>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0174

:2007

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  分類

1

4

  歯切工具の呼び方

1

5

  用語及び定義

2

5.1

  歯切工具の名称

2

5.2

  歯切工具の種類

3

5.3

  歯切工具の要素

18

5.4

  歯切工具の角

40

5.5

  歯切工具の精度

44

5.6

  歯切工具の刃部の損傷

49

5.7

  歯切工具の一般

51

附属書 A(参考)参考文献

55


B 0174

:2007

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工具工業会

(JSCTA)  及び財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申

出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これにより,

JIS B 0174:1991

は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


  

日本工業規格

JIS

 B

0174

:2007

歯切工具用語

Gear cutters

−Vocabulary

1

適用範囲

この規格は,主に金属切削用として一般に用いる歯切工具

1)

の呼び方並びに歯切工具に関する用語及び

定義について規定する。

1)

歯車及びこれに類似の形状のもの(例えば,スプライン軸,スプロケット)の歯溝を切削する

工具。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0102

  歯車用語−幾何学的定義

3

分類

用語の分類は,次による。

a)

歯切工具の名称

b)

歯切工具の種類

1)

刃部材料及び表面処理による分類

2)

構造による分類

3)

取付方法による分類

4)

機能又は用途による分類

c)

歯切工具の要素

d)

歯切工具の角

e)

歯切工具の精度

1)

ホブ

2)

ピニオンカッタ

3)

丸形シェービングカッタ

4)

その他一般

f)

歯切工具の刃部の損傷

g)

歯切工具の一般

4

歯切工具の呼び方

歯切工具は,箇条 の b)の番号順に,該当する用語を組み合わせて呼ぶ。


2

B 0174

:2007

  

なお,刃部材料に高速度工具鋼を用いたもの,構造がむくのもの及び取付方法がアーバ形のものは,こ

れを省略して呼ぶ(次の例の括弧内の語)

呼び方

刃部材料及び表面処理

構造

取付方法

機能又は用途

ディスク形はすば歯車用ピ

ニオンカッタ

(高速度工具鋼)

(むく)

(アーバ形) ディスク形はすば歯車用

ピニオンカッタ

コーティング組立セミトッ

ピング歯車用多条ホブ

コーティング(高速度工具鋼) 組立

(アーバ形) セミトッピング歯車用多

条ホブ

コーティング超硬ホブ

コーティング超硬(合金)

(むく)

(アーバ形) ホブ

丸形シェービングカッタ

(高速度工具鋼)

(むく)

(アーバ形) 丸形シェービングカッタ

5

用語及び定義

歯切工具の用語及び定義は,JIS B 0102 によるほか,次の 5.1 から 5.7 による。

共通的事項は,次による。

−  用語の一部に丸括弧を付けてあるもので,紛らわしくない場合は括弧の中の語を省略してもよい。

−  用語の定義の中の太字で示したものは,この規格に規定しているものを示す。

−  用語欄で用語の下の括弧付きの仮名書きは,読み方を示す。

−  用語欄で併記したものは,先に記載した呼び方を優先する。

−  図は一例を示すものであって,形状及び大きさを示すものではない。

−  図中の括弧内の数字は,この規格の用語の番号を示す。

  なお,参考のために量記号,単位記号及び対応英語を示す。

5.1

歯切工具の名称

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1001 

ピニオンカッタ 

歯車形の

歯面に切れ刃をもつ歯切工具。

注記  歯車形削り盤に用い,工具と工作物とが一定の関係を保

つ回転運動と往復運動とによって歯切りをする。

gear shaper cutter,
pinion type cutter 

1002 

ホブ 

ウォームのねじすじを横断する多数の

溝を設け,ねじすじに沿

って隣り合った

溝の間に逃げ面を設けた切れ刃をもつ歯切工

具。 
注記  ホブ盤に用い,工具と工作物とが一定の関係を保つ回転

運動と送り運動とによって歯切りをする。

gear hob

1003 

ラックカッタ 

ラック形の

切れ刃をもつ歯切工具。

注記  歯車平削り盤又は歯車形削り盤に用い,工具及び工作物

とが一定の関係を保つ回転運動と往復運動とによって歯
切りをする。

rack type cutter, 
gear planer cutter

1004 

シェービングカッ

 

インボリュート円筒歯車又はラックの

歯面に多数の切れ刃溝を

もつ工具。 
注記  歯車シェービング盤に用い,工具と工作物とに交差角を

与えてかみ合わせ,いずれか一方を強制駆動をしながら
工作物の

歯面を仕上げる。

shaving cutter

1005 

かさ歯車用カッタ 

かさ歯車歯切盤に取り付けて,かさ歯車を歯切りする工具。 
注記  専用のかさ歯車歯切盤に用いるもののほか,フライス盤

に使用するものもある。

bevel gear cutter

1006 

歯切り用フライス 

歯切りに用いるフライス。 milling

cutte for

gear cutting


3

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1007 

歯切り用ブローチ 

歯切りに用いるブローチ。

broach for gear

cutting

1008 

歯切り用バイト 

歯切りに用いるバイト。

single point tools for

gear cutting

1009 

歯車転造用丸ダイ

 

歯車の

歯面の仕上げ及びむくからスプラインの盛り上げに用い

る歯車形の転造工具。

gear rolling dies

1010 

歯車転造用平ダイ

 

歯車の

歯面の仕上げ及びむくからスプラインの盛り上げに用い

るラック形状の転造工具。

spline rack, 
forming rack

5.2

歯切工具の種類

5.2.1

刃部材料及び表面処理による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2101 

高速度(工具)鋼

歯切工具 

刃部の材料に高速度工具鋼を使用した歯切工具。

high speed (tool)

steel gear cutter

2102 

超硬質工具材料歯

切工具 

刃部の材料に超硬質合金(超硬合金,サーメット,コーティン
グ合金など)又は非合金の超硬質材料[セラミック,窒化ほう

素(BN)焼結体,ダイヤモンド焼結体など]を使用した歯切工
具。 
注記  超硬歯切工具,サーメット歯切工具,コーティング超硬

歯切工具,セラミック歯切工具(ceramic gear cutter)

,cBN

歯切工具(cubic boron nitride gear cutter),ダイヤモンド歯切
工具(diamond gear cutter)などの種類がある。

hard tool material

gear cutter

2103 

超硬(合金)歯切

工具 

刃部の材料に超硬合金(炭化タングステンを主体とした焼結物)
を使用した歯切工具。

carbide gear cutter,
cemented carbide

gear cutter,

hard metal gear

cutter

2104 

サーメット歯切工

 

刃部の材料にサーメット(チタン化合物を主体とした焼結物)
を使用した歯切工具。

cermet gear cutter

2105 

コーティング歯切

工具

刃部の材料に炭化物,窒化物,酸化物などを,表面に 1 層又は
多層に化学的に結合又は物理的に密着させた工具材料を使用し
た歯切工具。 
注記  被覆された工具材料の区分によって,コーティング高速

度工具鋼歯切工具(coated high speed tool steel gear cutter),
コーティング

超硬歯切工具(coated carbide gear cutter)など

の種類がある。

coated gear cutter

2106 

電着歯切工具 

刃部の材料にダイヤモンド及び cBN と粒(砥粒)を表面に 1 層
又は多層に電着させた歯切工具。 
注記  ダイヤモンド電着歯切工具,cBN 電着歯切工具などの種

類がある。

electro-plated tool

for gear grinding


4

B 0174

:2007

  

5.2.2

構造による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2201 

むく歯切工具, 
ソリッド歯切工具 

全体が同一材料から作られ,一体となっている歯切工具。

solid gear cutter

2202 

ろう付け歯切工具 

刃部の材料をボデーにろう付けした歯切工具。

blazed gear cutter

2203 

植刃歯切工具 

ボデーに高速度工具鋼,超硬合金などのブレード又はセグメン
トを機械的に取り付けた歯切工具。

inserted gear cutter,
segmented gear

cutter

2204 

組立ホブ 

ボデーに多山のブレード又はセグメントを挿入して組み立てた
ホブ。

inserted blade hob,
segmented hob, 
segment hob


5

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2205 

クランプ歯切工具 

ボデーにチップ又はブレードを機械的に取り付けた歯切工具。

clamped gear cutter

2206 

スローアウェイ歯

切工具 

ボデーにスローアウェイチップを機械的に締め付けたクランプ
歯切工具。

throw-away gear

cutter

2207 

組合せ歯切工具 

ボデーを組み合わせた歯切工具。

combination gear

cutter


6

B 0174

:2007

  

5.2.3

取付方法による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2301 

ディスク形ピニオ

ンカッタ 

円板状で中央に取付穴をもち,

座ぐり深さが刃幅以下のピニオ

ンカッタ(JIS B 4356 参照)。

gear shaper cutter−

disk type,

pinion type cutter−

disk type

2302 

ベル形ピニオンカ

ッタ 

座ぐり深さが刃幅を超え,基準面がボス状になったピニオンカ
ッタ(JIS B 4356 参照)。

gear shaper cutter−

counter bore type,

pinion type cutter−

counter bore type

2303 

シャンク形ピニオ

ンカッタ 

テーパシャンク又はストレートシャンクの取付部をもった

ピニ

オンカッタ(JIS B 4356 参照)。

gear shaper cutter−

shank type,

pinion type cutter−

shank type

2304 

ハブ形ピニオンカ

ッタ 

取付部分が穴及び穴と同軸のめねじの

ピニオンカッタ。

gear shaper cutter−

hub type,

pinion type cutter−

hub type

2305 

穴付きホブ 

アーバに取り付ける穴をもった

ホブ。

注記  ストレート穴ホブとテーパ穴ホブとがある。ストレート

ホブは,単にホブという。

arbor type gear hob,
shell type gear hob


7

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2306 

シャンク形ホブ 

テーパシャンク又はストレートシャンクの取付部をもった

ブ。

shank type gear hob

2307 1

形ラックカッタ

すくい面が取付面に対してすくい角だけ傾いているラックカッ
タ。

rack type cutter−

type 1

2308 2

形ラックカッタ

すくい面が取付面と平行なラックカッタ。

rack type cutter−

type 2

2309 3

形ラックカッタ 

やまば歯車用のはすばラック形の

ラックカッタ。

通常,

右ねじれ及び左ねじれのカッタをもって一対とする。

rack type cutter−

type 3

2310 1

枚歯ラックカッ

 

歯数が 1 枚のラックカッタ。

single toothed rack

type cutter

2311 

丸形シェービング

カッタ 

カッタのピッチ面が円筒の

シェービングカッタ(JIS B 4357 

照)

rotary gear shaving

cutter


8

B 0174

:2007

  

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2312 

ハブ形シェービン

グカッタ 

ハブをもつ丸形シェービングカッタ。 
注記  主に内歯車のシェービング加工に使用する。

rotary gear shaving

cutter with hub

2313 

ラック形シェービ

ングカッタ 

カッタのピッチ面が平面の

シェービングカッタ。

rack type gear

shaving cutter

5.2.4

機能又は用途による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2401 

はすば歯車用ピニ

オンカッタ 

はすば歯車を歯切りする

ピニオンカッタ。

pinion type cutter

for helical gear

2402 

外歯車用)ピニ

オンカッタ 

外歯車を歯切りする

ピニオンカッタ。

pinion type cutter

(for external gear)

2403 

内歯車用ピニオン

カッタ 

内歯車を歯切りする

ピニオンカッタ。

pinion type cutter

for internal gear

2404 

プリグラインディ

ングピニオンカ
ッタ 

歯車研削の前加工用の

ピニオンカッタ。 pre-grinding

pinion

type cutter

2405 

プリシェービング

ピニオンカッタ 

シェービング加工を施す歯車の前加工用の

ピニオンカッタ。 pre-shaving pinion

type cutter

2406 

プロチュバランス

付きピニオンカ
ッタ 

プロチュバランス歯形をもったピニオンカッタ。 protuberance

pinion

type cutter

2407 

セミトッピング付

きピニオンカッ
 

セミトッピング歯形をもったピニオンカッタ。 semi-topping

pinion

type cutter

2408 

トッピングピニオ

ンカッタ 

トッピング歯形をもったピニオンカッタ。

topping pinion type

cutter


9

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2409 

スプラインピニオ

ンカッタ 

スプラインを歯切りする

ピニオンカッタ。

注記  スプラインの歯形によって,インボリュートスプライン

ピニオンカッタ,角形スプラインピニオンカッタ,台形

スプラインピニオンカッタ,ヘリカルスプラインピニオ
ンカッタなどの種類がある。

pinion type cutter

for spline

2410 

スプロケットピニ

オンカッタ 

スプロケットを歯切りする

ピニオンカッタ。

注記  スプロケットの種類によって,ローラチェーンスプロケ

ットピニオンカッタ,サイレントチェーンスプロケット
ピニオンカッタ,ブロックチェーンスプロケットピニオ

ンカッタ,フィルムスプロケットピニオンカッタ,タイ
ミングベルトプーリスプロケットピニオンカッタなどの
種類がある。

pinion type cutter

for sprocket

2411 

セレーションピニ

オンカッタ 

セレーションを歯切りする

ピニオンカッタ。

注記  直線(又は山形)セレーションピニオンカッタなどの種

類がある。

pinion type cutter

for serration

2412 

荒加工用ピニオン

カッタ 

荒加工用歯形をもったピニオンカッタ。

pinion type cutter

for roughing

2413 

仕上げ用ピニオン

カッタ 

仕上げ用歯形をもったピニオンカッタ。

pinion type cutter

for finishing

2414 

特殊歯形ピニオン

カッタ 

特殊な

歯形を歯切りするピニオンカッタ。

注記  カム,四角穴などの種類がある。

pinion type cutter

for particular 
profile


10

B 0174

:2007

  

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2415 

特殊形状ピニオン

カッタ 

形状が特殊な

ピニオンカッタ。

注記  ポットピニオンカッタ

pinion type cutter of

particular form

2451 

直線溝ホブ 

直線溝をもったホブ。

axial gash gear hob,
straight gash gear

hob

2452 

ねじれ溝ホブ 

ねじれ溝をもったホブ。 
注記  通常,溝は,歯すじに直角になっている。 

helical gash gear

hob

2453 

逆ねじれ溝ホブ 

逆ねじれ溝をもったホブ。 
注記  逆リードホブともいう。 

inverse helical gash

gear hob

2454 

テーパ付きホブ 

ピッチ面が円筒であって,外周の一部がテーパになっている

ブ。

gear hob with taper

2455 

円すいホブ 

ピッチ面が円すいになっている

ホブ。

conical gear hob

2456 1

条ホブ 

切れ刃が 1 条の歯溝に沿っているホブ。

single thread gear

hob,

single start gear hob

2457 

多条ホブ 

切れ刃が 2 条以上の歯溝に沿っているホブ。

multi threads gear

hob,

multi starts gear hob

2458 

歯車用(はん用)

ホブ 

円筒歯車を歯切りするはん用

ホブ(JIS B 4354 参照)。

gear hob


11

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2459 

小形歯車用ホブ 

時計,計器類などの小形歯車を歯切りする

ホブ(JIS B 4354 

照)

fine pitch gear hob

2460 

減速歯車用ホブ 

タービン歯車などの大形歯車を歯切りする

ホブ。通常,食付き

部をもっている。

turbine gear hob, 
reduction gear hob

2461 

スプラインホブ 

スプライン軸を歯切りする

ホブ。

注記  軸の歯形及び形状によって,インボリュートスプライン

ホブ,角形スプラインホブ,台形スプラインホブ,テー
パルートスプラインホブなどがある。

spline hob

2462 

セレーションホブ 

セレーション軸を歯切りする

ホブ。

注記  軸の歯形及び形状によって,直線(又は山形)セレーシ

ョンホブ,テーパセレーションホブなどの種類がある。

serration hob

2463 

スプロケットホブ 

スプロケットを歯切りする

ホブ。

注記  スプロケットの種類によって,ローラチェーンスプロケ

ットホブ,サイレントチェーンスプロケットホブ,ブロ
ックチェーンスプロケットホブ,フィルムスプロケット
ホブなどの種類がある。

sprocket hob

2464 

タイミングベルト

プーリホブ 

タイミングベルトプーリを歯切りする

ホブ。

timing belt pulley

hob


12

B 0174

:2007

  

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2465 

ウォームホブ 

ウォームホイールを歯切りする

ホブ。

注記  通常,ホブのピッチ円筒,条数及び歯面はウォームのそ

れらと等しくなる。ウォームホイールにクラウニングを

付けるためのクラウニングウォームホブ,タンジェンシ
ャル送りで歯切りするために

食付き部を設けたホブなど

の種類がある。

worm hob

2466 

鼓形ウォームホブ 
(つづみがた―) 

ウォームホイールを歯切りする

ホブで,外周が中央から両端に

向かって大きくなっている

ホブ。

hourglass worm hob

2467 

複リードウォーム

ホブ 

ウォームギヤの

歯厚を微量調整歯切りするために左右リードを

変えた

ホブ。

dual lead worm hob

2468 

セ レ ー テ ッ ド ホ

ブ,

ウォームシェービ

ングホブ 

ウォームホイールの

歯形をシェービング仕上げするホブ。

注記  ウォーム状のねじ面に多数の溝を設けたもの。

serrated shaving

hob,

wormer shaving hob

2469 

荒加工用ホブ 

荒加工用歯形をもったホブ(JIS B 4350 参照)。

roughing gear hob

2470 

仕上げ用ホブ 

仕上げ用歯形をもったホブ(JIS B 4350 参照)。

finishing gear hob

2471 

一巻(荒削り)ホ

 

ほぼ 1

ピッチ分の歯幅をもった荒加工用ホブ。主に大モジュー

ル歯車の歯切りに使用する。

one wind roughing

gear hob

2472 

研削ホブ 

刃部の逃げ面を研削仕上げしたホブ。 
注記  グランドホブともいう。

ground hob

2473 

非研削ホブ 

刃部の逃げ面を研削していないホブ。 
注記  アングランドホブともいう。

unground hob

2474 

プリグラインディ

ングホブ 

歯車研削の前加工用の

ホブ(JIS B 4350 参照)。 pre-grinding

gear

hob

2475

プリシェービング

ホブ 

シェービング加工を施す歯車の前加工用の

ホブ(JIS B 4350 

照)

pre-shaving gear

hob

2476 

プロチュバランス

付きホブ 

プロチュバランス歯形をもったホブ(JIS B 4350 参照)。 protuberance

gear

hob


13

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2477 

セミトッピング付

きホブ 

セミトッピング歯形をもったホブ(JIS B 4350 参照)。 semi-topping

gear

hob

2478 

トッピングホブ 

トッピング歯形をもったホブ(JIS B 4350 参照)。

topping gear hob

2479 

修整歯形ホブ 

修整歯形をもったホブ(JIS B 4350 参照)。 modified

tooth

profile gear hob

2480 

特殊歯形ホブ 

特殊な

歯形を歯切りするホブ。

注記  半月キー溝用ホブ,非円形歯車用ホブ,フェイスギヤ用

ホブ,ロータ用ホブなどの種類がある。

gear hob for

particular profile

2481 

サイクロイドホブ 

サイクロイド歯形をもった

ホブ。

cycloid gear hob

2482 

シングルポジショ

ンホブ 

特定の取付位置で歯切りする

ホブ。

single position hob

2483 

チャンファリング

ホブ 

歯形の端面の面取りをするホブ。

chamfering hob

2484 

ラチェットホブ 

ラチェット

歯形をもつ歯車を歯切りするホブ。

注記  一般の歯車の歯溝底の丸み又はフィレット径を確保する

ためには,

シングルポジションホブにする。

ratchet hob

2485 

サインカーブホブ 

サインカーブ歯形をもった歯車を歯切りする

ホブ。

sine curve hob

2486 

内歯車用ホブ 

内歯車を歯切りする

ホブ。

gear hob for internal

gear

2501 

すぐばラックカッ

 

平歯車及びはすば歯車用のすぐばの

ラックカッタ。

注記  通常,インボリュート平歯車及びはすば歯車用のラック

カッタを単にラックカッタという。

rack type cutter for

spur and helical 
gear


14

B 0174

:2007

  

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2502 

はすばラックカッ

 

はすば歯車の歯切りに使用するはすばラック形の

ラックカッ

タ。

helical rack type

cutter

2503 

荒加工用ラックカ

ッタ 

荒加工用歯形をもったラックカッタ(JIS B 4350 参照)。

roughing rack type

cutter

2504 

仕上げ用ラックカ

ッタ 

仕上げ用歯形をもったラックカッタ(JIS B 4350 参照)。

finishing rack type

cutter

2505 

プリグラインディ

ングラックカッ
 

歯車研削の前加工用の

ラックカッタ(JIS B 4350 参照)。 pre-grinding

rack

type cutter

2506 

プリシェービング

ラックカッタ 

シェービング加工を施す歯車の前加工用の

ラックカッタ(JIS B

4350

参照。

pre-shaving rack

type cutter

2507 

セミトッピング付

きラックカッタ 

セミトッピング歯形をもったラックカッタ(JIS B 4350 参照)。 semi-topping

rack

type cutter

2508 

スプラインラック

カッタ 

スプラインを歯切りする

ラックカッタ。

注記  スプラインの歯形によって,インボリュートスプライン

ラックカッタ,角形スプラインラックカッタ,台形スプ
ラインラックカッタなどの種類がある。

spline rack type

cutter

2509 

スプロケットラッ

クカッタ 

スプロケットを歯切りする

ラックカッタ。

注記  スプロケットの種類によって,ローラチェーンスプロケ

ットラックカッタ,サイレントチェーンスプロケットラ

ックカッタ,ブロックチェーンスプロケットラックカッ
タなどの種類がある。

sprocket rack type

cutter

2510 

特殊歯形ラックカ

ッタ 

特殊な

歯形を歯切りするラックカッタ。

rack type cutter for

particular profile

2511 

特殊形状ラックカ

ッタ 

形状が特殊な

ラックカッタ。

rack type cutter of

particular form

2551 

シェービングカッ

 

歯車の

歯面をシェービング仕上げする歯切工具(JIS B 4357 

照)

shaving cutter


15

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2552 

特殊セレーション

シェービングカ
ッタ 

特殊な

セレーション形状をもつシェービングカッタ。主として

小ピッチ歯車のシェービング仕上げに用いる。

shaving cutter for

particular 
serration

2553 

リード修整用シェ

ービングカッタ 

歯車の

リードを修整するため,片歯面にだけセレーションを設

けた

シェービングカッタ。

shaving cutter for

lead modification

2601 

すぐばかさ歯車用

カッタ 

すぐばかさ歯車を歯切りするカッタ。

straight bevel gear

cutter

2602 

すぐばかさ歯車用

G

形刃物 

すぐばかさ歯車歯切盤に取り付けて使用する板状の

すぐばかさ

歯車用カッタ。上刃物及び下刃物をもって一対とする(JIS B 
4351

参照)

注記  使用する機械の大きさによって,75 形,150 形,300 形な

どの種類がある。

straight bevel gear

generating cutter 
type G

2603 

荒加工用すぐばか

さ歯車用 形刃
 

荒加工用歯形をもったすぐばかさ歯車用 形刃物。

straight bevel gear

generating cutter 
for roughing type 
G


16

B 0174

:2007

  

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2604 

すぐばかさ歯車用

ロータリカッタ 

すぐばかさ歯車を歯切りするロータリ形のカッタ。

rotary cutter for

straight bevel 
gear generating

2605 

まがりばかさ歯車

用カッタ 

まがりばかさ歯車を歯切りするカッタ。

spiral bevel gear

cutter

2651 

インボリュートフ

ライス 

インボリュート平歯車及びはすば歯車を歯切りする二番取りフ

ライス(JIS B 4232 参照)

involute gear

milling cutter

2652 

かさ歯車用インボ

リュートフライ
 

すぐばかさ歯車を歯切りする二番取りフライス。 involute

milling

cutter for straight 
bevel gear

2653 

歯切りエンドミル 

外周面に

歯形状の切れ刃をもったエンドミル。

注記  主に大形歯車の歯切りに用いる。

gear cutting end mill

2654 

スプラインフライ

 

スプラインを歯切りする二番取りフライス。 
注記  スプラインの歯形によって,インボリュートスプライン

フライス,角形スプラインフライス,台形スプラインフ
ライスなどの種類がある。

spline milling cutter


17

B 0174

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2655 

スプロケットフラ

イス 

スプロケットを歯切りする二番取りフライス。 
注記  スプロケットの種類によって,ローラチェーンスプロケ

ットフライス,サイレントチェーンスプロケットフライ

スなどがある。

sprocket milling

cutter

2656 

セレーションフラ

イス 

セレーション軸を歯切りする二番取りフライス。 
注記  軸の歯形によって,直線(又は山形)セレーションフラ

イスなどの種類がある。

serration milling

cutter

2657 

ウォームフライス 

ウォームの歯切りに用いる二番取りフライス。 worm

milling

cutter

2701 

内歯車用ブローチ 

インボリュート歯形の内歯車の歯切りに用いるブローチ。 
注記  はすば内歯車用のヘリカルインボリュートブローチもあ

る。

involute broach

2702 

スプラインブロー

 

スプライン穴の加工に用いるブローチ。 
注記  スプラインの歯形及び形状によって,インボリュートス

プラインブローチ,角形スプラインブローチ,台形スプ
ラインブローチ,ヘリカルスプラインブローチなどの種
類がある。

spline broach

2703

セレーションブロ

ーチ 

直線(又は山形)セレーション穴の加工に用いるブローチ。 serration

broach


18

B 0174

:2007

  

5.3

歯切工具の要素

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3001 

呼び寸法 

歯切工具の大きさを表す寸法。 
注記  モジュール,圧力角,外径,全長などがある。

― nominal

size

3002 

外径 

刃部の最大径。

outside diameter

3003 

全長 

軸方向又は長手方向の全体の長さ。

overall length


19

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3004 

ピッチ円筒 

円筒形のピッチ面。

― pitch

cylinder

3005 

ピッチ円すい 

円すい形のピッチ面。

― pitch

cone

3006 

ピッチ円 

ピッチ円筒と正面との交線。円すいホブでは,ピッチ
円すいと背円すいとの交線をいう。

― pitch

circle

3007 

ピッチ円直径 

ピッチ円筒の直径。

d

0

 pitch

diameter


20

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3008 

 

円盤状歯切工具の軸方向の長さ。

width

3009 

刃幅 

刃部の軸方向の長さ。

3010 

刃幅の面取り長さ 

刃幅の後端部の面取りの寸法。

― chamfer

width

3011 

厚さ 

角形状歯切工具の取付部の

厚さ。

width

3012 

高さ 

角形状歯切工具の

底面から刃先までの高さ。

height


21

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3013 

穴径 

取付穴の直径。

bore diameter, 
hole diameter

3014 

穴の盗み 

はめあいを良くするために取付穴に設けた逃げ部。

― recess

3015 

軸受部 

穴とアーバのはまり合う部分。

― bearing

3016 

軸受部の長さ 

軸受部の軸方向の長さ。

― bearing

length

3017 

キー溝 

アーバに設けた平行キーにはまり合う溝。

― axial

keyway

3018 

端面キー溝, 
サイドキー溝, 
面キー溝 

ハブの端面に設けたキー溝。

― tenon,

key slot, 
keyslot


22

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3019 

ボデー 

工具の基幹をいい,それ自身が

切れ刃を形成するか,

又は

ブレード若しくはチップを保持する部分を含め

た全体。

― body

3020 

シャンク 

工具の柄部をいい,使用に当たってこれを保持する。

― shank

3021 

ブレード, 
インサートブレー

 

ボデーに機械的に保持されて刃部を構成する比較的
長めの

チップ又は台金にチップを固着したもの。

― blade,

insert blade

3022 

セグメント 

一つの

ブレードに,二つ以上の切れ刃をもつもの。

― segment,

segmental blade

3023 

チップ 

ボデーなどに取り付けて使用する刃物材料の小片を
いい,その一部に

刃部を形成したもの。

― tip


23

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3024 

ハブ 

円筒形状をもつ工具の

端面に軸方向に設けた突起部

で,円筒又は円すい形状のもの。

― hub

3025 

ハブ径 

ハブの直径。

D

1

 hub

diameter

3026 

ハブ長さ 

ハブの軸方向の長さ。

hub length

3027 

ハブ面 

ハブの端面。

― hub

face

3028 

ハブの二面幅 

ハブ形ピニオンカッタのスパナをかける部分の二面
間の寸法。

width across flats of

hub


24

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3029 

取付面 

ディスク形ピニオンカッタ及びベル形ピニオンカッ
タの締付ナットの当たる側の面。ラックカッタでは,
すくい面側の平面。

― clamp

face

3030 

取付面径 

ディスク形ピニオンカッタ及びベル形ピニオンカッ
タの取付面上の座ぐり径。

― counter

bore

diameter

3031 

座ぐり深さ 

ピニオンカッタの歯先を通り軸に直角な面から取付
面までの距離。

― depth

of

counter

bore

3032 

取付基準面 

工具を機械に取り付けるときの基準となる面。

― datum

clamp

face

3033 

底面 

ディスク形ピニオンカッタ,ベル形ピニオンカッタ及

ハブ形ピニオンカッタの切れ刃と反対側で機械に

取り付ける面。

ラックカッタ及びすぐばかさ歯車用 G

形刃物では,歯先面と反対側の面。

― bottom

face

3034 

基準端面 

ラックカッタの取付け及び測定の基準となる端面。

datum end face

3035 

表面

おもてめん) 

すぐばかさ歯車用 形刃物の取付側面と反対側で取
付部の面。

― right

face

3036 

裏面

うらめん) 

すぐばかさ歯車用 形刃物の歯面と反対側で切削作
用をしない

刃部の面。

― reverse

face

3037 

端面 

両端の面。

― end

face

3038 

側面 

シェービングカッタの両端面。

― side

face


25

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3039 

刃部 

工具の切削に直接あずかる部分。

切れ刃,すくい面及

逃げ面から成る。

― cutting

tooth

3040 

切れ刃 

刃部構成要素の一つで,すくい面と逃げ面との交線。

― cutting

edge

3041 

右切れ刃 

軸中心線より上に

刃部を置いて,すくい面に向かって

歯の右側の

切れ刃。

right cutting edge

3042 

左切れ刃 

右切れ刃と反対側との切れ刃。

left cutting edge

3043 

歯先切れ刃 

歯先面とすくい面とによって構成する切れ刃。

top cutting edge

3044 

すくい面 

工具の切削を営む主体となる面で,切りくずは,この
面上を擦過する(JIS B 0170 の 1011 参照)

― face,

cutting face

3045 

歯面 

すくい面と交わって左右の切れ刃を構成する逃げ面。

― tooth

flank

3046 

右歯面 

右切れ刃を含む歯面。

right tooth flank

3047 

左歯面 

左切れ刃を含む歯面。

left tooth flank


26

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3048 

逃げ面 

(切削)仕上げ面との不必要な接触を避けるために逃
がした面。

すくい面との交線が切れ刃を形成する(JIS

B 0170

の 1012 参照)

― flank

3049 

歯先 

歯形の頂部。

― top

3050 

歯底 

歯溝の底の部分。

― bottom

3051 

歯先面 

歯先を限る面。

― top

land

3052 

歯底面 

歯溝の底の面。

― bottom

land


27

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3053 

歯先面の幅 

歯先における歯の厚さ。通常,左右の切れ刃の延長線
が切り取る

歯先の長さを表す。

width of top land

3054 

歯底面の幅 

歯底における歯溝の幅。通常,左右の切れ刃の延長線
が切り取る

歯底の長さを表す。

width of bottom

3055 

歯先の丸み 

歯先のかどの丸み。

r

a

top corner radius

3056 

歯底の丸み 

歯底の隅の丸み。

r

f

 fillet

radius

3057 

歯底のすき間 

全歯たけと切込み歯たけとの差。

bottom clearance

3058 

歯形 

データム平面と交差する指定された任意の面と歯面
との交線。 
注記  通常,この任意の面として,軸直角平面,歯直

角平面,軸平面などの種類を選ぶ。

 

tooth profile

3059 

基準歯形 

工作物の

歯形に対応して作った基準の歯形。

― basic

tooth

profile


28

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3060 

すくい面歯形 

すくい面の周縁の歯形。

tooth profile on

cutting face

3061 

正面歯形 

すくい面歯形を軸直角平面に投影した歯形。

― transverse

tooth

profile

3062 

軸歯形 

すくい面歯形を軸を含む平面に投影した歯形。

axial tooth profile

3063 

歯直角歯形 

すくい面歯形を歯すじに直角な平面に投影した歯形。

normal tooth profile

3064 

修整歯形 

基準歯形の歯末又は歯元を修整した歯形。

― modified tooth

profile

3065 

荒加工用歯形 

荒加工に使用する

歯形。

― roughing

tooth

profile

3066 

仕上げ用歯形 

仕上げ加工に使用する

歯形。

― finishing tooth

profile

3067 

前加工用歯形 

前加工に使用する

歯形。

― pre-finishing tooth

profile

3068 

プリシェービング

歯形 

シェービング仕上げする場合の

前加工用歯形。

― pre-shaving

tooth

profile

3069 

プリグラインディ

ング歯形 

研削仕上げする場合の

前加工用歯形。

― pre-grinding

tooth

profile

3070 

プロチュバランス

歯形 

シェービング又は研削仕上げのときに,

シェービング

カッタ又はと石の外周が工作物の歯底の丸みと干渉
するのを避けるために歯末にこぶを設けた

歯形。

― tooth

profile

with

protuberance

3071 

トッピング歯形 

歯車の外周も同時切削する

歯形。

― topping

tooth

profile


29

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3072 

セミトッピング歯

 

歯切りと同時に歯車の外周円筒と

歯面とが交わるエ

ッジの面取りをするために,歯元に面取り用の

刃部を

設けた

歯形。

― semi-topping

tooth

profile

3073 

歯厚 

歯の

厚さ。

― tooth

thickness

3074 

円弧)歯厚 

歯車形工具と同心の

歯形部分の円弧の厚さ。単に歯厚

ともいう。

S

0

 

circular tooth

thickness

3075 

弦歯厚 

一つの歯の両側の

歯形と歯車形工具の同心円との交

点間の最短距離。

S

0

 

chordal tooth

thickness

3076 

またぎ歯厚 

インボリュート歯車形工具で何枚かの歯をまたいで
測ったときの,平行 2 平面間の距離。

W

0

 

sector span


30

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3077 

全歯たけ 

歯の全体の歯たけ方向の長さ。

歯末のたけと歯元のた

けとの和に等しい。

h

0

 whole

depth

3078 

切込み歯たけ 

歯車の

全歯たけに相当する歯先からの距離。通常,

D

f  ”で表す。

cutting depth, 
whole depth of cut

3079 

弦高さ 

弦歯厚を測るときの弦から歯先円までの距離。

― chordal

height

3080 

歯末のたけ 

歯車の基準円半径と歯先円半径との半径差。

h

a

 cutter

addendum

3081 

歯元のたけ 

歯車の基準円半径と歯底円半径との半径差。

h

f

 cutter

dedendum

3082 

歯溝

はみぞ) 

隣り合った歯に挟まれた空間。

― tooth

space

3083 

歯溝の幅

はみぞのはば) 

データム直線及び基準円における歯溝の長さ。

― spacewidth


31

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3084 

歯すじ 

切れ刃を含む歯溝方向のねじ面と基準円筒又は基準
円すいとの交線。

― tooth

trace,

thread helix

3085 

歯すじのリード 

ホブの歯すじに沿って軸の周りを 1 周するとき軸方向
に進む距離。

― thread

lead

3086 

条数 

ホブの歯すじのリード間の歯溝の数。 
注記  1 条,2 条,3 条などがあり,2 条以上を多条と

いう。

Z

0

 

number of threads,
number of starts


32

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3087 

右ねじれ 

歯すじを軸方向(ラックカッタでは厚さの方向)に手
前からたどったとき,時計回り(

ラックカッタでは,

右進み)になるような方向のねじれ。

― right

hand

helix

3088 

左ねじれ 

右ねじれの反対の方向のねじれ。

left hand helix

3089 

 

ホブの円周方向に隣り合った刃部の空間。

― gash

3090 

溝数 

溝の数。

number of gashes

3091 

溝の深さ 

外周から

溝の底までの距離。

― gash

depth

3092 

直線溝 

ホブ軸に平行な

溝。

― straight

gash

3093 

ねじれ溝 

ホブ軸に対してねじれている

溝。通常,歯すじのねじ

れと反対方向のねじれとなる。

― helical

gash

3094 

逆ねじれ溝 

ホブの歯すじのねじれと溝のねじれが同じ方向のね
じれ溝。

― inverse

helical

gash,

reverse helical gash

3095 

溝のリード 

溝に沿って軸の周りを 1 周するとき軸方向に進む距
離。

GL 

gash lead


33

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3096 

歯数 

ピニオンカッタ,シェービングカッタ,ラックカッタ
などの歯の数。

z

0

number of teeth

3097 

モジュール 

基準ピッチを円周率で除した値。歯の大きさを表す単
位であり,ミリメートル単位で表す(JIS  B 0102 

1.2.1.4

参照)

module

3098 

ピッチ 

隣接する対応

歯形の,何らかの規定された方向での均

一な間隔を定義した寸法(JIS B 0102 の 1.2.1.3 参照)

pitch

3099 

歯直角ピッチ 

隣り合った同じ側の二つの

歯面の歯すじの間にある,

歯すじと同じ円筒上の歯直角つる巻き線の弧の長さ 
JIS B 0102 の 2.1.5.3 参照)

p

n

 normal

pitch

3100 

軸方向ピッチ 

隣り合った同じ側の二つの

歯面の軸に平行な直線と

の交点間の距離(JIS B 0102 の 2.1.2.9 参照)

p

x

 axial

pitch

3101 

正面ピッチ 

隣り合った同じ側の二つの

歯形の間にある基準線(基

準円の弧)の長さ(JIS B 0102 の 2.1.4.3 参照)

p

t

 transverse

pitch

データム直線 
 

datum line 

3102 

データム平面 

基準ラック歯形の平面と

データム平面

a)

との交線,又

は標準基準ラック歯形の寸法規定が依存する直線
JIS B 0102 の 2.1.8.5 参照)

a)

基準ラックで,

歯厚のピッチに対する比が特定

の標準値になるような平面。

datum plane


34

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3103 

転位量 

基準ラック形工具の

データム直線が歯車の基準円と

交わらないときは

転位量を正,交わるときは負とす

る。したがって,内歯車の

転位量の符号は,その内側

にそっくりはまり合う外歯車の

転位量と同じである

JIS B 0102 の 2.1.8.6

b)

参照]

b)

  一方の歯の両歯面が他方の歯の歯溝の両歯面に

接触するように重ねたときの,歯車の基準円筒
と基準ラックの

データム平面との間の共通垂直

線に沿った最短距離。

― rack

shift

3104 

転位係数 

ミリメートル単位で表される

転位量を歯直角モジュ

ールで除した値,又はインチ単位で表された

転位量と

ダイヤメトラルピッチとの積(JIS B 0102 の 2.1.8.7 
照)

rack shift coefficient

3105 

カム高さ 

ホブの歯先面を歯すじに沿った隣のすくい面まで延
長し,その交線と外周との距離。

― cam

rise

3106 

食付き部 

ホブの外周に付けたテーパ部分。

― chamfer,

leading part

3107 

食付き長さ 

食付き部の軸方向の長さ。

― chamfer

length,

leading length

3108 

バックプレート 

ラックカッタを使用するとき基準面(データム平面)
に当てて補強に用いる板。 
注記  通常,ラックカッタに似た形状である。

― back

plate


35

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3109 

歯直角刃付け 

はすばラックカッタ及びはすば歯車用ピニオンカッ
タのすくい面を歯すじにほぼ直角とする刃付け方法
で,カッタねじれ角と

刃付け角とは同一である。

― normal

sharpening

3110 

円弧溝刃付け 

ラックカッタのすくい面を中空の円すい面又は円筒
面とする刃付け方法。

― sharpening

with

hollow groove

3111 

一溝刃付け 

歯の山ごとに一つの

溝を用いる円弧溝刃付け。

― sharpening

with

single hollow 
groove

3112 

二溝刃付け 

歯の山ごとに二つの

溝を用いる円弧溝刃付け。

― sharpening

with

double hollow 
grooves

3113 

チャンファ 

はすばラックカッタ及びはすば歯車用ピニオンカッ
タの歯形の鋭角側の切れ刃に施す面取り形の刃付け
部。

― chamfer

3114 

リップ 

はすばラックカッタ及びはすば歯車用ピニオンカッ
タの歯形の鈍角側の切れ刃に施す溝形の刃付け部。

― lip


36

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3115 

第 歯溝までの寸

 

ラックカッタの基準端面から,第 1 歯溝の溝幅の中心
までの距離。

― distance

between

datum end face 
and center of 
No.1 tooth space

3116 

第 歯までの寸法 

ラックカッタの基準端面から,第 1 歯の歯厚の中心ま
での距離。

― distance

between

datum end face 
and center of 
No.1 tooth

3117 

セレーション 

シェービングカッタのランドと溝とによって形成す
る部分の総称。

― serration


37

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3118 

セレーションの深

 

セレーションの溝の深さ。

― serration

depth

3119 

セレーションピッ

 

セレーションの隣り合った溝の間隔。

― serration

pitch

3120 

セレーションのラ

ンド 

シェービングカッタの隣り合ったセレーション溝の
間に残された

歯面を形成する部分。

― land

3121 

セレーションのラ

ンド幅 

セレーションのランドの幅。

― land

width

3122 

セレーションの端

面ランド 

セレーションの両端にあるランド。

― end

land

3123 

セレーションの端

面ランド幅 

セレーションの両端ランドの幅。

end land width

3124 

セレーションの溝 

シェービングカッタの歯元から歯先に至る歯面に設
けた

セレーションの溝。

注記  セレーションのスロットともいう。

― serration

slot,

serration gash

3125 

セレーションの溝

 

セレーションの溝の幅。

― slot

width,

gash width


38

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3126 

逃げ溝 

シェービングカッタの歯底に設けられた溝又は穴。

― clearance

groove,

clearance hole, 
oil hole

3127 

ディファレンシャ

ルセレーション 

シェービングカッタの各歯のセレーションの溝が漸
次ずれている

セレーション。

― differential

serration

3128 

スタッカードセレ

ーション 

シェービングカッタの各歯のセレーションの溝が千
鳥になっている

セレーション。

― staggered

serration

3129 

すり割りセレーシ

ョン 

シェービングカッタの歯にセレーションの溝割り溝
を入れた

セレーション

注記  通常,歯形の小さいシェービングカッタに使用

する。

― slitting

serration

3130 

修整リード 

シェービングカッタの修整した歯すじ。 
注記  歯すじを中凸に修整したものをクラウニング,

中凹に修整したものをリバースクラウニング又

はホローリードという。

― lead

modification,

crowning lead, 
reverse crowning

lead,

hollow lead


39

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3131 

取付基準面のたけ 

すぐばかさ歯車用 形刃物の取付基準面部の高さ。

height of datum

clamp face

3132 

上刃物 

すぐばかさ歯車用 形刃物の刃部を上にして取付側
面から見て刃が右側にある刃物。 
注記  被削歯車の上向きの歯面を切削する。

― upper

tool

3133 

下刃物 

すぐばかさ歯車用 形刃物の刃部を上にして取付側
面から見て刃が左側にある刃物。 
注記  被削歯車の下向きの歯面を切削する。

― lower

tool

3134 

歯面の高さ 

すぐばかさ歯車用 形刃物の底面と取付基準面との
交点から

歯面までの距離。

height of tooth flank


40

B 0174

:2007

  

5.4

歯切工具の角

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4001 

ねじれ角 

つる巻き線の接線と,この曲線をのせている円筒の直
線母線との間の角(JIS B 0102 の 1.4.1.2 参照)

注記  通常,基準円筒上又は基準平面上のねじれ角を

基準円筒ねじれ角又は単に

ねじれ角といい,基

礎円筒ねじれ角と区別することがある。

β helix

angle

4002 

右歯面ねじれ角 

はすば歯車用ピニオンカッタの右歯面のねじれ角。 
注記  これをピッチ円筒ねじれ角といい,番号 4001

の注記と同様に基礎円筒ねじれ角と区別するこ
とがある。

β

R

helix angle on right

tooth flank

4003 

左歯面ねじれ角 

はすば歯車用ピニオンカッタの左歯面のねじれ角。

β

L

helix angle on left

tooth flank


41

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4004 

溝のねじれ角 

ホブの溝のねじれ角。円筒ホブの場合は,基準円筒に
おいて

溝のつる巻き線の接線とその点を通る軸平面

とがなす角。

円すいホブの場合は,基準円すいにおい

溝のつる巻き線の接線を半径に直角な平面に投影

したものと,その点を通る軸平面とがなす角。 
注記  通常,溝のリードで代用する。

σ

helix angle of gash

4005 

進み角 

つる巻き線の接線とこの曲線をのせている円筒の軸

に垂直な平面とのなす角度(JIS B 0102 の 1.4.1.3 
照)

円筒ホブの場合は,

歯すじの接線とその点を通る軸直

角平面とのなす角。

円すいホブの場合は,歯すじの接

線を半径に直角な平面に投影したものと,その点を通
る軸直角平面とがなす角。

γ

0

 lead

angle


42

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4006 

すくい角 

基準面(データム平面)に対する

すくい面の傾きを表

す角(JIS B 0170 の 3008 参照)

γ rake,

rake angle

4007 

外周すくい角 

歯先切れ刃のすくい角。 
注記  単に,すくい角又はラジアルレーキともいう。

γ

a

radial rake angle, 
peripheral rake

angle

4008 

逃げ角 

(切削)仕上げ面に対する

逃げ面の傾きを表す角(JIS 

B 0170

の 3013 参照)

θ relief,

relief angle

4009 

外周逃げ角 

歯先切れ刃の逃げ角。

θ

a

radial relief angle,
peripheral relief

angle

4010 

側逃げ角 

右切れ刃及び左切れ刃の逃げ角。

θ

p

 side

relief

angle,

axial relief angle

4011 

刃付け角 

はすば歯車用ピニオンカッタでは,すくい面の軸直角
面に対する角。

はすばラックカッタでは,すくい面の

取付基準面に対する角。

τ sharpening

angle


43

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4012

圧力角 

歯形上の任意の点における歯形への接線とその点を
通る軸平面とがなす鋭角。

α pressure

angle

4013 

かみ合い圧力角 

かみ合い

ピッチ円上の圧力角。

α

w

 working

pressure

angle

4014

取付角 

2

形ラックカッタを歯車平削り盤に取り付ける切削方

向と基準面(データム平面)の垂線とがなす角。

― inclination

angle

4015

取付基準面の角度 

すぐばかさ歯車用 形刃物の取付基準面と底面とが
なす角。

― datum

clamp

face

angle

4016

裏面の角度 

すぐばかさ歯車用 形刃物の裏面と表面とがなす角。

― inside

face

angle


44

B 0174

:2007

  

5.5

歯切工具の精度

5.5.1

ホブ

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5001 

ハブ外周の振れ

ホブの理論上の中心からハブ外周までの半径の最大
値と最小値との差(JIS B 4355 の 6.参照)

― hub-radial

runout

5002 

ハブ面の振れ

ホブの軸に垂直な面からハブ面までの寸法の最大値
と最小値との差(JIS B 4355 の 6.参照)

― hub-axial

runout,

hub face runout

5003 

歯先切れ刃の振れ  ホブの理論上の中心から刃部歯先までの半径の最大

値と最小値との差(JIS B 4355 の 6.参照)

 

― tip-radial

runout

5004 

溝の隣接分割誤差  ホブの隣り合ったすくい面の対応する点で測った円

筒長さの隣り合った二つの値の差(JIS B 4355 の 6.
照)

― adjacent

pitch

deviation of gash

5005 

溝の累積分割誤差  ホブの任意の二つのすくい面の対応する点で測った

円筒長さの和の実際の値と,理論値との差(JIS B 4355
の 6.参照)

― total

cumulative

pitch deviation of 
gash

5006 

向心度

ホブのすくい面の軸直角断面における検査範囲内で
中心を通る直線と実際の線との差。

すくい角付きホブ

では

すくい面に沿った実際値と理論値との差(JIS B 

4355

の 6.参照)

radial alignment of

cutting face

5007 

溝のリード誤差

ホブの基準円筒付近において,検査範囲内のホブの長
さに対応する実際の

溝のつる巻き線と,理論の溝のつ

る巻き線との差。通常,円周方向の寸法をもって表す。

gash lead deviation

5008 

歯厚誤差 

データム直線上における実際の歯厚と,設計上の歯厚
との差(JIS B 4355 の 6.参照)

― tooth

thickness

deviation

5009 

歯末のたけ誤差 

実際の

歯末のたけと,設計上の歯末のたけとの差(JIS 

B 4355

の 6.参照)

― cutter

addendum

deviation

5010 

歯元のたけ誤差 

実際の

歯元のたけと,設計上の歯元のたけとの差(JIS 

B 4355

の 6.参照)

― cutter

dedendum

deviation


45

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5011 

歯形誤差 

実際の

歯形とデータム直線の交点を通る設計上の歯

形を基準とし,これに垂直な方向に測って歯形検査範
囲内における正側誤差と負側誤差との和。

― tooth

profile

deviation

5012 

圧力角誤差 

設計上の

圧力角と実際の圧力角との差。

― pressure

angle

deviation

5013 

歯すじの隣接誤差 

ホブピッチ円筒の歯すじに沿った任意の隣り合った
切れ刃の各々を通る理論歯すじつる巻き線の軸方向
の隔たり(JIS B 4355 の 6.参照)

F

γ

u

lead deviation on

adjacent teeth

5014 

歯すじの アキシ

ャルピッチ累積
誤差

ホブピッチ円筒の歯すじに沿った任意の 1 回転内にお
いて,任意の

切れ刃を通る理論歯すじつる巻き線の軸

方向の隔たり(JIS B 4355 の 6.参照。

lead deviation in

one axial pitch

5015 

歯すじの アキシ

ャルピッチ累積
誤差

ホブピッチ円筒の歯すじに沿った任意の 3 回転内にお
いて,任意の

切れ刃を通る理論歯すじつる巻き線の軸

方向の隔たり(JIS B 4355 の 6.参照。

lead deviation in

three axial pitches


46

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5016 

歯すじの作用線隣

接ピッチ誤差

ホブ歯すじの作用線

c)

に沿ったかみ合い範囲におい

て,任意の隣り合った

切れ刃の各々を通る作用線方向

の理論

歯すじとの隔たり(JIS B 4355 の 6.参照)。

c)

ホブの圧力角に対する法線。

― adjacent

deviation

along line of 
action

5017 

歯すじの作用線累

積ピッチ誤差

ホブ歯すじの作用線に沿ったかみ合い範囲において,
任意の二つの

切れ刃を通る作用線方向の理論歯すじ

との隔たり(JIS B 4355 の 6.参照)

total deviation along

line of action

5018 

すくい面の単一ピ

ッチ誤差 

隣り合った同じ側の

データム直線上における実際の

ピッチと理論ピッチとの差(JIS B 4355 の 6.参照)。

― single

pitch

deviation of 
cutting face

5019 

すくい面の隣接ピ

ッチ誤差 

データム直線上の隣り合った二つのピッチの差(JIS B 
4355

の 6.参照)

― adjacent

pitch

deviation of 
cutting face

5020 

すくい面の アキ

シャルピッチ誤
 

データム直線上において連続した 3 ピッチの実際のピ
ッチの和と,理論値との差(JIS B 4355 の 6.参照)。 

― three

pitches

deviation of 
cutting  face


47

B 0174

:2007

5.5.2

ピニオンカッタ

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5021 

シャンクの振れ 

軸心から

シャンク外周までの半径の最大値と最小値

との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)

― radial

runout

of

shank

5022 

外周の振れ 

軸心から

歯先外周までの半径の最大値と最小値との

和(JIS B 4356 の 7.3 参照)

radial runout of tip

5023 

基準面の振れ 

ピニオンカッタの軸に垂直な面から基準面までの寸
法の最大値と最小値との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)

― datum

face

runout

5024 

取付面の振れ 

ピニオンカッタの軸に垂直な面から取付面までの寸
法の最大値と最小値との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)

clamp face runout

5025 

すくい面の振れ 

ピニオンカッタの軸に垂直な面から軸から一定の半
径上にある

すくい面上の点までの寸法の最大値と最

小値との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)

 

cutting face runout

5026 

すくい角誤差 

すくい面における実際のすくい角と設計上のすくい
角との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)。

rake angle deviation

5027 

側逃げ角誤差 

データム直線上又は基準円における実際の側逃げ角
と設計した

側逃げ角との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)。

― side

relief

angle

deviation,

axial relief angle

deviation

5028 

外周逃げ角誤差 

歯先切れ刃における実際の逃げ角と設計上の逃げ角
との差(JIS B 4356 の 7.3 参照)

radial relief angle

deviation,

peripheral relief

angle deviation

5.5.3

丸形シェービングカッタ

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5029 

側面の振れ 

シェービングカッタの軸に垂直な面から側面までの
寸法の最大値と最小値との差

JIS B 4357 の 8.3 参照)

side face runout

5030 

歯すじ方向誤差 

実際の歯すじ曲線と,理論上の曲線との差。基準円筒

上の寸法と方向とをもって表す。

― lead

deviation

5031 

歯すじの対称度 

シェービングカッタの両歯面の歯すじ方向誤差の差
JIS B 4357 の 8.3 参照)

symmetry in tooth

trace


48

B 0174

:2007

  

5.5.4

その他一般

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5032 

全歯形誤差 

実際の

歯形と基準円との交点を通る設計した歯形を

基準とし,これに垂直な方向に測って

歯形検査範囲内

における正側誤差と負側誤差との和(JIS B 1702-1 

3.2.2

参照)

F

α

 

total profile

deviation

5033 

歯形検査範囲 

通常,相手歯車とかみ合う

歯形の範囲(JIS B  1702-1

の 3.2.1.3 参照)

L

α

 

profile evaluation

range

5034 

歯溝の振れ 

玉又はピンなどの接触片を

歯溝の両側歯面に接触さ

せたときの,半径方向位置の最大差(JIS B 1702-2 

B.2

参照)

F

r

 

runout

5035 

単一ピッチ誤差 

隣り合った同じ側の基準円上における実際の

ピッチ

と理論

ピッチとの差(JIS B 1702-1 の 3.1.1 参照)。

f

pt

 

single pitch

deviation

5036 

隣接ピッチ誤差 

基準円上の隣り合った二つの

ピッチの差。

f

pu

 

adjacent pitch

deviation

5037 

累積ピッチ誤差 

2 ピッチ以上離れた二つの歯の間の単一ピッチ誤差の
和(JIS B 1702-1 の 3.1.3 参照)

F

p

 

total cumulative

pitch deviation

5038 

全歯すじ誤差 

実際の歯すじ曲線と理論歯すじ曲線との差。基準円上

の寸法をもって表す(JIS B 1702-1 の 3.3.2 参照)

F

β

 

total helix deviation

5039 

歯厚誤差 

基準円上における実際の

歯厚と設計した歯厚との差。

 

tooth thickness

deviation

5040 

取付面の平行度 

ラックカッタの基準面(データム平面)から取付面ま
での寸法の最大値と最小値との差。

 

parallelism of clamp

face

5041 

歯先の平行度 

ラックカッタの歯先切れ刃から底面までの寸法の最
大値と最小値との差。

 

parallelism of clamp

crest to bottom 
face

5042 

すくい面の平行度 

ラックカッタの基準面(データム平面)からすくい面
のピッチ線の位置までの寸法の最大値と最小値との
差。

 

parallelism of

cutting face to 
datum face


49

B 0174

:2007

5.6

歯切工具の刃部の損傷

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

6001 

摩耗 

切削中に生じた漸進的な損失。

― wear

6002 

逃げ面摩耗 

逃げ面に生じる摩耗。発生場所によって,外周逃げ面
摩耗又は側逃げ面摩耗に区分される。

― flank

wear

6003 

逃げ面摩耗幅 

逃げ面摩耗の切削方向の幅。

V

B

width of flank wear

6004 

コーナ摩耗 

逃げ面摩耗のうち,かど部に生じる摩耗。三角摩耗と
もいう。

― corner

wear

6005 

コーナ摩耗幅 

コーナ摩耗の切削方向の幅。 

V

C

width of corner

wear

6006 

すくい面摩耗 

すくい面上に生じる摩耗。

― face

wear

6007 

クレータ摩耗 

すくい面摩耗のうち,くぼみが生じる摩耗。

― crater

(wear)

6008 

クレータ(摩耗)

深さ 

クレータ摩耗のくぼみの深さ。

K

r

 depth

of

crater

(wear)

6009 

チッピング 

切れ刃に生じる小さな欠け。

 

cutting edge

chipping

6010 

欠損 

切れ刃に生じた大きな欠け。

6011 

破損 

刃部及びチップの全体に及ぶ破壊。 
注記  通常,破損が生じると切削不能となり,再研削

も困難となる。

fracture of cutting

part

6012 

はく離 

刃部に生じたりん(鱗)片状の欠失。

― flaking

6013 

き裂 

刃部に生じたき裂及び割れ。

― crack


50

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語


51

B 0174

:2007

5.7

歯切工具の一般

参考

番号

用語

定義

量記号

単位記号

対応英語

7001 

切削速度 

切れ刃の一点における工具と工作物との相
対運動の速度の主運動方向の成分(JIS B 

0170

の 4002 参照)

。通常,切削速度は,次

の式で計算する。 
ホブの場合: 
    V =  πD n / 1 000

  ここに,  V :  切削速度(m/min) 
            D :

ホブの外径(mm)

            n :

ホブの回転速度(min

1

ピニオンカッタの場合: 
    V = 2Ln / 1 000 
  ここに,  V :  切削速度(m/min)

            L :  ストロークの長さ(mm)
            n :  カッタストローク数(スト 
                ローク/min)

m/min cutting

speed

7002 

送り速度 

切れ刃上の一点における工具と工作物との
相対運動の速度の送り運動方向の成分(JIS 

B  0170

の 4004 参照)

。通常,

シェービング

カッタの送り速度は,次の式で計算する。 
    F = n ( z

c 

z

g 

f

g

  ここに,  F :  送り速度(mm/min) 
            n :  カッタの回転速度(min

1

            z

c 

:  カッタの歯数

            z

g 

:  歯車の歯数

            f

g 

:  歯車 1 回転当たりの送り

              (mm/rev)

mm/min feed

speed

7003 

送り(量) 

送り運動の方向への工具の単位移動量。通
常,

ホブによる歯切りは工作物の 1 回転当

たり,

ピニオンカッタは 1 ストローク当た

りの移動量で表す(JIS B 0170 の 4009 
照)

注記  図は,ホブ切りの例を示す。

f

r

 

f

s

 

mm/rev 
mm/ ス ト
ローク

feed per

revolution,

feed per stroke

7004 

切削ストローク数

歯車形削り盤及び歯車平削り盤の歯切り時
のカッタの 1 分間の往復回数。

number of cutting

stroke


52

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

単位記号

対応英語

7005 

切下げ 

工具の

歯先で歯車の歯元における歯形曲線

の一部が切り取られる現象。

― undercut

7006 

フィレット 

工具の

歯先の丸み又はかどが被削歯車の歯

底の隅に作用して作る曲線又は曲面。

― fillet


53

B 0174

:2007

参考

番号

用語

定義

量記号

単位記号

対応英語

7007 

アキシャルフィー

 

被削歯車の軸に平行な

送り。

― axial

feed

7008 

ラジアルフィード 

被削歯車の軸の中心に向かう

送り。

注記  インフィードともいう。

― radial

feed

7009 

タンジェンシャル

フィード 

被削歯車の

基準円の接線方向に向かう送

り。

― tangential

feed

7010 

コンベンショナル

歯切法 

ホブ又は歯切り用フライスの回転及び送り
の方向が工具と工作物との接触点において
同一方向であるような歯切方法。 
注記  歯切り用フライスの場合は,上向き削

りともいう。

― conventional

hobbing,

conventional

cutting,

up-cut

7011 

クライム歯切法 

ホブ又は歯切り用フライスの回転及び送り
の方向が工具と工作物との接触点において
反対方向であるような歯切方法。 
注記  歯切り用フライスの場合は,下向き削

りともいう。

― climb

hobbing,

climb cutting, 
down-cut

7012 

交差角 

シェービングカッタと被削歯車とをかみ合
わせたとき,両軸がなす角度。

― crossed

axes

angle


54

B 0174

:2007

  

参考

番号

用語

定義

量記号

単位記号

対応英語

7013 

コンベンショナル

シェービング 

シェービングカッタの送り方向が被削歯車
の軸に平行なシェービング方法。

― conventional

    shaving

7014 

ダイヤゴナルシェ

ービング 

シェービングカッタの送り方向が被削歯車
の軸に対して角度をもったシェービング方

法。

― diagonal

shaving

7015 

アンダーパスシェ

ービング 

シェービングカッタの送り方向が被削歯車
の接線方向に行われるシェービング方法。

― under-pass

shaving,

right angle

traverse 
shaving

7016 

プランジカットシ

ェービング 

シェービングカッタの送り方向が被削歯車
の半径方向に行われるシェービング方法。

― plunge

cut

shaving

7017 

仕上げ代 

前加工と仕上げ加工とにおける被削歯車の
歯厚の差。

Δ

s mm

finishing

stock

7018 

シェービング代 

シェービング加工における

仕上げ代。

Δ

s mm

shaving

stock


55

B 0174

:2007

附属書 A

参考)

参考文献

序文

この附属書は,参考文献について記載するものであって,規格の一部ではない。

参考文献

JIS B 0121

  歯車記号−幾何学的データの記号

JIS B 0170

  切削工具用語(基本)

JIS B 1603

  インボリュートスプライン―歯面合わせ−一般事項,諸元及び検査

JIS B 1701-1

  円筒歯車−インボリュート歯車歯形  第 1 部:標準基準ラック歯形

JIS B 1702-1

  円筒歯車−精度等級  第 1 部:歯車の歯面に関する誤差の定義及び許容値

JIS B 1702-2

  円筒歯車−精度等級  第 2 部:両歯面かみ合い誤差及び歯溝の振れの定義並びに精度許容

JIS B 4232

  インボリュートフライス

JIS B 4350

  歯切工具−歯形及び寸法

JIS B 4351

  すぐば傘歯車用 G 形刃物

JIS B 4354

  歯車用ホブ−第 1 部:むくホブの形状寸法

JIS B 4355

  歯車用ホブ−第 2 部:歯車用ホブの精度

JIS B 4356

  ピニオンカッタ

JIS B 4357

  丸形シェービングカッタ