>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

0212

-1973

ユニファイ細目ねじの許容限界

寸法及び公差

Limits of Sizes and Tolerances for Unified Fine Screw Threads

1.

適用範囲  この規格は,JIS B 0208(ユニファイ細目ねじ)に規定されたユニファイ細目ねじの,主

として締め付けに用いるものの許容限界寸法及び公差について規定する。

引用規格:

JIS B 0208

  ユニファイ細目ねじ

JIS B 0256

  ユニファイ細目ねじ用限界ゲージ

閥違規格:ANSI B 1.1a-1968 Unified. Screw Threads−Metric Translation,

2.

基準山形,基準寸法,許容限界寸法,公差及び基礎となる寸法許容差の関係  基準山形,基準寸法,

許容限界寸法,公差及び基礎となる寸法許容差の関係を

図に示す。


2

B 0212-1973

図  ユニファイ細目ねじの基準山形,基準寸法,許容限界寸法,公差及び基礎となる寸法許容差の関係図

図における記号は,次のとおりである。

DD

max

及び D

min

:  めねじ谷の径の基準寸法,最大許容寸法及び最小許容寸法

D

2

D

2max

D

2min

T

D2

及び EI  :  めねじ有効径の基準寸法,最大許容寸法,最小許容寸法,公差及び基礎

となる寸法許容差

D

1

D

1max

D

1min

T

D1

及び EI  :  めねじ内径の基準寸法,最大許容寸法,最小許容寸法,公差及び基礎と

なる寸法許容差

dd

max

d

min

T

d

及び es

:  おねじ外径の基準寸法,最大許容寸法,最小許容寸法,公差及び基礎と

なる寸法許容差

d

2

d

2max

d

2min

T

d2

及び es

:  おねじ有効径の基準寸法,最大許容寸法,最小許容寸法,公差及び基礎

となる寸法許容差

d

1

d

1max

及び d

1min

:  おねじ谷の径の基準寸法,最大許容寸法及び最小許容寸法

また,太い実線は基準山形を,斜線を施した部分は,めねじ又はおねじの許容域を示す。

なお,DD

2

D

1

dd

2

,

及び d

1

の数値は,JIS B 0208 

表に定めてある。

3.

ねじの等級,許容限界寸法及び公差  ねじの等級は,めねじに対しては 3B,2B,及び 1B,おねじに

対しては 3A,2A 及び 1A とし,これらの等級は,めねじ用とおねじ用との別及び公差の大きさによって,

次の

表のように区分する。許容限界寸法及び公差は,次の表の区分に従い表 1∼表 による。


3

B 0212-1973

なお,必要に応じて,互いに異なる等級のめねじとおねじとを組合せて使用することができる。

等級の区分  3B 3A 2B 2A 1B 1A

めねじ

表 1

表 3

表 5

適用表

おねじ

表 2

表 4

表 6

参考  表 1∼表 の許容限界寸法の数値は,ANSI B 1.1a-1968 (Unified ScrewThreads・Metric Translation,)

と一致している。

また,

表 2,表 及び表 の基礎となる寸法許容差の値は,上記 ANSI B 1.1a によっている。

4.

ねじの検査  この規格によって製作したねじの検査は,原則として JIS B 0256(ユニファイ細目ねじ

用限界ゲージ)のねじ用限界ゲージによる。

表 1  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差(3B の場合)

単位 mm

谷  の  径

有  効  径

内  径

ねじの呼び

(参  考)

基礎となる寸
法許容差 EI(

1

)

D

max

D

min

D

2max

D

2min

T

D2

D

1max

D

1min

T

D1

No. 0-80

UNF

1.361

1.319

0.042

1.305

0.182

0.123

No. 1-72

UNF

1.673

1.626

0.047

1.612

1.474

0.138

No. 2-64

UNF

1.978

1.928

0.050

1.912

1.756

0.156

No. 3-56

UNF

2.273

2.220

0.053

2.197

2.025

0.172

No. 4-48

UNF

2.560

2.502

0.058

2.458

2.271

0.187

No. 5-44

UNF

2.860

2.800

0.060

2.740

2.551

0.189

No. 6-40

UNF

3.157

3.094

0.063

3.012

2.820

0.192

No. 8-36

UNF

3.776

3.709

0.067

3.596

3.404

0.192

No. 10-32 UNF

4.384

4.311

0.073

4.168

3.963

0.205

No. 12-28 UNF

4.975

4.898

0.077

4.716

4.496

0.220

1

/

4

-28 UNF

5.842

5.761

0.081

5.562

5.360

0.202

5

/

16

-24 UNF

7.340

7.250

0.090

6.995

6.782

0.213

3

/

8

-24 UNF

8.930

8.837

0.093

8.564

8.382

0.182

7

/

16

-20 UNF

10.391

10.287

0.104

9.946

9.729

0.217

1

/

2

-20 UNF

11.981

11.875

0.106

11.523

11.329

0.194

9

/

16

-18 UNF

13.482

13.371

0.111

12.969

12.751

0.218

5

/

8

-18 UNF

15.072

14.959

0.113

14.554

14.351

0.203

3

/

4

-16 UNF

18.143

18.019

0.124

17.546

17.323

0.223

7

/

8

-14 UNF

21.181

21.047

0.134

20.492

20.270

0.222

 1

-12

UNF

24.170

24.026

0.144

23.362 23.114  0.248

1

1

/

8

-12 UNF

27.350

27.201

0.149

26.537

26.289

0.248

1

1

/

4

-12 UNF

30.528

30.376

0.152

29.712

29.464

0.248

1

3

/

8

-12 UNF

33.705

33.551

0.154

32.887

32.639

0.248

1

1

/

2

-12 UNF

0

(

2

参 

36.885

36.726

0.159

36.062 35.814  0.248

(

1

)

この欄の数値は,D

2min

D

2

又は D

1min

D

1

の計算値と必ずしも一致していない。

(

2

)

めねじの谷の径の最小許容寸法は規定しないが,谷底と基準山形との間には,原則として多少のすきまを設
ける。

備考  この表の許容限界寸法及び公差の数値は,1.5以下のはめあい長さをもつ製品に対して適用する。


4

B 0212-1973

表 2  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差(3A の場合)

単位 mm

外  径

有  効  径

谷  の  径

ねじの呼び

(参  考)

基礎となる寸

法許容差 es(

3

)

d

max

d

min

T

d

 

d

2max

d

2min

T

d2

参考(

4

d

1max

d

1min

No. 0-80

UNF

1.524

1.443

0.081

1.318

1.286

0.032

1.135

No. 1-72

UNF

1.854

1.766

0.088

1.625

1.591

0.034

1.422

No. 2-64

UNF

2.184

2.088

0.096

1.927

1.890

0.037

1.695

No. 3-56

UNF

2.514

2.411

0.103

2.219

2.180

0.039

1.958

No. 4-48

UNF

2.844

2.731

0.113

2.501

2.457

0.044

2.194

No. 5-44

UNF

3.175

3.054

0.121

2.799

2.751

0.048

2.466

No. 6-40

UNF

3.505

3.376

0.129

3.093

3.043

0.050

5.725

No. 8-36

UNF

4.165

4.026

0.139

3.708

3.656

0.052

3.299

No. 10-32 UNF

4.826

4.674

0.152

4.310

4.252

0.058

3.853

No. 12-28 UNF

5.486

5.322

0.164

4.897

4.837

0.060

4.373

1

/

4

-28 UNF

6.350

6.185

0.165

5.760

5.698

0.062

5.237

5

/

16

-24 UNF

7.937

7.755

0.182

7.249

7.181

0.068

6.639

3

/

8

-24 UNF

9.525

9.343

0.182

8.836

8.763

0.073

8.227

7

/

16

-20 UNF

11.112

10.907

0.205

10.287

10.208

0.079

9.555

1

/

2

-20 UNF

12.700

12.494

0.206

11.874

11.794

0.080

11.142

9

/

16

-18

UNF

14.287 14.067

0.220

13.370

13.285

0.085 12.555

5

/

8

-18

UNF

15.875 15.655

0.220

14.958

14.870

0.088 14.142

3

/

4

-16

UNF

19.050 18.812

0.238

18.018

17.923

0.095 17.101

7

/

8

-14

UNF

22.225 21.964

0.261

21.046

20.943

0.103 19.999

 1

-12

UNF

25.400 25.111  0.289

24.025

23.915

0.110 22.804

1

1

/

8

-12 UNF

28.575

28.285

0.289

27.200

27.087

0.113

25.979

1

1

/

4

-12 UNF

31.750

31.461

0.289

30.375

30.260

0.115

29.154

1

3

/

8

-12 UNF

34.925

34.636

0.289

33.550

33.432

0.118

32.329

1

1

/

2

-12 UNF

0

38.100 37.811

0.289

36.725

36.604

0.121 35.504

(

3

)

この欄の数値は,d

max

又は d

2max

d

2

の計算値と必ずしも一致していない。

(

4

)

おねじの谷底切り取り高さを H/6(はとがり山の高さ)とする場合の最大許容寸法を,参考のために掲げ

る。

備考1.  おねじの山頂のかどには,原則として丸みを付けないが,製作の都合上0.1を超えない範囲内で丸みが付

いていても差し支えない。

2.

動的強さが問題になるねじでは,おねじの谷の部分に 0.1以上の丸みを付ける。

3.

この

表の許容限界寸法及び公差の数値は,1.5以下のはめあい長さをもつ製品に対して適用する。


5

B 0212-1973

表 3  ユニファイ組目ねじの許容限界寸法及び公差(2B の場合)

単位 mm

谷  の  径

有  効  径

内  径

ねじの呼び

(参  考)

基 礎 と な る 寸

法許容差 EI(

1

)

D

max

D

min

D

2max

D

2min

T

D2

D

1max

D

1min

T

D1

No. 0-80

UNF

1.376

1.319

0.057

1.305

1.182

0.123

No. 1-72

UNF

1.689

1.626

0.063

1.612

1.474

0.138

No. 2-64

UNF

1.996

1.928

0.068

1.912

1.756

0.156

No. 3-56

UNF

2.291

2.220

0.071

2.197

2.025

0.172

No. 4-48

UNF

2.580

2.502

0.078

2.458

2.271

0.187

No. 5-44

UNF

2.880

2.800

0.080

2.740

2.551

0.189

No. 6-40

UNF

3.180

3.094

0.086

3.022

2.820

0.202

No. 8-36

UNF

3.799

3.709

0.090

3.606

3.404

0.202

No. 10-32 UNF

4.409

4.311

0.098

4.165

3.963

0.202

No. 12-28 UNF

5.003

4.898

0.105

4.724

4.496

0.228

1

/

4

-28 UNF

5.869

5.761

0.108

5.588

5.360

0.228

5

/

16

-24 UNF

7.371

7.250

0.121

7.035

6.782

0.253

3

/

8

-24 UNF

8.961

8.837

0.124

8.636

8.382

0.254

7

/

16

-20 UNF

10.424

10.287

0.137

10.033

9.729

0.304

1

/

2

-20 UNF

12.016

11.875

0.141

11.607

11.329

0.278

9

/

16

-18 UNF

13.520

13.371

0.149

13.081

12.751

0.330

5

/

8

-18 UNF

15.110

14.959

0.151

14.681

14.351

0.330

3

/

4

-16 UNF

18.183

18.019

0.164

17.678

17.323

0.355

7

/

8

-14 UNF

21.224

21.047

0.177

20.675

20.270

0.405

 1

-12

UNF

24.218

24.026

0.192

23.571 23.114  0.457

1

1

/

8

-12 UNF

27.398

27.201

0.197

26.746

26.289

0.457

1

1

/

4

-12 UNF

30.579

30.376

0.203

29.921

29.464

0.457

1

3

/

8

-12 UNF

33.759

33.551

0.208

33.096

32.639

0.457

1

1

/

2

-12 UNF

0

(

2

参 

36.936

36.726

0.210

36.271 35.814  0.457

(

1

)

この欄の数値は,D

2min

D

2

又は D

1min

D

1

の計算値と必ずしも一致していない。

(

2

)

めねじの谷の径の最小許容寸法は規定しないが,谷底と基準山形との間には,原則として多少のすきまを設
ける。

備考  この表の許容限界寸法及び公差の数値は,1.5以下のはめあい長さをもつ製品に対して適用する。


6

B 0212-1973

表 4  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差(2A の場合)

単位 mm

外  径

有  効  径

谷  の  径

ねじの呼び

(参  考)

基 礎 と な る 寸

法許容差 es(

3

)

d

max

d

min

T

d

 

d

2max

d

2min

T

d2

(参考)

(

4

d

1max

d

1min

No. 0-80

UNF

−0.014 1.511

1.431

0.080

1.305

1.260

0.045

1.122

No. 1-72

UNF

−0.016 1.838

1.751

0.087

1.610

1.563

0.047

1.407

No. 2-64

UNF

−0.016 2.169

2.073

0.096

1.912

1.862

0.050

1.681

No. 3-56

UNF

−0.018 2.496

2.393

0.103

2.202

2.147

0.055

1.940

No. 4-48

UNF

−0.018 2.827

2.713

0.114

2.484

2.424

0.060

2.176

No. 5-44

UNF

−0.019 3.157

3.036

0.121

2.781

2.718

0.063

2.448

No. 6-40

UNF

−0.021 3.484

3.356

0.128

3.073

3.008

0.065

2.705

No. 8-36

UNF

−0.021 4.145

4.006

0.139

3.688

3.617

0.071

3.279

No. 10-32 UNF

−0.024 4.803

4.651

0.152

4.287

4.212

0.075

3.830

No. 12-28 UNF

−0.027 5.461

5.296

0.165

4.871

4.791

0.080

4.348

1

/

4

-28 UNF

−0.026 6.324

6.160

0.164

5.735

5.652

0.083

5.212

5

/

16

-24 UNF

−0.029 7.909

7.727

0.182

7.221

7.128

0.093

6.611

3

/

8

-24 UNF

−0.029 9.497

9.315

0.182

8.808

8.713

0.095

8.199

7

/

16

-20 UNF

−0.033 11.079

10.874

0.205

10.254

10.147

0.107 9.522

1

/

2

-20 UNF

−0.034 12.666

12.462

0.204

11.841

11.732

0.109

11.109

9

/

16

-18 UNF

−0.036 14.251

14.031

0.220

13.335

13.221

0.114

12.519

5

/

8

-18 UNF

−0.037 15.839

15.619

0.220

14.922

14.804

0.118

14.107

3

/

4

-16 UNF

−0.039 19.011

18.774

0.237

17.980

17.854

0.126

17.063

7

/

8

-14 UNF

−0.042  22.184 21.923

0.261

21.005

20.869

0.136 19.959

 1

-12

UNF

−0.046  25.354 25.065

0.289

23.980

23.831

0.149 22.758

1

1

/

8

-12 UNF

−0.046  28.529 28.240

0.289

27.155

27.003

0.152 25.933

1

1

/

4

-12 UNF

−0.046  31.704 31.415

0.289

30.330

30.173

0.157 29.108

1

3

/

8

-12 UNF

−0.049  34.876 34.588

0.288

33.502

33.343

0.159 32.280

1

1

/

2

-12 UNF

−0.049  38.051 37.763

0.288

36.677

36.516

0.161 35.455

(

3

)

この欄の数値は,d

max

又は d

2max

d

2

の計算値と必ずしも一致していない。

(

4

)

おねじの谷底切り取り高さを H/6(はとがり山の高さ)とする場合の最大許容寸法を,参考のために掲げ
る。

備考1.  おねじの山頂のかどには,原則として丸みを付けないが,製作の都合上0.1を超えない範囲内で丸みが付

いていても差し支えない。

2.

動的強さが問題になるねじでは,おねじの谷の部分に 0.1以上の丸みを付ける。

3.

この

表の許容限界寸法及び公差の数値は,1.5以下のはめあい長さをもつ製品に対して適用する。


7

B 0212-1973

表 5  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差(1B の場合)

単位 mm

谷  の  径

有  効  径

内  径

ねじの呼び

(参  考)

基 礎 と な る 寸

法許容差 EI(

1

)

D

max

D

min

D

2max

D

2min

T

D2

D

1max

D

1min

T

D1

1

/

4

-28 UNF

5.925

5.761

0.164

5.588

5.360

0.228

5

/

16

-24 UNF

7.429

7.250

0.179

7.035

6.782

0.253

3

/

8

-24 UNF

9.024

8.837

0.187

8.636

8.382

0.254

7

/

16

-20 UNF

10.492

10.287

0.205

10.033

9.729

0.304

1

/

2

-20 UNF

12.087

11.875

0.212

11.607

11.329

0.278

9

/

16

-18 UNF

13.596

13.371

0.225

13.081

12.751

0.330

5

/

8

-18 UNF

15.189

14.959

0.230

14.681

14.351

0.330

3

/

4

-16 UNF

18.267

18.019

0.248

17.678

17.323

0.355

7

/

8

-14 UNF

21.315

21.047

0.268

20.675

20.270

0.405

 1

-12

UNF

24.315

24.026

0.289

23.571 23.114  0.457

1

1

/

8

-12 UNF

27.498

27.201

0.297

26.746

26.289

0.457

1

1

/

4

-12 UNF

30.680

30.376

0.304

29.921

29.464

0.457

1

3

/

8

-12 UNF

33.863

33.551

0.312

33.096

32.639

0.457

1

1

/

2

-12 UNF

0

(

2

参 

37.043

36.726

0.317

36.271 35.814  0.457

(

1

)

この欄の数値は,D

2min

D

2

又は D

1min

D

1

の計算値と必ずしも一致していない。

(

2

)

めねじの谷の径の最小許容寸法は規定しないが,谷底と基準山形との間には,原則として多少のすきまを設

ける。

備考  この表の許容限界寸法及び公差の数値は,1.5以下のはめあい長さをもつ製品に対して適用する。

2. No.0-80UNF

∼No.12-28UNF の 1B ねじに対する許容限界寸法及び公差は,規定しない。

表 6  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差(1A の場合)

単位 mm

外  径

有  効  径

谷  の  径

ねじの呼び

(参  考)

基 礎 と な る 寸

法許容差 es(

3

)

d

max

d

min

T

d

 

d

2max

d

2min

T

d2

(参考)

(

4

d

1max

d

1min

1

/

4

-28 UNF

0.026

6.324 6.076

0.248

5.735

5.609

0.126 5.212

5

/

16

-24 UNF

0.029

7.909 7.636

0.273

7.221

7.082

0.139 6.611

3

/

8

-24 UNF

0.029

9.497 9.223

0.274

8.808

8.664

0.144 8.199

7

/

16

-20 UNF

0.033

11.079 10.770

0.309

10.254

10.096

0.158  9.522

1

/

2

-20 UNF

0.034

12.666 12.358

0.308

11.841

11.679

0.162 11.109

9

/

16

-18 UNF

0.036

14.251 13.920

0.331

13.335

13.163

0.172 12.519

5

/

8

-18 UNF

0.037

15.839 15.507

0.332

14.922

14.745

0.177 14.107

3

/

4

-16 UNF

0.039

19.011 18.652

0.359

17.980

17.791

0.189 17.063

7

/

8

-14 UNF

0.042

22.184 21.791

0.393

21.005

20.801

0.204 19.959

 1

-12

UNF

0.046

25.354 24.918

0.436

23.980

23.757

0.223 22.758

1

1

/

8

-12 UNF

0.046

28.529 28.093

0.436

27.155

26.927

0.228 25.933

1

1

/

4

-12 UNF

0.046

31.704 31.268

0.436

30.330

30.097

0.233 29.108

1

3

/

8

-12 UNF

0.049

34.876 34.440

0.436

33.502

33.264

0.238 32.280

1

1

/

2

-12 UNF

0.049

38.051 37.615

0.426

36.677

36.434

0.243 35.455


8

B 0212-1973

単位 mm

外  径

有  効  径

谷  の  径

ねじの呼び

(参  考)

基 礎 と な る 寸
法許容差 es(

3

)

d

max

d

min

T

d

 

d

2max

d

2min

T

d2

(参考)

(

4

d

1max

d

1min

(

3

)

この欄の数値は,d

max

又は d

2max

d

2

の計算値と必ずしも一致していない。

(

4

)

おねじの谷底切り取り高さを H/6(はとがり山の高さ)とする場合の最大許容寸法を,参考のために掲げ
る。

備考1.  おねじの山頂のかどには,原則として丸みを付けないが,製作の都合上0.1を超えない範囲内で丸みが付

いていても差し支えない。

2.

動的強さが問題になるねじでは,おねじの谷の部分に 0.1以上の丸みを付ける。

3.

この

表の許容限界寸法及び公差の数値は,1.5以下のはめあい長さをもつ製品に対して適用する。

4. No.0-80UNF

∼No.12-28UNF の 1A ねじに対する許容限界寸法及び公差は,規定しない。


9

B 0212-1973

機械要素部会  ねじ基本専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

山  本      晃

東京工業大学精密工学研究所

吉  本      勇

東京工業大学精密工学研究所

北  郷      薫

東京大学工学部

益  田      亮

相模工業大学工学部

渡  辺  昭  俊

横浜国立大学工学部

河  崎  鴨太郎

宇田川  鉦  作

日本ねじ研究協会

西  村  伸  二

財団法人日本規格協会

飯  島  健  一

日本鉄鋼連盟

武  藤  孝  治

榎  本  善四郎

社団法人日本ねじ工業協会

山  本      肇

株式会社弥満和製作所

中  島  克  巳

蕨特殊鉄鋼株式会社

稲  葉  元  成

株式会社東京螺子製作所

黒  田  彰  一

黒田精工株式会社

中  村  義  則

株式会社大岡製作所

岩  田  勇  吉

岩田ボールト工業株式会社

深  沢  新  平

株式会社深沢ネジ

小山田      昭

日本鋼管株式会社京浜製作所

浜  島      滋

日本国有鉄道車両設計事務所

池  田  栄  一

社団法人日本電設工業協会

林      武  治

日本航空工業会

高  橋      豊

日本工作機械工業会

吉  田  恵  一

通信機械工業会

菅  沼  義  方

オリエント時計株式会社

萩  野  義  治

財団法人日本船舶標準協会

長谷川      清

トヨタ自動車工業株式会社

中  島  元  夫

社団法人日本農業機械工業会

坂  本  武  男

社団法人日本産業機械工業会

内  山  友  和

日本電信電話公社技術局

島  根  光  明

株式会社本田技術研究所

小  島  順  平

社団法人日本機械工業連合会

東  林  健  三

光学工業技術研究組合

武  市      武

電子機械工業会

平  松  精  一

社団法人日本電機工業会

中  村  智  男

日本ねじ研究協会

(関係者)

小  田  富三郎

財団法人日本写真機検査協会

中  条  義  道

日本光学測定工業会

岩  田  憲  雄

社団法人日本事務機械工業会

森      勇  喜

日本顕微鏡工業会

元  持  邦  之

シチズン時計株式会社

小  川  浩  一

株式会社第二精工舎

(事務局)

菅  原  淳  夫

工業技術院標準部機械規格課

伊  東      厚

工業技術院標準部機械規格課