

360

10

4 13

37.34 37.52

PF 1

1

/

4

 11

2.309

1

40.431

190

180

10

370

360

10

4 13

41.35 41.53

PF 1

1

/

2

 11

2.309

1

46.324

192

180

12

372

360

12

4 13

47.24 47.42

PF 1

3

/

4

 11

2.309

1

52.267

192

180

12

372

360

12

5 13

53.19 53.37

PF 2

11

2.309 1

58.135

192

180

12

372

360

12

5 13

59.05 59.23

PF 2

1

/

4

 11

2.309

1

64.231

229

217

12

446

434

12

5 13

65.19 65.37

c)

PF 2

1

/

2

 11

2.309

1

73.705

229

217

12

446

434

12

5 13

74.66 74.84

c)

PF 2

3

/

4

 11

2.309

1

80.055

231

217

14

448

434

14

5 13

81.01 81.19

c)

PF 3

11

2.309 1

86.405

231

217

14

448

434

14

5 13

87.36 87.54

c)

PF 3

1

/

2

 11

2.309

1

98.851

231

217.

14

448

434

14

5 13

99.81 99.99

c)

PF 4

11

2.309 1

111.551

233

217

16

450

434

16

5 13

112.51 112.69

c)


45

B 0254

:2011

表 JB.8−検査用止りねじプラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

外径の標準値

A

級ねじ用

B

級ねじ用

D'

mm

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    D

2

b)

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ

mm mm

公差

公差

±

±

A

級ねじ用  B 級ねじ用

PF 4

1

/

2

 11

2.309

1

124.251

233

217

16

450

434

16

5 13

125.21 125.39

c)

PF 5

11

2.309 1

136.951

233

217

16

450

434

16

5 13

137.91 138.09

c)

PF 5

1

/

2

 11

2.309

1

149.651

235

217

18

452

434

18

5 13

150.61 150.79

c)

PF 6

11

2.309 1

162.351

235

217

18

452

434

18

5 13

163.31 163.49

c)

PF 7

11

2.309 1

187.751

338

318

20

656

636

20

5

13

188.81

188.89

c)

PF 8

11

2.309 1

213.151

340

318

22

658

636

22

5

13

214.21

214.29

c)

PF 9

11

2.309 1

238.551

340

318

22

658

636

22

5

13

239.61

239.69

c)

PF 10

11

2.309 1

263.951

342

318

24

660

636

24

5

13

265.01

265.09

c)

PF 12

11

2.309 1

314.751

425

397

28

822

794

28

6

13

315.89

c)

 315.89

c)

注記 1  谷底の形状は,図のように短くしたフランク以外の部分が検査されるめねじと接触しないように,適

宜逃げをとるものとする。ただし,25.4 mm につきねじ山数 28 のものは,フランクを延長した形状
でも差し支えない。

注記 2  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 3  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するめねじの有効径  (D

2

)

の基準寸法の数値と一致する。

c)

外径の標準値は,通常図のように山の頂の幅を P/3 とするが,めねじ谷底の丸み部と干渉するので,数
値を修正してある。


46

B 0254

:2011

表 JB.9−通り側はめあい点検ねじプラグゲージ及び調整ねじ 

プラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

はめあい点検

調整ねじプラグゲージ記号

ねじプラグゲージ記号

A

・B 級ねじ用 GT−A・B

A

・B 級ねじ用 GF−A・B

単位

μm

有効径

  a)

外径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

基準寸法

    d

 b)

上の許容差

下の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ

山数

25.4

mm

につ 

mm mm

公差

mm

公差

±

±

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147

12

16

4

9.728

12

0

12

4

18

PF

1

/

4

19

1.336 8

12.301

15

21

6

13.157

16

0

16

4

14

PF

3

/

8

19

1.336 8

15.806

15

21

6

16.662

16

0

16

4

14

PF

1

/

2

14

1.814 3

19.793

15

21

6

20.955

16

0

16

4

12

PF

5

/

8

14

1.814 3

21.749

15

21

6

22.911

16

0

16

4

12

PF

3

/

4

14

1.814 3

25.279

15

21

6

26.441

16

0

16

4

12

PF

7

/

8

14

1.814 3

29.039

15

21

6

30.201

16

0

16

4

12

PF 1

11

2.309 1

31.770

15

21

6

33.249

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

8

11

2.309 1

36.418

15

21

6

37.897

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

4

11

2.309 1

40.431

15

21

6

41.910

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

2

11

2.309 1

46.324

18

24

6

47.803

18

0

18

4

11

PF 1

3

/

4

11

2.309 1

52.267

18

24

6

53.746

18

0

18

5

11

PF 2

11

2.309 1

58.135

18

24

6

59.614

18

0

18

5

11

PF 2

1

/

4

11

2.309 1

64.231

18

24

6

65.710

18

0

18

5

11

PF 2

1

/

2

11

2.309 1

73.705

18

24

6

75.184

18

0

18

5

11

PF 2

3

/

4

11

2.309 1

80.055

21

29

8

81.534

22

0

22

5

11

PF 3

11

2.309 1

86.405

21

29

8

87.884

22

0

22

5

11

PF 3

1

/

2

11

2.309 1

98.851

21

29

8

100.330

22

0

22

5

11


47

B 0254

:2011

表 JB.9−通り側はめあい点検ねじプラグゲージ及び調整ねじ 

プラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

外径

A

・B 級ねじ共用

A

・B 級ねじ共用

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

基準寸法

    d 

b)

上の許容差

下の許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ 

mm mm

公差

mm

公差

±

±

PF 4

11

2.309 1  111.551

24

32

8

113.030

24

0

24

5

11

PF 4

1

/

2

11

2.309 1  124.251

24

32

8

125.730

24

0

24

5

11

PF 5

11

2.309 1  136.951

24

32

8

138.430

24

0

24

5

11

PF 5

1

/

2

11

2.3091  149.651

27

37

10

151.130

28

0

28

5

11

PF 6

11

2.3091  162.351

27

37

10

163.830

28

0

28

5

11

PF 7

11

2.3091  187.751

30

40

10

189.230

30

0

30

5

11

PF 8

11

2.3091  213.151

33

45

12

214.630

34

0

34

5

11

PF 9

11

2.3091  238.551

33

45

12

240.030

34

0

34

5

11

PF 10

11

2.3091  263.951

36

48

12

265.430

36

0

36

5

11

PF 12

11

2.3091  314.751

42

56

14

316.230

42

0

42

6

11

注記 1  谷底の形状は,図のように,検査されるねじリングゲージの内径又は調整されるねじはさみゲージ

の内径に相当する寸法の最小寸法との間に隙間のできるよう,適宜逃げをとるものとする。

注記 2  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 3  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの外径  (d)  及び有効径  (d

2

)

の基準寸法の数値とそれぞれ一致する。


48

B 0254

:2011

表 JB.10−工作用止り側はめあい点検ねじプラグゲージ及び調整ねじ 

プラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

はめあい点検

調整ねじプラグゲージ記号

ねじプラグゲージ記号

A

級ねじ用 WT−A

A

級ねじ用 WF−A

B

級ねじ用 WT−B

B

級ねじ用 WF−B

単位

μm

有効径

a)

外径

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準

寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

基準

寸法

    d 

b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ 

mm mm

mm

±

±

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147  107  111

4  214

218

4

9.728

12

0

12

−44  −56

c)

  12

4

18

PF

1

/

4

19

1.336 8  12.301  125  131

6  250

256

6

13.157

16

0

16

0

−16

c)

  16

4

14

PF

3

/

8

19

1.336 8  15.806  125  131

6  250

256

6

16.662

16

0

16

0

−16

c)

  16

4

14

PF

1

/

2

14

1.814 3  19.793  142  148

6  284

290

6

20.955

16

0

16

16

0

16

4

12

PF

5

/

8

14

1.814 3  21.749  142  148

6  284

290

6

22.911

16

0

16

16

0

16

4

12

PF

3

/

4

14

1.814 3  25.279  142  148

6  284

290

6

26.441

16

0

16

16

0

16

4

12

PF

7

/

8

14

1.814 3  29.039  142  148

6  284

290

6

30.201

16

0

16

16

0

16

4

12

PF 1

11

2.309 1  31.770  180  186

6  360

366

6

33.249

16

0

16

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

8

11

2.309 1  36.418  180  186

6  360

366

6

37.897

16

0

16

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

4

11

2.309 1  40.431  180  186

6  360

366

6

41.910

16

0

16

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

2

11

2.309 1  46.324  180  186

6  360

366

6

47.803

18

0

18

18

0

18

4

11

PF 1

3

/

4

11

2.309 1  52.267  180  186

6  360

366

6

53.746

18

0

18

18

0

18

5

11

PF 2

11

2.309 1  58.135  180  186

6  360

366

6

59.614

18

0

18

18

0

18

5

11

PF 2

1

/

4

11

2.309 1  64.231  217  223

6  434

440

6

65.710

18

0

18

2

−16

c)

  18

5

11

PF 2

1

/

2

11

2.309 1  73.705  217  223

6  434

440

6

75.184

18

0

18

2

−16

c)

  18

5

11

PF 2

3

/

4

11

2.309 1  80.055  217  225

8  434

442

8

81.534

22

0

22

2

−20

c)

  22

5

11


49

B 0254

:2011

表 JB.10−工作用止り側はめあい点検ねじプラグゲージ及び調整ねじ 

プラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

外径

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

ピッチの許容差

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準

寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

基準

寸法

    d 

b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ 

mm mm

mm

±

±

PF 3

11

2.309 1  86.405  217  225

8  434

442

8

87.884

22

0

22

0

−22

c)

  22

5

11

PF 3

1

/

2

11

2.309 1  98.851  217  225

8  434

442

8 100.330 22

0

22

0

−22

c)

  22

5

11

PF 4

11

2.309 1  111.551  217  225

8  434

442

8 113.030 24

0

24

0

−24

c)

  24

5

11

PF 4

1

/

2

11

2.309 1  124.251  217  225

8  434

442

8 125.730 24

0

24

0

−24

c)

  24

5

11

PF 5

11

2.309 1  136.951  217  225

8  434

442

8 138.430 24

0

24

0

−24

c)

  24

5

11

PF 5

1

/

2

11

2.309 1  149.651  217  227  10 434

444

10 151.130 28

0

28

−2  −30

c)

  28

5

11

PF 6

11

2.309 1  162.351  217  227  10 434

444

10 163.830 28

0

28

−2  −30

c)

  28

5

11

PF 7

11

2.309 1  187.751  318  328  10 636

646

10 189.230 30

0

30

−204  −234

c)

 30

5

11

PF 8

11

2.309 1  213.151  318  330  12 636

648

12 214.630 34

0

34

−206  −240

c)

 34

5

11

PF 9

11

2.309 1  238.551  318  330  12 636

648

12 240.030 34

0

34

−206  −240

c)

 34

5

11

PF 10

11

2.309 1  263.951  318  330  12 636

648

12 265.430 36

0

36

−206  −242

c)

 36

5

11

PF 12

11

2.309 1  314.751  397  411  14 794

808

14 316.230 42

0

42

−366  −408

c)

 42

6

11

注記 1  谷底の形状は,図のように,検査される止りねじリングゲージの内径又は調整されるねじはさみゲージの

内径に相当する寸法の最小寸法との間に隙間のできるよう,適宜逃げをとるものとする。

注記 2  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 3  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの外径  (d)  及び有効径  (d

2

)

の基準寸法の数値とそれぞれ一致する。

c)

外径の下の許容差は,通常 0 とするが,B 級ねじ用では山の頂がとがるので,数値を修正してある。


50

B 0254

:2011

表 JB.11−検査用止り側はめあい点検ねじプラグゲージ及び調整ねじ 

プラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

はめあい点検

調整ねじプラグゲージ記号

ねじプラグゲージ記号

A

級ねじ用 IT−A

A

級ねじ用 IF−A

B

級ねじ用 IT−B

B

級ねじ用 IF−B

単位

μm

有効径

a)

外径

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

ピッチ

(参考)



半角の

許容

ねじ

山数

25.4

mm

につ 

基準 
寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

基準 
寸法

    d

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許

(分)

検査されるねじの呼び

 mm

mm

mm

±

±

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147  115  119

4 222

226

4

9.728 12

10

12

−52  −64

c)

12

4

18

PF

1

/

4

19

1.336 8

12.301  135  141

6 260

266

6

13.157 16

0

16

−10  −26

c)

16

4

14

PF

3

/

8

19

1.336 8

15.806  135  141

6 260

266

6

16.662 16

0

16

−10  −26

c)

16

4

14

PF

1

/

2

14

1.814 3

19.793  152  158

6 294

300

6

20.955 16

0

16

16

0

16

4

12

PF

5

/

8

14

1.814 3

21.749  152  158

6 294

300

6

22.911 16

0

16

16

0

16

4

12

PF

3

/

4

14

1.814 3

25.279  152  158

6 294

300

6

26.441 16

0

16

16

0

16

4

12

PF

7

/

8

14

1.814 3

29.039  152  158

6 294

300

6

30.201 16

0

16

16

0

16

4

12

PF 1

11

2.309 1

31.770  190  196

6 370

376

6

33.249 16

0

16

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

8

11

2.309 1

36.418  190  196

6 370

376

6

37.897 16

0

16

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

4

11

2.309 1

40.431  190  196

6 370

376

6

41.910 16

0

16

16

0

16

4

11

PF 1

1

/

2

11

2.309 1

46.324  192  198

6 372

378

6

47.803 18

0

18

18

0

18

4

11

PF 1

3

/

4

11

2.309 1

52.267  192  198

6 372

378

6

53.746 18

0

18

18

0

18

5

11

PF 2

11

2.309 1

58.135  192  198

6 372

378

6

59.614 18

0

18

18

0

18

5

11

PF 2

1

/

4

11

2.309 1

64.231  229  235

6 446

452

6

65.710 18

0

18

−10  −28

c)

18

5

11

PF 2

1

/

2

11

2.309 1

73.705  229  235

6 446

452

6

75.184 18

0

18

−10  −28

c)

18

5

11

PF 2

3

/

4

11

2.309 1

80.055  231  239

3 448

456

8

81.534 22

0

22

−14  −36

c)

22

5

11


51

B 0254

:2011

表 JB.11−検査用止り側はめあい点検ねじプラグゲージ及び調整ねじ 

プラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

外径

A

級ねじ用

B

級ねじ用

A

級ねじ用

B

級ねじ用

ピッチ

(参考)

山の半角の許容差

基準

寸法

      d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

基準

寸法

    d

 b)

上の許容差

下の許容差

公差

上の許容差

下の許容差

公差

ピッチの許容差

(分)

検査されるねじの呼び

ねじ
山数

25.4

mm

につ 

mm mm

mm

±

±

PF 3

11

2.309 1

86.405  231  239

8 448

456

8

87.884 22

0

22

−14  −36

c)

  22

5

11

PF 3

1

/

2

11

2.309 1

98.851  231  239

8 448

456

8 100.330 22

0

22

−14  −36

c)

  22

5

11

PF 4

11

2.309 1

111.551  233  241

8 450

458

8 113.030 24

0

24

−16  −40

c)

  24

5

11

PF 4

1

/

2

11

2.309 1

124.251  233  241

8 450

458

8 125.730 24

0

24

−16  −40

c)

  24

5

11

PF 5

11

2.309 1

136.951  233  241

8 450

458

8 138.430 24

0

24

−16  −40

c)

  24

5

11

PF 5

1

/

2

11

2.309 1

149.651  235  245  10 452

462 10 151.130 28

0

28

−20  −48

c)

  28

5

11

PF 6

11

2.309 1

162.351  235  245  10 452

462 10 163.830 28

0

28

−20  −48

c)

  28

5

11

PF 7

11

2.309 1

187.751  338  348  10 656

666 10 189.230 30

0

30

−224  −254

c)

 30  5

11

PF 8

11

2.309 1

213.151  340  352  12 658

670 12 214.630 34

0

34

−228  −262

c)

 34  5

11

PF 9

11

2.309 1

238.551  340  352  12 658

670 12 240.030 34

0

34

−228  −262

c)

 34  5

11

PF 10

11

2.309 1

263.951  342  354  12 660

672 12 265.430 36

0

36

−230  −266

c)

 36  5

11

PF 12

11

2.309 1

314.751  425  439  14 822

836 14 316.230 42

0

42

−394  −436

c)

 42  6

11

注記 1  谷底の形状は,図のように,検査されるねじリングゲージの内径又はねじはさみゲージの内径に相当する寸法

の最小寸法との間に隙間のできるよう,適宜逃げをとるものとする。

注記 2  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 3  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの外径  (d)  及び有効径  (d

2

)

の基準寸法の数値とそれぞれ一致する。

c)

外径の下の許容差は,通常 0 とするが,B 級ねじ用では山の頂がとがるので,数値を修正してある。


52

B 0254

:2011

表 JB.12−通り側摩耗点検ねじプラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差 

摩耗点検ねじプラグゲージ記号

A

・B 級ねじ用 GW−A・B

単位

μm

有効径

a)

A

・B 級ねじ共用

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

    d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

ピッチの許容差

(分)

ゲージ外径
の標準値

  d'

A

・B 級

ねじ共用

検査されるねじの呼び

ねじ山数

25.4 mm

につき

mm mm

公差

±

± mm

PF

1

/

8

28

0.907 1

9.147

2

2

4

4

20

9.44

PF

1

/

4

19

1.336 8

12.301

3

3

6

4

16

12.73

PF

3

/

8

19

1.336 8

15.806

3

3

6

4

16

16.23

PF

1

/

2

14

1.814 3

19.793

3

3

6

4

13

20.37

PF

5

/

8

14

1.814 3

21.749

3

3

6

4

13

22.33

PF

3

/

4

14

1.814 3

25.279

3

3

6

4

13

25.86

PF

7

/

8

14

1.814 3

29.039

3

3

6

4

13

29.62

PF 1

11

2.309 1

31.770

3

3

6

4

12

32.51

PF 1

1

/

8

11

2.309 1

36.418

3

3

6

4

12

37.16

PF 1

1

/

4

11

2.309 1

40.431

3

3

6

4

12

41.17

PF 1

1

/

2

11

2.309 1

46.324

3

3

6

4

12

47.06

PF 1

3

/

4

11

2.309 1

52.267

3

3

6

5

12

53.01

PF 2

11

2.309 1

58.135

3

3

6

5

12

58.87

PF 2

1

/

4

11

2.309 1

64.231

3

3

6

5

12

64.97

PF 2

1

/

2

11

2.309 1

73.705

3

3

6

5

12

74.44

PF 2

3

/

4

11

2.309 1

80.055

4

4

8

5

12

80.79

PF 3

11

2.309 1

86.405

4

4

8

5

12

87.14

PF 3

1

/

2

11

2.309 1

98.851

4

4

8

5

12

99.59

PF 4

11

2.309 1

111.551

4

4

8

5

12

112.29

PF 4

1

/

2

11

2.309 1

124.251

4

4

8

5

12

124.99

PF 5

11

2.309 1

136.951

4

4

8

5

12

137.69

PF 5

1

/

2

11

2.309 1

149.651

5

5

10

5

12

150.39

PF 6

11

2.309 1

162.351

5

5

10

5

12

163.09


53

B 0254

:2011

表 JB.12−通り側摩耗点検ねじプラグゲージの形状,寸法,許容差及び公差(続き) 

単位

μm

有効径

a)

A

・B 級ねじ共用

山の半角の許容差

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

d

2

 b)

上の許容差

下の許容差

ピッチの許容差

(分)

ゲージ外径
の標準値

d'

A

・B 級

ねじ共用

検査されるねじの呼び

ねじ山数

25.4 mm

につき

mm mm

公差

±

± mm

PF 7

11

2.309 1

187.751

5

5

10

5

12

188.49

PF 8

11

2.309 1

213.151

6

6

12

5

12

213.89

PF 9

11

2.309 1

238.551

6

6

12

5

12

239.29

PF 10

11

2.309 1

263.951

6

6

12

5

12

264.69

PF 12

11

2.309 1

314.751

7

7

14

6

12

315.49

注記 1  谷底の形状は,図のように,検査されるおねじリングゲージの内径又はねじはさみゲージの

内径に相当する寸法の最小寸法との間に隙間のできるよう,適宜逃げをとるものとする。

注記 2  ピッチの許容差には,リードのよろめきも含める。 
注記 3  この表における    の部分は,附属書 JB の規定外事項である。 

a)

この規格では,単独有効径とする。

b)

  JIS B 0202

に規定するおねじの有効径  (d

2

)

の基準寸法の数値と一致する。

参考文献  JIS B 0251  メートルねじ用限界ゲージ

JIS B 0253

  管用テーパねじゲージ


附属書 JC

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 0254:2011

  管用平行ねじゲージ

ISO 228-2:1987

  Pipe threads where pressure-tight joints are not made on the threads

−Part 2: Verification by means of limit gauges

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国 際 規

格番号

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

1

適 用 範

JIS B 0202

に規定する管

用平行ねじ(G)の寸法
検査に用いるゲージにつ

いて規定している。

 1

ISO 228-1

に規定する管

用平行ねじ(G)の寸法検
査に用いるゲージについ

て規定している。

追加

ISO 228-1

に規定以外の管用平行

ねじゲージについても規定して
いる。

技術的差異はない。

3

量記号

3

追加

JIS

は,山の頂及び谷底の など

を規定している。

JIS

は,従来から を規定してお

り,分かりやすい。

4

ゲ ー ジ

の種類

種 類 を 表 形 式 で 規 定 し
て,更にゲージ記号を規

定している。

種類は文中に規定し,ゲ
ージ記号については規定

していない。

変更

JIS

は,ゲージ記号を追加規定し

ている。

使用の便を考慮して表形式で規
定している。

ゲージ記号は,呼び方及び表示
で多用している実状を考慮して
規定してある。

7

お ね じ

用ゲージ

6

変更

ISO

規格は GR の山の頂は呼びに

かかわらず平らにできるとして

いるが,JIS はねじ山数 28 に限
定した。

JIS

は NRGF の一部の山の頂のと

がりを弱める補正をした。

JIS

は ISO 規格どおりに変更す

ることによって新旧で判定差が

生じる危険性を考慮し,従来ど
おりとした。

9

標 準 温

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。
国際規格の改正を提案する。

10

ゲージ

の寸法,許

容 差 及 び
公差

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。
国際規格の改正を提案する。

54

B 025

4


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II) 
国 際 規
格番号

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

11

硬さ及

び 表 面 粗

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。

国際規格の改正を提案する。

12

測定方

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。

国際規格の改正を提案する。

13

検査

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。

国際規格の改正を提案する。

14

表示

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。
国際規格の改正を提案する。

附属書 JA
(規定)

JIS B 0202

で規定されて

いるねじの検査に用いる

ゲージの寸法,許容差及
び公差について計算結果
を規定している。

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。
国際規格の改正を提案する。

附属書 JB
(規定)

JIS B 0202

の附属書で規

定されているねじの検査
に用いるゲージの形状,

寸法について規定してい
る。

追加

ISO

規格では規定していない。

日本の実状に合わせ追加した。
国際規格の改正を提案する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 228-2:1987,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD………………国際規格を修正している。

55

B 025

4


20
1

1