>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B0225

-1960

自転車ねじ

1.

適用範囲  この規格は,自転車およびリヤカーその他これに準ずるものに用いるネジ(

1

)

について規定

する。

(

1

)

この規格に示す以外のネジは,JIS B 0205(メートル並目ネジ)または JIS B 0207(メートル細

目系ネジ)によるのを原則とする。

2.

種類  自転車ネジは,一般用とスポーク用との 2 種類に分けるが,基本山形は共通とする。

3.

基本山形および基本寸法

一般用

単位 mm

オネジ

メネジ

用途例

(参考)

ネジ山数

25.4mm

につき

ピッチ  オネジ

のネジ

山の

谷 の

丸ミ

外径

有効径 谷ノ径 谷ノ径 有効径 内径(

2

)

呼ビ

n

P

高サ

h

1

 

r

d

d

2

d

1

D

D

2

D

1

'

BC

5

/

16

 26

0.977

0.52

0.16

7.94

7.42

6.90

7.94

7.42

7.06

前ハブ軸

BC

3

/

8

 26

0.977

0.52

0.16

9.53

9.01

8.49

9.53

9.01

8.65

前ハブ軸

BC

7

/

16

 26

0.977

0.52

0.16

11.11

10.59

10.07

11.11

10.59

10.23

重荷用後ハブ軸

BC

1

/

2

 20

1.270

0.68

0.21

12.70

12.02

11.34

12.70

12.02

11.55

ペダル軸(左・右)・ギアクランク(左・右)

BC

9

/

16

 20

1.270

0.68

0.21

14.29

13.61

12.93

14.29

13.61

13.14

ペダル軸(左・右)・ギアクランク(左・右)

BC

5

/

8

 20

1.270

0.68

0.21

15.88

15.20

14.52

15.88

15.20

14.73

リヤカ用ハブ軸

BC

11

/

16

 24

1.058

0.56

0.18

17.46

16.90

16.34

17.46

16.90

16.48

ハンガ(左)

BC

3

/

4

 30

0.847

0.45

0.14

19.05

18.60

18.15

19.05

18.60

18.29

ハンガ


2

B0225-1960

BC

31

/

32

 30

0.847

0.45

0.14

24.61

24.16

23.71

24.61

24.16

23.85

前ホーク軸

オネジ

メネジ

用途例

(参考)

ネジ山数

25.4mm

につき

ピッチ  オネジ

のネジ

山の

谷 の

丸ミ

外径

有効径 谷ノ径 谷ノ径 有効径 内径(

2

)

呼ビ

n

P

高サ

h

1

 

r

d

d

2

d

1

D

D

2

D

1

'

BC1 24

1.058

0.56

0.18

25.40

24.84

24.28

25.40

24.84

24.46

前ホーク軸

BC1.29 24

1.058

0.56

0.18

32.77

32.21

31.65

32.77

32.21

31.83

後ハブ軸止メナット(左)

BC1.37 24

1.058

0.56

0.18

34.80

34.24

33.68

34.80

34.24

33.86

後ハブ・ハンドブレーキ胴・小ギヤ・

ハンガ

(

左・右)

・フリーホイール

BC1

7

/

16

 24

1.058

0.56

0.18

36.51

35.95

35.39

36.51

35.95

35.57

ハンガ

(BC1.45) 24 1.058

0.56

0.18 36.83

36.27

35.71

36.83

36.27

35.89

ハンガ

BC1

9

/

16

 24

1.058

0.56

0.18

36.69

39.13

38.57

39.69

39.13

38.75

フリーホイール・中子(左)

スポーク用

単位 mm

オネジ

メネジ

ネジ山数

25.4mm

につき

ピッチ  オネジ

のネジ

山の

谷の

丸ミ

外径

有効径 谷ノ径 谷ノ径 有効径 内径(

2

)

呼ビ(

3

)

n

P

高サ

h

1

r

d

d

2

d

1

D

D

2

D

1

'

用途例

(

参考)

スポーク

の番手

(参考)

BC

1.8

56  0.454 0.24 0.08 2.06 1.82 1.58 2.06 1.82 1.66

軽快車用 #

15

BC

2

56  0.454 0.24 0.08 2.27 2.03 1.79 2.27 2.03 1.87

#

14

実用  車用

BC

2.3

56  0.454 0.24 0.08 2.57 2.33 2.09 2.57 2.33 2.17

#

13

BC

2.6

56  0.454 0.24 0.08 2.87 2.63 2.39 2.87 2.63 2.47

#

12

BC

2.9

44  0.577 0.31 0.10 3.24 2.93 2.62 3.24 2.93 2.72

リヤカー用 #

11

および

BC

3.2

40  0.635 0.34 0.11 3.57 3.23 2.89 3.57 3.23 3.00

重荷用 #

10

BC

3.5

40  0.635 0.34 0.11 3.87 3.53 3.19 3.87 3.53 3.30

#

9

BC

4

32  0.794 0.42 0.13 4.45 4.03 3.61 4.45 4.03 3.74

#

8

(

2

)

メネジ内径の欄の数値は,実際のメネジ内径の最小寸法 D

1

'

を示すもので,メネジ内径の寸法差に対する基

本寸法としては,メネジ内径 D

1

を使用する。その数値は,オネジ谷ノ径 d

1

と一致する。

(

3

)

スポーク用ネジの呼ビの数値は,スポーク線の径による。

備考1.  オネジの山頂とメネジの谷底との間には,いくらかのスキマを設けるのを原則とする。

2.

かっこをつけた呼ビのものは,なるべく使用しないものとする。


3

B0225-1960

4.

寸法差および公差

一般用

単位 mm

オネジ

メネジ

外径  d

有効径  d

2

谷ノ径  d

1

谷 ノ

径  D

有効径  D

2

内径  D

1

丸形

平形

上の

寸法

下の

寸法差

公差

上の

寸法差

下の

寸法差

公差 上

下の

寸法

公差

下の

寸法

公差

上の

寸法

公差

下の

寸法

上の

寸法

公差

呼ビ

ネジ山数

25.4mm

につき

n

+  −

+ −

+ −

+ +

標準

のハ

メア

イの

長サ

BC

5

/

16

26

0  0.18 0.18 0.08 0.18 0.1

0

0.13

0.13

0

0.18

0.18

0 0.13

0.13 0.16 0.26 0.1

6

BC

3

/

8

26

0  0.18 0.18 0.08 0.18 0.1

0

0.13

0.13

0

0.18

0.18

0 0.13

0.13 0.16 0.26 0.1

6

BC

7

/

16

26

0  0.18 0.18 0.08 0.18 0.1

0

0.13

0.13

0

0.18

0.18

0 0.13

0.13 0.16 0.26 0.1

6

BC

1

/

2

20

0  0.22 0.22 0.11 0.22 0.11 0

0.14

0.14

0

0.2

0.2

0 0.14

0.14 0.21 0.32 0.11

10

BC

9

/

16

20

0  0.22 0.22 0.11 0.22 0.11 0

0.14

0.14

0

0.2

0.2

0 0.14

0.14 0.21 0.32 0.11

10

BC

5

/

8

20

0  0.22 0.22 0.11 0.22 0.11 0

0.14

0.14

0

0.2

0.2

0 0.14

0.14 0.21 0.32 0.11

10

BC

11

/

16

24

0  0.18 0.18 0.07 0.18 0.11 0

0.14

0.14

0

0.2

0.2

0 0.14

0.14 0.14 0.25 0.11

10

BC

3

/

4

30

0  0.18 0.18 0.07 0.18 0.11 0

0.14

0.14

0

0.2

0.2

0 0.14

0.14 0.14 0.25 0.11

10

BC

31

/

32

30

0  0.18 0.18 0.07 0.18 0.11 0

0.14

0.14

0

0.2

0.2

0 0.14

0.14 0.14 0.25 0.11

6

BC1

24

0  0.21 0.21 0.09 0.21 0.12 0

0.16

0.16

0

0.21

0.21

(

4

)

(

5

)

0 0.16

0.16 0.18 0.3  0.12

10


4

B0225-1960

オネジ

メネジ

外径  d

有効径  d

2

谷ノ径  d

1

谷 ノ

径  D

有効径  D

2

内径  D

1

丸形

平形

上の

寸法

下の

寸法差

公差

上の

寸法差

下の

寸法差

公差 上

下の

寸法

公差

下の

寸法

公差

上の

寸法

公差

下の

寸法

上の

寸法

公差

呼ビ

ネジ山数

25.4mm

につき

n

+  −

+ −

+ −

+ +

標準

のハ

メア

イの

長サ

BC1.29

24

0  0.22 0.22 0.09 0.22 0.13 0

0.17

0.17

0

0.22

0.22     0 0.17

0.17 0.18 0.31 0.13

10

BC1.37

24

0  0.22 0.22 0.09 0.22 0.13 0

0.17

0.17

0

0.22

0.22

0 0.17

0.17 0.18 0.31 0.13

10

BC1

7

/

16

24

0  0.22 0.22 0.09 0.22 0.13 0

0.17

0.17

0

0.22

0.22

0 0.17

0.17 0.18 0.31 0.13

10

BC1.45)

24

0  0.22 0.22 0.09 0.22 0.13 0

0.17

0.17

0

0.22

0.22

0 0.17

0.17 0.18 0.31 0.13

10

BC1

9

/

16

24

0  0.22 0.22 0.09 0.22 0.13 0

0.17

0.17

0

0.22

0.22

0 0.17

0.17 0.18 0.31 0.13

10

スポーク用 

単位 mm

オネジ

メネジ

外径  d

有効径  d

2

谷ノ径  d

1

谷ノ径D

有効径  D

2

内径  D

1

丸形

上 の

寸 法

下 の

寸 法

公差

下 の

寸 法

公差

下 の

寸 法

公差

上 の

寸 法

公差

下 の

寸 法

上 の

寸 法

公差

呼ビ

ネジ山数

25.4mm

につき

n

標準

のハ

メア

イの

長サ

BC 1.8

56

0

 0.09  0.09

0

0.07

0.07

0

 0.09

 0.09

0

0.07

0.07   0.08  0.17

0.09

4

BC 2

56

0

 0.09  0.09

0

0.07

0.07

0

 0.09

 0.09

0

0.07

0.07   0.08  0.17

0.09

4

BC 2.3

56

0

 0.09  0.09

0

0.07

0.07

0

 0.09

 0.09

0

0.07

0.07   0.08  0.17

0.09

4

BC 2.6

56

0

 0.09  0.09

0

0.07

0.07

0

 0.09

 0.09

0

0.07

0.07   0.08  0.17

0.09

4

BC 2.9

44

0

 0.1  0.1

0

0.07

0.07

0

 0.1

 0.1

0

0.07

0.07   0.1

0.21

0.11

5

BC 3.2

40

0

 0.11  0.11

0

0.08

0.08

0

 0.11

 0.11

0

0.08

0.08   0.11  0.23

0.12

5

BC 3.5

40

0

 0.11  0.11

0

0.08

0.08

0

 0.11

 0.11

0

0.08

0.08   0.11  0.23

0.12

5

BC 4

32

0

 0.13  0.13

0

0.09

0.09

0

 0.13

 0.13

(

4

)

(

5

)

0

0.09

0.09

0.13  0.29  0.16

6

(

4

)

メネジの谷ノ径の下の寸法差は規定しないが,図のように谷底と丸形オネジの外径の最大寸法との間に,多少の
スキマを設けるのを原則とする。

(

5

)

メネジの谷ノ径の上の寸法差は,規定しない。

備考1.  この表では,山の角度差およびピッチの寸法差は別に定めていないが,これらは有効径に換算して有効径の公

差中に含めてある。したがって,この表の,オネジ有効径の上の寸法差またはメネジ有効径の下の寸法差につ
いては,この表の標準のハメアイの長サをもつネジ測定具またはゲージを使用して,有効径・山の角度および

ピッチを総合的に検査し,オネジ有効径の下の寸法差またはメネジ有効径の上の寸法差については,有効径だ
けを単独に検査するものとする。

2.

一般用のオネジの山頂の形は,製作の都合で,丸形,平形のいずれでもよい。

3.

オネジの谷ノ丸ミは正確な円弧でなくてもよいが,かどばっていてはならない。

4.

この表の寸法差の数値は,サビ止メ処理のあるなしにかかわらず,その最終寸法について適用するものとする.

5.

オネジの谷ノ径の下の寸法差は,ネジ工具先端の丸ミを新しくつける場合は p/7 とするように与えてある。