>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0217-1

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  記号 

2

5

  公差方式の構成  

2

6

  公差グレード  

2

7

  公差位置  

3

8

  はめあい長さ  

5

9

  山の頂の直径及び谷の径の公差  

5

9.1

  めねじ内径の公差 T

D1

  

5

9.2

  おねじ外径の公差 T

d

  

5

9.3

  おねじ谷の径の公差 T

d3

  

5

10

  有効径の公差 T

D2

T

d2

  

5

11

  推奨する公差域クラス  

11

12

  多条ねじ  

11

13

  計算式  

11

13.1

  基礎となる寸法許容差  

11

13.2

  はめあい長さ  

12

13.3

  山の頂の直径及び谷の径の公差  

12

13.3.1

  めねじ内径の公差 T

D1

  

12

13.3.2

  おねじ外径の公差 T

d

  

12

13.3.3

  おねじ谷の径の公差 T

d3

  

12

13.4

  有効径の公差  

12

13.4.1

  めねじ有効径の公差 T

D2

  

12

13.4.2

  おねじ有効径の公差 T

d2

  

12

13.5

  数値の丸め方の基準  

13

14

  ねじの表し方  

13

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

14


B 0217-1

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会(JFRI)及び一般財団法人

日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS B 0217:1980 は廃止され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 0217

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

0217-1

  第 1 部:原則及び基礎データ

JIS

B

0217-2

  第 2 部:おねじ及びめねじの許容限界寸法


日本工業規格

JIS

 B

0217-1

:2013

メートル台形ねじ−公差−

第 1 部:原則及び基礎データ

ISO metric trapezoidal screw threads-Tolerances-

Part 1: Principles and basic data

序文 

この規格は,1993 年に第 2 版として発行された ISO 2903 を基に,技術的内容を変更することなく作成

した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,JIS B 0216-2 によるメートル台形ねじ(Tr)に対する公差方式について規定する。この公

差方式は,

JIS B 0216-1

による基準山形及び最大実体山形並びに JIS B 0216-3 による基準寸法に関係する。

なお,この公差方式は,例えば,親ねじのような軸方向移動に対する特別な要求をもつ台形ねじには適

用しない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 2903:1993

,ISO metric trapezoidal screw threads−Tolerances(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

注記  対応国際規格:ISO 1891:2009,Fasteners−Terminology,及び ISO 5408:2009,Screw threads

−Vocabulary(全体評価:MOD)

JIS B 0209-1

  一般用メートルねじ−公差−第 1 部:原則及び基礎データ

注記  対応国際規格:ISO 965-1:1980,ISO general purpose metric screw threads−Tolerances−Part 1:

Principles and basic data(IDT)

JIS B 0216-1

  メートル台形ねじ−第 1 部:基準山形及び最大実体山形

注記  対応国際規格:ISO 2901:1993,ISO metric trapezoidal screw threads−Basic profile and maximum

material profiles(IDT)

JIS B 0216-2

  メートル台形ねじ−第 2 部:全体系


2

B 0217-1

:2013

注記  対応国際規格:ISO 2902:1977,ISO metric trapezoidal screw threads−General plan(IDT)

JIS B 0216-3

  メートル台形ねじ−第 3 部:基準寸法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0101 による。

記号 

この規格で用いる記号は,次による(

図 1∼図 参照)。

D

4

めねじ谷の径の基準寸法,mm

D

1

めねじ内径の基準寸法,mm

D

2

めねじ有効径の基準寸法,mm

おねじ外径の基準寸法,mm

d

3

おねじ谷の径の基準寸法,mm

d

2

おねじ有効径の基準寸法,mm

ピッチ,mm

P

h

リード,mm

N

はめあい長さ“並”の呼び方

L

はめあい長さ“長い”の呼び方

l

N

はめあい長さ,mm

公差,μm

T

D1

T

D2

T

d

D

1

D

2

dd

3

d

2

に対する公差(D

4

に対する公差は規定しない。

,μm

T

d3

T

d2

ei

EI

下の寸法許容差(めねじの EI は,ゼロである。

,μm

es

ES

上の寸法許容差,μm

公差方式の構成 

公差方式は,呼び径 6 mm を超える台形ねじに対して,JIS B 0209-1 と同様に公差グレード,公差位置及

び公差域クラスの選択によって構成する。ただし,推奨する公差域クラスは,JIS B 0209-1 で規定するメ

ートルねじに対するものと同じではない。

公差グレード 

公差グレードは,次による。

公差グレード

めねじ内径  D

1

4

おねじ外径  d

4

めねじ有効径  D

2

  :

7  8  9

おねじ有効径  d

2

: (6)  7  8  9


3

B 0217-1

:2013

おねじ谷の径  d

3

7  8  9

おねじ有効径 d

2

に対する公差グレード 6 は,公差グレード 7,8 及び 9 の有効径の公差を設定するため

に使用する(13.4.1 及び 13.4.2 参照)

おねじ有効径 d

2

の公差グレードとおねじ谷の径 d

3

の公差グレードとは,常に同一とする。ただし,T

d3

と T

d2

とは,T

d3

=1.25 T

d2

+|es|の関係をもち,同じ値でない。

公差位置 

有効径の公差位置は,次による。

a)

めねじに対して:基礎となる寸法許容差 EI がゼロである H(

図 及び表 参照)

b)

おねじに対して:基礎となる寸法許容差 es が負の値をもつ c 及び e(

図 及び表 参照)

めねじの内径 D

1

及び谷の径 D

4

に対する公差位置は,常に基礎となる下の寸法許容差 EI をゼロとする。

おねじの外径 及び谷の径 d

3

に対する公差位置は,全ての場合で基礎となる上の寸法許容差 es をゼロ

とし,有効径の公差位置とは関係しない。

図 1−基準線(基準寸法)に対する公差域の位置

注記  太い実線の山形は,設計山形を示す。

図 2−有効径の公差位置 のめねじ 


4

B 0217-1

:2013

注記  太い実線の山形は,設計山形を示す。

図 3−有効径の公差位置 及び のおねじ

表 1−めねじ及びおねじの有効径に対する基礎となる寸法許容差

ピッチ

基礎となる寸法許容差

めねじ

D

2

おねじ

d

2

H

EI 

c

es 

e

es 

mm

μm

μm

μm

1.5 

3



0

−140 
−150 
−170

−67 
−71 
−85



6



0

−190 
−212

−236

−95

−106

−118



9



0

−250

−265 
−280

−125

−132 
−140

10 
12 
14



0

−300

−335 
−355

−150

−160 
−180

16 
18 
20



0

−375 
−400 
−425

−190 
−200 
−212

22 
24 
28



0

−450 
−475

−500

−224 
−236

−250

32 
36 
40 
44




0

−530

−560 
−600 
−630

−265

−280 
−300 
−315


5

B 0217-1

:2013

はめあい長さ 

はめあい長さは,

表 による二つの種類 N 及び L に区分する。

山の頂の直径及び谷の径の公差 

9.1 

めねじ内径の公差 T

D1

めねじ内径の公差グレード 4 に対する公差 T

D1

の値を,

表 に示す。

9.2 

おねじ外径の公差 T

d

おねじ外径の公差グレード 4 に対する公差 T

d

の値を,

表 に示す。

9.3 

おねじ谷の径の公差 T

d3

おねじ谷の径の公差グレード 7,8 及び 9 に対する公差 T

d3

の値を,それぞれ

表 に示す。

10 

有効径の公差 T

D2

T

d2

めねじ有効径の公差グレード 7,8 及び 9 に対する公差 T

D2

の値を,それぞれ

表 に示す。おねじ有効径

の公差グレード 6,7,8 及び 9 に対する公差 T

d2

の値を,それぞれ

表 に示す。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


6

B 0217-1

:2013

表 2−はめあい長さ

単位  mm

呼び径

d

ピッチ

はめあい長さの区分,l

N

N L

を超え

以下

を超え

以下

を超え

5.6 11.2  1.5


3


6

10

15 
19 
28

15 
19 
28

11.2 22.4  2




8

8

11

15 
18 
30

24 
32 
43 
53 
85

24 
32 
43 
53 
85

22.4 45



6

12 
21 
25

36 
63 
75

36 
63 
75


8

10 
12

30 
34 
42 
50

85

100 
125 
150

85

100 
125 
150

45 90  3


8

15 
19 
38

45 
56

118

45 
56

118

9

10 
12

43 
50 
60

132 
140 
170

132 
140 
170

14 
16 
18

67 
75 
85

200 
236 
265

200 
236 
265

90 180  4


8

12

24 
36 
45 
67

71

106 
132 
200

71

106 
132 
200

14 
16 
18

75 
90

100

236 
265 
300

236 
265 
300

20 
22 
24 
28

112 
118

132 
150

335 
355 
400 
450

335 
355 
400 
450

180 355  8

12 
18

50 
75

112

150 
224 
335

150 
224 
335

20 
22 
24

125 
140 
150

375 
425 
450

375 
425 
450

32 
36 
40 
44

200 
224 
250 
280

600 
670 
750 
850

600 
670 
750 
850


7

B 0217-1

:2013

表 3−めねじ内径の公差 T

D1

        表 4−おねじ外径の公差 T

d

ピッチ

mm 

公差グレード

4

ピッチ

mm 

公差グレード

4

公差  μm

公差  μm

1.5 







9

10 
12 
14 
16 
18 
20 
22 
24 
28 
32 
36 
40 
44

190 
236 
315 
375 
450 
500 
560 
630 
670 
710 
800 
900

1 000 
1 120 
1 180 
1 250 
1 320 
1 500 
1 600 
1 800 
1 900 
2 000

 1.5








9

10 
12 
14 
16 
18 
20 
22 
24 
28 
32 
36 
40 
44

150 
180 
236 
300 
335 
375 
425 
450 
500 
530 
600 
670 
710 
800 
850 
900 
950

1 060 
1 120 
1 250 
1 320 
1 400


8

B 0217-1

:2013

表 5−おねじ谷の径の公差 T

d3

呼び径

d

  mm

ピッチ

mm

有効径公差の公差位置 c

有効径公差の公差位置 e

公差グレード

公差グレード

7 8 9 7 8 9

を超え

以下

公差  μm

公差  μm

5.6 11.2

1.5 

3

352 
388 
435

405 
445 
501

471 
525 
589

279 
309 
350

332 
366 
416

398 
446 
504

11.2 22.4



4

400 
450 
521

462 
520 
609

544 
614 
690

321 
365 
426

383 
435 
514

465 
529 
595


8

562 
709

656 
828

775 
965

456 
576

550 
695

669 
832

22.4 45



6

482 
587 
655

564 
681 
767

670 
806 
899

397 
481 
537

479 
575 
649

585 
700 
781


8

10 
12

694 
734 
800 
866

813 
859 
925 
998

950

1 015 
1 087 
1 223

569 
601 
650 
691

688 
726 
775 
823

825 
882 
937

1 048

45 90



8

501 
565 
765

589 
659 
890

701 
784

1 052

416 
470 
632

504 
564 
757

616 
689 
919

9

10 
12

811

831 
929

943 
963

1 085

1 118 
1 138 
1 273

671 
681 
754

803 
813 
910

978 
988

1 098

14 
16 
18

970

1 038 
1 100

1 142 
1 213 
1 288

1 355 
1 438 
1 525

805 
853 
900

967

1 028 
1 088

1 180 
1 253 
1 320

90 180



8

12

584 
705 
796 
960

690 
830 
928

1 122

815 
986

1 103 
1 335

489 
587 
663 
785

595 
712 
795 
947

720 
868 
970

1 160

14 
16 
18

1 018 
1 075 
1 150

1 193 
1 263 
1 338

1 418 
1 500 
1 588

843 
890 
950

1 018 
1 078 
1 138

1 243 
1 315 
1 388

20 
22 
24 
28

1 175 
1 232 
1 313 
1 388

1 363 
1 450 
1 538 
1 625

1 613 
1 700 
1 800 
1 900

962

1 011 
1 074 
1 138

1 150 
1 224 
1 299 
1 375

1 400 
1 474 
1 561 
1 650

180 355

8

12 
18

828 
998

1 187

965

1 173 
1 400

1 153 
1 398 
1 650

695 
823 
987

832 
998

1 200

1 020 
1 223 
1 450

20 
22 
24

1 263 
1 288 
1 363

1 488 
1 513 
1 600

1 750 
1 775 
1 875

1 050 
1 062 
1 124

1 275 
1 287 
1 361

1 537 
1 549 
1 636

32 
36 
40 
44

1 530 
1 623 
1 663 
1 755

1 780 
1 885 
1 925 
2 030

2 092 
2 210 
2 250 
2 380

1 265 
1 343 
1 363 
1 440

1 515 
1 605 
1 625 
1 715

1 827 
1 930 
1 950 
2 065


9

B 0217-1

:2013

表 6−めねじ有効径の公差 T

D2

呼び径

D

  mm

ピッチ

P

mm

公差グレード

7 8 9

を超え

以下

公差  μm

5.6 11.2  1.5


3

224 
250 
280

280 
315 
355

355
400
450

11.2 22.4  2


4

265 
300 
355

335 
375 
450

425
475
560


8

375 
475

475 
600

600
750

22.4 45



6

335 
400 
450

425 
500 
560

530
630
710


8

10 
12

475 
500 
530 
560

600 
630 
670 
710

750
800
850
900

45 90  3


8

355 
400 
530

450 
500 
670

560
630
850

9

10 
12

560 
560 
630

710 
710 
800

900
900

1 000

14 
16 
18

670 
710 
750

850 
900 
950

1 060
1 120
1 180

90 180  4


8

12

425 
500 
560 
670

530 
630 
710 
850

670
800
900

1 060

14 
16 
18

710 
750 
800

900 
950

1 000

1 120
1 180
1 250

20 
22 
24 
28

800 
850 
900 
950

1 000 
1 060 
1 120 
1 180

1 250
1 320
1 400
1 500

180 355  8

12 
18

600 
710 
850

750 
900

1 060

950

1 120
1 320

20 
22 
24

900 
900 
950

1 120 
1 120 
1 180

1 400
1 400
1 500

32 
36 
40 
44

1 060 
1 120 
1 120 
1 250

1 320 
1 400 
1 400 
1 500

1 700
1 800
1 800
1 900


10

B 0217-1

:2013

表 7−おねじ有効径の公差 T

d2

呼び径 

d

  mm 

ピッチ

mm 

公差グレード

6 7 8 9

を超え

以下

公差  μm

5.6

11.2 1.5


3

132 
150 
170

170 
190 
212

212 
236 
265

265 
300 
335

11.2

22.4 2


4

160 
180 
212

200 
224 
265

250 
280 
335

315 
355 
425


8

224 
280

280 
355

355 
450

450 
560

22.4 45



6

200 
236 
265

250 
300 
335

315 
375 
425

400 
475 
530


8

10 
12

280 
300 
315 
335

355 
375 
400 
425

450 
475 
500 
530

560 
600 
630 
670

45 90  3


8

212 
236 
315

265 
300 
400

335 
375 
500

425 
475 
630

9

10 
12

335 
335 
375

425 
425 
475

530 
530 
600

670 
670 
750

14 
16 
18

400 
425 
450

500 
530 
560

630 
670 
710

800 
850 
900

90 180  4


8

12

250 
300 
335 
400

315 
375 
425 
500

400 
475 
530 
630

500 
600 
670 
800

14 
16 
18

425 
450 
475

530 
560 
600

670 
710 
750

850 
900 
950

20 
22 
24 
28

475 
500 
530 
560

600 
630 
670 
710

750 
800 
850 
900

950

1 000 
1 060 
1 120

180 355  8

12 
18

355 
425 
500

450 
530 
630

560 
670 
800

710 
850

1 000

20 
22 
24

530 
530 
560

670 
670 
710

850 
850 
900

1 060 
1 060 
1 120

32 
36 
40 
44

630 
670 
670 
710

800 
850 
850 
900

1 000 
1 060 
1 060 
1 120

1 250 
1 320 
1 320 
1 400


11

B 0217-1

:2013

11 

推奨する公差域クラス 

公差域クラスは,ゲージ及び工具の数を減らすために,できるだけ

表 及び表 から選ぶのがよい。

はめあい区分の選択のために,次の一般的な基準を示す。

a)

中:一般用。

b)

粗:製造上困難が起こり得る場合。

実際のはめあい長さが不明な場合には,区分 N を推奨する。

表 8−推奨するめねじの公差域クラス

はめあい区分

有効径の公差域クラス

N L

中 7H

8H

粗 8H

9H

表 9−推奨するおねじの公差域クラス

はめあい区分

有効径の公差域クラス

N L

中 7e

8e

粗 8c

9c

12 

多条ねじ 

多条ねじ(

図 参照)に対する公差は,有効径を除き一条ねじに対する公差と同じである。

多条ねじの有効径の公差は,

表 及び表 に示す一条ねじに対する T

D2

及び T

d2

の公差の値に,

表 10 

よる割増し係数を乗じた値とする。

図 4−多条ねじのリード及びピッチ 

表 10−多条ねじに対する割増し係数

条数 2 3 4

5 以上

割増し係数 1.12  1.25  1.4

1.6

13 

計算式 

13.1 

基礎となる寸法許容差 

めねじ及びおねじに対する基礎となる寸法許容差の値は,次の計算式による。

0

H

=

EI

(

)

P

es

11

125

c

+

=

    が 2 以下に対して


12

B 0217-1

:2013

(

)

P

es

12

.

94

5

c

+

=

    P=3 から P=44 に対して

(

)

P

es

11

50

e

+

=

    P が 3 以下に対して

P

es

49

.

47

e

=

    P=4 から P=44 に対して

13.2 

はめあい長さ 

表 における並 N に対するはめあい長さ l

N

の限界の値は,次の計算式による。この場合,

表 における

呼び径の区分内のそれぞれのピッチに対する の値は,

表 の呼び径の区分の範囲内にある最小の呼び径

を用いる。

2

.

0

N

24

.

2

min

d

P

l

=

2

.

0

N

7

.

6

max

d

P

l

=

13.3 

山の頂の直径及び谷の径の公差 

13.3.1 

めねじ内径の公差 T

D1

めねじ内径の公差グレード 4 に対する公差 T

D1

の値は,次の計算式による。

(

)

0.7

D1

230

0.63

P

T

=

13.3.2 

おねじ外径の公差 T

d

おねじ外径の公差グレード 4 に対する公差 T

d

の値は,次の計算式による。





=

P

P

T

15

.

3

180

0.63

3

2

d

13.3.3 

おねじ谷の径の公差 T

d3

おねじ谷の径の公差 T

d3

の値は,T

d2

の値を基に,次の計算式による。

es

T

T

+

=

d2

d3

1.25

13.4 

有効径の公差 

13.4.1 

めねじ有効径の公差 T

D2

めねじ有効径の公差

T

D2

の値は,おねじ有効径の公差グレード

6

に対する公差

T

d2

(6)

の値(

表 参照)を

基に,

表 11 によって計算する。

表 11−めねじ有効径の公差 T

D2

公差グレード

7 8 9

1.7T

d2

(6) 2.12T

d2

(6) 2.65T

d2

(6)

13.4.2 

おねじ有効径の公差 T

d2

おねじ有効径の公差

T

d2

の値は,次の計算式による。この場合,

d

の値は,

表 においてそれぞれのピッ

チを含む呼び径の区分における直径範囲の限界の幾何平均の値に等しい。

( )

1

.

0

4

.

0

d2

90

6

d

P

T

×

=

( )

( )

6

25

.

1

7

2

d

d2

T

T

=

( )

( )

6

6

.

1

8

2

d

d2

T

T

=


13

B 0217-1

:2013

( )

( )

6

2

9

2

d

d2

T

T

=

13.5 

数値の丸め方の基準 

有効径の公差,山の頂の直径の公差及び基礎となる寸法許容差の値は,上記の式で計算をした後,標準

数列

R40

に最も近い値に丸める。

おねじ谷の径の公差

T

d3

の計算値は,丸めない。

14 

ねじの表し方 

ねじの表し方は,ねじの種類,ねじのサイズ及びねじの公差域クラスによって構成する。

ねじの種類及びねじのサイズの表し方は,JIS B 0216-2 による。

ねじの公差域クラスの表示は,有効径に対する記号だけとする。

山の頂の直径に対する公差域クラスは,次の理由で省略する。

公差位置は,

1

種類だけである。

めねじ径

D

1

及びおねじ外径

d

に対して,規定している公差グレードはそれぞれ一つだけである。

ねじの公差域クラスの表示は,次による。

有効径の公差グレードを示す数字

有効径の公差位置を表す,めねじに対しては大文字,おねじに対しては小文字の英文字

 

めねじの場合:

Tr 40 × 7

7H

おねじの場合:

Tr 40 × 7

7e

二条,左巻きのおねじの場合:

Tr 40 × 14(P7) LH

7e

めねじとおねじとの組合せを示す場合には,めねじの公差域クラスに続けて,おねじの公差域クラスを

斜線で区切って表す。

 

Tr 40 × 7

7H / 7e

Tr 40 × 14(P7)

7H / 7e


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 0217-1:2013

  メートル台形ねじ−公差−第 1 部:原則及び基礎データ

ISO 2903:1993

  ISO metric trapezoidal screw threads−Tolerances

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格
番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1  適用範

メートル台形ねじに

対する公差方式につ
いて規定。

ISO 2903

1.

メートル台形ねじに対す

る 公 差 方 式 に つ い て 規
定。

追加

JIS

では,一部引用規格を追加

して規定。

技術的差異はない。

2  引用規

3  用語及
び定義

JIS B 0101

による。

3.用 語及
び定義

ISO 5408

による。

一致

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 2903:1993,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

2

B 021

7-

1


2

013