>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 0202,

 B 02

03 :

199

9

 解

解説付表 1  JIS B 0202 と対応する国際規格との対比表 

JIS B 0202

  管用平行ねじ

ISO 228-1 : 1994

  ねじ部に耐密性が形成されない管用ねじ−第 1 部  寸法,寸法許容差及び呼び方

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  管用平行ねじを規定。管,管用部品,

液体機器などの接合において機械的

結合を主目的とするねじ。

PF

ねじを附属書に規定。

電線管その他特定のねじは適用外。

○ 締結用の大きさ 1/16∼6 の管用ねじの形状,

寸法,寸法許容差及び呼び方を規定。おね

じ,めねじとも平行で,継手,コック,バ
ルブなどの部品の機械的接合を目的とす
る。

ねじ部に耐密性を形成する接合用ねじとし
ては適さない。このねじによって耐密性を
得るには,ねじ部でない二つの密封面の押

付けと適切なシールの挿入によって行う。

= 附属書を除き同等。

(2)

引用規格

○  JIS B 0101

JIS B 0203

JIS B 0254

○ 受渡当事者は,引用規格の最新版の適用を

検討するよう推奨。

ISO 7-1 : 1994

参考文献として,

ISO 228-2 : 1987

ADP JIS

は用語規格を追加。

(3)

定義

○  ①用語:JIS B 0101 による。

○ ②記号:G(平行ねじ),A(きつい許容差等級),

B(

ゆるい許容差等級),H(とがり山の高さ)

など 17 種類。

ADP

JIS は用語の基本とし て

JIS B 0101

を規定。

JIS は記号を定義しな い
が,本文においてそれらを明

確に理解できる形で使用。

(4)

種類・等級

○  ①種類:管用平行おねじ及び管用平

行めねじ。

②等級:管用平行おねじの A 級及び

B

級。

○ ①平行おねじ及び平行めねじ。

②許容差によって A 級と B 級。

≡ ①②一致。


 

2

B 0202,

 B020

3 : 
1999

 解

解説付表 1  JIS B 0202 と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(5)

形状・寸法及
び 寸 法 許 容

○  ①基準山形,基準寸法及び寸法許容

差を規定。 
④ねじの山の頂は,許容差の範囲内

で切り取った形状を標準とする。た
だし,JIS B 0203 のおねじと接合す
る可能性のあるめねしを除く。

JIS B 0203 のおねじと接合される
可能性のあるめねじは,JIS B 0203
に規定する長さ以上でなくてはなら

ない。 
⑨薄肉の部品に対しては,互いに直
角に測った有効径の平均に対し許容

差を適用。

○ ①寸法及び寸法許容差を規定。

②基準山形は,ISO 7-1 の平行ねじに同じ。
③特記ない限り右ねじを規定。

④ねじは,許容差限度まで切り取った山の
頂をもった切取り形が標準。ただし,ISO 7-1
のおねじと接合される可能性のあるめねじ

を除く。 
ISO 7-1 のおねじと接合される可能性のあ
るめねじは,ISO 7-1 に規定する長さ以上で

なくてはならない。 
⑥めねじ有効径の許容差は,ISO 7-1 の径の
上の許容差に等しい。ただし,大きさ 1/16,

1/8

,1/4 及び 3/8 はそれよりも大きい値が規

定されている。 
⑦おねじ A 級の許容差はすべてマイナス側

で,めねじに対する値に等しい。B 級の許容
差は A 級の 2 倍。 
⑧A 級 B 級の選択は,ISO 228-1 を規定する

製品規格で行う。 
⑨薄肉の部品に対しては,互いに直角に測
った有効径の平均に対し許容差を適用。

ADP

ADP

①寸法及び寸法許容差の規
定内容は同等。 
JIS は,形状は付表に反映

し同等。 
JIS は,左ねじも含んだ規
定で,右ねじの記述はせず。

④ねじ切取り形を標準とす
ることは同等。 
⑤テーパおねじと接合され

るめねじの長さは同等。 
⑥⑦JIS は,許容差は付表に
反映し同等。

JIS は,必要なしとみて規
定せず。 
⑨薄肉品の扱いは一致。

(6)

表し方

○  ①G の記号,続けて大きさ。おねじ

の場合はその次に等級を表す記号(A

又は B)。 
②左ねじは LH の記号を追加。

○ ①“管用ねじ”−“ISO 228”−“G”−大

きさ−おねじの場合“A”又は“B”

②左ねじは LH の記号を追加。


①ねじの表し方は同等。 
②左ねじの表し方は一致。

(7)

検査

○  原則として JIS B 0254 のゲージによ

る。

ADP ISO

は,ISO 228-2 を参照す

るだけで規定していない。


 

3

B 0202,

 B 02

03 :

199

9

 解

解説付表 1  JIS B 0202 と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(8)

その他

○  おねじを JIS B 0203 の平行めねじと

接合する場合の注意事項を,参考と
して記述。

○ おねじを ISO 7-1 の平行めねじと接合する

場合は,製品規格で ISO 7-1 のめねじの寸法
許容差を考慮すること。

このような接合においては耐密性が得られ
ないこともある。

= JIS は同等の内容を参考とし

て記述。

参考などで扱うべき事項と
考えられる。

(9)

附 属 書 ( 規
定)

○ PF ねじの適用範囲,種類・等級,基

準山形,基準寸法及び寸法許容差,
表し方及び検査を規定。

ADP ISO

にはない。 PF ねじには,めねじ寸法許

容差に ISO の許容差の 2 倍
相当の B 級が規定されてお

り,これがまだ広く使用され
ている。期限を付して存続と
し,製品規格での対応を待つ

こととする。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄は,JIS と国際規格との技術的内容の整合性評価を示し,その記号の意味は次のとおりである。 
≡:一致  =:同等  ADP:国際規格を採用


 

4

B 0202,

 B020

3 : 
1999

 解

解説付表 2  JIS B 0203 と対応する国際規格との対比表 

JIS B 0203

  管用テーパねじ

ISO 7-1 : 1994

  ねじ部に耐密性が形成される管用ねじ−第 1 部  寸法,寸法許容差及び呼び方

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  管用テーパねじを規定。管,管用部

品,液体機器などの接合においてね

じ部の耐密性を主目的とするねじ。

PT/PS

ねじを附属書に規定。

油井管その他特定のねじは適用外。

○ ねじの結合によって耐密接合の得られる大

きさ 1/16∼6 の管用ねじの形状,寸法,寸法

許容差及び呼び方を規定。テーパおねじ,
平行めねじ及びテーパめねじで,管,バル
ブ,継手などのねじにより接合される配管

機器に使用することを目的とする。耐密性
を確保するために適切な充てん剤を用いる
こと。

= 附属書を除き同等。

(2)

引用規格

○  JIS B 0101

JIS B 0202

JIS B 0253

○ 受渡当事者は,引用規格の最新版の適用を

検討するよう推奨。

ISO 7-2 : 1982

参考文献として,

ISO 228-1 : 1994

ADP JIS

は,用語規格を追加。

(3)

定義

○  ①用語:JIS B 0101 に加えて次によ

る。

基準径,主円すい,基準面(基準径の
位置),基準長さ,参照面,完全ねじ
部,不完全ねじ部,切上げねじ部,

有効ねじ部,接合しろ,工具締めし

○ ①用語:基準径,主円すい,基準面,基準

長さ,参照面,完全ねじ部,不完全ねじ部,

切上げねじ部,有効ねじ部,接合しろ,工
具締付しろ 
②記号:R

p

(

平行めねじ),R

c

(

テーパめねじ),

R(

テーパおねじ),P(ピッチ),H(とがり山の

高さ)など 15 種類。

ADP

JIS は,用語の基本として

JIS B 0101

を引用。

JIS は,記号を定義しない
が,本文においてそれらを明
確に理解できる形で使用。

(4)

種類

○  管用テーパおねじ,管用テーパめね

じ及び管用平行めねじ。

○ テーパおねじ,平行めねじ及びテーパめね

じ。

≡ 一致。


 

5

B 0202,

 B 02

03 :

199

9

 解

解説付表 2  JIS B 0203 と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(5)

形状・寸法及
び 寸 法 許 容

○  ①基準山形,基準寸法及び寸法許容

差を規定。 
⑤おねじ有効長さは,基準長さの最

小値に接合しろを加えたもの以上で
なくてはならない。 
⑥テーパめねじの基準面からの有効

長さは,基準長さの最大値に工具締
めしろを加えたもの以上でなくては
ならない。平行めねじの端面からの

有効長さは,基準長さの最大値に接
合しろを加えたもの以上でなくては
ならない。

⑦ぬすみのあるめねじの場合の有効
長さは,基準長さの最小値に接合し
ろを加えたものの 80%以上でなくて

はならない。 
⑧めねじ基準径の位置は端面。

○ ①寸法及び寸法許容差を規定。ねじの形状

を規定。 
②平行ねじの形状を規定。軸線を含む断面

上で測ったフランク間の角度は 55°で,山
の頂及び谷底において等しい半径でフラン
クに接する丸みをもったねじ山形。

③テーパねじの形状を規定。テーパは直径
上で測って 1:16,軸線を含む断面上で測っ
たフランク間の角度は 55°で,各フランク

が軸線となす角は等しい。山の頂及び谷底
において等しい半径でフランクに接する丸
みをもったねじ山形で,山の高さは平行ね

じと同じ。 
④特記ない限り右ねじを規定。 
⑤おねじの有効長さは実用上,完全ねじ長

さと不完全ねじ長さの和から切上げ長さを
引いたもの。おねじ有効長さは,基準長さ
の最小値に接合しろを加えたもの以上でな

くてはならない。 
⑥めねじをもつ部品は,最大有効長さをも
つおねじを受入れることができるように設

計しなければならない。 
⑦ぬすみのあるめねじの場合の最小長さ
は,おねじの最小有効長さの 80%以上でな

くてはならない。 
⑧めねじ基準径の位置は端面より半ピッチ
内側。

ADP

①寸法及び寸法許容差の規
定内容は同等。 
②③JIS は,形状は付表に反

映し同等。 
JIS は,左ねじも含んだ規
定で,右ねじの記述はせず。

JIS は,おねじ有効長さは
付表にも反映し同等。 
JIS は,めねじ有効長さを

テーパと平行とに分けて規
定。 
⑦ぬすみのある場合のめね

じ有効長さは同等。 
JIS は,めねじ基準径の位
置は端面。

⑧めねじ基準径の位置:ISO 

7-2

のゲージが未改正で ISO 

7-1

と合わない。改正前の

ISO 7-1

のままとし,テーパ

めねじ基準径の位置を端面
に戻すことを ISO に提案す

る。

(6)

表し方

○  ①管用テーパおねじは R,管用テー

パめねじは R

c

,管用平行ねじは R

p

の記号,続けて大きさ。 
②左ねじは LH の記号を追加。

○ ①“管用ねじ”−“ISO 7”−“R

p

“R

c

又は“R”−大きさ

②左ねじは LH の記号を追加。


①ねじの表し方は同等。 
②左ねじの表し方は一致。


 

6

B 0202,

 B020

3 : 
1999

 解

解説付表 2  JIS B 0203 と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(7)

検査

○  原則として JIS B 0253 のゲージによ

る。

○ ISO 7-2 によるゲージを用いること。常に参

照面との関係で判定する。

= 同等。

(8)

その他

○  平行めねじを JIS B 0202 のおねじと

接合する場合の注意事項を参考とし
て記述。

○ 平行めねじを ISO 228-1 のおねじと接合す

る場合は,それを使用する製品規格で,め
ねじの寸法許容差を考慮すること。

このような接合においては耐密性が得られ
ないこともある。

= JIS は,同等の内容を参考と

して記述。

参考などで扱うべき事項と
考えられる。

(9)

附属書 1(規

定)

○ PT/PS ねじの適用範囲,種類,基準

山形,基準寸法及び寸法許容差,表
し方及び検査を規定。

ADP ISO

にはない。

ねじそのものは,PT/PS と

R/R

c

/R

p

で違いはないので,

ねじの表記だけ R/R

c

/R

p

し,実際には PT/PS 用ゲー

ジで管理しているのが実状
である。PT/PS ゲージから

R/R

c

/R

p

ゲ ー ジ へ の 切 替 え

を,考慮し,期限付き存続と
する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄は,JIS と国際規格との技術的内容の整合性評価を示し,その記号の意味は次のとおりである。 
≡:一致  =:同等  ADP:国際規格を採用  ≠:同等でない(“ADP”に該当する場合を除く)