>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0202 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS B 0202-1982 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,改正された国際規格との整合を図った。

JIS B 0202

には,次に示す附属書がある。

附属書(規定)  ISO 228-1 に規定されていない管用平行ねじ


日本工業規格

JIS

 B

0202

 : 1999

管用平行ねじ

Parallel pipe threads

序文  この規格は,1994 年に第 3 版として発行された ISO 228-1, Pipe threads where pressure-tight joints are

not made on the threads

−Part 1 : Dimensions, tolerances and designation を元に,本体には国際規格の技術的内

容を変更することなく作成した日本工業規格である。また,附属書(規定)には,従来,日本工業規格で

規定していた種類とこれらの形状・寸法,表し方及び検査とを規定している。

なお,点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,管用(

1

)

平行ねじについて規定したもので,管,管用部品,流体機器などの接

合において,機械的結合を主目的とするねじ(

2

)

に適用する。

なお,ねじの呼び PF

1

/

8

∼PF6 の管用平行めねじ B 級,及び PF7∼PF12 の管用平行ねじは,

附属書(規

定)による。

(

1

)

“くだよう”と読む。

(

2

)

電線管その他,特定のもののねじには適用しない。

備考1.  ねじ部の耐密性を主目的とする管用ねじは,JIS B 0203による。

2.

ねじは,この規格の本体に規定するものを優先して使用する。

3.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 228-1 : 1994 Pipe threads where pressure-tight joints are not made on the threads

−Part 1 :

Dimensions, tolerances and designation

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 0254

  管用平行ねじゲージ

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0101 による。

4.

種類・等級  管用平行ねじの種類は,管用平行おねじ及び管用平行めねじ(

3

)

とし,管用平行おねじの

等級は,有効径の寸法許容差によって,A 級と B 級とに区分する。

(

3

)

この管用平行めねじは,管用平行おねじに対して使用するもので,JIS B 0203に規定する管用平

行めねじとは寸法許容差が異なる。


2

B 0202 : 1999

5.

形状・寸法及び寸法許容差

5.1

基準山形,基準寸法及び寸法許容差  管用平行ねじの基準山形及び基準寸法は付表 に,寸法許容

差は

付表 による。

5.2

ねじ山の形状  ねじは,山の項を許容差の範囲内で切り取った形状を標準とする(付表 参照)。た

だし,めねじで,JIS B 0203 に規定する管用テーパおねじと接合する可能性のある場合を除く。

備考  このような場合のめねじの長さは,JIS B 0203 に規定するめねじの長さ以上でなくてはならな

い。

参考  この規格の管用平行おねじと,JIS B 0203 に規定する管用平行めねじとを組み合わせる場合は,

関連する製品規格で JIS B 0203 に規定するめねじの寸法許容差を考慮しなければならない。

このようなねじの組合せでは,耐密性を確保できないことがある。

6.

表し方  この規格の本体によるねじの表し方は,付表 に示すねじの呼びによる。ただし,おねじの

場合は,ねじの呼びの後に等級を表す記号(A 又は B)をつける。

左ねじの場合は,更にそれらの後に LH の記号をつける。

1.  おねじ A 級の場合  G1

1

/

2

A

2.  おねじ B 級の場合  G1

1

/

2

B

3.  めねじの場合  G1

1

/

2

4.  左ねじの場合  G1

1

/

2

ALH

7.

検査  この規格によって製作したねじの検査は,原則として JIS B 0254 に規定する平行ねじゲージに

よる。


3

B 0202 : 1999

付表 1  基準山形及び基準寸法

単位 mm

おねじ

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

めねじ

ねじの呼び

ねじ山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(参考)

ねじ山の高

h

山の頂及び

谷の丸み

r

谷の径

D

有効径

D

2

内径

D

1

G

1

/

16

 28

0.9

1

0.581

0.12

7.723

7.142

6.561

G

1

/

8

 28

0.9

1

0.581

0.12

9.728

9.147

8.566

G

1

/

4

 19

1.3

8

0.856

0.18

13.157

12.301

11.445

G

3

/

8

 19

1.3

8

0.856

0.18

16.662

15.806

14.950

G

1

/

2

 14

1.8

3

1.162

0.25

20.955

19.793

18.631

G

5

/

8

 14

1.8

3

1.162

0.25

22.911

21.749

20.587

G

3

/

4

 14

1.8

3

1.162

0.25

26.441

25.279

24.117

G

7

/

8

 14

1.8

3

1.162

0.25

30.201

29.039

27.877

G1 11

2.3

1

1.479

0.32

33.249

31.770

30.291

G1

1

/

8

 11

2.3

1

1.479

0.32

37.897

36.418

34.939

G1

1

/

4

 11

2.3

1

1.479

0.32

41.910

40.431

38.952

G1

1

/

2

 11

2.3

1

1.479

0.32

47.803

46.324

44.845

G1

3

/

4

 11

2.3

1

1.479

0.32

53.746

52.267

50.788

G2 11

2.3

1

1.479

0.32

59.614

58.135

56.656

G2

1

/

4

 11

2.3

1

1.479

0.32

65.710

64.231

62.752

G2

1

/

2

 11

2.3

1

1.479

0.32

75.184

73.705

72.226

G2

3

/

4

 11

2.3

1

1.479

0.32

81.534

80.055

78.576

G3 11

2.3

1

1.479

0.32

87.884

86.405

84.926

G3

1

/

2

 11

2.3

1

1.479

0.32

100.330

98.851

97.372

G4 11

2.3

1

1.479

0.32

113.030

111.551

110.072

G4

1

/

2

11

2.309

1

1.479

0.32

125.730 124.251 122.772

G5

11

2.309

1

1.479

0.32

138.430 136.951 135.472


4

B 0202 : 1999

単位 mm

おねじ

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

めねじ

ねじの呼び

ねじ山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(参考)

ねじ山の高

h

山の頂及び

谷の丸み

r

谷の径

D

有効径

D

2

内径

D

1

G5

1

/

2

11

2.309

1

1.479

0.32

151.130 149.651 148.172

G6

11

2.309

1

1.479

0.32

163.830 162.351 160.872

付表 2  寸法許容差

単位

µm

おねじ

めねじ

外径 d

有効径(

4

)

d

2

谷の径

d

1

谷の径

D

有効径(

4

)

D

2

内径

D

1

下の許容差

ねじの

呼び

ねじ

山数

25.4

mm

つき

n

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差  A 級

B

上の

許容差

下の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

    G

1

/

16

 28

0

−214 0 −107

−214

0 0 0

+107 0 +282

    G

1

/

8

 28

0

−214 0 −107

−214

0 0 0

+107 0 +282

    G

1

/

4

 19

0

−250 0 −125

−250

0 0 0

+125 0 +445

    G

3

/

8

 19

0

−250 0 −125

−250

0 0 0

+125 0 +445

    G

1

/

2

 14

0

−284 0 −142

−284

0

0

0

+142 0 +541

    G

5

/

8

 14

0

−284 0 −142

−284

0  0  0

+142 0 +541

    G

3

/

4

 14

0

−284 0 −142

−284

0  0  0

+142 0 +541

    G

7

/

8

 14

0

−284 0 −142

−284

0  0  0

+142 0 +541

   G1

11

0

−360 0 −180

−360

0  0  0

+180 0 +640

   G1

1

/

8

 11

0

−360 0 −180

−360

0  0  0

+180 0 +640

   G1

1

/

4

 11

0

−360 0 −180

−360

0  0  0

+180 0 +640

   G1

1

/

2

 11

0

−360 0 −180

−360

0  0  0

+180 0 +640

   G1

3

/

4

 11

0

−360 0 −180

−360

0  0  0

+180 0 +640

   G2

11

0

−360 0 −180

−360

0  0  0

+180 0 +640

   G2

1

/

4

 11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G2

1

/

2

 11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640


5

B 0202 : 1999

単位

µm

おねじ

めねじ

外径 d

有効径(

4

)

d

2

谷の径

d

1

谷の径

D

有効径(

4

)

D

2

内径

D

1

下の許容差

ねじの

呼び

ねじ

山数

25.4

mm

つき

n

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差  A 級

B

上の

許容差

下の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

   G2

3

/

4

 11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G3

11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G3

1

/

2

 11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G4

11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G4

1

/

2

 11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G5

11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G5

1

/

2

 11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

   G6

11

0

−434 0 −217

−434

0  0  0

+217 0 +640

(

4

)

薄肉の製品に対しては,この許容差は互いに直角の方向に測った二つの有効径の平均値に対して適用する。

備考  この表では,山の半角の許容差及びピッチの許容差は特に定めていないが,これらは有効径に換算して有

効径の公差中に含めてある。


6

B 0202 : 1999

附属書(規定)  ISO 228-1 に規定されていない管用平行ねじ

1.

適用範囲  この附属書は,ISO 228-1 に規定されていない管用平行ねじについて規定したもので,管,

管用部品,流体機器などの接続において機械的結合を主目的とするねじに適用する。

なお,この

附属書のねじは,次回改正時に廃止年限を明らかにする。

備考  ねじ部の耐密性を主目的とする管用ねじは,JIS B 0203 による。

2.

種類・等級  管用平行ねじの種類は,管用平行おねじ及び管用平行めねじ(

1

)

とし,その等級は,それ

ぞれ有効径の寸法許容差によって,A 級と B 級とに区分する(

2

)

(

1

)

この管用平行めねじは,管用平行おねじに対して使用するもので,JIS B 0203

附属書1(規定)

に規定する管用平行めねじとは寸法許容差が異なる(

2

)

(

2

)

ねじの呼び PF

1

/

8

∼PF6 のめねじ A 級は規定しないが,その寸法許容差は,本体の

付表 に規定

するねじの呼び G

1

/

8

∼G6 のめねじ有効径の許容差と同じである。

3.

基準山形,基準寸法及び寸法許容差  管用平行ねじの基準山形及び基準寸法は附属書付表 に,寸法

許容差は

附属書付表 による。

4.

表し方  この附属書によるねじの表し方は,次による。

附属書付表 に示すねじの呼び  −  等級を表す記号(A 又は B)

  例:PF1

1

/

2

−B

5.

検査  この附属書によって製作したねじの検査は,原則として JIS B 0254 の附属書(規定)に規定す

るねじ用限界ゲージによる。

附属書付表 1  基準山形及び基準寸法


7

B 0202 : 1999

単位 mm

おねじ

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

めねじ

ねじの呼び

ねじ山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(参考)

ねじ山の高さ

h

山の頂及び

谷の丸み

r

谷の径

D

有効径

D

2

内径

D

1

PF

1

/

8

 28 0.907

1 0.581 0.12 9.728 9.147 8.566

PF

1

/

4

 19 1.336

8 0.856 0.18 13.157 12.301 11.445

PF

3

/

8

 19 1.336

8 0.856 0.18 16.662 15.806 14.950

PF

1

/

2

 14 1.814

3 1.162 0.25 20.955 19.793 18.631

PF

5

/

8

 14 1.814

3 1.162 0.25 22.911 21.749 20.587

PF

3

/

4

 14 1.814

3 1.162 0.25 26.441 25.279 24.117

PF

7

/

8

 14 1.814

3 1.162 0.25 30.201 29.039 27.877

PF1 11 2.309

1 1.479 0.32 33.249 31.770 30.291

PF1

1

/

8

 11 2.309

1 1.479 0.32 37.897 36.418 34.939

PF1

1

/

4

 11 2.309

1 1.479 0.32 41.910 40.431 38.952

PF1

1

/

2

 11 2.309

1 1.479 0.32 47.803 46.324 44.845

PF1

3

/

4

 11 2.309

1 1.479 0.32 53.746 52.267 50.788

PF2 11 2.309

1 1.479 0.32 59.614 58.135 56.656

PF2

1

/

4

 11 2.309

1 1.479 0.32 65.710 64.231 62.752

PF2

1

/

2

 11 2.309

1 1.479 0.32 75.184 73.705 72.226

PF2

3

/

4

 11 2.309

1 1.479 0.32 81.534

80.055 78.576

PF3 11 2.309

1 1.479 0.32 87.884 86.405 84.926

PF3

1

/

2

 11 2.309

1 1.479 0.32 100.330 98.851 97.372

PF4 11 2.309

1 1.479 0.32 113.030 111.551 110.072

PF4

1

/

2

 11 2.309

1 1.479 0.32 125.730 124.251 122.772

PF5 11 2.309

1 1.479 0.32 138.430 136.951 135.472

PF5

1

/

2

 11 2.309

1 1.479 0.32 151.130 149.651 148.172

PF6 11 2.309

1 1.479 0.32 163.830 162.351 160.872

PF7 11 2.309

1 1.479 0.32 189.230 187.751 186.272

PF8 11 2.309

1 1.479 0.32 214.630 213.151 211.672

PF9 11 2.309

1 1.479 0.32 240.030 238.551 237.072

PF10 11 2.309

1 1.479 0.32 265.430 263.951 262.472

PF12 11 2.309

1 1.479 0.32 316.230 314.751 313.272

備考  表中の管用平行ねじを表す記号 PF は,必要に応じ省略してもよい。


8

B 0202 : 1999

附属書付表 2  寸法許容差

単位

µm

おねじ

めねじ

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

谷の径

D

有効径

D

2

内径

D

1

下の許容差

上の許容差

ねじの

呼び

ねじ 
山数

25.4

mm

つき

n

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差  A 級  B 級

上の

許容差

下の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差 A 級  B 級

下の

許容差

上の

許容差

PF

1

/

8

 28

0

−214

0

−107  −214

0

0

0

+107  +214

0

+282

PF

1

/

4

 19

0

−250

0

−125  −250

0

0

0

+125  +250

0

+445

PF

3

/

8

 19

0

−250

0

−125  −250

0

0

0

+125  +250

0

+445

PF

1

/

2

 14

0

−284

0

−142  −284

0

0

0

+142  +284

0

+541

PF

5

/

8

 14

0

−284

0

−142  −284

0

規 

し 
な 

0

規 

し 
な 

0

+142  +284

0

+541

PF

3

/

4

 14

0

−284

0

−142  −284

0

0

0

+142  +284

0

+541

PF

7

/

8

 14

0

−284

0

−142  −284

0

0

0

+142  +284

0

+541

PF1 11

0

−360

0

−180  −360

0

0

0

+180  +360

0

+640

PF1

1

/

8

 11

0

−360

0

−180  −360

0

0

0

+180  +360

0

+640

PF1

1

/

4

 11

0

−360

0

−180  −360

0

0

0

+180  +360

0

+640

PF1

1

/

2

 11

0

−360

0

−180  −360

0

0

0

+180  +360

0

+640

PF1

3

/

4

 11

0

−360

0

−180  −360

0

0

0

+180  +360

0

+640

PF2 11

0

−360

0

−180  −360

0

0

0

+180  +360

0

+640

PF2

1

/

4

 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF2

1

/

2

 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF2

3

/

4

 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF3 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF3

1

/

2

 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF4 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF4

1

/

2

 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF5 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF5

1

/

2

 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640

PF6 11

0

−434

0

−217  −434

0

0

0

+217  +434

0

+640


9

B 0202 : 1999

単位

µm

おねじ

めねじ

外径

d

有効径

d

2

谷の径

d

1

谷の径

D

有効径

D

2

内径

D

1

下の許容差

上の許容差

ねじの

呼び

ねじ

山数

25.4

mm

つき

n

上の

許容差

下の

許容差

上の

許容差  A 級  B 級

上の

許容差

下の

許容差

下の

許容差

上の

許容差

下の

許容差 A 級  B 級

下の

許容差

上の

許容差

PF7 11

0

−636

0

−318  −636

0

0

0

+318  +636

0

+640

PF8 11

0

−636

0

−318  −636

0

0

0

+318  +636

0

+640

PF9 11

0

−636

0

−318  −636

0

0

0

+318  +636

0

+640

PF10 11

0

−636

0

−318  −636

0

0

0

+318  +636

0

+640

PF12 11

0

−794

0

−397  −794

0

定 
し 

0

0

+397  +794

0

+800

備考1.  この表では,山の半角の許容差及びピッチの許容差は特に定めていないが,これらは有効径に換算して有効

径の公差中に含めてある。

2.

規格の本体に規定するねじを含めて互いに異なる等級のおねじとめねじとを組み合わせて使用することが

できる。

3.

この表における

の部分は,この附属書の規定外事項であるが,その許容差は,本体の

付表 に規定す

るねじの呼び G

1

/

8

∼G6 のおねじ及びめねじの許容差と同じである。しかし,ねじの呼びが異なっているの

で,ISO 規格との整合性上,使用しないのがよい。

JIS B 2301

ほか 2 規格改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

朝  田  泰  英

東京大学

(幹事)

渡  辺  宣  行

日立金属株式会社

小  谷  泰  久

通商産業省機械情報産業局

西  澤      滋

建設省大臣官房官庁営繕部

本  間      清

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

吉  本      勇

日本ねじ研究協会(東京工業大学名誉教授)

北  出  昭  二

高庄ガス保安協会

大  脇  錠  治

社団法人日本鉄鋼連盟(日本鋼管株式会社)

小笠原  静  夫

社団法人日本鉄道車輌工業会

福  谷  賢  一

社団法人日本バルブ工業会(東陶機器株式会社)

前  島      健

社団法人空気調和・衛生工学会(株式会社森村設計)

井  出  邦  康

社団法人日本ガス協会

本  野  光  彦

社団法人日本水道協会

板  垣  信  義

社団法人日本空調衛生工事業協会(斎久工業株式会社)

岩  下      廣

全国管工事協同組合連合会

大  槻      健

全国管工機材商業連合会(大槻機材株式会社)

藤  浪  昌  幸

日本鋼管継手株式会社

岡  崎  剛  夫

株式会社リケン

日  野  博  一

株式会社吉年

大  畑  博  義

東尾メック株式会社

池  中  芳  治

レッキス工業株式会社

(事務局)

大  山  康  郎

鉄管継手協会


10

B 0202 : 1999

JIS B 2301

ほか 2 規格改正原案作成委員会分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

渡  辺  宣  行

日立金属株式会社

藤  浪  昌  幸

日本鋼管継手株式会社

神  原  有  三

東亜高級継手バルブ製造株式会社

岡  崎  剛  夫

株式会社リケン

日  野  博  一

株式会社吉年

池  内      隆

株式会社中西可鍛鋳鉄所

京  田  広  則

帝国金属株式会社

上  坂  美  治

シーケー金属株式会社

大  畑  博  義

東尾メック株式会社

長  井  卓  夫

日立金属株式会社

(事務局)

大  山  康  郎

鉄管継手協会