>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 0131:2017  

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 分類 1 

3 用語及び定義  1 

 

 


 

B 0131:2017  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人ター

ボ機械協会(TSJ)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改

正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格であ

る。 

これによって,JIS B 0131:2002は改正され,この規格に置き換えられた。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

B 0131:2017 

 

ターボポンプ用語 

Glossary of terms for turbopumps 

 

序文 

この規格は,1975年に制定され,その後3回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は2002年に

行われたが,その後の関連するJIS及び学術用語との整合性を図るとともに,キャビテーションなどに関

する近年の用語に対応するために改正した。 

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。 

 

適用範囲 

この規格は,一般に使用されるターボポンプ及びその部品,並びに関連する水力学の用語(以下,用語

という。)の定義について規定する。 

 

分類 

用語は,次のとおり分類する。 

a) 形式 

b) 性能・設計 

c) 運転・試験 

d) 部分・部品 

e) 附属品 

f) 

機場関係 

g) 水力学 

 

用語及び定義 

用語及び定義は,次のとおりとする。 

なお,参考のため慣用語,対応英語,量記号及び単位記号を示す。 

注記1 用語の一部に丸括弧( )を付けてある場合は,丸括弧の中の用字を含めた用語と,丸括弧

の中の用字を省略した用語の二通りあることを示す。 

注記2 二つ以上の用語を並べてある場合は,その順位に従って優先的に使用する。 

注記3 用語欄で,用語の下の( )内の平仮名書きは,読み方を示す。 

 


B 0131:2017  

 

a) 形式 

a.1) 主分類 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1101 

ターボポンプ インペラをケーシング内で回転させ,液体

に旋回を付与してエネルギーを与える機
械。 
遠心ポンプ,斜流ポンプ,軸流ポンプなど
の総称。 

 

turbopump,  
rotodynamic pump 

 

 

1102 

遠心ポンプ 

インペラから吐き出される流れが主として
主軸に垂直な面内にあるポンプ(図1〜図7,
図10〜図26及び図28〜図31参照)。 

 

centrifugal pump,  
radial flow pump 

 

 

1103 

渦巻ポンプ 

遠心ポンプで,インペラの吐出し側に直接
渦巻ケーシングをもつポンプ(図1〜図3,
図5〜図7,図10〜図16,図19,図21,図
24〜図26及び図28〜図31参照)。 
二重渦巻ケーシングをもつものを二重渦巻
ポンプ(double volute pump)という(図3
参照)。 

 

volute pump 

 

 

1104 

ディフューザ

ポンプ 

遠心ポンプで,インペラの吐出し側にガイ
ドベーン形のディフューザをもつポンプ。 
ディフューザの外側に渦巻ケーシングがあ
っても,このようにいう(図17,図18,図
20,図39,図40及び図12参照)。 

 

diffuser pump 

 

 

1105 

斜流ポンプ 

インペラから吐き出される流れが主軸の中
心線を軸とする円すい面内にあるポンプ
(図32,図33及び図36〜図38参照)。 

 

mixed flow pump,  
diagonal flow 

pump 

 

 

1106 

渦巻斜流ポン

プ 

斜流ポンプで,インペラの吐出し側に直接
渦巻ケーシングをもつポンプ(図38参照)。 

 

volute type mixed 

flow pump 

 

 

1107 

ディフューザ

形斜流ポン
プ 

斜流ポンプで,インペラの吐出し側にガイ
ドベーン形のディフューザをもつポンプ
(図32,図33,図36及び図37参照)。 

 

diffuser type 

mixed flow 
pump 

 

 

1108 

軸流ポンプ 

インペラから吐き出される流れが主軸と同
心の円筒面内にあるポンプ(図34,図35及
び図41参照)。 

 

axial flow pump 

 

 

 

a.2) 一般的な形式を示す呼び方 

a.2.1) 主軸の方向による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1201 

横軸(形) 

主軸が水平に配置されているもの(図1〜図
3,図5,図7,図10〜図21,図29及び図
32〜図35参照)。 

 

horizontal (type) 

 

 

1202 

立軸(形) 

主軸が鉛直に配置されているもの(図6,図
22〜図26,図28,図30,図31及び図36〜
図42参照)。 

 

vertical (type) 

 

 

1203 

斜軸(形) 

主軸が水平面に対してある角度傾いて配置
されているもの。 

 

inclined (type) 

 

 

 


B 0131:2017  

 

a.2.2) ケーシングの割り方による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1210 

軸垂直割形 

ケーシングを主軸に垂直な平面で分割する
構造(図1,図2,図5〜図7,図10,図11,
図14〜図18及び図29参照)。 

 

radially split type 

 

 

1211 

輪切形 

軸垂直割形の多段ポンプで,1段ごとに分割
する構造(図15〜図18参照)。 

 

sectional type 

 

 

1212 

サイドカバー

形 

軸垂直割形の単段ポンプで,ケーシングの
一側面をカバーにした構造(図1,図2,図
5〜図7,図10,図11及び図14参照)。 

 

side cover type 

 

 

1213 

両カバー形 

軸垂直割形の単段ポンプで,ケーシングの
両側面をカバーにした構造(図29参照)。 

 

 

 

 

1214 

中央割形 

軸垂直割形でケーシングのボリュート中央
断面で分割した構造。 

 

centrally split type 

 

 

1215 

軸平行割形 

ケーシングを軸平面で分割した構造(図13
及び図19参照)。 

 

axially split type 

 

 

1216 

水平割形 

軸平行割形で分割面が水平の構造(図13及
び図19参照)。 

 

horizontally split 

type 

 

 

1217 

鉛直割形 

軸平行割形で分割面が鉛直の構造。 

 

vertically split type 

 

 

1218 

斜め割形 

軸平行割形で分割面が水平面に対してある
角度傾いている構造。 

 

diagonally split 

type 

 

 

 

a.2.3) インペラの段数による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1221 

単段(形) 

インペラが1段だけ設置された構造(図1,
図2,図5〜図7,図10〜図14,図23〜図
26,図28〜図38及び図41参照)。 

 

single stage 

 

 

1222 

多段(形) 

インペラが直列に2段以上設置された構造。 
インペラの段数によって2段,3段,…と呼
ぶ(図15〜図22,図39,図40及び図42参
照)。 

 

multi-stage 

 

 

 

a.2.4) 羽根の取付け方による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1231 

可動羽根 

羽根が可動な構造。 

 

adjustable vane,  
movable vane 

 

 

1232 

固定羽根 

羽根が固定されている構造。 

 

fixed vane 

 

 

 

a.2.5) インペラの吸込形式による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1241 

片吸込(形) インペラの吸込口が片側だけにあるもの

(図1,図2,図5〜図7,図10〜図12,図
15〜図17,図20,図22〜図26,図28〜図
34及び図36〜図42参照)。 

 

single suction 

(type) 

 

 

1242 

両吸込(形) インペラの吸込口が両側にあるもの(図13,

図14,図19及び図21参照)。 

 

double suction 

(type) 

 

 

 


B 0131:2017  

 

a.2.6) ポンプの支持方式による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1251 

フートサポー

ト(形) 

ポンプケーシングに脚を設け,支持する構
造。 

 

 

foot support (type)  

 

 

1252 

ブラケットサ

ポート(形) 

軸受ケーシングでポンプケーシングを支持
する構造。 

 

 

bracket support 

(type) 

 

 

1253 

センタライン

サポート
(形) 

横軸高温用ポンプで,駆動部との熱膨張に
よる軸心の狂いを防ぐため,軸心を含む水
平面,又はこれに近い水平面をポンプ脚下
面とした構造。 

 

 

centerline 

support(type) 

 

 

 

a.2.7) インペラの支持方式による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1261 

片持(形) 

インペラの片側だけに軸受がある構造(図
1,図2,図5〜図7,図10〜図12,図23〜
図26,図28〜図31,図36〜図38及び図41
参照)。 

 

overhang mounted 

(type), 

overhang (type) 

 

 

1262 

両持(形) 

インペラの両側に軸受がある構造(図13〜
図22,図32,図39及び図42参照)。 

 

straddle mounted 

(type) 

 

 

 

a.2.8) 軸封構造による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1271 

シール(形) パッキン,メカニカルシールなどの軸封を

用いる構造(図1,図2,図5〜図7,図12
〜図26,図28〜図32,図36,図38及び図
40〜図42参照)。 

(形) 

sealed (type) 

 

 

1272 

シールレス

(形) 

軸封を用いない構造(図10及び図11参照)。  

seal-less (type) 

 

 

 


B 0131:2017  

 

a.2.9) ポンプの駆動方式による呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1281 

直結式 

原動機とポンプとを軸継手によって結合す
る方式。 

 

direct coupled type 

 

 

1282 

直動式 

単一の軸を原動機とポンプとが共有する方
式(図5,図6,図10,図24〜図26及び図
28参照)。 

 

close coupled type 

 

 

1283 

ベルト駆動式 原動機とポンプとの間にベルト装置を設け

て駆動する方式。 

 

belt driven type 

 

 

1284 

変速機付き 

原動機とポンプとの間に歯車などの変速機
構を設けて駆動する方式。 

 

transmission type 

 

 

 

a.3) 特殊な形式を示す呼び方 

a.3.1) ポンプの据付け方を示す呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1301 

インライン形 管路の一部に簡易に取り付けることができ

る構造(図6参照)。 

 

 

inline type 

 

 

1302 

一床式 
(いっしょう

しき) 

立軸ポンプで,駆動部をポンプのケーシン
グ上部に直接取り付けた構造[図44 a)参
照]。 

 

single-floor type 

 

 

1303 

二床式 
(にしょうし

き) 

立軸ポンプで,ポンプと駆動部とを上下
別々の床に据え付ける構造。 
ほかにもっと細かく三床,四床に分けるこ
ともある[図44 b)参照]。 

 

double-floor type 

 

 

1304 

可搬式 

ポンプ及びその原動機を固定位置に据え付
けず,希望の場所に運搬して使用すること
ができる構造。 

 

portable type 

 

 

 

a.3.2) ポンプの特殊構造を示す呼び方及び特有なポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1311 

槽内形 

立軸ポンプで,ポンプ本体を吸込水槽内液
中につり下げて据え付ける構造(図30,図
36,図37,図39,図41及び図44参照)。 

 

wet pit type 

 

 

1312 

槽外形 

立軸ポンプで,ポンプ本体を吸込水槽外側
のドライピットに据え付ける構造。 
通常は管路でポンプ吸込口と水槽とを連結
する(図31参照)。 

 

dry pit type 

 

 

1313 

二重ケーシン

グ形 

摩耗,腐食などによるケーシングの保守・
取替えを容易にするためケーシングを二重
にした構造。 
主に外部ケーシングによって強度を保た
せ,内部ケーシングは耐摩耗材又は耐腐食
材で構成される。 

 

double casing type 

 

 

1314 

バレル形 

内部ケーシングの外側に,更に吐出し圧を
保持する円筒状の外部ケーシングを設けた
構造。 
主に高圧多段ポンプに用いられる。 

 

barrel type 

 

 


B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1315 

ピットバレル

形 

立軸ポンプで,主に有効吸込ヘッドを大き
くとる手段として,そのピットがケーシン
グの一部を形成する構造。 
復水ポンプなどに用いられる(図40参照)。 

 

pit barrel type,  
vertical barrel type, 
caisson type 

 

 

1316 

プルアウト形 大形立軸ポンプで,その分解点検を容易に

するため,つり下げ管は据え付けられたま
まで,インペラ,ガイドベーンなど点検に
必要な部分を取り出すことができる構造
(図37参照)。 

 

pull-out type,  
withdrawable type 

 

 

1317 

バックプルア

ウト形 

横軸片吸込遠心ポンプで,軸受側にケーシ
ングカバーをもち,吸込管,吐出し管を外
すことなく,回転部を軸受ハウジングごと
取り外すことができる構造(図1参照)。 

 

back pull-out type 

 

 

1318 

自吸ポンプ 

揚液用のインペラが呼び水作用も行うこと
ができるようにした構造のポンプ。 

 

self-priming pump 

 

 

1319 

チューブラポ

ンプ 

槽外に置き,円筒状ケーシングの内部に駆
動部をもつ構造の軸流又は斜流ポンプ(図
43参照)。 

 

tubular pump 

 

 

1320 

水中モータポ

ンプ 

ポンプ全体を電動機ごと液中につけて使用
するポンプ。 
この目的に用いられる電動機には,内部を
水封入,ガス封入又はキャンドとしたもの
がある。 
ガスを封入してポンプとの間にメカニカル
シールを設けて電動機内へ流体が浸入する
のを防ぐ構造のものは乾式水中モータポン
プと呼ばれる(図23〜図26及び図28参照)。 

 

submergible motor 

pump 

 

 

1321 

ダウンホール

ポンプ 

水中モータポンプの一種で地熱水のくみ上
げなどに用いられるポンプ。 

 

downhole pump 

 

 

1322 

キャンドモー

タポンプ 

固定子の内側に密閉用キャンをもつ電動機
が駆動するポンプ。 
キャンの内側はポンプ内部と連通してお
り,軸封部がないので揚液の漏れが生じな
い。回転子の外側にもキャンを設けて回転
子の腐食を防ぐようにしたものもある(図
10参照)。 

 

canned motor 

pump 

 

 

1323 

マグネット駆

動ポンプ 

原動機に取り付けられた駆動マグネット
と,ポンプ軸に直結する従動マグネットと
が非接触カップリングを形成する構造をも
ち,その間にある圧力保持ケーシングによ
って軸封部をなくしたポンプ(図11参照)。 

 

magnetic drive 

pump 

 

 

1324 

ノンクロッグ

ポンプ 

遠心又は斜流ポンプで流体中の繊維又は固
形物などのきょう(夾)雑物が内部に塞が
らないような通路形状をもつポンプ(図25
参照)。 

 

non-clogging 

pump 

 

 

1325 

スクリューイ

ンペラ渦巻
ポンプ 

インペラが,ら旋状に形成された一つの流
路をもち,固形物が容易に通過するような
構造のポンプ(図12参照)。 

 

volute pump with 

screw type 
impeller 

 

 


B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1326 

ブレードレス

ポンプ 

インペラが一つの流路で形成され,流入し
た固形物が内部に詰まることのないような
構造のポンプ。 

 

bladeless pump 

 

 

1327 

ボルテックス

ポンプ 

片吸込形ポンプのオープンインペラをケー
シングの軸受側に設けた部屋に後退させた
構造のポンプ。 
インペラによってケーシング内に旋回流を
生じさせ,その遠心力によって揚水する。 
インペラが揚液流路中にないため,固形物
が混在しても通過することができる(図26
参照)。 

 

 

vortex pump 

 

 

 

a.3.3) ポンプの軸スラストバランス方式を示す呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1331 

バランスピス

トン形 

ポンプの軸スラストを,バランスピストン
を用いて釣り合わせる形式(図16参照)。 

 

balancing piston 

type,  

balancing drum 

type 

 

 

1332 

バランスディ

スク形 

ポンプの軸スラストを,バランスディスク
を用いて釣り合わせる形式(図15,図17及
び図20参照)。 

 

balancing disc type 

 

 

1333 

セルフバラン

ス形 

多段ポンプで,軸スラストをインペラの配
列方法によって釣り合わせる形式(図18及
び図19参照)。 

 

self-balancing type 

 

 

1334 

バランスホー

ル形 

インペラにバランスホールを設けて軸スラ
ストを釣り合わせる形式(図1及び図40参
照。 
なお,図5〜図7,図30,図31及び図39も
バランスホール形ポンプである)。 

 

balancing hole 

type 

 

 

 

a.3.4) 軸受潤滑方式を示す呼び方 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1341 

グリース形 

グリースを軸受潤滑材として使用する方
式。 
内外輪間に取り付けたシール又はシールド
によって封入されたグリースで転がり軸受
を潤滑する方式。 

 

grease lubrication 

type,  

shielded bearing 

type 

 

 


B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1342 

オイルバス形

(油浴形) 

軸受の一部を油槽に浸し潤滑する方式。 
横軸形の軸受ハウジング下部の油槽から,
軸に掛かって回転するリングによって上部
の回転軸受を潤滑するオイルリング方式,
及び回転軸に固定された油か(掻)きによ
って,油槽から潤滑油を軸受に給油するオ
イルフリンガ方式とがある。 

 

oil bath lubrication 

type,  

oil ring lubrication 

type,  

oil flinger 

lubrication type 

 

 

1343 

強制潤滑形 

油ポンプを用いて潤滑油に圧力を与え,強
制的に軸受に給油する方式。 
強制的に軸受にミスト状で給油するオイル
ミスト方式もある。 

 

forced lubrication 

type,  

oil mist lubrication 

type 

 

 

1344 

自己液潤滑形 ポンプの自己吐出し揚液を軸受潤滑材とし

て使用する方式。 

 

self lubrication 

type 

 

 

 

a.4) 用途別ポンプの呼び方 

a.4.1) 主として上水道関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1401 

取水ポンプ, 
原水ポンプ 

河川の水,海水,又は地下水を取り入れる
ポンプ。 

 

intake pump,  
raw water 

conveying pump 

 

 

1402 

送水ポンプ 

浄水を浄水場から送水するポンプ。 

 

conveying pump 

 

 

1403 

配水ポンプ 

浄水を末端需要先まで配水するポンプ。 

 

service pump,  
distributing pump 

 

 

1404 

表洗ポンプ 

ろ過池の表面にたまった汚泥を洗い取るポ
ンプ。 

 

surface wash pump 

 

 

1405 

逆洗ポンプ 

ろ過池内にたまった汚泥を,水を下方から
逆流させて洗い取るポンプ。 

 

back wash pump 

 

 

1406 

増圧ポンプ, 
ブースタポン

プ 

送水管路の途中に取り付け,主として圧力
を増大させることを目的とした加圧ポン
プ。 

 

booster pump 

 

 

1407 

洗浄排水ポン

プ 

ろ過池から逆洗によって排出させた濁質を
含む洗浄排水を水処理施設へ返送するポン
プ。 

 

washing and 

drainage pump 

 

 

1408 

排泥ポンプ 

沈殿池にたまった汚泥を排出するポンプ。 

 

sludge drainage 

pump 

 

 

 

a.4.2) 主として下水道関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1411 

雨水ポンプ 

主として雨水を河川,海などに排出するポ
ンプ。 

 

storm sewage 

pump 

 

 

1412 

汚水ポンプ 

下水(雨水又は汚水)を処理場に送るポン
プ。 

 

sanitary sewage 

pump 

 

 

1413 

汚泥ポンプ 

汚泥を輸送するポンプ。 

 

sludge pump 

 

 

1414 

汚物ポンプ 

汚物,固形物,残し(滓)などの混入した
汚水をくみ上げるポンプ。 
下水処理場,建物の汚水槽などで用い,ノ
ンクロッグ形になっている。 

 

non-clogging 

(type) sewage 
pump 

 

 


B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1415 

中継ポンプ 

下水を地表近くまで揚水し,次のポンプ場
又は処理場へ送水する汚水ポンプ。 
特にマンホールの中に組み込まれたものを
マンホールポンプと呼ぶこともある。 

 

relay pump 

 

 

1416 

グラインダポ

ンプ 

吸込口にグラインダ(破砕)機構を装備し,
揚液中のビニール,布などを細かく破砕し
圧送するポンプ。 

 

grinder pump 

 

 

1417 

先行待機ポン

プ 

降雨などによって急激な出水が予想される
場合に,事前にポンプ運転を開始しておき,
始動時間による対応の遅れを防止する運転
方法を採用するポンプ。 

 

stand-by operation 

pump 

 

 

 

a.4.3) 主として農業及び河川関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1421 

かんがいポン

プ 

かんがい用として河川から水をくみ上げる
ポンプ。 
直接田畑に水をくみ上げるものを“用水ポ
ンプ”,高所のかんがい用貯水池まで水を送
るものを“揚水ポンプ”ということもある。 

 

irrigation pump 

 

 

1422 

排水ポンプ 

大雨などで田畑,市街地などがかん水する
のを防ぐために,比較的小さな河川から大
きな河川,海などに排水する目的のポンプ。 
低揚程大水量のポンプが多い。 

 

drainage pump 

 

 

1423 

救急排水ポン

プ 

台風,大雨などの非常時に中小河川の氾濫
による洪水を防ぐために配置される可搬式
水中ポンプ。 

 

dewatering pump 

for emergency 
use 

 

 

 

a.4.4) 主として発電関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1431 

ボイラ給水ポ

ンプ 

加圧したボイラ内に水を送り込むポンプ。 

 

boiler feed pump 

 

 

1432 

復水ポンプ 

復水器内の復水を抽出するポンプ。 
吸込側が高真空になるので高い吸込性能が
要求される。 

 

condensate pump 

 

 

1433 

循環水ポンプ 復水器へ冷却水(主に海水)を送るポンプ。  

circulating water 

pump 

 

 

1434 

ボイラ循環ポ

ンプ 

ボイラ水を循環させるために使用するポン
プ。 

 

boiler circulation 

pump 

 

 

1435 

主給水ポンプ 沸騰水型原子力発電設備で原子炉に給水す

るポンプ,又は加圧水型原子力発電設備で
蒸気発生器に給水するポンプ。 

原子炉
給水ポ
ンプ 

feed water pump 

 

 

1436 

一次冷却材ポ

ンプ 

加圧水型原子力発電設備で,原子炉の冷却
材(水)を循環するポンプ。 

 

reactor coolant 

pump 

 

 

1437 

(原子炉冷却

材)再循環
ポンプ 

沸騰水型原子力発電設備で,原子炉の冷却
材(水)を循環するポンプ。 

 

reactor 

recirculation 
pump 

 

 

1438 

インターナル

ポンプ 

改良沸騰水型原子力発電設備で,原子炉圧
力容器に直接取り付けられ,原子炉の冷却
材(水)を循環するポンプ。 

 

internal pump 

 

 


10 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1439 

溶融金属ポン

プ, 

液体金属ポン

プ 

溶融金属(ナトリウムなどの)を送るポン
プ。 
高速増殖炉による原子力発電設備で,冷却
材を循環するポンプなどがある。 

 

liquid metal pump 

 

 

 

a.4.5) 主として船舶関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1441 

カーゴオイル

ポンプ 

油輸送船で主に船内の原油を船外に送り出
すポンプ。 

 

cargo oil pump 

 

 

1442 

バラストポン

プ 

船荷に応じて船内の水槽へ海水を出し入れ
して適切な喫水を保たせるポンプ。 

 

ballast pump 

 

 

1443 

ヒーリングポ

ンプ 

船の釣り合いをとるために,右げんと左げ
んとの水槽間に水を移動させるポンプ。 

 

heeling pump 

 

 

1444 

トリミングポ

ンプ 

船首尾の喫水差(トリム)を調整するため
に,船首尾内の水槽へ海水を出し入れする
ポンプ。 

 

trimming pump 

 

 

1445 

ウォータジェ

ット推進ポ
ンプ 

船底から水を吸い込んで加速し,後方へ噴
出した反力で,船を動かすポンプ。 

 

water jet pump 

 

 

1446 

ビルジポンプ 船底にたまった水を船外に排水するポン

プ。 

 

bilge pump 

 

 

 

a.4.6) 主として鉱山,鉄鋼関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1451 

採炭ポンプ 

水力採炭用モニタに圧力水を送る高圧ポン
プ。 

 

monitor pump 

 

 

1452 

坑内排水ポン

プ 

坑内の湧き水を坑外に排出するポンプ。 

 

mine dewatering 

pump,  

mining pump 

 

 

1453 

石炭輸送ポン

プ 

坑内の石炭を水に混入させて坑外に送るポ
ンプ。 

 

coal conveying 

pump 

 

 

1454 

デスケーリン

グポンプ 

製鉄工場で,製造中の鋼材表面のスケール
を取り除くために用いる高圧ポンプ。 

 

descaling pump 

 

 

 

a.4.7) 主として土木関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1461 

ドレッジポン

プ 

主に水底の土砂を水とともに吸い上げて輸
送するポンプ。 
耐摩耗材料を用いた大動力のポンプが多
い。 

 

dredging pump 

 

 

1462 

サンドポンプ 土砂を含有した水を送る耐摩耗材料ででき

ているポンプ。 

 

sand pump 

 

 

1463 

ボアホールポ

ンプ 

原動機が地上にある深井戸用くみ上げポン
プ。 
建物の冷房用などの目的に使用される。 

 

bore hole pump 

 

 

 


11 

B 0131:2017  

 

a.4.8) 主として建築設備関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1465 

揚水ポンプ 

建築物の衛生設備などで一般清水の供給用
として使用されるポンプ。 

 

water supply pump 

 

 

1466 

自動給水ポン

プ 

建築物の飲料水などの加圧給水に使用さ
れ,圧力タンク,制御盤などを附属したポ
ンプユニット。 
インバータなど仕様によってポンプ回転速
度を運転制御するものがある。 

 

packaged booster 

pump 

 

 

1467 

循環ポンプ 

建築物の空調設備などで温水又は冷却水の
循環用として使用されるポンプ。 

 

hot-water, 

cold-water 
circulation pump 

 

 

1468 

消火ポンプ 

火災に対して消火のために用いられるポン
プ。 
可搬式のものもある。 

 

fire pump, 
fire fighting pump 

 

 

 

a.4.9) 主として化学及び石油化学工業関係に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1471 

プロセスポン

プ 

化学及び石油化学工業用装置で製造工程中
の原料又は製品を輸送するポンプの総称。 

 

process pump 

 

 

1472 

パイプライン

ポンプ 

原油又は精製油を遠隔地へ輸送するための
パイプラインで使用するポンプ。 

 

pipeline pump 

 

 

1473 

パルプポンプ 製紙用として紙パルプを送るポンプ。 

 

pulp pump 

 

 

1474 

ブラインポン

プ 

冷媒を送るポンプ。 
濃縮海水を送る用途のポンプも,この名称
で呼ばれる。 

 

brine pump 

 

 

1475 

耐酸ポンプ 

硫酸などの酸を送るポンプ。 

 

acid pump 

 

 

1476 

熱媒ポンプ 

熱媒を送るポンプ。 

 

heat pump 

 

 

1477 

熱油ポンプ 

石油精製などで高温の油を送るポンプ。 

 

hot oil pump 

 

 

1478 

LPGポンプ 

液化石油ガスを送るポンプ。 

 

LPG pump 

 

 

1479 

LNGポンプ 

液化天然ガスを送るポンプ。 

 

LNG pump 

 

 

1480 

極低温ポンプ 液体水素など極低温の液化ガスを送るポン

プの総称。 

 

cryogenic pump 

 

 

1481 

スラリポンプ スラリを含有した溶液を送るポンプ。 

 

slurry pump 

 

 

 

a.4.10) その他特殊分野に用いるポンプ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1491 

ロケット用液

体燃料ポン
プ 

液体水素(LH),炭化水素系などの燃料をロ
ケット燃焼器に移送するポンプ。 

 

fuel pump for 

rocket engine 

 

 

1492 

ロケット用酸

化剤ポンプ 

液体酸素(LOX)などの酸化剤をロケット
燃焼器に移送するポンプ。 

 

oxidizer pump for 

rocket engine 

 

 

1493 

マンガン団塊

揚鉱用ポン
プ 

水深4 000〜6 000 mの海底に分布している,
マンガンモジュールを海水とともに採鉱船
まで長距離スラリ輸送するポンプ。 

 

manganese module 

lifting pump 

 

 

1494 

血液ポンプ 

血液を送るポンプ。 

 

blood pump 

 

 


12 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

1495 

人工心臓ポン

プ 

血液を圧送する心臓の機能を補助,又は代
替する血液ポンプ。 
弱った心臓を補助する血液ポンプを補助人
工心臓(ventricular assist device),摘出した
心臓の機能を代替する血液ポンプを全人工
心臓(total artificial heart)と呼ぶ。 

 

artificial heart 

pump 

 

 

 

b) 性能・設計 

b.1) 作動状態 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2101 

運転点 

性能曲線図上で実際にポンプが運転される
状態を示す点。 
そのときの揚程曲線と抵抗曲線との交点と
なる。 

 

operating point 

 

 

2102 

仕様点 

性能曲線図において,使用者の示す揚程及
び流量とから決まる点。 

 

specified 

(operating) point 

 

 

2103 

規定点 

ポンプ性能が仕様点から許容値範囲内であ
ることを製造業者(又は供給者)が保証し
た点。 

転)点 

rated (operating) 

point 

 

 

2104 

多点仕様 

複数の仕様点を規定している仕様。 
二つの仕様点を規定した場合,二点仕様又
は二点要求と呼ぶ。 

 

specification with 

multiple 
requirements,  

specification with 

two requirements 

 

 

2105 

設計点 

性能曲線図に示された設計揚程と設計吐出
し量とから決まる点。 

 

design point 

 

 

2106 

規定条件 

吐出し量,全揚程,動力,効率,NPSH,吸
込圧力,温度,密度,粘度及び回転速度を
含む,指定された保証点における運転条件。 

 

rated conditions 

 

 

2107 

運転条件 

与えられた用途及び揚液によって定まる全
ての条件(例えば,運転温度,運転圧力)。 
注記 これらの要素は,構造及び構成材料に

影響を及ぼす。 

 

operating 

conditions 

 

 

2108 

常用条件 

通常の運転が想定される条件。 

 

normal condition 

 

 

2109 

許容運転範囲 供給されるポンプの,指定された運転条件

における吐出し量又は全揚程の範囲。 
この範囲は,キャビテーション,温度上昇,
振動,騒音及びその評価基準によって制約
される。 
許容運転範囲の上限及び下限を,それぞれ,
最大連続吐出し量及び最小連続吐出し量と
いう。 

 

allowable 

operating region 

 

 

2110 

最高効率点 

ポンプ効率が最高となる運転点。 

BEP 

maximum 

efficiency point,  

best efficiency 

point 

 

 

 


13 

B 0131:2017  

 

b.2) 流量 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2151 

吐出し量 

ポンプが単位時間に吐き出す液体の体積。 

流量 

discharge,  
discharge quantity, 

capacity of pump 

m3/s 

2152 

規定吐出し量 受渡当事者間の契約で取り決めた吐出し

量。 

規定流
量 

specified discharge, 
rated discharge 

Qsp 

m3/s 

2153 

設計吐出し量 ポンプを設計するときに設定する吐出し

量。 

規定流
量 

design discharge 

m3/s 

2154 

部分流量域 

最高効率点より少ない吐出し量の運転域。 
低流量域ともいう。 

 

partial capacity 

range,  

partial discharge 

range,  

low capacity range 

 

 

2155 

過大流量域 

最高効率点より多い吐出し量の運転域。 

 

over capacity range, 
over discharge 

range 

 

 

 

b.3) ポンプ揚程 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2201 

揚程 

ポンプによって作動流体が得る単位重量当
たりのエネルギー。 
高さの次元をもつ。通称でヘッドと呼ばれ
る。 

 

(pump) head 

2202 

全揚程 

ポンプの吐出し口及び吸込口における全ヘ
ッドの差。 
全揚程は,次の式で定義される。 

h

V

V

ρ

p

p

H

g

g

2

2

1

2

2

1

2

 

ここに, 

H: 全揚程(m) 
p2: ポンプの吐出し口の静圧(Pa) 
p1: ポンプの吸込口の静圧(Pa) 
V2:ポンプの吐出し口の断面平均速度

(m/s) 

V1:ポンプの吸込口の断面平均速度(m/s) 
h: ポンプの吐出し口と吸込口との高さ

の差(m) 

ρ: 密度(kg/m3) 

g: 重力加速度(m/s2) 

 

total (pump) head 

2203 

実揚程 

ポンプ装置における吐出し液面と吸込液面
との間の実高さに,吐出し液面と吸込液面
との圧力ヘッド差を加えたもの。 

 

actual (pump) head 

Ha 


14 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2204 

理論揚程 

インペラ流路内で損失ヘッドがないと仮定
した場合にインペラが流体に与える全揚
程。 

g

1

1

2

2

u

u

th

C

u

C

u

H

 

ここに, 

Hth:理論揚程(m) 
u1: インペラの羽根入口の周速度(m/s) 
u2: インペラの羽根出口の周速度(m/s) 
Cu1:インペラの羽根入口直前における流

体の絶対速度の周方向成分(m/s) 

Cu2:インペラの羽根出口直後における流

体の絶対速度の周方向成分(m/s) 

g: 重力加速度(m/s2) 

 
なお,上記の式は,インペラ羽根入口半径
をr1,出口半径をr2,軸トルクをT,流体の
密度をρとするときの角運動量の式 

1

1

2

2

r

C

r

C

Q

T

u

u

 

及び流体の得る単位時間当たりの仕事(仕
事率)P=TωがP=ρQ(gHth)とも表し得るこ
とから導くことができる。 

 

theoretical (pump) 

head 

Hth 

2205 

締切揚程 

締切運転時の全揚程。 

 

shutoff head,  
no-discharge head 

Ho 

2206 

規定揚程 

受渡当事者間の契約上で取り決められた規
定吐出し量における全揚程。 

 

rated pump head 

 

2207 

設計揚程 

ポンプを設計するときに設定する全揚程。 

 

design head 

2208 

ポンプ基準面 吐出しヘッド,吸込ヘッドなどを計算する

とき,位置ヘッドの基準となる水平面。 
ポンプの外面に,ポンプ基準面の位置が明
示されていることがある。 

 

reference plane 

 


15 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2209 

NPSH基準面 

NPSHを計算するときに位置ヘッドの基準
となる水平面。 
ポンプの形式によって定められている。一
般的にはインペラの羽根入口外周端を通る
円の中心点を含む水平面として規定する。 
a) 多段ポンプの場合は,一段目のインペラ

について上記の規定を適用する。 

b) 両吸込ポンプの立軸又は傾斜軸の場合

は,上側になる羽根部分に上記の規定を
適用する。 

c) 可動羽根の場合は羽根板の回転中心軸

とインペラの回転軸との交点を含む水
平面とする。 

 

 

NPSH datum plane 

 

 

2210 

吐出し全ヘッ

ド 

ポンプ吐出し口の全ヘッド。 

 

total discharge 

head 

Hd 

2211 

吸込全ヘッド ポンプ吸込口の全ヘッド。 

 

total suction head 

Hs 

2212 

吐出し(圧力)

ヘッド 

ポンプ吐出し口の圧力ヘッド。 

 

discharge head 

 

2213 

吸込(圧力)

ヘッド 

ポンプ吸込口の圧力ヘッド。 

 

suction head 

 

2214 

吐出し圧力 

ポンプ吐出し口における静圧。 

 

discharge pressure,  
delivery pressure 

Pd 

Pa 

2215 

吸込圧力 

ポンプ吸込口における静圧。 

 

suction pressure 

Ps 

Pa 

2216 

押込圧力 

大気圧以上の吸込圧力。 

 

boost pressure 

 

Pa 

2217 

吸込高さ 

吸込液面から測ったポンプ基準面の高さ。 
ポンプ基準面が吸込液面より上にあるとき
は正(+),下にあるときは負(−)とする。 

 

static suction head 

hs 

2218 

吐出し高さ 

ポンプ基準面から測った吐出し液面の高
さ。 
ポンプ基準面より吐出し液面が上にあると
きは正(+),下にあるときは負(−)とす
る。 

 

static discharge 

head 

hd 

2219 

実高さ 

吸込液面から測った吐出し液面の高さ。 

 

total static head 

ha 


16 

B 0131:2017  

 

b.4) 軸,軸回転 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2251 

回転速度 

回転体が単位時間に回転する数。 

 

speed of rotation,  
rotational speed 

l/s 

2252 

規定回転速度 受渡当事者間の契約で取り決められた回転

速度。 

 

rated speed 

nsp 

l/s 

2253 

試験回転速度 性能試験時に運転されるポンプの回転速

度。 
設備の都合などで変更することができる。
変更可能な範囲については,ポンプごとに
試験方法のJISで規定されている。 

 

test rotational 

speed 

 

l/s 

2254 

最大許容連続

回転速度 

製造業者(又は供給者)が連続運転を許容
する最高回転速度。 

 

maximum 

allowable speed 

 

 

2255 

トリップ回転

速度 

原動機を停止させるため,独立した緊急過
速度防止装置が作動する回転速度。 

 

trip speed 

 

 

2256 

危険速度 

回転系が共振する回転速度。 

 

critical speed 

 

 

2257 

一次危険速度 軸及び軸受系の質量,並びに剛性によって

決まる一次(最低)横固有振動数にジャイ
ロ効果を補正した回転周波数に対応する軸
の回転速度。 

 

first critical speed 

 

 

2258 

無拘束速度 

ポンプ入力遮断時の逆転逆流領域における
ポンプの最大回転速度。 

 

runaway speed 

 

1/s, 

1/min 

2259 

主軸の振れ 

主軸に軸受を取り付けて水平状態で手回し
し,軸受ハウジングに対して主軸の位置を
測定するとき,計器が示す半径方向の全変
位(ランナウト)。 
主軸の半径方向の円周振れ。 

 

shaft runout 

 

 

2260 

面振れ 

主軸に軸受を取り付けて水平状態で手回し
するとき,主軸と共に回転する計器が示す,
スタフィングボックスの外側垂直面におけ
る軸方向の全変位(ランナウト)。 
注記 垂直面とは,シール構成部品の心出し

の基準となる面である。 

 

face runout 

 

 

2261 

主軸のたわみ インペラに作用する半径スラストによって

起こる,主軸の幾何学的中心からの変位量。 
注記 主軸のたわみは,軸受隙間内における

傾きに起因する主軸の動き,及びイン
ペラの不釣り合い又は軸振れによる
曲げは含めない。 

 

shaft deflection 

 

 

 


17 

B 0131:2017  

 

b.5) 仕事,エネルギー 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2301 

水動力, 
ポンプ出力 

ポンプが単位時間に液体に与える有効エネ
ルギー。 
次の式のPwをいう。 

Pw=ρgQH 

ここに, 

Pw:水動力(W) 
ρ: 密度(kg/m3) 
g: 重力加速度(m/s2) 
Q:吐出し量(m3/s) 
H: 全揚程(m) 

 

hydraulic power,  
liquid power,  
water power,  
pump output 

(power) 

Pw 

2302 

軸動力, 
ポンプ入力 

原動機がポンプ軸に伝達する動力。 

 

shaft power,  
pump input (power) 

2303 

駆動機動力 

ポンプの駆動機によって吸収される動力。 

 

power of drive 

Pgr 

2304 

規定軸動力 

規定条件においてポンプに必要な動力。 
注記 ポンプの保証点(仕様点)における計

画軸動力をいう。 

 

rated power input 

 

 

2305 

締切軸動力 

締切運転したときのポンプ軸動力。 

 

shutoff power,  
zero discharge 

power 

Po 

2306 

原動機入力 

原動機に供給される動力。 

 

driver input power 

Pi 

2307 

軸継手サービ

スファクタ 

ポンプ及び原動機からの周期的なトルク変
動に対する十分な余裕を見込み,十分な軸
継手寿命を確保するために原動機の呼びト
ルクTnに乗じる係数。 
定格トルクTnと呼びトルクとの間には,Tk
=κTnが成り立つ。 

 

coupling service 

factor 

 

 

2308 

原動機定格出

力 

明確に指定された条件下で許容される原動
機の最大連続出力。 

 

driver rated power 

output 

 

 

 

b.6) 効率 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2351 

ポンプ効率 

水動力と軸動力との比。 
次の式のηをいう。 

P

P

η

w

 

ここに, 

η: ポンプ効率(−) 
Pw:水動力(W) 
P: 軸動力(W) 

ηは水力効率,機械効率及び体積効率の積に

等しくなる。 

 

pump efficiency 

η 

− 

2352 

ボウル効率 

立軸ディフューザポンプで吐出しケーシン
グを吐出しボウルだけとみなしたときのポ
ンプ効率。 
吐出しエルボ又は揚水管内の損失ヘッドが
ないとしたときのポンプ効率となる。 

 

bowl efficiency 

ηbowl 

− 


18 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2353 

機械損失 

軸受,軸封装置などに働く機械的な摩擦抵
抗及びインペラシュラウドの外側面に働く
流体摩擦抵抗(円板摩擦抵抗)のために消
費する動力。 

 

mechanical loss 

Pm 

2354 

機械効率 

インペラを通過する液体に伝達される動力
と軸動力との比。 
次の式のηmをいう。 

P

P

P

η

m

m

 

ここに, 

ηm:機械効率(−) 
Pm:機械損失(W) 
P: 軸動力(W) 

 

mechanical 

efficiency 

ηm 

− 

2355 

漏れ損失 

インペラが液体に与える動力のうち,ケー
シング内で高圧側から低圧側へ漏れる液体
又はケーシング外部へ漏れる液体に与えた
損失動力。 

 

leakage loss 

Pv 

2356 

体積効率 

ポンプ吐出し量とインペラを通る流量との
比。 
次の式のηvをいう。 

Q

Q

ηv

 

ここに, 

ηv: 体積効率(−) 
Q: 吐出し量(m3/s) 
Q':インペラを通る流量(m3/s) 

吐出し量よりも漏れ流量ΔQ分だけ多い。

Q'=Q+ΔQ 

 

volumetric 

efficiency 

ηv 

− 

2357 

水力効率 

全揚程と理論揚程との比で,次の式のηhを
いう。 

v

m

v

m

w

th

h

η

η

η

η

P

P

P

H

H

η

)

(

 

ここに, 

ηh: 水力効率(−) 
H: 全揚程(m) 
Hth:理論揚程(m) 
Pw:水動力(W) 
P: 軸動力(W) 
Pm:機械損失(W) 
η: ポンプ効率(−) 
ηm:機械効率(−) 
ηv: 体積効率(−) 

 
水動力と,ポンプから吐き出される液体に
インペラが伝達した動力との比と一致す
る。 

 

hydraulic 

efficiency 

ηh 

− 


19 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2358 

総合効率 

ポンプ,伝達装置及び原動機を含めたポン
プ装置全体としての効率。 
原動機駆動の場合は,水動力と原動機入力
との比。 
次の式のηgrをいう。 

t

d

w

gr

η

η

η

P

P

η

1

 

ここに, 

ηgr:総合効率(−) 

Pw:水動力(W) 
P1:原動機入力(W) 
η: ポンプ効率(−) 
ηd: 原動機効率(−) 
ηt: 伝達装置効率(−) 

 

overall efficiency,  
combined 

efficiency 

ηgr 

− 

2359 

最高効率 

効率曲線上で最高の効率を示す点の値。 
可動羽根の場合,効率曲線群中の最高の点
の値。 

 

maximum 

efficiency 

ηmax 

− 

2360 

保証効率 

製造業者(又は供給者)の保証するポンプ
のポンプ効率。総合効率の場合もある。 

 

guaranteed 

efficiency 

 

− 

 

b.7) 性能,性能曲線 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2401 

性能 

ポンプを運転したときの回転速度,全揚程,
吐出し量,軸動力,効率などの値及びその
相互関係。 

 

(pump) 

performance 

 

 

2402 

特性 

ポンプの種類と形状とが定まれば,ポンプ
の大小に関係なく決まるポンプの性能上の
特徴。 

 

(pump) 

characteristics 

 

 

2403 

性能曲線 

ポンプの性能をグラフ上に示した曲線。 
このグラフを“性能曲線図”という。 

 

performance curve 

 

 

2404 

特性曲線 

ポンプの特性をグラフ上に示した曲線。 
百分率表示,無次元表示などがある。この
グラフを“特性曲線図”という。 

 

characteristic 

curve 

 

 

2405 

代表性能曲線 同一機種で同一仕様のポンプの基準となる

性能を示した曲線。 
一般的には“機種の基準となる代表性能曲
線”と表現。量産の汎用ポンプに多く利用
されている。 

 

typical 

performance 
curve,  

representative 

characteristic 
curve 

 

 

2406 

裕度 

ポンプの性能の保証値と試験結果との差の
許容範囲。 

 

tolerance 

 

 

2407 

揚程曲線 

性能曲線の中で,吐出し量と全揚程との関
係を示す曲線。 

 

head curve,  
head-discharge 

curve,  

head-capacity 

curve 

 

 


20 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2408 

効率曲線 

性能曲線の中で,吐出し量と効率との関係
を示す曲線。 
効率には,主にポンプ効率をとるが,総合
効率の場合もある。 

 

efficiency curve 

 

 

2409 

軸動力曲線 

性能曲線の中で,吐出し量と軸動力との関
係を示す曲線。 

 

shaft power curve 

 

 

2410 

完全特性 

ポンプの正転逆転,正流逆流領域にわたる
全般的な特性。 
通常のポンプの特性は正転正流の領域で,
逆転逆流を水車領域,正転逆流を制動領域,
逆転正流を逆転ポンプ領域という。 

 

complete 

characteristics, 

four quadrant 

characteristics 

 

 

2411 

等効率曲線 

ポンプの回転速度,インペラの外径又は羽
根の取付け角度を変えたときの数本の揚程
曲線上で,ポンプ効率の値が等しい点を結
んだ曲線。 

 

iso-efficiency 

curve 

 

 

2412 

抵抗曲線 

吸込管入口と吐出し管出口とにおける全ヘ
ッド差に管路系の損失ヘッドを加えたもの
と,吐出し量との関係を示す曲線。 

 

system head curve 

 

 

2413 

下降(右下が

り)特性 

吐出し量の増加とともに全揚程が減少する
ポンプ特性。 

 

rising 

characteristic,  

stable head curve 

 

 

2414 

山形(右上が

り)特性 

全揚程の最大値が締切揚程よりも大きいポ
ンプ特性。 

 

drooping 

characteristic,  

unstable head curve 

 

 

2415 

不安定領域 

ポンプの運転状態が不安定となるような運
転範囲。 

 

unstable region 

 

 

 

b.8) 相似則 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2451 

比速度 

次の式のnsをいう。 

ns=n・Q1/2/H3/4 

ここに, 

ns: 比速度(1/min,m3/min,m) 
n: 軸回転速度(1/min) 
Q: 吐出し量(両吸込インペラのときは,

吐出し量の半分をとる。)(m3/min) 

H: 全揚程(多段ポンプのときは一段当た

りの全揚程をとる。)(m) 

この式はポンプの水力学的相似則から導か
れる。通常,比速度は最高効率点の性能に
対して求め,相似形のポンプにおいては,
大きさ,回転速度の大小にかかわらずほぼ
一定となる。したがって,比速度はポンプ
分類の目安となる。 

ns(エ
ヌ・エ
ス) 

specific speed 

ns 

 


21 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2452 

形式数 
(けいしきす

う,かたし
きすう) 

次の式の無次元量(K)をいう。 

K=2πnQ1/2/(gH)3/4 

ここに, 

K: 形式数 
n: 回転速度(l/s) 
Q: 吐出し量(m3/s) 
H: 全揚程(m) 
g: 重力加速度(m/s2) 

この式はポンプの水力学的相似則から導か
れる。形式数は比速度と同じく最高効率点
での初段の全揚程,インペラ目玉当たりの
通過流量に対して用いられる場合と,仕様
点に対して用いられる場合とがある。した
がって,形式数を示すときは,その条件を
明示する必要がある。 

 

type number 

 

2453 

吸込比速度, 
限界吸込比速

度 

次の式のSをいう。 

S=nQ1/2/Hsv3/4 

ここに, 

S: 吸込比速度(1/min,m3/min,m) 
n: 軸回転速度(1/min) 
Q: 吐出し量(両吸込インペラのときは,

吐出し量の半分をとる。)(m3/min) 

Hsv:必要吸込ヘッド(m) 

 
吸込比速度は,ポンプのキャビテーション
に対する吸込性能及び特性を示す。 
特に記載がない場合は最高効率点での値を
使う。 

 

suction specific 

speed 

 

2454 

運転吸込比速

度 

吸込比速度の式において必要吸込ヘッドHsv
の替わりに有効吸込ヘッドhsvを用いたも
の。 

 

 

 

 

2455 

流量係数 

ポンプ特性のうち,吐出し量を表す無次元
数。 
次の式のφをいう。 

2

2u

A

Q

φ

 

ここに, 

φ: 流量係数 
Q: 吐出し量(m3/s) 
A2:インペラ出口面積(m2) 
u2: インペラの羽根出口代表径での周速

度(m/s) 

 

discharge 

coefficient, 

flow coefficient 

φ 

 


22 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2456 

揚程係数 

ポンプ特性のうち全揚程を表す無次元数。
次の式のψをいう。 

g

2

/

2

2

u

H

ψ

 

ここに, 

ψ: 揚程係数 
H: 全揚程(m) 
u2: インペラの羽根出口代表径での周速

度(m/s) 

g: 重力加速度(m/s2) 

なお, 

g

/

/

2

2u

H

ψ

 

と定義する場合もある。 

 

head coefficient,  
pressurized head 

coefficient 

ψ 

 

2457 

軸動力係数 

ポンプ特性のうち,軸動力を表す無次元数。 
次の式のνをいう。 

3

2

2

2

u

A

ρ

P

v

 

ここに, 

ν: 軸動力係数 
P: 軸動力(W) 
ρ: 密度(kg/m3) 
A2:インペラ出口面積(m2) 
u2: インペラの羽根出口代表径での周速

度(m/s) 

なお,ν=P/(ρA2 u23)と定義する場合もある。 

 

shaft power 

coefficient 

ν 

 

2458 

周速度定数 

インペラ出口周速度とポンプ全揚程との間
の関係を与える定数。 
次の式のKuをいう。 

H

u

Ku

g

2

2

 

ここに, 

Ku:周速度定数 
u2: インペラの羽根出口代表径での周速

度(m/s) 

g: 重力加速度(m/s2) 
H: ポンプ全揚程(m) 

 

speed constant 

Ku 

 

2459 

流量定数 

インペラ出口のメリディアン速度成分とポ
ンプ全揚程との関係を与える定数。 
次の式のKmをいう。 

H

c

K

m

m

g

2

2

 

ここに, 

Km:流量定数 
cm2:インペラ出口のメリディアン速度成

分(m/s) 

g: 重力加速度(m/s2) 
H: ポンプ全揚程(m) 

 

capacity constant 

Km 

 

 


23 

B 0131:2017  

 

b.9) キャビテーション・混相流 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2501 

ポンプのキャ

ビテーショ
ン 

ポンプ内部に生じるキャビテーション。 
羽根入口などの高速低圧部に発生し,騒音
及び振動の原因となり,キャビテーション
にさらされた面に損傷が生じることがあ
る。発達すると性能の低下を生じる。 

 

cavitation in pump 

 

 

2502 

キャビテーシ

ョン係数, 

キャビテーシ

ョン数 

キャビテーションの発生条件を表す係数。 
次の式のkをいう。 

2

2/

ρV

p

p

k

v

 

ここに, 

k: キャビテーション係数 
p: 十分上流における静圧(Pa) 
pv: 飽和蒸気圧(Pa) 
ρ: 密度(kg/m3) 
V: 十分上流における流速(m/s) 

 

cavitation 

coefficient,  

cavitation number 

 

 

2503 

トーマのキャ

ビテーショ
ン係数 

有効吸込ヘッド又は必要有効吸込ヘッドを
全揚程で除した値。 

 

Thoma's cavitation 

constant,  

Thoma's cavitation 

factor 

σ, 

σth 

 

2504 

NPSH 

Net Positive Suction Headの略。 
NPSH基準面において液体がもつ全圧(絶対
圧)がその液体のその温度における飽和蒸
気圧(絶対圧)よりどれだけ高いかをヘッ
ドで表したもの。 
キャビテーションに対する余裕度を表す。 
キャビテーションを検討するときに用い,
次の式で定義する。 

g

v

s

sv

P

P

h

 

ここに, 

hsv(m) 
Ps: 全圧(絶対圧)(Pa) 
Pv:飽和蒸気圧(絶対圧)(Pa) 

ρ: 密度(kg/m3) 

g: 重力加速度(m/s2) 

 

NPSH 

hsv 

2505 

NPSP 

NPSHを圧力の単位で表したもの。 

 

NPSP (net positive 

suction pressure) 

 

Pa 

2506 

NPSE 

NPSHを比エネルギーの単位で表したもの。  

NPSE (net positive 

suction energy) 

 

m2/s2 

2507 

有効吸込ヘッ

ド, 

NPSHA 

ポンプの据え付け状態等を考慮した,実際
の運転状態におけるNPSH。 

 

available NPSH 

(net positive 
suction head),  

NPSHA (available) 

hsv 

2508 

規定有効吸込

ヘッド 

規定の運転状態における有効吸込ヘッド。 

 

rated net positive 

suction head,  

rated NPSH 

NPSHar 


24 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2509 

必要有効吸込

ヘッド, 

NPSHR 

ポンプのある運転状態において,キャビテ
ーションによる性能低下を避けるためにポ
ンプとして必要な有効吸込ヘッドで,ポン
プに固有な値。 
吸込比速度,トーマのキャビテーション係
数又は実験から求める。 

 

NPSHR (net 

positive suction 
head required),  

required NPSH 

Hsv 

2510 

有効吸込ヘッ

ド曲線, 

NPSHA曲線 

吐出し量と有効吸込ヘッドとの関係を示す
曲線。 

 

available NPSH 

curve,  

NPSHA curve 

 

 

2511 

必要有効吸込

ヘッド曲
線, 

NPSHR曲線 

性能曲線の中で,吐出し量と必要有効吸込
ヘッドとの関係を示す曲線。 

 

required NPSH 

curve,  

NPSHR curve 

 

 

2512 

初生NPSH 

NPSHを下げていったときキャビテーショ
ンが発生しはじめるNPSH。 

 

incipient NPSH 

Hsvi 

2513 

NPSH3 

ポンプ1段目の全揚程が3 %低下するとき
の必要有効吸込ヘッド。 
性能曲線図で標準的な基準として用いる。 

 

NPSH3 

NPSH3 

2514 

キャビテーシ

ョン性能, 

吸込性能 

キャビテーション発生状態におけるポンプ
性能。 

 

cavitation 

performance,  

suction 

performance 

 

 

2515 

キャビテーシ

ョン脈動 

キャビテーション発生によって引き起こさ
れる圧力及び流量の変動。 

 

oscillation caused 

by cavitation 

 

 

2516 

混相流性能 

固液,気液,又は固気液の混相流動時のポ
ンプ性能。 

 

multi phase flow 

performance 

 

 

2517 

エアロック現

象 

ポンプへの気体の混入によって揚水不能に
なる現象。 

 

air lock 

phenomena 

 

 

 

b.10) インペラの流れ 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2551 

絶対速度 

静止座標系における流れの速度。 

 

absolute velocity 

c,v 

m/s 

2552 

相対速度 

回転する羽根に対する流れの速度。 

 

relative velocity 

m/s 

2553 

周速度 

回転体の円周方向の速度。 

 

peripheral velocity 

m/s 

2554 

メリディアン

速度(成分) 

流れの子午面(回転軸を含む平面)上の速
度成分。 

 

meridian velocity 

 

m/s 

2555 

相対予旋回量 

1

1

1uc

δ

u

r

 

ここに, 

cu1:インペラ羽根入口における絶対流速

の周方向成分 

u1: インペラ羽根入口半径における周速 

 
通常,予旋回はcu1/u1で表される。 

 

relative 

prerotational 
factor 

δr 

 

2556 

目玉周速 

インペラ羽根入口端チップ部の円周方向速
度。 
遠心羽根車においては,羽根入口部の目玉
径Deにおける周方向速度を用いる場合があ
る。 

 

peripheral velocity 

at impeller eye 

ue 

m/s 


25 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2557 

速度三角形, 
速度線図 

流れの絶対速度,相対速度及びインペラの
周速度の関係を示すベクトル線図。 

 

c: 流れの絶対速度 
w: 流れの相対速度 
u: インペラの周速度 
cm:絶対速度cのメリディアン方向成分 
cu: 絶対速度cの円周方向成分 
wu:相対速度wの円周方向成分 
α: 絶対速度方向と円周方向とのなす角

度 

β: 相対速度方向と円周方向とのなす角

度 

 

velocity triangle,  
velocity diagram 

 

 

2558 

すべり率, 
すべり係数 

羽根出口におけるすべりを表す無次元数。 
次の式のμをいう。 

μ=cu2/cu2∞ 

ここに, 

μ: すべり率 
cu2:羽根数が有限な場合のインペラ出口

における絶対速度の円周方向成分 

cu2∞:羽根数が無限大と仮定した(流体が

羽根出口角と同じ流出角度で流出
する)場合のインペラ出口における
絶対速度の円周方向成分 

 

slip factor 

μ 

 

2559 

(羽根の)取

付け角 

軸流ポンプのインペラの外周又は斜流ポン
プのオープンインペラの側面において翼弦
が円周方向となす角。 

 

setting angle 

 

rad 

(deg.) 

2560 

圧力面 

羽根板のインペラの回転方向に面した側。 

 

 

 

 

2561 

負圧面 

羽根板の圧力面の裏側。 

 

 

 

 

2562 

予旋回 

インペラに流入する液体がインペラ直前で
もつ周方向速度成分。 

 

prerotation 

(pre-rotation), 

prewhirl 

(pre-whirl),  

preswirl (pre-swirl) 

 

 

2563 

入口逆流 

低流量域運転でインペラ入口ケーシング側
に発生する逆流。 

 

reverse flow at 

impeller inlet,  

backflow 

 

 

2564 

逆流開始流量 インペラの吸込側の逆流が始まる流量。 

 

incipient discharge 

of reverse flow 

Qre 

m3/s 

 

b.11) スラスト 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2601 

軸(方向)ス

ラスト, 

軸(方向)推

力 

主軸に働く軸方向の流体力。 
主としてポンプ回転体に作用する圧力によ
る力の軸方向分力と流体の運動量変化によ
って生じる力の軸方向分力との和で表され
る。 

 

axial thrust 

Fa 


26 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2602 

半径(方向)

スラスト, 

半径(方向)

推力, 

心向きスラス

ト 

主軸に働く半径方向の流体力。 
主としてポンプの運転状態に応じて生じる
インペラ下流の固定水路内の圧力分布の不
均一に起因する。 

 

radial thrust 

Fr 

2603 

設計ラジアル

荷重 

最高回転速度による性能曲線上で,設計揚
液(通常1 000 kg/m3)を用いて製造業者(又
は供給者)が規定する範囲内で運転する場
合の,インペラに作用する半径スラスト。 

 

design radial load 

 

 

2604 

最大ラジアル

荷重 

指定された最大密度の揚液を用いて最高回
転速度による性能曲線上の全ての点で運転
する場合の,インペラに作用する最大の半
径スラスト。 

 

maximum radial 

load 

 

 

 

b.12) 寸法,スケール 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2651 

口径 

ポンプの吸込口又は吐出し口の直径。 

 

bore,  
nozzle size 

Dd(吐

出し 

口径),

Ds 

(吸込 

口径) 

mm 

2652 

ハブ比 

軸流ポンプにおけるハブの直径とインペラ
外径との比。 

 

hub ratio 

 

 

2653 

(ポンプの)

大きさ 

ポンプの寸法を代表する数値。 
吸込口径と吐出し口径との呼び径によって
表す。 
吸込口径と吐出し口径とが等しいものでは
その呼び径,異なるものでは両者の呼び径
を併記して表す。例えば,吸込口径の呼び
径150,吐出し口径の呼び径100の場合には
150×100と表す。口径のほかにインペラ外
径を併記する場合がある。 

 

nominal size of 

pump 

 

 

2654 

寸法効果 

幾何学的に相似なポンプで,流入状態が同
一でも大きさ又は回転速度が異なることに
よって性能が相違すること。 
主としてレイノルズ数の相違による摩擦損
失の相違によって引き起こされる。 

 

scale effect 

 

 

2655 

性能換算 

模型性能の実測値から実物のポンプの性能
を予測する計算。 
主に寸法効果を考慮する。 

 

performance 

conversion 

 

 

2656 

粘度補正 

流体の粘度が異なる場合のポンプ性能補
正。 

 

correction for 

viscosity 

 

 


27 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2657 

表面粗さ 

壁面の凹凸の大きさ。 
算術平均粗さ(Ra),最大高さ粗さ(Rz),
十点平均粗さ(Rz JIS)などで表す。 
実用管については,等価砂粒粗さεが求めら
れている。流体力学的には,粗さレイノル
ズ数Re=εV*/ν(V*は摩擦速度)によって,
水力学的滑らかな面,還移領域の面,完全
粗面に分けられる。 

 

surface roughness 

 

2658 

運転隙間 

回転体外周面とこれに対向する固定壁との
運転中の隙間。 

 

running clearance 

 

2659 

先端隙間 

軸流ポンプのインペラの外周端,又は斜流
及び遠心ポンプのオープンインペラの側面
と,これに対向する壁との隙間。 

 

tip clearance 

 

 

b.13) 設計 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2701 

設計値 

ポンプの性能,最小許容肉厚及び部品ごと
の物理的特性を決定するために,設計にお
いて用いる値。 
注記 全ての用語において設計という用語

(例えば,設計圧力,設計動力,設計
温度又は設計回転速度)は,使用者の
仕様書の中では使用しないほうがよ
い。この用語は,装置設計者及び製造
業者(又は供給者)だけが使用するこ
とが望ましい。 

 

design values 

 

 

2702 

許容配管荷重 配管によってポンプが受ける力で,ポンプ

の強度及び運転の面から許容できる力。 

 

permissible forces 

due to pipe loads 

 

2703 

許容配管モー

メント 

配管によってポンプが受けるモーメント
で,ポンプの強度及び運転の面から許容で
きるモーメント。 

 

permissible 

moments due to 
pipe loads 

 

Nm 

2704 

最大許容作用

圧力 

使用材料及び計算規則に基づいて求められ
る,指定運転温度における圧力保持部品の
耐圧力。 

 

maximum  

allowable 
working pressure 

 

 

2705 

基本設計圧力 使用材料の許容応力から求められる,20 ℃

における圧力保持部品の耐圧力。 

 

basic design 

pressure 

 

 

2706 

最大吐出し圧

力 

規定条件における,最大吸込圧力及び供給
インペラによる最大差圧の和。 

 

maximum 

discharge 
pressure 

 

 

2707 

規定吐出し圧

力 

規定吐出し量,規定回転速度,規定吸込圧
力及び規定密度での保証点におけるポンプ
の吐出し圧力。 

 

rated discharge 

pressure 

 

 

2708 

最大吸込圧力 運転中にポンプが受ける最大吸込圧力。 

 

maximum suction 

pressure 

 

 

2709 

規定吸込圧力 保証点における運転条件としての吸込圧

力。 

 

rated suction 

pressure 

 

 

2710 

最大許容温度 指定された運転圧力において指定された揚

液を取り扱う場合に,装置(又は装置の特
定部分)が許容する連続運転が可能な最高
温度。 

 

maximum 

allowable 
temperature 

 

 


28 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

2711 

最大動的シー

ル圧力 

始動時及び停止時を含む全ての指定された
運転条件において,軸シール部に予想され
る最大圧力。 
注記 この圧力の決定には,最大吸込圧力,

セルフフラッシング圧力又はエクス
ターナルフラッシング圧力及び内部
隙間変化の影響を考慮する。 

 

maximum dynamic 

sealing pressure 

 

 

2712 

最小許容吐出

し量(ステ
ーブルフロ
ー) 

規定された振動の制限値を超えずにポンプ
が運転できる吐出し量。 
一般に最小連続安定吐出し量として使われ
る。 

 

minimum 

continuous 
stable flow 

 

 

2713 

最小許容吐出

し量(サー 
マルフロー)

ポンプ作動流体の温度が上昇しても運転が
阻害されない最小の吐出し量。 

 

minimum 

continuous 
thermal flow 

 

 

2714 

腐食代 

最も厳しい運転条件で,与えられた圧力限
界に耐える理論上の肉厚を超えて附与され
る揚液接液部の肉厚。 

 

corrosion 

allowance 

 

 

 

c) 運転・試験 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

3101 

操作 

入力又はその他の方法によって,対象とす
る機器に所定の状態変化を行わせること。 

 

operation 

 

 

3102 

制御 

対象とする機器に所定の操作を加えなが
ら,ある目的に適合する状態を保持させる
こと。 

 

control 

 

 

3103 

作動 

ある操作が行われることによって,機器が
その操作されたように状態の変化を行うこ
と。 

 

actuation 

 

 

3104 

手動操作 

人力によって,直接的又は間接的に行う操
作。 

 

manual operation 

 

 

3105 

自動操作 

人力によらず,電気的又は機械的にある操
作の必要を検知し,機器に行わせる操作。 

 

automatic operation 

 

 

3106 

手動運転 

手動操作による運転。 

 

manual operation 

 

 

3107 

自動運転 

自動操作による運転。 

 

automatic operation 

 

 

3108 

連動運転 

操作しようとするポンプを含む数個の機器
類を1回の手動操作によって順次自動操作
させ始動停止するか,又は運転状態を変え
る運転。 

 

sequential 

operation 

 

 

3109 

単独運転 

ポンプを含む数個の機器類を,各々独立に
手動操作する運転。 

 

individual 

operation 

 

 

3110 

機側操作 
(きそくそう

さ) 

操作場所が機械の近くにあり,各機器の状
態を直接確認しながら行う手動操作。 

 

field operation 

 

 

3111 

遠隔操作 

機器から離れた場所で行う操作。 
多くの場合,操作される機器を直接見るこ
とができないので,機器の状態を知る信号
などによって操作を行う。 

 

remote operation 

 

 

3112 

遠方連動操作 連動運転を遠隔操作によって行う操作。 

 

remote sequential 

operation 

 

 


29 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

3113 

機側単独操作 
(きそくたん

どくそうさ)

単独運転を機側操作によって行う操作。 

 

field individual 

operation 

 

 

3114 

自動制御 

制御装置によって,自動的に行わせる制御。  

automatic control 

 

 

3115 

回転速度制御 回転速度を変化させることによって行われ

る制御方法。 
よく使われる方法として,インバータ(周
波数変換装置)による電動機の回転速度制
御がある。 

 

speed control 

 

 

3116 

交互運転 

2台以上のポンプを一つの管路系に並列に
設置している場合,並列運転するほど流量
がない場合に一定時間ごとに切り替えて運
転する方式。 

 

alternative 

operation 

 

 

3117 

並列運転 

2台以上のポンプの揚水が,一つの管路に合
流するように送水する運転方法。 

 

parallel operation,  
parallel running 

 

 

3118 

直列運転 

2台以上のポンプを,一つの管路系に直列に
置いて送水する運転方法。 

 

series operation, 
series running 

 

 

3119 

締切運転 

ポンプ吐出し側のバルブなどを締め切っ
て,吐出し量をゼロにした状態の運転方法。 

 

shutoff operation,  
no-discharge 

operation 

 

 

3120 

待機運転 

先行待機ポンプにおいて,流入量の変動に
よって吸込水位が低下した場合に揚水を停
止して,水位の急上昇に備えて全速運転を
続ける運転方法。 
待機運転状態として,インペラが没水せず
に空運転される状態の“気中運転”と,イ
ンペラ入口部に空気層ができインペラの回
転でポンプ内の水を保持する状態の“揚水
遮断(エアロック)運転”とがある。水位
上昇に伴って,ポンプに空気を吸い込みな
がら揚水される状態の“気水混合運転”を
経て,通常能力での揚水運転に移る。 

 

stand by operation 

 

 

3121 

管理運転 

使用したいときに正常に稼働できるよう
に,システムの故障発見又は機器・操作制
御設備の機能保持を目的として実負荷又は
それに近い状態で行う運転。 

 

management 

operation 

 

 

3122 

遠方監視運転 ポンプの運転状態を機場から離れた制御室

で監視しながら行う運転。 

 

remote operation 

under 
observation 

 

 

3123 

ターニング運

転 

分解点検などで組み立てた後,起動前に行
う初期なじみ運転。 

 

turning operation 

 

 

3124 

クーリングダ

ウン 

高温ポンプなどにおいて,軸の曲がり防止
などの理由から温度を降下させ冷却しなが
ら停止させること。 

 

cooling down 

 

 

3125 

呼び水 

始動前にポンプ及び吸込管内を満水にする
こと。 

 

priming 

 

 

3126 

水封 

外気の侵入を防ぐために軸封部に注水する
こと。 

 

water sealing,  
water seal 

 

 

3127 

外部注水 

ポンプの軸封部,水中軸受などへ,外部水
源を用いて行う注水。 

 

external water 

feeding 

 

 


30 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

3128 

自己注水 

ポンプの軸封部,水中軸受などへ,そのポ
ンプの揚液の一部を利用して行う注水。 

 

self water feeding 

 

 

3129 

暖機 

高温用ポンプで,始動前あらかじめポンプ
及び管路などを暖めること。 

 

warm up 

 

 

3130 

性能試験 

全揚程,吐出し量,回転速度,軸動力,効
率などのポンプ性能を求める試験。 

 

performance test 

 

 

3131 

運転試験 

ポンプの振動,騒音,漏水,軸受温度など
の運転状態を確かめる試験。 

 

running test 

 

 

3132 

実負荷試験 

ポンプが実負荷で異常な振動,騒音,軸受
の温度上昇などがなく,しかも連続して運
転に耐え得ることを確認する試験。 

 

actual loading test 

 

 

3133 

水圧試験, 
耐水圧試験 

液圧を受ける部分に所定の水圧をかけて,
異常の有無を確かめる試験。 

 

hydrostatic test 

 

 

3134 

模型試験 

実物ポンプの性能を推定するために模型を
用いて行う試験。 

 

model test 

 

 

3135 

キャビテーシ

ョン試験 

所定の運転条件でキャビテーション発生に
よる運転状態の異常の有無を確かめる試
験。 

 

cavitation test,  
cavitation testing 

 

 

3136 

必要有効吸込

ヘッド試験,

NPSH試験 

必要有効吸込ヘッドを求める試験。 

 

NPSH test 

 

 

3137 

水撃試験 

ポンプを含めた管路系の水撃作用及びこれ
に対する装置の機能を確かめる試験。 

 

water hammer test 

 

 

3138 

工場試験 

ポンプの性能その他について,製作工場で
行う試験。 

 

shop test 

 

 

3139 

現地試験 

ポンプの運転状態その他について,使用場
所で据え付け後に行う試験。 

 

field test 

 

 

3140 

試験揚液 

性能試験,運転試験などの際に使用する液。  

testing liquid 

 

 

3141 

臨界没水深さ 吸込水槽水位が低下して水面に渦が発生

し,空気が連続して吸込口に入るような状
態になるときの吸込口の没水深さ。 

 

critical 

submergence 

 

 

3142 

ミニマムフロ

ー 

異常な温度上昇,騒音,振動などを生じる
ことなく,ポンプを連続運転できる最小の
吐出し量。 

 

minimum flow 

 

 

3143 

つれまわり 

流体継手,油圧クラッチなどにおいて,継
手,クラッチを断の状態にしても油の粘度
の影響でポンプ軸が回る現象。 

 

creep 

 

 

3144 

水柱分離 

ポンプが動力を失った後,管路の状態によ
っては,その一部に著しい負圧を生じ,管
中の水柱が分離する現象。 
この分離した水柱は,その後再結合するが,
この際に急激な圧力上昇が発生することが
ある。 

 

water column 

separation 

 

 

3145 

浸食, 
壊食 

主に揚液中の土砂,スラリなどによって,
材料が物理的に侵される現象。 

 

erosion 

 

 

3146 

腐食 

海水,酸,アルカリ,その他の腐食性揚液
によるか又は接液部材料の電位差によっ
て,材料が化学的に侵される現象。 

 

corrosion 

 

 

3147 

ピッチング 

局部的又は点状に生じた浸食又は腐食。 

 

pitting 

 

 


31 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

3148 

キャビテーシ

ョン損傷 

キャビテーションによって羽根などが物理
的,化学的又は双方の相乗作用によって侵
される現象。 

 

cavitation damage 

 

 

3149 

ゲージ圧 

大気圧を基準にとった圧力。 

 

gauge pressure 

pgauge 

Pa 

3150 

セルフフラッ

シング 

シールで発生する熱の除去,軸封部の正圧
維持又はシールの使用環境を改善するため
の処置として,外部配管又は内部通路によ
って高圧領域から軸封部への揚液の戻し。 
注記 場合によっては,軸封部から低圧領域

(例えば,吸込側)へ循環させるほう
が望ましいことがある。 

 

self-flushing 

 

 

3151 

エクスターナ

ルフラッシ
ング 

適切な(清浄性,相性)液体を,外部の供
給源から軸封部へ注入し,揚液内へ導くこ
と。 
注記 エクスターナルフラッシングの目的

は,セルフフラッシングと同一である
が,特にシールの使用環境の改善であ
る。 

 

external flushing 

 

 

3152 

クエンチ 

メインシールの大気側に,スタフィングボ
ックス内よりも低圧の適切な(清浄性,相
性など)流体を連続的又は間欠的に導くこ
と。 
注記 クエンチの目的は,空気又は湿気の排

除,堆積物(氷を含む。)の防止又は
除去,補助シールの潤滑,発火の防止,
及び漏れの希釈・加熱・冷却である。 

 

quenching 

 

 

3153 

バリア 

プロセス液を周囲環境から完全に切り離す
ために,二つのメカニカルシールの間に流
体を注入すること。これに用いる流体をバ
リア流体という。 
注記 バリア流体の圧力は,シールされてい

るプロセス圧力よりも常に高い。通
常,バリア流体は揚液よりもシールす
ることが容易で,漏れたとしても危険
の発生は少ない。 

 

barrier 

 

 

3154 

バッファ 

潤滑剤又は緩衝材として,二つのメカニカ
ルシールの間に流体を注入すること。これ
に用いる流体をバッファ流体という。 
注記 バッファ流体の圧力は,シールされて

いるプロセス圧力よりも常に低い。通
常,バッファ流体は揚液よりもシール
することが容易で,漏れたとしても危
険の発生は少ない。 

 

buffer 

 

 

 

d) 部分・部品 

d.1) ケーシング関係 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4101 

ケーシング 

揚液の流路を形成するポンプの胴殻の総
称。 

 

casing 

 

 


32 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4102 

渦巻ケーシン

グ, 

ボリュート 

インペラから吐き出される揚液を集めるた
めの渦巻状のケーシング(図3参照)。 

 

volute casing,  
spiral casing,  
volute 

 

 

4103 

二重渦巻ケー

シング 

インペラの吐出し側に,渦巻ケーシングの
中に仕切壁を設けて二重の流路を形成した
ケーシング。 
半径方向スラストを低減させるために用い
られる。 

 

double volute 

casing,  

double spiral 

casing 

 

 

4104 

ディフューザ

ケーシング 

インペラの吐出し側に,ガイドベーン形の
ディフューザをもつケーシング(ディフュ
ーザの外側に渦巻ケーシング部をもつケー
シングもディフューザケーシングとい
う。)。 

 

diffuser casing 

 

 

4105 

上部ケーシン

グ 

水平割形ポンプのケーシングの上の半分。 

 

casing-upper half 

 

 

4106 

下部ケーシン

グ 

水平割形ポンプのケーシングの下の半分。 

 

casing-lower half 

 

 

4107 

吐出しケーシ

ング 

軸垂直割形ポンプで,吐出し口をもつか,
吐出し口に通じるケーシング。 
このケーシングが複数部品からできている
ときはそれらを総称して吐出しケーシング
という。 

 

discharge casing 

 

 

4108 

吸込ケーシン

グ 

軸垂直割形ポンプで,吸込口をもつか吸込
口に通じるケーシング。 
このケーシングが複数部品からできている
ときは,それらを総称して吸込ケーシング
という。 

 

suction casing 

 

 

4109 

中間ケーシン

グ 

軸垂直割形ポンプで,吸込ケーシング又は
吸込カバーと吐出しケーシングとの間に取
り付けられるケーシング。 

 

stage casing,  
interstage casing 

 

 

4110 

吐出しボウル 立軸ポンプで,斜流ポンプ又は軸流ポンプ

のガイドベーンをもつ吐出しケーシング。 

 

(discharge) bowl

(米), 

(pump) bowl(欧) 

 

 

4111 

吐出しエルボ 立軸ポンプの吐出し口をもつ曲管部。 

 

discharge elbow 

 

 

4112 

揚水管 

立軸ポンプで,その下部にある揚水作用を
行う部分から吐出し口へ液体を導く垂直
管。 
つり下げ管を兼ねている場合もある。 

 

lifting pipe(つり

下げ管と区別
する場合), 

column pipe(つり

下げ管兼用の
場合) 

 

 

4113 

つ(吊)り下

げ管 

立軸ポンプで,その下部にある揚水作用を
行う部分をつり下げている管。 
揚水管を兼ねる場合は“揚水管”と呼ぶ。 

 

column pipe 

 

 

4114 

吸込エルボ 

ポンプの吸込側に付ける曲管状のケーシン
グ。 

 

suction elbow 

 

 

4115 

ベルマウス, 
吸込ベル 

らっぱ状に広がった吸込ケーシング又は吸
込カバー。 

 

suction bell,  
bellmouth 

 

 

4116 

中間ボウル 

立軸多段斜流ポンプ又は立軸多段軸流ポン
プのガイドベーンをもつ中間ケーシング。 

 

(stage) bowl(米), 
(pump) bowl(欧) 

 

 


33 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4117 

内部ケーシン

グ 

バレル形,ピットバレル形,プルアウト形
及び二重ケーシング形ポンプの内側のケー
シングの総称。 

 

inner casing 

 

 

4118 

外部ケーシン

グ 

バレル形,ピットバレル形,プルアウト形
及び二重ケーシング形ポンプの外側のケー
シングの総称。 
バレル形ポンプの場合は,その外部ケーシ
ングを“バレル”(barrel)と呼ぶこともある。 

 

outer casing 

 

 

4119 

エルボ台 

立軸ポンプの揚水管と吐出しエルボとの間
に置かれ,ソールプレートにポンプを固定
する部分。 

 

elbow pedestal 

 

 

4120 

圧力ケーシン

グ 

ユニットの全ノズル及び取り付け部品を含
む,全ての圧力保持部品類。 

 

pressure casing 

 

 

4121 

吸込口 

ポンプの揚液を吸い込む入口。 

 

suction opening 

 

 

4122 

吐出し口 

ポンプの揚液を吐き出す出口。 

 

discharge opening 

 

 

4123 

吸込流路 

ポンプの吸込口からインペラ入口に近づく
流路の部分。 

 

suction passage 

 

 

4124 

クロスオーバ 多段ポンプで,前段から後段に揚液を導く

管状の流路の部分。 

 

crossover 

 

 

4125 

戻り流路 

多段ポンプの中間段の流路で,外周からイ
ンペラアイに向かって内向きに揚液を導く
部分。 

 

return channel,  
return passage 

 

 

4126 

(ボリュート)

巻き始め, 

舌部 

渦巻ケーシング(ボリュート)の巻き始め
の部分。 

 

(volute) tongue,  
cut water 

 

 

4127 

スロート 

渦巻ケーシング(ボリュート)から吐出し
口に至る管状流路の入口部分。 

 

throat 

 

 

4128 

ディフューザ インペラの吐出し側で,速度ヘッドの一部

を圧力ヘッドに変換する広がり流路。 
ガイドベーンを設ける場合(vaned diffuser)
と設けない場合(vaneless diffuser)とがある
が,ポンプでは前者を用いる場合が多い。 

 

diffuser 

 

 

4129 

回り止め 

インペラ上流側で予旋回を防止又は制限す
る作用をもつ板状の部分。 

 

baffle,  
whirl-stop 

 

 

 

d.2) カバー関係 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4201 

ケーシングカ

バー 

ケーシングに取り付け,ケーシングの一部
を形成するカバー。 
バレル形ポンプの場合は,“バレルカバー”
(barrel cover)と呼ぶこともある。 

 

casing cover 

 

 

4202 

吸込カバー 

吸込口をもつか吸込口に通じるケーシング
カバー。 

 

suction cover 

 

 

4203 

バランス室カ

バー 

軸スラスト釣合い装置が設けられている室
に取り付けるカバー。 

 

cover of balancing 

chamber 

 

 

4204 

点検(孔)カ

バー 

ポンプ内部を点検するための窓に取り付け
るカバー。 

 

handhole cover,  
manhole cover 

 

 

4205 

ジャケットカ

バー 

水冷室又は保温室に取り付けるカバー。 

 

jacket cover 

 

 


34 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4206 

メカニカルシ

ールカバー 

メカニカルシールの固定環を支持するカバ
ー。 

 

mechanical seal 

cover 

 

 

4207 

グランドカバ

ー 

軸封部の外部に水が飛散するのを防ぐため
に取り付けるカバー。 

 

gland cover 

 

 

 

d.3) インペラ関係 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4301 

インペラ, 
羽根車 

揚液にエネルギーを与えるための羽根をも
つ回転体。 
揚液の流れの方向によって遠心インペラと
軸流インペラ及び両者の中間の斜流インペ
ラの区別がある。 

 

impeller 

 

 

4302 

クローズドイ

ンペラ 

遠心ポンプ及び斜流ポンプで側板のあるイ
ンペラ(図4参照)。 

 

closed impeller 

 

 

4303 

オープンイン

ペラ 

遠心ポンプ及び斜流ポンプで側板のないイ
ンペラ。 
このうち主板が羽根外周まであるものを
“セミオープン形インペラ(semi-open type 
impeller)”,主板を極力短くしたものを“フ
ルオープン形インペラ(full open type 
impeller)”と区別して呼ぶこともある(図4
参照)。 

 

open impeller 

 

 

4304 

ノンクロッグ

形(インペ
ラ) 

主に遠心ポンプ及び斜流ポンプで,揚液中
の固形物が内部に詰まらないような通路形
状にしたインペラ(図25及び図29参照)。 

 

non-clogging type 

(impeller) 

 

 

4305 

(インペラの)

羽根, 

(羽根車の)

羽根 

インペラハブに取り付け,揚液にエネルギ
ーを与える部品。 
特に裏羽根と区別する場合は,“主羽根(し
ゅばね)”と呼ぶ。 

 

(impeller) vane,  
(impeller) blade 

 

 

4306 

(インペラ)

ハブ 

主軸に固定され,インペラの羽根を取り付
ける回転体。 

 

(impeller) hub 

 

 

4307 

インペラリン

グ 

ライナリングの滑り部に対向してインペラ
に取り付けるリング。 

 

impeller ring 

 

 

4308 

インペラキャ

ップ 

インペラハブの先端に設けるキャップ。 

 

impeller cap 

 

 

4309 

インデューサ 吸込性能を向上させるために,インペラ(多

段ポンプの場合には,初段インペラ)の直
前に,それと同軸に取り付ける補助インペ
ラ。 

 

inducer 

 

 

4310 

主板 

インペラを形成する側壁のうち,ハブに連
なる側。 
“心板(しんばん)”と呼ぶこともある。 

 

main shroud,  
back shroud(横軸

片吸込形の場
合) 

 

 

4311 

側板 
(そくばん) 

インペラを形成する側壁のうち,羽根に支
えられる側。 

シュラ
ウド 

shroud,  
front shroud(横軸

片吸込形の場
合) 

 

 

4312 

(インペラ)

アイ 

インペラの羽根直前の円形流路部分。 
目玉部分ともいう。 

 

(impeller) eye 

 

 


35 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4313 

(インペラの)

中間羽根 

遠心羽根車の正規の羽根より半径方向長さ
の短い,正規の羽根の間の羽根。 

 

half vane,  
splitter blade 

 

 

4314 

裏羽根 

軸スラストを軽減する目的で,主板又は側
板の裏側に取り付けられる補助羽根。 
主板に付くものを“後(うしろ)裏羽根”,
側板に付くものを“前(まえ)裏羽根”と
呼ぶ。 

 

pump-out vane 

 

 

4315 

側板滑り部 
(そくばんす

べりぶ) 

ライナリングに対向する側板の滑り部。 

 

wearing part of 

impeller skirt 

 

 

4316 

バランスホー

ル 

インペラの主板に設けられた軸スラストを
軽減するための孔。 

釣合い
孔 

balancing hole 

 

 

 

d.4) 主軸関係 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4401 

主軸 

インペラに動力を伝達する軸。 

 

shaft,  
pump shaft 

 

 

4402 

上部軸 

立軸ポンプの最上部の主軸。 

 

upper shaft 

 

 

4403 

下部軸 

立軸ポンプの最下部の主軸。 

 

lower shaft 

 

 

4404 

中間軸 

立軸ポンプの上部軸と下部軸との中間にあ
る主軸。 

 

intermediate shaft 

 

 

4405 

中間軸継手 

ポンプケーシング内で2本の主軸を連結す
るための継手の総称。 
スリーブ形(sleeve type),ねじ込み形
(screwed type),フランジ形(flange type)
などがある。 

 

intermediate shaft 

coupling 

 

 

4406 

スプラインシ

ャフト 

断面が多角形の形状をした軸。 
プレス型の多段ポンプに多く採用される。
インペラなどの回転体の内径も軸と同様形
状とし,両者のはめあいで回転体にトルク
を伝達する。 

 

spline shaft 

 

 

 

d.5) 軸スリーブ,ナット,その他主軸に取り付ける部品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4501 

(軸)スリー

ブ 

主軸にはめる円筒形の部品。 

 

shaft sleeve 

 

 

4502 

パッキンスリ

ーブ 

主軸のパッキン滑り部にはめる軸スリー
ブ。 

 

packing sleeve 

 

 

4503 

水中軸受スリ

ーブ 

主軸の水中軸受滑り部にはめる軸スリー
ブ。 

 

bearing sleeve 

 

 

4504 

中間スリーブ 多段ポンプの,各インペラパブの間にはめ

る軸スリーブ。 

 

interstage sleeve 

 

 

4505 

スリーブナッ

ト 

軸スリーブを主軸に固定するためのナッ
ト。 

 

sleeve nut 

 

 

4506 

減圧スリーブ 軸封部の圧力を減らすために用いる軸スリ

ーブ。 

 

pressure reducing 

sleeve 

 

 

4507 

バランススリ

ーブ 

軸スラスト釣合いに用いる軸スリーブ。 
バランスブッシュに対向して用いられる。 

 

balancing sleeve 

 

 


36 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4508 

バランスディ

スク 

軸スラスト釣合い装置で,バランスシート
に対向して回転側に設ける滑り端面をもつ
円板状の部品。 

 

balancing disc

(米), 

balancing disk(英) 

 

 

4509 

バランスディ

スクシート 

必要に応じてバランスディスク側面に取り
付け,滑り端面を構成する部品。 

 

balancing disc 

wear seat 

 

 

4510 

バランスピス

トン, 

バランスドラ

ム 

軸スラスト釣合い装置で,バランスリング
に対抗して,回転側に設ける滑り外周面を
もつ円筒状の部品。 

 

balancing piston,  
balancing drum 

 

 

4511 

バランスピス

トンリング 

バランスピストン外周にはめ込まれ,滑り
外周面を構成する管状の部品。 

 

balancing piston 

wear ring 

 

 

4512 

インペラナッ

ト 

インペラを主軸に固定するためのナット。 

 

impeller nut 

 

 

4513 

割りリング 

インペラなどを主軸に固定するための二つ
割りのリング。 

 

split ring 

 

 

4514 

調整リング 

部品相互の軸方向の位置調整のため,主軸
にはめるリング。 

 

adjustable ring 

 

 

4515 

インペラキー 主軸とインペラとを固着するためのキー。 

 

impeller key 

 

 

4516 

水切りつば, 
デフレクタ 

回転する主軸に沿って流れる液体を振り切
り,又は異物が軸受部に侵入するのを防ぐ
ため,主軸に取り付けるつば。 

 

deflector 

 

 

4517 

砂よけカラー 水中に混入している土砂及び異物が水中軸

受などに侵入するのを防ぐため,主軸に取
り付けるつば。 

 

deflector 

 

 

4518 

メカニカルシ

ールスリー
ブ 

メカニカルシール装着部の主軸にはめられ
る軸スリーブ。 

 

shaft sleeve 

 

 

 

d.6) 軸封装置に用いる部品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4601 

(グランド)

パッキン 

スタフィングボックスに収容する軸封用詰
め物。 

 

gland packing 

 

 

4602 

メカニカルシ

ール 

軸にほぼ垂直な二つの平面間の接触圧力に
よって,回転部分の密封を行う緩衝機構。 
一つの軸封部に一つのメカニカルシールを
使用する方式をシングルシール,二つのメ
カニカルシールをセットにして一組のシー
ルとした方式をデュアルシールと呼ぶ。ま
た,二つのシールを同方向に向けて取り付
けた形式をタンデム形と,二つのシールを
逆方向に向けて取り付けた形式をダブル形
と呼ぶ。デュアルシールは一般に,毒性,
可燃性など,大気へ漏れてはならない揚液
に対して使用される(図8及び図9参照)。 

 

mechanical seal 

 

 

4603 

オイルシール フェルト,合成ゴム,合成樹脂などの変形

可能な材料を用い,先端を軸などの回転部
と摩擦接触させて密封作用を行う部品。 

 

oil seal 

 

 


37 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4604 

フローティン

グリング 

軸封部に,軸にもケーシングにも固定され
ないリングを,ケーシングに固定されるリ
ングと交互に重ねて挿入し,ごく狭い流路
を構成して水の漏れを制限する機構。 

 

floating ring 

 

 

4605 

フラッシング

配管 

主としてメカニカルシールを使用するポン
プで,取扱い液又は外部からの清浄液をス
タフィングボックスへ導く配管。 
メカニカルシール周辺の液を入替えて,し
ゅう(摺)動面に発生する摩擦熱の除去,
又は液中のごみを流し去り,シール周辺の
温度を下げるために用いられる。 

 

flushing piping 

 

 

4606 

クエンチング

配管 

メカニカルシールの冷却,しゅう動面の凝
固防止,しゅう動面付近の洗浄又は氷結防
止のため,清水,スチーム,N2ガスなどを
大気側からしゅう動面へ送り込むための配
管。 

 

quenching piping 

 

 

4607 

シールクーラ フラッシング配管の途中に取り付け,フラ

ッシング液を冷却する装置。 

 

seal cooler 

 

 

 

d.7) ケーシングに取り付ける部品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4701 

ガイドベーン,
案内羽根 

揚液の流れを望む方向に導くため又は速度
ヘッドの一部を圧力ヘッドに替えるための
羽根をもつ部品。その羽根部分だけを指す
場合もある。 

 

guide vane,  
diffuser,  
diffusion vane 

 

 

4702 

仕切板 

多段ポンプのケーシングなどに取り付け,
圧力の異なる二つの部屋を区切る部品。 

 

diaphragm,  
interstage 

diaphragm(多
段ポンプの場
合) 

 

 

4703 

ケーシングラ

イナ 

オープンインペラ又は裏羽根の羽根滑り部
に対向して,ケーシング内面に取り付ける
固定側のライナ。 
インペラの前後両側に設けられる場合は,
それぞれ“前(まえ)ケーシングライナ”“後
(うしろ)ケーシングライナ”と呼ぶ。 

 

casing liner,  
side plate(主にオ

ープンインペ
ラに対向する
とき), 

wear plate(主に耐

摩耗用として
取り付けると
き) 

 

 

4704 

ライナリング インペラ又はインペラリングの滑り部に対

抗して,ケーシングに取り付けるリング。 

 

casing (wearing) 

ring 

 

 

4705 

軸封部, 
スタフィング

ボックス 

主軸がケーシングの外部に貫通する箇所
で,外部への液漏れ又は空気の吸込みを防
止する装置が施されている部分。グランド
パッキン及びメカニカルシールをその内部
に収容するための部品。 

 

stuffing box 

 

 

4706 

パッキン押さ

え 

スタフィングボックス内のグランドパッキ
ンを押さえる部品。 
パッキンと主軸との密着性を増大させるた
めに用いられる。 

 

(packing) gland 

 

 


38 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4707 

ランタンリン

グ 

スタフィングボックスの内部に液封,減圧,
潤滑,冷却などのために設ける溝付きのリ
ングの総称。 

 

seal cage(米), 
lantern ring(欧) 

 

 

4708 

封水リング 

主に水封のために設けるランタンリング。 

 

seal cage(米), 
lantern ring(欧) 

 

 

4709 

ネックブッシ

ュ 

スタフィングボックスの最も奧に取り付け
るつば付きのブッシュ。 

 

throat bushing,  
stuffing box 

bushing(米), 

neck bush(欧) 

 

 

4710 

中間ブッシュ 中間スリーブ又はインペラハブの滑り部に

対向して取り付ける固定側のブッシュ。 

 

interstage bushing 

 

 

4711 

減圧ブッシュ 減圧スリーブの滑り部に対向して取り付け

る固定側のブッシュ。 

 

pressure reducing 

bushing 

 

 

4712 

バランスブッ

シュ 

バランススリーブの滑り部に対向して取り
付ける固定側のブッシュ。 

 

balancing bushing 

 

 

4713 

バランスシー

ト 

バランスディスクの滑り部に対向して取り
付ける固定側のシート。 

 

balancing seat 

 

 

4714 

バランスリン

グ 

バランスピストンの滑り部に対向して取り
付ける固定側のリング。 

 

balancing ring 

 

 

4715 

封水管 

水封用の液体を注入する管。 

 

sealing pipe 

 

 

4716 

バランスパイ

プ 

主に軸スラストを釣り合わせるため,釣合
室を減圧する目的で釣合室と低圧部とを結
ぶ管。 

 

balancing pipe,  
balance pipe 

 

 

4717 

排気管 

ポンプ始動時に,真空ポンプなどでポンプ
内の空気を抜き出す管。 

 

air release pipe 

 

 

4718 

通気管 

ポンプ内に入ってくる空気及び気体を外部
に出す管。 

 

vent pipe 

 

 

4719 

締付ボルト 

主として輪切形ポンプの中間ケーシングを
吸込ケーシングと吐出しケーシングとによ
って締め付けているボルト。 

 

tie bolt 

 

 

4720 

パッキン押さ

えボルト 

パッキンを締め付け,その締め加減によっ
てパッキンの状態を適正に保つための調整
用ボルト。 

 

gland bolt 

 

 

4721 

ガスケット 

静止部分に用い,液体の漏れを止めるため
のパッキン。 
配管継手フランジ面,ポンプケーシング割
り面などからの揚液の漏れを止めるのに用
いる。 

 

gasket 

 

 

4722 

スロットルブ

ッシュ 

シールが破損した場合に漏れを減少させる
ために,メカニカルシールの外側に設けて,
主軸(又はスリープ)との隙間を小さく制
限するためのブッシュ。 

 

throttle bush, 

throttle bushing 

 

 

 

d.8) 軸受部品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4801 

転がり軸受 

回転軸にかかる力を支え,かつ,相対運動
する部品間の転がりで機能する軸受。 

 

rolling bearing 

 

 

4802 

すべり軸受 

回転軸にかかる力を支え,かつ,相対運動
する部品間のすべりで機能する軸受。 

 

journal bearing 

 

 


39 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4803 

水中軸受 

揚液又は潤滑水に直接とり囲まれ,その揚
液又は潤滑水で潤滑を行う軸受。 

 

submerged bearing 

 

 

4804 

玉軸受 

転がり軸受の一種で,球によって軸を支え
るもの。 

 

ball bearing 

 

 

4805 

ころ軸受 

転がり軸受の一種で,ころによって軸を支
えるもの。 

 

roller bearing 

 

 

4806 

動圧流体軸受 対向面を持ち,その相対運動によって,金

属接触を起こさずに回転軸に加わる力を支
えるためのくさび状油膜を形成する軸受。 

 

hydrodynamic 

bearing 

 

 

4807 

動圧流体ラジ

アル軸受 

ジャーナル又はティルティングパッド形式
の構造の軸受。 

 

hydrodynamic 

radial bearing 

 

 

4808 

動圧流体スラ

スト軸受 

マルチセグメント又はティルティングパッ
ド形式の構造の軸受。 

 

hydrodynamic 

thrust bearing 

 

 

4809 

静圧軸受 

軸と軸受との間に潤滑のための流体を充満
しその圧力によって軸を保持する軸受。 

 

hydrostatic bearing 

 

 

4810 

磁気軸受 

軸を磁気浮上によって支持する軸受。 
潤滑油が不要であるため真空機器等にも用
いられる。 

 

(active) magnetic 

bearing 

 

 

4811 

駆動側軸受 

原動機に近い方の軸受。 

 

inboard bearing 

 

 

4812 

反駆動側軸受 原動機に遠い方の軸受。 

 

outboard bearing 

 

 

4851 

軸受カバー 

軸受ハウジングに取り付けられるカバー。 

 

bearing (housing) 

cover 

 

 

4852 

軸受ハウジン

グ 

軸受の支持,潤滑の維持,潤滑油飛散防止,
放熱及び軸受の保護を目的とした軸受を内
蔵する箱。 

 

bearing housing 

 

 

4853 

軸受支え 

軸受を支持する部品。 

 

bearing support 

 

 

4854 

水中軸受支え 立軸ポンプで,水中軸受を支持する部品。 

 

bearing spider 

 

 

4855 

オイルリング 横軸形の軸受ハウジング下部の油槽から上

部の軸受に給油するために,軸に掛かって
回転するリング。 

 

oil ring 

 

 

4856 

オイルフリン

ガ 

軸受ハウジング下部の油槽から上部の軸受
に給油するために,軸に固定される油か
(掻)き揚げ用部品。 

 

oil flinger 

 

 

4857 

オイラ 

重力又は圧力によって,潤滑油を軸受に自
動的に供給する部品。 

 

oiler 

 

 

 

d.9) シールレスポンプ用部品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4901 

ステータ組立

(品) 

主にモータの固定子と,固定子を密閉する
部品とで構成されるユニット部品。 

 

stator assembly 

 

 

4902 

ロータ組立

(品) 

主にモータの回転子と主軸(モータ軸がポ
ンプ主軸を兼ねている。)とから構成される
ユニット部品。 
通常回転子は完全に密閉されている。 

 

rotor assembly 

 

 

4903 

ステータキャ

ン 

モータ固定子を揚液から保護するために,
固定子の内側を密閉する薄い非磁性体の耐
食性スリーブ。 

 

containment shell 

(stator can) 

 

 


40 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4904 

ロータキャン モータ回転子を揚液から保護するために,

回転子外周を密閉する薄い非磁性体の耐食
性スリーブ。 

 

rotor can 

 

 

4905 

サーキュレー

ションチュ
ーブ 

ポンプの差圧を利用し,揚液をモータ部分
に導くためのチューブ。 
ベアリングの潤滑,及びモータ冷却のため
に用いられる。 

 

circulation tube 

 

 

4906 

駆動マグネッ

ト 

原動機軸に取り付けられる磁石で,リアケ
ーシングの外周(大気側)からリアケーシ
ング内の従動マグネットを駆動する磁石。 

 

outer magnet 

assembly 

 

 

4907 

従動マグネッ

ト 

ポンプ主軸に取り付けられ,リアケーシン
グ内(揚液内)で回転する磁石。 
通常,磁石を揚液から保護するために,非
磁性体の薄い耐食スリーブで密閉されてい
る。 

 

inner magnet 

assembly 

 

 

4908 

リアケーシン

グ 

駆動マグネットと従動マグネットとの間に
位置し,揚液の圧力を保持する非磁性体の
耐食性隔壁。 

 

containment shell 

 

 

4909 

ブラケット 

駆動マグネット及び原動機をポンプ部分に
正確に組み付けるための部品。 
シェルが破損した場合の2次的な圧力容器
として設計される場合がある。 

 

bracket 

 

 

 

d.10) その他の部品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

4951 

原動機架台 

立軸ポンプで原動機,ギヤヘッドなどを載
せる台。 

 

driver pedestal 

 

 

4952 

吸気管 

先行待機ポンプで使用されるポンプ内に空
気を導くための管。 

 

air suction pipe 

 

 

4953 

保護管 

立軸ポンプで,つり下げ管,揚水管中の軸
及び軸受を周囲から保護し,かつ,その軸
受の潤滑液の通路となる軸を取り巻く固定
管。 

 

shaft enclosing 

tube 

 

 

4954 

吸込ストレー

ナ 

槽内形立軸ポンプ,水中モータポンプなど
の吸込口に取り付けるストレーナ。 

 

suction strainer 

 

 

4955 

フレーム 

ポンプケーシング,軸受などを支持する台。 
区別して用いる必要がある場合には“ケー
シングフレーム”,“軸受フレーム”という。 

 

frame 

 

 

4956 

管内クーラ 

ポンプの吐出し管の途中に設置され,ポン
プ吐出し液によって直接冷却される熱交換
器。 

 

inline cooler 

 

 

 

e) 附属品 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

6101 

ベース 

機器をその上に取り付けて基礎に固定する
台の総称。 

 

base,  
base plate 

 

 


41 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

6102 

共通ベース 

一つのベースで,その上に二つ以上の機器
を一緒に取り付けるもの。 
明確さを必要とする場合には,上に載せる
機器の名称を入れ,例えば“ポンプと歯車
変速機との共通ベース”という。 

 

common base 

 

 

6103 

単独ベース 

一つの機器を取り付けるベース。 

 

single base 

 

 

6104 

割りベース 

製作上又は輸送上の必要性から二つ以上に
分割したベース。 

 

split base 

 

 

6105 

張付けベース 機械の側面に取り付けたベース。 

 

attached base 

 

 

6106 

架台 

主に形鋼を組み合わせたベースで,その上
に立軸ポンプ,変速機,駆動機などを載せ
る台。 

フレー
ム 

frame 

 

 

6107 

ソールプレー

ト 

機器の脚(あし)を載せるため,コンクリ
ートに埋め込む金属の板。 

 

sole plate(米), 
pump floor pad(s)

(欧) 

 

 

6108 

連結軸 

ポンプと駆動部とが離れて設置されている
場合に,それらをつなぐ主軸。 

 

connecting shaft 

 

 

6109 

軸継手, 
カップリング 

ポンプの主軸と駆動部の主軸とを連結する
ための継手の総称。 
フランジ形固定軸継手(rigid flanged shaft 
coupling),フランジ形たわみ軸継手(flexible 
flanged shaft coupling),自在軸継手(universal 
joint),スペーサカップリング(spacer type 
coupling)などがある。 

 

(shaft) coupling 

 

 

6110 

軸継手ガード,
カップリング

ガード 

軸継手の周囲に設ける安全のための囲い。 

 

coupling guard 

 

 

6111 

呼び水じょう

ご 

呼び水を行うための注水じょうご。 

 

(priming) funnel 

 

 

6112 

満水検知器 

呼び水が完了したことを検知する機器。 

 

priming detector 

 

 

6113 

真空破壊弁 

ポンプの停止の際,外部からケーシング内
部へ空気を導入して真空を破壊する弁。 

 

vacuum breaker 

 

 

6114 

過熱防止装置 締切運転又はそれに近い運転の際に,ポン

プ内部の水の過熱を防止するため,適量の
水を循環させる装置。 

 

minimum flow 

recirculation 
system 

 

 

6115 

空気抜き弁 

ポンプ始動時にケーシング内の空気を抜く
弁。 

 

air vent valve 

 

 

6116 

自動空気抜き

弁 

内圧によって,ポンプ及び配管内部にある
空気を外部へ完全に排除すると,自動的に
閉鎖する空気抜き弁。 
槽内形立軸ポンプなどの空気抜きに使用す
る。 

 

(auto) air valve 

 

 

6117 

空気抜きコッ

ク 

ポンプ始動時にケーシング内の空気を抜く
コック。 

 

air vent cock 

 

 

6118 

排気弁 

排気管に取り付け,ポンプ始動時に真空ポ
ンプに空気を送り出す弁。 

 

air release valve 

 

 

6119 

ドレン弁 

ポンプ内の残留液を抜く弁。 

 

drain valve 

 

 

6120 

ドレンコック ポンプ内の残留液を抜くコック。 

 

drain cock 

 

 

6121 

呼び水弁 

呼び水を行うための注水弁。 

 

priming valve 

 

 

6122 

呼び水コック 呼び水を行うための注水コック。 

 

priming cock 

 

 


42 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

6123 

止水弁 

止水を目的とした弁。 
主に仕切弁(gate valve)が用いられる。 

 

stop valve 

 

 

6124 

逆止め弁 

流体の背圧によって弁体が逆流を防止する
ように作動する弁の総称。 

チェッ
キ弁, 
逆止弁 

check valve,  
non-return valve 

 

 

6125 

フート弁 

ポンプの吸込管下端に取り付ける逆止め
弁。 

 

foot valve 

 

 

6126 

フラップ弁 

低揚程ポンプの吐出し管先端に取り付ける
逆流防止用弁。 

 

flap valve 

 

 

6127 

吐出し弁 

ポンプの吐出し側をせき止めたり吐出し量
を調整する目的に使用する弁の総称。 

 

discharge valve,  
delivery valve 

 

 

6128 

逃がし弁 

上流側の液体の圧力が所定の値以上になる
と,自動的に開く機能をもつ弁。 

 

relief valve 

 

 

6129 

安全弁 

主に蒸気又はガスを逃がし,機器の安全確
保のために取り付ける弁。 
上流側の圧力が所定の値以上になると自動
的に瞬時に作動する機能をもつ。 

 

safety valve 

 

 

6130 

圧力計 

流体の圧力を測定する計器の総称。 
特に真空計又は連成計と対比して用いる場
合は,正のゲージ圧を測定する計器。 

 

pressure gauge 

 

 

6131 

連成計 

正及び負のゲージ圧を測定する計器。 

 

compound 

(pressure) gauge 

 

 

6132 

真空計 

負のゲージ圧を測定する計器。 

 

vacuum gauge 

 

 

6133 

差圧計 

二点間の圧力差を測定する計器。 

 

differential 

pressure gauge 

 

 

6134 

圧力スイッチ 流体の圧力が,設定値に達したときに作動

するスイッチ。 

 

pressure switch 

 

 

6135 

フローリレー 管内の流量が設定値になったことを検知

し,電気的信号を発する計器。 

 

flow relay 

 

 

6136 

サイクロン

(セパレー
タ) 

流入速度を利用して流体を旋回させ,その
遠心力によって流体中の異物又は気泡を分
離させ取り除く機器。 

 

cyclone (separator) 

 

 

6137 

ストレーナ 

土砂,ごみなどの機器への流入を防ぐため
に設けるこし器。 

 

strainer 

 

 

6138 

逆流防止器 

主に水道本管から取水するポンプ設備内に
おいて,液体が逆流によって水道本管へ混
入することを防止するための装置又は弁。 

 

back-flow 

preventer 

 

 

6139 

基礎ボルト 

機械及び構造物を土台に据え付けるための
ボルト。 

 

foundation anchor 

bolt 

 

 

6140 

浸水検知器 

広義には密閉された室内又は装置内へ水が
浸入したことを検知する検知器。 
狭義には乾式水中モータの軸封装置から漏
水が発生し,室内に水が浸入したことを検
知する検知器。 

 

flood sensor 

 

 

6141 

着脱装置 

主に水中ポンプにおいてポンプを上下に移
動させるための装置の総称(図27参照)。 

 

guide rail fitting 

system,  

connecting device 

 

 

6142 

安全カバー 

原動機台などの開口部に設ける安全のため
のカバー。 

 

safety cover 

 

 

6143 

電磁弁 

主に電磁力で開閉する弁。 

 

solenoid valve 

 

 


43 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

6144 

オリフィス 

管路の断面積を急激に絞るための板で,板
の前後の圧力差から流量を求める。 

 

orifice,  
orifice plate 

 

 

 

f) 

機場関係 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

7101 

吸込水槽 

ポンプ装置で,吸水のためにポンプ又は吸
込管を水中に潜没させた水槽。 
一般には,水槽の水面上が大気圧の場合を
いう(図45参照)。 

 

suction sump 

 

 

7102 

吐出し水槽 

ポンプ装置で,吐出し管につながる水槽。 
一般には,水槽の水面上が大気圧の場合を
いう。 

 

discharge sump 

 

 

7103 

沈砂池 
(ちんさち) 

主として吸込水槽の上流側に設け,水中に
含まれる土,砂,れきなどを流速を落とす
ことによって沈殿させるための池。 

 

sand basin 

 

 

7104 

スクリーン 

水中の大形浮遊物がポンプ内に流入するの
を防ぐため,吸込水槽又は沈砂池の上流側
に設ける格子状の設備。 

 

screen 

 

 

7105 

除じん機 

大水量の施設又は多量のごみ類の流入があ
る場合,スクリーンに付着するごみ類のか
き揚げ装置。 

 

auto-screen 

 

 

7106 

スルースゲー

ト 

沈砂池,吸込水槽などの入口又は大きなポ
ンプ設備において個々のポンプ吸込管の入
口に取り付ける上下に開閉する扉。 

 

sluice gate 

 

 

7107 

角落し 
(かくおと

し) 

開水路の両壁に設けた垂直の溝に角材又は
板材をはめ込んで水をせき止める装置,又
はそのような仕切り用角材若しくは板材。 

 

stop-log 

 

 

7108 

せき, 
越流せき 
(えつりゅう

せき) 

流量を測定するか,又は上流側の水位を高
めることを目的として,水路の途中又は先
端を板又は壁でせき止め,その上を越流さ
せる装置。 

 

weir 

 

 

7109 

分割壁 

一つの吸込水槽から2台以上のポンプが吸
水する場合,各吸込口の中間で流水方向に
設けた壁(図45参照)。 

 

separating wall 

 

 

7110 

渦流防止壁 
(かりゅうぼ

うしへき) 

吸込口付近の旋回流防止のため,吸込水槽
に設けた構造物(図45参照)。 

 

splitter 

 

 

7111 

整流壁 

水路,吸込水槽などで,水流が一様化する
ように設けた壁(図45参照)。 

 

straightening vane 

 

 

7112 

吸込管 

ポンプの吸込側に接続する配管。 

 

suction pipe 

 

 

7113 

取入れ口 

河川,海などから水を取り入れる構造物。 

 

intake 

 

 

7114 

吐出し管 

ポンプの吐出し側に接続する配管。 

 

discharge pipe,  
delivery pipe 

 

 

7115 

たわみ管継手 取付部分がある程度たわみ得る管継手。 

基礎の不等沈下による管路に働く力の軽減
対策又は既設配管間の接続などに使用す
る。 

 

flexible pipe joint 

 

 

7116 

吐出しヘッダ ポンプ吐出し管路に設け,流入圧力を一様

化させることを目的として,複数配管を集
めた1本の共通な太い管。 

 

discharge header 

 

 


44 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

7117 

導水路, 
水路 

水を必要な目的地まで導くための構造物。 

 

(driving) channel,  
headrace,  
conduit 

 

 

7118 

吸込水路, 
引込水路 

取入れ口から沈砂池又は吸込水槽に至る水
路。 

 

feed channel,  
suction channel 

 

 

7119 

吐出し水路 

吐出し水槽から貯水池などまでに水を送る
水路。 

 

discharge channel 

 

 

7120 

開水路 

大気に接する自由水面をもつ流れの水路。 

 

open channel 

 

 

7121 

管路 

自由水面をもたず加圧状態になっている流
れの水路。 

 

pipe line 

 

 

7122 

暗きょ 

主に地中に埋設した管又は密閉蓋のある水
路。 
自由水面をもつ場合と,もたない場合とが
ある。 

 

closed conduit,  
covered conduit 

 

 

7123 

開きょ 

上部に蓋がない水路。 

 

open conduit 

 

 

7124 

アキュムレー

タ 

ポンプ吐出し管に連結し,吐出し量及び吐
出し圧力の瞬時的変動を緩和する装置。 
上部の空気だまりによって,この作用を行
うタンクを“エアチャンバ(air chamber)”
と呼ぶことがある。 

 

accumulator 

 

 

7125 

圧力タンク 

ポンプの吐出し管に連結した密閉タンク。 
タンク上部の空気だまりによって揚液を加
圧状態に保持し,ポンプ停止中でもこのタ
ンクから給水ができるようにしたもの。 

 

pressure (water) 

tank 

 

 

7126 

調圧水槽 

ポンプ吐出し管に連結し,主に吐出し管の
圧力変動を緩和する目的に用いる水槽。 

 

pressure adjusting 

sump 

 

 

7127 

サージタンク 管路において,主に負圧防止の目的で設け

る水槽。 

 

surge tank 

 

 

7128 

水位 

基準水平面から水面までの高さ。 

 

water level 

 

 

7129 

高水位, 
満水位 

水槽,タンクなどで,常時到達する水位の
うち最も高い水位。 

 

high water level 

HWL 

 

7130 

低水位 

水槽,タンクなどで,常時到達する水位の
うち最も低い水位。 

 

low water level 

LWL 

 

7131 

始動水位 

ポンプが始動するときの水位。 

 

starting water level 

 

 

7132 

停止水位 

ポンプが停止するときの水位。 

 

stopping water level 

 

 

7133 

水位計, 
水面計 

水位を測る計器。 
水槽に取り付けて直接水面の高さを測る目
盛を“量水標(りょうすいひょう)”と呼ぶ
ことがある。 

 

water (level) gauge 

 

 

7134 

水位検知器 

水位が設定された値に一致したときに作動
するスイッチ。 

 

level switch 

 

 

7135 

軸心高さ 

横軸ポンプで,基準水平面からポンプ基準
面までの高さ。 

 

shaft center height 

 

 

7136 

羽根車入口高

さ 

基準水平面からポンプ基準面までの高さ。 

 

impeller center 

height 

 

 

7137 

真空ポンプ 

主に起動時にポンプ内に水を充満させるた
め,一般にポンプの最上部から抽気する補
助ポンプ。 

 

vacuum pump 

 

 


45 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

7138 

(真空ポンプ

の)補水槽 

水封式真空ポンプに水を供給する水槽。 

 

water supply tank 

(for vacuum 
pump) 

 

 

7139 

注水ポンプ 

主として軸封部,水中軸受などに注水する
ポンプ。 

 

sealing water 

pump(軸封部
の場合), 

lubricating water 

pump(水中軸
受の場合) 

 

 

7140 

ドレン排水ポ

ンプ 

主として機場内又はピット内の機器のドレ
ンを排水するポンプ。 

 

drainage sump 

pump 

 

 

7141 

冷却水ポンプ 主として軸封部,軸受などを冷却するため,

冷却水を送るポンプ。 

 

cooling water 

pump 

 

 

7142 

給水タンク 

給水を行うためのタンクの総称。圧力タン
ク,ヘッドタンクなどがある。 

 

feed water tank 

 

 

7143 

ヘッドタンク,
高架水槽 

給水を行うため,高い位置に据え付けたタ
ンク。 

 

head tank,  
elevated tank 

 

 

7144 

圧油タンク 

密閉状態で上部の空気だまりによって油を
加圧状態に保持し,必要に応じて給油する
密閉タンク。 
主にバルブ又はポンプの可動羽根機構の動
力源及び潤滑用として用いる。 

 

pressure oil tank 

 

 

7145 

排水ピット 

主として機器のドレンなどを集合させ排水
するためのピット。 

 

sump pit 

 

 

7146 

吐出樋管 
(としゅつひ

かん) 

吐出し水槽から河川などへ水を送るために
堤防の中を横断して設けられたかんきょ
(函渠)。 

 

discharge conduit 

 

 

7147 

冷却水槽 

冷却水を貯水する水槽。 

 

cooling water tank 

 

 

 

g) 水力学 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8101 

密度 

単位体積当たりの質量。 

 

density 

ρ 

kg/m3 

8102 

圧縮性 

圧力に応じて流体の体積が変形する性質。
この規格の適用対象であるターボポンプが
扱う液体の場合は,一般に無視できる。 

 

compressibility 

 

 

8103 

粘性 

流体を変形させるときに抵抗を示す性質。 
せん断変形に対するせん断粘性と,体積変
化に対する体積粘性とがある。通常はせん
断粘性をいう。 

 

viscosity 

 

 

8104 

粘度 

粘性の大小を示す物性値で,次の式のμを
いう。 

dy

du

τ

μ

/

 

ここに, 

μ: 粘度(Pa・s) 
τ: 層流において,流れ方向に作用する粘

性せん断応力(Pa) 

du/dy:流れに直角方向の速度勾配(l/s) 

水,空気などのニュートン流体の場合は一
定値となる。 

粘性係
数 

coefficient of 

viscosity,  

dynamic viscosity 

μ 

Pa・s 


46 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8105 

動粘度 

次の式のνをいう。 

ρ

μ

ν

 

ここに, 

ν: 動粘度(m2/s) 
μ: 粘度(Pa・s) 
ρ: 密度(kg/m3) 

動粘性
係数 

kinematic viscosity 

ν 

m2/s 

8106 

重力加速度, 
自由落下の加

速度 

物体を自由落下させたとき,重力によって
生じる加速度(m/s2)。 
一般に9.8(m/s2)又は9.81(m/s2)の値を
用いる。より正確な標準値としては9.806 65
(m/s2)を用いる。実際の重力加速度の値は
場所によって異なるため,より正確な値が
必要な場合には緯度と標高とから計算す
る。 

 

gravitational 

acceleration,  

acceleration of 

gravity 

m/s2 

8111 

流線 

流動している流体中に,ある瞬間一つの曲
線を考え,その線上の全ての点の接線の方
向が,その点における流れの速度の方向と
一致するような曲線。 

 

stream line 

 

 

8112 

流管 

側壁が流線によって形成される流れ中の仮
想的な管。 

 

stream tube 

 

 

8113 

流量 

流路の断面を単位時間内に通過する流体の
体積。体積流量とも呼ぶ。 

 

discharge,  
flowrate 

m3/s 

8114 

質量流量 

流路の断面を単位時間当たりに通過する質
量 

 

mass flowrate 

qm 

kg/s 

8115 

平均速度 

流れの軸方向平均速度で,吐出し量Qを管
の断面積Aで除したもの。 

Vave=Q/A 

 

average velocity 

Vave 

m/s 

8121 

圧力 

流体中のある点における単位面積に垂直に
働く力。 

 

pressure 

Pa 

8122 

静圧 

一般に流れに平行な面に及ぼす流体の圧
力。 
単に“圧力”と呼ぶ場合もある。 

 

static pressure 

p, 

ps 

Pa 

8123 

動圧 

流れの運動エネルギーを圧力に換算したも
の。 
次の式のqをいう。 

2

2

V

ρ

q

 

ここに, 

q: 動圧(Pa) 
ρ: 密度(kg/m3) 
V: 流速(m/s) 

 

dynamic pressure 

q, 

pd 

Pa 

8124 

全圧 

静圧と動圧との和。 

 

total pressure 

pt 

Pa 


47 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8131 

レイノルズ数 流体のもつ慣性力と粘性力との比に対応す

る無次元数。 
次の式のReをいう。 

ν

Vl

Re

 

ここに, 

Re:レイノルズ数 
V: 流れの場の代表速度(m/s) 
l: 物体の代表寸法(m) 
ν: 動粘度(m2/s) 

 

Reynolds number 

Re 

 

8132 

フルード数 

流体のもつ慣性力とそれに働く重力との比
に対応する無次元数。 
次の式のFrをいう。 

L

V

Fr

g

 

ここに, 

Fr: フルード数 
V: 流れの場の代表速度(m/s) 
L: 物体の代表寸法(m) 
g: 重力加速度(m/s2) 

 

Froude number 

Fr 

 

8133 

ストローハル

数 

周期的に変動する流動現象の非定常性を表
す無次元数。 
次の式のStをいう。 

V

l

f

St

 

ここに, 

St: ストローハル数 
f: 周波数(1/s) 
l: 代表寸法(m) 
V: 流速(m/s) 

 

Strouhal number 

St 

 

8141 

粘性流れ 

流体の粘性によるせん断応力の影響を無視
できない流れ。 

 

viscous flow 

 

 

8142 

せん断流れ 

速度勾配のある平行流。 

 

shear flow 

 

 

8143 

定常流 

規定する座標系の任意の点で速度,圧力,
密度などの全ての状態が時間的に変わらな
い流れ。 
乱流の場合には,その時間的平均値が変わ
らない流れ。 

 

steady flow 

 

 

8144 

非定常流 

規定する座標系の任意の点で,速度,圧力,
密度などが時間的に変わる流れ。 
乱流の場合には,その時間的平均値が変動
する流れ。 

 

unsteady flow 

 

 

8145 

一次元流れ 

一つの曲線に沿う流れで,その状態が曲線
に垂直な方向に変わらないもの。 
流れの状態が一つの曲線上の値で代表でき
る流れ。 

 

one-dimensional 

flow 

 

 

8146 

二次元流れ 

一平面に沿う流れで,その状態が平面に垂
直な方向に変わらないもの。 
流れの状態が一つの曲面上の値で代表でき
る流れ。 

 

two-dimensional 

flow 

 

 


48 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8147 

三次元流れ 

流線が三次元曲線で表される流れ。各点の
速度は,三次元の速度成分をもつ。 
一次元又は二次元流れでない一般の流れ。 

 

three-dimensional 

flow 

 

 

8148 

軸対称流れ 

一つの軸に関して対称な流れ。 

 

axisymmetric flow 

 

 

8149 

層流 

流体の粒子が巨視的なスケール又は時間平
均の速度の方向にだけ移動している流れ。 
レイノルズ数が小さい場合に見られる。 

 

laminar flow 

 

 

8150 

乱流 

流れの中に大小様々の大きさの渦が存在
し,この渦によって流体の粒子が巨視的な
スケール又は時間平均速度の向きとは異な
る方向にも運動している流れ。 
レイノルズ数が大きい場合に見られる。 

 

turbulent flow 

 

 

8151 

混相流 

気体,液体又は固体の混合した流れ。 
溶解しない異種の液体の流れも含む。この
うち二相からなる場合を“二相流(two-phase 
flow)”と呼ぶ。 

 

multi-phase flow 

 

 

8152 

縮流 

流体がオリフィスなどを通過して噴流とな
るとき,オリフィスなどの開口部の面積よ
り噴流の断面積が狭くなる現象。 

 

contraction of flow 

 

 

8153 

縮流係数 

次の式で表される係数。 

o

c

c

A

A

C

 

ここに, 

Cc:縮流係数 
Ac:噴流の最小断面積(m2) 
Ao:オリフィスなどの開口部の面積(m2) 

 

coefficient of 

contraction 

Cc 

 

8154 

ひろがり流れ 流路の断面積が流れの方向に増大する流

れ。 

 

divergent flow,  
divergent current 

 

 

8155 

細まり流れ 

流路の断面積が流れの方向に減少する流
れ。 

 

convergent flow,  
convergent current 

 

 

8156 

境界層 

物体表面付近の流れにおいて,速度が表面
上のゼロから主流の値まで急激に変化する
範囲。 

 

boundary layer 

 

 

8157 

剝離 

物体表面付近の主流が物体に沿って流れ
ず,物体から剝がれる現象。主流が剝離す
る点を剝離点といい,その下流では逆流域
又は死水域が生じる。 

 

separation 

 

 

8158 

ポテンシャル

流れ 

特異点を除いた大半の領域で渦度が0とな
る,非粘性流体(μ=0)の仮想的な流れ。 
“渦なし流れ”又は“非回転流れ”ともい
う。 

 

potential flow 

 

 

8161 

渦度 
(うずど) 

流れている流体の微小部分の変形は,一般
に伸縮,せん断変形及び回転運動の合成と
して表され,そのうちの回転運動を表すベ
クトル又はその成分。ベクトルの方向は回
転運動の回転軸に平行であり,回転角速度
の2倍の大きさをもつ。 

 

vorticity 

ω 

l/s 


49 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8162 

循環 

流体中に閉曲線を考え,この曲線上の各点
における速度の接線方向の成分を,この曲
線に沿って線積分した値。 
周囲の流れに旋回を誘起する強さを示す。 

 

circulation 

Γ 

m2/s 

8163 

渦 

回転運動をしている流体の部分。 

 

vortex 

 

 

8164 

自由渦 

渦度が中心に集中した渦。 
“渦なしの渦”ともいう。流線は同心円と
なり,周方向速度の大きさは半径に逆比例
する。エネルギー損失を伴わない。 
外力が作用せず流れに乗って対流する渦を
いう場合もある。 

 

free vortex 

 

 

8165 

強制渦, 
剛体渦 

至るところ一定の渦度をもつ渦。エネルギ
ー損失を伴う。 
流線は同心円となり,周方向速度の大きさ
は半径に比例する。 

 

forced vortex 

 

 

8166 

組合せ渦, 
ランキン渦 

回転軸からある半径以内は強制渦,それよ
り外側は,自由渦となっている渦。 

 

combined vortex,  
compound vortex,  
Rankine vortex 

 

 

8167 

カルマン渦列 流れの中に置かれた物体背後で,交互に吐

き出される回転方向が逆な周期的な渦の
列。 

 

von Karman's 

vortex street 

 

 

8168 

チップボルテ

ックス 

インペラの羽根端(チップ)から発生する
渦。 

 

tip vortex 

 

 

8169 

空気吸込渦 

吸込水槽の自由表面からベルマウスまで,
断続的又は連続的な空気の吸込みを伴う
渦。 

 

aerated vortex,  
air entraining 

vortex 

 

 

8170 

水中渦 

一端が吸込口内にあり,他端は水槽底面,
側壁又は後壁面にある渦で,渦中心が空洞
を形成しているもの。 

 

non-aerated vortex, 
submerged vortex 

 

 

8171 

没水深さ 

自由表面をもつ吸込水槽において,吸込液
面とポンプ吸込管の入口管端との距離。 

 

depth of 

submergence 

 

 

8201 

基準面からの

高さ 

基準面から当該点までの高さ。 

 

height from datum 

plane 

8202 

比エネルギー 流体の単位質量当たりのエネルギー。 

 

specific energy 

J/kg 

8203 

ヘッド, 
水頭 

単位重量の流体がもつ機械的エネルギー。 
通常その流体柱の高さで表す。 

 

head 

 

8204 

圧力ヘッド, 
圧力水頭 

単位重量当たりの圧力エネルギー。 
圧力に対して流体を押し込むのに必要なエ
ネルギー。 

g

ρ

pで表される。 

ここに, 

p: 静圧(Pa) 
ρ: 密度(kg/m3) 
g: 重力加速度(m/s2) 

 

pressure head 

 

8205 

位置ヘッド, 
位置水頭 

流体がもつ単位重量当たりの位置のエネル
ギーで,基準面からの高さで与えられる。 

 

potential head 

 


50 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8206 

速度ヘッド, 
速度水頭 

流体がもつ単位重量当たりの運動エネルギ
ーで,V2/2gで与えられる。 
ここに, 

V: 流速(m/s) 
g: 重力加速度(m/s2) 

 

velocity head 

 

8207 

全ヘッド, 
全水頭 

流体がもつ圧力ヘッド,位置ヘッド及び速
度ヘッドの総和。 

 

total head 

 

8208 

損失ヘッド, 
損失水頭 

流体が粘性によって失う機械的エネルギー
をヘッドで表したもの。 

 

loss head,  
loss of head 

 

8209 

摩擦損失ヘッ

ド, 

摩擦損失水頭 

流体が固定表面との摩擦によって失う機械
的エネルギーをヘッドで表したもの。 

 

friction head 

 

8210 

圧力勾配 

単位長さ当たりの圧力の変化割合。 
通常は流れに沿った変化割合をいう。圧力
をp,主流方向をxとするとき,dp/dx>0を
逆圧力勾配,dp/dx<0を順圧力勾配という。 

 

pressure gradient 

 

Pa/m 

8211 

圧力係数 

流れの場における圧力と基準圧力との差
を,流れの代表速度の動圧で割って無次元
化した値。 
次の式のCpをいう。 

2

Δ

2

V

ρ

p

Cp

 

ここに, 

Cp:圧力係数 

Δp:流れの場における圧力と基準圧力と

の差(Pa) 

V: 流れの代表速度(m/s) 
ρ: 密度(kg/m3) 

 

pressure 

coefficient 

Cp 

 

8212 

摩擦抵抗係数 流体の摩擦によって生じる抵抗力の無次元

量。 
次の式で表される。 

A

ρV

F

Cf

2

2

1

 

ここに, 

Cf: 摩擦抵抗係数 
F: 摩擦によって生じる力(N) 
ρ: 密度(kg/m3) 
V: 流体の代表流速(m/s) 
A: 流れに接している固体の表面積(m2) 

 

coefficient of skin 

friction 

Cf 

 


51 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8213 

管摩擦係数 

管内面の摩擦力によって生じる管軸方向の
圧力勾配の無次元量。 
次の式のλをいう。 

λ=Δp/[(l/d)ρV2/2] 

ここに, 

λ: 管摩擦係数 

Δp:管内の定常流による長さlの間の圧力

降下(Pa) 

l: 管の長さ(m) 
d: 管の内径(m) 
ρ: 密度(kg/m3) 
V: 管内の断面平均流速(m/s) 

円管以外の場合には,上記の式のdの代わ
りに等価直径deを使用する。 

 

pipe friction 

coefficient 

λ 

 

8214 

円板摩擦 

流体中で円板を回転させるとき,流体摩擦
によって生じる抵抗。 

 

disc friction 

 

 

8215 

相対粗度, 
相対粗さ 

壁面の凹凸の大きさの平均値εと,物体の代
表寸法Lとの比ε/L。 

 

relative roughness 

ε/L 

 

8216 

水力学的滑ら

か 

壁面粗さが乱流における粘性底層内にある
こと。 

 

hydraulically 

smooth 

 

 

8217 

水力半径 
(すいりきは

んけい), 

水力平均深さ 
(すいりきへ

いきんふか
さ) 

管路又は水路内の流れの代表長さ。次の式
のrhをいう。 

S

A

rh

 

ここに, 

rh: 水力半径(m) 
A: 流れの断面積(m2) 
s: 流体に接する周辺の長さ(ぬれ縁長

さ)(m) 

 

hydraulic radius,  
hydraulic mean 

depth 

rh 

8218 

等価直径 

次の式のdeをいう。 

de=4rh 

ここに, 

de: 等価直径(m) 
rh: 水力半径(m) 

円形以外の断面形状をもつ管又は水路の摩
擦を,ほぼこれと等しい円形断面に置き換
えたときの等価な直径に相当する。 

 

equivalent 

diameter 

de 

8219 

バイパス(管

路) 

必要に応じて一つの送水系の2か所を結ぶ
補助管路。 

 

bypath,  
bypass(line) 

 

 

8220 

サイホン 

液体が充満している逆U字形管路で最高点
の圧力が大気圧以下のもの。 

 

syphon,  
siphon 

 

 

8221 

相当管長, 
等価管長 

管路中の曲管,バルブなどの抵抗値を,そ
れと同一の抵抗値となる同径の直管に置き
換えた場合の直管の全長。 

 

equivalent pipe 

length 

 

 

8231 

翼形 

羽根断面の形状。 

 

blade profile,  
aerofoil,  
airfoil,  
hydrofoil 

 

 

8232 

翼弦 

翼形の前縁(ぜんえん)と後縁(こうえん)
とを結ぶ線分。 

 

chord (of blade) 

 

 


52 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8233 

翼弦長 

翼弦の長さ。 

 

chord length 

l, 

8234 

翼列 

同じ形状の翼が規則的に配列されているも
の。 
一平面上で一直線に並んだものを“直線翼
列”,円周上に並んだものを“円形翼列”と
いう。また,流れが翼列を通過して圧力上
昇を伴うものを“減速翼列(ポンプ翼列)”,
圧力低下を伴うものを“増速翼列(タービ
ン翼列)”という。 

 

cascade 

 

 

8235 

ピッチ, 
スペーシング 

翼列の隣り合った翼の対応する点の間の距
離。 
円形翼列では,円周に沿った距離をいう。 

 

pitch 
spacing 

t, 

8236 

節弦比 

ピッチと翼弦長との比。 
節弦比の逆数を“ソリディティ”と呼ぶ。 

 

pitch-chord ratio 

 

 

8237 

そり 

翼形の中心線をキャンバ線といい,その曲
がりの程度を中心線と翼弦との距離によっ
て表した値。 
そりの翼弦長に対する比率の最大値で曲が
りの程度を代表させることが多い。 

 

camber 

 

 

8238 

翼形の入口角 翼前縁でキャンバ線の接線と翼列線への垂

線とのなす角。 

 

blade inlet angle 

 

 

8239 

翼形の出口角 翼後縁でキャンバ線の接線と翼列線への垂

線とのなす角。 

 

blade outlet angle 

 

 

8240 

羽根入口角 

インペラ又はガイドベーンの入口で,円周
に対する接線と羽根中心線の接線とがなす
角。 

 

vane inlet angle,  
blade inlet angle,  
inlet angle of a 

vane,  

inlet angle of a 

blade 

β1 

 

8241 

羽根出口角 

インペラ又はガイドベーンの出口で,円周
に対する接線と羽根中心線の接線とがなす
角。 

 

vane outlet angle,  
blade outlet angle,  
outlet angle of a 

vane,  

outlet angle of a 

blade 

β2 

 

8242 

流入角 

流入速度の方向と翼列線への垂線とがなす
角。 

 

inflow angle,  
inlet angle 

 

 

8243 

流出角 

流出速度の方向と翼列線への垂線とがなす
角。 

 

discharge angle,  
outlet angle 

 

 

8244 

入射角 

翼前縁における翼キャンバ線の接線と流入
速度とがなす角。 

 

incidence angle 

 

 

8245 

偏差角 

流出角と翼形の出口角との差。 

 

deviation angle 

 

 

8246 

転向角 

流入角と流出角との差。 

 

deflection angle 

 

 

8247 

揚力 

翼に働く力の流入速度方向に垂直な分力。 
直線翼列では,流入速度と流出速度との幾
何平均速度の方向に垂直な分力。 

 

lift 


53 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8248 

揚力係数 

次の式のCLをいう。 

2

2

V

L

CL

 

ここに, 

CL:揚力係数 
L: 揚力(N) 
V: 流入速度(単独翼)又は平均速度(直

線翼列)(m/s) 

A: 翼面積(m2) 
ρ: 密度(kg/m3) 

 

lift coefficient 

CL 

 

8249 

抗力 

物体に働く力の流入速度方向の分力。 
直線翼列では,流入速度と流出速度との幾
何平均速度方向の分力。 

 

drag 

8250 

抗力係数 

次の式のCDをいう。 

2

2

V

D

CD

 

ここに, 

CD:抗力係数 
D: 抗力(N) 
V: 流入速度(単独翼)又は平均速度(直

線翼列)(m/s) 

A: 基準面積。ただし,翼では翼面積,円

柱及び角柱では流れに垂直な最大断
面積(m2) 

ρ: 密度(kg/m3) 

 

drag coefficient 

CD 

 

8251 

迎え角 

翼への流入速度方向と翼弦とのなす角。 
直線翼列では,流入速度と流出速度との幾
何平均速度方向と翼弦とのなす角(揚力が
ゼロの場合の迎え角を“無揚力角”と呼
ぶ。)。 

 

attack angle,  
angle of attack 

 

 

8252 

失速 

迎え角が過大になり翼面に顕著な剝離が起
こる現象。 
失速を生じると揚力係数は減少し,抗力係
数は増大する。 

 

stall 

 

 

8253 

旋回失速 

失速域が翼列の揚力方向に次々と伝ぱ(播)
する現象。 
動翼列,又は静止翼列のどちらにおいても
迎え角が大きくなると発生し得る。 
ディフューザポンプを低流量で運転すると
ガイドベーンに発生することがよくある。 

 

rotating stall 

 

 

8301 

サージング 

ポンプ及び配管を含めた系で,特に周期的
な負荷変動などを与えないのに一種の自励
振動が発生し,周期的に圧力及び流量が変
動する現象。 
系に空気だまりのようなばね作用が存在す
る場合に発生し,配管などに激しい振動を
伴うことがある。 

 

surging 

 

 

8302 

サージ圧(力) 配管系統内において,過渡的に上昇した圧

力の最大値。 

 

surge pressure 

 

Pa 


54 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8303 

水撃 

配管系において,流量を急に変化させると
き,揚液の圧縮性が原因となって起こる激
しい過度的圧力変動。 
(−ΔV)の急減速によって 

Δp=−ρaΔV 

の圧力上昇が生じる。 
ここで, 

Δp:圧力上昇量(Pa) 
ΔV:瞬時減速量(m/s) 

a: 音速(m/s) 
ρ: 密度(kg/m3) 

 

water hammer 

 

 

8304 

キャビテーシ

ョン 

流動している液体の圧力が局部的に低下し
て相変化を生じ,蒸気の泡が発生する現象。 
さらに流れが低圧になるか高速になって,
その部分に空洞を生じる現象もキャビテー
ションという。 
なお,圧力の低下と共に含有気体の泡が発
生する現象はエアレーションというが,こ
の現象もキャビテーションに含められるこ
とがある。 

 

cavitation 

 

 

8305 

キャビテーシ

ョン流れ 

キャビテーションを伴った流れ。 

 

cavitation flow,  
cavitating flow 

 

 

8306 

気泡 

キャビテーション中に発生している個々の
気体の泡。 

 

bubble 

 

 

8307 

ボイド率 

気液二相流体における気相の占める体積比
率。 

 

void fraction 

α 

 

8308 

キャビティ 

キャビテーション中に発生している個々の
気泡集団の領域を表現する場合に使用す
る。 

 

cavity 

 

 

8309 

キャビテーシ

ョンの初生 

流速を増加させたとき又は圧力を低下させ
たとき,気泡発生が開始すること。 
キャビテーションの初生点は,目視,音響
など観測方法によって異なるので注意が必
要である。 

 

incipient of 

cavitation 

 

 

8310 

キャビテーシ

ョンの消滅 

流速を減少させたとき又は圧力を増加させ
たとき,発生していた気泡が発生しなくな
ること。 
一般に,キャビテーションの消滅点のキャ
ビテーション係数は,初生点のそれより高
い。 

 

descent of 

cavitation 

 

 

8311 

初生キャビテ

ーション 

流動している流体の圧力が低下したとき,
最初に発生するキャビテーション。 

 

incipient cavitation 

 

 

8312 

バブルキャビ

テーション 

低圧部で発生し,下流側に流出しながら成
長・崩壊する気泡。 
トラベリングキャビテーション(traveling 
cavitation)とも呼ばれる。 

 

bubble cavitation 

 

 


55 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8313 

シートキャビ

テーション 

羽根に付着して発生する気泡。 
前縁付近に先端をもち,気泡後端は変動し,
気泡群の放出を行う場合もある。フィック
スドキャビテーション(fixed cavitation)と
も呼ばれる。 

 

sheet cavitation 

 

 

8314 

渦キャビテー

ション 

渦中心の低圧部に発生する気泡で,多数の
気泡列又は集合体からなる糸状のキャビテ
ーション。 

 

vortex cavitation 

 

 

8315 

クラウドキャ

ビテーショ
ン 

シートキャビテーションなどの後端から流
れの中に放出される多数の気泡の集合体。 
この中心は渦キャビテーションからなって
いる場合が多い。シートキャビテーション
及びクラウドキャビテーションを総称して
クラウドキャビテーションという場合もあ
る。 

 

cloud cavitation 

 

 

8316 

パーシャル

(サブ,部
分)キャビ
テーション 

羽根(翼)面に生じるキャビテーションの
うち,キャビティ長が羽根よりも短いキャ
ビテーション。 

 

partial cavitation 

 

 

8317 

スーパーキャ

ビテーショ
ン 

羽根(翼)面に生じるキャビテーションの
うち,キャビティ長が羽根よりも長いキャ
ビテーション。 
通常,明瞭な気液界面が観察される。 

 

supercavitation, 

super cavitation 

 

 

8318 

負圧面キャビ

テーション 

羽根負圧面上に発生するキャビテーショ
ン。 

 

cavitation on 

suction side 

 

 

8319 

圧力面キャビ

テーション 

羽根正圧面上に発生するキャビテーショ
ン。 

 

cavitation on 

pressure side 

 

 

8320 

隙間キャビテ

ーション 

オープンインペラのケーシングとの隙間に
発生するキャビテーション。 

 

leakage cavitation 

 

 

8321 

チップボルテ

ックスキャ
ビテーショ
ン 

オープンインペラのチップ隙間の漏れ流れ
とチップボルテックスとによって発生する
渦キャビテーション。 

 

tip vortex 

cavitation 

 

 

8322 

逆流渦キャビ

テーション 

低流量域で運転する場合など,インペラ入
口部の逆流中に発生する渦キャビテーショ
ン。 

 

vortex cavitation 

in reverse flow 

 

 

8323 

噴流キャビテ

ーション 

水中噴流中において,噴流界面の渦に起因
するキャビテーション。 

 

cavitation liquid 

jet 

 

 

8324 

キャビテーシ

ョンサージ 

キャビテーションの発生によるサージング
現象。 

 

cavitation surge 

 

 

8325 

旋回キャビテ

ーション 

ポンプインペラ入口部にキャビティが非軸
対称に発生し,その発生パターンがインペ
ラの回転速度と異なる速度で円周方向に伝
ぱ(播)する現象。 

 

rotating cavitation 

 

 

8326 

キャビテーシ

ョン強さ 

キャビテーションの崩壊に伴い発生する単
位面積当たりかつ単位時間当たりのエネル
ギー。 

 

cavitation intensity 

(W/m2) 

8327 

エロージョ

ン・コロー
ジョン 

流れによる機械的作用と腐食とが重畳して
起こる損傷。 

 

 

 

 


56 

B 0131:2017  

 

番号 

用語 

定義 

慣用語 

対応英語 

量記号 単位記号 

8328 

キャビティ長

さ, 

キャビテーシ

ョン長さ 

羽根面上に発生するキャビテーションにお
いて,先端から後端までのキャビティの長
さ。 
キャビテーションの観測ができず,キャビ
テーションの損傷痕がある場合は,羽根前
縁から損傷痕後端までの長さ。 

 

cavity length,  
cavitation length 

Lcav 

8329 

音響インピー

ダンス 

音圧に対する媒質粒子速度の比。 
キャビテーションによるエロージョンに影
響を与える。 

 

acoustic 

impedance 

 

Pa・s/m 

8401 

流れ解析 

液体及び気体が対象をどのように流れる
か,速度及び量を表して解析すること。 

 

flow analysis 

 

 

8402 

数値流体力学,
CFD 

流体の運動に関する方程式をコンピュータ
で解くことによって流れをシミュレートし
解析する手法。略称CFD。 

 

Computational 

Fluid Dynamics 

 

 

 


57 

B 0131:2017  

 

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4316 

バランスホール 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4601 

グランドパッキン 

4704 

ライナリング 

4705 

軸封部 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4720 

パッキン押さえボルト 

4955 

フレーム 

6102 

共通ベース 

6109 

軸継手 

6111 

呼び水じょうご 

6139 

基礎ボルト 

 

図1−横軸片吸込渦巻ポンプ(フートサポート形) 

 

 

 

番号 

用語 

4102 

ボリュート 

4121 

吸込口 

4122 

吐出し口 

4123 

吸込流路 

4305 

(インペラの)羽根 

4306 

(インペラ)ハブ 

4310 

主板 

4311 

側板 

4312 

(インペラ)アイ 

4315 

側板滑り部 

4705 

軸封部 

6117 

空気抜きコック 

6122 

呼び水コック 

 

図2−横軸片吸込渦巻ポンプ(ブラケットサポート形) 

 

 


58 

B 0131:2017  

 

 

図3−渦巻ケーシング(ボリュート) 

 

 

 

番号 

用語 

4305 

(インペラの)羽根 

4310 

主板 

4311 

側板 

 

図4−インペラ 

 

番号 

用語 

4102 

ボリュート 

4122 

吐出し口 

4126 

(ボリュート)巻き始め 

4127 

スロート 

4128 

ディフューザ 

4305 

(インペラの)羽根 

 


59 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

6102 

共通ベース 

 

図5−横軸直動式片吸込渦巻ポンプ 

 

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

6117 

空気抜きコック 

 

図6−インラインポンプ 

 

 


60 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4206 

メカニカルシールカバー 

4301 

インペラ 

4307 

インペラリング 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4515 

インペラキー 

4518 

メカニカルシールスリーブ 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

4851 

軸受カバー 

4852 

軸受ハウジング 

4856 

オイルフリンガ 

4857 

オイラ 

 

図7−横軸片吸込渦巻ポンプ 

 

 

 

図8−シングルメカニカルシール 

 

 

 


61 

B 0131:2017  

 

 

図9−ダブルメカニカルシール 

 

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4301 

インペラ 

4803 

水中軸受 

4901 

ステータ組立(品) 

4902 

ロータ組立(品) 

4903 

ステータキャン 

4904 

ロータキャン 

4905 

サーキュレーション
チューブ 

 

図10−キャンドモータポンプ 

 

 


62 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4803 

水中軸受 

4906 

駆動マグネット 

4907 

従動マグネット 

4908 

リアケーシング 

4909 

ブラケット 

 

図11−マグネット駆動ポンプ 

 

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4515 

インペラキー 

4601 

(グランド)パッキン 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4851 

軸受カバー 

4852 

軸受ハウジング 

 

図12−スクリューインペラ渦巻ポンプ 

 

 


63 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4105 

上部ケーシング 

4106 

下部ケーシング 

4301 

インペラ 

4307 

インペラリング 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4505 

スリーブナット 

4512 

インペラナット 

4515 

インペラキー 

4516 

水切りつば 

4601 

(グランド)パッキン 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4709 

ネックブッシュ 

4715 

封水管 

6109 

軸継手 

 

図13−横軸水平割り形両吸込渦巻ポンプ 

 

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4501 

(軸)スリーブ 

4505 

スリーブナット 

4515 

インペラキー 

4601 

(グランド)パッキン 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4715 

封水管 

 

図14−横軸サイドカバー形両吸込渦巻ポンプ 


64 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4109 

中間ケーシング 

4203 

バランス室カバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4505 

スリーブナット 

4508 

バランスディスク 

4516 

水切りつば 

4601 

(グランド)パッキン 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4707 

ランタンリング 

4708 

封水リング 

4710 

中間ブッシュ 

4712 

バランスブッシュ 

4713 

バランスシート 

4716 

バランスパイプ 

4719 

締付ボルト 

6109 

軸継手 

6111 

呼び水じょうご 

 

図15−横軸輪切形渦巻ポンプ(バランスディスク形) 

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4109 

中間ケーシング 

4203 

バランス室カバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4505 

スリーブナット 

4510 

バランスピストン 

4515 

インペラキー 

4516 

水切りつば 

4601 

(グランド)パッキン 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4710 

中間ブッシュ 

4714 

バランスリング 

 

図16−横軸輪切形ポンプ(バランスピストン形) 


65 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4109 

中間ケーシング 

4203 

バランス室カバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4501 

(軸)スリーブ 

4505 

スリーブナット 

4508 

バランスディスク 

4515 

インペラキー 

4516 

水切りつば 

4601 

(グランド)パッキン 

4701 

ガイドベーン 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4710 

中間ブッシュ 

4712 

バランスブッシュ 

4713 

バランスシート 

4715 

封水管 

4716 

バランスパイプ 

4719 

締付ボルト 

6109 

軸継手 

6111 

呼び水じょうご 

 

図17−横軸輪切形ディフューザポンプ(バランスディスク形) 

 

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4109 

中間ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

 

図18−横軸輪切形ディフューザポンプ(セルフバランス形) 

 


66 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4105 

上部ケーシング 

4106 

下部ケーシング 

4206 

メカニカルシールカバー 

4301 

インペラ 

4307 

インペラリング 

4401 

主軸 

4501 

(軸)スリーブ 

4504 

中間スリーブ 

4505 

スリーブナット 

4518 

メカニカルシールスリーブ 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

4705 

スタフィングボックス 

4710 

中間ブッシュ 

4711 

減圧ブッシュ 

4853 

軸受支え 

 

図19−横軸水平割り形多段渦巻ポンプ(セルフバランス形) 

 

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4109 

中間ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4206 

メカニカルシールカバー 

4301 

インペラ 

4307 

インペラリング 

4401 

主軸 

4508 

バランスディスク 

4515 

インペラキー 

4516 

水切りつば 

4602 

メカニカルシール 

4701 

ガイドベーン 

4704 

ライナリング 

4705 

スタフィングボックス 

4712 

バランスブッシュ 

4719 

締付ボルト 

4802 

すべり軸受 

4852 

軸受ハウジング 

 

図20−横軸輪切形多段ディフューザポンプ 

 

 


67 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4117 

内部ケーシング 

4118 

外部ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4202 

吸込カバー 

4206 

メカニカルシールカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4501 

(軸)スリーブ 

4507 

バランススリーブ 

4513 

割りリング 

4515 

インペラキー 

4516 

デフレクタ 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

4710 

中間ブッシュ 

4712 

バランスブッシュ 

 

図21−横軸多段渦巻ポンプ(バレル形) 

 

 


68 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4105 

上部ケーシング 

4106 

下部ケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4109 

中間ケーシング 

4118 

外部ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4406 

スプラインシャフト 

4512 

インペラナット 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

4719 

締付ボルト 

4803 

水中軸受 

4951 

原動機架台 

6109 

軸継手 

 

図22−立軸多段ポンプ 

 

 


69 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4517 

砂よけカラー 

4602 

メカニカルシール 

4704 

ライナリング 

4954 

吸込ストレーナ 

6109 

軸継手 

 

図23−設備排水用水中モータポンプ上軸内装形(キャンド式) 

 

 


70 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4515 

インペラキー 

4602 

メカニカルシール 

4721 

ガスケット 

4954 

吸込ストレーナ 

6101 

ベース 

 

図24−設備排水用水中モータポンプ下軸外装形(乾式)(セミオープンインペラ使用) 

 

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4111 

吐出しエルボ 

4201 

ケーシングカバー 

4202 

吸込カバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4602 

メカニカルシール 

4951 

原動機架台 

 

図25−設備排水用水中モータポンプ下軸外装形(乾式)(ノンクロッグポンプ) 

 

 


71 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4111 

吐出しエルボ 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4602 

メカニカルシール 

4951 

原動機架台 

 

図26−設備排水用水中モータポンプ下軸外装形(乾式)(ボルテックスポンプ) 

 

 

 

図27−着脱装置 

 

 


72 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4118 

外部ケーシング 

4202 

吸込カバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4515 

インペラキー 

4602 

メカニカルシール 

4954 

吸込ストレーナ 

 

図28−工事用水中ポンプ(内装形) 

 

 


73 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4202 

吸込カバー 

4301 

インペラ 

4314 

裏羽根 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4601 

(グランド)パッキン 

4703 

ケーシングライナ 

4705 

スタフィングボックス 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

 

図29−横軸片吸込渦巻ポンプ(ドレッジポンプ) 

 

 


74 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4112 

揚水管 

4113 

つり下げ管 

4202 

吸込カバー 

4301 

インペラ 

4402 

上部軸 

4403 

下部軸 

4405 

中間軸継手 

4512 

インペラナット 

4704 

ライナリング 

4803 

水中軸受 

4854 

水中軸受支え 

4951 

原動機架台 

4954 

吸込ストレーナ 

4955 

フレーム 

6109 

軸継手 

 

図30−立軸片吸込渦巻ポンプ(槽内形) 

 

 


75 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4111 

吐出しエルボ 

4112 

揚水管 

4114 

吸込エルボ 

4202 

吸込カバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4704 

ライナリング 

 

図31−立軸片吸込渦巻ポンプ(槽外形) 

 

 

 

番号 

用語 

4105 

上部ケーシング 

4106 

下部ケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4204 

点検(孔)カバー 

4301 

インペラ 

4308 

インペラキャップ 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4503 

水中軸受スリーブ 

4515 

インペラキー 

4516 

水切りつば 

4601 

(グランド)パッキン 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4708 

封水リング 

4803 

水中軸受 

6109 

軸継手 

 

図32−横軸斜流ポンプ(クローズドインペラ) 

 

 


76 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4108 

吸込ケーシング 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4513 

割りリング 

4703 

ケーシングライナ 

 

図33−横軸斜流ポンプ(オープンインペラ) 

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4703 

ケーシングライナ 

4803 

水中軸受 

 

図34−横軸軸流ポンプ(インペラ一体形) 

 

 

番号 

用語 

4107 

吐出しケーシング 

4305 

(インペラの)羽根 

4306 

(インペラ)ハブ 

 

図35−横軸軸流ポンプ(インペラ組立形) 


77 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4110 

吐出しボウル 

4111 

吐出しエルボ 

4112 

揚水管 

4115 

吸込ベル 

4301 

インペラ 

4402 

上部軸 

4403 

下部軸 

4405 

中間軸継手 

4502 

パッキンスリーブ 

4512 

インペラナット 

4601 

(グランド)パッキン 

4703 

ケーシングライナ 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4707 

ランタンリング 

4803 

水中軸受 

4854 

水中軸受支え 

4953 

保護管 

6107 

ソールプレート 

6109 

軸継手 

 

図36−立軸斜流ポンプ(オープンインペラ) 

 

 


78 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4110 

吐出しボウル 

4112 

揚水管 

4115 

吸込ベル 

4118 

外部ケーシング 

4301 

インペラ 

4512 

インペラナット 

4703 

ケーシングライナ 

4803 

水中軸受 

4953 

保護管 

 

図37−立軸斜流ポンプ(プルアウト形) 

 

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4201 

ケーシングカバー 

4301 

インペラ 

4401 

主軸 

4512 

インペラナット 

4706 

パッキン押さえ 

4955 

フレーム 

 

図38−立軸渦巻斜流ポンプ(オープンインペラ) 

 

 


79 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4110 

吐出しボウル 

4112 

揚水管 

4115 

吸込ベル 

4116 

中間ボウル 

4301 

インペラ 

4402 

上部軸 

4403 

下部軸 

4405 

中間軸継手 

4704 

ライナリング 

4803 

水中軸受 

4953 

保護管 

 

図39−立軸多段ディフューザポンプ(オープンインペラ) 

 

 


80 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4110 

吐出しボウル 

4112 

揚水管 

4115 

吸込ベル 

4116 

中間ボウル 

4118 

外部ケーシング 

4301 

インペラ 

4316 

バランスホール 

4401 

主軸 

4502 

パッキンスリーブ 

4503 

水中軸受スリーブ 

4704 

ライナリング 

4706 

パッキン押さえ 

4707 

ランタンリング 

4803 

水中軸受 

4854 

水中軸受支え 

4951 

原動機架台 

6109 

軸継手 

 

図40−立軸多段ディフューザポンプ(ピットバレル形,クローズドインペラ) 

 

 


81 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4110 

吐出しボウル 

4111 

吐出しエルボ 

4112 

揚水管 

4115 

吸込ベル 

4305 

(インペラの)羽根 

4306 

(インペラ)ハブ 

4402 

上部軸 

4403 

下部軸 

4405 

中間軸継手 

4503 

水中軸受スリーブ 

4512 

インペラナット 

4601 

(グランド)パッキン 

4705 

スタフィングボックス 

4706 

パッキン押さえ 

4803 

水中軸受 

4854 

水中軸受支え 

4951 

原動機架台 

4953 

保護管 

6107 

ソールプレート 

6109 

軸継手 

 

図41−立軸軸流ポンプ 


82 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

4101 

ケーシング 

4202 

吸込カバー 

4301 

インペラ 

4405 

中間軸継手 

4501 

(軸)スリーブ 

4504 

中間スリーブ 

4512 

インペラナット 

4515 

インペラキー 

4517 

砂よけカラー 

4704 

ライナリング 

4710 

中間ブッシュ 

4803 

水中軸受 

4954 

吸込ストレーナ 

4955 

フレーム 

6101 

ベース 

6115 

空気抜き弁 

7114 

吐出し管 

 

図42−水中モータポンプ(深井戸用) 

 


83 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

1319 

チューブラポンプ 

6124 

逆止め弁 

6127 

吐出し弁 

7112 

吸込管 

4115 

ベルマウス 

7114 

吐出し管 

7115 

たわみ管継手 

 

図43−チューブラポンプ 

 

 

  

 

番号 

用語 

4110 

吐出しボウル 

4111 

吐出しエルボ 

4112 

揚水管 

4115 

吸込ベル 

4951 

原動機架台 

6106 

架台 

6108 

連結軸 

6109 

軸継手 

 

 

a) 一床式 

b) 二床式 

図44−ポンプ据付方法の例 

 

 


84 

B 0131:2017  

 

 

番号 

用語 

7101 

吸込水槽 

7109 

分割壁 

7110 

渦流防止壁 

7111 

整流壁 

 

図45−吸込水槽