>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0148

:2006

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本産業機械工業会(JSIM)/財団法

人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって JIS B 0148 : 1998 は

改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,新しい巻上機の種類,仕様などを追加し,一般化した用語を大幅に削除し,巻上機で

用いる用語を整理した。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。


B 0148

:2006

目    次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  分類 1

3.

  用語及び定義  1


日本工業規格

JIS

 B

0148

:2006

巻上機−用語

Lifting equipment

Terminology

序文  この規格は,1984 年に第 1 版として制定され,1993 年及び 1998 年に改正された。巻上機の用語及

びその定義を統一し,かつ,分類して作成した日本工業規格である。

なお,巻上機の用語に関連した対応国際規格はない。

1.

適用範囲  この規格は,チェーンブロック,チェーンレバーホイスト,ワイヤ式レバーホイスト,電

気チェーンブロック,電気ホイスト,電動ウインチ,空気チェーンホイストなどの巻上機(以下,巻上機

という。

,巻上用関連品(スリング及び附属品を含む。

)などに関連する用語及びその定義について規定す

る。

2.

分類  用語の分類は,次による。

a)

共通の用語

1)

種類

2)

仕様及び負荷

3)

管理

4)

構成部品

5)

機能及び操作

6)

試験及び検査

b)

種類別の用語

1)

チェーンブロック

2)

チェーンレバーホイスト

3)

ワイヤ式レバーホイスト

4)

電気チェーンブロック

5)

電気ホイスト

6)

電動ウインチ

7)

空気チェーンホイスト・空気ワイヤホイスト

8)

巻上用関連品(スリング及び附属品を含む。)

3.

用語及び定義  用語及び定義は,次による。

なお,参考として,対応英語,慣用語及び図を示す。

備考  用語の下に(  )を付けて示してあるのは,読み方である。


2

B 0148

:2006

a)

共通の用語

1)

種類

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1000 

巻上機

荷の巻上げ・巻下げ・走行・横行・横引きなどを目的
に使用する装置の総称。

lifting equipment

1050 

ホイスト

電気チェーンブロック,電気ホイストなどの装置の総
称。原動機,減速装置,巻上装置(ワイヤロープ式に
おけるドラム,チェーン式におけるロードシーブ),

フックブロック,制御装置などを,ベースを使用せず
に,一体にまとめた巻上装置。横行装置を備えたもの
もある。

motor driven hoist

power driven hoist

1100 

チェーンブロック

ロードチェーンがかみ合っているロードシーブを,減
速機構,制動機構を介して手鎖車を操作することによ
って,荷を巻上げ・巻下げする装置。

備考  JIS B 8802 及び参考付図 1 1)参照。

hand chain operated

chain hoist

hand chain block

1210 

チェーンレバーホイ

スト

レバーの反復操作によって,荷の巻上げ・巻下げ・横

引きなどを行う装置。ロードチェーンとしてリンクチ
ェーン又はローラチェーンが使用される。

備考  JIS B 8819 及び参考付図 1 2)参照。

chain lever hoist

manually operated

lever hoist

1220 

ワイヤ式レバーホイ

スト

レバーの反復操作によって,ワイヤロープを使用して
荷の巻上げ・巻下げ・横引きなどを行う装置。手動又
は油圧駆動によるものがある。

備考  参考付図 1 3)及び 4)参照。

wire rope lever hoist

1300 

電気チェーンブロッ

電動機を用い,ロードチェーンがかみ合っているロー

ドシーブを減速回転させて,荷の巻上げ・巻下げを行
う装置。

備考  JIS B 8815,参考付図 1 5)及び 19)参照。

electric chain hoist

1310 

空気チェーンホイス

エアモータを用い,ロードチェーンがかみ合っている
ロードシーブを減速回転させて,荷の巻上げ・巻下げ
を行う装置。

備考  参考付図 1 10)参照。

air chain hoist

pneumatic chain hoist

エアホイ

スト

1400 

電気ホイスト

電動機を用い,ワイヤロープを巻き付けてあるドラム

を減速回転させて,荷の巻上げ・巻下げを行う装置。

備考  JIS C 9620 及び参考付図 1 6)参照。

electric wire rope

hoist

1410 

電気ベルトホイスト

電動機を用い,合成繊維で作られたベルトを巻き付け

てあるドラムを減速回転させて,荷の巻上げ・巻下げ
を行う装置。

備考  参考付図 1 8)参照。

electric belt hoist

1420 

手動ワイヤロープホ

イスト

手鎖を用い,ワイヤロープを巻き付けてあるドラムを
減速回転させて,荷の巻上げ・巻下げを行う装置。

備考  参考付図 1 9)参照。

manually operated

wire rope hoist

1430 

空気ワイヤホイスト

エアモータを用い,ワイヤロープを巻き付けてあるド
ラムを減速回転させて,荷の巻上げ・巻下げを行う装

置。

air wire rope hoist

pneumatic wire rope

hoist

1500 

電動ウインチ

電動機を用い,ベース又は台車(クラブ)の上に減速

機,ドラム(巻胴),ブレーキを配置し,ワイヤロー
プなどをドラムに巻き取り,荷の巻上げ・巻下げ・横
引きなどを行う装置。

備考  JIS B 8813 及び参考付図 1 7)参照。

electric winch


3

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1510 

空気ウインチ

エアモータを用い,ワイヤロープを巻き付けてあるド

ラム又はワイヤロープのつかみ装置を減速回転させ
て,荷の巻上げ・巻下げ・横引きなどを行う装置。

pneumatic winch

1520 

油圧ウインチ

油圧モータを用い,ワイヤロープを巻き付けてあるド
ラムを回転させて,荷の巻上げ・巻下げ・横引きなど
を行う装置。

備考  参考付図 1 12)参照。

hydraulic winch

1530 

手動ウインチ

手動ハンドルを用い,ワイヤロープを巻き付けてある
ドラムを回転させて,荷の巻上げ・巻下げなどを行う

装置。

備考  参考付図 1 13)参照。

manually operated

winch

1550 

バキュームホイスト

ブロア,コンプレッサ,真空ポンプなどを使用し,ホ
ース内に負圧を発生させて,荷の吸着脱と巻上げ・巻
下げを行う装置。

備考  参考付図 1 11)参照。

vacuum hoist

1620 

スリング

玉掛け用具の総称。 sling

1630 

つりクランプ

つり荷の質量と,カム及びリンク機構の作用によっ
て,鋼材などのつり上げ及び運搬に用いる装置。a)縦
づりクランプ(くわえ口が鉛直)

,b)横づりクランプ(く

わえ口が水平)

,c)ねじ式クランプ(締付けねじでつり

荷を締付け)

,d)無きず(傷)クランプ(つり荷に無駄

なきずが付かない)などがある。

備考  参考付図 1 51)参照。

lifting clamp

a) vertical lifting

clamp

b) lateral lifting clamp

c) screw clamp

d) non-marring lifting

clamp

クランプ

1640 

チェーンスリング

リンクチェーンを用いたスリング。

備考  JIS B 8816 及び参考付図 1 15)参照。

chain sling

1650 

ワイヤロープスリン

ワイヤロープを用いたスリング。

備考  JIS B 8817 及び参考付図 1 16)参照。

wire rope sling

1660 

ベルトスリング

合成繊維で作られたベルトを用いたスリング。

備考  JIS B 8818 及び参考付図 1 17)参照。

webbing sling

1670 

ラウンドスリング

合成繊維のより糸をエンドレスに回旋した心体を織
物で被覆したスリング。

備考  JIS B 8811 及び参考付図 1 14)参照。

round sling

1710 

定置式

巻上機を定位置において使用する方式。

備考  参考付図 1 18)及び 19)参照。

stationary type

1715 

据置形

巻上機をフレームなどで固定して使用する形態。

備考 JIS 

8815

JIS C 9620 及び

参考付図 1 18)

参照。

frame mounted type

1720 

懸垂形

巻上機を懸垂して使用する形態。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS C 9620 及び参

考付図 1 19)参照。

suspended type

1730 

トロリ式

巻上機をトロリによって横行する方式。トロリに上フ
ックなどを使用して,巻上機を懸垂したもの(トロリ

式),上フックなどを使用せず直接結合したもの(ト
ロリ結合式)がある。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS C 9620 及び参

考付図 1 5)参照。

trolley type

trolley suspended type

1731 

ロープトロリ式

巻上げ用ワイヤロープをかけたトロリが,横行する方

式。モータ駆動方式と,横行用ウインチ方式とがある。

備考  参考付図 1 20)参照。

rope trolley type


4

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1732 

手押横行式

巻き上げた荷を押して,横行する方式。

備考  JIS B 8802JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

plain trolley type

プレント

ロリ式

1733 

鎖動横行式

(さどうおうこう
しき)

手鎖の操作によって,巻上機を横行する方式。

備考  JIS B 8802JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

geared trolley type

ギヤード

トロリ

1734 

電動横行式

電動機によって,巻上機を横行する方式。

備考  JIS B 8815JIS C 9620 及び参考付図 1 6)

照。

motorized trolley type

電気トロ

リ式,

電動トロ

リ式

1735 

空気横行式

エアモータによって,巻上機を横行する方式。

pneumatic trolley type

エアトロ

リ式

1740 

ホイスト式

巻上装置にホイストを用いた方式。横行装置を備えた
ホイストを単独で用いた方式,y 及び横行装置をもた

ないホイストと横行台車とを組み合わせた方式のも
のがある。

motor driven hoist

type

1745 

モノレール式

固定された I 形鋼などのレールに沿って巻上機が横行
する方式。

monorail type

テルハ

1750 

軽量形クレーン

けた,走行レールに鋼板成形材,軽量形鋼,アルミニ

ウム成形材などを使用し,建屋のはり(梁)などに直
接取り付けできる軽荷重搬送用クレーン。

備考  参考付図 1 21)及び 22)参照。

light crane

1760 

サスペンション式ク

レーン

I

形鋼などのガーダの下部フランジをレールとして,

巻上機が横行する方式。

suspension type

1765 

トップランニング式

クレーン

ガーダの上部に取り付けられたレールを,巻上機が横
行する方式。

top running type

オーバヘ

ッド式

1770 

ダブルガーダ式クレ

ーン

2

本のガーダに沿って巻上機が横行する方式。

double girder type

ダブルレ

ール式

1775 

シングルガーダ式ク

レーン

1

本のガーダに沿って巻上機が横行する方式。

single girder type

1780 

ローヘッド形巻上機

上下フック間,又は横行レールと下フックとの間の距

離を小さくした巻上機の方式。

備考  JIS C 9620 及び参考付図 1 23)参照。

low head room type

short head room type

ショート

ヘッド

1785 

高揚程形

標準の揚程を超える揚程の巻上機。

high lift type

1790 

多点づり式

形の大きな荷及び長尺物をつるために,一つの巻上機
に複数個のフックのあるもの。

multi load-block

suspension type

1791 

2

点づり形

形の大きな荷及び長尺物をつるために,一つの巻上機
に 2 個のフックのあるもの。

double load block

type

twin hook type

1810 

可変速式

巻上げ・巻下げ・横行・走行などの速度を変えられる
方式。

variable speed type

1820 

2

速形

巻上げ・巻下げ・横行・走行などの速度を 2 段階に変
えられる方式。

dual speed type

two speed type

2

段速形

1830 

無段速形

巻上げ・巻下げ・横行・走行などの速度を無段階に変
えられる方式。

stepless variable speed

type

1840 

直切り操作形

(じかぎりそうさ
がた)

巻上機を,押ボタン,引きひもなどによって電動機を

直接制御する方式。

power supply

direct-control

device


5

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

1850 

間接操作形

巻上機を,電磁接触器を使用して電動機を制御する方

式。

electro-magnetic

controlled type

1860 

無線操作式

巻上機を,電波,光,音などの無線によって操作する

方式。

wireless controlled

type

1870 

防爆形

爆発性のガス,粉じん,蒸気などの存在する場所で,
引火及び爆発の原因を作らず使用できる構造。

備考 JIS C 0930JIS C 0931JIS C 0932JIS C 

0934

及び JIS C 60079-0 参照。

explosion-proof type

2)

仕様及び負荷

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

2110 

巻上機の等級

巻上機において,スペクトル係数と総運転時間などの

使用条件によって分類される等級。

備考  JIS B 8802JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS 

C 9620

参照。

grade of lifting

equipment

2113 

スリングの等級

チェーンスリング,ベルトスリング及びこれらに使用
される金具において,強さ又は最大使用荷重によって

分類される等級。

備考  JIS B 8816JIS B 8817 及び JIS B 8818 参照。

grade of sling

2115 

フックの等級

フックにおいて,強さによって分類される等級。

備考  JIS B 2803 参照。

grade of hook

2118 

リンクチェーンの等級  リンクチェーンにおいて,強さによって分類される等

級。M,T,V,4,8,10 などに分類される。

備考  JIS B 8812 及び JIS B 8816 参照。

grade of link chain

2210 

(巻上機の)つり上げ

荷重

巻上機に負荷させることのできる最大の荷の質量。

lifting load

hoisting load

2215 

最大使用荷重

チェーンスリング,ワイヤロープスリング,ベルトス

リングなどのスリングにおいて,1 本のスリングに負
荷することのできる最大の荷の質量。略記号として

WLL

を使用する。

備考  JIS B 8816JIS B 8817 及び JIS B 8818 参照。

working load limit

maximum working

load

2216 

(つりクランプの)最

小使用荷重

1

個のつりクランプに負荷することのできる最小の荷

の質量。

minimum clamping

load

2217 

モード係数

チェーンスリング,ワイヤロープスリング及びベルト
スリングにおいて,つり本数,つり角度などによる最

大使用荷重と使用荷重との比。

備考  JIS B 8816JIS B 8817 及び JIS B 8818 参照。

mode factor

2230 

定格荷重

巻上機のフックなどに負荷させることのできる最大

の荷の質量で,つり上げ荷重からフックなどの質量を
差し引いた質量。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS B 8819 及び JIS 

C 9620

参照。

rated load

capacity

容量

2240 

使用荷重

リンクチェーン,フック,スリングなどにおいて,つ working load


6

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

り角度,使用雰囲気などを考慮したうえで使用できる
最大の荷の質量。略記号として WL を使用する。

備考  JIS B 2803JIS B 8816JIS B 8817 及び JIS 

B 8818

参照。

2250 

(電動ウインチの)定

格荷重

電動ウインチの基準層において,ワイヤロープに負荷
することのできる最大の質量。

備考  JIS B 8813 参照。

rated load

2261 

掛数

巻上機において,本体と下フックなどの間に掛けられ
たロードチェーン又はワイヤロープの本数。

備考  JIS B 8802JIS B 8815 及び JIS B 8819 参照。

number of chain fall

line

掛け本数,
条数

2270 

作動荷重

チェーンブロック,チェーンレバーホイストなどにお
いて,作動試験に用いる荷の質量。

備考  JIS B 8802 及び JIS B 8819 参照。

test load of manually

operated hoist

2280 

過負荷

定格荷重又は使用荷重を超えて荷の質量がかかるこ

と。

over load

オーバー

ロード

2290 

安全率

リンクチェーン,ワイヤロープ,フック,スリングな
どの破断荷重を,最大使用荷重に相当する力で除した

値。

safety factor

安全係数

2310 

揚程

荷を巻上げ及び巻下げできる最大距離。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS B 8819JIS C 

9620

参考付図 1 1)2)23)24)及び 41)

参照。

lift

hook path

2313 

標準揚程

チェーンブロック,チェーンレバーホイストなどにお
ける標準の揚程。

備考  JIS B 8802 及び JIS B 8819 参照。

standard lift

standard hook path

2315 

ロープ巻取長さ

電動ウインチにおいて,ワイヤロープをドラムに密着
整列に巻いたとき,ドラムのつばの外周から 1 層以上

残して巻き取ったときの余巻きを含むロープの全長。

備考  JIS B 8813 参照。

winding length

winding capacity

2320 

フック間最小距離

下フック又はフックブロックを上限まで巻き上げた

ときの,上フックの荷重支持点又は横行レール下面か
ら,下フック荷重支持点までの距離。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS B 8819JIS C 

9620

参考付図 1 1)2)23)24)及び 41)

参照。

minimum head room

ミニマム

ディス
タン
ス,

最小距離

2410 

巻上速度

定格電圧,定格周波数で,定格荷重を巻き上げる速度。

備考  JIS B 8815 及び JIS C 9620 参照。

lifting speed

2415 

巻下速度

定格電圧,定格周波数で,定格荷重を巻き下げる速度。

備考  JIS B 8815 及び JIS C 9620 参照。

lowering speed

2420 

定格ロープ速度

ドラムの基準層において,定格荷重で巻き込まれると

きのロープ速度。

備考  JIS B 8813 参照。

rated wire rope speed

2430 

走行速度

クレーンサドルなどが,定格電圧,定格周波数で定格

荷重をつり,移動する速度。

travelling speed

2440 

横行速度

(おうこうそくど)

トロリが,定格電圧,定格周波数で定格荷重をつり,

移動する速度。

備考  JIS B 8815 及び JIS C 9620 参照。

traversing speed

2510 

(巻上機の)短時間定

基準負荷サイクルで,一定時間巻上機を運転すると

き,電動機などに定められた温度上昇限度を超過せ

short time rating


7

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

ず,また,その他の制限に外れない定格。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

2520 

反復定格

指定された条件下で巻上機を使用する場合,運転停止

を交互に繰り返したとき,電動機などに,定められた
温度上昇限度を超過せず,また,その他の制限に外れ
ない定格。

備考  JIS B 8813JIS B 8815JIS C 4034-1 及び

JIS C 9620

参照。

intermittent rating

2530 

総合入力

電動機,電磁ブレーキ,電磁開閉器などに対する総合
入力。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

total input power

2610 

リーチ

チェーンスリングの有効長さ。

備考  JIS B 8816 及び参考付図 1 15)参照。

reach of chain sling

2620 

(ワイヤロープスリン

グ)長さ

ワイヤロープスリングの有効長さ。

備考  JIS B 8817 及び参考付図 1 16)参照。

2630 

(ベルトスリング,ラ

ウンドスリング)長

ベルトスリング,ラウンドスリングの有効長さ。

備考  JIS B 8811JIS B 8818,参考付図 1 14)及び

17)

参照。

2640 

(つりクランプの)有

効板厚

つりクランプが保持することのできる鋼材の厚さを

いい,最大板厚から最小板厚までの範囲。

effective clamping

thickness

2650 

(つりクランプの)開

口寸法

鋼材などを保持する部分のつりクランプ本体の開き
口。

jaw opening

2700 

制動トルク

ブレーキの制動力を与えるトルク。電磁ブレーキ及び
機械ブレーキのあるものはその和。

備考  JIS B 8813 及び JIS B 8815 参照。

braking torque

2720 

ドラム軸トルク

ドラム軸におけるトルク。

備考  JIS B 8813 参照。

torque on drum shaft

2730 

D/d

(でーばいでー)

ドラム又はシーブのピッチ円直径と,ワイヤロープ直
径との比。

備考  JIS B 8813 及び JIS C 9620 参照。

D/d

3)

管理

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

3110 

運転時間

負荷,無負荷,インチングにかかわらず運転された時
間。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

operating hour

3120 

総運転時間

運転時間の累計。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

total operating hour

3130 

1

日の平均運転時間

1

年間の総運転時間を運転日数で除した時間。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

average operating

time per day in

hours

3140 

負荷時間率

電動機の休み時間を含めた作業時間に対する,電動機
の運転時間との割合。パーセント ED (%ED) ともい

cyclic duration

factor(CDF)


8

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

う。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

percentage duty cycle

3150 

始動頻度

一定時間当たりの電動機のインチングを含む始動回

数。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

number of starts per

hour

3160 

負荷サイクル

巻上機における負荷と操作時間とのサイクル。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

duty cycle

3170 

基準負荷サイクル

定格電圧,定格周波数及び定格荷重で行う一定の負荷
サイクル。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

rated duty cycle

3205 

負荷スペクトル係数

運転状態における負荷の値と負荷時間との割合から
総合的に求められる係数。

load spectrum factor

3210 

荷重率

定格荷重又は使用荷重に対し,実際に負荷される質量
との割合。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

rate of loading

3310 

基準層

電動ウインチにおいて,ワイヤロープをドラムに密着

整列に巻いたときの層。(ドラム径+ドラムのつば
径)/2 とする。

備考  JIS B 8813 及び参考付図 1 25)参照。

standard layer of drum

3311 

最外層

電動ウインチにおいて,ドラムにワイヤロープを巻き
取るときの最外周層。

備考  JIS B 8813 及び参考付図 1 25)参照。

outermost layer of

drum

3410 

(ワイヤロープの)キ

ンク

ワイヤロープがよじれ変形した状態。負荷されるとプ
ラスキンク逃げ又はマイナスキンク逃げとなる。

備考  JIS B 8813JIS C 9620 及び参考付図 1 26)

参照。

kink of wire rope

3420 

(チェーンの)キンク リンクチェーンの縦リンクと横リンクとが不規則に

結合された状態。

備考  参考付図 1 27)参照。

kink of chain

3510 

(フックの)開き

フックの開口部の内側寸法。

備考  JIS C 9620 及び参考付図 1 28)参照。

opening of hook

4)

構成部品

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4110 

リンクチェーン

長円環に形成されたリンクからなるチェーン。

備考  JIS B 8802JIS B 8812JIS B 8815JIS B 

8816

JIS B 8819 及び

参考付図 1 29)参照。

link chain

4120 

ローラチェーン

まゆ(繭)形リンクをピンで連結したチェーン。 roller

chain

4130 

ロードチェーン

ロードシーブとかみ合い,荷を支えるリンクチェー

ン。

備考  JIS B 8802JIS B 8812JIS B 8815 及び JIS 

B 8819

参照。

load chain

hoist chain

fine tolerance chain

荷鎖


9

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4131 

チェーンの線径

リンクチェーンの溶接部を除いた平行部の線径  (dn)。

備考  JIS B 8812JIS B 8815 及び JIS B 8816 参照。

nominal size

nominal diameter

wire diameter

4132 

(リンク)チェーンの

ピッチ

リンクチェーンの長径側の内面長さ  (

ρ

)

備考  JIS B 8812JIS B 8815 及び JIS B 8816 参照。

pitch of link chain

4133 

(リンク)チェーンの

外面幅

リンクチェーンの短径方向の溶接部を除いた最大外

面幅。

備考  JIS B 8812 及び JIS B 8816 参照。

nominal outside width

4134 

(リンク)チェーンの

平行部

リンクチェーンの曲線部以外の部分。

備考  JIS B 8812 及び JIS B 8816 参照。

straight part of link

chain

4135 

(リンク)チェーンの

リンクチェーンの曲線部外面付近の部分。

crown of chain link

4136 

負荷側ロードチェー

負荷がかかる側のロードチェーン。

chain on load side

4137 

無負荷側ロードチェ

ーン

負荷がかからない側のロードチェーン。

備考  JIS B 8819 参照。

chain on no load side

遊び側チ

ェーン

4140 

熱処理チェーン

リンクチェーンを,定められた性質及び状態にするた
め,熱処理したチェーン。焼入焼戻し,浸炭焼入焼戻
しなどがある。

heat treated chain

4141 

表面硬化チェーン

リンクチェーンに耐摩耗性及び耐疲れ性を与えるた
め,チェーン表面に硬い層を形成する浸炭焼入焼戻し

などをしたチェーン。

備考  JIS B 8815 参照。

surface hardened

chain

case hardened chain

浸炭チェ

ーン

4142 

調質チェーン

リンクチェーンに強度と伸びを与えるため,焼入焼戻

しをしたチェーン。

quenched and

tempered chain

through hardened

chain

焼入れチ

ェーン

4150 

表面処理チェーン

リンクチェーンに耐食性,耐摩耗性などを与えるた
め,めっき,各種コーティングなどを施したチェーン。

surface treated chain

4160 

ワイヤロープ

鋼線をより合わせて作られ,巻上げ,けん引,スリン
グなどに使用されるワイヤロープ。

備考  JIS B 8813JIS B 8817JIS C 9620 及び JIS 

G 3525

参照。

wire rope

4161 

ロープエンド

電動ウインチ,電気ホイストなどに使用されるワイヤ

ロープの加工された端末。

備考  JIS C 9620 参照。

rope end

4162 

ロープソケット

ロープエンドの抜け止め部品。 rope

socket

ロープ押

さえ

4165 

ワイヤグリップ

ワイヤロープの接続,又は折返しに用いる締付金具。

備考  JIS B 2809 参照。

wire grip

4170 

(ワイヤロープの)ス

トランド

心線の周囲に巻いた数本又は数十本の素線をより合
わせたもの。

備考  JIS G 3525 参照。

strand

4175 

(ワイヤロープの)S

より

ワイヤロープのより方向が S 字状になるより(縒り)

備考  JIS G 3525 参照。

S twist

4180 

(ワイヤロープの)Z

より

ワイヤロープのより方向が Z 字状になるより(縒り)

備考  JIS G 3525 参照。

Z twist

4185 

非自転性ロープ

ストランドとロープとのより方向を反対向きにして
自転しにくくしたワイヤロープ。

anti-rotate rope


10

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4210 

フック

荷を引っ掛けて,つり上げ,つり下げ,横引きなどに
用いられるかぎ形の金具。

備考  JIS B 2803 及び JIS C 9620 参照。

lifting hook

hook

4220 

片フック

片かぎ形状のフック。

備考  JIS B 2803 及び参考付図 1 30)参照。

point hook

片かぎフ

ック,

シングル

フック

4230 

両フック

両かぎ形状のフック。 ramshor hook

両かぎフ

ック,

ダブルフ

ック

4235 

ロッキングフック

荷がかかると,ラッチが閉まり,ロック装置が働く片

かぎ形のフック。

備考  JIS B 2803 及び参考付図 1 31)参照。

self-locking hook

4240 

上フック

巻上機本体に取り付けられるフック,又はつり上げ状
態では,本体より上に位置するフック。

備考  JIS B 8802JIS B 8815 及び JIS B 8819 参照。

top hook

4250 

下フック

ロードチェーン,ワイヤロープにフックブロックなど
で結合されるフック,又はつり上げ状態では,本体よ
り下に位置するフック。

備考  JIS B 8802JIS B 8815 及び JIS B 8819 参照。

bottom hook

4260 

フックブロック

下フック,シーブ又はアイドルシーブと枠などによる

構成部品。

備考  JIS C 9620 参照。

hook block

ロードブ

ロック

4270 

外れ止め

フックから,玉掛け用ワイヤロープなどの外れを防止

するための金具。

備考  JIS B 2803JIS B 8802JIS B 8815JIS B 

8816

JIS B 8819 及び JIS C 9620 参照。

latch

安全レバ

ー,

ラッチ

4310 

トロリ

巻上機と結合し,荷を水平に横行させる装置。横行駆
動方式として,電動横行,鎖動横行,手押横行などが

ある。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS C 9620,参考

付図 1 5)6)23)及び 41)参照。

trolley

4320 

ガイドローラ

トロリなどの横走行を案内するためのローラ。

備考  JIS C 9620 及び参考付図 1 32)参照。

guide roller

サイドロ

ーラ

4410 

メカニカルブレーキ

荷重に比例した制動力が働き,巻下げのとき,駆動側
回転と負荷側回転とが一致するブレーキ。

備考  JIS B 8802JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS 

C 9620

参照。

mechanical load brake

4420 

電磁ブレーキ

電磁作動によるブレーキ。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

electro-magnetic

brake

4430 

乾式ブレーキ

ブレーキの摩擦面が乾燥状態で作動するブレーキ。 dry

condition

brake

4440 

湿式ブレーキ

ブレーキの摩擦面が,油浴,強制潤滑状態などで作動
するブレーキ。

wet oiling brake

4450 

オフブレーキ

電源を遮断したとき,ばね力によって制動する装置。 powered-off brake

無励磁動

作形ブ
レーキ

4460 

ディスクブレーキ

平板状摩擦面で,摩擦力によって制動するブレーキ。 disc brake


11

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4470 

ドラムブレーキ

円筒状摩擦面で,摩擦力によって制動するブレーキ。 drum brake

4480 

円すいブレーキ

円すい状摩擦面で,摩擦力によって制動するブレー
キ。

conical-shaped brake

コーンブ

レーキ

4510 

つめ車

メカニカルブレーキを構成する部品で,つめとかみ合
う歯のある車。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS B 8819JIS C 

9620

及び

参考付図 1 33)参照。

ratchet wheel

4515 

つめ

つめ車とかみ合い,つめ車の回転を一方向だけに制御
する部品。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS B 8819JIS C 

9620

及び

参考付図 1 33)参照。

pawl

4520 

(つりクランプの)カ

歯を備え,つり荷をジョーと挟み込む移動側の金具。

備考  参考付図 1 51)参照。

cam

歯板

4525 

(つりクランプの)ジ

ョー

歯を備え,つり荷をカムと挟み込む固定側の金具。

備考  参考付図 1 51)参照。

jaw

受金, 
旋回あご

うす

4530 

(つりクランプの)ロ

ック装置

つり荷の質量がつりクランプに作用していない状態
において,つり荷に初期締付力を作用させる装置。

備考  参考付図 1 51)参照。

latch lock

安全ラッ

チレバ

ー,

安全ロッ

4610 

ダイナミックブレー

キ装置

電動機の一次側に直流励磁を与えて発電制動を行う
電気的ブレーキ装置。

dynamic brake

equipment

4620 

回生ブレーキ

電動機が,負荷によって発電機として作用し,運動エ
ネルギーの一部が電気エネルギーに変換され,制動す
るようにしたブレーキ。

regenerative brake

4710 

巻取装置

ロードシーブ,チェーンガイド,ドラムなどによって
構成され,ロードチェーン,ローラチェーン,ワイヤ
ロープなどを巻き取る装置。

備考  JIS B 8802 参照。

winding device

4720 

ロードシーブ

ロードチェーンと適切にかみ合うように,正確に形成

されたポケット及び歯をもつ車。

備考  JIS B 8802JIS B 8815JIS B 8819,参考

付図 1 1)2)及び 34)参照。

load chain wheel

load sheave

荷鎖車

4722 

(ロードシーブの)ピ

ッチ円

ロードシーブで,ロードチェーンとかみ合う作用点を
表す円。その直径は,次の式による。

D

p

=2Np/

π

ここに,D

p

:ピッチ円の直径(mm)

  N

:ロードシーブの歯数

  p

:ロードチェーンのピッチ(mm)

備考  JIS B 8802 参照。

pitch circle of load

chain wheel

4724 

スプロケット

ローラチェーンと適切にかみ合うように正確に形成
された歯をもつ車。

sprocket wheel

4726 

チェーンストッパ

無負荷側ロードチェーンが,ロードシーブから抜ける
ことを防ぐための金具。チェーン止め金具ともいう。

備考  JIS B 8802JIS B 8819,参考付図 1 1)及び

2)

参照。

chain end stop


12

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4728 

チェーンバケット

無負荷側のロードチェーンを収納するための容器。

備考  JIS B 8815,参考付図 1 5)10)19)23)

41)

及び 52)参照。

chain container

チェーン

収納器

4730 

ドラム

ワイヤロープを巻き取る円筒体。

備考  JIS B 8813JIS C 9620,参考付図 1 6)7)

9)

12)13)25)35)及び 45)参照。

drum

巻胴

4732 

整列装置

ワイヤロープを,ドラムに強制的に整列させて,巻き
取る機構。

array apparatus

4733 

(ドラムの)つば径

ドラムのつばの外径。

備考  JIS B 8813,参考付図 1 25)及び 35)参照。

flange diameter

4734 

(ドラムの)つば

ドラムの両端のフランジ。

備考  JIS B 8813,参考付図 1 7)25)及び 35)参照。

flange

つば板

4735 

溝なしドラム

らせん溝がないドラム。

備考  JIS B 8813 参照。

grooveless drum

4736 

溝付ドラム

らせん溝があるドラム。 grooved

drum

4737 

鼓形ドラム

(つづみがたどら
む)

ロープ巻取用の鼓形をしたドラム。 warping

drum

4738 

(ドラムの)ピッチ円

直径

ドラムに,ワイヤロープを巻き付けたときの,ワイヤ
ロープの中心における円。その直径は,次の式による。

D

D

0

d

ここに,D  :ドラムのピッチ円直径(mm)

D

0

:ドラム径(mm)

d  

:ロープ径(mm)

備考  JIS B 8813JIS C 9620 及び参考付図 1 36)

参照。

pitch circle diameter

(of drum)

4739 

(ワイヤロープの)コ

ッタ

ワイヤロープを固定するために用いるくさび状の金
具。

cotter

wedge

4740 

シーブ

ワイヤロープを案内する溝付車。

備考  JIS C 9620 参照。

sheave

4742 

アイドルシーブ

リンクチェーンを掛け,自由回転によってチェーンを
案内する鎖車。

備考  JIS B 8802JIS B 8815 及び JIS B 8819 参照。

idle sheave

4743 

エコライザシーブ

ワイヤロープの張力を釣り合わせる溝付車。

備考  JIS C 9620 参照。

compensating sheave

4745 

チェーンガイド

ロードチェーンを,ロードシーブに案内する部品。 chain

guide

4746 

ロープガイド

ワイヤロープを,ドラムに案内する部品。 rope

guide

4750 

過巻防止装置

(かまきぼうしそ
うち)

巻上げ過ぎ・巻下げ過ぎを防止するための装置。

備考  JIS B 8815JIS C 9620,参考付図 1 5)10)  

19)

及び 23)参照。

over winding

protector

巻過防止

装置

(まきす

ぎぼう
しそう
ち)

4755 

リミットレバー

巻上げ過ぎ・巻下げ過ぎ位置に取り付けられ,リミッ
トスイッチへ作動を伝えるレバー。

備考  JIS B 8815 及び JIS C 9620 参照。

limit lever

4756 

リミットスイッチ

巻上げ過ぎ・巻下げ過ぎを防止するためのスイッチ。 limit switch,

over winding limit

switch


13

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

4810 

逆相防止装置

三相電源の巻上機において,逆相の場合,電源回路又
は電動機回路の遮断などによって,逆相を防止する装

置。

備考  JIS B 8815 参照。

negative phase

protector

4820 

過速度検出装置

巻上機などが,過速して,ある設定した速度に到達し
た場合に,信号などを発生する装置。

over speed control

device

4830 

ロードリミッタ

巻上機に,設定荷重以上の負荷がかかる場合,性能に
有害な影響を与えないように,巻上げ又はけん引を防
ぐ装置。

備考  JIS B 8815 参照。

over load limiter

過負荷防

止装置

4840 

フリクションクラッ

回転力を伝える装置に,摩擦力を介して動力伝達を行
うようにし,定められたトルク以上は伝達を行わせな

い装置。

slip clutch

friction clutch

スリップ

クラッ

5)

機能及び操作

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5110 

巻上げ

荷をつり上げる操作又は状態。 lifting

5112 

巻下げ

荷をつり下げる操作又は状態。 lowering

5113 

横行

トロリが,レールに沿って移動する操作又は状態。

備考  JIS C 9620 参照。

traversing

5114 

走行

クレーンなどが,レールに沿って移動する操作又は状
態。

travelling

5115 

横引き

荷を水平方向に引く操作又は状態。 horizontal

pulling

5116 

斜め引き

荷を斜め方向に引く操作又は状態。 slant

pulling

5121 

過巻き

(かまき)

巻上げ限度以上に巻上げを行う誤操作。 over

winding

5122 

過戻し

(かもどし)

巻下げ限度を超えて巻下げを行う誤操作。 over

lowering

5123 

余巻き

(よまき)

ワイヤロープが,最も繰り出された状態で,ドラムに

残されているロープの長さ又は巻き数。

備考  JIS B 8813 及び JIS C 9620 参照。

dead turn of rope

すて巻き

5124 

逆巻き

巻下げ限度を超えて巻き下げ,ワイヤロープが逆にド

ラムに巻き込まれる状態。

reverse winding

5125 

整列巻き

ワイヤロープが,ドラムに整然と巻き込まれる状態。 normal rope winding

5126 

乱巻き

ワイヤロープが,ドラムに交差,重複して巻き込まれ
る状態。

備考  JIS B 8813 参照。

irregular winding

5127 

段落ち

乱巻きによって生じるワイヤロープの崩れ。

rope layer down

脱落

5128 

フリートアングル

ワイヤロープが,溝付ドラム以外のドラムに巻き込ま

れるときの,ドラムに対する角度。

備考  JIS B 8813 及び参考付図 1 37)参照。

fleet angle

5131 

インチング

巻上げ,巻下げなどを,短時間に繰り返し,微少移動
を行う操作。

備考  JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS C 9620 

照。

inching

5132 

プラッギング

運転方向の急激な逆転操作。 plugging


14

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

5141 

地切り

荷が床から離れる瞬間の負荷される状態。 lift

off

5142 

宙づり

荷をつったままの状態。 suspende load

5143 

地球づり

床,又は地面など固定物をつり,無限大の負荷を掛け

る状態。

備考  JIS C 9620 及び参考付図 1 38)参照。

lifting a rigid load

大地づり

5144 

2

台づり

二組の巻上機で,1 個の荷をつり上げる操作。

備考  JIS C 9620 参照。

two-hoist lifting

2

丁づり,

共づり

5151 

とんぼ

下フック又はフックブロックが,正常な位置から 360

度回転することによって,ロードチェーン又はワイヤ
ロープがねじれた状態。

備考  参考付図 1 39)参照。

capsized bottom hook

block

5161 

荷振れ

つり荷の振れ。

swing of load

5171 

遠隔操作

巻上機本体から離れた場所で行う操作。 remote

control

operation

5172 

自動運転

自動的に行う操作システム。 automatic

operation

5173 

逆相

三相電源の巻上機において,電動機の回転方向が所定
の方向と逆である状態。

mis-phase

5174 

単相運転

三相電源を動力とする巻上機において,欠相のまま運

転する状態。

single-phasing

5181 

過負荷防止

定格荷重を超える荷の質量がかからないようにする

方式。

over load protection

5191 

制動距離

操作を停止した瞬間からの荷の降下距離。 braking

distance

ブレーキ

停止距

5195 

非常停止

緊急時に全動作を停止させる方式。 emergency

stop

6)

試験及び検査

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

6112 

形式検査

(かたしきけんさ)

巻上機において,新規設計,製作による場合,及び改
造によって新規設計とみなされるものについて,形式

に関して行われる検査。

備考  JIS B 8802JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS 

C 9620

参照。

type inspection

6114 

受渡検査

巻上機において,既に形式試験を終了し,品質が確認
されるものについて,出荷又は納入時に行われる検

査。

備考  JIS B 8802JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS 

C 9620

参照。

shipping inspection

6121 

試験荷重

試験を行うとき,負荷する荷の質量又は荷に相当する
力。

備考  JIS B 8802JIS B 8813JIS B 8815 及び JIS 

C 9620

参照。

test load

test force

6122 

プルーフロード

リンクチェーン,フック,スリングなどの品質を保証

するための引張力。

備考  JIS B 2803JIS B 8816JIS B 8817 及び JIS 

B 8818

参照。

proof force

保証荷重

6123 

破断荷重

リンクチェーン,ワイヤロープ,フック,スリングな
どの静的強さ試験において,これらが耐えた最大の引

breaking force


15

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

張力。破断力ともいう。

備考  JIS B 8812JIS B 8816JIS B 8817JIS B 

8818

及び JIS G 3525 参照。

6124 

(チェーンの)破断応

リンクチェーンの破断荷重を,チェーンのもとの断面

積で除した値。

備考  JIS B 8812 参照。

breaking stress for

link chain

6125 

初荷重

リンクチェーン,フックなどの試験において,あらか
じめ負荷される比較的軽量の引張力。初引張力ともい
う。

備考  JIS B 8812 参照。

initial testing force

6126 

標点距離

リンクチェーン,フックなどの試験において,伸び測
定の基準となる二つの標点間の距離。

  リンクチェーンの試験においては,定められた一連
のリンク数のピッチの和。

備考  JIS B 2803 及び JIS B 8812 参照。

gauge length

6127 

(チェーンの)永久伸

リンクチェーンの引張力試験において,次の式によっ
て求めた値。

100

0

0

c

×

=

l

l

l

ε

ここに,

ε

c

:永久伸び (%)

l

0

:初標点距離(mm)

  l

:プルーフロードを加え,更に初荷

重に戻したときの標点距離(mm)

備考  JIS B 8812 及び JIS B 8816 参照。

permanent elongation

for link chain

6128 

(チェーンの)破断全

伸び

リンクチェーンの静的強さ試験において,次の式によ
って求めた値。

100

0

c

×

=

L

L

Δ

δ

ここに,

δ

c

:破断全伸び (%)

L

0

:標点距離(mm)

L:破断時におけるチェーンの伸び量

(mm)

備考  JIS B 8812 及び JIS B 8816 参照。

total ultimate

elongation

6131 

プリセット処理

リンクチェーンを熱処理後,プルーフロード以上の引

張荷重を加えて,寸法の調整及び過荷重試験のために
行う処理。熱処理を施さないチェーンでは,溶接後負
荷する。

備考  JIS B 8812 及び JIS B 8816 参照。

preset process

6132 

製造業者試験荷重

リンクチェーン,フックなどでプルーフロード以上の

引張荷重を加えて,過荷重試験のために行う処理の引
張荷重。MPF ともいう。

manufacturing proof

force

  MPF

6211 

作動距離

チェーンブロック,チェーンレバーホイストなどで,

作動試験又は連続性能のための試験揚程。

備考  JIS B 8802 及び JIS B 8819 参照。

test working distance


16

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

6215 

連続性能

チェーンブロック,チェーンレバーホイストなどで,
規定の作動荷重,作動距離及び作動回数で,連続して

巻上げ,巻下げなどを行った場合における巻上機の性
能。

備考  JIS B 8802 及び JIS B 8819 参照。

continuous

performance

6311 

チェーンリンク衝撃

試験

チェーンリンク衝撃試験機を用い,これに固定した J

形試験片に,ハンマーによる衝撃エネルギーを加え,
チェーンリンクの衝撃値を測定する試験。

備考  JIS B 8841 参照。

chain link impact test

6312 

J

形試験片

チェーンリンクを J 形状に加工した試験片。

備考  JIS B 8841 参照。

J-shaped test piece

6313 

チェーンリンク衝撃

試験によって求められた J 形試験片の吸収エネルギー
から,次の式によって算出した値。

Tc

Ed

3

ここに,Tc:チェーンリンク衝撃値(J/mm

3

)

E

:J 形試験片の吸収エネルギー (J)

d

:J 形試験片の線径(実測値)(mm)

備考  JIS B 8841 参照。

chain link impact

value

impact value of chain

link (Tc)


17

B 0148

:2006

b)

種類別の用語

1)

チェーンブロック

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7111 

平歯車チェーンブロ

ック

平歯車の組合せによる歯車機構をもつチェーンブロ

ック。

備考  JIS B 8802 参照。

spur geared chain

hoist

7121 

手鎖

チェーンブロック,トロリなどの操作に用いるリンク
チェーン。

備考  JIS B 8802JIS B 8812JIS B 8815 及び JIS 

C 9620

参照。

hand chain

ハンドチ

ェーン

7122 

手鎖長さ

手鎖車上端から手鎖下端までの長さ。

備考  JIS B 8802 及び参考付図 1 1)参照。

length of hand chain

ハンドチ

ェーン
長さ

7123 

つなぎリンク

手鎖を環状にするとき用いるリンクで,手鎖と同形寸

法のもの。

備考  JIS B 8802 参照。

hand chain connecting

link

ジョイン

トリン

7131 

手鎖車

手鎖とかみ合う鎖車。

hand chain wheel

ハンドホ

イール

7140 

(チェーンブロック

の)効率

チェーンブロックで,定格荷重をつるし,巻上げたと

き,次の式によって求めた値。

100

×

=

R

P

W

η

ここに,

η

:効率 (%)

W

:定格荷重×9.806 65(KN)

P

:巻上げの平均手動力(KN)

R

:(歯車比)×(手鎖車とロードシー

ブのピッチ円比)

備考  JIS B 8802 参照。

efficiency of manually

operated chain hoist

2)

チェーンレバーホイスト

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7211 

レバー

チェーンレバーホイストにおいて,巻上げ・巻下げ・
けん引などをするレバー。

備考  JIS B 8819 及び参考付図 1 2)参照。

lever

7212 

(レバーの)有効長さ レバーの回転中心から操作位置までの距離。

備考  参考付図 1 40)参照。

lever effective length

7213 

巻き・戻し切換装置

チェーンレバーホイストで,巻上げ・中立及び巻下げ
の切換え操作をする装置。

備考  JIS B 8819 及び参考付図 1 2)参照。

selector device

7214 

早巻き装置

チェーンレバーホイストで,ロードチェーンを必要と

する位置に迅速に移動する装置。

quick operating device

7215 

遊転装置

(ゆうてんそうち)

チェーンレバーホイストで,無負荷のとき,ロードチ
ェーンを必要とする位置に迅速に移動できる装置。

備考  JIS B 8819 及び参考付図 1 2)参照。

free chaining device


18

B 0148

:2006

3)

ワイヤ式レバーホイスト

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7311 

つかみ装置

ワイヤ式レバーホイストにおいて,ワイヤロープをつ
かみ移動させる装置。前つかみ装置及び後つかみ装置
がある。

jaw block

ブロック

7312 

前進レバー

ワイヤ式レバーホイストで,ワイヤロープ前進操作用
のレバー。

備考  参考付図 1 4)参照。

forward lever

7313 

バックレバー

ワイヤ式レバーホイストで,ワイヤロープ後退操作用

のレバー。

備考  参考付図 1 4)参照。

backward lever

7314 

解放レバー

つかみ装置を解放させるレバー。

備考  参考付図 1 4)参照。

rope release lever

7315 

ポンピング

ワイヤ式レバーホイストで,ワイヤロープが同じ所を

一進一退してロープが進まない状態。

pumping

4)

電気チェーンブロック

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7350 

2

点づり形電気チェー

ンブロック

2

本の同期するロードチェーンによって,長尺物など

を 2 点でつる,1 台から成る電気チェーンブロック。

備考  参考付図 1 41)参照。

electric chain hoist

with two load

blocks

twin hook electric

chain hoist

7353 

2

速形電気チェーンブ

ロック

巻上げ・横行モータに極数変換モータなどを使用し,
高速と低速の 2 速で動く電気チェーンブロック。

dual speed electric

chain hoist

7356 

インバータ電気チェ

ーンブロック

交流電源の周波数を変化させて,電動機の回転数を制
御することによって,巻上げ及び横行速度を変えられ

るようにした電気チェーンブロック。

variable frequency

driven electric

chain hoist

7358 

逆さづり形電気チェ

ーンブロック

巻上機本体が下に位置し,ロードチェーン側フックを
上部の構造物などに掛けることによって,巻上機本体

とともに荷を巻き上げるチェーンブロック。

備考  参考付図 1 52)参照。

climbing electric

chain hoist

up side down electric

chain hoist

5)

電気ホイスト

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7411 

補巻付電気ホイスト

大容量(主巻)ホイストに小容量(補巻)ホイストを
付加した構成とし,重量物は低速,軽量物は高速作業
を可能にした電気ホイスト。

備考  参考付図 1 42)参照。

electric hoist with

auxiliary hoist

7421 

インバータ電気ホイ

スト

交流電源の周波数を変化させ,電動機の回転数を制御

することによって,巻上げ及び横行速度を変えられる
ようにした電気ホイスト。

variable frequency

driven electric hoist

7425 

トロリスパン

トップランニング式ダブルレール形電気ホイストの
横行レール中心間隔。

備考  参考付図 1 43)参照。

trolley span

レールゲ

ージ


19

B 0148

:2006

6)

電動ウインチ

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7471 

上巻き

ドラムの上方からワイヤロープを巻き込む方式。 upper

winding

7473 

下巻き

ドラムの下方からワイヤロープを巻き込む方式。 lower

winding

7475 

摩擦ドラムウインチ

摩擦ドラムをもつ主巻と,繰り出された低張力のワイ
ヤロープを巻き取るロープリールからなる一層巻き

のウインチ方式。

備考  参考付図 1 44)参照。

friction winch

7480 

(電動ウインチの)エ

ンドレス

ワイヤロープの端末を,ドラムなどに固定せずに巻き

付け,摩擦力によって,巻上げ,巻下げ,横行などが
できるワイヤ掛け。

endless for electric

winch

7482 

双胴ドラム

2

本のワイヤロープを,同時に巻取りできるように仕

切板を設けたドラム。

twin rope drum

7484 

(ドラムの)端末止め ワイヤロープを,ドラムに固定する金具。

備考  参考付図 1 7)参照。

end socket for drum

ドラムの

尻手

(しっ

て)

7)

空気チェーンホイスト・空気ワイヤホイスト

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7511 

エアモータ

空気圧を動力とするモータ。 air

motor

7512 

スピードアジャスタ

空気チェーンホイスト及び空気ワイヤホイストにお
いて,空気の流量を変えることによって,速度を変化
させる装置。

speed controller

8)

巻上用関連品(スリング及び附属品を含む。)

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7611 

シャンクフック

フックの本体でない部分が,ストレートで,ねじ又は
特殊形状のフック。

備考  JIS B 2803 及び参考付図 1 30)参照。

shank hook

7615 

アイフック

フックの本体でない部分が,アイ(目玉)になってい

るフック。

備考  JIS B 2803JIS B 8816JIS B 8817 及び参

考付図 1 46)参照。

eye hook

7620 

スイベルフック

水平に 360°回転可能なフック。 swivel

hook

7622 

首振り形フック

フックの取付け部分でスイングするようにしたフッ

ク。

swing hook

7623 

絶縁フック

電気絶縁体を組み合わせたフック。 insulation

hook

7624 

ファンドリフック

口の開きの大きなフック。

備考  JIS B 8816 及び参考付図 1 47)参照。

foundry hook

7625 

グラブフック

チェーンを掛けることができるチェーンスリング用

のフック。

備考  JIS B 8816 参照。

grab hook

7630 

C

形フック

形状が C 形をした,懐の広いフック。

備考  参考付図 1 48)参照。

C hook

7632 

つりハッカー

先端が,つめ状になっているフック。

備考  参考付図 1 49)参照。

plate hooks


20

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7640 

つり金具

チェーンスリング,ワイヤロープスリング,ベルトス
リングなどにおいて,荷重を支持するために使用され

る金具の総称。

備考  参考付図 1 15)参照。

lifting component

7645 

マスターリンク

チェーンスリング,ワイヤロープスリング,ベルトス
リングなどにおいて,フックなどを掛けるためのつり
金具。O 形,ペア形,ペア組立形などがある。

備考  JIS B 8816JIS B 8817,参考付図 1 15)47)

及び 50)参照。

link

7647 

中間リンク

チェーンスリング,ワイヤロープスリング,ベルトス
リングなどにおいて,マスターリンクと結合金具,結
合リンク,シンブルなどとの中間にあるリンク。

備考  JIS B 8816JIS B 8817,参考付図 1 15)及び

50)

参照。

intermediate link

7650 

結合金具

チェーンスリングにおいて,チェーン,マスターリン

ク又は中間リンクを機械的に結合する金具。

備考  JIS B 8816,参考付図 1 15)及び 47)参照。

mechanical joining

device

カップリ

ング

7652 

結合リンク

チェーンスリングにおいて,チェーン,マスターリン
ク又は中間リンクを溶接式で結合する金具。

備考  JIS B 8816 及び参考付図 1 50)参照。

welded connecting

link

7665 

トング

つり荷の質量と,リンク機構などの作用によって,荷
をつかみ保持する装置。手動,電動又は油圧によって,
操作するものがある。

tong

7667 

パレットハンガ

パレットの上に置かれた品物を,パレットごと運搬す
るつり具。

pallet hanger

7711 

クレーンサドル

主として天井クレーンにおいて,走行車輪を備えた台
車。

end carriage

end truck

7713 

トップランニング式

クレーンサドル

建物と並行に,その両壁,柱などを利用して,天井近
くに施設された左右 2 本のランウェイの上を走行する
形式の天井クレーン用サドル。

top running end

carriage

top running end truck

オーバー

ヘッド
式サド

7715 

サスペンション式ク

レーンサドル

建物の天井又は,はりに設置されたレールの下を走行
する天井クレーン用サドル。

suspension end

carriage

underhung end truck

ローヘッ

ド式サ

ドル

7717 

無軌条クレーンサド

レールを用いずに,直接ランウェイ(主に H 形鋼)の

上を走行するクレーンサドル。

non rail type crane

saddle

無軌条サ

ドル

7719 

門形クレーンサドル

(もんがたくれー

んさどる)

地上又は床上に平行に施設された 2 本のレール上を走
行する両脚付きクレーンのサドル。

gantry crane end

truck

gantry crane end

carriage

門形サド

ル,

橋形クレ

ーンサ
ドル

7721 

車輪止め

走行車輪を受け,クレーンサドルなどを停止させる部
材。

wheel stopper

ストッパ

7731 

輪重

車輪 1 個に加わる垂直力。 wheel load

輪圧

7733 

最大輪重

ガーダの寄り寸法位置で,定格荷重をつり上げたと

き,車輪 1 個に加わる垂直力。

maximum wheel load

7735 

ホイールベース

同一レール上にある車輪又はホイール群の中心間距
離。

wheel base


21

B 0148

:2006

参考

番号

用語

定義

対応英語

慣用語

7751 

シャックル

U

字形本体と,ボルト又はピンから成り,スリング,

チェーン,ワイヤロープなどの結合に使用される金

具。ストレートシャックルとバウシャックルとがあ
る。

備考  JIS B 2801 参照。

shackle

7755 

アイボルト

フックなどを掛ける穴のあるアイ部と,ボルト部から
なる金具。

備考  JIS B 0101 参照。

eyebolt

7757 

自在形アイボルト

アイ部がつり方向によって,自在に方向を変えること

ができるアイボルト。

備考  参考付図 1 53)参照。

rotating lifting point


22

B 0148

:2006

1)  

チェーンブロック 

2)  

チェーンレバーホイスト

参考付図  1


23

B 0148

:2006

3)  

ワイヤ式レバーホイスト

(手動式)

4)  

ワイヤ式レバーホイスト

(油圧式)

参考付図  1(続き)


24

B 0148

:2006

5)  

電気チェーンブロック

(トロリ結合式の例)

6)  

電気ホイスト

(トロリ式の例)

参考付図  1(続き)


25

B 0148

:2006

7)  

電動ウインチ 

8)  

電気ベルトホイスト 

参考付図  1(続き)


26

B 0148

:2006

9)  

手動ワイヤロープホイスト 

10)  

空気チェーンホイスト 

参考付図  1(続き)


27

B 0148

:2006

11)  

バキュームホイスト 

12)  

油圧ウインチ 13) 

手動ウインチ 

参考付図  1(続き)


28

B 0148

:2006

14)  

ラウンドスリング 

15)  

チェーンスリング

(組立式 3 本つりの例)

16)  

ワイヤロープスリング

(1 本形,両端シンブルなしの例)

参考付図  1(続き)


29

B 0148

:2006

17)  

ベルトスリング

(両端アイ形の例)

18)  

定置式(定置式据置形電気チェーンブロックの例)

参考付図  1(続き)


30

B 0148

:2006

19)  

懸垂形

(定置式懸垂形電気チェーンブロックの例)

20)  

ロープトロリ式

21)  

軽量形クレーン

参考付図  1(続き)


31

B 0148

:2006

22)  

軽量形クレーン

23)  

ローヘッド形

(電気チェーンブロックの例)

参考付図  1(続き)


32

B 0148

:2006

24)  

揚程,フック間最小距離

(天井クレーンの例)

25)  

基準層,最外層

(電動ウインチの例)

26)  

(ワイヤロープの)キンク

参考付図  1(続き)


33

B 0148

:2006

27)  

(チェーンの)キンク 28) 

(フックの)開き 29) 

リンクチェーン 

30)

  片フック

(シャンクフック)

31)

ロッキングフック

参考付図  1(続き)


34

B 0148

:2006

32)  

ガイドローラ 33) 

つめ車,つめ 

34)  

ロードシーブ

35)  

(ドラムの)つば径,

(ドラムの)つば,(ドラムの)仕切板 

36)  

(ドラムの)ピッチ円直径 

参考付図  1(続き)


35

B 0148

:2006

37)  

フリートアングル

ドラムが溝付きの場合の巻き込まれるロープの方向と溝の角度  (α)

38)  

地球づり 39) 

とんぼ 

参考付図  1(続き)


36

B 0148

:2006

40)  

(レバーの)有効長さ

(チェーンレバーホイスト)

41)  2

点づり形電気チェーンブロック

参考付図  1(続き)


37

B 0148

:2006

42)  

補巻付電気ホイスト

43)  

トロリスパン

(トップランニング式ダブルレール形)

参考付図  1(続き)


38

B 0148

:2006

44)  

摩擦ドラムウインチ

45)  

(ドラムの)外れ止め

(電動ウインチの例)

46)  

アイフック 47) 

ファンドリフック 

参考付図  1(続き)


39

B 0148

:2006

48)  C

形フック 49) 

つりハッカー 

50)  

結合リンク 51) 

つりクランプ 

参考付図  1(続き)


40

B 0148

:2006

52)  

逆さづり形電気チェーンブロック

53)  

自在形アイボルト

参考付図  1(続き)

アイ部


41

B 0148

:2006

  関連規格

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 2803

  フック

JIS B 2809

  ワイヤグリップ

JIS B 8802

  チェーンブロック

JIS B 8811

  ラウンドスリング

JIS B 8812

  チェーンブロック用リンクチェーン

JIS B 8813

  電動ウインチ

JIS B 8815

  電気チェーンブロック

JIS B 8816

  巻上用チェーンスリング

JIS B 8817

  ワイヤロープスリング

JIS B 8818

  ベルトスリング

JIS B 8819

  チェーンレバーホイスト

JIS B 8841

  リンクチェーンのじん(靭)性試験−チェーンリンク衝撃試験方法

JIS C 0930

  電気機器の防爆構造総則

JIS C 0931

  電気機器の耐圧防爆構造

JIS C 0932

  電気機器の内圧防爆構造

JIS C 0934

  電気機器の安全増防爆構造

JIS C 4034-1

  回転電気機械−第 1 部:定格及び特性

JIS C 9620

  電気ホイスト

JIS C 60079-0

  爆発性雰囲気で使用する電気機械器具−第 0 部:一般要件

JIS G 3525

  ワイヤロープ