>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0163-1

:2007

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本機械学会(JSME)/財団法人日

本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 7904-1:1995,Plain bearings−

Symbols−Part 1: Basic symbols を基礎として用いた。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 0163-1

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 0163

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 0163-1

第 1 部:基本記号

JIS B 0163-2

第 2 部:応用記号


B 0163-1

:2007

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  基本文字記号

1

4.

  追加記号

1

4.1

  下付き文字

1

4.2

  上付き文字

2

5.

  基本文字記号,下付き文字及び上付き文字の適用並びに識別

2

6.

  記号及び用語

2

6.1

  基本文字記号(アルファベット)

2

6.2

  基本文字記号(ギリシャ文字)

4

7.

  追加記号

5

7.1

  下付き文字

5

7.2

  上付き文字(の上に示されている記号)

8

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

9

 
 


日本工業規格

JIS

 B

0163-1

:2007

滑り軸受−記号−第 1 部:基本記号

Plain bearings

−Symbols−Part 1: Basic symbols

序文  この規格は,1995 年に第 1 版として発行された ISO 7904-1:1995,Plain bearings−Symbols−Part 1:

Basic symbols を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

さらに,ISO 規格で「−」にて定義されている文字記号は,内容を変更せずそのまま定義する。

1.

適用範囲  この規格は,滑り軸受分野で一般的に使用される基本記号について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 7904-1:1995

,Plain bearings−Symbols−Part 1: Basic symbols (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0163-2

  滑り軸受−記号−第 2 部:応用記号

備考  ISO 7904-2:1995, Plain bearings−Symbols−Part 2:Applications からの引用事項は,この規格

の該当事項と同等である。

3.

基本文字記号  基本文字は,一文字,二文字又は三文字の大文字及び/又は小文字で構成する。変数

は斜体で,短縮語はローマン体で表記する。

  N(回転速度)

So(ゾンマーフェルト数)

HRC(ロックウェル硬さ C スケール)

4.

追加記号

4.1

下付き文字  下付き文字は,一つから三つの文字,アラビア数字,又は文字とアラビア数字との組

合せで構成する。通常,下付き文字の最初の文字は,その文字によって意味される英語の概念の頭文字に

対応する。その後に続く文字もこの概念に基づく。使用する表現は,可能な限り短くするのがよい。

記号が変数に対応する場合は,斜体で表し,短縮語の場合は,ローマン体で表記する。

例  c=circular

cr=critical


2

B 0163-1

:2007

cal=calculated

複数の下付き文字を結合して使用する場合は,空白ではなくカンマで区切って表記する。例えば,境界

潤滑への移行時の許容最小潤滑剤膜厚さは,h

lim

tr

と表記する。このような表現が取り扱いにくい場合は,

下付き文字として,まだ使用されていない一つの文字又はアラビア数字で代用することが可能である。例

として h

lim

tr

の代わりに h

1

など。

4.2

上付き文字  上付き文字は,点,線,カンマ,アステリスク(*),その他の特徴的な記号で構成す

る。一つの記号には,同時に二つまでの上付き文字の組合せをしてもよい。

例  C

*

5.

基本文字記号,下付き文字及び上付き文字の適用並びに識別  回転方向は,左回り(反時計回り)を

正と定義する。この定義は,回転角度,回転速度,周速及び角速度にも適用する。

パラメータは,アステリスク(*)を伴った基本文字で表す。例えば,軸受負荷能力のパラメータは *

で表す。ジャーナル軸受の負荷能力パラメータがスラスト軸受のそれと識別する必要がある場合は,*

r

又は,*

ax

によって識別する。ただし,数種類の異なった軸受負荷能力が使われる場合,関連する規格又

は論文においては,適切な下付き文字(例として 1,2,3)によって分類することができる。

  C は通常の場合,軸受すき間に使用される。C

ax

はスラスト軸受のくさび深さ,C

r

は半径すき間,

そして C

D

は直径すき間を表す。

6.

記号及び用語

6.1

基本文字記号(アルファベット)

記号

適用用語

対応英語(参考)

A 

面積 
破断時の伸び

放熱表面積

area 
elongation at fracture 
area of heat-emitting surface

距離 
加速度

熱拡散率

distance 
acceleration 
thermal diffusivity

(滑り方向と直角の)幅

有効軸受幅

(breadth); width (at right angles to the direction of motion)   
effective bearing width

幅 width

すき間 
濃度

面取り

clearance 
concentration 
chamfer

比熱 
剛性係数

specific heat 
stiffness coefficient

軸受直径 bearing

diameter

直径 
減衰係数

diameter 
damping coefficient

縦弾性係数

modulus of elasticity

偏心量 absolute eccentricity

軸受荷重 

bearing force (load) 
force

摩擦係数 
関数

coefficient of friction 
function

横弾性係数 shear

modulus


3

B 0163-1

:2007

記号

適用用語

対応英語(参考)

重力の加速度

acceleration due to gravity

高さ height

HB

ブリネル硬さ Brinell

hardness

HRB

ロックウェル硬さ(B スケール)

Rockwell hardness (ball)

HRC

ロックウェル硬さ(C スケール)

Rockwell hardness (cone)

HV

ビッカース硬さ Vickers

hardness

高さ 
膜厚さ

局所潤滑剤膜厚さ 
ライニング厚さ

height 
film thickness 
local lubricant film thickness 
lining thickness

慣性モーメント 
定積分

moment of inertia 
definite integral

虚数単位

imaginary unit (

1

)

虚数単位

imaginary unit (

1

)

係数 
定数

補助変数

coefficient 
constant 
auxiliary variable

熱伝達率

coefficient of heat transfer

長さ 
滑り方向の滑り面長さ 
パッドの円周方向長さ

length 
length of sliding surface in direction of motion 
length of pad in circumferential direction

長さ length

モーメント 
混合係数

moment 
mixing factor

質量 mass

回転速度(単位時間における回転の

数)

rotational frequency (revolutions per time unit)

数 number

動力 
熱の流れ

power 
heat flow

圧力 pressure

流量

体積流量

flow rate 
volume flow rate

半径 
表面粗さ 
抵抗

材料強度

radius 
roughness (surface finish) 
resistance 
material strength

Re 

レイノルズ数 Reynolds

number

半径 
再現性

radius 
repeatability

安全率 safety

factor

So 

ゾンマーフェルト数(軸受荷重の無

次元数 *)

Sommerfeld number (special form of dimensionless bearing force

parameter *)

SP

切換周期 switching period


4

B 0163-1

:2007

記号

適用用語

対応英語(参考)

肉厚 
振幅(機械振動)

wall thickness 
displacement amplitude (mechanical oscillation)

温度 temperature

時間 time

U x 座標方向の表面速度

周速 
流速

surface velocity in x-direction 
peripheral velocity   
flow velocity

u x 座標方向の速度成分

座標方向の変形 
測定の不確かさ

velocity component in x-direction 
deformation in x-direction  
uncertainty of measurement

体積 
座標方向の表面速度 
押しのけ速度(スクイーズ速度)

volume 
surface velocity in y-direction 
displacement velocity

VG

粘度等級 viscosity grade

VI

粘度指数 viscosity index

v y 座標方向の速度成分

座標方向の変形

velocity component in y-direction 
deformation in y-direction

W z 座標方向の表面速度

仕事(エネルギー)

surface velocity in z-direction 
work (energy)

w z 座標方向の速度成分

座標方向の変形 
周囲の空気流速

velocity component in z-direction 
deformation in z-direction 
air flow velocity (ambient)

直交座標

距離

Cartesian coordinate 
distance

直交座標 
距離

Cartesian coordinate 
distance

軸受 1 個当たりの滑り面(パッド)

又はポケットの数

破断後のくびれ

number of sliding surfaces (pads) or pockets per bearing 
 
necking after fracture

直交座標 
距離

Cartesian coordinate 
distance

6.2

基本文字記号(ギリシャ文字)  類似するアルファベットと混同するおそれのある幾つかのギリシ

ャ文字の大文字は,使用しない。

記号

適用用語

対応英語(参考)

α 

熱伝達率 
角度 
線膨張係数,熱膨張係数

圧力粘度指数

coefficient of heat transfer 
angle 
coefficient of thermal expansion 
pressure viscosity exponent

β 

角度

温度粘度指数

angle 
temperature viscosity exponent

Γ

γ 

角度 angle

差異

ラプラス演算子

difference 
Laplace operation

δ 

角度 angle


5

B 0163-1

:2007

記号

適用用語

対応英語(参考)

ε 

偏心率 
相対伸び,ひず(歪)み

relative eccentricity 
relative elongation

ζ

流体抵抗係数

hydraulic resistance coefficient

η 

絶対粘度 dynamic

viscosity

θ 

角度 angle

Ι

ι 

κ 

抵抗率 resistan

ratio

Λ

λ 

熱伝導率

coefficient of thermal conductivity

µ 

摩擦係数 
軸受の相対剛性

coefficient of friction 
relative stiffness of bearing

ν 

動粘度 
ポアソン比

kinematic viscosity 
Poisson’s ratio

Ξ

ξ

絞り比 restricto ratio

ο

Π

積 
パラメータ

product 
parameter

π

円周率(π=3.141 592 …….)

the circular constant (π=3,141 592 …….)

ρ 

密度 density

Σ

合計 sum

σ 

応力

標準偏差

stress 
standard deviation

τ

せん断応力 shearin stress

υ

Φ 

散逸関数

滑り面利用率

dissipation function 
sliding surface utilization factor (0<Φ<1)

φ 

角度

角度座標

angle 
angular coordinate

Χ

Ψ

ψ 

すき間比

軸受すき間比

relative clearance 
relative bearing clearance

Ω 

軸受滑り面の角度幅(部分軸受)

angular span of bearing sliding surface (segment)

ω 

角速度(ω=2・π・N) angular

velocity

7.

追加記号

7.1

下付き文字

記号

適用用語

対応英語(参考)

面積

振幅

area 
amplitude

a

表面粗さ記号(Ra

for surface finish C.L.A. (Ra)

amb

周囲 ambient

ax

軸方向 axial

B

軸受 
滑り面

セグメント(パッド)

bearing 
sliding surface 
segment (pad)


6

B 0163-1

:2007

記号

適用用語

対応英語(参考)

b

球 
境界潤滑

spherical (ball) 
boundary lubrication

Cel

セルシウス温度 Celsius

temperature

Ch

検定 checking

c

円 
円周方向 
剛性

circular 
circumferential direction 
stiffness

cal

計算 calculation

cl

冷却 cooling

cor

修正 correction

cp

容量 capacity

cr

危険,臨界 critical

cv

対流 convection

直径 diameter

深さ depth

dam

減衰 damping

dr

無潤滑 dry

dyn

動的 dynamic

E

弾性

弾性流体

elastic 
elastohydrodynamic (EHD)

eff

有効 effective

en

入口 entrance

ex

出口 exit

力 force

f

摩擦 friction

fl

つば(フランジ) flange

G

溝 groove

重量

重力

weight 
gravity

g

ガラス glass

gr

グリース grease

H

ハウジング housing

h

流体力学的 
水平

hydrodynamic 
horizontal

慣性 
定積分

inertia 
definite integral

計数添字 count

subscript

in

内側 inside

J

軸(回転子) shaft

(rotor)

j

K

熱伝達,伝熱 heat

transmission

L

潤滑剤

潤滑

lubricant 
lubrication

直線

長さ

linear 
length

lam

層流 laminar


7

B 0163-1

:2007

記号

適用用語

対応英語(参考)

lan

ランド 
受圧面

land 
load carrying area

lim

限界値 limiting value

lq

液体 liquid

モーメント moment

質量 mass

m

混合潤滑 mixed

lubrication

man

製造要件 manufacturing

requirement

max

最大 maximum

me

金属 metal

min

最小 minimum

回転数(単位時間における回転回

数)

rotational frequency (revolutions per time unit)

n

直角 
表面と直角(直角方向)

normal 
normal to surface (in normal direction)

nom

公称値 
公称の条件

nominal value 
nominal condition

O

o

外側 
開放

outside 
open

out

外側 outside

oi

油 oil

opt

最適条件 optimum

P

ポケット pocket

圧力 pressure

pl

プラスチック plastic

Q

q

半径 
抵抗

radius 
resistance

r

半径方向 radial

red

換算 reduced

rel

相対的 relative

rev

可逆的 reversible

rot

回転 rotation

rsl

合成 resultant

rsn

共振 resonance

S

断面 cross-section

s

固体 solid

sc

静的 static

sl

滑り sliding

sn

静止 stationary

sq

スクイーズ squeeze

st

起動 start

stp

停止 stop

温度 temperature

Th

スラストカラー 
スラスト軸受

thrust collar 
thrust bearing


8

B 0163-1

:2007

記号

適用用語

対応英語(参考)

時間 time

tan

接線 tangental

th

温度,熱 

thermal 
heat

tot

総和 total

tr

遷移(例えば,他の潤滑領域へ)

transition (e.g. transition to other types of lubrication)

tur

乱流 turbulent

U

u

体積 volume

v

垂直 vertical

var

可変 variable

vt

換気 ventilation

W

w

摩耗 wear

wav

うねり waviness

wed

くさび wedge

X

x x 座標方向 in

x-direction

Y

y y 座標方向 in

y-direction

Z

z z 

座標方向 in

z-direction

z

粗さパラメータ記号(R

z

for surface finish (R

z

)

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

7.2

上付き文字(の上に示されている記号)

記号

適用用語

対応英語(参考)

*

パラメータ

ポテンシャル

parameter 
potential

平均値 mean value

X

ベクトル vector

X’ 

方向又は角度による微分値

differential quotient according to direction or angle

X&

時間による微分値

differential quotient according to time


9

B 0163-1

:2007

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 0163-1

:2007  滑り軸受−記号−第 1 部:基本記号

ISO 7904-1

:1995  平軸受−記号−第 1 部:基本記号

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

( Ⅱ )  国 際
規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理
由及び今後の対策

1.

適用範囲

ISO 

7904-1

1

JIS

と同じ IDT

2.

引用規格

2

JIS

と同じ IDT

3.

基本文字記号

3

JIS

と同じ IDT

4.

追加記号

4

JIS

と同じ

IDT

5.

基本文字記号,下付き文字

及び上付き文字の適用並
びに識別

5

JIS

と同じ

IDT

6.

記号及び用語

6

6.1

A:放熱表面積

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

は,面積を表す記号
のため“面”を追加し
た。

ISO

に変更を提案する。

6.1

B

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

C

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

c

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

比熱は,specific heat
と ISO 4378-4 に定義

されている。

ISO

に変更を提案する。

9

B 0163-1


2007


10

B 0163-1

:2007

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

( Ⅱ )  国 際
規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理
由及び今後の対策

6.1

D

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

e

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

偏心量は,absolute 
eccentricity と ISO 
4378-4

に定義されて

いる。

ISO

に変更を提案する。

6.1

F

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

H

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

i:虚数単位

6.1

MOD/追加

一般的に使用するた
め追加した。

ISO

に追加を提案する。

6.1

j

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

対応英語を追加した。 ISO に変更を提案する。

6.1

k

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

ISO 4378-4

に表現方

法を統一。

ISO

に変更を提案する。

6.1

L

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

p

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/削除

面圧は

p

で表される

ため削除した。

ISO

に削除を提案する。

6.1

R

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.1

S

6.1

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

一般的に safty factor
を使用するため変更
した。

ISO

に変更を提案する。

6.1

6.1

JIS

とほぼ同じ 

MOD/変更

対応英語を変更した。 ISO に変更を提案する。 

10

B 0163-1


2007


11

B 0163-1

:2007

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

( Ⅱ )  国 際
規格番号

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理
由及び今後の対策

6.2

α

6.2

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

ISO 4378-4

に表現方

法を統一。

ISO

に変更を提案する。

6.2

θ

6.2

− MOD/追加

一般的に使用するた
め追加した。

ISO

に追加を提案する。

6.2

λ

6.2

JIS

とほぼ同じ MOD/変更

ISO 4378-4

に表現方

法を統一。

ISO

に変更を提案する。

6.2

µ

6.2

軸受の相対剛性/
relative stiffness of 
bearing

MOD/追加

一般的に使用するた
め追加した。

ISO

に追加を提案する。

6.2

π

6.2

JIS

とほぼ同じ MOD/変更

Ludolf’s Number は,
一般的に使用しない
ため変更した。

ISO

に変更を提案する。

6.2

σ

6.2

JIS

とほぼ同じ MOD/変更

nominal を付ける意図
が不明。

ISO

に nominal の削除を提案する。

6.2

ψ

6.2

軸受すき間比/
relative bearing 
clearance

MOD/追加

一般的に使用するた
めすき 間比( relative 
clearance ) を 追 加 し
た。

ISO

に追加を提案する。

7.

追加記号

 7

JIS

とほぼ同じ

IDT

7.1 sq

7.1  JIS とほぼ同じ

MOD/変更

英語が不適切なため

変更した。

ISO

に変更を提案する。

7.2

X*

7.2

JIS

とほぼ同じ

MOD/変更

(    )の説明が意味が

不明のため削除した。

ISO

に定義の確認をするとともに必

要によって変更を提案する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

11

B 0163-1


2007


12

B 0163-1

:2007

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―  IDT  技術的差異がない。 
―  MOD/削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

―  MOD/追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
―  MOD/変更  国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―  MOD  国際規格を修正している。

12

B 0163-1


2007