>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0139

:2007

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  図記号の使用方法

2

3.1

  一般事項

2

3.2

  図記号の位置

2

3.3

  図記号の向き

2

3.4

  図記号規定

2

4

  図記号詳細

2

附属書 JA(参考)図記号一覧表

37

附属書 JB(参考)ISO/IEC 13251 及び他国際規格図記号と JIS B 0139 図記号の対応

44

附属書 JC(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

46


B 0139

:2007

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人ビジネス

機械・情報システム産業協会(JBMIA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工

業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工

業規格である。

これによって,JIS B 0139:2000 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 B

0139

:2007

複写機・複合機−図記号

Copying machines

−Graphical symbols

序文

この規格は,2004 年に第 1 版として発行された ISO/IEC 13251 を基に作成した日本工業規格であるが,

製品の対象を複写機及び複合機に限定したため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JC に示す。

1

適用範囲

この規格は,複写機,及びプリンタ,ファクシミリなどの機能を含む複合機(以下,複合機という。

)を

使用者が操作するときの支援のための図記号について規定する。これらの記号は,他の適切な応用分野で

用いてもよい。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO/IEC 13251:2004

,Collection of graphical symbols for office equipment (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。

これらの引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追

補を含む。

)は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8221-1:2006

  機器・装置用図記号の基本原則−第 1 部:図記号原形の創作

注記  対応国際規格:IEC 80416-1:2001,Basic principles for graphical symbols for use on equipment−

Part 1: Creation of symbol originals (IDT)

JIS Z 8221-2:2006

  機器・装置用図記号の基本原則−第 2 部:矢印の形及び使用方法

注記  対応国際規格:ISO 80416-2:2001,Basic principles for graphical symbols for use on equipment−

Part 2: Form and use of arrows (IDT)

JIS Z 8221-3:2006

  機器・装置用図記号の基本原則−第 3 部:図記号を使用するときの指針

注記  対応国際規格:IEC 80416-3:2002,Basic principles for graphical symbols for use on equipment−

Part 3: Guidelines for the application of graphical symbols (IDT)

ISO 7000 database

  Graphical symbols for use on equipment−Index and synopsis

IEC 60417 database

  Graphical symbols for use on equipment


2

B 0139

:2007

3

図記号の使用方法

3.1

一般事項

ISO 7000

及び IEC 60417 で規定している図記号のうち,複写機・複合機にとって適切なものが,箇条 4

に含まれている。

箇条 の図記号のうち,ISO 7000 又は IEC 60417 の図記号に合致するもの,又は直接の派生であるもの

については,元の規格での番号を示す。

図記号の応用及び修正に関するガイダンス(指導書)

,並びに関連番号を含む補足情報については,JIS Z 

8221-1

JIS Z 8221-2 及び JIS Z 8221-3 の規定する箇所に合致する。

実際に図記号を使用する上で,規格化された図記号の外観及び分かりやすさを改善することが必要であ

る。また,図記号を用いている機器の意匠(デザイン)と調和させる必要がある。例を次に示す。

a)

線幅は変更してもよい。

b)

角は丸めてもよい。

c)

図柄のある領域を塗りつぶしてもよい。

d)  JIS Z 8221-2

の規定に従っている矢印の意匠(デザイン)を使用できる。

e)

交差する線は切断してもよい。

f)

“×”又は“\”をかぶせ,否定の意味をもつ図記号として使用できる。

使用者が図記号の基本的特性を維持した範囲内で変更を行うことは,

自由である。より詳細については,

JIS Z 8221-3

の規定による。

3.2

図記号の位置

図記号は,次の位置に表示しなければならない。

−  制御機能を示す制御装置上又は隣接位置

−  操作又は状態を示す表示器(インジケータ)若しくは表示板(コントロールパネル)

−  必要とされた,機器の特定箇所

3.3

図記号の向き

図記号の向きによって意味が異なる場合は,向きを変えてはならない(例えば,回転又は鏡像。

3.4

図記号規定

図記号は,JIS Z 8221-1JIS Z 8221-2 及び JIS Z 8221-3 の規定する設計規則に従っている。

箇条 の各項目においては,

“適用”で,各図記号の適用範囲を示し,必要があれば“使用上の注意”で

補足を行う。使用上の注意の下に国際規格番号を記す。国際規格番号は,ISO 7000 又は IEC 60417 の規格

番号である。5 000 以下の図記号番号は,ISO 7000 からであり,5 000 を超える図記号番号は,IEC 60417

からの番号である。

注記  図記号の名称は,参考とする。

4

図記号詳細

図記号詳細は,参照番号,和文名称,英文名称,適用,使用上の注意,国際規格及び図記号によって構

成する。

なお,見やすさを考慮し,1 頁に 3 点の図記号を記載する。


3

B 0139

:2007

適用

1  電源が入力状態(通電中)であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

001 
電源 
Electric energy 
 

国際規格

ISO 7000-0232 

適用

1  電源の入りの表示に使用する。 

使用上 
の注意

1 003(電源の切り)と対で使用し,単独では使用しない。
 
 
 
 
 

003

002 
電源の入り 
ON (power) 
 

国際規格

IEC 60417-5007 

適用

1  電源の切りの表示に使用する。 

使用上 
の注意

1 002(電源の入り)と対で使用し,単独では使用しない。
 
 
 
 
 

002

003 
電源の切り 
OFF (power) 
 

国際規格

IEC 60417-5008 


4

B 0139

:2007

適用

1  同一押しボタンスイッチで電源の入り切りの表示に使用

する。

 

使用上 
の注意

 

004 
同一押しボタンで入り切り 
ON/OFF (push-push) 
 

国際規格

IEC 60417-5010 

適用

1  押している間だけ電源の入り,手を離すと切りの表示に

使用する。

 

使用上 
の注意

 
 
 
 
 
 

005 
押している間だけ入り 
ON/OFF (push button) 
 

国際規格

IEC 60417-5011 

適用

1  機械の機能が使用状態に達していないときの表示に使用

する。

 

使用上 
の注意

1 007(準備完了)と対である。 
 
 
 
 
 
 

          007

006 
準備中 
Stand-by 
 

国際規格

IEC 60417-5009 


5

B 0139

:2007

適用

1  機械の機能が使用状態に達したときの表示に使用する。

使用上 
の注意

1 006(準備中)と対である。 
 
 
 
 
 
 

          006

007 
準備完了 
Ready 
 

国際規格

ISO 7000-1140 

適用

1  ヒータの表示に使用する。 
 
2  ヒータが作動中であることの表示に使用する。 

使用上 
の注意

1  高温であることの表示には使用しない。

 
 
 
 
 

008 
ヒータ 
Heat energy 
 

国際規格

ISO 7000-0523

適用

1  低電力消費状態へ移行するための表示に使用する。 
 

使用上 
の注意

009 
節電 
Electric energy save 
 

国際規格


6

B 0139

:2007

適用

1  コピー機能の表示に使用する。 
 
2  コピー中であることの表示に使用する。 

使用上 
の注意

010 
コピー 
Copy

 

国際規格

適用

1  ファクシミリ機能の表示に使用する。 

使用上 
の注意

011 
ファクシミリ 
Facsimile

 

国際規格

適用

1  プリンタ機能の表示に使用する。 

使用上 
の注意

012 
プリンタ 
Printer 
 

国際規格

IEC 60417-5851


7

B 0139

:2007

適用

1

スキャナ機能の表示に使用する。

使用上 
の注意

013 
スキャナ 
Scanner

 

国際規格

適用

1

カラー原稿を選択する表示に使用する。

 
2

カラー機能を選択する表示に使用する。

使用上 
の注意

1.  ISO/IEC 13251-057はカラー表示に使用する。

014 
カラー 
Color (Original in color)

 

国際規格

ISO 7000-0488

適用

1

機械をスタートさせるための表示に使用する。

使用上 
の注意

1 016(ストップ)と対で使用できる。

 
 
 
 

          016

015 
スタート 
Start (of action)

 

国際規格

IEC 60417-5104


8

B 0139

:2007

適用

1

作動中の機械において,任意の部分を停止させるための
表示に使用する。

使用上 
の注意

1

電源の停止については,003(電源の切り)を使用する。

 
2 015(スタート)と対で使用できる。 
 
 
 

           003             015

016 
ストップ 
Stop (of action)

 

国際規格

IEC 60417-5110

適用

1

作動中の機械をすみやかに停止させるための表示に使
用する。

使用上 
の注意

1 016(ストップ)と区別する必要のある場合に使用する。
 
2

電源の停止については,003(電源の切り)を使用する。

 
 
 

          016              003

017 
緊急ストップ 
Fast stop

 

国際規格

IEC 60417-5178

適用

1

設定を初期状態に戻すための表示に使用する。

使用上 
の注意

018 
リセット 
Reset

 

国際規格

ISO 7000-1027


9

B 0139

:2007

適用

1

入力値を消去するための表示に使用する。

使用上 
の注意

019 
クリア 
Clear

 

国際規格

適用

1

操作方法,  機能説明などの情報の表示に使用する。

使用上 
の注意

020 
操作支援,ヘルプ 
Assistance,query

 

国際規格

ISO 7000-0435

適用

1

機械が動作不能(エラー)の状態の表示に使用する。

使用上 
の注意

1 015(スタート)と区別して使用する。

 
 
 
 
 
 

            015

021 
動作不能 
Cannot proceed

 

国際規格


10

B 0139

:2007

適用

1

割込みの表示に使用する。

使用上 
の注意

022 
割込み 
Interrupt

 

国際規格

ISO 7000-1131

適用

1

繰返し機能を設定するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

ISO/IEC 13251-166

(Repeat)を使用してもよい。

023 
繰返し 
Job repeat

 

国際規格

IEC 60417-5557

適用

1

コピー枚数を設定するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

          応用 1

024 
コピー枚数 
Copy quantity selector

 

国際規格

ISO 7000-0681


11

B 0139

:2007

適用

1

用紙サイズを自動的に選択させるための表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

縦に向けて使用するときは応用1とする。

 
 
 
 
 

        応用 1

025 
自動用紙選択 
Automatic paper size

 

国際規格

適用

1

原稿をセットする場所,又はその方法の表示に使用す
る。

 
2

原稿が表面であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用1とする。

 
2 027(裏面原稿)と対で使用してもよい。 
 
 
 

        応用 1             027

026 
表面原稿 
Face up original

 

国際規格

ISO 7000-1952

適用

1

原稿をセットする場所,又はその方法の表示に使用す
る。

 
2

原稿が裏面であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用1とする。

 
2 026(表面原稿)と対で使用してもよい。 
 
 

        応用 1             026

027 
裏面原稿 
Face down original

 

国際規格

ISO 7000-1953


12

B 0139

:2007

適用

1

原稿をセットする場所,又はその方法の表示に使用す
る。

 
2

原稿が片面であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用1とする。

 
2 029(両面原稿)と対で使用できる。 
 
 
 

        応用 1             029

028 
片面原稿 
Single-sided original

 

国際規格

ISO 7000-0667

適用

1

原稿をセットする場所,又はその方法の表示に使用す
る。

 
2

原稿が両面であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用 1 とする。

 
2 028(片面原稿)と対で使用できる。 
 
 
 

        応用 1             028

029 
両面原稿 
Double-sided original

 

国際規格

ISO 7000-0668

適用

1

写真原稿をコピーするための表示に使用する。

 
2

写真原稿をセットする場所,又はその方法の表示に使用
する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用 1 とする。

 
 
 

        応用 1

030 
写真原稿 
Photo original

 

国際規格

ISO 7000-1137


13

B 0139

:2007

適用

1

自動原稿送り装置に異なるサイズの原稿をまとめてセ
ットするための表示に使用する。

使用上 
の注意

031 
サイズ混載原稿 
Mixed size original

 

国際規格

適用

1

ブック状の原稿をセットする場所,又はその方法の表示
に使用する。

使用上 
の注意

1

伏せてセットすることを指示するときは,

応用 1 とする。

 
2 028(片面原稿),029(両面原稿)と合わせて使用でき

る。

 
 

        応用 1              028             029

032 
ブック原稿 
Bound original

 

国際規格

ISO 7000-0671

適用

1

(紙の厚さ)薄いを選択するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1 034(紙の厚さ)厚いと対である。 
 
 
 
 
 
 

          034

033 
(紙の厚さ)薄い 
Paper/material thickness,thin 
 

国際規格

ISO 7000-0685


14

B 0139

:2007

適用

1

(紙の厚さ)厚いを選択するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1 033(紙の厚さ)薄いと対である。 
 
 
 
 
 
 

          033

034 
(紙の厚さ)厚い 
Paper/material thickness,thick

 

国際規格

ISO 7000-0684 

適用

1

用紙をセットする場所,又はその方法の表示に使用す
る。

 
2

用紙を選択するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用 1 とする。

 
 
 
 
 

        応用 1

035 
用紙 
Sheet paper/material

 

国際規格

適用

1

ロール状用紙の表示に使用する。

使用上 
の注意

1

ロール状用紙送り装置には,054(ロール状用紙送り装
置)を使用する。

 
2

ロール状用紙補給には,080(ロール状用紙補給)を使
用する。

 

          054             080

036 
ロール状用紙 
Roll paper/material

 

国際規格


15

B 0139

:2007

適用

1 OHPフィルムの表示に使用する。 

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 

        応用 1

037 
OHPフィルム 
Transparency

 

国際規格

適用

1

トナーの表示に使用する。

 
2

トナーを補給する場所,又はその方法の表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

トナー補給には,081(トナー補給)を使用する。

 
2

使用済みトナー廃棄には,082(使用済みトナー廃棄)
を使用する。

 
 

          081              082

038 
トナー 
Toner

 

国際規格

ISO 7000-2656 

適用

1

液体現像剤の表示に使用する。

 
2

液体現像剤を補給する場所,又はその方法の表示に使用
する。

使用上 
の注意

1

液体現像剤補給には,079(液体現像剤補給)を使用す
る。

 
 
 

          079

039 
液体現像剤 
Liquid dispersant

 

国際規格

 


16

B 0139

:2007

適用

1

紙用クリップを表すための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

040 
紙用クリップ 
Paper-clips 
 

国際規格

ISO 7000-1134 

適用

1

濃度を調整するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

地色が濃くて図記号の明暗が反転し誤解が生じる場合
には下地に明色部分を設けるなど,工夫をして使用す
る。

041 
濃度 
Contrast 
 

国際規格

IEC 60417-5057 

適用

1

濃度を薄くするための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

必ず,043(濃度)濃くと対で使用し,単独では使用し
ない。

 
2

地色が濃くて図記号の明暗が反転し誤解が生じる場合
には下地に明色部分を設けるなど,工夫をして使用す
る。

 

          043

042 
(濃度)薄く 
Contrast, Light 
 

国際規格

ISO 7000-2165 


17

B 0139

:2007

適用

1

濃度を濃くするための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

必ず,042(濃度)薄くと対で使用し,単独では使用し
ない。

 
2

地色が濃くて図記号の明暗が反転し誤解が生じる場合
には下地に明色部分を設けるなど,工夫をして使用す
る。

 

          042

043 
(濃度)濃く 
Contrast, Dark

 

国際規格

ISO 7000-2166 

適用

1

濃度を自動的に調整させるための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

地色が濃くて図記号の明暗が反転し誤解が生じる場合
には下地に明色部分を設けるなど,工夫をして使用す
る。

044 
自動濃度調整 
Automatic contrast adjustment

 

国際規格

適用

1

用紙をセットする場所の表示に使用する。

 
2

印刷面が表面であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

045 
印刷面(表) 
Printing side face up 
 

国際規格

 


18

B 0139

:2007

適用

1

用紙をセットする場所の表示に使用する。

 
2

印刷面が裏面であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

046 
印刷面(裏) 
Printing side face down

 

国際規格

適用

1

手差し用紙をセットする場所の表示に使用する。

使用上 
の注意

1

用紙のセット方向によって応用 1 を使用してもよい。

 
 
 
 
 

        応用 1

047 
手差し 
Manual paper feed

 

国際規格

 

適用

1

原稿送り装置の作動を開始させるための表示に使用す
る。

 
2

原稿送り装置が作動中であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1

紙づまりのときは,066(原稿紙づまり)を使用する。

 
 
 
 
 

          066

048 
原稿送り装置 
Semi-automatic original/master 
feed, single sheet

 

国際規格

ISO 7000-0674 


19

B 0139

:2007

適用

1

自動原稿送り装置の作動を開始させるための表示に使
用する。

 
2

自動原稿送り装置が作動中であることの表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

紙づまりのときは,066(原稿紙づまり)を使用する。

 
 
 
 
 
 

          066

049 
自動原稿送り装置 
Automatic original/master feed 
, from stack

 

国際規格

ISO 7000-0675 

適用

1

カセットの選択,又は選択状態を指示するための表示に
使用する。

使用上 
の注意

1

用紙容量を線の本数で表現してもよい。

 
2

カセット切り換えの表示には,051(カセット切換え)
を使用する。

 
 

          051

050 
シート状用紙カセット 
Sheet paper/material supply

 

国際規格

ISO 7000-0686, -0687 

適用

1

カセットの切換えをするための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

矢印を一方向で使用する場合は,応用 1 とする。

 
2

カセットの種類の選択,又は選択状態を指示する場合は
050(シート状用紙カセット)を使用する。

 

          応用 1             050

051 
カセット切換え 
Alternate sheet paper/material 
supply 

国際規格

ISO 7000-0688 


20

B 0139

:2007

適用

1

給紙装置の表示に使用する。

 
2

給紙装置の作動を開始するための表示に使用する。

使用上 
の注意

052 
給紙装置 
Sheet paper/material feed

 

国際規格

ISO 7000-0694 

適用

1

給紙トレイの上昇,下降を指示するための表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

単一方向の場合は,応用 1,2 とする。

 
 
 
 
 

        応用 1          応用 2

053 
給紙トレイ昇降 
Paper platform/feedboard, raise/ 
lower

 

国際規格

ISO 7000-0690, -0691 

適用

1

ロール状用紙をセットする場所,又はその方法の表示に
使用する。

 
2

ロール状用紙送り装置の作動を開始するための表示に
使用する。

使用上 
の注意

054 
ロール状用紙送り装置 
Roll paper/material supply

 

国際規格

ISO 7000-0689 


21

B 0139

:2007

適用

1

ロール状用紙を裁断するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

刃の向きを変えて使用するときは,図記号のイメージが
変わらないように注意する。

055 
ロール状用紙裁断 
Copy length selector

 

国際規格

ISO 7000-0683 

適用

1

排紙トレイの選択,又は選択状態を指示するための表示
に使用する。

使用上 
の注意

056 
排紙トレイ 
Output tray

 

国際規格

 

適用

1

スタッカ機能の選択,又は選択状態を指示するための表
示に使用する。

 

使用上 
の注意

1

紙づまりのときは 067(ソータ紙づまり)を使用する。

 
 
 
 
 

          067

057 
スタッカ 
Sort in stacks

国際規格

ISO 7000-1136 


22

B 0139

:2007

適用

1

ソータ機能の選択,又は選択状態を指示するための表示
に使用する。

使用上 
の注意

1

紙づまりのときは,067(ソータ紙づまり)を使用する。

 
 
 
 
 
 

          067

058 
ソータ 
Sorter

 

国際規格

ISO 7000-0697 

適用

1

ステープル機能を設定するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

ステープルづまりのときは,065(ステープルづまり)
を使用する。

 
 
 
 

          065

059 
ステープル 
Staple

 

国際規格

ISO 7000-0703 

適用

1

パンチ位置の表示に使用する。

 
2

パンチ機能の表示に使用する。

使用上 
の注意

1

穴数及び用紙の向きを変更してもよい(応用 1,2)。

 
2

パンチの位置が用紙の折り返しに掛かる場合は,折り返
しを省略してもよい(応用 3)。

その場合,他の関連する図記号も折り返しを省略して

使用する。

          応用 1          応用 2          応用 3

060 
パンチ位置 
Punch position

 

国際規格

 


23

B 0139

:2007

適用

1

ステープル位置の表示に使用する。

使用上 
の注意

1

と(綴)じ位置,と(綴)じ数,及び用紙の向きを変更
してもよい(応用 1,2,3)。

 
2

ステープルの位置が用紙の折り返しに掛かる場合は,折
り返しを省略してもよい(応用 4)。

その場合,他の関連する図記号も折り返しを省略して

使用する。

 
3

ステープル機能を設定するための表示には,059(ステ
ープル)を使用する。

      応用 1        応用 2          応用 3        応用 4

061 
ステープル位置 
Staple position

 

国際規格

 

適用

1

合紙機能の選択,又は選択状態を指示するための表示に
使用する。

 
2

合紙のための用紙をセットする場所の表示に使用する。

使用上 
の注意

062 
合紙 
Interleaving

 

国際規格

ISO 7000-0699 

適用

1

用紙を一回折る機能の表示に使用する。

使用上 
の注意

063 
半折り 
Single fold

 

国際規格

ISO 7000-0702 


24

B 0139

:2007

適用

1

紙づまり状態であることの表示に使用する。

 
2

紙づまり状態になっている場所の表示に使用する。

使用上 
の注意

064 
紙づまり 
Paper jam

 

国際規格

ISO 7000-0713 

適用

1

ステープルづまり状態であることの表示に使用する。

 
2

ステープルづまり状態になっている場所の表示に使用
する。

使用上 
の注意

065 
ステープルづまり 
Staple jam

 

国際規格

 

適用

1

原稿送り装置内が紙づまり状態であることの表示に使
用する。

使用上 
の注意

066 
原稿紙づまり 
Paper jam in original/master feed

 

国際規格

ISO 7000-0715 


25

B 0139

:2007

適用

1

ソータ内が紙づまり状態であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

067 
ソータ紙づまり 
Paper jam in sorter

 

国際規格

ISO 7000-0714 

適用

1

ソータからの用紙取出しを指示するための表示に使用
する。

使用上 
の注意

068 
ソータの用紙取出し 
Empty sorter

 

国際規格

ISO 7000-0698 

適用

1

原稿取出しを指示するための表示に使用する。

使用上 
の注意

069 
原稿取出し 
Remove original

 

国際規格

ISO 7000-0673 


26

B 0139

:2007

適用

1

ドア,又はカバーを開くことを表示するときに使用す
る。

使用上 
の注意

1 071(閉じる)と対である。 
 
 
 
 
 

          071

070 
開く 
Open (a container)

 

国際規格

ISO 7000-0024 

適用

1

ドア,又はカバーを閉めることを表示するときに使用す
る。

使用上 
の注意

1 070(開く)と対である。 
 
 
 
 
 

          070

071 
閉じる 
Close (a container)

 

国際規格

ISO 7000-0025 

適用

1

ロック状態であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1 073(ロック解除)と対である。 
 
2 075(操作管理者呼出し)とは,区別して使用する。

 
 
 

          073              075

072 
ロック 
Lock

 

国際規格

IEC 60417-5569 


27

B 0139

:2007

適用

1

ロック解除状態であることの表示に使用する。

使用上 
の注意

1 072(ロック)と対である。 
 
2

表示領域に余裕がある場合は,

応用 1 を使用してもよい。

 
3 075(操作管理者呼出し)とは,区別して使用する。 
 

          072            応用 1             075

073 
ロック解除 
Unlock

 

国際規格

IEC 60417-5570 

適用

1

機械が故障し,メンテナンス担当者を呼ぶ必要があるこ
との表示に使用する。

 
2

メンテナンス担当者が関係する点検時期を知らせる表
示に使用する。

 
3

メンテナンス担当者が点検する部分の表示に使用する。

使用上 
の注意

074 
メンテナンス呼出し 
Call for maintenance

 

国際規格

ISO 7000-0717 

適用

1

機械が故障し,操作管理者を呼ぶ必要があることの表示
に使用する。

 
2

操作管理者が関係する点検時期を知らせる表示に使用
する。

 
3

操作管理者が点検する部分の表示に使用する。

使用上 
の注意

1

ロック状態の表示には,072(ロック)を使用する。

 
2

ロック解除状態の表示には,073(ロック解除)を使用
する。

 

          072             073

075 
操作管理者呼出し 
Call for key operator/assistance

 

国際規格

ISO 7000-0716 


28

B 0139

:2007

適用

1

カウンタの位置の表示に使用する。

 
2

カウンタの操作部分の表示に使用する。

使用上 
の注意

1

縦書きタイプを使用するときは,応用 1 とする。

 
2

キーカウンタは,077(キーカウンタ)を使用する。

 
 
 

        応用 1             077

076 
カウンタ 
Counter

 

国際規格

ISO 7000-0695 

適用

1

キーカウンタのセットの有無の表示に使用する。

 
2

キーカウンタのセットの場所,位置及び方向の表示に使
用する。

使用上 
の注意

1

縦書きタイプを使用するときは,応用1とする。

 
2

カウンタは,076(カウンタ)を使用する。

 
 
 

        応用 1              076

077 
キーカウンタ 
Key counter

 

国際規格

ISO 7000-0696 

適用

1

シート状用紙の補給を指示するための表示に使用する。

使用上 
の注意

078 
シート状用紙補給 
Add sheet paper/material

 

国際規格

ISO 7000-0718 


29

B 0139

:2007

適用

1

液体現像剤の補給を指示するための表示に使用する。

使用上 
の注意

079 
液体現像剤補給 
Add liquid dispersant

 

国際規格

ISO 7000-0723 

適用

1

ロール状用紙の補給を指示するための表示に使用する。

使用上 
の注意

080 
ロール状用紙補給 
Add roll paper/material

 

国際規格

ISO 7000-0719 

適用

1

トナーの補給を指示するための表示に使用する。

使用上 
の注意

081 
トナー補給 
Add toner

 

国際規格

ISO 7000-0720 


30

B 0139

:2007

適用

1

使用済みのトナーの廃棄を指示するための表示に使用
する。

 

使用上 
の注意

082 
使用済みトナー廃棄 
Empty waste (used) toner

 

国際規格

適用

1

パーソナルコンピュータの表示に使用する。

使用上 
の注意

083 
パーソナルコンピュータ,PC 
Personal computer/PC

 

国際規格

適用

1

ハードディスクの表示に使用する。

 
2  ハードディスクがアクセス中であることの表示に使用す

る。

使用上 
の注意

084 
ハードディスク 
Hard disk

 

国際規格


31

B 0139

:2007

適用

1

コンピュータネットワークの表示に使用する。

 
2

コンピュータネットワークの接続部の表示に使用する。

使用上 
の注意

085 
コンピュータネットワーク 
Computer network

 

国際規格

適用

1

電話回線の表示に使用する。

 
2

電話回線の接続部の表示に使用する。

使用上 
の注意

086 
電話回線 
Telephone line/Modem

 

国際規格

適用

1

片面コピーを選択するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
2 088(両面コピー)と対で使用し,単独では使用しない。

 
 

        応用 1             088

087 
片面コピー 
Single-sided copy

 

国際規格

ISO 7000-0669 


32

B 0139

:2007

適用

1

両面コピーを選択するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは応用 1 とする。

 
2 087(片面コピー)と対で使用し,単独では使用しない。
 
 
 

          応用 1          087

088 
両面コピー 
Double-sided copy 
 

国際規格

ISO 7000-0670 

適用

1

ブック状の原稿の見開きを連続してコピーするための
表示に使用する。

使用上 
の注意

089 
ページ連写 
Two page copy 
 

国際規格

適用

1

画像の位置を移動するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 

          応用 1

090 
移動 
Transfer 
 

国際規格


33

B 0139

:2007

適用

1

画像の位置を用紙の中央に移動するための表示に使用
する。

使用上 
の注意

091 
センタリング 
Centering

 

国際規格

適用

1

用紙の一辺に余白を作るための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

092 
余白 
Margin

 

国際規格

適用

1

複数枚の原稿を一枚の用紙にコピーするための表示に
使用する。

使用上 
の注意

093 
合成 
Overlay

 

国際規格


34

B 0139

:2007

適用

1

原稿の白黒を反転してコピーするための表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

094 
白黒反転 
Negative/Positive

 

国際規格

適用

1

二点を対角とする四角形のエリアを指定するための表
示に使用する。

使用上 
の注意

095 
エリア指定1 
Area setting 1

 

国際規格

適用

1

多角形のエリアを指定するための表示に使用する。

使用上 
の注意

096 
エリア指定2 
Area setting 2

 

国際規格


35

B 0139

:2007

適用

1

コピー倍率を縮小するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

097 
縮小 
Reduction

 

国際規格

ISO 7000-0679 

適用

1

コピー倍率を拡大するための表示に使用する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

098 
拡大 
Enlargement

 

国際規格

ISO 7000-0680 

適用

1

連続したコピー倍率で拡大縮小するための表示に使用
する。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 

        応用 1

099 
ズーム 
Zoom

 

国際規格


36

B 0139

:2007

適用

1

コピー倍率を自動的に選択させるための表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

100 
自動倍率選択 
Automatic magnification

 

国際規格

適用

1

縦横が異なる倍率で拡大縮小するための表示に使用す
る。

使用上 
の注意

1

横に向けて使用するときは,応用 1 とする。

 
 
 
 
 
 

        応用 1

101 
独立変倍 
X/Y independent zoom

 

国際規格


37

B 0139

:2007

附属書 JA

参考)

図記号一覧表

序文

この附属書は,図記号一覧表を記載するものであって,規定の一部ではない。

図記号一覧の最初の欄の図記号番号は,この規格内の番号順を表した参照番号である。

図記号を参照番号の右に示す。


38

B 0139

:2007

001

電源 
Electric energy 
 
 
ISO 7000-0232 

 011

ファクシミリ 
Facsimile

002

電源の入り

ON (power) 
 
 
IEC 60417-5007 

 012

プリンタ 
Printer

 
IEC 60417-5851 

003

電源の切り 
OFF (power)

 
IEC 60417-5008 

 013

スキャナ 
Scanner

 

004

同一押しボタンで入り切り
ON/OFF (push-push)

 
IEC 60417-5010 

 014

カラー

Color (Original in color)

 
 
ISO 7000-0488 

005

押している間だけ入り 
ON/OFF (push button)

 
IEC 60417-5011 

 015

スタート

Start (of action)

 
 
IEC 60417-5104 

006

準備中 
Stand-by

 
IEC 60417-5009 

 016

ストップ

Stop (of action)

 
 
IEC 60417-5110 

007

準備完了 
Ready

 
ISO 7000-1140 

 017

緊急ストップ

Fast stop

 
 
IEC 60417-5178 

008

ヒータ 
Heat energy

 
ISO 7000-0523 

 018

リセット

Reset

 
 
ISO 7000-1027 

009

節電 
Electric energy save

 
 

 019

クリア

Clear

 
 

010

コピー 
Copy

 020

操作支援,ヘルプ

Assistance, query

 
 
ISO 7000-0435 


39

B 0139

:2007

021

動作不能

Cannot proceed

 031

サイズ混載原稿

Mixed size original

022

割込み

Interrupt

 
 
ISO 7000-1131 

 032

ブック原稿

Bound original

 
 
ISO 7000-0671 

023

繰返し 
Job repeat

 
IEC 60417-5557 

 033

(紙の厚さ)薄い

Paper/material thickness, thin
 
 
ISO 7000-0685 

024

コピー枚数

Copy quantity selector

 
 
ISO 7000-0681 

 034

(紙の厚さ)厚い

Paper/material thickness, thick
 
 
ISO 7000-0684 

025

自動用紙選択

Automatic paper size

 035

用紙

Sheet paper/material

026

表面原稿

Face up original

 
 
ISO 7000-1952 

 036

ロール状用紙

Roll paper/material

027

裏面原稿

Face down original

 
 
ISO 7000-1953 

 037

OHPフィルム

Transparency

028

片面原稿

Single-sided original

 
 
ISO 7000-0667 

 038

トナー

Toner

 
 
ISO 7000-2656 

029

両面原稿

Double-sided original

 
 
ISO 7000-0668 

 039

液体現像剤

Liquid dispersant

030

写真原稿

Photo original

 
 
ISO 7000-1137 

 040

紙用クリップ

Paper-clips

 
 
ISO 7000-1134 


40

B 0139

:2007

041

濃度

Contrast

 
IEC 60417-5057 

 051

カセット切換え

Alternate sheet paper/material
supply

 
ISO 7000-0688 

042

(濃度)薄く

Contrast, Light

 
 
ISO 7000-2165 

 052

給紙装置

Sheet paper/material feed

 
 
ISO 7000-0694 

043

(濃度)濃く

Contrast, Dark

 
 
ISO 7000-2166 

 053

給紙トレイ昇降

Paper platform/feedboard, 
raise/lower

 
ISO 7000-0690, -0691 

044

自動濃度調整

Automatic contrast adjustment
 

 054

ロール状用紙送り装置

Roll paper/material supply

 
 
ISO 7000-0689 

045

印刷面(表)

Printing side face up

 055

ロール状用紙裁断

Copy length selector

 
 
ISO 7000-0683 

046

印刷面(裏)

Printing side face down

 056

排紙トレイ

Output tray

047

手差し

Manual paper feed

 057

スタッカ

Sort in stacks

 
 
ISO 7000-1136 

048

原稿送り装置

Semi-automatic 
original/master 
feed, single sheet

 
ISO 7000-0674 

 058

ソータ

Sorter

 
 
ISO 7000-0697 

049

自動原稿送り装置

Automatic original/master 
feed,from stack

 
ISO 7000-0675 

 059

ステープル

Staple

 
 
ISO 7000-0703 

050

シート状用紙カセット

Seet paper/material supply

 
 
ISO 7000-0686, -0687 

 060

パンチ位置

Punch position


41

B 0139

:2007

061

ステープル位置

Staple position

 071

閉じる

Close (a container)

 
 
ISO 7000-0025 

062

合紙

Interleaving

 
 
ISO 7000-0699 

 072

ロック

Lock

 
 
IEC 60417-5569 

063

半折り

Single fold

 
 
ISO 7000-0702 

 073

ロック解除

Unlock

 
 
IEC 60417-5570 

064

紙づまり

Paper jam

 
 
ISO 7000-0713 

 074

メンテナンス呼出し

Call for maintenance

 
 
ISO 7000-0717 

065

ステープルづまり

Staple jam

 075

操作管理者呼出し

Call for key 
operator/assistance

 
ISO 7000-0716 

066

原稿紙づまり

Paper jam in original/master 
feed

 
ISO 7000-0715 

 076

カウンタ

Counter

 
 
ISO 7000-0695 

067

ソータ紙づまり

Paper jam in sorter

 
 
ISO 7000-0714 

 077

キーカウンタ

Key counter

 
 
ISO 7000-0696 

068

ソータの用紙取出し

Empty sorter

 
 
ISO 7000-0698 

 078

シート状用紙補給

Add sheet paper/material

 
 
ISO 7000-0718 

069

原稿取出し

Remove original

 
 
ISO 7000-0673 

 079

液体現像剤補給

Add liquid dispersant

 
 
ISO 7000-0723 

070

開く

Open (a container)

 
 
ISO 7000-0024 

 080

ロール状用紙補給

Add roll paper/material

 
 
ISO 7000-0719 


42

B 0139

:2007

081

トナー補給

Add toner

 
 
ISO 7000-0720 

 091

センタリング

Centering

082

使用済みトナー廃棄

Empty waste (used) toner

 092

余白

Margin

083

パーソナルコンピュータ,
PC

Personal computer/PC

 093

合成

Overlay

084

ハードディスク

Hard disk

 094

白黒反転

Negative/Positive

085

コンピュータネットワーク
Computer network

 095

エリア指定 1

Area setting 1

086

電話回線

Telephone line/Modem

 096

エリア指定 2

Area setting 2

087

片面コピー

Single-sided copy

 
 
ISO 7000-0669 

 097

縮小

Reduction

 
 
ISO 7000-0679 

088

両面コピー

Double-sided copy

 
 
ISO 7000-0670 

 098

拡大

Enlargement

 
 
ISO 7000-0680 

089

ページ連写

Two page copy

 099

ズーム

Zoom

090

移動

Transfer

 100

自動倍率選択

Automatic magnification


43

B 0139

:2007

101

独立変倍

X/Y independent zoom


44

B 0139

:2007

附属書 JB

参考)

ISO/IEC 13251

及び他国際規格図記号と JIS B 0139 図記号の対応

序文

この附属書は,JIS B 0139 と他の規格との対比を記載するものであって,規定の一部ではない。

ISO/IEC 13251

と JIS B 0139 との対応

ISO/

IEC

13251

JIS B

0139

ISO/

IEC

13251

JIS B

0139

ISO/

IEC

13251

JIS B

0139

ISO/

IEC

13251

JIS B

0139

ISO/

IEC

13251

JIS B

0139

ISO/

IEC

13251

JIS B

0139

001 002   056 043   183 022   287

該当なし

 326  064   350  081

002 003   057

該当なし

 184

該当なし

 288  027   327  053   351

該当なし

003 004    ↓

 289  026   328  053   352

該当なし

004 005   071

該当なし

 270

該当なし

 290

該当なし

 329  057   353  079

005

該当なし  072  071   271  028    ↓

 330  058   354

該当なし

 073  070   272  029   299

該当なし

 331  068    ↓

007

該当なし   074

該当なし

 273  030   300  062   332  067   357

該当なし

008 001    ↓

 274  032   301

該当なし

 333

該当なし

 358  076

009 007   093

該当なし

 275

該当なし

 302  059   334  054   359  077

010 006   094 055   276

該当なし

 303  040   335  080   360

該当なし

011

該当なし   095

該当なし

 277  087   304  063   336  066    ↓

012 015    ↓

 278  088   305

該当なし

 337  048   379

該当なし

013

該当なし   166

該当なし

 279

該当なし

338 049

014 016   167 019   280

該当なし

 319

該当なし

339 052

015 017   168

該当なし

 281  024   320  050   340

該当なし

016

該当なし

282

該当なし

321 050

341 033

173

該当なし

 283

該当なし

322 051

342 034

053

該当なし

174 018

284 097

323 078

343 069

054 041   175

該当なし

 285  098   324

該当なし

 344

該当なし

055 042    ↓

286

該当なし

 325

該当なし

182

該当なし

349

該当なし

44

B 0139


20
07


45

B 0139

:2007

ISO/IEC 13251

以外の国際規格と JIS B 0139 との対比表

ISO 7000  JIS B 0139   

IEC 60417

JIS B 0139

0523 008

5851 012

0488 014

5557 023

0435 020

5569 072

2656 038

5570 073

0717 074

0716 075

JIS B 0139

独自の図記号表

JIS B 0139 

備考    JIS B 0139  備考

JIS B 0139

備考

JIS B 0139

備考

009

継続

037

新規

065

新規

092

継続

010

変更

039

継続

082

継続

093

継続

011

変更

044

継続

083

新規

094

継続

013

新規

045

新規

084

新規

095

継続

021

新規

046

新規

085

新規

096

継続

025

継続

047

新規

086

新規

099

継続

031

継続

056

継続

089

継続

100

継続

035

継続

060

新規

090

継続

101

継続

036

継続

061

新規

091

継続

45

B 0139


20
07


46

B 0139

:2007

附属書 JC

参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 0139:2007

  複写機・複合機−図記号

ISO/IEC 13251:2004

  Collection of graphical symbols for office equipment

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと

の評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ)

国 際
規 格
番号

箇 条

番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

1 適 用 範

この規格の適用範
囲について規定

1.1

JIS

にほぼ同じ。

変更

複写機・複合機に使われる図記号
に絞った(パーソナルコンピュー

タ・電話機などを外した。

通信,電子など関連業界での
検討を働きかけ,それらを含

めた JIS 化を検討。

2 引 用 規

3 図 記 号
の 使 用 方

図記号の使用方法
について規定

1.3

JIS

にほぼ同じ。

変更

図記号一覧についての記載内容の
一部を附属書 JA(参考)に移動す
るとともに,図記号詳細について

の記載内容を変更した。

国際規格を改正するように提

JIS

にほぼ同じ。

変更

分かりやすく,使いやすくするた
めに国際規格の箇条 3 及び箇条 4

を統合した内容に変更した。

国際規格を改正するように提

JIS

に同じ。

(同じ図記号の番号:001∼004,008
∼010,012,014,015,054∼056,
072,073,094,167,174,183,271
∼274,277,278,281,284,285,
288,289,300,302∼304,326,329
∼332,334∼339,341∼343,350,
353,358,359)

一致

4 図 記 号
詳細

図記号の使い方及
び詳細について規


4

JIS

にほぼ同じ。

(変更した図記号の番号:320,321,
322,323,327,328)

変更

図柄を単純化した。

国際規格を改正するように提

46

B 0139


20
07


47

B 0139

:2007

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際
規 格

番号

箇 条

番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

追加 a)

ISO/IEC 13251

以外の国際規格

から引用した図記号 
008,012,014,020,038,072,
073 
b) JIS B 0139:2000 から継続使用し
た図記号 
008,009,012,014,023,025,
031,035,036,038,039,044,
056,074,075,082,089∼096,
099∼101 
c) JIS B 0139:2000 を変更して用い
た図記号 
010,011 
d)  新たに追加した図記号 
013,020,021,037,045,046,
047,060,061,065,072,073,
083,084,085,086 
主に複写機・複合機に用いられる
図記号の追加である。

国際規格を改正するように提

4 図 記 号
詳 細 ( 続
き)

005∼007,011,013,016∼053,057
∼071,074∼093,095∼166,168∼
173,175∼182,184∼270,275,276,
279,280,282,283,286,287,290
∼299,301,305∼319,324,325,
333,340,344∼349,351,352,354
∼357,360∼379

削除

パーソナルコンピュータ,電話機
などを削除した(複写機・複合機
に使われる図記号に絞った。

通信,電子など関連業界での
検討を働きかけ,それらを含
めた JIS 化を検討。

附属書 JA

(参考)

図記号,図記号名称

及び引用規格番号
を一覧できるよう
に記載。

2

図記号及び引用規格番号を,一覧で

きるように記載。

追加

箇条 4(図記号詳細)と重複する

ため,

 附属書を追加し,国際規格

の箇条 2 の内容を一部変更して附
属書へ移動した。

国際規格を改正するように提

47

B 0139


20
07


48

B 0139

:2007

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO/IEC 13251:2004,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致  技術的差異がない。 
    −  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD  国際規格を修正している。

48

B 0139


20
07