>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0173

:2002

(1)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工具工業会

(JSCTA)/財団法人  日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって,

JIS B 0173

:1991 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際整合化を図るため,ISO 5420:1983,Reamers―Teams,definitions and types,Bilingual

edition

(リーマ:用語・定義・タイプ)との整合をできる限り意図した。

JIS B 0173

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


B 0173

:2002

(2)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  分類

2

4.

  リーマの名称の呼び方

2

5.

  用語及び定義

2

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

25

解  説

27

 


著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

日本工業規格

JIS

 B

0173

:2002

リーマ用語

Reamers

―Vocabulary

序文  この規格は,1983 年に第 1 版として発行された ISO 5420:1983,Reamers―Teams,definitions and types,

Bilingual edition

(リーマ:用語・定義・タイプ)を元に作成した日本工業規格であるが,対応国際規格に

は規定されていない規定内容を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない規格である。

1.

適用範囲  この規格は,主として金属切削用として一般に用いるリーマ(

1

)に関する用語及びその定義

について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 5420

:1983  Reamers―Teams,definitions and types,Bilingual edition (MOD)

注(

1

)  あらかじめあけられた穴を正確に仕上げ,同時に滑らかな仕上げ面を得ようとする場合に用い

る工具。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0170

  切削工具用語(基本)

JIS B 4401

  モールステーパ及びメトリックテーパ用リーマ

備考  ISO 2250:1972,Finishing reamers for Morse and metric tapers,with parallel shanks and Morse

taper shanks

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4402

  チャッキングリーマ

備考  ISO 521:1975,Machine chucking reamers with parallel shanks or Morse taper shanks からの引用

事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4405

  ハンドリーマ

備考  ISO 236-1:1976,Hand reamers からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4406

  シェルリーマ

備考  ISO 2402:1972,Shell reamers with taper bore [taper bore 1:30 (included)] with slot drive and

arbors for shell reamers

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4407

  シェルリーマ用アーバ

備考  ISO 2402:1972,Shell reamers with taper bore [taper bore 1:30 (included)] with slot drive and

arbors for shell reamers

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。


2

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

JIS B 4409

  テーパシャンクブリッジリーマ

備考  ISO 2238:1972,Machine bridge reamers からの引用事項は,この規格の該当事項と同等であ

る。

JIS B 4410

  テーパピンリーマ

備考  ISO 3465:1975,Hand taper pin reamers 及び ISO 3467:1975    Machine taper pin reamers with

Morse taper shanks

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4413

  マシンリーマ

備考  ISO 236-2:1976,Long fluted machine reamers,Morse taper shanks からの引用事項は,この規

格の該当事項と同等である。

3.

分類  用語の分類は,次による。

a

)

リーマの種類

1

)  刃部材料及び表面処理による分類

2

)  構造による分類

3

)  取付方法による分類

4

)  機能又は用途による分類

b

)

リーマの要素

c

)

リーマの角度

d

)

リーマの精度

e

)

リーマの刃部の損傷

f

)

リーマの一般

4.

リーマの名称の呼び方  リーマの種類を表す名称は,リーマの種類[3a)]の番号順に該当する用語

を組み合わせて呼ぶ。

なお,刃部材料に高速度工具鋼を用いたリーマ及びむく(

2

)・溶接・直刃のリーマは,これらを省略して

呼んでもよい(次の例の括弧の語)

。また,機能又は用途だけで判断できる場合は,取付方法を省略しても

よい。

注(

2

)  刃部材料が高速度工具鋼以外の場合,むくを省略しない。

呼び方

刃部材料及び表面処理

構造

取付方法

機能又は用途

ハンドリーマ

(高速度工具鋼)

(むく)

(ストレートシャンク)  ハンドリーマ

超硬ろう付けテーパシャンク 
チャッキングリーマ

超硬

ろう付け

テーパシャンク

チャッキングリーマ

コーティングマシンリーマ

コーティング(高速度
工具鋼)

(むく)

(テーパシャンク)

マシンリーマ


3

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

5.

用語及び定義  リーマの用語及び定義は,次による。

なお,参考のために,量記号,単位及び対応英語を示す。

備考1.  用語の一部に括弧を付けてあるものは,括弧の中の用語を省略してもよい。

2.

用語の定義の中の太字で示された用語は,この規格に規定しているものを示す。

3.

図は一例を示すものであって,形状及び大きさを表すものではない。

4.

用語の番号の中で括弧を付けた番号は,対応国際規格の項目番号を示す。

5.

対応英語の中で*の付いたものは,対応国際規格で規定されている英語であることを示す。

6.

図中の括弧内の数字は,用語の番号を示す。


4

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

a

)

リーマの種類

1

)

刃部材料及び表面処理による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1101

合金工具鋼リーマ

刃部の材料に合金工具鋼を使用したリーマ。

Alloy tool steel reamer

1102

高速度(工具)鋼リ

ーマ

刃部の材料に高速度工具鋼を使用したリーマ。 high

speed

(tool) steel

reamer

1103

超硬質工具材料リ

ーマ

刃部の材料に超硬質工具材料(超硬合金,サーメット,セラ
ミックス,BN焼結体,ダイヤモンド,ダイヤモンド焼結体
など)を使用したリーマの総称。 
備考  超硬リーマ,サーメットリーマ,セラミックリーマ

(ceramic reamer),BN リーマ(boron nitride reamer),

イヤモンドリーマ(diamond reamer)  などがある。

hard tool material

reamer

1104

超硬(合金)リーマ

刃部の材料に超硬合金(炭化タングステンを主体とした焼結
体)を使用したリーマ。

carbide reamer

cemented carbide

reamer

hardmetal reamer

1105

サーメットリーマ

刃部の材料にサーメット(チタン化合物を主体とした焼結
体)を使用したリーマ。

cermet reamer

1106

ダイヤモンドリー

刃部の材料にダイヤモンド焼結体を使用したリーマ。 diamond

reamer

1107

表面処理リーマ

刃部の材料に窒化,酸化,窒化酸化処理などの表面処理を施
したリーマ。

surface

-treated reamer

1108

コーティングリー

刃部の材料に炭化物,窒化物,酸化物などを,表面に一層又
は多層に化学的又は物理的に密着させた工具材料を使用し
たリーマ。被覆リーマともいう。 
備考  被覆される工具材料の種類によって,コーティング高

速度工具鋼リーマ(coated high speed tool steel reamer),
コーティング超硬リーマ(coated carbide reamer)などが
ある。

被覆材の種 類によ って, TiN コーティン グ(TiN

coating

),TiC コーティング(TiC coating),TiCN コー

ティング(TiCN coating), TiAlN コーティング(TiAlN

coating

),アルミナコーティング(Al203 coating),BN

コーティング(BN coating),ダイヤモンドコーティン
グ(diamond coating)などがある。

coated reamer

2

)

構造による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1201

むくリーマ

刃部とボデー又はシャンクとが同一材料から作られている
リーマ。ソリッドリーマともいう。

solid reamer

1202

溶接リーマ

ボデーとシャンクとを溶接したリーマ。

welded reamer


5

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1203

ろう付けリーマ

刃部の材料をボデーにろう付けしたリーマ。

brazed reamer

1204

先むくリーマ

刃部の先端からある長さの部分だけが,刃部材料で作られた
リーマ。

top solid reamer

1205

差込みリーマ

ボデーをシャンクに差し込んで,ろう付け,圧入などの方法
で接合したリーマ。

insert mounted reamer

1206

組み立てリーマ

刃部,ボデー又はシャンクを組み立て構造にしたリーマ。

constructed reamer

1207

植刃リーマ 
(うえば

 ―― )

ボデーにブレードを機械的に取り付けたリーマ。

inserted reamer

1208

スローアウェイリ

ーマ

ボデーにスローアウェイチップを機械的に取り付けた植刃
リーマ。  刃先交換式リーマともいう。

throw

-away reamer


6

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

3

)

取付方法による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1301

ストレートシャン

クリーマ

ストレートシャンクをもつシャンクタイプリーマの総称。 
備考  プレインストレートシャンク(plain straight shank),四

角部付きストレートシャンク(squared straight shank),
タング付きストレートシャンク(tanged straight shank)

及びフラット付きストレートシャンク(flatted straight

shank

),がある。

cylindrical shank

reamer

parallel shank reamer

1302

テーパシャンクリ

ーマ

テーパシャンクをもつシャンクタイプのリーマの総称。 
備考  タング付きテーパシャンク(tanged taper shank)及びね

じ付きテーパシャンク(threaded taper shank)がある。

taper shank reamer

1303

ストレートボアリ

ーマ

ストレート穴をもつボアタイプリーマ。

cylindrical bore reamer

parallel bore reamer

1304

テーパボアリーマ

テーパ穴をもつボアタイプリーマ。

taper bore reamer


7

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

4

)

機能又は用途による分類

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1401

手回し作業用リー

シャンク四角部をもち,手回しハンドルを使用して手作業で
加工するリーマの総称。

hand

-working reamer

1402

機械作業用リーマ

取付け用の

シャンクをもち,各種の工作機械及び電動機を使

用して機械仕上げするリーマの総称。

ランドにマージンと逃

げ角をもったフルート形と,食付き部の溝を広げ,ランド全
面を

マージンとしたローズ形とがある。

machine

-working

reamer

1403

(4.1)

ハンドリーマ

約 1°の

食付き角をもつ仕上げ用の手回し作業用リーマ。一

般に直刃が多く,溝などがある穴の場合はねじれ刃が使われ

る。JIS B 4405 参照。

*hand reamer

1404

(4.3

4.4

)

チャッキングリー

刃長が短く約 45°の食付き角をもった機械作業用リーマ。 
JIS B 4402

参照。

シャンクの形状によってストレートシャン

クチャッキングリーマとテーパシャンクチャッキングリー
マがある。

*parallel shank

chucking reamer

*Morse taper shank

chucking reamer

machine chuking

reamer cylindrical

shank chucking

reamer

1405

(4.2)

マシンリーマ

テーパシャンクチャッキングリーマの刃長を長くした機械
作業用リーマ。食付き角は約 45°である。JIS B 4413 参照。

*Morse taper shank

long fluted machine

reamer

machine reamer

long fluted machine

reamer

1406

ジョバースリーマ

約 1°の

食付き角をもつテーパシャンクマシンリーマ。

jobber's reamer

1407

ローズリーマ

ランド前幅を

マージンとし,45°の食付き角をもったリー

マ。

シャンクの形状によって,ストレートシャンクローズリ

ーマとテーパシャンクローズリーマとがある。

rose reamer

cylindrical shank rose

reamer

taper shank rose

reamer


8

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1408

底刃付きリーマ 
(そこはつき

──)

底座を同時加工するための底刃をもつ

機械作業用リーマ。一

般に

食付き部がない。ジグボーラリーマともいう。

end cutting reamer

end facing reamer

1409 

(4.8)

ブリッジリーマ

リベット穴,ボルト穴の食違いを修正するときに用いるリー
マ。JIS B 4409 参照。

*Morse taper shank

machine bridge

reamer

bridge reamer

machine bridge reamer

1410

テーパリーマ

テーパ差込み穴の仕上げに用いるリーマ。手回し作業用と機
械作業用とがある。荒仕上用のものには

切れ刃にニックが付

けてある。

taper reamer

hand finishing taper

reamer

machine finishing taper

reamer

machine roughing

taper reamer

1411 

(4.9
(4.10
(4.11)

モールステーパリ

ーマ

モールステーパ穴の仕上げに用いるテーパリーマ。

JIS B 4401

参照。

*finishing reamer for

Morse tapers with

parallel shank

*finishing reamer for

Morse tapers with

Morse taper shank

*roughing reamer for

Morse tapers with

Morse taper shank

morse taper reamer

reamer for Morse

tapers


9

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1412 

(4.5
(4.6)

(4.7)

テーパピンリーマ

テーパピンを差し込む穴を仕上げる

テーパリーマ。直径は小

径端部付近で測定し,テーパは 1:50 である。JIS B 4410  参
照。シャンクの形状によって,ハンドテーパピンリーマ,ス

トレートシャンクマシンテーパピンリーマとテーパシャン
クマシンテーパピンリーマに分類される。

*Machine taper pin

reamer with Morse

taper shank

*Machine taper pin

reamer with parallel

shank

taper pin reamer

*hand taper pin

reamer

machine taper pin

reamer

1413

パイプリーマ

管継手の内径のテーパ仕上げに用いるリーマ。テーパは 1:

16

である。

taper pipe reamer

1414

スタブリーマ

刃長及び全長が短く,主として自動盤で用いるリーマ。食付
き角 45°,右刃,左ねじれ刃のものが普通で,シャンクに
回り止め穴がある。

stub screw machine

reamer

1415

デバーリングリー

管類の切り口のかえり取りに用いるリーマ。

de

-burring reamer


10

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1416

エキスパンション

リーマ

中空状の

刃部を弾性的に膨らまし,直径を調整するリーマ。

手回し作業用と機械作業用とがある。

expansion reamer

1417 

(4.12)

シェルリーマ

主に仕上用として使用される多刃数で高精度な組立リーマ
でローズリーマタイプにすることもある。JIS B 4406 参照。 
アーバの形式には,

ストレートシャンクアーバとテーパシャ

ンクアーバとがある。JIS B 4407 参照。

*shell reamer with

taper bore

shell reamer with

cylindrical bore shell

reamer

1418

エキスパンション

シェルリーマ

エキスパンションリーマと類似の構造で直径を調節するシ
ェルリーマ。

expansion shell reamer

1419

パイロット付きリ

ーマ

下穴との同心度を保持する目的で刃部の先端にパイロット
を設けたリーマ。パイロット付きハンドリーマ,パイロット
付きエキスパンションハンドリーマなどがある。

reamer with pilot

hand reamer with

pilot

expansion hand reamer

with pilot


11

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1420

ガイド付きリーマ

加工精度を向上させる目的で

刃部の後方にガイドを設けた

リーマ。ガイド付きハンドリーマ,ガイド付きチャッキング
リーマ,ピストンピンリーマなどがある。

reamer with guide

hand reamer with

guide

chucking reamer with

guide

piston pin bushing

 reamer

1421

ラインリーマ

深い穴又は2段以上になっている穴を仕上げるリーマ。手回

し作業用と機械作業用がある。

line reamer

1422

ガンリーマ

深穴の仕上げに用いるリーマ。一般に,

溝が一つで,刃部の

外周に案内部をもち,高圧切削油を送る穴が中心部にあけて

ある。超硬ろう付けのものが多い。

1423

複溝ドリルリーマ 
(ふくみぞ

──  )

下穴の穴あけとリーマ仕上げを,1工程で行う場合に用いる
リーマ。コンビネーションリーマともいう。

sub

-land combined

drill and reamer


12

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1424

不等分割リーマ 
(ふとうぶんかつ

──)

加工精度を向上させる目的で

刃溝分割角を変えたリーマ。

unequal spacing

reamer

1425

ブロックリーマ

ボーリング作業などの大径の穴の仕上げに用いるリーマ。一
般に

ブレード差し込み式の構造で直径の調整ができる。

block reamer

1426

フローティングリ

ーマ

リーマの軸線と

下穴の軸線がずれている場合でも下穴に倣

って加工することができるリーマ。

floating reamer

b

)

リーマの要素

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2001

呼び寸法

リーマの大きさ表す寸法。

直径の大きさで表す。

― nominal

size

2002

基準位置

テーパ穴の基準直径を示す刃部の位置(図 参照)。

― reamer

reference

position

2003

(3.1) 

リーマの長手方向の中心線(

図 参照)。

― *axis

2004

刃部

リーマの切削に直接あずかる部分で,

切れ刃,すくい

面及び逃げ面からなる(図 参照)。

― cutting

part

2005

(3.7) 

ボデー

リーマの基幹部で,それ自身が

切れ刃を形成するか,

又は

ブレード若しくはチップを保持する部分を含めた

全体。シャンクタイプリーマの場合は,

シャンクの前

端から

切れ刃の前端までの部分をいう。

― *body


13

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2006

リーマ穴

シェルリーマをアーバに保持又はスピンドルの軸心と
同心させるための穴。

― reamer

bore

2007

ストレート穴

直径が全長にわたり同径のリーマ穴。

― cylindrical

bore

2008

(4.12.1)

テーパ穴

円すい状になっている

リーマ穴。

― *taper

bore

2009  

(4.12.2)

大端穴径 

シェルリーマのテーパ穴の最大径(図 参照)。

*large end diameter

of the bore

2010

(4.12.3)

小端穴径

シェルリーマのテーパ穴の最小径(図 参照)。

*small end diameter

of the bore

2011

(4.12.6)

穴の盗み

リーマとアーバのはめあいを良くするために,

リーマ

穴に設けた逃げ部(図 参照)。

― *recess

  1

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2012

(3.2) 

シャンク

リーマの柄部で,通常使用に際し保持する部分(

図 2

参照)

― *shank

2013

(3.2.3)

ストレートシャ

ンク

円筒の

シャンク。

備考  プレインストレートシャンク(plain cylindrical

shank

),四角部付きストレートシャンク(squared

cylindrical shank

),タング付きストレートシャン

ク(tanged cylindrical shank)及びフラット付きス
トレートシャンク(flatted cylindrical shank)があ
る。

― cylindrical

shank

*parallel shank

2014

(3.2.2)

四角部付きスト

レートシャン

(しかくぶつき

―)

シャンク四角部をもつストレートシャンク。

― squared

cylindrical

shank

*parallel shank with

hand square

2015

フラット付きス

トレートシャ
ンク

シャンクに回り止めのフラットをもつストレートシャ
ンク。

― flatted

straight

shank


14

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2016

(3.2.1)

テーパシャンク

円すい状の

シャンク。

備考  タング付きテーパシャンク(tanged taper shank)

及 び ね じ 付 き テ ー パ シ ャ ン ク (threaded taper

shank

)がある。

― *taper

shank

2017

(3.8)

シャンク以外の部分に設けたくびれた部分(図 参照)。

― *recess,

neck

2018

(3.13)

(3.18)

食付き部 
(くいつきぶ)

リーマが工作物に食い付いて主として切削作用を行う
部分(

図 参照)。

― *chamfer,

*bevel lead

(cutting),

leading part

*taper lead

*starting taper

2019

(3.17)

先端面取り部 
(せんたんめん

とりぶ)

食付きの長さの長いリーマ又はピンリーマの先端で角
を面取りした部分(

図 参照)。

― *bevel,

*bevel lead

(non-cutting)

2020

シャンク四角部

ストレートシャンクの端部に付けた四角の部分(図 2
参照)

― square

portion

of

shank

2021

回り止め穴 
(まわりどめあ

な)

ストレートシャンクに付けた回り止め用のピン穴。

drive pin hole

2022

(3.4)

タング

シャンクの端部に付けた平たん部分(図 参照)。

― *tang

  2

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2023

引きねじ

シャンクの端部に設けたスピンドルに引きつけるため
のねじ。

― drawing

thread

2024

端面キー溝

ボスの端面に付けたキー溝。

― side

key

way

key slot

tenon


15

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2025

(3.21)

(4.8.1)

直径

刃部の一番大きい箇所の外径の寸法。ただし,テーパ
リーマではテーパの基準位置における直径をいう(図 3
参照)

diameter

*cutting diameter

*nominal diameter

of reamer

2026

(4.5.2)

大端径

テーパリーマの刃部の一番大きい箇所の外径の寸法。

*large end diameter

2027

(4.5.3
(4.8.2)

小端径

テーパリーマの刃部の一番小さい箇所の外径の寸法。

*small end diameter

2028

(3.11)

全長

軸に平行に測り,通常刃部の先端からシャンクの末端
までの長さ(

図 参照)。

*overall length

2029

(3.12)

刃長 

はちょう)

軸に平行に測った刃部の長さ(図 参照)。

*cutting edge

length

flute length

2030

(3.9)

首径 

くびけい)

首の直径(図 参照)。

d

n

 

*recess diameter

neck diameter

2031

(3.10)

首の長さ

軸に平行に測った首の長さ(図 参照)。

l

n

 

*recess length

neck length

2032

シャンク径

シャンクの直径(図 参照)。

shank diameter

2033

(3.3)

シャンクの長さ

軸に平行に測ったシャンクの長さ(図 参照)。

l

s

 

*shank length

2034

(3.6)

四角部の長さ

軸に平行に測ったシャンク四角部の長さ(図 参照)。

l

k

 

*length of square

2035

(3.5)

四角部の幅

軸に直角に測ったシャンク四角部の幅(図 参照)。

*size of square

2036

タングの長さ

タングの末端から切上げまでの長さ(図 参照)。

l

t

 

tang length

2037

(4.12.4)

端面キー溝の幅

シェルリーマの端面キー溝の幅。

width of side key

way

width of tenon

*driving slot width

2038

(4.12.5)

端面キー溝の深

シェルリーマの端面キー溝の深さ。

depth of side key

way

depth of tenon

*driving slot depth

2039

(3.14)

(3.19
(4.8.3)

食付きの長さ

軸に平行に測った食付き部の長さ(図 参照)。 
ただし,

ブリッジリーマの時は,食い付き切れ刃の長

さをいう。

l

c

 

*taper lead length

*bevel lead length

*chamfer length

*tapered cutting

edge length

2040

(3.22)

バックテーパ

長手方向の送り運動に対して工具に逃げを与えるため
に設けられたテーパ。JIS B 0170 参照。

*back taper on

diameter

2041

(4.5.1)

テーパ全角

通常,比で表される

テーパリーマの切れ刃で形成され

る角度(

図 参照)。

α

*included angle of

taper

included angle


16

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

  3

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2042

(3.33)

すくい面

切れ刃に続く溝面(図 参照)。

― cutting

face

*face

2043

(3.29)

逃げ面

切削仕上げ面との不必要な接触を避けるために逃がし

た面。

逃げ面が複数からなる場合は,切れ刃に近い方

から順に第一逃げ面,第二逃げ面などという。JIS B 

0170

参照。

― *clearance

2044

食付き逃げ面

食付き部の逃げ面(図 参照)。

― chamfer

relief

2045

外周逃げ面

外周の

切れ刃の逃げ面(図 参照)。

― peripheral

relief

2046

切れ刃 

きれは)

刃部構成要素の一つで,すくい面と逃げ面との交線。
JIS B 0170

参照。

― cutting

edge

2047

(3.31)

食付き切れ刃

食付き部の切れ刃(図 参照)。

― chamfer

cutting

edge

*major cutting edge

2048

(3.32)

外周切れ刃

外周の

切れ刃(図 参照)。

― peripheral

cutting

edge

*minor cutting edge

2049

(3.26)

ランド

切れ刃からヒールまでの堤状の幅をもった部分(図 4
参照)

― *fluted

land

*land

2050

(3.28)

マージン

ランド上で,切れ刃に連なり逃げが付いていない部分

図 参照)。

― *circular

land

*margin

2051

(3.34)

ヒール

逃げ面と溝とのつなぎとなる部分(図 参照)。

― *heel

2052

(3.35)

コーナ

食付き切れ刃と外周切れ刃との交点(図 参照)。

― *corner

2053

(3.25)

隣り合った

切れ刃とヒールとの間のへこんだ部分

図 参照)。

― *flute

2054

溝底の丸み

溝の底に付けた丸み(図 参照)。

roundness of flute


17

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

  4

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2055

直溝 
(ちょくみぞ)

軸線に平行で,真っすぐな

溝。

― straight

flute

2056 

ねじれ溝

軸線に対して,ねじれている

溝。

― helical

flute

spiral flute

2057 

斜め溝

軸線に対して,斜めになっている真っすぐな

溝。

― angular

flute

2058

(3.24.1)

右刃

リーマを取り付け側から見て,時計回り方向に回転す

切れ刃をもつリーマ。

― *right-hand cutting

reamer

2059

(3.24.2)

左刃

リーマを取り付け側から見て,反時計回り方向に回転
する

切れ刃をもつリーマ。

 *left

-hand cutting

reamer

2060

刃のねじれ方向  軸線に対して,切れ刃がねじれている方向。

hand

of

helix

hand of flute helix

2061

直刃 
(ちょくは)

軸線に平行な

切れ刃。

― straight

tooth

2062

ねじれ刃

軸線に対して,ねじれた

切れ刃。

― helical

tooth

2063

右ねじれ刃

リーマを取付け側から見て,時計回りの方向にねじれ

切れ刃。

― right

hand

helical

tooth

2064

左ねじれ刃

リーマを取付け側から見て,反時計回りの方向にねじ
れた

切れ刃。

left hand helical

tooth

2065

強ねじれ刃 
(きょうねじれ

は)

軸線に対して,40゜以上のねじれ角をもった

切れ刃。

high helical tooth

high helix tooth


18

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2066 

斜め刃

軸線に対して,斜めになっている真っすぐな

切れ刃。

― angular

tooth

2067

ニック

切りくずを分割するために,

切れ刃に設けたへこんだ

部分。

― nick

2068

溝の深さ

外周から溝底までの深さ(

図 参照)。

depth of flute

2069

溝底の丸みの半

溝底の丸みの半径(図 参照)。

radius of flute

2070

溝底の径

溝底の

直径(図 参照)。

d

c

 

core diameter

2071

(3.27)

ランド幅 

ランドの幅(図 参照)。

*width of fluted

land

*width of land land

width

2072

マージン幅

マージンの幅(図 参照)。

t

m

 

margin width

2073

刃数 
(はかず)

円周上の

切れ刃の数。

number of teeth

number of flutes

  5

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2074

パイロット

一般に工作物の下穴に合わせ,

切れ刃を先導するため

に,リーマの先端に設けた部分(

図 参照)。

― pilot

2075

パイロットの長

軸に平行に測ったパイロットの長さ(図 参照)。

l

p

 

pilot length

2076

パイロット径

パイロットの直径(図 参照)。

d

p

 

pilot diameter

2077

ガイド

リーマの切削方向を正確にするために溝の切上げから

後部に設けた部分(

図 参照)。

― guide

2078

油溝 
(あぶらみぞ)

切削油剤を

ガイドに導くためにガイドに設けた筋状の

へこんだ部分(

図 参照)。

― oil

groove


19

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

  6

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2079

油穴

切削油剤をリーマ先端から噴出させるため,リーマに
あけた穴。

― oil

hole

2080

センタ穴

機械加工などにおいてリーマを支える穴(

図 参照)。

― center

hole

2081

突出しセンタ

機械加工などにおいてリーマを支える突き出した部分

図 参照)。

― external

center

  7

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2082

調整範囲

調整リーマの

直径の最小寸法から最大寸法までの寸法

の範囲。

― adjustable

range

2083

割り溝

エキスパンションリーマの

刃部を分割した割り溝(図 8

参照)

― expanding

slot

2084

調整ボルト

エキスパンションリーマの

ボデーに内蔵し,先端がテ

ーパになっている直径調整用のボルト(

図 参照)。

― expanding

bolt

2085

調整ピン

エキスパンションリーマのボデーに内蔵し,頭部がテ
ーパになっいる直径調節用のねじ付きピン

図 参照)。

― expanding

pin

  8


20

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2086

植込み溝

ブレードを差し込む溝(図 参照)。

groove of blade

2087

ブレード

ボデーに機械的に保持されて刃部を構成する部分(図 9
及び

図 10 参照)。

― blade,

insert blade

2088

調整ナット

リーマの

直径を調整して,ブレードを固定するナット

図 及び図 10 参照)。

― adjustable

nut

  9

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

2089

刃止めねじ 
(はどめねじ)

ブレードを固定する小ねじ(図 10 参照)。

blade locking screw

 10

c

)

リーマの角度

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3001 

工具系角

リーマの製作,測定,取付けなどの便宜上,工具系基
準方式によって定義する刃部の角の総称。JIS B 0170
参照。

 tool

angles

3002

作用系角

切削作用を考察するための便宜上,作用系基準方式に
よって定義する刃部の角の総称。

作用系角であること

を明らかにするために,用語の前に”作用系”を付け,
記号には添字 e をつけて工具系と区別する。

JIS B 0170

参照。

 working

angles


21

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

3003 

すくい角 

基準面に対する

すくい面の傾きを表す角。

JIS B 0170

参照。

γ rake,

rake angle

3004 

(3.36) 

外周すくい角

軸に垂直な面で,外周切れ刃のすくい面と半径方向の
線がなす角度(

図 11 参照)。

γ

f

 radial

rake

*bock rake angle

3005 

(3.36.1) 

0°すくい

軸に垂直な面で,すくい面と半径方向の線が一致する
とき。

 *radial

face

3006 

(3.36.2) 

正のすくい

軸に垂直な面で,すくい面と半径方向の線がなす角度
が,主運動方向に対して半径方向の線の後になるとき。

 *undercut

face

3007 

(3.36.3) 

負のすくい

軸に垂直な面で,すくい面と半径方向の線がなす角度
が,主運動方向に対して半径方向の線の前になるとき。

 *overcut

face

3008 

食付きすくい角  食付き角に垂直な面と,食付き切れ刃のすくい面の傾

きを表す角(

図 11 参照)。

γ

o

chamfer rake angle

3009 

逃げ角

(切削)

仕上面に対する逃げ面の傾きを表す角。JIS B 

0170

参照。

α clearance

angle

3010 

(3.30) 

外周逃げ角

軸に垂直な面で,仕上面に対する外周切れ刃の逃げ面
の傾きを表す角。

外周逃げ角が複数からなる場合は切

れ刃に近い方から順に第 1 外周逃げ角,第 2 外周逃げ
角などという(

図 11 参照)。

α

f

peripheral relief

angle

*lead normal

clearance

3011 

食付き逃げ角

食付き角に平行な面と,食付き切れ刃の逃げ面の傾き
を表す角(

図 11 参照)。

α

o

chamfer relief angle

3012 

(3.23) 

ねじれ角

ねじれのつる巻線とその上の一点を通るリーマの

軸に

平行な直線とがなす角(

図 12 参照)。

σ *helix

angle

3013 

(3.20.2) 

食付き角

軸に対して傾けた食付き部の角。 
食付き角が複数からなる場合は先端に近い方から順に
第 1 食付き角,第 2 食付き角などという(

図 12 参照)。

λ

*bevel lead angle

(UK),

*chamfer angle

(USA)

3014 

(3.16) 

食付きテーパ

食付き部をテーパで表した量(図 12 参照)。

ε starting

taper

*included angle of

taper lead

3015 

分割角

軸に垂直な面で切れ刃を割り出した角。 
備考  分割角が等しい等分割のリーマと分割角の異な

る不等分割のリーマとがある(

図 13 参照)。

ω

flute spacing angle

3016 

溝角 
(みぞかく)

溝の角(図 13 参照)。 

δ flute

angle

 11


22

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

 12

 13

d

)

リーマの精度

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

4001 

外周の振れ

両センタ又はシャンクを基準にしてリーマを回転した
ときの

マージン部の半径方向の最大値と最小値との

差。

  両センタ又は,

シャンクの基準によって,両センタ

基準の

外周の振れ又はシャンク基準の外周の振れとい

う。

t

r

radial run out

4002 

食付きの振れ

両センタ又は

シャンクを基準にしてリーマを回転した

ときの

食付き切れ刃の垂直方向の最大値と最小値の

差。 
  両センタ又は,

シャンクの基準によって,両センタ

基準の

食付きの振れ又はシャンク基準の食付きの振れ

という。

t

c

run out of chamfer

4003 

直径精度

直径の寸法測定位置における最大寸法と最小寸法の
差。

t

d

 diametric

accuracy

4004 

テーパ精度

テーパリーマの基準長さに対する

テーパ量の誤差。

t

t

 taper

accuracy

e

)

リーマの刃部の損傷

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5001 

摩耗

切削中に

刃部に生じた漸進的な損失。

― wear

5002 

逃げ面摩耗

逃げ面に生じた摩耗(図 14 参照)。

― flank

wear

5003 

外周逃げ面摩耗

外周逃げ面に生じた逃げ面摩耗(図 14 参照)。

― peripheral

flank

wear

5004 

食付き逃げ面摩

食付き逃げ面に生じた逃げ面摩耗(図 14 参照)。

― chamfer

flank

wear

5005 

コーナ逃げ面摩

外周逃げ面と食付き逃げ面とのりょう(稜)線に生じ

逃げ面摩耗(図 14 参照)。

corner flank wear

5006 

外周逃げ面摩耗

の長さ

外周逃げ面摩耗の切れ刃に沿う長さ(図 14 参照)。

length of peripheral

flank wear

5007 

外周逃げ面摩耗

外周逃げ面摩耗の切削方向の幅(図 14 参照)。

VB

width of peripheral

flank wear


23

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5008 

食付き逃げ面摩

耗の長さ

食付き逃げ面摩耗の切れ刃に沿う長さ(図 14 参照)。

length of chamfer

flank wear

5009 

コーナー逃げ面

摩耗幅

コーナー逃げ面摩耗の切削方向の幅(図 14 参照)。

VB

c

width of corner

flank wear

5010 

すくい面摩耗

すくい面に生じた摩耗(図 14 参照)。

― face

wear

5011 

クレータ摩耗

すくい面摩耗のうち,くぼみが生じた摩耗(図 14 参照)。

KT crater

(wear)

5012 

チッピング

刃部に生じた微小な欠け(図 14 参照)。

― chipping

 14

参考

番号

用語

定義

量記号

対応英語

5013 

欠損 
(けっそん)

刃部に生じた大きな欠け。

― fracture

5014 

破損

刃部又はチップの全体又は大きな範囲に及ぶ破壊。

― breakage,

fracture

5015 

折損 
(せっそん)

ボデー又はシャンクに生じた折れ。

― breakage


24

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

f

)

リーマの一般

参考

番号

用語

定義

量記号

単位

対応英語

6001 

切削速度

リーマの外周におけるリーマと工作物との相対
的な円周方向の速度。リーマの

切削速度は,次の

式で計算する。

000

1

DN

V

π

V

:切削速度  (m・min

1

)

D

:リーマの外径  (mm)

N

:リーマの回転数  (min

1

)

m

・min

1

 cutting

speed

6002 

送り速度

リーマの単位時間当たりの軸方向の移動量。リー

マの送り速度は,次の式で計算する。

V

f

fN

V

f

:リーマの送り速度  (mm・min

1

)

f

:リーマの1回転当たりの送り量  (mm)

N

:リーマの回転数  (min

1

)

V

f

(F)

mm

min

1

feed speed

6003 

1回転当たり

の送り量

リーマの1回転当たりの軸方向の移動量,リーマ

の送り量は,次の式で計算する。

N

V

f

f

f

:リーマの1回転当たりの送り量  (mm)

V

f

:リーマの送り速度  (mm・min

1

)

N

:リーマの回転数  (min

-

1

)

f

mm

feed per revolution

6004 

リーマ代 
(―しろ)

リーマで削り取る量。リーマの

直径から下穴の直

径を引いた量。

― stock

amount

6005 

下穴 
(したあな)

リーマ加工の前にあらかじめ工作物にあけた穴。

― prepared

hole

6006 

拡大代 
(かくだいし

ろ)

リーマ加工を行った工作物の穴の直径とリーマ
の直径との差。 
備考  加工された工作物の穴の直径がリーマの直

径より小さい場合,縮み代ともいう。

― over

size

6007 

被削面

リーマ加工を施す前の工作物の表面。

― work

surface

6008 

仕上面

リーマ加工によって加工されて生成した加工物
の表面。

― machined

surface

6009 

バニシング作

刃物をこすりつけて工作物表面を塑性流動させ
る作用。

― burnisihing

action

6010 

切りくず詰ま

(きりくずづ

まり)

切削中の切りくず(屑)が排出されずに溝に詰ま
る状態。

― choking,

clogging

6011 

構成刃先

金属切削において,切削中に被削材の一部が加工

硬化によって母材より著しく硬い変質物となっ

刃部にたい(堆)積凝着し,元の刃先に代わっ

て新たな刃先が構成された状態となったもの。

― built-up edge

6012 

回転方向

リーマの送り運動方向に見た回転の向き。

― hand

of

cut

6013 

遊動チャック

工作物又は機械の主軸とリーマの軸との間に生

じた片寄りの修正ができるチャック。フローティ
ングチャックともいう。

― floating

chuck

備考  量記号及単位記号で括弧を付けたものは,なるべく用いない。


25

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 0173

:2002  リーマ用語

ISO 5420

:1983

Reamers

―Terms,definitions and types

(リーマ―の用語,定義及び種類)

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
    表示箇所:本体 
    表示方法:点線の下線又は実線の側線

項目 
番号

内容

(Ⅱ)

国際規 
格番号

項目
番号

内容

項 目 ご との
評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との

技術的差異の 理由及び 今
後の対策

1.

適用範

リーマに関する用語及びその定義に
ついて規定。

ISO 5420 1. 

リーマに関する用語及
びその定義について規
定。

IDT

2.

引用規

B 0170

B 4401B 4402B 4405 など

9

規格を引用。

ISO 5420 

ISO 3002

/12250521

236

など 10 規格を引用。

MOD

/追加 ISO の分類を包含している。

3.

分類

用語を 6 項目に分類して規定。

ISO 5420 3.4. 

用語を 2 項目に分類し
て規定。

MOD

/追加 ISO の分類を包含している。

今後 5 年以内に ISO に提案
する方向で検討する。

4.

リーマ

の 名 称 の
呼び方

リーマの種類を表す名称の呼び方を
規定。

規定なし。 MOD/追加

用語規格として必要なリー
マの名称がより理解できる
ようにするため追加した。

ISO

への提案を検討する。

5.

用語及

び定義

以下 6 項目について規定

a

)  リーマの種類

1

)  刃部材料及び表面処理による

分類

2

)  構造による分類

3

)  取付け方法による分類

4

)  機能又は用途による分類

b

)  リーマの要素

c

)  リーマの角

d

)  リーマの精度

e

)  リーマの刃部の損傷

f

)  リーマの一般

ISO 5420

ISO 5420

ISO 5420

ISO 5420

3.4.

規定なし。

規定なし。 
規定なし。

規定なし。

規定なし。

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

MOD

/追加

― 

ISO

の用語・定義を包含している。

ISO

の用語・定義を包含している。

ISO

の用語・定義を包含している。

ISO

の用語・定義を包含している。

今後 5 年以内に ISO に提案

する方向で検討する。 
リーマの種類・分類がより理
解できるように配慮した。

        同上 
国内流通間で必要な用語・定
義を追加した。

        同上 
        同上 
        同上

        同上

25

B 0173


2002

著作権法により


断での複製,転載等は禁止されてお

ります。


26

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

― IDT …………技術的差異がない。

― MOD/追加  …国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2.

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

― IDT …………国際規格と一致している。

― MOD…………国際規格を修正している。

― NEQ…………技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。

著作権法により

無断での複製,転載等は禁

止されてお

ります。

26

B 0173


2002


27

B 0173

:2002

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

日本工業標準調査会標準部会 機械要素技術専門委員会 構成表

     氏名

      所属

(委員会長)   大  園  成  夫

東京電機大学工学部

(委員)

加  藤  伸  一

社団法人自動車技術会

川  口  俊  充

日本工具工業会

黒  澤  富  蔵

産業技術総合研究所

桑  田  浩  志

有限会社桑田設計標準化研究所

清  水  雄  輔

社団法人日本バルブ工業会

庄  野  敏  臣

社団法人日本工作機械工業会

筒  井  康  賢

産業技術総合研究所

真  弓      透

社団法人日本ベアリング工業会

丸  山  一  男

工学院大学工学部

望  月  正  紀

社団法人日本ねじ工業会