>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0137

:2007

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人ビジネス

機械・情報システム産業協会(JBMIA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。これによって,JIS B 0137:1985 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 0137

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)ジアゾ複写機及び直接静電複写機用語


B 0137

:2007

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  分類

1

3.

  用語及び定義 

1

附属書(参考)ジアゾ複写機及び直接静電複写機用語 

13

 


日本工業規格

JIS

 B

0137

:2007

間接静電複写機用語

Glossary of terms for indirect method electrostatic process copying

machines

1. 

適用範囲  この規格は,一般に用いられる間接静電複写機の主な用語及びその定義について規定する。

2. 

分類  用語の分類は,次のとおりとする。

a) 

一般名称

b) 

部品

c) 

消耗品

d) 

その他

ジアゾ複写機及び直接静電複写機の用語については,

附属書(参考)に記載する。

3. 

用語及び定義  用語及び定義は,次による。

なお,対応英語を参考として示す。

a) 

一般名称

1) 

仕様

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1001 

複写機

文書,図面などを複製する機械。 copying

machine

1002 

静電複写機 

半導体の光導電性を応用した複写機。 electrostatic

process

copying machine

1003 

間接静電複写機

均一に帯電した感光体表面に,原稿像の静電潜像を
形成し,これを原版として紙上に可視像を形成する
静電複写機。

indirect method

electrostatic process

copying machine

1004 

乾式間接静電複写機 

粉状の現像剤を用いて可視像を形成する間接静電複
写機。

dry process indirect

method electrostatic

photocopying machine

1005 

アナログ複写機

光学レンズを介して,原稿像を直接感光体に結像さ
せて静電潜像をつくり,可視像を形成する複写機。

analog copier

1006 

デジタル複写機

画像を(デジタル)電気信号に変換した後,この電
気信号によって静電潜像を作り可視像を形成する複

写機。

備考  JIS X 6910 参照。

digital copier

1007 

カラー複写機

原稿と同じ色彩画像が得られる 3 原色以上の発色機
能をもつ複写機。フルカラー複写機ともいう。

color copying

machine

1008 

複合機 

複写機にスキャナ機能,プリンタ機能,ファクシミ
リ機能などを付加した機器。また,プリンタに複写

multifunction

device/peripheral


2

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

機機能をもたせたものも複合機の範囲に含める  [複
写機機能をもつとは,市場にて付加機器(オプショ
ン)などの付加によって,その機能をもつものも含

める。さらに,拡張機能付デジタル複写機も複合機
の範ちゅう(疇)に含む。]。

備考  JIS X 6910 参照。

(MFD/MFP)

1009 

拡張機能付デジタル複

写機

プリンタ機能,ファクシミリ機能などを後付けでき
る複写機。

upgradable digital copier

1010 

大判複写機

A2

サイズ又は 432×539mm(17×22 インチ)以上の

用紙にコピー可能な複写機。

large format copier

1011 

大判複合機

プリンタ機能,ファクシミリ機能などが付加された

A2

サイズ又は 432×539mm (17×22 インチ)以上の用

紙にコピー可能な複写機。

large format multifunction

devices/peripheral

1012 

複写機機能

原稿台ガラスをもち,パソコンを介さずに,複写可
能な機能。

copier function

1013 

コピーボリューム

ある単位期間に複写されるコピー枚数のことで,通
常“1か月”のコピー枚数。

copy volume

1014 

レディモード

既にウォームアップが完了しているが低電力モード
には移行しておらず,すぐにコピーが可能な状態。

ready mode

1015 

主走査(方向) 
 

読取り系では,光学系の走査方向に対し直角の方向。
書込み系では,感光体の軸方向。

備考  JIS X 6910 参照。

main scanning

1016 

副走査(方向)

読取り系では,光学系の走査方向。書込み系では,

感光体の回転方向。

備考  JIS X 6910 参照。

sub scanning

1017 

解像度

デジタル複写機における分解能を表す尺度。読取り
解像度は,読取りセンサの画素密度。 
書込み解像度は,レーザ書込みなどによるドット密

度。単位長さは 25.4 mm で dpi で表す。

resolution

1018 

解像力

近接した線が,1 mm 幅の中に何本分離して判別でき

るかの限界値。一般的には,解像力チャートを用い
て判別する。

resolving power

1019 

階調

同一色で表現可能な異なった濃度の数。 tone

number

1020 

複写サイズ

複写可能な最大及び最小の寸法。用紙サイズ及び画
像欠け幅で決まる。

copy size

1021 

画像欠け幅

ある寸法の用紙に,余白なく書き込まれた原稿を複
写した場合に,用紙の周辺の記録できない範囲。

image loss

1022 

ウォームアップ

タイム

電源スイッチを入れてから複写動作の開始が可能に
なるまでの時間。ウェイトタイムともいう。

warm-up time

1023 

ファーストコピー

タイム

スタートキーを押してから1枚目のコピー用紙が排
出し終わるまでの時間。

first copy time

1024 

連続複写速度

連続コピーの場合,2 枚目以降に排出されるコピー
の単位時間当たりのコピー枚数。ただし,連続巻取
式の複写機では排出部を通過する単位時間当たりの

長さをいう。コピースピードともいう。

copy speed

1025 

複写倍率

原稿の画像寸法に対する,複写された画像寸法の倍

率。

magnification

1026 

給紙容量

給紙部(カセット,トレイ,デッキなど)に一度に

収容できるコピー用紙枚数。ロールペーパの場合は,

paper capacity


3

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

長さ又は換算枚数。

1027 

リカバリタイム

国際エネルギースタープログラムが規定する低電力

モードからレディモ−ドまでの復帰時間。

recovery time

1028 

ファーストジョブタイ

電源スイッチを入れてからコピーが1枚排紙される

までの時間。

first job time

1029 

カートリッジ方式

複写機においては,一般に,現像剤,トナー機構部
などを容器ごと簡便に交換する方式。

cartridge type

1030 

タンデム方式

機器を複数台つなげて出力する方式,又はカラー複
写機において,感光体を含むプロセスユニットを 3

セット以上(例  C, M, Y, K 用)もち,画像形成をする
方式。

tandem method

2) 

給紙・搬送

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1100 

給紙

コピー用紙を機内へ送り込む工程。 paper

feeding

1101 

自動給紙方式

給紙を自動的に行う方式。

automatic paper feed

1102 

手差し給紙方式

給紙を手で行う方式。マルチ手差し給紙及びシング
ル手差し給紙がある。

manual paper feed,

feed bypass

1103 

エアー給紙

空気の吸引によってコピー用紙を機内へ送り込む給
紙方式。

air suction feed

3) 

帯電

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1200 

帯電

露光に先だって,感光体に一様に静電気を帯びさせ

る工程。通常,コロナ放電による。

electrostatic charge

1201 

コロナ帯電

タングステンワイヤなどの電極にコロナ放電開始電

圧以上の電圧を印加し,コロナ放電によって感光体
を帯電させる方式。

corona charging

1202 

接触帯電 
 

電圧を印加したローラ,ブラシ,ブレードなどの帯

電デバイスを感光体表面に押し当てて帯電させる方
式。

contact charging

1203 

ローラ帯電

電圧を印加した導電性弾性ロールを感光体に押し当
て感光体とともに接触回転させて帯電させる方式。

roller charging

1204 

ブラシ帯電

導電性繊維から成るブラシ状繊維を感光体に押し当
て電圧を印加して帯電させる方式。

brush charging

1205 

注入帯電 

接触帯電方式において帯電デバイスと感光体の間と
の微小ギャップでの放電現象にはよらない帯電方
式。

injection charging

4) 

露光・読取り・書込み

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1300 

露光

帯電させた感光体に光像を照射して潜像を形成させ
る工程。

 

exposure

1301 

静電潜像 

露光された感光体表面に形成された電荷像。 
帯電された感光体表面に露光によって光像を結像さ

latent image


4

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

せるか,又は電気信号に変換された原稿像を照射し,
光の当たった部分の電荷を消失させることで形成さ
れる電荷の像。

1302 

画像メモリ

読取り後,電気信号に変換された原稿像をいっ
たん保持するための記憶装置。

memory

1303 

フラットベッド

原稿台ガラスをもち,光学系で走査し原稿を読み取
る方式。

flat-bed

1304 

シートスルー 

原稿を移動させて読み取る方式。

sheet-through

1305 

ホームポジション

原稿台,光学系などの反復機構,感光体などの回転機構
の複写開始時における基準位置。

home position

5) 

現像

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1400 

現像

静電潜像を可視像に変える工程。

developing

1401 

乾式現像

感光体をトナーと呼ばれる粉体で現像する方式。

dry developing

1402 

一成分現像

キャリア粒子を用いず,トナーだけで現像する方式。
トナーは,磁性及び非磁性の両方がある。

mono-component

development

1403 

ニ成分現像 

キャリアと呼ばれる磁性粒子及びトナーが混合され
た現像剤を用いた現像方式。

two-component

development

1404 

磁気ブラシ現像

現像剤をマグネットに吸着させ,感光体に接触させ
ることによってトナーを潜像部に付着させて現像す

る方式。

magnetic brush

developing

1405 

複写濃度

コピーの画像部の濃度。

image density

1406 

かぶり濃度

コピーの非画像部の濃度。通常,局部的よごれは,
除く。地かぶり濃度ともいう。

fog density

1407 

コントラスト

原稿又はコピーにおいて,非画像部濃度と画像部濃
度との比。通常,白黒の差のはっきりしたものをコ
ントラストが高いと表現する。

contrast

1408 

階調再現性

写真のような中間調を含む原稿をコピーしたときの
濃淡再現性。一般的には,グレースケールで判別す

る。

tone reproduction

1409 

ハーフトーン

色の濃淡の中間色調。

halftone

1410 

グレースケール

白及び黒を含め,その間の中間色(ハーフトーン)を
段階的に濃度を変えて並べたチャート。

gray scale

1411 

黒べた

線及び文字画像と違い,ある程度以上の幅又は面積
のある一様な黒色部分。べたくろともいう。

solid

1412 

ラインコピー

線及び文字によって構成された原稿のコピー。線画
像ともいう。

line copy

1413 

エッジ現象

コピー上の幅広い面積のべた部において,その中央
部の濃度が周辺部より薄くなる現象。エッジ効果と
もいう。

edge effect

1414 

現像剤濃度自動調整

2

成分現像剤のキャリア及びトナーの混合比率を自

動的に制御する機能。

automatic toner density

control

1415 

現像バイアスコントロ

ール

見やすいコピー画像が得られるように,原稿の種類
に応じた電圧を現像器にかける方式。 

developing bias control

1416 

ロータリ現像 

シアン,マゼンタ,イエロー,ブラックなど複数の
現像器を回転体に取り付け,各色の現像器を順次感

rotary development


5

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

光体に対向させて現像する方式。

1417 

カラーパッチ

色の再現性を見るために,標準的な有彩色の短冊を

パッチワーク上に並べたチャート。

color patch

6) 

転写

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1500 

転写

感光体上の可視像をコピー用紙上に移す工程。

transfer

1501 

コロナ転写

感光体と接触する複写用紙の背面から,コロナ放電
によって電荷を与え,感光体表面のトナー像をコピ

ー用紙上に転写する方式。

corona transfer

1502 

ローラ転写

表面に電荷を与えたローラを用いて,感光体上の像をコ

ピー用紙上に転写する方式。

roller transfer

1503 

ベルト転写方式

ベルトに電荷を付与して,複写用紙を吸着搬送するととも

に,感光体上のトナー像を用紙上に転写する方式。

belt transfer method

1504 

中間転写方式

カラー複写機において,各色の感光体上に作像したトナー

像を,あらかじめ中間転写体に転写してから転写紙に転写
する方式。

intermediate transfer

method

1505 

多重転写方式 

感光体上に形成された各色トナー像を順次用紙上に転写

して,トナー画像を重ね合わせる転写方式。又は,いった
ん中間転写体上にトナー像を重ね合わせた後,用紙上に一
括転写する中間転写方式。

multi-transfer method

7) 

分離・はく(剥)離

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1600 

分離,はく(剥)離

転写後のコピー用紙を感光体からは(剥)がす工程。

  separation

1601 

静電分離

コロナ放電によって感光体からコピー用紙を分離す
る方式。除電分離ともいう。

corona separation

1602 

エアー分離

空気の吸引又は吹きつけによって感光体からコピー
用紙を分離する方式。サクション分離ともいう。

air separation,

(suction separation)

1603 

つめ(爪)分離

(爪)状の部品を用いて感光体,定着ローラなどか
らコピー用紙を分離する方式。

claw separation

8) 

定着

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1700 

定着

転写された用紙上のトナーを固着させる工程。

fixing,

fusing

1701 

熱定着

熱を利用してコピー用紙上のトナーを定着させる方
式。

heat fixing

1702 

熱ローラ定着

加熱されたローラ間を通過させることによって,用
紙上のトナーを定着させる方式。ヒートローラ定着

ともいう。

heat roller fixing

1703 

ベルト定着

加圧ローラの代わりにベルトを用いて,コピー用紙
を熱ローラに圧着させることによって,定着を行う

方式。 

belt fixing

1704 

フィルム定着

耐熱性及び離型性をもつ薄膜フィルムを介して,コ
ピー用紙に熱を供給する定着方式。

film fixing


6

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1705 IH

定着,

(電磁誘導加熱定着)

熱ローラなどの芯金を加熱させる手段に,高周波に
よる電磁誘導現象(渦電流)を利用した定着方式。

induction heat fixing

1706 

オンデマンド定着

コピー作成の稼動時だけ,定着装置に熱を供給して
定着を行う方式。

on-demand fixing

1707 

フラッシュ定着

キセノンランプなどのせん光によって,コピー用紙上の
トナーを定着させる方式。

flash fixing

1708 

圧力定着

圧力をかけたローラ間を通過させることによって,

圧力だけでコピー用紙上のトナーを定着させる方
式。

pressure fixing

9) 

クリーニング

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1800 

クリーニング

転写後,感光体上のトナー残り,紙粉などを清掃す
る工程。

cleaning

1801 

ブレードクリーニング  板状の弾性ゴムを押し当てて,清掃する方式。

blade

cleaning

1802 

ブラシクリーニング

回転する毛ブラシを押し当てて,清掃する方式。

brush

cleaning

10) 

機能

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1901 

可変倍率機能

原稿に対して拡大又は縮小する機能。

variable magnification

function

1902 

定形変倍

定形サイズの原稿及び用紙間で,適切なコピーとな

るように設定された複写倍率選択機能。 

preset zoom

1903 

自動倍率選択機能

原稿サイズ及びコピーする用紙サイズに合わせて,
自動的にコピーする倍率を選択する機能。

automatic magnification

selection

1904 

自動用紙選択機能

原稿サイズを自動的に検知し,倍率を指定した場合
には,適切な用紙(サイズ)を選択する機能。

automatic copy-paper

selection

1905 

ズーム

設定可能な範囲で任意の複写倍率を選択できる縮小

拡大コピー機能。一般に縮小拡大の上下限内で 1  %
刻みの設定が行える。

zoom magnification

1906 

独立変倍

原稿に対して縦横独自に複写倍率を設定できる機
能。

x/y independent

magnification (scaling)

1907 

自動濃度調整

原稿の種類に応じて,自動的に画像の濃度を調整す
る機能。

automatic density

control

1908 

オートクリア機能

コピー終了後,所定の時間が経過すると自動的に初期
状態に復帰する機能。例えば,用紙サイズ,コピー濃
度,コピー枚数変更などに用いる。自動復帰ともい

う。

auto clear function

1909 

割込み機能

連続コピー中,一時中断して他のコピーをとり,そ
の後,元の連続コピーの状態に復帰する機能。割込

みコピーともいう。

interruption function

1910 

オートシャットオフ機

コピー終了後,所定の時間が経過すると自動的に電

源を切る機能。ただし,小容量の結露防止ヒータな
どの電源が残る場合もある。 

auto shutoff function

1911 

文字・写真モード

文字だけの原稿ではなく,写真などの中間調が混在
した原稿を,より忠実に再現するために設定された

text/photographic mode


7

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

モード。

1912 

単色カラー

原稿の色に関係なく,黒以外の単色でコピーする機

能。モノカラーともいう。

single color copy

1913 

自動カラー選択機能

カラー原稿又は白黒原稿を,自動的に識別する機能。

automatic color selection

1914 

両面機能 

用紙片面への複写後,用紙を表裏反転させて,再び
複写画像形成部に送る機構をもち,次の複写指示に
よって両面複写を行う機能。自動原稿送り装置との

組合わせで“片面→両面”

“両面→両面”及び“両

面→片面”のコピーが容易に行える。

duplex function

1915 

ワンツーワンモード,

1 to 1

モード

自動原稿送り装置を用いて,複数の原稿から 1 部の
コピーを行う動作。

1 (one) to 1 (one) mode

1916 

ページ集約 

複数の原稿を 1 枚の用紙上にまとめてレイアウトし
てコピーする機能。

N-in-1

1917 

イメージリピート

同一原稿を 1 枚の用紙に複数レイアウトしてコピー
する機能。

repeat function

1918 

自己診断機能

複写機の異常又は動作状態を自己検知し,その内容

を表示又は通知する機能。使用時又は保守作業時の
処理を容易にする機能。

self-diagnosis function

1919 

トナーセーブモード

コピー濃度が低くなる画像処理を行い,トナーの消
費を抑えるためのモード。

toner saving mode

11) 

周辺機器

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2001 

原稿送り装置

1

枚ずつ手で挿入した原稿を自動的に原稿台ガラス

上に送り込み,コピー完了後,自動的に原稿を排出す

る装置。

document feeder

2002 

自動原稿送り装置

あらかじめセットした原稿を,1 枚ずつ自動的に原

稿台ガラス上に送り込み,コピー完了後,自動的に
原稿を排出する装置。

automatic document

feeder, (ADF)

2003 

フィニッシャ

複数原稿を 1 部ずつ仕上げて排出し,積載する装置。

備考  JIS X 6910 参照。

finisher

2004 

ソータ

多数枚のコピーをとる場合,自動的に分類及びペー

ジ揃えをする装置。

sorter

2005 

ビン

ソータにおいて,排出されたコピーを受ける棚又は

容器。

bin

2006 

大容量(給紙)トレイ

一般に数千枚以上の用紙を収容できる給紙トレイ。

大容量給紙デッキともいう。

large capacity (paper feed)

tray

2007 

シフトトレイ

1

部ずつ仕上げるフィニッシャにおいて,排出方向

と直角の方向に 1 部ごとにずらして排出させるトレ

イ。オフセットキャッチトレイともいう。

shift tray,

offset catch tray

2008 

両面ユニット

定着後の用紙の先後端を反転させる用紙搬送機構を

用いて,用紙の裏面にコピーを行うための装置。

duplex unit

2009 

シートスルー装置

読取り装置(スキャナなど)を固定し,原稿を移動

させて画像を読みとる装置。シングルパスフィーダ
ともいう。

sheet-through device

2010 

ステープル

ビン又はトレイに収容した用紙を,自動的に針でと

じる機能又は装置。

staple


8

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

備考  JIS X 6910 参照。

2011 

パンチ

コピー用紙にファイルのための穴をあける機能又は

装置。

備考  JIS X 6910 参照。

punch

2012 

中とじ

複写された用紙の中央部に自動的にステープルを行
い,二つ折に製本する機能。

備考  JIS X 6910 参照。

saddle stitch

2013 Z

折り

二つ折りされた用紙の一方を更に二つ折りして,断
面が Z 形状になる折り様式。

z-fold

2014 

シートインサータ 

コピーされた用紙束に,区切り又は表紙として用紙
を挿入する装置。

sheet- inserter

b) 

部品

1) 

操作パネル

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3101 

液晶タッチパネル 

指で触れることによって入力設定を行える液晶画面
の操作パネル。LCD パネルともいう。

LCD touch panel

3102 

枚数セットキー 

必要コピー枚数をあらかじめ設定するキー。単にテ
ンキーともいう。

copy quantity keys

3103 

スタートキー

コピー動作を始めさせるキー。コピーキーともいう。

  start key

3104 

ストップキー 

連続コピー動作中に,途中の任意の枚数でコピーを
終了するときに使用するキー。ストップキーともい

う。

copy stop key

3105 

クリアキー

入力した数値を取り消すためのキー。

clear key

3106 

リセットキー

すべての入力情報を初期値に戻すキー。 

reset key

3107 

給紙トレイ選択キー 

給紙トレイ又はコピー用紙を選択するキー。用紙サ
イズ選択キーともいう。カセットをもつ機械におい

ては給紙カセット選択キーともいう。

paper tray select  key

3108 

節電キー 

エネルギー消費を削減するために省エネモードを入

切するキー。

energy-saver key

3109 

紙詰り表示

紙詰り状態又はその場所を示すランプ若しくは表

示。紙詰り点検(位置)表示ランプ又はジャム表示
ともいう。

paper jam indicator

2) 

給紙・搬送・駆動

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3201 

給紙ユニット

給紙機能を構成する部品の集合体。

paper feed unit

3202 

給紙ローラ

給紙トレイ又は給紙カセットから用紙を機内へ 1 枚

ずつ送り込むためのローラ。

paper feed roller

3203 

分離ローラ 

重送紙を機内へ送り込むのを防ぐローラ。さば(捌)

きローラ又はリタードローラともいう。

separation roller

3204 

レジストローラ

用紙が感光体上のトナー像と同期して転写されるよ

うに用紙搬送タイミングを制御するローラ対。ペー
パストップローラともいう。

paper stop roller

3205 

ピックアップローラ 

給紙トレイ又は給紙カセットから用紙を機内へ送り
出すローラ。紙送り出しローラともいう。

pick-up roller


9

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3206 

搬送ローラ

機内の紙搬送経路に配置され,用紙を搬送するロー
ラ。

conveyance roller

3207 

ドライブローラ

動力伝達のもととなるローラ。

drive roller

3208 

テンションローラ

ベルトなどを張るためのローラ。

tension roller

3209 

アイドルローラ

ベルトなどを支持するだけのローラ。 idle

roller

3210 

給紙カセット

シート状のコピー用紙を格納し,着脱ができ,本体

と連動して給紙ができるように構成された箱。

paper feed cassette

3211 

給紙トレイ

自動給紙のため,あらかじめ多数のコピー用紙をセ

ットしておくトレイ。通常は機械本体と一体となっ
ているものが多い。給紙デッキともいう。

paper feed tray

3212 

排紙トレイ

複写されたコピー用紙を受けるトレイ。

exit tray

3213 

除電ブラシ

複写工程で用紙に付与された電荷を放電消去するた
めの導電性ブラシ。除電針ともいう。

discharging brush

3) 

帯電

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3301 

チャージャ 

チャージワイヤを電極とした感光体を帯電させる装

置。帯電器ともいう。

charger

3302 

チャージワイヤ 

チャージャの電極となるワイヤ。一般的にタングス

テン線が用いられる。帯電ワイヤともいう。

charging wire

3303 

帯電ローラ 

感光体を均一に帯電させるために電圧が印加され接

触回転するローラ。

roller charging device

3304 

感光体

光導電性をもち,画像(光情報像)を静電潜像とし
て記録するもの。形状としてドラム,シート又はベ

ルトがあり,感光ドラム,感光ベルトなどという。

photoreceptor, 
(photoconductor)

3305 

高圧ユニット

高電圧を発生させる電源装置。高圧電源(HVPS)とも

いう。

high voltage power

supply,

  (HVPS)

4) 

露光・読取り・書込み

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3401 

光学(系)ユニット

原稿を照明する露光ランプ,反射笠などの部品及び
ミラー,光学レンズなどによって,原稿像を感光体

に露光するための装置。デジタル機(ディジタル機)
の場合には読取りのためのラインセンサ及び感光体
へのレーザ書込みにかかわる部品・ユニットが含ま

れる。

optical unit

3402 

原稿台ガラス 

原稿面に使用する透明な板ガラス。プラテンガラスと

もいう。

original glass plate

3403 

原稿(台)カバー 

原稿台ガラス上の原稿を押さえる板。原稿押さえ,
プラテンカバーともいう。

original cover

3404 

露光ランプ 

露光のための光源。蛍光ランプ(fluorescent lamp),ハ
ロゲンランプ(halogen lamp),キセノンランプ(xenon

lamp)

などがある。

exposure lamp

3405 

レンズハウジング

レンズを支持し,遮光を目的とした箱。

lens housing

3406 

レンズアレイ 

ガラス又はプラスチックでできたマイクロレンズを,

光軸と直角方向に 1 列又は複数列,帯状に並べたレン

lens array


10

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

ズ集合体。

3407 CCD

ラインセンサ

数ミクロン角の受光素子を数千個 1 列に並べたワン

チップの光電変換素子。走査線 1 ラインを読み取る
ことができるのでラインイメージセンサともいう。

CCD line sensor

3408 

レーザスキャンユニッ

高速回転のポリゴンミラーにレーザ光を照射し,そ
の反射光を結像レンズ,ミラーなどを経て感光体表
面に照射する装置。書込みユニットともいう。

laser scanning unit

3409 

ポリゴンミラー 

感光体へレーザ光を走査するために高速回転する多
面体のミラー。

polygon mirror

3410 LED

アレイ

発光ダイオードを 1 列に並べた素子。

LED array

5) 

現像

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3501 

現像ユニット 

感光体表面に形成された静電潜像を現像して可視像
化する装置。現像器又は現像槽ともいう。

developing unit

3502 

現像ローラ

感光体表面に形成された静電潜像を現像するための
ローラ。

developing roller

6) 

転写

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3601 

転写帯電器, 
転写チャージャ

コロナ帯電を用いて感光体上のトナー像を用紙に転
写するユニット。

transfer charger

3602 

転写ローラ

表面に電荷を与えたローラを用いて,感光体上のトナー
像を用紙上に転写するローラ。

transfer roller

3603 

転写ベルト

ベルト表面に与えられた電荷で,複写用紙を吸着搬送す
るとともに,感光体上のトナー像を用紙に転写するベルト
部品。

transfer belt

3604 

転写ドラム

カラー複写機において,感光体の静電潜像が現像さ
れ,シアン,マゼンタ,イエロー及びブラックの各

色トナーの可視像を順次転写するために感光体と対
面し,複写用紙を保持するドラム。

transfer drum

3605 

中間転写体

カラー複写機において,4 色の各色トナー像をいっ

たん順次転写(1 次転写)させ,全色を蓄積し,そ
の後,用紙に一括転写させる(2 次転写)際の媒体。
ドラム又はベルトのタイプがある。

intermediate transfer unit

7) 

分離・はく(剥)離

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3701 

分離チャージャ 

転写帯電器によって,トナー像が転写された用紙を

感光体から引きは(剥)がすための帯電器[はく(剥)
離チャージャともいう。]。

separation charger

3702 

分離つめ(爪) 

転写後のコピー用紙を感光体から引きは(剥)がす
ため,又は,定着後の用紙を定着ローラ(ヒートロ
ーラ,加圧ローラ)から引きは(剥)がすためのつ

め(爪)

。はく(剥)離つめ(爪)ともいう。

separation claw

8) 

定着

番号

用語

定義

対応英語(参考)


11

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3801 

定着ユニット

転写後のコピー用紙上のトナーを固着させる装置。
定着器ともいう。

fixing unit,

fusing unit

3802 

定着ローラ

圧力定着,熱ローラ定着などに用いられるローラの
総称。

fixing roller,

fusing roller

3803 

ヒートローラ

コピー用紙にトナーを融着させるための加熱圧着を
行うローラ。加熱ローラともいう。

heat roller

3804 

加圧ローラ

ヒートローラに圧着して,用紙に対するトナーの投

びょう(錨)効果を上げ,送りを行うローラ。

pressure roller

3805 

定着ヒータ

コピー用紙にトナーを融着させる加熱器。

fixing heater

9) 

クリーニング

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3901 

クリーニングユニット 

不要な現像剤を除去及び清掃するための装置。クリ

ーナユニット,クリーニング装置ともいう。

cleaning unit

3902 

クリーニングブレード 

不要な現像剤を除去及び清掃するためのブレード。

主として感光体,定着ローラなどに用いる。

cleaning blade

3903 

クリーニングローラ 

不要な現像剤を除去及び清掃するためのローラ。主
として感光体,定着ローラなどに用いる。

cleaning roller

3904 

クリーニングウェブ 

不要な現像剤を除去及び清掃するための布又は紙な
どの部材。主として感光体,定着ローラなどに用い

る。

cleaning web

3905 

クリーニングパッド 

不要な現像剤を除去及び清掃するための厚手の布又

は紙。定着ローラなどに用いる。クリーニングフェル
トともいう。

cleaning pad

3906 

クリーニングブラシ 

不要な現像剤を除去及び清掃するためのブラシ。主
として感光体などに用いる。ファーブラシともいう。

cleaning brush

3907 

廃トナーボトル

クリーニングユニットで清掃及び除去され集められ

た現像剤の回収容器。

waste toner bottle

c) 

消耗品

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4001 

現像剤

現像のために用いられる消耗品(トナー,キャリア,
一成分トナー,スタート現像剤など)の総称。

developer

4002 

トナー

静電式の現像に用いる微細な着色粒子。

toner

4003 

スタート現像剤

トナー

及び

キャリアを所定の比率で配合した現像

剤。

start developer

4004 

一成分トナー

キャリアを必要としない現像方式で用いるトナー。
キャリアレストナーともいう。これには磁性粉をも

つ磁性トナーと磁性粉をもたない非磁性トナーとが
ある。

monocomponent toner,

single-component toner

4005 

二成分現像剤

一般にトナー及びその保持剤であるキャリアを所定
の比率で混合した現像剤。

two component  developer

4006 

キャリア

静電式(乾式)現像に用いるトナーの保持剤。トナ
ーと混合する微細な鉄粉,マグネタイトなどの磁性
粒子。

 

carrier

4007 

トナーカートリッジ

電子写真方式を利用した複写機,複合機,プリンタ toner cartridge


12

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

ファクシミリなどの機器に使用されるトナーを充て
ん(填)したトナー容器,ドラム及び現像ユニット
のいずれか二つ以上を組み合わせて構成される印字

のためのカートリッジ。

4008 

トナー容器

機体にセットしてトナーの補充を行う容器。筒型を

トナーボトル,箱形をトナーコンテナ ともいう。

toner bottle,

toner container

4009 

第二原図用紙

原稿から第二の原稿を複製するために用いる用紙。

通常は,透過露光方式の複写に適した紙質のもの。

intermediate paper

4010 

フォーム用紙

伝票,証券などあらかじめ各種の書式が印刷された
用紙。

form paper

4011 

ラベル用紙

のり付はく(剥)離用紙。ダイレクトメールの宛名,
荷札,ラベルなどに用いられる。

label paper

d) 

その他

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5001 

エネルギー消費効率

エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)

の規定による1時間当たりの消費電力量。

energy consumption

efficiency

5002 

国際エネルギースター

プログラム(

1

省エネ機器を対象とした,日米間で合意した任意登

録制度。

energy star program

5003 

省エネモード

レディモードにおいて,一定時間,コピー動作及び
外部からの信号がないときに自動的に移行する節電

状態。国際エネルギースタープログラム規定による
低電力モード,オフモード(オートオフモード)

,ス

リープモード及びマニュアルで切り替わる節電状態

がある。

power saving mode

5004 

除湿ヒータ 

機内を暖め,性能に影響を与えるおそれのある相対

湿度を下げるヒータ。結露防止ヒータも含む。

anti-humidity heater

(

1

)

国際エネルギースタープログラムの詳細については,次に示すホームページを参照。

http://www.eccj.or.jp/ene-star/index_esj.html


13

B 0137

:2007

附属書(参考)ジアゾ複写機及び直接静電複写機用語

この附属書(参考)は,ジアゾ複写機及び直接静電複写機の用語について記述するもので,規定の一部

ではない。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

R001 

ジアゾ複写機

ジアゾ化合物の光分解性を応用した複写機。

diazo copying machine

R002 

湿式ジアゾ複写機

現像に液体を使用するジアゾ複写機。

semidry process diazo

copying machine

R003 

乾式ジアゾ複写機 

アンモニア蒸気によって現像を行うジアゾ複写機。  ammonia process diazo

copying machine

R004 

熱式ジアゾ複写機 

熱によって現像を行うジアゾ複写機。

thermal process diazo

copying machine

R005 

加圧式ジアゾ複写機 

微量のアルカリ溶液を圧力を加えて転写することに
よって現像を行うジアゾ複写機。

pressure development

process diazo copying

machine

R006 

直接静電複写機

光導電性物質を塗布した感光紙を用いて,これに直
接可視像を作成する複写機。

direct method

electrostatic process

copying machine

R007 

乾式直接静電複写機

粉状の現像剤を用いて可視像を形成する直接静電複

写機。

dry process direct

method electrostatic

copying machine

R008 

湿式間接静電複写機

液状の現像剤を用いて可視像を形成する間接静電複

写機。

liquid process indirect

method electrostatic

copying machine

R009 

シート自動給紙方式 

あらかじめ裁断されたコピー用紙を自動的に給紙す
る方式。

automatic sheet paper

feed

R010 

ロール自動給紙方式 

ロール状のコピー用紙又は感光紙を自動的に切断し
て給紙する方式。

automatic roll paper

feed

R011 

ステップカット方式 

コピー用紙又は感光紙の切断長さを段階的に選択で
きる方式。

step cut

R012 

ランダムカット方式 

コピー用紙又は感光紙の切断長さを自由に決めるこ

とができる方式。

random cut

R013 

シンクロカット方式 

コピー用紙又は感光紙の切断長さが,原稿の長さに

応じて自動的に決められる方式。

synchro cut

R014 

シングルコロナ帯電

感光体又は感光紙の感光面に特定の極性の放電電極

を設け,コロナ放電によって帯電させること。

single-corona charging

R015 

ダブルコロナ帯電

感光紙の両面に異極性の放電電極を設け,コロナ放

電によって帯電させること。

double-corona charging

R016 

全面露光方式

全画像を同時に露光する方式。

whole image exposure

type

R017 

スリット露光方式

感光体又は感光紙,原稿及び光学系を一定関係にし
て移動させながら順次露光する方式。

slit exposure type

R018 

透過式露光方式

原稿側から光を当てて露光を行う方式。

contact printing of

transparence


14

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

R019 

原稿固定式露光方式

原稿を固定して露光を行う方式。

stationary original

exposure type

R020 

原稿移動式露光方式

原稿を移動させながら露光を行う方式。

moving original

exposure type

R021 

色地の原稿

原稿の地の色が白くないもの,例えば,色紙,新聞
のようなもの。

colored original

R022 

熱現像

感光紙面に熱を当てて,現像すること。

heat developing

R023 

ガス現像

アンモニア水を蒸発させ,感光紙面に当てて現像す
ること。

ammonia gas developing

R024 

湿式現像

感光体又は感光紙を湿潤状態で現像すること。

wet developing

R025 

塗布式現像

現像液を現像ローラで感光紙面に塗布して現像する
方式。

coat-type developing

R026 

浸せき式現像

現像液中に感光紙を通過させて現像する方式。

dip-type developing

R027 

潜像転写方式

感光体表面に形成された潜像をそのままコピー用紙
に転写する方式。

electrostatic atent image

transfer process

R028 

リテンション方式

1回の露光によって感光体に作られた一つの潜像から多
数枚のコピーを取る方式。

retention system

R029 

ベルト分離

ベルトを用いて感光体からコピー用紙を分離するこ
と。

belt separation

R030 

オーブン定着

ランプヒータ,リボンヒータなどのふく射熱で定着
させること。ランプヒータ定着,リボンヒータ定着,
ヒータ定着ともいう。

oven fixing

R031 

熱板定着

加熱された金属板等に接触させることによって,定
着させること。

heat plate fixing

R032 

原稿排出装置

必要なコピー枚数がコピーされた後,原稿を自動的
に排出する装置。

document assist device,

(DAD)

R033 

オーバレイ

原稿を何ら変えることなく,追加,変更,抹消など,
複写物の構成を変える装置。

overlay

R034 

インジケータ

機械のいろいろの使用状態を示す表示器。

indicator

R035 

リピートカウンタ

必要複写枚数があらかじめ設定できる枚数計で,あ

らかじめ設定した枚数をコピーした後,再び設定し
た枚数値へ自動復帰するもの。

repeat counter

R036 

プリセットカウンタ

必要コピー枚数をあらかじめ設定できる枚数計で,
あらかじめ設定した枚数をコピーした後,再び設定
した枚数値へ自動復帰しないもの。

preset counter

R037 

露光調整レバー

複写濃度を調整するレバー又はつまみ。 
濃度調整レバーということもある。また見やすいコピ

ー画像が得られるように,原稿の種類に応じて選択す
るキーを使用することもある。このキーは,プリント
キーを兼ねている場合もある。

exposure control lever

R038 

速度つまみ

ジアゾ複写機において,複写濃度を調整するため,紙送
り速度を調節するつまみ。

speed control knob

R039 

準備中表示

コピー動作が可能となるように機械が準備している
間であることを示すランプ又は表示。

waiting indicator

R040 

給紙トレイ表示

選択した給紙トレイを示すランプ又は表示。

paper tray indicator

R041 

用紙サイズ表示

コピー用紙のサイズを示すランプ又は表示。

paper size indicator

R042 

現像剤点検表示

現像剤の補給状態を点検する必要があることを示す
ランプ又は表示。湿式現像の場合,ボトル交換ラン
プ又は表示という場合もある。

developer check

indicator


15

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

R043 

マスタ交換表示

マスタシート(シート状の感光体)を交換する必要
があることを示すランプ又は表示。単にマスタラン
プ又は巻取りインジケータということもある。

master sheet change

indicator

R044 

ペーパ軸

ロール状のコピー用紙又は感光紙に通す軸。

paper supporting shaft

R045 

巻取軸

複写の終わったコピー用紙又は感光紙を巻き取る
軸。

paper winding shaft

R046 

カッタ

コピー用紙又は感光紙を切断する刃の組合せ。

cutter

R047 

案内板

原稿(原図)

,コピー用紙,感光紙などを正しい位置

に誘導するための装置を構成している板。

guide plate

R048 

テーブル

ジアゾ複写機において,原稿(原図)及び感光紙の
挿入を容易にするための台。

table

R049 

原稿受

露光部を通った後の原稿又は原図を受けるもの。

original receiving tray

R050 

安定器

ランプを適切に点灯させるための機器で,水銀ラン

プ用と蛍光ランプ用とがある。

ballast choke

(stabilizer)

R051 

焦点面ガラス

映像のぼけを防止するために複写用レンズの焦点面

上に取り付ける透明な板ガラス。

focal glass plate

R052 

スリットガイド

焦点面ガラスと相対した感光紙裏面に接する案内

板。

slit guide plate

R053 

シリンダガラス

焼付部に使用する透明な円筒状のガラス。

cylinder glass

R054 

焼付ベルト

シリンダガラスを回転させ,原稿と感光紙とを密着
させて搬送するベルト。

printer belt

R055 

冷却タイマ

複写作業終了後,シリンダガラス内の温度を下げる
ためにファンなどを一定時間作動させるもの。

cooling timer

R056 

絞りローラ

2本一組で又は現像ローラとともに働いて余分の現
像液を絞るローラ。

squeezing roller

R057 

気化ヒータ

アンモニア水を蒸発させるための加熱器。

evaporating heater

R058 

補助ヒータ

現像タンク内の温度を保つための加熱器。

space heater

R059 

現像ざら

感光体又は感光紙を現像する目的で現像液をためる
皿。

developing tray

R060 

現像ざら受

現像皿を載せ,現像皿からあふれ出た液を受けるも
の。

developing tray

retainer

R061 

現像液ポンプ

現像液を循環させるポンプ。

developer pump

R062 

フロート

現像液タンク中の液量を検出するための浮子。

float

R063 

ガス現像タンク

アンモニアガスをため,現像する容器。

developing tank

R064 

気化ざら

アンモニア水を受け,蒸発させるための皿。

evaporating tray

R065 

アンモニア滴下ガラス  アンモニア水の滴下状態を観察するためのもの。

drip gauge

R066 

ゴムスリーブ

ガス現像タンク開口部に接し,感光紙を搬送する筒

状のベルト。

sealing sleeve

R067 

給液ボトル

機体にセットして液の補充を行う容器。

現像用給液ボトル,溶剤用給液ボトルなどがある。
補充液ボトルともいう。

supplying bottle

R068 

給液キャップ

給液ボトルのふた。給液弁付きのものもある。

supplying cap

R069 

給液弁

給液キャップに付いているバルブ。

supplying valve

R070 

排液チューブ

液を排出させるための管。

drain tube

R071 

巻付防止づめ

ローラに感光紙が巻きつかないように設けられたつ

め。

guide

R072 

原稿はがし

原稿又は原図と感光紙とをシリンダガラスからはが

すもの。

original separator

R073 

乾燥ヒータ

コピーを乾燥させる加熱器。

drying heater


16

B 0137

:2007

番号

用語

定義

対応英語(参考)

R074 

ドライヤ

風を送り,コピーを乾燥させるもの。

dryer

R075 

ヒータホルダ

ヒータを支持するもの。

heater holder

R076 

フィルタバッグ

感光体から取り除かれた不要な現像剤を回収する袋
又は容器。

filter bag

R077 

現像液

現像するための液で,ジアゾ式ではあらかじめ現像
剤と水とを調合した既製のものと,使用者が現像剤
を水に溶かし調合して作ったものとがある。また,

静電式ではトナーを分散剤で分散させたものをい
う。

liquid developer

R078 

分散剤

静電式(湿式)現像に用いるトナーを分散させる液。
複写機の分野では,慣用語として,溶剤ともいわれ
ている。

dispersing agent,

dispersant

R079 

補充現像剤

現像によって変化した現像剤の配合比率を適当な比率
に戻すための現像剤。液体の場合は,特に補充現像液

ともいう。 
なお,プレミックス現像剤ともいう。

replenishment developer

R080 

オフセットマスタ紙

原稿からオフセット印刷用のマスタを作成するため
に用いる用紙。

offset master paper

関連規格  JIS X 6910  事務機器−複写機・複合機の仕様書様式及びその関連試験方法