>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

0175

-1996

ブローチ用語

Broaches

−Vocabulary

1.

適用範囲  この規格は,主に金属切削用として一般に用いるブローチ(

1

)

の呼び方並びに用語及びその

定義について規定する。

(

1

)

荒刃と仕上刃とを組み合わせた多数の切れ刃を寸法順に配列した工具。主としてブローチ盤に

取り付けて使用する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0102

  歯車用語

JIS B 0170

  切削工具用語(基本)

2.

分類  用語の分類は,次による。

(1)

ブローチの種類

(1.1)

刃部材料による分類

(1.2)

構造による分類

(1.3)

操作方法による分類

(1.4)

加工する部分による分類

(1.5)

切削方向の刃の配列による分類

(1.6)

加工部品・仕上形状・機能又は用途による分類

(2)

ブローチの要素

(3)

ブローチの角

(4)

ブローチのつかみ部

(5)

ブローチの精度

(6)

ブローチの刃部の損傷

(7)

ブローチの一般の用語

3.

ブローチの呼び方  ブローチは,2.(1)に示す分類の順に該当する用語を組み合わせて呼ぶ。

なお,刃部材料に高速度工具鋼を用いたブローチ,構造がむく(

2

)

又は付刃のブローチ,操作方法が引き

抜きのブローチ,加工する部分が内面又は外面のブローチは,これら(次の例の括弧内の語)を省略して

呼ぶ。

(

2

)

刃部材料に高速度工具鋼以外を用いたブローチの場合,むくを省略しない。

刃部材料に超硬合金を用いたブローチの場合,

“合金”を省略して呼ぶ。


2

B 0175-1996

呼び方

刃部材料

構造

操作方法

加工する部分 切削方向の

刃の配列

加工部品・仕上形
状・機能又は用途

丸刃付きスプラインブローチ (速度工具鋼)  (むく) (引き抜き)

(内面)

丸刃付き  スプライン

押しセレーションブローチ

(速度工具鋼)  (むく)

押し

(内面)

セレーション

かぎ穴ブローチ

(速度工具鋼)  (むく) (引き抜き)

(内面)

かぎ穴

超硬サーフェスブローチ

超硬(合金)  (付け刃)

(外面)

サーフェス

4.

用語及び定義  ブローチの用語及び定義は,次による。

なお,参考のために量記号,単位及び対応英語を示す。

備考1.  用語の一部に括弧をつけてあるものは,括弧の中の用字を省略してもよい。

2.

用語欄で用語の下の括弧付きの仮名書きは,読み方を示す。

3.

用語の定義の中の太字で示した用語は,この規格で規定しているものを示す。

4.

図は一例を示すものであって,形状及び大きさを表すものではない。

(1)

ブローチの種類

(1.1)

刃部材料による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1101

高速度工具鋼ブロー
 

刃部の材料に高速度工具鋼を使用したブローチ。

high speed steel broach

1102

超硬ブローチ 

刃部の材料に超硬合金(炭化タングステンを主体とした焼
結物)を使用したブローチ。

carbide broach

(1.2)

構造による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1201

むくブローチ 

全体が同一の材料からつくられ,一体になっているブロー
チ。

Solid broach

1202

組立ブローチ 

二つ以上の部分を組み立てて作られたブローチ。

built-up broach

植刃ブローチ 
(うえば−)

ボデーにブレードを機械的に取り付けたブローチ。

備考  ブレードは JIS B 0170 による。

inserted broach

1203


3

B 0175-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

付刃ブローチ 
(つけは−)

チップを

ボデーにろう付け又は溶接したブローチ。

備考  チップは JIS B 0170 による。

tipped broach

1204

B

部拡大図

組合せブローチ 

2

か所以上の加工部を同時に加工するために組み合わせて

使用するブローチ。

1205

(1.3)

操作方法による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

押しブローチ 

押抜きによって切削を行うブローチ。 pushing

broach

1301

引抜きブローチ 

引抜きによって切削を行うブローチ。 pulling

broach

1302

(1.4)

加工する部分による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1401

内面ブローチ 

工作物の内面を所要の形に仕上げるブローチ。 internal

broach

1402

外面ブローチ 

工作物の外面を所要の形に仕上げるブローチ。

備考  サーフェスブローチともいう。

external broach ;

surface broach

(1.5)

切削方向の刃の配列による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1501

コンビネーション
ブローチ 

丸穴及びキー溝,丸穴及びスプライン溝などのように二つ
以上の切削部分をもったブローチの総称。

combination broach


4

B 0175-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

面取刃付きブロー
 

刃部の前部又は後部に面取刃をもつブローチ。

1502

バニシング刃付き
ブローチ 

刃部の後部にバニシング刃をもつブローチ。

備考  たくま(琢磨)刃付きブローチともいう。

1503

丸刃付きブローチ 

刃部の前部又は後部に丸刃をもつブローチ。

1504

交互丸刃付きブロ
ーチ 

丸刃と面取刃・スプライン刃などとを交互に配列したブロ
ーチ。

1505

(1.6)

加工部品・仕上形状・機能(又は,用途)による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1601

荒ブローチ 

荒加工に用いるブローチ。 roughing broach

1602

仕上ブローチ 

仕上加工に用いるブローチ。 finishing

broach

1603

バニシングブローチ

バニシング仕上加工に用いるブローチ。

備考  たくま(琢磨)ブローチともいう。

burnishing broach

1604

組ブローチ 

荒ブローチ及び仕上ブローチなどのように 2 本以上組みに
して使用するブローチ。

1605

キー溝ブローチ 

キー溝を加工するのに用いるブローチ。 keyway

broach


5

B 0175-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

平形キー溝ブローチ

角形の

ボデーをもったキー溝ブローチ。

flat type keyway broach

1606

丸形キー溝ブローチ

丸形の

ボデーをもったキー溝ブローチ。

round type keyway

broach

1607

丸ブローチ 

丸穴を加工するのに用いるブローチ。 round

broach

1608

平行な 2 直線で切り取った円の形状をもつ穴を加工するの
に用いるブローチ。

備考  二面取り穴の形状。

1609

二面取り丸ブローチ

flatted round broach ;

double “D” broach

小判形の穴を加工するのに用いるブローチ。

備考  加工穴の形状。

1610

小判形ブローチ 

oval broach

1611

角形ブローチ 

多角形の穴を加工するのに用いるブローチ。 Polygonal

broach

四角穴を加工するのに用いるブローチ。

備考1.  角ブローチともいう。

2.

四角穴の形状。

1612

四角ブローチ 

square broach

六角穴を加工するのに用いるブローチ。

備考  六角穴の形状。

1613

六角ブローチ 

hexagonal broach


6

B 0175-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

めがねレンチの穴を加工するのに用いるブローチ。

備考  めがねレンチ穴の形状。

1614

二重六角ブローチ 

offset wrench broach

1615

スプラインブローチ

スプライン穴を加工するのに用いるブローチ。 spline

broach

1616

角形スプラインブロ
ーチ 

角形スプライン穴を加工するのに用いるブローチ。

備考1.  スプラインの溝数によって三スプラインブロ

ーチ,四スプラインブローチ,六スプライン
ブローチなどがある。

2.

六スプライン穴の形状。

Straight-sided spline

broach ;

parallel spline broach

インボリュートスプライン穴を加工するのに用いるブロー
チ。

備考  インボリュートスプライン穴の形状。

1617

インボリュートスプ
ラインブローチ 

involute spline broach

1618

セレーションブロー
 

セレーション穴を加工するのに用いるブローチ。 serration

broach

山形セレーション穴を加工するのに用いるブローチ。

備考  山形セレーション穴の形状。

1619

山形セレーションブ
ローチ 

straight-sided serration

broach

1620

インボリュートセレ
ーションブローチ 

インボリュートセレーション穴を加工するのに用いるブロ

ーチ

involute serration broach

1621

内歯車用ブローチ 

内歯車を加工するのに用いるブローチ。

internal gear broach

ヘリカルブローチ 

ねじれ溝穴を加工するのに用いるブローチ。

備考1.  スパイラルブローチともいう。

2.

形状にヘリカルスプラインブローチ,ヘリカ

ルインボリュートブローチなどがある。

helical broach

1622

1623

ライフルブローチ 

銃こう(腔)のこう(腔)旋を加工するのに用いるヘリカ

ルブローチ。

rifle broach

1624

ラチェットブローチ

ラチェット歯形を加工するのに用いるブローチ。 ratchet

broach

1625

油溝ブローチ 

油溝を加工するのに用いるブローチ。

oil groove broach


7

B 0175-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

平ブローチ 
(ひら−)

平面を加工するのに用いるブローチ。

備考  平面ブローチともいう。

plain broach

1626

スパナブローチ 

スパナの口を加工するのに用いるブローチ。 spanner

broach

1627

かぎ穴を加工するのに用いるブローチ。

1628

かぎ穴ブローチ 

cylinder key broach

タービンディスクのクリスマスツリー形状を加工するのに
用いるブローチ。

1629

クリスマスツリー形
ブローチ 

pine-tree form broach ;

fir-tree form broach ;

Christmas tree form

broach

ラックブローチ 

ラック形状(JIS B 0102 

番号 11203 参照)を加工するの

に用いるブローチ。

備考  JIS B 0102 参照

rack broach

1630

T

溝ブローチ 

T

溝形状を加工するのに用いるブローチ。 T-slot

broach

1631


8

B 0175-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

工作物の外周を加工するのに用いる筒形のブローチ。 pot

broach

1632

ポットブローチ 

(2)

ブローチの要素

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2001

 

内面ブローチなどの長手方向の中心線。

− axis

2002

刃部 

すくい面,逃げ面,背面及び刃の側面から構成される
部分の総称(JIS B 0170 参照)

− cutting

tooth

2003

ボデー 

平形キー溝ブローチや平ブローチなどの基幹部(JIS B 
0170

参照)

− body

2004

シャンク 

内面ブローチなどの前つかみ部の端から第 刃までの
部分。

− shank

2005

後部シャンク 

後部案内から後つかみ部の端までの部分。

− rear

shank

2006

つかみ部 

ブローチの両端にあり,ブローチ盤に取り付ける部

分。

備考  前つかみ部と後つかみ部とがある。

2007

前つかみ部 

ブローチの

つかみ部の一端で,ブローチ盤のプルヘッ

ドに取り付ける部分。

− pull

end

2008

後つかみ部 

ブローチの

つかみ部の一端で,ブローチ盤のリトリー

ビングヘッドに取り付ける部分。

follower end ;

retriever ;

follow rest

2009

前部案内 

第 刃のすぐ前にある部分。

備考  一般に工作物の下穴に合わせ,工作物を正し

第 刃に案内する部分。案内ともいう。

− front

pilot


9

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2010

後部案内 

最終刃のすぐ後にある部分。

備考  一般に工作物が正しく最終刃を抜けるまで

案内する部分。

− rear

pilot

2011

側面 

平形キー溝ブローチや平ブローチなどの角形状のブ
ローチの横の面。

− side

face

2012

底面 

平形キー溝ブローチや平ブローチなどの角形状のブ
ローチの底の面。

− base

2013

 

平形キー溝ブローチなどのブローチ幅と刃幅の寸法
が異なるときの段の部分の面。

− shoulder

2014

第  

最初の

刃。

− first

tooth

2015

荒刃 

主な切削を行う

刃。

− roughing

teeth

2016

中仕上刃 

仕上刃の前に配列される切込量の少ない刃。

− semi-finishing

teeth

2017

仕上刃 

工作物を所定の寸法に仕上げる

刃。

備考  普通数枚の同一寸法の刃部で構成する。

なお,二枚目以降の

刃部を予備刃ともいう。

− finishing

teeth

2018

丸刃 

丸穴を加工する

刃。

− round

tooth

2019

スプライン刃 

スプラインを加工する

刃。

− spline

tooth

2020

セレーション刃 

セレーションを加工する

刃。

− serration

tooth

2021

交互刃 

丸刃とスプライン刃・セレーション刃・面取刃などと
を交互に配列した部分。

2022

面取刃 

面取部を加工する

刃。

備考  面取刃付きブローチ参照

− chamfering

tooth

2023

バニシング刃 

塑性加工によって仕上面荒さを向上させる機能をも
つ刃。

備考1.  たくま(琢磨)刃ともいう。

2.

バニシング付きブローチ参照

− burnishing

tooth


10

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2024

バンパ刃 

外面ブローチで荒刃の前にある刃。

備考  鍛造面などの切削に設ける。

− bumper

tooth

2025

全長 

軸方向又は切削方向の全体の長さ。

L overall

length

2026

刃長 

刃部の軸方向又は切削方向の長さ。

l

length of cutting teeth

2027

シャンクの長さ 

シャンクの軸方向の長さ。

l

S

 shank

length

2028

逃げ部の長さ 

シャンクの長さを調整するための盗み部の長さ。

− recess

length

2029

後部シャンクの長さ

内面ブローチなどの後部案内から後つかみ部の端ま
での軸方向の長さ。

l

SR

rear shank length

2030

前部案内の外径 

丸ブローチなどの前部案内部の直径。

diameter of front pilot

2031

前部案内の長さ 

ブローチなどの

前部案内部の軸方向の長さ。

length of front pilot

2032

前部案内の高さ 

平形キー溝ブローチなどの前部案内部の底面からの
最大高さ。

height of front pilot

2033

後部案内の外径 

丸ブローチなどの後部案内部の直径。

diameter of rear pilot

2034

後部案内の長さ 

ブローチなどの

後部案内部の軸方向の長さ。

length of rear pilot

2035

第 刃の外径 

丸ブローチなどの第 刃の刃先の直径。

diameter of first tooth

2036

第 刃の高さ 

平形キー溝ブローチなどの底面から第 刃の刃先まで
の高さ。

height of first tooth

2037

一刃の切込み 
(ひとはのきりこみ)

一刃当たりの切込み寸法。

備考  平形キー溝ブローチなどでは,前の切れ刃との

高さの差,

丸ブローチなどでは直径差をいう。

UT  cut per tooth

2038

仕上刃の外径 

丸ブローチなどの仕上刃の刃先の直径。

D

diameter of finishing tooth

2039

仕上刃の高さ 

平形キー溝ブローチなどの底面から仕上刃の刃先ま
での高さ。

H

height of finishing tooth

2040

刃幅 

切削方向に直角な面におけるブローチの

切れ刃の幅。

B

width of tooth


11

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2041

ブローチ幅 

軸方向又は切削方向に直角な面におけるブローチの
最大幅。

W

width of broach

2042

肩の高さ 

平形キー溝ブローチなどの底面から肩までの高さ。

height of shoulder

2043

二面幅 

二面取り丸ブローチ,小判形ブローチ,角形ブローチ
などの互いに平行な二面間の距離。

備考  二面取り丸ブローチ参照

width across flats


12

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2044

対角距離 

角形ブローチなどの相対する角と角との間の距離。

備考  角形ブローチ参照

width across corners

2045

 

すくい面,逃げ面,背面及び側面から構成される部分。 − cutting

tooth

2046

刃形 

ブローチの切削方向の断面の

刃の形状。

cutting tooth form


13

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2047

切れ刃 

すくい面の周縁の一部であって,工作物を削り取る部
分。

− cutting

edge

2048

すくい面 

切りくずが工作物から分離する際にこれに当たって
滑る面(JIS B 0170 参照)

− rake

face

2049

ランド 

刃の堤の部分(JIS B 0170 参照)。

− land

2050

ストレートランド 

ランドの部分ですくい面とともに切れ刃を形成する
逃げ角 0°の部分。

straight land on tip

2051

漸増ストレートラン
 
(ぜんぞう−)

ストレートランド幅が,ブローチの最終刃に向かって
漸増しているもの。

increased straight land

2052

逃げ面 

すくい面とともに切れ刃を形成する面で,加工面に向
かいあった面(JIS B 0170 参照)

− flank

2053

ヒール 

逃げ面と背面によって形成されるりょう(稜)線(JIS 
B 0170

参照)

− heel

2054

背面 
(はいめん)

逃げ面と刃溝底とを結ぶ面。

− tooth

back

2055

背面丸み 

背面の丸み。

2056

刃溝 

隣り合う刃の空間部分で,切削中に切りくずを収容す
る溝。

− gullet

;

gash ;

chip space ;

chip pocket

2057

刃溝底 

刃溝の底。

− bottom

gullet

2058

刃溝底丸み 

刃溝底の丸み。

2059

ピッチ 

一つの

刃から次の刃までの切削方向の距離。

p pitch

2060

不等ピッチ 

刃のピッチが等しくないもの。

− irregular

pitch

2061

ランド幅 

ランドの切削方向の幅。

t land

width

;

tooth thickness


14

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2062

ストレートランド幅

ストレートランドの切削方向の幅。

t

s

straight land width

2063

刃溝幅 

刃溝の切削方向の幅。

width of gullet ;

width of chip space

2064

刃溝深さ 

切れ刃から刃溝底までの深さ。

h

depth of gullet ;

tooth depth

2065

刃溝底丸み半径 

刃溝底の丸み半径。

r

gullet radius ;

face angle radius

2066

背面丸み半径 

背面の丸み半径。

R

tooth radius ;

radius of tooth back

2067

刃溝面積 

刃溝の断面面積。

A tooth

space

2068

アプローチ面 

バニシング刃における工作物への近づき側の刃部の
面。

− approaching

face

2069

アプローチ面の丸み
半径 

アプローチ面が丸みをもつ場合の丸みの半径。

− approaching

radius

2070

刃数 

軸方向又は切削方向の

刃の数。

NT  number of cutting tooth

2071

ブローチ歯形 

ブローチの

すくい面の周縁の形状。

− tooth

profile

2072

フォームリリーフ 

歯形と同一形状で逃がす逃げ。

− form

relief

2073

刃の側面 

ブローチ歯形に続く側面。

− tooth

side


15

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2074

側面の逃げ 

切れ刃近くの側面を残し,切削された形状から逃がす
逃げ。

side relief ;

side clearance

2075

ニック 

切削中に切りくずを分断するために,

切れ刃に設ける

溝。

− nick

;

chip breaker ;

notch

2076

平ニック 

切削中に排出される円周方向,リング状の切りくずを

分断するために,丸ブローチなどの切れ刃に設ける平
たん部。

flat nick ;

flat chip breaker

2077

ニック幅 

ニックの溝幅。

width of nick

2078

ニック深さ 

ニックの溝深さ。

depth of nick

2079

ニックのピッチ 

隣接する

ニックの中心線間の距離。

− pitch

of nick

(3)

ブローチの角

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3001

すくい角 

切削方向に垂直な面と

すくい面とがなす角。

γ

rake angle ;

face angle

3002

逃げ角 

仕上面と

逃げ面とがなす角。

α

relief angle ;

clearance angle

3003

側面の逃げ角 

仕上面と

側面の逃げとがなす角。

side relief angle ;

side clearance angle


16

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3004

背面角 
(はいめんかく)

切削方向に垂直な面と

背面とがなす角。

− back

angle

3005

切れ刃傾き角 

平ブローチなどの切れ刃と切削方向に垂直な面とが
なす角。

λ

 cutting

angle

3006

アプローチ角 

ブローチ軸に平行な面と

アプローチ面とがなす角。

備考  JIS B 0170 参照

approach angle ;

lead angle

3007

圧力角 

歯面上の 1 点で,その半径線と歯形への接線とがなす

角。

備考  JIS B 0102 参照

α

 pressure

angle

3008

ねじれ角 

歯すじと歯すじを考える歯車と同軸の任意の仮想の

円筒,又は円すいの母線とがなす鋭角。

備考  JIS B 0102 参照

β

 helix

angle

(4)

ブローチのつかみ部

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4001

コッタ形つかみ部 

コッタ穴にコッタを入れて取り付ける形式の

つかみ

部。

備考  A 形及び B 形がある。

cotter type pull end

4002

シャンク径 

プルヘッドに入る部分,又はリトリービングヘッドに
入る部分の直径。

d shank

diameter

4003

コッタ穴までの長さ

先端からコッタ穴までの長さ。

distance from end to

cotter slot

4004

コッタ穴長さ 

コッタ穴の長さ。

length of cotter slot

4005

コッタ穴幅 

コッタ穴の幅。

width of cotter slot

4006

平取り長さ 

つかみ部の平らに取った部分の長さ。

length of flat face

4007

平取り幅 

つかみ部の平らに取った部分の幅。

width across flat faces

4008

シャンク径有効長さ

シャンクをプルヘッドに取り付けるための有効長さ。

effective shank length


17

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

コッタ形つかみ部 

4009

丸首形つかみ部 

つめ式の

プルヘッド又はリトリービングヘッドに取

り付ける丸形の

前つかみ部又は後つかみ部。

備考  A 形,B 形及び後つかみ部 (FR) がある。

round type pull end ;

round type retriever

4010

ネック径 

つかみ部のつめの入る部分の直径。

d

n

 neck

diameter

4011

首部長さ 

先端又は後端からネック部までの長さ。

− head

length

4012

ネック部長さ 

ネック部の長さ。

− neck

length

4013

平取り高さ 

つかみ部の平らに取った一面から外周までの距離。

height of flat

丸首形前つかみ部 


18

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

丸首形後つかみ部 

4014

台形溝形つかみ部 

台形溝形の

後つかみ部 (FT)。

trapezoid type retriever

4015

取付け溝 

丸首形及び台形溝形などの

つかみ部の取付け部分の

溝。

4016

取付け溝までの長さ

先端又は後端から

取付け溝までの長さ。

4017

取付け溝長さ 

取付け溝の長さ。

台形溝形つかみ部 

4018

ピン形つかみ部 

ピンによって取り付けられる形式の

つかみ部 (PP)。

pin type pull end

4019

取付け溝半径 

ピンが入る溝の丸み。 r

4020

取付け溝中心までの
長さ 

先端から

取付け溝半径の中心までの長さ。

4021

取付け溝までの高さ

取付け溝半径の底から外周までの距離。

ピン形つかみ部 

4022

ねじ形つかみ部 

ねじで取り付ける形式の

つかみ部。

備考 PT で表す。

thread type pull end

4023

取付けねじ径 

ねじ形つかみ部のねじの呼び径。

size of thread

4024

取付けねじ長さ 

ねじ形つかみ部のねじの長さ。

− thread

length

4025

ねじ中心までの高さ

底面からねじの中心までの高さ。

height of thread center


19

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

ねじ形つかみ部 

(5)

ブローチの精度

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

曲がり 

平形キー溝ブローチ,平ブローチなどの底面及び側面
の平面度。

− flatness

5001

5002

振れ 

丸ブローチ,スプラインブローチなどのシャンク又は
刃部の振れの最大値(両センタ基準)。

− run

out

平形キー溝ブローチなどのブローチ幅に対する刃幅
の対称度。

5003

振分け 

− symmetry


20

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

ブローチ歯形と同時に研削した試験片の歯形につい
てブローチの軸心を中心とし,有効歯たけ中央を通る

円との交点を通る基準歯形(

3

)

を基準とし,これに垂直

に測った,歯形を検査する範囲内における凸側及び凹
側の最大誤差の和。

なお,歯形誤差は正面歯形についていう。

(

3

)

正しいインボリュート曲線ばかりではな
く,中央を膨らませたり歯末,歯元をやせ

させるような歯形修正を行う場合には,そ
れらの歯形を基準歯形とする。

備考  JIS B 0102 参照

5004

歯形誤差 

f

f

total profile error

ブローチ歯形と同時に研削した試験片の歯形につい
て,ブローチの軸心を中心とし,有効歯たけ中央付近
を通る円と実際の歯形との交点,及びその歯形に対す
る基準の歯形との交点との間の円周方向の長さ。その

歯のその円周上における位置の誤差を表す。

備考1.  JIS B 0102参照

2.

基準の歯形からはみ出ている場合を正,

引っ込んでいる場合を負とする。ただし,
基準の歯形とは,その歯車の歯の中から
基準とする歯を定め,その歯形と上記の

円との交点を通る誤差がない歯形を 1 番
目の基準の歯形とし,正しいピッチで
次々に並んでいる誤差がない歯形であ

る。

5005

累積ピッチ誤差 

F

p

cumulative pitch error

5006

一刃の切込み誤差 

一刃当たりの切込み寸法と設計値との差

cut per tooth error

(6)

ブローチの刃部の損傷

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

6001

摩耗 

切削によって生じた漸進的な減耗(JIS B 0170 参照)

。 − wear

6002

逃げ面摩耗 

逃げ面に生じる摩耗。発生場所によって外周逃げ面摩
耗と側逃げ面摩耗とに分ける。

備考  JIS B 0170 参照

− flank

wear

6003

逃げ面摩耗幅 

逃げ面摩耗の切削方向の幅。

VB  width of flank wear

6004

かど摩耗 

逃げ面摩耗のうち,かど部に生じる摩耗。

備考  三角摩耗ともいう(JIS B 0170 参照)。

− corner

wear

6005

かど摩耗幅 

かど摩耗の切削方向の幅。

VBc  width of corner wear


21

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

6006

すじ摩耗 

逃げ面摩耗のうち,すじ状に生じる摩耗。

備考  一般に前刃のニックに対応した位置に生じ

ることが多い。 

6007

境界摩耗 

逃げ面摩耗のうち,切削部と非切削部との境界部に生
じる

摩耗(JIS B 0170 参照)。

− boundary

wear

6008

境界逃げ面摩耗幅 

境界摩耗の切削方向の幅。 VB

N

  width of boundary wear

6009

すくい面摩耗 

すくい面上に生じる摩耗(JIS B 0170 参照)。

− face

wear

6010

欠損 

切削によって

切れ刃に生じた大きな欠け(JIS B 0170

参照)

6011

チッピング 

切削によって

切れ刃に生じた小さな欠け(JIS B 0170

参照)

cutting edge chipping

6012

破損 

切削によって生じる

刃部,チップの全体に及ぶ破壊。

備考  通常,破損が生じると切削不能となり,再

研削も困難となる(JIS B 0170 参照)

fracture of cutting part

6013

折損 

ボデー又はシャンクに生じる折れ。

− breakage

6014

はく離 

切削によって

刃部に生じたりん(鱗)片状のものの分

離(JIS B 0170 参照)

− flaking


22

B 0175-1996

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

6015

き裂 

切削によって

刃部に生じたき裂及び割れ(JIS B 0170

参照)

− crack


23

B 0175-1996

(7)

ブローチの一般の用語

参考

番号

用語

定義

量記号

単位

対応英語

7001

切削速度 

切れ刃の 1 点におけるブローチと工作物との相対的
な切削方向の速度(JIS B 0170 参照)

Vc, V

m/min cutting

speed

7002

下穴 

内面ブローチでブローチ加工を行うとき,あらかじ
め工作物にあけられた穴。

 mm

prepared

hole

7003

切削寸法 

工作物の切込み方向の切削される寸法。

備考  丸ブローチなどでは直径をいい,切削量

ともいう。

mm

depth of cut

7004

切削長 

工作物のブローチ加工される部分の全体の長さ。

mm

length of cut

7005

同時切削刃数 

切削長の中に含まれる刃数。 n

7006

プルヘッド 

ブローチ盤のブローチを連結して引っ張る部分。

− pull

head

7007

リトリービングヘ
ッド 

ブローチ盤のブローチを連結して戻す部分。

− retrieving

head

7008

案内こま(駒) 

キー溝加工で工作物の取付けとブローチの案内とを

行うもの。

− broach

horn

7009

ライナ 

平形キー溝ブローチで切削回数 2 回以上でキー溝を
仕上げるような場合,ブローチ

底面と案内こま(駒)

の接する部分に入れるもの。

− liner

7010

ブローチホルダ 

組合せブローチの取付具。

− broach

holder

7011

切削荷重 

ブローチ加工に要する力。 P

N

broachin load

7012

予想切削荷重 

設計時に計算式を用いて算出した

切削荷重。 P

N

calculated

broaching

load

7013

ストローク 

ブローチ加工時,引抜き又は押抜きに必要な切削方
向の距離。

 mm

stroke

length

7014

最大切削長 

一つのブローチで加工できる工作物の最大長さ。

mm

maximum length of

cut

関連規格  JIS B 4237  ブローチのつかみ部の形状・寸法

JIS B 4238

  キー溝ブローチ


24

B 0175-1996

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

村  田  良  司

東京理科大学

(委員)

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

伊  藤      哲

工業技術院機械技術研究所

因      幸二郎

財団法人日本規格協会

野  上      彰

株式会社不二越

羽  山  隆  貫

日立ツール株式会社

沢  畠  英  明

株式会社斎藤ツヰストドリル製作所

日下部  祐  次

株式会社神戸製鋼所

福  永  博  幸

三菱重工業株式会社

三  好  忠  義

オーエスジー株式会社

徳  増      肇

社団法人日本機械工業連合会

大  高  義  穂

社団法人日本工作機械工業会

西  村  欣  也

社団法人日本歯車工業会

石  川  侑  男

社団法人日本金型工業会

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社

(関係者)

片  桐  泰  典

株式会社不二越

鳥  居  信  良

株式会社神戸製鋼所

関  口      徹

株式会社不二越

田  中  祐  弌

株式会社神戸製鋼所

吉  年  成  恭

日立ツール株式会社

(事務局)

平  野  武  治

日本工具工業会

西  垣  吉麻呂

日本工具工業会