>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0176-2 : 2002

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工具工業会 (JSCTA) /財団法人日本規

格協会 (JSA) から工業標準原案を具して日本工業規格を改正して部編成に分割制定すべきとの申出があ

り,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。これによって,JIS 

B 0176 : 1996

は廃止され,JIS B 0176-1に置き換えられる。

今回の制定は,日本工業規格を国際規格に整合させるため,JIS B 0176-2 は ISO 5968 : 1981, Circular

screwing dies

−Terminology(ねじ切り丸ダイス−用語)を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 0176-2

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 0176

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

0176-1

  第 1 部:タップ

JIS

B

0176-2

  第 2 部:ねじ切りダイス

JIS

B

0176-3

  第 3 部:チェーザ

JIS

B

0176-4

  第 4 部:ねじ転造ダイス


B 0176-2 : 2002

(2) 

目次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  分類

1

3.

  ねじ切りダイスの名称の呼び方

2

4.

  用語及び定義

2

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

18

索引21


日本工業規格

JIS

 B

0176-2

: 2002

ねじ加工工具用語−

第 2 部:ねじ切りダイス

Threading tools

−Vocabulary

Part 2 : Thread cutting dies

序文  この規格は,1981 年に発行された ISO 5968, Circular screwing dies−Terminology を翻訳し,編集上及

び/又は技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。

1.

適用範囲  この規格は,主として金属加工用として一般に用いるねじ切りダイス(

1

)

に関する用語及び

その定義について規定する。

(

1

)

切りくずを逃がす溝をもち,おねじを切るのに用いるめねじ形の工具。ダイスと呼ぶ場合もあ

る。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 5968 : 1981

  Circular screwing dies−Terminology (MOD)

2.

分類  用語の分類は,次による。

a)

ねじ切りダイスの種類

1)

刃部材料及び表面処理による分類

2)

構造による分類

3)

機能又は用途による分類

3.1)

製造方法による分類

3.2)

用途による分類

3.3)

ねじの種類による分類

3.4)

溝の形態による分類

b)

ねじ切りダイスの要素

c)

ねじ切りダイスの角

d)

ねじ切りダイスの精度

e)

ねじ切りダイス刃部の損傷

f)

ねじ切りダイス一般


2

B 0176-2 : 2002

3.

ねじ切りダイスの名称の呼び方  ねじ切りダイスの種類を表す名称は,ねじ切りダイスの種類の番号

順 2.a)1)2.a)3)3.4)に該当する用語を組み合わせて呼ぶ。ただし,製造方法については,これを省略し,

ねじの種類による分類を刃部材料及び表面処理の分類の後に呼ぶ。また,ねじの種類は呼びに換えてもよ

い(

表 参照)。

表 1  ねじ切りダイスの名称の呼び方の例

呼び方

刃部材料及び表

面処理

ねじの種類

構造

用途

溝の形態

メートル並目ねじ用調整

ねじ付きアジャスタブル
ねじ切り丸ダイス

(合金工具鋼) メートル並目ね

じ用

(むく) 調整ねじ付きア

ジャスタブル

(直溝)

高速度鋼窒化処理メート
ル細目ねじ用ソリッドね
じれ溝丸ダイス

高速度(工具)
鋼窒化処理

メートル細目ね
じ用

(むく) ソリッド

ねじれ溝

超硬ユニファイ並目ねじ
用付刃ソリッドねじ切り
丸ダイス

超硬(合金)

ユニファイ並目
ねじ用

付刃

ソリッド

(直溝)

1/2-20 UNF

割りこまダイ

(合金工具鋼) 1/2-20 UNF

(むく) 割りこま

(直溝)

備考  括弧を付けてあるものは,省略してもよい。

4.

用語及び定義  ねじ切りダイスの用語及びその定義は,次による。

なお,定義欄に対応国際規格の用語番号,又はインデックス番号を括弧で示す。また,参考のために量

記号,単位及び対応英語を示す。

備考1.  用語の一部に括弧を付けてあるものは,括弧の中の用字を省略してもよい。

2.

用語欄で用語の下の括弧付きの仮名書きは,読み方を示す。

3.

用語の定義の中の太字で示す用語は,この規格で規定しているものである。

4.

図は一例を示すものであって,形状及び大きさを表すものではない。

なお,図中の括弧内の数字は,この規格の用語の番号を示す。

a)

ねじ切りダイスの種類

1)

刃部材料及び表面処理による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1101 

合金工具鋼(ねじ切り)ダ
イス

刃部の材料に合金工具鋼を使用したダイス。

alloy tool steel ( thread

cutting) die

1102 

高速度(工具)鋼(ねじ切
り)ダイス

刃部の材料に高速度工具鋼を使用したダイス。

high speed (tool) steel

(thread cutting) die

1103 

超硬(合金)(ねじ切り)ダ
イス

刃部の材料に超硬合金(炭化タングステンを主体
とした焼結体)を使用したダイス。

cemented carbide (thread

cutting) die,

carbide (thread cutting) die

1104 

窒化処理(ねじ切り)ダイ

刃部の材料の表面に窒化処理を施した工具材料
を使用したダイス。

nitrided (thread cutting) die

1105 

酸化処理(ねじ切り)ダイ

刃部の材料の表面に酸化処理を施した工具材料
を使用したダイス。

oxidized (thread cutting)

die

1106 

窒化酸化処理(ねじ切り)
ダイス

刃部の材料の表面に窒化及び酸化処理を施した
工具材料を使用したダイス。

nitrided and oxidized

(thread cutting) die


3

B 0176-2 : 2002

2)

構造による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1201 

(ねじ切り)むくダイス

ねじ部とボデーとが同一材料からなり,一体とな
っているダイス。

1202 

(ねじ切り)付刃ダイス(つ
けはだいす)

刃部をボデーに溶接又はろう付けしたダイス。

sectional type (thread

cutting) die

1203 

(ねじ切り)植刃ダイス

ボデーにチェーザを機械的に取り付けたダイス。

inserted chaser (thread

cutting) die

3)

機能又は用途による分類

3.1)

製造方法による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1301 

研削(仕上げ)(ねじ切り)
ダイス

ねじ部を研削仕上げしたダイス。

ground (thread) (thread

cutting) die

1302 

切削(仕上げ)(ねじ切り)
ダイス

ねじ部を切削仕上げしたダイス。

cut (thread) (thread cutting)

die

3.2)

用途による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1311 

(ねじ切り)丸ダイス

外形が円形のダイス。

備考  寸法調整ができるものとできないも

のとがある。

circular screwing die


4

B 0176-2 : 2002

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1312 

調整ねじ付きアジャスタブ
ル(ねじ切り)丸ダイス

調整ねじで寸法調整のできる丸ダイス。

備考  接線方向 (tangential adjusting) 又は半

径方向 (radial adjusting) にねじ込ん

で 調 整す る 2 方 式が ある。   (No.3,

No.4)

adjustable (thread cutting)

round die with adjusting

screw

adjustable circular

(screwing) die with

adjusting screw

1313 

調整ねじなしアジャスタブ
ル(ねじ切り)丸ダイス

ダイスの

ボデーには調整ねじがなく,ホルダに付

けてあるねじ又はくさびで寸法調整のできる

ダイス。  (No.2)

adjustable circular

(screwing) die without

adjusting screw

1314 

ソリッド(ねじ切り)丸ダ
イス

すりわりがなく,寸法調整ができない丸ダイス。 
(No.1)

solid (thread cutting) round

die,

solid circular (screwing)

die

1315 

(ねじ切り)角ダイス

外形が四角で,寸法調整ができないダイス。

(thread cutting) square

dienut

1316 

(ねじ切り)六角ダイス

外形が六角で,寸法調整ができないダイス。

(thread cutting) hexagon

dienut


5

B 0176-2 : 2002

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1317 

(ねじ切り)割りこまダイ

寸法調整するために二つに割れているダイス。

sectional (thread cutting)

die

1318 

(ねじ切り)ばねダイス

寸法調整ができる円筒形のダイス。

(thread cutting) flexible

die,

(thread cutting) spring die

1319 

テーパ(ねじ切り)ダイス  テーパねじのねじ切りに用いるダイス。

(thread cutting) taper

thread die

3.3)

ねじの種類による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1321 

メートル並目ねじ用(ねじ
切り)ダイス

メートル並目ねじの

ねじ切りに用いるダイス

JIS B 0205-1JIS B 0205-4JIS B 4451 参照)

(thread cutting) dies for

metric coarse thread

1322 

メートル細目ねじ用(ねじ
切り)ダイス

メートル細目ねじの

ねじ切りに用いるダイス

JIS B 0205-1JIS B 0205-4JIS B 4451 参照)

(thread cutting) dies for

metric fine thread

1323 

ユニファイ並目ねじ用(ね
じ切り)ダイス

ユニファイ並目ねじの

ねじ切りに用いるダイス

JIS B 0206JIS B 4451 参照)

(thread cutting) dies for

unified coarse thread

1324 

ユニファイ細目ねじ用(ね
じ切り)ダイス

ユニファイ細目ねじの

ねじ切りに用いるダイス

JIS B 0208JIS B 4451 参照)

(thread cutting) dies for

unified fine thread

1325 

管用平行ねじ用(ねじ切り)
ダイス

管用平行ねじの

ねじ切りに用いるダイス(JIS B 

0202JIS B 4455

参照)

(thread cutting) dies for

parallel pipe thread

1326 

管用テーパねじ用(ねじ切
り)ダイス

管用テーパねじの

ねじ切りに用いるダイス(JIS 

B 0203JIS B 4456

参照)

(thread cutting) dies for

taper pipe thread

1327 

ミニチュアねじ用(ねじ切
り)ダイス

ミニチュアねじの

ねじ切りに用いるダイス(JIS 

B 0201

参照)

(thread cutting) dies for

miniature screw thread

1328 

メートル台形ねじ用(ねじ
切り)ダイス

メートル台形ねじの

ねじ切りに用いるダイス

JIS B 0216 参照)

(thread cutting) dies for

metric trapezoidal thread

1329 

自転車ねじ用(ねじ切り)
ダイス

自転車ねじの

ねじ切りに用いるダイス(JIS B 

0225

参照)

(thread cutting) dies for

cycle thread


6

B 0176-2 : 2002

3.4)

溝の形態による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1331 

(ねじ切り)直溝ダイス 
(ちょくみぞだいす)

溝が軸線に平行なダイス。

straight fluted (thread

cutting) die

1332 

(ねじ切り)ねじれ溝ダイ

溝が軸線に対してねじれているダイス。

備考1.  右ねじれと左ねじれとがある。

2.

スパイラルダイスともいう。

spiral fluted (thread

cutting) die

1333 

(ねじ切り)スパイラルポ
イントダイス

食付き部の切れ刃側を数山斜めに削り取って,切
りくずが容易に進行方向に排出されるようにし

たダイス。

spiral pointed (thread

cutting) die,

peeling cut (thread cutting)

die

b)

ねじ切りダイスの要素

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2001 

呼び

ねじの種類を表す記号,呼び径を表す
数字及び,

ピッチ又は山数などで表

す。  (Index 10)

例 M8

  M8×1

   1/2-13UNC   G1/8

− nominal

designation,

nominal size

2002 

(試験ねじの)外径

試験ねじの山の頂に接する仮想的な
円筒(又は円すい)の直径。

− major

diameter

2003 

(試験ねじの)有効径

試験ねじのねじ溝の幅がねじ山の幅
に等しくなるような仮想的な円筒(又

は円すい)の直径。

− pitch

diameter


7

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2004 

(試験ねじの)谷の径

試験ねじの谷底に接する仮想的な円
筒(又は円すい)の直径。

− minor

diameter

2005 

(試験ねじの)ピッチ

試験ねじの軸線を含む断面において,
互いに隣り合うねじ山の相対応する 2

点を軸線に平行に測った距離。

P pitch

2006 

(25.4mm につき)山数 
(やますう)

25.4mm

ピッチで割った値(JIS B 

0101

参照)

n

threads per inch

2007 

(試験ねじの)ねじ山の角

試験ねじの軸線を含んだ断面形にお
いて測った隣り合う二つの

フランク

がなす角度。ねじ山の全角ということ
もある。

α

included angle of thread

2008 

(試験ねじの)山の半角

試験ねじの対称断面形のねじ山にお
けるフランク角。

ねじ山の角度の半分

に等しい。

α

/2

half angle of thread

2009 

基準径の位置

テーパダイスにおいて基準径を示す
ための軸直角平面の位置(JIS B 4456
参照)

position of gauge plane

2010 

(試験ねじの)ねじ山のア
デンダム

試験ねじの有効径から外径までの半
径差。

addendum of thread

2011 

(試験ねじの)ねじ山のデ
デンダム

試験ねじの有効径から谷の径までの
半径差。

dedendum of thread

2012 

山の頂 
(やまのいただき)

ねじ山の両側の

フランクを連絡する

面(JIS B 0101 参照)

− crest

2013 

山の丸み

山の頂に円弧部があるとき,その半
径。

− crest

radius

2014 

谷底

ねじ溝の両側の

フランクを連絡する

面(JIS B 0101 参照)

− root

2015 

谷の丸み

谷底に円弧部があるとき,その半径。

− root

radius

2016 

フランク

山の頂と谷底とを連絡する面。軸線を
含んだ断面形では一般に直線になっ
ている(JIS B 0101 参照)

− flank

2017 

右ねじ

軸方向に見たとき,時計回り(右回り)
にたどれば,その人から遠ざかるよう
なねじ(JIS B 0101 参照)

− right-hand

thread

2018 

左ねじ

軸方向に見たとき,逆時計回り(左回
り)にたどれば,その人から遠ざかる

ようなねじ(JIS B 0101 参照)

− left-hand

thread

2019 

内径

ダイスのねじ山の

山の頂に接する仮

想的な円筒(又は円すい)の直径。

d

1

minor diameter of die

2020 

ボデー

ダイスの基幹部,それ自身が

切れ刃を

形成するか,又はブレード若しくはチ

ップを保持する部分を含めた全体。

(Index 1)

− body

2021 

外径

ダイスの直径。  (Index 9)

D outside

diameter

2022 

厚さ

ダイスの厚さ。  (Index 11)

T thickness


8

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2023 

刃部

ダイスの切削に直接あずかる部分。

れ刃,すくい面及び逃げ面からなる。 
(Index 3)

− cutting

part

2024 

ねじ部

食付き部を含んだねじ山のある部分。

− thread

part

2025 

ねじ部の長さ

軸に平行に測った

ねじ部の長さ。

l thead

length

2026 

逃げ

小さい

呼びのダイスのねじ部の長さ

を適正な長さにするために削り取っ
た部分。

− recess

2027 

逃げ径

逃げの直径。

備考  円すい状の場合は,最大径

をいう。

d

b

diameter of recess

2028 

逃げの深さ

裏面からの逃げの深さ。

l

b

depth of recess

2029 

ランド

切れ刃からヒールまでの堤状の幅を
もった部分。  (Index 5)

− land

2030 

ランド幅

切れ刃からヒールまでの堤状のねじ
山がある部分の幅。

t

width of land

2031 

ばね穴

寸法調整のためにばねの作用をさせ

るために設けた穴。

− spring

hole

2032 

調整ねじ

寸法調整をするねじ。接線方向の調整

ね じ と 半 径 方 向 の 調 整 ね じ   (Index 

23)

とがある。

− adjusting

screw

2033 

調整ねじの呼び

調整ねじの直径及びピッチを表すも
の。

d

nominal designation of

adjusting screw

2034 

調整ねじ穴

調整ねじをねじ込むねじ穴。

threaded hole for adjusting

screw

2035 

調整ねじ穴の位置

ダイスの外周面からねじ穴までの寸
法。

position of threaded hole

for adjusting screw


9

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2036 

すりわり

寸法調整のために,

切りくず穴まで割

った溝。

− slot

2037 

すりわりの幅

すりわりの溝の幅。

a

width of slot

2038 

押し穴

ダイスをホルダなどに固定するため
に使用する締付ボルトの当たり穴。

(Index 8)

− spot

hole

2039 

押し穴径

押し穴の最大の直径。

b

spot hole diameter

2040 

押し穴の角度

押し穴の円すいの角度。

angle of spot hole

2041 

押し穴の位置

ダイスの中心と

押し穴との中心のず

れ。

f

position of spot hole

2042 

面取りの大きさ

ダイスの

表面又は裏面と外径面とを

結ぶ角の面取りの大きさ。

r

size of chamfered corner

2043 

V

ボルト又はくさびによって寸法を調

整するすりわり部の V 形の溝。

  (Index 

7)

V-groove for adjusting

screw

2044 

V

溝の幅

V

溝の最大の幅。

e width

of

V-groove

2045 

V

溝の角度

V

溝の角度。  (Index 15)

− angle

of

V-groove


10

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2046 

表面 
(おもてめん)

一般に,ダイスの

食付き部の長い側の

面。

− front

face

2047 

裏面 
(うらめん)

一般に,ダイスの

食付き部の短い側の

面。又は

逃げがある側の面。

− rear

face

2048 

二面幅

角ダイス又は六角ダイスにおいて,四
角又は六角の対応する辺の間隔。

width of across flat

2049 

食付き部

ダイスが工作物に食い付いて,切削し
ながらダイス自身を案内する部分。

− chamfer,

lead

2050 

食付き部の長さ

軸に平行に測った

食付き部の長さ。

(Index 13)

l

c

 chamfer

length,

lead length

2051 

食付き部の山数

食付き部の長さ内の山数。

n

c

number of chamfered

threads,

number of lead threads

2052 

食付き部の先端径

食付き部の先端切れ刃の最大直径。

d

p

chamfer point diameter

2053 

食付き部の逃げ

食付き部において,切れ刃からヒール
にかけて施した逃げ。

− chamfer

relief

2054 

食付き部の逃げ量

食付き部において,ダイスの中心から
山の頂までの半径が,切れ刃からヒー
ルまでの間に増大している量。

S

c

indicator drop for chamfer

relief

2055 

ねじ山の逃げ

ランドにおいて切れ刃からヒールに
かけてねじ山に施した

逃げ。  (Index 

16)

radial thread relief


11

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2056 

完全(ねじ)山部

完全なねじ山の形をもつ部分。

(Index 4)

full thread part,

complete thread portion

2057 

完全(ねじ)山部の長さ

軸に平行に測った

完全(ねじ)山部の

長さ。

備考  一般には,ねじ部の長さか

食付き部の長さを引いた

長さ。  (Index 14)

l

t

full thread length,

complete thread length

2058 

切りくず穴

切りくずのたまり又は排出する穴。

(Index 6)

− clearance

hole

2059 

切りくず穴数

切りくず穴の数。

Z

number of clearance holes


12

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2060 

直溝 
(ちょくみぞ)

ダイスの軸に対して平行な

切りくず

穴。

− straight

flute

2061 

ねじれ溝

ダイスの軸に対してねじれている

りくず穴。

− spiral

flute

2062 

スパイラルポイント

食付き部にねじれ溝を付けた部分。

− spiral

point,

peeling cut

2063 

切れ刃

すくい面が逃げ面につながる部分。

− cutting

edge

2064 

すくい面

切削を営む主体となる面。切りくず

は,この面上を擦過する。

− cutting

face

2065 

レーキ

すくい面が平面の形状。

− rake

2066 

フック

すくい面が曲面の形状。

− hook

2067 

ヒール

逃げ面と

切りくず穴とのつなぎとな

る部分。

− heel


13

B 0176-2 : 2002

c)

ねじ切りダイスの角

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3001 

食付き角

食付き部と軸線とがなす角。  (Index 
17
)

κ

 

chamfer angle,

lead angle

3002 

食付き部の逃げ角

切削されるねじの仕上げ面に対する
食付き部の逃げ面の傾きを表す角。 
(Index 20)

α

c

chamfer relief angle

3003 

溝のねじれ角

切りくず穴とその一点を通る軸線に
平行な直線とがなす角。

σ

 

angle of spiral flute

3004 

スパイラルポイント角

スパイラルポイント部の

溝のねじれ

角。  (Index 21)

σ

 

spiral point angle,

peeling cut angle

3005 

すくい角

基準面 (Pr) に対する

すくい面の傾き

を表す角(JIS B 0170 参照)

。  (Index 

18Index 19)

備考  レーキ角及びフック角を総

称した角。

γ

 

rake,

rake angle

3006 

レーキ角

すくい面がレーキの場合のすくい角。

γ

r

rake angle (of straight

cutting face)


14

B 0176-2 : 2002

3007 

フック角

軸直角断面上において,

切れ刃を通る

中心線と

すくい面上の切れ刃とねじ

谷底とを結んだ直線とがなす角,又

はその中心線と

切れ刃におけるすく

い面の接線とがなす角。

備考  前 者 を コ ー ダ ル フ ッ ク 角

(chordal hook angle)

,後者を

タ ン ゼ ン シ ャ ル フ ッ ク 角

(tangential hook angle)

とい

う。

γ

h

 hook

angle,

rake angle of curved

cutting face

3008 

ヒール角

軸直角断面上において,

ヒールを通る

中心線と

ヒールを通る切りくず穴面

の接線とがなす角。

γ

b

 heel

angle

d)

ねじ切りダイスの精度

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4001 

等級

ねじ部の精度によって区分される精
度特性。

− tolerance

class

4002 

ねじ部の精度

ねじ部の径の許容差及び公差,並びに
ピッチの許容差及び山の半角の許容
差による精度。

備考  この精度は試験ねじによっ

て調べる。

accuracy of thread

4003 

(試験ねじの)ピッチの許
容差

試験ねじの一定のねじ部の長さ(標準
のはめあい長さにとるのが普通であ
る。)内にある任意の山と山との間の
ピッチ合計に対して定められた許容
差。

T

p

 pitch

tolerance

4004 

(試験ねじの)山の半角の
許容差

試験ねじの山の半角誤差に対して定
められた許容差。

T

α

/2

tolerance on half angle of

thread


15

B 0176-2 : 2002

e)

ねじ切りダイス刃部の損傷

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5001 

摩耗

刃部に生じた漸進的な減耗。

− wear

5002 

食付き逃げ面摩耗

食付き部の逃げ面に生じる摩耗。

VB chamfer

flank

wear

5003 

食付き部ねじ山コーナ摩耗  食付き部の逃げ面とフランクとのり

ょう(稜)線に生じる

摩耗。

5004 

山頂摩耗

完全山部の山の頂に生じる摩耗。

− crest

wear

5005 

すくい面摩耗

すくい面に生じる摩耗。

− face

wear

5006 

クレータ摩耗

すくい面摩耗のうち,くぼみが生じる
摩耗。

KT crater

5007 

チッピング

切れ刃に生じた小さな欠け。

− chipping

5008 

欠損

刃部又はねじ部に生じた大きな欠け。

5009 

破損

刃部又はねじ部の大きな範囲に及ぶ
破壊。

fracture of cutting part

5010 

割れ

ボデーに生じた割れ。

5011 

はく離

刃部又はねじ部に生じたりん(鱗)片
状の損失。

− flaking


16

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

f)

ねじ切りダイス一般

参考

番号

用語

定義

量記号

単位

対応英語

6001 

ねじ切り

ダイスでおねじを加工すること。

− thread

cutting

6002 

ねじ切りトルク

ねじ切りするときの回転抵抗。

T

N

・m thread

cutting

torque

6003 

切削速度

ダイスの

谷底における,ダイスと工作

物との相対的な円周方向の速度。

V

c

 m/s,

m/min

cutting speed


17

B 0176-2 : 2002

参考

番号

用語

定義

量記号

単位

対応英語

6004 

リード送り

ダイス又は工作物が,1 回転で 1 リー
ド進むような送り方。1 条ねじの場合

はピッチ送りともいう。

− lead

feed

6005 

ねじブランク径

ねじブランクの直径。

− blank

diameter

6006 

拡大代 
(かくだいしろ)

ねじ切りを行った工作物のねじの直
径とダイスのねじの直径との差。

備考  拡大代はプラスとマイナス

とがある。

− over

size

6007 

構成刃先

金属切削において,切削中に被削材の

一部が加工硬化によって母材より著
しく硬い変質物となって

刃部にたい

積凝着し,元の刃先に変わって新たな

刃先が構成された状態となったもの
JIS B 0170 参照)

− built-up

edge

6008 

溶着

おねじ加工中に,

食付き部の逃げ面,

フランク,山の頂又はすくい面に被削
材の一部が付着すること。

− welding

6009 

切りくず詰まり

切削中に切りくずが排出されずに

りくず穴に詰まる状態。

− chip

packing

6010 

試験ねじ

ダイスの

ねじ部の精度を検査するた

めに,そのダイスで切ったねじ。

− test

screw

6011 

標準のはめあい長さ

製品の実際のはめあいの長さと関係

なく,公差を算出するとき,基準とす
るはめあい長さ(JIS B 0101 参照)

備考  通りねじゲージの長さと一

致させるのが普通である。

− reference

length

of (thread)

engagement

関連規格  JIS B 0101  ねじ用語

JIS B 0170

  切削工具用語(基本)

JIS B 0201

  ミニチュアねじ

JIS B 0202

  管用平行ねじ

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 0205-1

  一般用メートルねじ−第 1 部:基準山形

JIS B 0205-4

  一般用メートルねじ−第 4 部:基準寸法

JIS B 0206

  ユニファイ並目ねじ

JIS B 0208

  ユニファイ細目ねじ

JIS B 0216

  メートル台形ねじ

JIS B 0225

  自転車ねじ

JIS B 4451

  ねじ切り丸ダイス

JIS B 4455

  管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス

JIS B 4456

  管用テーパねじ用ねじ切り丸ダイス


18

B 0176-

2 : 2

002

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 0176-2 : 2002

  ねじ加工工具用語−第 2 部:ねじ切りダイス

ISO 5968 : 1981

  ねじ切り丸ダイス−用語

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

(I)  JIS

の規定 (II)

国際規

格番号

(III)

国際規格の規定

表示箇所:

表示方法:

本体

定 義 欄 に 対 応 す る

ISO

規格の番号を括

弧で示す

(V)  JIS

と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

1.

適用範囲

ねじ切りダイスに関す
る用語及びその定義を
規定。

ISO 5968 1.

適用範囲

と 応 用 分

ねじ切りダイスの用語を
規定。

IDT

2.

分類

用語を 6 項目に分類し
て規定。

規定なし。 MOD/

追加

分類を明確にし,用語及びその
定義を索引しやすくしたので,

今後も残す。

3.

ね じ 切 り ダ

イ ス の 名 称 の

呼び方

ねじ切りダイスの名称
の呼び方を規定。

規定なし。 MOD/

追加

ねじ切りダイスの名称を明確に
するため,今後も残す。

4.

用 語 及 び 定

a)

ねじ切りダイスの種

b)

ねじ切りダイスの要

c)

ねじ切りダイスの角

d)

ねじ切りダイスの精

e)

ねじ切りダイス刃部

の損傷

f)

ねじ切 りダイ ス一般

に分類して用語及びそ
の定義を規定。

 2.

3.

ねじ切りダイスの形状

ねじ切りダイスの特徴 
に分類して用語を規定。

MOD

追加

a)ISO

規格の用語を包含し

ている。

b)ISO

規格の用語を包含し

ている。

c)ISO

規格の用語を包含し

ている。

d)ISO

規格には規定がない。

e)ISO

規格には規定がない。

f)ISO

規格には規定がない。

ISO

の規格で使用している用語

及び定義に JIS で使用している
用語及びその定義を追加してい
る。


19

B 0176-

2 : 2

002

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  IDT技術的差異がない。

    −  MOD/追加 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  IDT国際規格と一致している。

    −  MOD 国際規格を修正している。


20

B 0176-2 : 2002

日本工業標準調査会標準部会  機械要素技術専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

大  園  成  夫

東京電機大学工学部

(委員)

加  藤  伸  一

社団法人自動車技術会

川  口  俊  充

日本工具工業会

黒  澤  富  蔵

産業技術総合研究所

桑  田  浩  志

有限会社桑田設計標準化研究所

清  水  雄  輔

社団法人日本バルブ工業会

庄  野  敏  臣

社団法人日本工作機械工業会

筒  井  康  賢

産業技術総合研究所

真  弓      透

社団法人日本ベアリング工業会

丸  山  一  男

工学院大学機械工学科

望  月  正  紀

社団法人日本ねじ工業協会