>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0128

:2005

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人火力原子

力発電技術協会(TENPES)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正

すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 0128:1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


B 0128

:2005

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  用語の分類 

1

4.

  用語及び定義 

2


B 0128

:2005

日本工業規格

JIS

 B

0128

:2005

火力発電用語−ガスタービン及び附属装置

Glossary of terms for thermal power plants

gas turbine and auxiliary equipment

1.

適用範囲  この規格は,火力発電で用いられるガスタービン及び附属装置に関する用語,及びその定

義について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0126

  力発電用語−ボイラ及び附属装置

JIS B 0127

  力発電用語−蒸気タービン及び附属装置並びに地熱発電設備

JIS B 8040

  ガスタービン−用語

JIS B 8041

  ガスタービン−受渡試験方法

JIS B 8042-1

  ガスタービン−調達仕様−第 1 部:一般事項及び定義

JIS B 8042-2

  ガスタービン−調達仕様−第 2 部:比較基準条件及び定格

JIS B 8042-4

  ガスタービン−調達仕様−第 4 部:燃料及び環境

JIS B 8042-6

  ガスタービン−調達仕様−第 6 部:コンバインドサイクル

JIS B 8042-9

  ガスタービン−調達仕様−第 9 部:信頼性,稼動性,保全性及び安全性

JIS Z 8106

  音響用語

3.

用語の分類  用語の分類は,次による。

a) 

ガスタービン c) 

圧縮機 e) 

制御−保安装置

  1)  種類及び形式

  1)  種類及び形式

  1)  種類及び形式

  2)  構造・構成

  2)  構造・構成

  2)  構造・構成

  3)  附帯設備

  3)  附帯設備

  3)  附帯設備

  4)  ガスタービン一般

  4)  圧縮機一般

  4)  制御−保安装置一般

  5)  性能及び試験

  5)  性能及び試験

  5)  性能及び試験

b) 

タービン d) 

燃焼器 f) 

燃料装置

  1)  種類及び形式

  1)  種類及び形式

  1)  種類及び形式

  2)  構造・構成

  2)  構造・構成

  2)  構造・構成

  3)  附帯設備

  3)  附帯設備

  3)  附帯設備

  4)  タービン一般

  4)  燃焼器一般

  4)  燃料装置一般

  5)  性能及び試験

  5)  性能及び試験

g) 

吸排気装置 i) 

排熱回収ボイラ及び排気再燃ボイラ k)コンバインドサイクル


2

B 0128

:2005

  1)  種類及び形式

  1)  種類及び形式

l) 

ガスタービンを使った

  2)  構造・構成

  2)  構造・構成

      その他の発電プラント

  3)  附帯設備

  3)  附帯設備

  4)  吸排気装置一般

  4)  排熱回収ボイラ及び

  5)  性能及び試験

        排気再燃ボイラ一般

h) 

脱硝装置

  5)  性能及び試験

  1)  種類及び形式

j) 

ガスタービン用附属熱交換器

  2)  構造・構成

  1)  種類及び形式

  3)  附帯設備

  2)  構造・構成

  4)  排煙脱硝一般

  3)  熱交換器一般

  5)  性能及び試験

  4)  性能及び試験

4.

用語及び定義  用語及び定義は,次による。

なお,参考として慣用語及び対応英語を示す。

備考  用語欄で(  )を付けてあるものは,紛らわしくしない場合はこの部分を省略してもよい。

a)

ガスタービン

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1101 

ガスタービン

作動流体の熱エネルギーを機械的仕事に変換する機
械で,1 台以上の圧縮機,作動流体を加熱する装置,1

台以上のタービン,制御装置及び必要に応じて,熱交
換器その他の補機から構成される設備。ガスタービン
構成要素の配置例を

付図 1に示す。

 gas

turbine

1102 

ガスタービン発電
プラント

ガスタービンとすべての必要な附属装置とを含めた
発電設備。

 gas

turbine

power

plant

1103 

開放サイクル

吸気,排気ともに大気に開放されている熱力学的サイ
クル。

 open

cycle

1104 

密閉サイクル

作動流体が大気から隔離されて回流する熱力学的サ
イクル。

 closed

cycle

1105 

内燃ガスタービン

燃焼器内で,作動流体中に直接燃料を噴射,燃焼させ
て作動流体を加熱する方式のガスタービン。

 internal

combustion gas

turbine

1106 

外燃ガスタービン

作動流体中に直接燃料を混入しないで,熱交換器など
によって間接的に作動流体を加熱する方式のガスタ
ービン。

 external

combustion gas

turbine

1107 

単純サイクル

連続的な圧縮,加熱及び膨張過程だけから形成される
熱力学的サイクル(JIS B 8042-1 参照)

シンプルサイ
クル

simple cycle

1108 

再生サイクル

作動流体の連続的な圧縮,再生加熱,加熱,膨張及び
再生冷却(排ガスから圧縮機出口流体への熱伝達)過
程によって形成され,排熱回収を行う熱力学的サイク

ル。

 regenerative

cycle

1109 

中間冷却サイクル

継続する圧縮過程の段間において,作動流体を冷却す

る熱力学的サイクル。

 intercooled

cycle


3

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1110 

再熱サイクル

継続する膨張過程の段間において,作動流体を再度加
熱する熱力学的サイクル。燃焼によって再度加熱する

場合は,

“再燃サイクル”という。

 reheat

cycle

1111 

複合サイクル, 
コンバインドサイ
クル

複数の熱サイクルを結合させて熱効率の向上を図っ

た熱力学的サイクル。一般的には,ガスタービンサイ
クルと蒸気タービンサイクルとを結合させた熱力学
的サイクルを指す。

備考  一般的には,高温域システム,低温域シス

テムとも発電システムの場合をいうが,低
温域サイクルが熱供給だけの場合も広義の

コンバインドサイクルという場合がある
JIS B 8042-6 参照)

ガスタービン

−蒸気タービ
ン複合サイク

combined cycle

combined gas and

steam turbine

cycle

1112 

一軸形ガスタービ

圧縮機とタービンとの回転軸を機械的に結合して,出
力を直接又は変速機を介して取り出すガスタービン

付図 及び付図 参照)。

 single-shaft

gas

turbine

1113 

多軸形ガスタービ

それぞれ独立の回転軸で作動する最小限二台のター
ビンをもつガスタービン。フリータービン形(負荷出
力軸がガス発生機軸と機械的に接続していない形式)

及び,コンパウンド形(高圧・低圧の並列した圧縮機・
タービン軸をもつ形式)などを含む(

付図 及び付図

4

参照)

備考  例えば,軸が二本の場合は,二軸形ガスタ

ービンという。特に,高圧圧縮機・タービ
ン及び,低圧圧縮機・タービンが,同じ軸

心の形式をツインスプール形という。

 multi-shaft

gas

turbine

1114 

定置(式)ガスタ
ービン

一定地点に固定して稼動し,容易に移動できないガス

タービン設備。

 stationary

gas

turbine

1115 

移動(式)ガスタ
ービン

一定地点に固定して稼動するが,別地点に容易に移動
して稼動することができるガスタービン設備。

mobile gas turbine

1116 

抽気ガスタービン

外部で使用することを目的に,圧縮機段間又は圧縮機
出口から圧縮空気を抽出,若しくはタービン入口又は

タービン段間から高温ガスを抽出するガスタービン

付図 参照)。

bleed gas turbine

extraction gas

turbine

1117 

ヘビーデューティ
ガスタービン

あらかじめ陸用・舶用に設計されていて,長期連続運

転を前提としたガスタービン。

heavy duty gas

turbine

1118 

航空転用(形)ガ
スタービン

航空機用エンジンを設計変更,又はガス発生機を主体

にして出力タービンを組み合せて,発電用などに転用
したガスタービン。

航 空 機 転 用

(形)ガスタ
ービン

aero-derivative gas

turbine

1119 

パッケージ形ガス
タービン

ガスタービン及び主要附属装置を,工場で一体のユニ

ット(パッケージ)に組み立ててから出荷するガスタ
ービン。特に数百 kW 以下のガスタービンを,構造,
保守性などの特徴を踏まえて“マイクロガスタービン

(micro gas turbine)

”ということもある。

package type gas

turbine

備考  複合語例  開放再生再熱サイクル二軸形ガスタービン


4

B 0128

:2005

2) 

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1201 

タービン

ガスタービンの構成要素であって,作動流体の膨張に
よって動力を発生させる回転機械。

 turbine

1202 

圧縮機

ガスタービンの構成要素であって,作動流体の圧力を
上昇させる回転機械。

空気圧縮機 compressor

1203 

燃焼器

燃料を燃焼させて作動流体を直接的に,所定のタービ
ン入口温度まで加熱する装置。

備考  再熱用の燃焼器もある。

燃焼室 combustion

chamber

combustor

1204 

ガス発生機

プロセス又は出力タービンに供給する高温圧縮ガス
を発生させるガスタービン構成要素を組み立てた設
備。1 台以上の圧縮機,作動流体を加熱する装置,1

台以上の圧縮機駆動タービン,制御装置及び必要な補
機によって構成する。

備考  航空転用ガスタービン用のガス発生機があ

る。

 gas

generator

1205 

制御−保安装置

正常起動,安定運転,正常停止に必要な制御系(例え

ば,起動制御系,調速機,燃料制御系など),異常状
態における警報又は停止を行う保安系(例えば,過回
転防止装置,燃料遮断系など),運転の監視を行う監

視系及び計器類(例えば,回転速度指示計,ガス温度
計など)並びにシステムに必要な電源制御系から構成
されていて運転に必要な制御,保安,監視のためのす

べての装置を含むシステム。

コントロール

システム

control and

protection

system

1206 

燃料装置

燃料をガスタービンに適したように供給,処理及び調
整する装置。

 fuel

system

1207 

吸排気装置

空気を外部から圧縮機へ導く装置及び燃焼ガスを外
部へ排出するための装置の総称。

air intake and

exhaust system

1208 

脱硝装置

ガスタービンの排ガス中に含まれる窒素酸化物(NO

x

を除去する装置。

De-NO

x

NO

x

 removal

equipment

1209 

排熱回収ボイラ

ガスタービンの排気の熱を回収して蒸気を発生させ
るボイラ。

HRSG

HRB

heat recovery

steam generator

1210 

排気再燃ボイラ

ガスタービンの排気を燃焼用空気として利用するボ

イラ。

fully fired steam

generator

1211 

排気助燃ボイラ

ガスタービンの排気を導いて助燃を行い,その熱回収

によって蒸気を発生させるボイラ。

 supplementary

fired steam

generator

1212 

ガスタービン用附

属熱交換器

ガスタービンの作動流体,潤滑油,冷却空気,冷却水

などを加熱又は冷却する装置。また,ガスタービン排
気による給水加熱器も含む。

 gas

turbine

heat

exchanger

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1301 

減速装置

タービンの出力軸の回転速度を減速して,被駆動機に

タービン出力を伝達する歯車装置。

減速歯車 reduction

gear

1302 

ターニング装置

タービンロータを低速で回転させる装置。

turning

gear

turning device

barring gear


5

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1303 

起動装置

ガスタービンを起動させる装置。

備考  電動機,ディーゼルエンジン,圧縮空気,

蒸気,サイリスタなどによる方法がある。

始動装置 starting

equipment

starter

1304 

潤滑油装置

潤滑油を供給するための装置。油タンク,油ポンプ,

非常用油ポンプ,油ろ過器,油冷却器,配管,計器な
どを含む。

 lubricating

system

1305 

エンクロージャ

ガスタービンプラントの主要部分を風雨から保護し,
かつ,騒音を低減するための分解可能な外囲い。

 enclosure

1306 

換気装置

エンクロージャ内の高温化などを防止するために,換

気ファン,ダクト,ダンパなどからなる装置。

 ventilation

equipment

1307 

純水装置

水中の不純物を除去して純水を作る装置。

water

purification

system

demineralizer

1308 

冷却水装置

ガスタービンに使用する作動流体,潤滑油,冷却空気,

機器などを冷却するための冷却水などを供給する装
置。

 cooling

water

system

1309 

制御油装置

電気式調速装置用の制御油を供給する装置。油タン
ク,制御油冷却器,制御油ポンプなどから構成される。

 hydraulic

power

unit

control oil supply

unit

1310 

制御油冷却器

電気式調速装置用の制御油を冷却する装置。

hydraulic

fluid

cooler

1311 

主制御油ポンプ

電気式調速装置用の制御油を供給するポンプ。

(main)

control

oil

pump

1312 

補助制御油ポンプ

主制御油ポンプが異常時に自動起動して,制御油を供
給するポンプ。

備考1.  主制御油ポンプが主軸駆動の場合は,タ

ービン起動・停止時にも作動する。

2.

潤滑油と主制御油とを共用する場合は,
補助油ポンプが兼用となる。

 auxiliary

control

oil pump

4)

ガスタービン一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1401 

起動, 
始動

ガスタービンが静止又はターニングの状態から運転
の状態に移行すること。 
  なお,停止は,運転の状態から,静止又はターニン

グの状態に移行することをいう。

 start

1402 

自力起動

プラント外部から動力の供給を受けないで行われる

起動。

 black

start

1403 

回転方向

作動流体の流れ方向を基準に定めたガスタービンロ

ータの回転方向。

備考  同じ回転方向でも,吸気側から排気側に向

かって見た場合と,排気側から吸気側に向

かって見た場合とでは逆になるので,注意
を要する。見る方向を定めておく必要があ
る。

 direction of

rotation


6

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1404 

自立運転

起動装置からの回転力の助けがなくても,回転速度の
保持又は必要な加速ができる状態。

 self

sustaining

1405 

無負荷定格速度運

定格回転速度における無負荷運転。

FSNL

full speed no load

operation

1406 

定格負荷定格速度
運転

定格回転速度における定格負荷運転。

FSFL

full speed full load

operation

1407 

タービン入口温度
一定運転

周囲の状態にかかわらず,タービン入口温度を一定に
保つように制御する運転状態。

 inlet

temperature-con

stant operation

1408 

出力一定運転

周囲の状態にかかわらず,出力を一定に保つように制
御する運転状態。

 output-constant

operation

1409 

冷却運転

ガスタービン停止時における各部の急激な温度変化
を避けるために,低負荷又は無負荷で保持する運転。

 cooling

down

1410 

シンクロアイドル
運転

多軸形ガスタービンにおいて,発電機を駆動する出力
軸が系統の周波数に対して,同期速度(又は減速装置
などを介する場合は,その比に応じた速度)で回転し

ている無負荷の運転状態。

 synchronous

idle

operation

1411 

コアアイドル運転

多軸形ガスタービンにおいて,ガス発生機部の回転軸
が自立速度以上で緩速回転している無負荷の運転状

態。

core idle operation

1412 

スピン運転, 
クランキング運転

燃料を投入しないで,起動装置だけの駆動による運

転。

モータリング spin

operation

cranking operation

1413 

強制冷却運転

ガスタービンの高温部分の冷却を目的として行うス
ピン運転。

 forced

cooling

operation

1414 

パージ運転

起動時,点火に先立って燃焼器内及びダクトなどに残
存する未燃焼の燃料を排除するためのスピン運転。

 purging

operation

1415 

起動曲線

起動,速度上昇,併列投入,及び負荷上昇の過程にお
ける,回転速度,圧力,温度,負荷などの変化を,時
間に沿って示した曲線。

 starting

characteristics

diagram

1416 

ターニング

タービン起動前又は停止後にタービンロータのひず
み発生を避けるために,ターニング装置によって低速

で回転させる操作。

 turning

1417 

遠隔操作

有線,無線,極超短波,搬送波などによって,遠隔地
(一般的には敷地外)から,ガスタービン設備を起

動・運転・停止する方法。

 remote

operation

1418 

点火

燃料の燃焼を始めさせることを目的に,点火装置など

を作動させる操作。

 ignition

1419 

着火

点火動作によって燃料が燃焼を始めた状態。

light

off

1420 

起動時間

ガスタービンが静止又はターニングの状態から,定格
負荷又は無負荷定格回転速度に達するまでの時間。

 starting-time

1421 

起動回数

ある期間内に行われた起動の延べ回数。

number of starts

1422 

等価寿命時間

高温部品で,機器の運転状況(起動停止,負荷変化,
トリップ,燃料種別など)を考慮した使用可能時間。

equivalent life time

1423 

等価運転時間

機器の運転状況(起動停止,負荷変化,トリップなど)
を考慮した運転時間。この等価運転時間に換算するた
めの係数を“等価係数”

(equivalent operating factor)と

いう。

 equivalent

operating

hour

equivalent

operating time


7

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1424 

着火運転時間

着 火 か ら 火 が 消 え る ま で の 累 積 運 転 時 間 ( JIS B 

8042-9

参照)

 fired

operating

hour

1425 

高温部

燃焼器からタービン動翼,静翼までを含む,高温の燃
焼ガスが通過する部分。

 hot

section

hot gas-path

1426 

高温部品

高温ガス通路に設置された部品。一般に,運転時間に
よって機器の寿命管理を行う。

 hot

parts

1427 

開放点検

ガスタービンのケーシングを取り外し,主要構成部分
を現地又は修理工場において検査して,不良部品の修
理又は交換を行う作業。検査対象を全範囲とする場合

(major inspection, overhaul)

,高温部に限定する場合

(hot section inspection)などがある。

分解点検, 
オーバホール

major inspection

overhaul

1428 

高温部点検

ガスタービンケーシングの一部を取り外し,燃焼器,
タービンなどの燃焼ガスにさらされる部品について,
現地又は修理工場において検査し,不良部品の修理又

は交換を行う作業(JIS B 8042-9 参照)

 hot

section

inspection

hot gas path

inspection

1429 

燃焼器点検

燃焼器を取り外し,主要構成部分を現地又は修理工場
において検査し,不良部分の修理又は交換を行う作

業。

 combustor

inspection

1430 

内視鏡点検

ケーシングを開放することなく,内視鏡を用いて回転

部及び静止部を目視で行う検査作業。

ボアスコープ

点検

bore scope

inspection

1431 

遮熱コーティング

燃焼ガスの高温から部材を保護するために,高温部品
の表面に施し,その熱抵抗によってメタル温度が高く

ならないようにするセラミックコーティング。

備考  セラミックコーティングとは,アルミナ,

ジルコニア,ジルコン,クロミアなどを溶

融噴射し,金属表面に陶磁性の無機質被覆
を形成する方法である。

TBC

遮熱被覆

thermal barrier

coating

1432 

耐高温腐食コ−テ
ィング

高温作動流体中の腐食成分によるガスタービン部品
の腐食を防止するためのコーティング。

 hot

corrosion

resistant coating

1433 

耐酸化コ−ティン

ガスタービン部品の高温酸化を防止するためのコー

ティング。

 oxidation

resistant

coating

1434 

耐食コーティング

作動流体中の腐食成分による動・静翼の腐食を防止す

る被膜。

 corrosion

protection

coating

1435 

耐摩耗コーティン

燃焼器,ロータなどで部品間の接触及びしゅう(摺)

動が発生する部位において,相対摩擦による摩耗を防
ぐ目的で施工するコーティング。

 wear

resistant

coating

abrasion resistant

coating

1436 

アブレダブル・コ
ーティング

対向する回転面刃先と対で漏えい(洩)量の低いシー
ルを実現するために,接触時には,意図的に摩耗する

ように施工するコーティング。

 abradable

coating

1437 

リコーティング

ガスタービンに施工されている耐酸化・耐腐食・遮熱
コーティングなどが,長時間の使用によって劣化した

場合,劣化したコーティング層を除去して,新しくコ
ーティングする修理方法。

 recoating

1438 

大気プラズマ溶射

高温部品において,大気中でプラズマを用いて,コー
ティング材を溶融状態にして基材に吹き付けて,被膜
を得る溶射方法。

APS atmospheric

plasma spraying


8

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1439 

減圧プラズマ溶射

高温部品において,大気圧力以下に減圧した不活性ガ
ス中で発生させたプラズマを用いて,コーティング材

を溶融状態にして基材に吹き付けて,高純度でち(緻)
密にコーティングする溶射方法。

LPPS low

pressure

plasma spraying

1440 

高速フレーム溶射

高温部品において,高速の燃焼ガス中で粉末材料を溶
融して,高速度で基材に粒子をコーティングする溶射
方法。

HVOF high

velocity

oxygen

spraying

high velocity

oxygen-fuel

spraying

1441 

電子ビーム物理蒸

電子ビームを蒸発材料に照射して溶融蒸発させて,基
材表面にコーティングする方法。

EB-PVD electron-beam

physical vapor

deposition

1442 

拡散浸透処理

金属体表面から内部へ拡散現象によって,元素をしみ
込ませて金属体表面を改質する方法。各種プロセスが

あるが,ガスタービン高温部品では,Al,Cr などの拡
散浸透処理が広く適用されている。

 diffusion

coating

1443 

HIP

処理

ガスタービン動翼などの劣化した金属材料に対して,
不活性ガス中で高温・高圧条件を同時に与えて,クリ
ープボイドをつぶし,その後再生処理を行うことによ

って強度を回復させる方法。“熱間等方加圧法”とも
いう。

 hot

isostatic

pressurizing,

hot isostatic

pressing

1444 

拡散ロウ付処理

ガスタービン部品の製造・補修に用いる拡散接合の一

種で,接合面間のインサート金属などを一時的に溶
融,液化した後,拡散を利用して等温凝固させて接合
する方法。

“液層拡散接合処理”ともいう。

 liquid

phase

diffusion

bonding

1445 

空気冷却

冷却媒体として空気を使った冷却方式。   air

cooling

1446 

蒸気冷却

蒸気を高温部品の冷却媒体とする冷却方式。

コンバインドサイクルでは蒸気系と複合して高温

化・高効率化を図る。

 steam

cooling

1447 

クローズド冷却

高温部品の冷却媒体を主流に放出しないで回収する
冷却方式。回収形冷却ともいう。

 closed

loop

cooling

1448 

オープン冷却

冷却媒体を回収しないで主流に放出する冷却方式。

open

loop

cooling

1449 

対流冷却

高温部品内面,スリーブなどによる流路に冷却媒体を
流して,対流熱伝達によって温度を下げる冷却方式。

コンベクショ
ンクーリング

convection cooling

1450 

膜冷却

高温部品の表面に吹き出した冷却媒体によって膜状
の冷媒層を形成して,表面の高温部材への熱を遮断し
て,また冷却する方式。タービン翼の前縁部などに集

中的に使用される場合,“シャワーヘッド冷却”とい
うことがある。また,吹出し口の形状を単純な円形で
はなく,扇形などにして冷却効率を高める“シェイプ

ト・フィルム冷却孔”を用いることもある。

フ ィ ル ム 冷
却, 
フィルムクー

リング

film cooling

1451 

インピンジメント
冷却

冷却媒体を高温部品の内面に噴射衝突させて,そのと

き得られる高い熱伝達率を利用する冷却方式。

衝突冷却,

インピンジメ
ントクーリン

impingement

cooling

1452 

しみ出し冷却

高温部品の内部から小さな孔を通して冷却媒体をし
み出させ,対流冷却効果と膜冷却効果との組合せによ
って高温部材への熱を遮断して,また,冷却する方式。

トランスピレ
ーションクー
リング

transpiration

cooling


9

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1453 

ピンフィン冷却

冷却通路にピン状のフィンを設置して,対流熱伝達率
向上と被伝熱面積増加とによって冷却効率を向上さ

せた冷却方式。

ピンフィンク
ーリング

pin-type fin

cooling

1454 

積層冷却

燃焼器内筒壁などを多重層構造にして,その内部に冷

却空気を流す冷却方式。

 multi-wall

construction

cooling

1455 

逆流膜冷却

膜冷却と類似した冷却方式であり,冷却空気を下流側
から入れ,流れを反転して膜を形成する冷却方式。

reverse flow film

cooling

1456 

(アクティブ)ク
リアランスコント
ロール

定常運転及び過渡運転時に,回転部と静止部とのすき

間を最適に保つために,静止側,回転側を冷却・加熱
して,熱伸び差によってすき間量を制御する方法。タ
ービン側とともに圧縮機側に適用することもある。

 (active)

clearance

control

1457 

ホットエンドドラ
イブ

ガスタービンのタービン排気側に発電機を接続する
機器配置。

 hot

end

drive

1458 

コールドエンドド
ライブ

ガスタービンの圧縮機吸気側に発電機を接続する機
器配置。

 cold

end

drive

5)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1501 

定格出力

所定条件でガスタービンを運転する場合,発電機端子

における計画又は保証出力の総称。

 rated

output

rating

1502 

標準定格出力

比較基準条件における定格出力。

standard

rated

output

standard rating

1503 

実機標準定格出力

比較基準条件のもとで,当該ガスタービンの最も代表
的な使用例における吸排気圧力損失を設定した場合
の出力。

 standard

rated

output in actual

use

1504 

現地定格出力

ガスタービンプラントを設置する現地の条件(大気圧
力,大気温度,吸排気圧力損失など)における定格出
力。

site rated output

site rating

1505 

届出出力

ガスタービンの設置場所における所定の大気温度に
おいて,届出された定格出力。

備考1.  平成 12 年 6 月以前に認可申請をし,その

後に“認可”を受けたものは“認可出力”
という。

2.

一軸形コンバインドサイクルの場合は,
設置場所における所定の大気温度におい
て届出たガスタービン及び蒸気タービン

の合計の定格出力をいう。

 permitted

output

1506 

ベースモード

標準定格出力を定めたときのタービン入口ガス温度
における運転モード。

 base

operation

mode

1507 

ピークモード

タービン入口温度を標準定格出力の場合より高くし
て,出力増加を図った運転モード。

備考  高温部品の材料表面温度は,ベースモード

時より高くなり,寿命は,ベースモード運
転の場合より短くなる。

 peak

operation

mode


10

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1508 

ピーク定格出力

年間運転時間が 500 時間を超え 2 000 時間以下,年間
平均起動回数 100 回以上 500 回未満の運転モードに対

応する定格出力(JIS B 8042-2 参照)

peak load rated

output

peak load rating

1509 

ベース定格出力

年間運転時間が 6 000 時間を超え 8 760 時間以下の運

転モードに対応する定格出力(JIS B 8042-2 参照)

base load rated

output

base load rating

1510 

短時間定格出力

あらかじめ定められた時間の間,連続して出すことが
できる定格出力。

short time rated

output

short time rating

1511 

制限出力

燃焼ガス温度以外の条件(例えば,軸強度,被駆動機
の容量など)で決まる発電機端子における最大の出
力。

 limit

output

1512 

出力曲線

大気温度に対応して出力の変化を示す曲線(

付図 

照)

出力性能曲線 output

capability

diagram

output

performance

diagram

1513 

修正出力

任意の大気状態で測定された出力を,比較基準条件又
は所定条件での値に修正して求めた,発電機端子にお
ける出力。

 corrected

output

1514 

軸端出力

ガスタービンの出力軸の軸端における出力。

shaft-end

output

1515 

減速機端出力

減速装置が設置される場合において,その出力軸の軸

端における出力。

shaft output of

gearbox

1516 

定格回転速度

定格出力時のガスタービン出力軸の回転速度。

定格回転数,

定格速度

rated speed

1517 

修正回転速度

任意の大気状態で測定された回転速度を,比較基準条
件又は所定条件での値に修正して求めた回転速度

(min

1

。圧縮機性能曲線のパラメータに用いる。

T

T

N

N

0

corr

=

ここに,Ncorr:修正回転速度(min

1

N:回転速度(min

1

T:吸込温度(K) 
添字 0 は所定条件の値

修正回転数 corrected

speed

1518 

自立速度

実運用上最も好ましくない外気条件の下で,起動装置

の動力を用いなくても,ガスタービンを昇速できる最
低の回転速度(min

1

 self-sustaining

speed

1519 

点火速度

点火を開始できる回転速度(min

1

ignition

speed

1520 

タービントリップ
速度

独立の過回転防止装置が作動して,ガスタービンへの
燃料を遮断する回転速度(min

1

turbine trip speed

1521 

アイドリング速度

ガスタービンが安定した運転を持続でき,また,この
状態から負荷上昇,降下又は遮断ができるような,製
造業者が指示した回転速度(min

1

 idling

speed

1522 

危険速度

回転速度が,軸の曲げの固有振動数と一致するときの
回転速度(min

1

。低い値のものから一次危険速度,

二次危険速度などという。

 critical

speed


11

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1523 

熱効率

供給された熱量に対する発生有効仕事の比。

備考  算出に用いた燃料発熱量が,高発熱量であ

るか,低発熱量であるかを明確にする。ガ
スタービンの場合には一般的に低発熱量を
使用する場合が多い。

 thermal

efficiency

1524 

修正熱効率

任意の大気状態で測定された熱効率を,比較基準条件
又は所定条件での値に修正して求めた熱効率。

 corrected

thermal

efficiency

1525 

修正流量

任意の状態(圧力・温度)で定義された流量を,比較
算定条件又は所定条件での値に修正して求めた流量

(kg/s)

 corrected

flow

1526 

燃料消費量

単位時間当たりの燃料の消費量。

fuel

consumption

1527 

燃料消費率

単位時間,単位出力当たりの燃料の消費量。

specific

fuel

consumption

1528 

熱消費量

単位時間当たりに供給された熱量。

備考  算出に用いた燃料発熱量が,高発熱量であ

るか,低発熱量であるかを明確にする。

 heat

consumption

1529 

熱消費率

単位時間,単位出力当たりの熱消費量。

備考  算出に用いた燃料発熱量が,高発熱量であ

るか,低発熱量であるかを明確にする。

 heat

rate

1530 

熱収支

熱の発生,吸収,損失などの過程を分析して,エネル
ギーの収支を精算する計算作業。

熱勘定, 
熱精算, 
熱平衡線図

heat balance

1531 

熱利用率

供給された熱量に対する,発生有効仕事と回収された
熱量との和の比。

備考  算出に用いた燃料発熱量が,高発熱量であ

るか,低発熱量であるかを明確にする。

fuel heat utilization

1532 

低発熱量

燃料の発熱量を表示する方法の一つで,高位発熱量か

ら水蒸気の潜熱を引いたもの。

LHV

低位発熱量

low heating value

lower heating

value

1533 

高発熱量

燃料の発熱量を表示する方法の一つで,熱量計で測定
され,水蒸気の潜熱を含んだ発熱量。

HHV

高位発熱量

high heating

value

higher heating

value

1534 

比出力

作動流体の単位流量当たりのガスタービンの出力。

specific

power

1535 

機械損失

軸受・歯車で発生する摩擦,直結補機を駆動する動力
など,軸端出力として有効に取り出すことができない
仕事。

 mechanical

loss

1536 

熱損失

設計上で熱収支の精算に必要な,ケーシングなどから
の熱伝達によって外部に失われる熱エネルギー。

 heat

loss

1537 

現地条件

ガスタービンプラントを設置する現地の条件(大気圧
力,大気温度,湿度,吸排気圧力損失など)

 site

conditions

1538 

比較基準条件

標準環境におけるガスタービンの運転条件(JIS B 

8042-2

参照)

備考1.  標準環境は,大気温度 15  ℃,大気圧力

1 013 hPa

,相対湿度 60  %をいう。

2.  JIS B 8040

参照。

ISO

条件 standard

reference

conditions


12

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

1539 

修正曲線

大気条件(温度,圧力,湿度)及び対象機器のパラメ
ータ(発電機力率,排気圧力損失など)に応じて,出

力及び熱効率の変化を示す曲線。特に大気温度に対す
る出力の変化を示す曲線を“出力曲線”という。

備考  コンバインドサイクル発電プラントにおい

ては,蒸気タービンの復水器真空度などの
パラメータも用いる。

 correction

curve

1540 

暗騒音

ある音を対象としたとき,その音がないときのその場
所における音(JIS Z 8106 参照)

 ground

noise

back ground noise

1541 

音響パワーレベル

ある音響パワーの基準の音響パワーに対する比の対
数。比の 10 を底とする対数(常用対数)をとり 10 倍
すれば,音響パワーレベルはデシベルで表される。単

位記号は,dB。

 sound

power

level

in decibels

1542 

音圧レベル

ある音圧の基準の音圧に対する比の対数。比の 10 を
底とする対数(常用対数)を採り,20 倍すれば,音圧

レベルはデシベルで表される。単位記号は,dB。

 sound

pressure

level

1543 

透過損失

入射音の音圧レベルに対して,透過する音の音圧レベ

ルがどれだけ低下するかの dB 値。

 sound

transmission

loss

1544 

起動試験

ガスタービンプラントの起動に関連がある諸特性を
確認するための試験。

 starting

characteristics

test

1545 

負荷遮断試験

定格速度である負荷をとっているとき,この負荷を遮

断してガスタービンの応答特性を確認する試験。

 load

dump

test

load rejection test

a)

タービン

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2101 

軸流タービン

膨張過程におけるガスの流れ方向が,巨視的に見れば
機械の回転軸の方向と一致しているタービン。

 axial

flow

turbine

2102 

半径流タービン

タービン翼車入口におけるガスが,軸に直角な平面内
で,半径方向で,かつ,内向きに流れるタービン。

ふく流タービ
ン, 
ラジアルター

ビン

radial inflow

turbine

2103 

出力タービン

多軸形ガスタービンにおいて,負荷を駆動する独立し
た回転軸をもつタービン(

付図 参照)。

 free

power

turbine

power turbine

2104 

圧縮機タービン

多軸形ガスタービンにおいて,圧縮機を駆動するため

に用いるタービン。

 compressor

turbine

2105 

ガスエキスパンダ

特定の用途をもつガスの利用過程中に挿入して,その
熱エネルギーの一部を機械仕事に変換するタービン。

熱エネルギーとして蒸気を利用する場合は,“蒸気エ
キスパンダ”という。

 gas

expander


13

B 0128

:2005

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2201 

高圧タービン

high pressure

turbine

2202 

中圧タービン

intermediate

pressure

turbine

medium pressure

turbine

2203 

低圧タービン

複数個のタービンが膨張を前後に分割して分担する
場合に,作動する圧力段階が高いものから高圧,中圧
及び低圧タービンという。

 low

pressure

turbine

2204 

(タービン)ケー
シング

タービンロータを囲む覆いで,燃焼ガスの流れを導

き,圧力を保持して,通常,内部に静翼などの構造物
を支持する機能をもつ。

車室 casing

2205 

(タービン)外部
ケーシング

二重構造のタービンケーシングで,タービンの外部を
構成して,直接ガスに触れない外側のケーシング。

外部車室 outer

casing

2206 

(タービン)内部
ケーシング

二重構造のタービンケーシングで,直接ガスに触れる

内側のケーシング。

内部車室 inner

casing

2207 

(タービン)ディ
フューザ

燃焼ガスの絶対速度を減少させて,その運動エネルギ

ーの一部を静圧に変換することを目的としたタービ
ン出口の部分。末広がりの流路断面をもつ。

 diffuser

2208 

タービンロータ

タービンの回転部分の総称。燃焼ガスの高速度噴流を

動翼に吹き付けて得た仕事を取り出す機能をもつ。

備考  動翼を植えていないものをタービンロータ

という場合がある。

ロータ,

車軸

turbine rotor

2209 

タービンディスク

タービンロータの一部又は軸に固定された円板。周囲
に動翼を植え込むための構造物。

ディスク, 
円板

turbine disk

2210 

ディスク締付ボル

組立式タービンロータにおいて,タービン各段落のデ
ィスクを結合する締付ボルト。

 stacking

bolt

2211 

カービックカップ
リング

ロータのトルク伝達を向上させるために,ディスク間
の接合面間に設けられた歯車かみ合い形状。“ハース
カップリング”も同義で用いられる。

 curvic

coupling

hirth coupling

2212 

タービン翼車

タービンディスクに動翼を植え込んだ状態のもの。

備考  半径流タービンでは,翼(羽根)付きの円

板状回転体を指す。

翼車 turbine

wheel

2213 

(タービン)翼

燃焼ガスによって衝動,又は反動作用を生じさせて,
タービンロータに回転力を与えるもの。

備考  ケーシング側に固定した翼と,タービンデ

ィスクに植え込んだ翼とがある。

羽根, 
ブレード

blade

2214 

(タービン)動翼

タービンディスク側に植え込んだ翼。衝動段落におい

て,

“バケット”という場合がある。

 blade

rotor blade

bucket

2215 

(タービン)静翼

タービンケーシング側に固定した翼。衝動段落におい
て,

“ノズル”又は“噴口”という場合がある。

 vane

stator vane

nozzle

2216 

可変静翼

タービンの特性を変化させるために,運転中に取付角
を変化させることができる構造の静翼。

備考  半径流タービンの場合は,“可変ノズル”と

いう。

 variable

stator

vane

variable geometry

variable nozzle


14

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2217 

(タービン)冷却

強制冷却できる構造をもつタービン翼。

(タービン)
冷却ブレード

cooled blade

2218 

サーペンタイン冷
却流路

対流冷却方式の冷却翼の構造で,冷却空気が,冷却翼
などの内部を半径方向に往復して蛇行しながら流れ

るように設けた流路。

 serpentine

cooling

circuit

2219 

タービュレンスプ
ロモータ

対流冷却方式の冷却翼の構造で,熱伝達率向上のため

に,冷却空気通路部内に意図的に設けられる乱流促進
用の突起。

 turbulence

promoter

2220 

多結晶翼

いろいろな向きの結晶からなり,多くの結晶粒界をも

つ材質を使用したタービン翼。

普通鋳造翼 equiaxial

crystal

bucket

conventional

casting bucket

2221 

一方向凝固翼

一方向に凝固させた柱状晶からなる材質を使用した
タービン翼。

DS

翼 directionally

solidified

bucket

columnar grain

bucket

2222 

単結晶翼

結晶粒界がなく,全体が一つの結晶からなる材質を使
用したタービン翼。

SC

翼 single

crystal

bucket

2223 

タービンダイアフ
ラム

タービンノズル及びその保持機構の総称。翼環ともい
う。

 turbine

diaphragm

2224 

隔板

組立式タービンロータにおいて,タービンディスク各

段の間に位置して,静翼設置の空間に対応するディス
ク。

スペーサ spacer

2225 

段落

(タービン)静翼と(タービン)動翼との一組(JIS B 

0127

参照)

備考  ガスの圧力降下を主として静翼で行い,静

翼から出る高速のガスの衝動力によって車
軸を回転させる段落を衝動段落という。

一方,静翼で圧力を降下させて生じたガ

ス速度の衝動力を利用しながら,動翼内で
も圧力を降下させ,主として反動力によっ
て車軸を回転させる段落を反動段落とい

う。

段 stage

2226 

ホイールスペース, 
ディスクキャビテ

タービン静翼の内周側ダイヤフラムとタービンディ
スク及びスペーサとに囲まれた空洞部分。

 wheel

space

disk cavity

2227 

軸受

タービン,圧縮機,その他のロータを支える装置。

ベアリング bearing

2228 

スラスト軸受

タービンロータ,圧縮機ロータに作用する軸方向の力
を支持する軸受。

推力軸受, 
スラストベア
リング

thrust bearing

2229 

ロードカップリン

ガスタービンと発電機ロータ又は蒸気タービンロー
タとを結合して,動力を伝達する軸。

中間軸 load

coupling

2230 

ラビリンスシール

非接触形のガスシールで,複数のナイフエッジ状のリ
ングによって,通過するガスの漏えい(洩)量低減を
図ったシール。

 labyrinth

seal

2231 

ハニカムシール

静止側がはち(蜂)の巣状の薄肉格子形状をもち,対
向する回転側刃先との接触を許容することで,漏えい

(洩)量の低減を図ったシール。

 honeycomb

seal


15

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2232 

ブラシシール

静止側が柔な金属ワイヤのクシ刃先をもち,対向する
回転側との接触を許容することで,漏えい(洩)量の

低減を図ったシール。

 brush

seal

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2301 

タービン洗浄装置

タービン内部,特に翼及びノズルに付着したたい(堆)

積物を,回転中に除去することを目的とした装置。

備考  水又は蒸気を噴射する方法などがある。

 turbine

washing

equipment

4)

タービン一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2401 

(タービン)入口
圧力

タービン入口の燃焼ガスの圧力。特に指定がない限り

全圧力を表す(通常,絶対圧力を示す。

備考  全圧力とは,流れている燃焼ガスなどが,

エントロピー的に速度 0(零)までせき止

められたときに到達する圧力をいう。

 inlet

pressure

2402 

(タービン)入口
温度

ガスタービンの機器としての特性を表す代表値の一

つで,タービン作動流体のガスタービン入口に相当す
る特定点[次の a)又は b)]における流体温度。

a)

燃焼器出口又はタービン第一段静翼入口。

備考  ガスタービンを燃焼器とタービンとに分け

た場合の,タービンの入口に相当する。正
確には,両者の温度は多少異なるが,一般

的に同一とみなす。

b)

タービン第一段動翼入口。

備考  ガスタービンを燃焼器とタービンとに分け

るときに,タービン第一段静翼までを燃焼
器として考えた場合の,タービン入口に相
当する。熱力学的に,作動流体がタービン

において仕事を開始する温度が得られる。

 inlet

temperature

turbine inlet

temperature

firing temperature

2403 

比較算定タービン
入口温度

燃料入熱と空気圧縮機入口空気流量とから算出した

燃焼温度。

備考  JIS B 8041 の定義に準じる。

タービン入口

温度(ISO

turbine reference

inlet

temperature

2404 

(タービン)出口
圧力

タービン出口の燃焼ガスの圧力。特に指定がない限り

全圧力を表す(通常,絶対圧力で示す。

排気圧力 outlet

pressure

exhaust pressure

2405 

(タービン)出口
温度

タービン出口の燃焼ガスの温度。一般的には全温度で

定義され,受渡性能試験などでは全温度が指定される
が,静温度で計測される場合もある。

備考  全温度とは,流れているガスなどを,エン

トロピー的に速度 0(零)までせき止めた
ときに到達する温度。

排気温度,

排ガス温度, 
ブレードパス
温度

outlet

temperature

exhaust

temperature

blade path

temperature


16

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2406 

排ガス温度偏差

失火などの異常燃焼,又は機器損傷などを検出するた
めに監視するガスタービン出口温度の周方向のばら

つき(偏差)

排ガス温度ス
プレッド,

ブレードパス
温度偏差

exhaust

temperature

spread

blade path

temperature

spread

2407 

膨張比

タービンの入口圧力を出口圧力で除した値。通常,絶

対圧力で示した全圧力を用いる。

 expansion

ratio

2408 

ガス流量

タービンを通過する燃焼ガスの単位時間当たりの量。

通常,質量流量(kg/s)として表す。

 gas

mass

flow

gas flow rate

5)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

2501 

タービン出力

タービンからの被駆動機(圧縮機などを含む)に伝達
される動力。

 turbine

output

2502 

(タービン)内部
効率

理論断熱熱落差に対する内部仕事に相当する熱落差
の割合。

備考  内部仕事とは,タービン出力に外部損失を

加えたもの。

 internal

efficiency

2503 

外部損失

軸受損失及びポンプなどの軸駆動補機の機械損失。

mechanical

loss

2504 

(タービン)機械
効率

内部仕事に対するタービン出力に相当する仕事の割
合。

 mechanical

efficiency

2505 

有効効率

理論断熱熱落差に対するタービン出力に相当する熱
落差の割合。

断熱効率 isentropic

efficiency

adiabatic

efficiency

2506 

(タービン)ポリ
トロープ効率

タービンポリトロープ効率

η

p

(%)は,次の式で表し,

性能比較,解析などに用いられる。

100

)

/

(

log

)

/

(

log

1

1

2

e

1

2

e

p

×

κ

κ

=

P

P

T

T

η

ここに,

κ:比熱比

κ=C

P

/C

V

C

P

:定圧比熱[kJ/(kg・℃)]

C

V

:定容比熱[kJ/(kg・℃)]

P

1

P

2

:タービン入口及び出口全圧力

(kPa

abs

T

1

T

2

:タービン入口及び出口全温度
(K)

 polytropic

efficiency


17

B 0128

:2005

c) 

圧縮機

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3101 

軸流圧縮機

圧縮過程における気体の流れの方向が,巨視的に見れ

ば機械の回転軸の方向と一致している圧縮機。

軸流コンプレ

ッサ

axial compressor

axial flow

compressor

3102 

遠心圧縮機

圧縮過程のうちでタービン翼車出口における被圧縮
気体の流れの方向が,回転軸に直角な平面にほぼ沿っ
ており,しかも外向きである圧縮機。

遠心コンプレ
ッサ, 
ふく流圧縮機

centrifugal

compressor

radial compressor

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3201 

低圧圧縮機

低圧コンプレ
ッサ

low pressure

compressor

3202 

中圧圧縮機

中圧コンプレ
ッサ

intermediate

pressure

compressor

medium pressure

compressor

3203 

高圧圧縮機

複数個の圧縮機が,圧縮が前後に分割して分担する場
合に,作動する圧力レベルが低いものから順に,低圧,
中圧及び高圧圧縮機という。

高圧コンプレ
ッサ

high pressure

compressor

3204 

(圧縮機)ケーシ
ング

圧縮機で,作動流体の外側部分を構成する部位。

備考  気体の流れを導き,圧力を保ち,同時に静

翼などの内部構造物を支持する機能をも
つ。

車室 casing,

cylinder

3205 

圧縮機ロータ

圧縮機の回転部分の総称。

備考1.  動翼を介して気体に仕事を付加する機能

をもつ。

2.

動翼を植えていない車軸を,圧縮機ロー
タという場合がある。

コンプレッサ
ロータ,

車軸

compressor rotor

3206 

圧縮機ディスク

圧縮機ロータの一構成要素で,動翼を保持するための
円板状のもの。

円板 compressor

disk

3207 

圧縮機翼車

軸流圧縮機では,ディスクに動翼が植え込まれた状態
のもの。また,遠心圧縮機では,気体に仕事を伝達す
る円板状回転体部分を指す。

インペラ, 
翼車

impeller

compressor wheel

3208 

ディスク締付ボル

組立式圧縮機ロータにおいて,圧縮機各段落のディス
クを結合する締付ボルト。

 stacking

bolt

3209 

(圧縮機)翼

圧縮機で軸動力を気体の圧縮仕事に変換する部分。動
翼と静翼とがある。

羽根, 
ブレード

blade

3210 

(圧縮機)動翼

圧縮機ディスクに植え込まれる翼。

blade

rotor blade

3211 

(圧縮機)静翼

圧縮機ケーシング側に固定される翼。

vane

stator vane

3212 

ダイアフラム

圧縮機静翼及びその保持機構の総称。

diaphragm

3213 

(圧縮機)段落

車軸の回転エネルギーを作動流体の圧力上昇に変換
する機構で,動翼及び静翼の一組のこと(JIS B 0127
参照)

段 stage


18

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3214 

(圧縮機)可変静

運転中,取付角を変化させることができる構造の圧縮
機静翼。

備考  ガスタービンの圧縮機では,設計点を外れ

た状態,特に少ない空気流量に対しサージ
ングを避ける目的に用いる。

VSV

VGV

variable vane

variable stator

vane

variable guide

vane

3215 

入口案内翼

初段動翼の上流側に取り付けた圧縮機静翼。

備考  入口案内翼は一般に可変式であるが,可変

又は固定の両形式の入口案内翼をもった形
式の圧縮機もあり,この形式の案内翼で可
変のものを,特に VIGV(variable inlet guide

vane

)といい,固定のもの(IGV)と区別す

ることもある。

IGV

前置静翼

inlet guide vane

3216 

出口案内翼

最終段動翼の下流側に取り付けた圧縮機静翼。 EGV,

OGV

後置静翼

exit guide vane

outlet guide vane

3217 

(圧縮機)ディフ
ューザ

気体の絶対速度を減少させ,その運動エネルギーの一
部を静圧に変換することを目的とした圧縮機出口の
部分。末広がりの流路断面をもつ。

 diffuser

3218 

抽気弁

他に使用する目的で圧縮機の出口側又は圧縮過程の
途中から気体を抜き出す弁。

air bleed valve

bleed air valve

3219 

放風弁

圧縮過程の作動流体を,サージング防止などのために
外部に放出する弁。

 blow-off

valve

3220 

遷音速翼

翼表面の流れが部分的に超音速となる遷音速領域で
作動する翼形。

 transonic

profile

3221 

亜音速翼

翼表面の流れが音速以下で作動する翼形。

subsonic

profile

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3301 

圧縮機入口氷結防
止装置

大気温度が低い場合に,圧縮機上流段で気体中の水分
が氷結するのを防ぐための装置。

 compressor

intake

anti-icing

system

3302 

圧縮機洗浄装置

圧縮機内部,特に翼に付着した異物を回転中に排除す
ることを目的とする装置。

備考  入口で蒸留水・溶剤を噴射する方式,くる

みの殻・殻物粒などを投入する方式などが
ある。

 compressor

washing

equipment

compressor

cleaning

equipment

3303 

オフライン圧縮機
翼洗浄

ガスタービンをスピン運転で低速度回転させながら,

圧縮機の入口に洗浄液,冷・温水,固形物などを注入
して行う洗浄方法(JIS B 8040 参照)

 off-line

compressor

washing

3304 

オンライン圧縮機
翼洗浄

ガスタービンの負荷運転中に,圧縮機の入口に洗浄

液,冷・温水などを注入して行う洗浄方法(JIS B 8040
参照)

 on-line

compressor

washing

3305 

パーティクルセパ
レータ

圧縮機抽気中の固形物質を分離するための装置。

セパレータ particle

separator


19

B 0128

:2005

4) 

圧縮機一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3401 

吸込圧力

圧縮機入口の気体の圧力。特に指定がない限り全圧力
を表す(通常,絶対圧力で示す。

入口圧力 suction

pressure

inlet pressure

3402 

吸込温度

圧縮機入口の気体の温度。特に指定がない限り全温度
を表す。

入口温度 suction

temperature

inlet temperature

3403 

吐出圧力

圧縮機出口の気体の圧力。特に指定がない限り全圧力
を表す(通常,絶対圧力で示す。

出口圧力 delivery

pressure

outlet pressure

3404 

吐出温度

圧縮機出口の気体の温度。特に指定がない限り全温度
を表す。

出口温度 delivery

temperature

outlet temperature

3405 

圧力比

吐出圧力を吸込圧力で除した値。絶対圧力で示した全
圧力を用いる。

 pressure

ratio

3406 

空気流量

圧縮機を通過する単位時間当たりの空気の量。通常,
質量流量(kg/s)として表す。

 air

mass

flow

air flow rate

3407 

抽気

a)

他に使用する目的で圧縮機の出口側,又は圧縮過
程の途中から気体を抜き出すこと。

b)

そのようにして抜き出された気体。

 air

bleed

bleed air

3408 

放風

圧縮機の出口側又は圧縮過程の途中から,運転の必要
に応じて外部に気体を放出すること。

 blow-off

5)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3501 

圧縮機(駆動)動

圧縮機を駆動させるために必要となる動力。

圧縮機入力 compressor input,

power input for

compressor

compressor drive

power

3502 

(圧縮機)内部効

圧縮機内部仕事に対する理論断熱圧縮仕事の割合。

備考  内部仕事とは,圧縮機軸動力から外部損失

を差し引いたものに相当する仕事をいう。

 internal

efficiency

3503 

外部損失

軸受損失又はポンプなどの軸駆動補機の機械損失。

mechanical

loss

3504 

(圧縮機)機械効

圧縮機軸動力に相当する仕事に対する内部仕事の割
合。

 mechanical

efficiency

3505 

理論断熱圧縮仕事

吸込状態から吐出し状態までの,等エントロピー圧縮
に必要となる仕事。

 workdone for

isentropic

compression

3506 

全断熱効率

圧縮機軸動力に相当する仕事に対する理論断熱圧縮
仕事の割合。

 overall

isentropic

efficiency


20

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

3507 

(圧縮機)ポリト
ロープ効率

圧縮機ポリトロープ効率(%)

η

p

は,次の式によっ

て表す。

100

)

/

(

log

)

/

(

log

1

1

2

e

1

2

e

p

×

κ

κ

=

T

T

P

P

η

ここに,

κ:比熱比

κ=C

P

/C

V

C

P

:定圧比熱[kJ/(kg・℃)]

C

V

:定容比熱[kJ/(kg・℃)]

P

1

P

2

:吸込及び吐出全圧力(kPa

abs

T

1

T

2

:吸込及び吐出全温度(K)

 polytropic

efficiency

3508 

サージング

圧縮機内及びこれに続く管路内の作動流体の質量流
量,並びに圧力の低周波数変動によって特徴づけられ
る不安定状態。

 surging

3509 

失速

圧縮機翼の表面における流れのはく(剥)離が著しく
大きくなって,翼としての機能が低下する現象。

備考  失速は負の迎え角が過大となるときに,又

は衝撃波の発生によって起きる。

 stall

3510 

旋回失速

圧縮機で空気流量が絞られたり,設計点よりはるかに

低い回転速度になったときに起こる翼列の失速現象。

備考  環状流路に現れた幾つかの失速領域が,動

翼の回転と同じ方向に伝わるので旋回失速

という。

 rotating

stall

propagating stall

3511 

チョーキング

圧縮機内部の流路のある部分で相対流速が音速に達

したため,体積流量がそのときの値を超えることがで
きなくなる現象。

 choking

3512 

圧縮機性能曲線

圧縮機の性能を表示した曲線。縦軸に圧力比,横軸に

修正空気流量をとり,修正回転速度と全断熱効率とを
パラメータとしてサージング限界を表すグラフが一
般的である(

付図 参照)。

 performance

characteristic

diagram of

compressor

3513 

修正空気流量

任意の大気状態(圧力,温度)で測定又は定義された
空気流量を,比較算定条件又は所定条件での値に修正

して求めた流量(kg/s)

。圧縮機性能曲線の横軸に用い

られる。

0

0

corr

T

T

P

P

G

G

=

ここに,Gcorr:修正空気流量(kg/s)

G:空気流量(kg/s) 
P:吸込圧力(kPa abs) 
T:吸込温度(K) 
添字 0 は所定条件の値

corrected air flow

3514 

サージマージン

運転状態におけるサージング限界までの余裕。圧力
比,流量,及び回転速度で定義するのが一般的である。

 surge

margin

3515 

ファウリング

作動流体中のちりなどが,圧縮機翼表面に付着する現

象。この付着によって圧縮機が性能低下を起こす。

 fouling


21

B 0128

:2005

d) 

燃焼器

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4101 

筒形燃焼器

筒形の外筒及び内筒の一組から構成される燃焼器。

キャン形燃焼

can-type

combustor

4102 

環状燃焼器

ガスタービンの軸中心線と同心の環状断面をもつ外

筒,及び内筒の一組から構成される燃焼器。

アニュラー形

燃焼器

annular combustor

4103 

環状多筒形燃焼器

ガスタービンの軸中心線と同心の環状断面をもつ外

筒の中に,複数個の円筒状の内筒が軸対称に配置され
ている燃焼器。

キャニュラー

形燃焼器

cannular

combustor

canannular

combustor

4104 

直流形燃焼器

内筒の外側における空気の流れの方向と,燃焼の進行
する方向とが一致している燃焼器。

 straight-flow

combustor

4105 

逆流形燃焼器

内筒の外側における空気の流れの方向と,燃焼の進行
する方向とが逆向きになっている燃焼器。

 counter-flow

combustor

4106 

エルボ形燃焼器

空気の流入方向と燃焼の進行する方向とが,ほぼ直角

になっている燃焼器。

 elbow-type

combustor

4107 

再熱燃焼器

再熱サイクルで,膨張過程の途中で作動流体を再度燃

焼,又は加熱する装置。

再燃器,

再熱器

reheater

reheat combustor

reheat combustion

chamber

4108 

多缶形燃焼器

筒形燃焼器を複数個配置した燃焼器。

マルチキャン
形燃焼器

multi can-type

combustor

4109 

サイロ形燃焼器

大形燃焼室に複数のバーナを備え,タービン軸心にほ
ぼ直角に取り付けている燃焼器。サイロ内部にはセラ
ミックタイルなどの耐熱材料が取り付けられている。

 silo

combustor

4110 

低 NOx 燃焼器

窒素酸化物の生成を抑えるため,局所的な火炎燃焼温
度を低く抑えた燃焼器。水・蒸気を使用しない乾式燃
焼器(予混合燃焼,希薄燃焼,二段燃焼など)を用い

る方式,水・蒸気を噴射する方式,触媒燃焼方式など
がある。

 lower

emissions

combustor

low-NOx

combustor

4111 

デュアルフューエ

ル燃焼器

一つの燃焼器で,二種の燃料を同時に,又は切替えに
よって単独に燃焼できる燃焼器。

 dual

fuel

combustor

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4201 

(燃焼器)内筒

燃焼器で燃焼領域,混合領域及びタービン入口に向か

う燃焼ガス流路を形成する筒状の構造物。

ライナ flame

tube

combustion liner

inner tube

combustor basket

4202 

(燃焼器)外筒

燃焼器の外壁を形成し,内部の圧力に耐える筒状の構
造物。内筒などの内部構造物を保持する外筒自身が,

ガスタービンの強度部分として構成される場合もあ
る。

スリーブ outer

casing

combustor casing

4203 

(燃焼器)尾筒

燃焼器のガス出口部の流路を形成する筒状の構造物。

トランジショ

ンピース

transition pipe

transition piece

4204 

旋回羽根

燃焼用空気に旋回運動を与えるために,燃料噴射ノズ

ルの周囲に設けられた羽根。

スワラ swirl

vane


22

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4205 

燃料噴射ノズル

燃料を燃焼器内に噴射するノズル。

fuel

injection

nozzle

burner

fuel injector

4206 

デュープレックス
ノズル

起動又は低負荷の燃料小流量時用と,定格負荷の大流
量時用との大小二つの噴霧口を設け,燃料流量が大き
く変化する場合に使い分けて,ノズル差圧を高く保持

することによって,液体燃料を高い圧力で噴霧させて
適正に拡散させるノズル。

複室式ノズル duplex

nozzle

4207 

保炎器

火炎の安定を図るために燃焼用空気の流速を下げて,
空気に乱れ及び逆流を生じさせるように,燃料噴射ノ
ズルの近傍に設けられている構造物。

 flame

holder

baffle plate

4208 

火炎伝ぱ管

燃焼器において,複数の内筒を互いに連絡して,着火
の際に,ある内筒から隣の内筒への火炎を伝ぱ(播)
させる管。

連結管, 
連絡管, 
クロスファイ

アチューブ

crossfire tube

connecting pipe

interconnector

crossflame tube

4209 

のぞき窓

内部の燃焼状況などを観察できるように,燃焼器外筒

に設けられた窓。

 sight

glass

observation hole

peep hole

4210 

拡散バーナ

燃料と空気とをあらかじめ混合しないで別々に噴射

して,両者の界面にそれぞれを拡散させて燃焼させる
バーナ。

 diffusion

fuel

burner

4211 

予混合バーナ

燃料をあらかじめ空気と混合して噴射させるバーナ。
保炎目的にパイロットノズルを用いるものもある。

プレミックス
バーナ

premix fuel burner

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4301 

点火装置

起動時に燃料に点火する装置。燃焼器の構造,燃料の

種類などによって,電気火花,電熱線,トーチなどの
方式がある。

点火栓 ignition

equipment

ignitor

4302 

空気制御装置

予混合燃焼による低 NO

x

燃焼を確立するため,燃焼温

度を低く抑えて,適切な空気流量となるように制御す
る装置。燃焼器本体内の分配比率を制御する方式,バ

イパスさせる方式などがある。

air flow controller

4303 

燃料流量分配器

均一な燃焼とするため,各燃料注入器に燃料を均等に
分配する装置。通常,気体燃料には不要である。

fuel flow divider

4)

燃焼器一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4401 

一次燃焼領域

連続燃焼が継続するように循環流を伴う燃焼領域。

備考  この部分の空燃比は理論空燃比に近く,空

気に乱れと定常的な逆流とを生じるように

考慮されている。

 primary

combustion

zone


23

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4402 

二次燃焼領域

一次燃焼領域に続いて十分な空気を混入して燃焼を
完結させる領域。

 secondary

combustion

zone

4403 

混合領域

燃焼ガスの温度をタービンの入口温度まで下げて,適

切な分布が得られるように空気を混入する領域。

希釈領域 dilution

zone

4404 

一次空気

燃料噴射ノズル近傍から一次燃焼領域に送り込まれ

る空気。

 primary air

4405 

二次空気

二次燃焼領域に送り込まれる空気。

secondary air

4406 

混合用空気

混合領域に送り込まれる空気。

希釈用空気 mixing

air

dilution air

4407 

拡散燃焼

燃料と空気とを別々に供給して,両者の境界面にそれ

ぞれが拡散して燃焼させる方法。

 diffusion

combustion

4408 

予混合燃焼

燃料と空気とをあらかじめ混合して燃焼させる方法。

 premix

combustion

4409 

二段燃焼

燃焼器内でフューエル NO

x

低減用に実施する還元二

段燃焼。初段階で,二次空気が供給されるまでの燃料
過濃領域で NO

x

を N

2

に還元して,第二段階で,二次

空気供給後に完全燃焼を図るリッチ・リーン燃焼。

 two

stage

combustion

4410 

触媒燃焼

触媒表面に吸着して活性化した酸素と燃料とによっ

て,低温下で酸化反応が進行する燃焼方法で,火炎燃
焼よりも大幅に低温の燃焼反応のため,低 NO

x

化に貢

献する。

 catalytic

combustion

4411 

蒸気(水)噴射 NO

x

低減,出力増加のために,燃焼器内に蒸気又は水

を噴射する操作方法。

 steam

(water)

injection

4412 

S/F

比 NO

x

低減,出力増大などの目的で,燃焼器内に噴射さ

れた蒸気と燃料との質量流量比。

 steam

injection

ratio

4413 

W/F

比 NOx 低減などの目的で,燃焼器内に噴射された水と燃

料との質量流量比。

 water

injection

ratio

4414 

ウォッベ指数

ガス燃料の互換性を示す指数で,発熱量を対空気比重

の平方根とガス温度の平方根とで除した値(JIS B 

8042-4

参照)

備考  この指数が一定であれば,ガス供給圧が一

定のもとで,バーナに供給されるガスの燃
焼熱量が一定であることを意味する。

 Wobbe

index

4415 

燃焼振動

燃焼現象と燃焼器を構成する各機器の音響系とが共

鳴して,圧力変動及び機器の振動を生じる現象。

 combustion

dynamics

4416 

燃焼振動監視装置

通常運用時及び燃焼器調整時に,燃焼器内圧力変化の

周波数分析などによって燃焼振動を監視する装置。

 combustion

dynamics

monitor

4417 

逆火

燃焼速度と燃料・空気の予混合気速度とのバランスが

崩れて,火炎がノズル上流に進入する現象。 
  なお,燃焼速度は予混合気から見た火炎の速度で,
火炎伝ぱ(播)速度は燃焼器壁面から見た火炎の速度

で定義する。

 flashback

backfire

4418 

失火

燃焼火炎が消える現象。

flame

off

flame out


24

B 0128

:2005

5) 

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

4501 

空燃比

燃料流量(質量)に対する空気流量(質量)の割合。

 air/fuel

ratio

air fuel ratio

4502 

理論空燃比

供給した燃料を完全燃焼させるために,理論上必要な
空気と,その燃料との質量比。

theoretical air fuel

ratio

4503 

空気比

理論空燃比に対する実際空燃比の割合。

空気過剰率

excess air ratio

4504 

燃焼負荷率

燃焼器の単位容積当たり単位時間に発生する熱量
[kJ/(m

3

・h)]

備考  内部の圧力を考慮して修正したものを修正

燃焼負荷率といい,次による。

÷÷ø

ö

ççè

æ

n

abs

3

)

Pa

(

h

m

kJ

 combustion

load

combustion

intensity

specific

combustion

intensity

4505 

燃焼効率

燃焼器で消費された燃料の発熱量に対する,燃焼器で

作動流体に与えられた熱量(燃焼器出口の作動流体が
もつ熱量から燃焼器入口の作動流体及び燃料がもつ
熱量を差し引いたもの)の割合。

燃焼器効率 combustor

efficiency

combustion

efficiency

4506 

燃料噴射圧力

燃料噴射ノズルに供給される燃料の圧力。

fuel

injection

pressure

4507 

燃空比

空気流量(質量)に対する燃料流量(質量)の割合。

 fuel-air

ratio

4508 

理論燃空比

供給した燃料を完全燃焼させるために,化学的に厳密
な割合で示した空気流量(質量)に対する燃料流量(質

量)の割合。

化学量論的燃
空比

stoichiometric

fuel-air ratio

4509 

等価比

実燃空比を理論燃空比で除した値。

備考  等価比が 1 より大きい場合は燃料が過剰な

混合を示し,1 より小さい場合は燃料が希
薄な混合を示す。

 equivalence

ratio

4510 

全圧損失率

燃焼器入口から出口までの圧力損失の入口全圧力に
対する割合。

燃焼器圧力損
失率

total pressure loss

ratio

combustor specific

pressure loss

4511 

温度パターンファ
クタ

燃焼器出口における作動流体の最大温度と平均温度

との差を,燃焼器での温度上昇値で除した値。

 temperature

pattern factor

4512 

(燃焼器)入口圧

燃焼器入口部の全圧力。

inlet

pressure

4513 

(燃焼器)入口温

燃焼器入口部の全温度。

inlet

temperature

4514 

(燃焼器)出口圧

燃焼器出口部の全圧力。

outlet

pressure

4515 

(燃焼器)出口温

燃焼器出口部の全温度。タービン入口温度として使用
されることもある。

 outlet

temperature


25

B 0128

:2005

e) 

制御−保安装置

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5101 

制御装置

ガスタービン及びその附属装置の速度,温度,圧力,

出力などの制御,並びに起動停止時にポンプ,ファン,
バルブなどのシーケンシャル制御を行う装置。

 governing

system

control system

5102 

保安装置

ガスタービン及びその附属設備並びに関連する他の
設備の異常を検出して,その異常によって大きな損
傷,被害が生じることを防ぐように,ガスタービンを

安全に停止させる装置。

 protection

system

safety device

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5201 

ガス温度制御

高温部品の過熱を防ぐために,ガス温度を検知して,
常に所定の設定温度になるように調節する制御機能。

一般的には,タービン入口温度の上限値に相当するタ
ービン出口温度になるように,燃料流量を制御する排
ガス温度制御を行う。

排ガス温度制

gas temperature

control

exhaust

temperature

control

5202 

燃料制御

燃焼器に供給する燃料の量を制御する機能。

fuel

control

fuel control system

5203 

潤滑油制御

ガスタービンに供給する潤滑油の圧力,温度を制御す
る機能。

 lubricating oil

control

5204 

IGV

制御

起動時の圧縮機サージング防止,運転時の負荷調整,
排ガス温度調整及び過回転防止のために,圧縮機の入
口案内翼の開度を調節して空気流量を制御する機能。

 IGV

control

5205 

排気バイパス制御

排気側に排熱回収装置などを設置する場合,ガスター
ビン単独運転を可能とするために設置されるバイパ

ス煙突ダンパを制御する機能。

 (exhaust

gas)

by-pass control

5206 

ガス温度過昇トリ

ップ

ガス温度が規定値を超えて上昇したときに,ガスター
ビンをトリップさせる機能。

排ガス温度高
トリップ

overtemperature

trip

5207 

着火失敗トリップ

起動の場合,燃料を噴射開始した後,規定時間を過ぎ
ても着火しない場合,トリップして起動操作を中止さ

せる機能。

ignition failure trip

5208 

失火トリップ

燃焼器内で燃焼の吹き消えが起こったとき,直ちに燃
料の供給を遮断し,かつ,その他の必要な操作を行っ

てガスタービンをトリップさせる機能。

flame out trip

5209 

調速装置

タービンの回転速度を検出して制御系の要素の作動

位置を決め,作動させる装置。

調速機 speed

governor

5210 

速度設定器

タービンの出力軸の回転速度又は出力を調節する目
的で,調速機の設定値を変化させるための装置。

 speed

changer

5211 

過回転防止装置

ロータが過回転して,ある設定した回転速度に到達し
た場合に,過回転防止系を作動させる制御要素又はト

リップ要素。 
調速装置又は非常調速装置がある。

過速度防止装

overspeed control

device

overspeed

protective

device

5212 

過圧防止装置

ガスタービンの附属設備であって過大圧力を生ずる
おそれのあるものに,その圧力を逃がすために設置す
る装置。

 pressure

relief

device

(equipment)


26

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5213 

火炎検出器

燃焼領域内に火炎が存在しているかどうかを検出す
る装置。

備考  ガスタービンの起動時における着火失敗,

負荷急減時などにおける火炎消失を検知す
る。

 flame

detector

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5301 

制御盤

諸装置の制御,操作及び監視を総括的に行う盤。

control

panel

5302 

計器盤

主に計器を取り付けている盤。

instrument

panel

4)

制御−保安装置一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5401 

瞬時最大速度

定格回転速度で,ある負荷をとって運転していると
き,調速機の調節をそのままとして,負荷を遮断した

後,到達する最大回転速度(min

1

 maximum

momentary

speed

5402 

整定速度

定格回転速度で,ある負荷をとって運転していると

き,調速機の調節をそのままとして,他の負荷に変化
させた後,自動的に整定した回転速度(min

1

 permanent

speed

steady state speed

5403 

整定時間

負荷を変化させた瞬間から回転速度が整定するまで

の時間。

 stabilization

time


27

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5404 

速度調定率

調速装置の設定を変えずに,出力を変化させたときの
回転速度変化率を,出力変化率に対する比率で表した

値(JIS B 0127 参照)で,速度調定率 R(%)は,次
の式によって表す。

100

r

r

2

1

1

2

×

=

n

P

P

P

n

n

R

ここに,n

1

P

1

: 変化前の回転速度(min

1

),

出力(kW)

n

2

P

2

: 変化後の回転速度(min

1

),

出力(kW)

n

r

: 定格回転速度(min

1

P

r

: 定格出力(kW)

備考  “傾斜速度調定率”R

r

(%)は,定常運転

状態における微小回転速度変化率を,微小
出力変化率に対する比率で表した値で,次
の式によって表す。

100

r

r

r

×

=

n

P

dP

dn

R

ここに,     : 出力,回転速度特性の任意出力

点における傾斜(min

1

/kW

P

r

: 定格出力(kW)

n

r

: 定格回転速度(min

1

 speed

regulation

speed regulation

rate

permanent speed

variation

steady state speed

variation

incremental speed

variation

incremental

permanent

speed

variation

incremental speed

regulation

5405 

整定速度調定率

調速装置の設定を変えないで,タービン出力を,定格
負荷から無負荷まで変化させたときの回転速度変化
量を,定格回転速度に対する比率で表した値(

“ドル

ープ”ともいう。

)で整定速度調定率 R

s

(%)は,次

の式によって表す。

100

r

r

0

s

×

=

n

n

n

R

ここに,n

o

: 無負荷回転速度(min

1

n

r

: 定格回転速度(min

1

整定速度変動

steady state speed

regulation

permanent speed

change

5406 

瞬時速度上昇率

瞬時速度上昇率 R

i

(%)は,次の式によって表す。

100

r

r

m

i

×

=

n

n

n

R

ここに,n

m

: 負荷遮断後の瞬時最大回転速度

(min

1

n

r

: 定格回転速度(min

1

瞬時速度変動

maximum

momentary

speed variation

instantaneous

speed change

dn

dP


28

B 0128

:2005

5) 

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

5501 

保安装置試験

保安装置の機能を確認するための試験。   protection

device

test

5502 

非常調速機試験

非常調速装置の動作,及びタービン保護上の回転上昇
によるトリップに至る回転速度を確認するための試
験。

オーバスピー
ドテスト

over speed test

f)

燃料装置

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6101 

燃料処理装置

ガスタービンに適するように燃料を処理する装置。

燃料前処理装

fuel treating

equipment

6102 

燃料供給装置

燃料を貯蔵タンクなどの貯蔵器からガスタービンへ

供給する装置。

fuel supply system

6103 

デュアルフューエ
ルシステム

二種の燃料を同時に,又は切替えによって単独に運転

に用いることができる燃料供給システム。

dual fuel system

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6201 

燃料油ポンプ

燃料を燃料噴射圧力以上に加圧してガスタービンへ
供給するポンプ。

fuel oil pump

6202 

燃料止め弁

ガスタービンへの燃料を遮断するバルブ。

fuel stop valve

6203 

燃料調節弁

ガスタービンへの燃料供給を制御する,最終的な燃料

調節要素として作動するバルブなどの装置。

備考  このほかの方法でガスタービンへの燃料を

制御している装置もある。

fuel flow control

valve

6204 

燃料遮断弁

燃料系統へのすべての燃料の流れを緊急に遮断する
装置。

 fuel

emergency

trip valve

6205 

燃料圧力制御弁

燃料系の特定箇所の圧力又は差圧を,設定どおりに調
整するためのバルブ。

 fuel

pressure

control valve

6206 

燃料流量制御弁

ガスタービン燃焼器への燃料流量を制御する調節バ
ルブ。

fuel control valve

6207 

燃料ガス減圧装置

燃料ガス圧力をガスタービンの受入れ圧力に適する

圧力に減圧する装置。

fuel gas pressure

reducing

equipment

6208 

燃料ガス圧縮装置

燃料ガスをガスタービンに必要な圧力まで昇圧する
装置。

 fuel

gas

compressor

6209 

燃料加熱装置

良好な燃焼のための燃料性状(粘度,過熱度,比容積

など)の調節,及び熱効率の向上のために燃料を加熱
する装置。

 fuel

heater

fuel gas heater


29

B 0128

:2005

3) 

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6301 

ガスタンク

ガス燃料を貯蔵しておくタンク。

ガスホールダ gas

tank

gas holder

6302 

燃料タンク

液体燃料を貯蔵しておくタンク。

燃料槽 fuel

tank

6303 

液化ガス貯蔵タン

液化ガスを保冷して液状で貯蔵するタンク。

liquefied

gas

storage tank

6304 

液化ガス気化装置

液化ガスをガス化する装置。

liquefied gas

vaporizer

4)

燃料装置一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

6401 

(燃料)パージ

定期点検及び改造工事に先立って,配管内などに残存
する燃料を排除する操作。

 fuel

purging

purging

6402 

爆発限界

可燃性ガスと空気との混合ガスが爆発を起こす濃度
範囲の限界値。

 flammability

limits

explosion mixture

limits

6403 

危険場所

電気設備の構造,設置及び使用について特別な安全対

策を要するほど,多くの爆発性雰囲気が存在し,又は
存在することが予測される場所又は区域。

備考  危険場所,又は危険場所において防爆電気

設備を設置する区域を,

“防爆範囲”と呼ぶ

ことがある。

 hazardous area

g)

吸排気装置

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7101 

吸気ダクト

空気を外部から圧縮機入口へ導くダクト。

インレットダ
クト

air intake duct

inlet duct

7102 

排気ダクト

ガスタービンの排ガスを外気,煙突又は排熱回収装置
へ導くダクト。

エグゾースト
ダクト

exhaust duct

7103 

吸気フィルタ

吸気中のごみなどの異物を除去するための装置。

インレットフ
ィルタ

air filter

air cleaner

7104 

換気ダクト

換気するための空気出入口用ダクト。

ventilation

duct

7105 

吸気冷却器

蒸発式,液滴噴霧式,冷水との熱交換式などによって
吸入空気温度を下げて,出力向上を図る装置。

inlet air cooler

inlet evaporative

air cooler

inlet fogger air

cooler

7106 

吸気ダクト凍結防
止装置

吸気ダクト内での凍結を防止するために,吸気を凍結
温度以上に加温する装置。圧縮機再循環装置,温水加

熱装置などがある。

 inlet

duct

anti-icing

system

7107 

ウェザールーバ

雨水,雪などの浸入を制限するために,吸気フィルタ
室の入口に設けるルーバ(JIS B 8040 参照)

 weather

louver


30

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7108 

防虫スクリーン

吸気フィルタ室への昆虫などの侵入を防ぐために,入
口に設置するスクリーン(JIS B 8040 参照)

 insect

screen

7109 

排出物監視装置

排出ガスにおける NOx,SOx,CO などの濃度を測定
して監視する装置。

 emission

monitor

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7201 

慣性(式)フィル

慣性力によってじんあい(塵埃)を分離・除去する方
式のフィルタ。構造によってベーン式とサイクロン式
とがある。

 inertia

separator

7202 

ろ過式フィルタ

紙,布などで作ったろ過膜によって空気をろ過する方
式のフィルタ。構造によって交換式と自己清浄式とが

ある。

バグフィルタ media

filter

bag filter

7203 

HEPA

フィルタ

定格流量で粒径が 0.3µm の粒子に対して,99.97  %以

上の粒子捕集率をもち,かつ,初期圧力損失が一般に

300 Pa

(30 mmH

2

O

)以下の高い性能をもつ空気フィル

タ。

 HEPA

filter

high efficiency

particulate air

filter

7204 

デミスタ

コアレッサ状のパッドによって細かいミストを凝縮,
粗粉化して,捕集するセパレータ。

ミストセパレ
ータ

demister

mist separator

7205 

吸気プレナム

吸気ダクトと圧縮機入口部とを接続する空間。吸気温
度,圧力などの計測座が設置される。

 inle air

plenum

7206 

排気プレナム

ガスタービン出口と排気ダクトとを接続する空間。

exhaust

plenum

7207 

排気ディフューザ

ガスタービン排ガスの絶対速度を低下させて,その運
動エネルギーの一部を静圧に変換することを目的と

したガスタービン出口の部分。末広がりの流路断面を
もつ。

 exhaust

diffuser

7208 

吸気冷却

ガスタービンの吸気の温度を下げて,出力の向上を図

る方法。通過する空気と水とを接触させて,水の蒸発
熱によって吸入空気の温度を下げる蒸発式冷却と,冷
凍機で冷却した媒体を通す吸気ダクト内の熱交換器

によって,吸入空気の温度を下げる冷凍式冷却とがあ
る。

inlet air cooling

inlet evaporative

air cooling

inlet fogger air

cooling

7209 

抽気空気再循環

空気圧縮機から抽気した空気を,圧縮機入口に戻して
再循環させることで圧縮機出口の空気量を調整して,
燃焼器の燃空比の調整を行うことで燃焼の安定化を

はかる方法。

 air

extraction

recirculation

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7301 

消音器

吸気又は排気の騒音を低減させる装置。

サイレンサ silencer,

inlet silencer

exhaust silencer

7302 

給気装置

密閉サイクルガスタービンにサイクル外部から作動

流体を供給する装置。

 air

charging

system


31

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7303 

伸縮継手

管・ダクトの伸縮量を吸収する継手。

エキスパンシ
ョンジョイン

expansion joint

4)

吸排気装置一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7401 

ばいじん

燃料の燃焼過程で生じるすす・灰などの,燃焼ガス中

に含まれる固体の粒状物質。

 particulate

7402 

ばいじん濃度

排ガス中の単位体積に含まれるばいじんの量。

particulate

concentration

7403 

ダスト

気体中に含まれる固体粒子。

dust

7404 

ミスト

気体中に含まれる液体微粒子。

mist

7405 

粒径分布

ダスト又はミストの粒径に対する分布割合を表した。

 particle

size

distribution

5)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

7501 

吸気(圧力)損失

作動流体が,吸気システムを流れる間に生じる全圧力
の低下量(JIS B 8040 参照)

 air

intake

(pressure) loss

inlet (pressure)

loss

7502 

排気(圧力)損失

作動流体が,排気システムを流れる間に生じる全圧力

の低下量(JIS B 8040 参照)

 exhaust

(pressure)

loss

7503 

バッハラッハ数

ばい煙測定器で排ガス中のばい煙を取り出して,基準

となるサンプルと比較して濃度を定量化した数値
JIS B 8042-4 参照)

 Bacharach

method

smoke spot method

7504 

捕集効率

吸気フィルタの上流側に流入する粉じんの除去割合。

特に,粉じんの粒径別に表した捕集効率を“粒径別捕
集効率”という。

 arresting

efficiency

7505 

粉じん保持容量

吸気フィルタが使用限界に達するまでに保持するこ
とができる粉じんの質量を示し,単位面積当たり又は
フィルタ 1 個当たりの質量で表示される。

 dust

holding

capacity

h)

脱硝装置

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8101 

選択接触還元法

触媒を用いて,排ガス中の窒素酸化物(NO

x

)をアン

モニアなどの還元剤によって,窒素と水蒸気とに分解
する方法。

触媒脱硝 selective

catalytic

reduction

process (SCR)

8102 

高温脱硝方式

おおむね 450  ℃以上の高温排ガスを脱硝する触媒脱
硝方式。

 high

temperature

SCR


32

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8103 

中温脱硝方式

おおむね 250∼450  ℃の中温排ガスを脱硝する触媒脱
硝方式。

 medium

temperature

SCR

8104 

低温脱硝方式

おおむね 250  ℃以下の低温排ガスを脱硝する触媒脱

硝方式。

 low

temperature

SCR

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8201 

脱硝反応器

触媒を充てんして,脱硝反応を行わせるための容器。

 NO

x

 removal

reactor

8202 

触媒層

触媒を充てんしている層。

catalyst layer

8203 

触媒容器

触媒を鋼製容器に収めて取扱いの単位としたもの。

触媒パック, 
触 媒 ブ ロ ッ
ク,

触媒バスケッ

catalyst pack

catalyst block

catalyst basket

8204 

脱硝触媒

脱硝反応を促進させる物質。

NO

x

 removal

catalyst

8205 

粒状触媒

平行平板形構成の平行流形触媒。

plate type catalyst

8206 

格子状触媒

格子目形の平行流形触媒。

honeycom type

catalyst

8207 

コルゲート形触媒

波目形の平行流形触媒。

corrugated

catalyst

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8301 

アンモニア供給装

脱硝反応を行わせるためのアンモニアを供給する装
置。

 ammonia

supply

equipment

8302 

アンモニア注入装

脱硝反応器の上流で,排ガス中にアンモニアを注入す
る装置。

 ammonia

injection

equipment

8303 

アンモニア注入格

脱硝用アンモニアを,より均一に注入するために,注
入口(ノズル)が格子状に配置された注入設備。

アンモニア注
入グリッド

ammonia injection

grid

8304 

アンモニア希釈空
気設備

アンモニア供給装置からのアンモニアを空気によっ
て希釈する装置。アンモニア希釈ファン,アンモニア
空気混合器などから構成される。希釈濃度は,アンモ

ニアの爆発限界を考慮して決定する。

 ammonia

dilution

device 

4)

排煙脱硝一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8401 

窒素酸化物, 
NO

x

燃焼反応において生成する窒素酸化物(NO

x

)の総称。

ガスタービン排ガス中の窒素酸化物(NO

x

)は,主と

して一酸化窒素(NO)である。

 nitrogen

oxides

NO

x

8402 

フューエル NO

x

燃料中の窒素化合物が,燃焼によって酸化して発生す

る窒素酸化物。

 fuel

NO

x


33

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8403 

サーマル NO

x

高温の燃焼状態において,燃焼用空気中の窒素と酸素
とが反応して発生する窒素酸化物。

 thermal

NO

x

8404 

リークアンモニア

脱硝反応に寄与しないで,脱硝反応器を通り抜けるア
ンモニア。

残留アンモニ
ア,

未反応アンモ
ニア

leakage ammonia

slip ammonia

8405 

シンタリング

触媒の粒子構造が高温にさらされることによって,破
壊されて比表面積が減少する現象。

焼結 sintering

8406 

アンモニア代替還
元剤

アンモニア水,尿素水,重炭酸アンモニウムなど,排

ガス中でアンモニアに転換して脱硝効果が得られる
物質。

 ammonia

substitutes

5)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8501 

脱硝率

脱硝率

η

x

(%)は,次の式によって表す(JIS B 0126

参照)

100

xi

0

x

xi

x

×

=

NO

NO

NO

η

ここに,NO

xi

: 脱硝装置入口の窒素酸化物

(NO

x

)濃度(ppm)(

1

)

NO

xo

: 脱硝装置出口の窒素酸化物

(NO

x

)濃度(ppm)(

1

)

 NO

x

 removal

efficiency

8502 

SV

触媒単位体積当たりの処理ガス流量で,次の式によっ

て表す(JIS B 0126 参照)

)

h

(

1

=

V

G

SV

ここに,G : 処理ガス流量[m

3

(

2

)/h

V  : 触媒量(m

3

 space

velocity

8503 

LV

触媒層へ入る前のガス速度で,次の式によって表す

JIS B 0126 参照)

)

s

/

m

(

S

Q

LV

=

ここに,Q : 処理温度におけるガス流量(m

3

/s

S  : 触媒層へ入る前のガス入口断面積

(m

2

 linear

velocity


34

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

8504 

AV

触媒の単位ガス接触表面積当たりの処理ガス流量で,
次の式によって表す(JIS B 0126 参照)

)]

m

h

/(

)

(

m

[

2

2

3

=

A

V

G

AV

ここに,G : 処理ガス流量[m

3

(

2

)/h

V  : 触媒量(m

3

A  : 触媒単位体積当たりのガス接触表

面積(m

2

/m

3

 area

velocity

8505 

NH

3

/NO

x

モル比

窒素酸化物(NO

x

)量(モル数)に対する脱硝反応を

させるために注入するアンモニア量(モル数)の比

JIS B 0126 参照)

モル比 NH

3

/NO

x

 molar

ratio

8506 

三酸化硫黄(SO3)
転換率

脱硝反応器において,二酸化硫黄(SO

2

)が,触媒に

よって酸化されて三酸化硫黄(SO

3

)に転換される割

合で,次の式によって表す(JIS B 0126 参照)

(%)

100

)

(

21

31

30

3

×

=

SO

SO

SO

SO

転換率

三酸化硫黄

ここに,SO

30

: 脱硝反応器出口の三酸化硫黄

(SO

3

)濃度(ppm)(

1

)

SO

31

: 脱硝反応器入口の三酸化硫黄

(SO

3

)濃度(ppm)(

1

)

SO

21

: 脱硝反応器入口の二酸化硫黄

(SO

2

)濃度(ppm)(

1

)

二 酸 化 硫 黄

(SO

2

酸化率

SO

2

 to SO

3

conversion ratio

8507 

触媒寿命

触媒が使用中に,経時的に性能低下して,所定の脱硝

率を下回り,交換などを必要とするまでの期間(JIS B 

0126

参照)

 catalyst

life

8508 

換算 NO

x

濃度

排ガス中の酸素濃度を標準酸素濃度に換算したとき
の NO

x

濃度で,次の式によって表す。

)

)(

ppm

(

21

21

NOx

1

s

n

s

O

O

C

×

=

濃度

換算

ここに,C

s

: 排ガス中の実測 NO

x

濃度(ppm)

(

1

)

O

n

: 標準酸素濃度(%)

(ガスタービンの場合 16  %,た
だし,欧米では 15  %を標準とし
ている。)

O

s

: 排ガス中の実測酸素濃度(%)

O

2

換 算 NO

x

濃度

NO

x

 corrected at %

O

2

注(

1

)  “ppm”は体積百万分率。

(

2

)  “m

3

”は 0℃,1 013 hPa の状態。


35

B 0128

:2005

i) 

排熱回収ボイラ及び排気再燃ボイラ

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

9101 

単圧ボイラ

単一の蒸気圧力レベルをもつボイラ。

single

pressure

steam generator

9102 

複圧ボイラ

エネルギーの有効回収を目的として複数の蒸気圧力

レベルをもつボイラ。

 multi-pressure

steam generator

9103 

立置ボイラ

ガス流れが垂直方向となるボイラ。

たて(竪)形

ボイラ

vertical gas flow

type steam

generator

9104 

横置ボイラ

ガス流れが水平方向となるボイラ。

横形ボイラ

horizontal gas flow

type steam

generator

9105 

貫流ボイラ

給水を管の一端からポンプで押し込み,管の他端から
蒸気を取り出すボイラ(JIS B 0126 参照)

 once-through

boiler

9106 

ドラムボイラ

自然循環,強制循環ボイラなどのように蒸気ドラムの

あるボイラ(JIS B 0126 参照)

 drum

boiler

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

9201 

断熱ケーシング

ボイラケーシングの内側又は外側に断熱材を張り,薄
板で表面をライニングしたケーシング構造。

ケーシング insulated

casing

9202 

伝熱管パネル

管寄せと伝熱管とで構成される伝熱部の構造単位。

panel

harp

9203 

伝熱管ブロック

複数の伝熱管パネル,又はループ管で構成された伝熱
管の組合せ。

チューブブロ
ック, 
チューブバン

ドル

tube bundle

module bundle

9204 

(排熱回収ボイ
ラ)モジュール

ケーシングと伝熱管ブロックとで構成された構造単
位。

 HRSG

module

9205 

低圧ボイラ直結脱
気器

低圧ボイラのドラムに直結された脱気器。

integral

deaerator

for low pressure

boiler

3)

附帯設備

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

9301 

バイパス煙突

排熱回収ボイラの入口に設置して,ガスタービン排気
を大気放出するための煙突。

 bypass

stack

9302 

バイパスダクト

排気再燃ボイラにおいて,ボイラ本体をう回するダク
ト。

 bypass

duct

9303 

バイパスダンパ

ガスタービン排気の流入先を,バイパス煙突又はバイ
パスダクトとするか,排熱回収ボイラとするかを切り
換えるためのダンパ。

 bypass

damper

9304 

スタッククロージ
ャダンパ

排熱回収ボイラのガス煙突に設置して,主に雨水の流
入防止,ボイラからの放熱防止目的で設置するダン

パ。

 stack

closure

damper


36

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

9305 

ダイバータダンパ

ガスタービン排気の流れを切り換えるか又は調整す
るダンパ。

 diverter

damper

9306 

ギロチンダンパ

流れに直角に,鋼板などの遮へい物を出し入れして,
流れを遮断又は調整するダンパ。

 isolation

damper

9307 

ルーバダンパ

ガス入口又は排出口に設けられる,ガス量・方向を調
節するためのよろい戸式のダンパ。

 louver

damper

9308 

バタフライダンパ

回転式のダンパ。

butterfly damper

9309 

ダンパエアシール

ダンパからのガス漏れを防ぐエアシール。

damper air seal

9310 

ダクトバーナ

排熱回収ボイラでの蒸気発生量の増加を目的として,
ガスタービン排気をダクト内,又は排熱回収ボイラの
伝熱管パネル間で助燃するための設備。助燃バーナと

もいい,排気助燃ボイラに設置される。

 duct

burner

4)

排熱回収ボイラ及び排気再燃ボイラ一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

9401 

汽力単独モード

排気再燃ボイラにおいて,ガスタービン排気がないと
き,外部の新鮮な空気で燃焼する運転モード。

フレッシュエ
アモード

fresh air mode

9402 

排気再燃モード

排気再燃ボイラにおいて,ガスタービンの排気を燃焼
用空気として利用する運転モード。

コンバインド
モード

exhaust gas mode

9403 

ホットバンキング

排熱回収ボイラにおいて,蒸気系の再起動を迅速にす
るために,配管及びダクトを閉止して高温蒸気を保持

する方法。

 hot

banking

5)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

9501 

温度プロフィール

排ガスからの熱回収の様子を,排ガス及び水・蒸気の
温度変化で示した線図(

付図 参照)。

 temperature

profile

9502 

アプローチポイン
ト温度差

ドラム内圧力(又は蒸発管内平均圧力)の飽和温度と,
節炭器(JIS B 0126 参照)出口給水温度との温度差(

図 参照)。

アプローチポ
イント

temperature

difference of

approach point

9503 

ピンチポイント温
度差

排ガスと水又は蒸気との温度差が最も小さくなる点
での温度差。通常の排熱回収ボイラでは,排ガスと蒸

発器(JIS B 0126 参照)入口の水又は蒸気との温度差

付図 参照)をいう。

ピンチポイン

temperature

difference of

pinch point

j)

ガスタービン用附属熱交換器

1)

種類及び形式

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

10101 

作動流体加熱器

密閉サイクルガスタービンで,膨張過程の前で作動流
体(空気又はガス)を間接的にタービン入口温度まで

加熱する装置。

備考  作動流体が空気の場合には,空気加熱器と

もいう。

 working

fluid

(gas

or air) heater


37

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

10102 

再生用熱交換器

燃焼器(又は作動流体加熱器)に入る前の作動流体に,
排ガスから熱を伝達する熱交換器。蓄熱式熱交換器と

伝熱式熱交換器とがある。

熱交換器, 
再生器

regenerator

heat exchanger

10103 

前置冷却器

圧縮過程以前の作動流体の温度を低下させる熱交換

器又は蒸発形冷却器。

 precooler

10104 

中間冷却器

圧縮の段間で作動流体の温度を低下させる熱交換器

又は蒸発形冷却器。

 intercooler

10105 

伝熱式熱交換器

高温流体の熱を,隔壁を通じて低温流体に伝達する熱
交換器。

 recuperative

heat

exchanger

recuperator

10106 

蓄熱式熱交換器

蓄熱体に高温流体と低温流体とが交互に接触して熱

を授受する熱交換器。

 regenerative

heat

exchanger

10107 

管形熱交換器

伝熱面に管を用いた伝熱式熱交換器。

shell and tube heat

exchanger

10108 

板形熱交換器

伝熱面に層状に配置した板を用いた伝熱式熱交換器。

plate type heat

exchanger

10109 

フィン付形熱交換

伝熱面にフィンが付いた管又は板を用いた伝熱式熱
交換器。フィン付管形とフィン付板形とがある。

 fin-tube

heat

exchanger

fin-plate heat

exchanger

10110 

回転形熱交換器

蓄熱体が回転する蓄熱式熱交換器。ドラム形とディス

ク形とがある。

 rotating

regenerator

10111 

ガス給水加熱器

ガスタービン排気から熱回収する給水加熱器。

ガス給水ヒー

gas feed water

heater

10112 

風道蒸発器

ガスタービン排気ダクトからボイラにつながるボイ
ラ風道部に設置して,ガスタービン排熱によってボイ

ラ循環水を蒸発させる装置。

 air

duct

evaporator

GT exhaust gas

cooler

stack gas cooler

2)

構造・構成

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

10201 

熱交換器の外殻を形成する部分。

shell

10202 

伝熱管

伝熱面を構成する管。

heat

exchanger

tube

10203 

管寄せ

管を一か所に集め又は分配する容器。

ヘッダ header

10204 

伝熱板

伝熱面を構成する板。

heat

exchanger

plate

10205 

鏡板

熱交換器の両端を形成する皿形などの板。

end

plate

10206 

加熱管

作動流体に熱を加える部分に用いられている管。

heating

tube

10207 

コレクタ

管群の末端で,これらを分配又は集合させている部

分。

 collector


38

B 0128

:2005

3) 

熱交換器一般

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

10301 

伝熱面積

熱交換に有効な伝熱面の面積。

heating

surface

area

10302 

伝熱面熱負荷

単位伝熱面積当たりに単位時間に伝達される熱量。

heat

absorption

rate of heating

surface

4)

性能及び試験

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

10401 

温度効率

熱交換器で,低温又は高温流体の最大可能温度変化に
対する実際の温度変化の割合。

 temperature

effectiveness

thermal ratio

10402 

熱交換率

熱交換器で,低温又は高温流体の最大可能熱量変化に
対して,高温又は低温流体が実際に熱量変化する割

合。

 energy

effectiveness

10403 

終温度差

再生用熱交換器では,高温流体の入口温度と低温流体

の出口温度との差。冷却器では,高温流体の出口温度
と低温流体の入口温度との差。

 final

temperature

difference

10404 

作動流体加熱器効

作動流体加熱器で消費された燃料の発熱量に対する,

作動流体加熱器を通過する間に作動流体に与えられ
た熱量の割合。

 working

fluid

heater efficiency

10405 

熱交換器効率

高温側流体から減少した熱量に対する低温側流体が
取得した熱量の割合。

 heat

exchanger

effectiveness

k)

コンバインドサイクル

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

11001 

排熱回収式コンバ
インドサイクル

ガスタービンの排気を排熱回収ボイラに導き,その熱

回収によって蒸気を発生させて,蒸気タービンを駆動
する方式のコンバインドサイクル(

付図 10 参照)。

排熱回収複合

サイクル

unfired heat

recovery

combined cycle

11002 

排気助燃式コンバ
インドサイクル

ガスタービンの排気を排熱回収ボイラに導くととも
に,ガスタービンの排気ダクト内などで助燃を行い,
その熱回収によって蒸気を発生させて,蒸気タービン

を駆動する方式のコンバインドサイクル(

付図 11 

照)

排気助燃複合
サイクル

supplemental fired

heat recovery

combined cycle

11003 

排気再燃式コンバ
インドサイクル

ガスタービンの排気をボイラに導き,ボイラで燃料を

燃焼し蒸気を発生させて,蒸気タービンを駆動する方
式のコンバインドサイクル(

付図 12 参照)。

排気再燃複合

サイクル

fully fired heat

recovery

combined cycle

11004 

過給ボイラ式コン
バインドサイクル

ガスタービンの圧縮機出口空気を過給ボイラに導き,
ボイラで加圧燃焼して蒸気を発生させて蒸気タービ
ンを駆動して,ボイラの排気をタービンに導き,更に

その排気を給水加熱器に導く方式のコンバインドサ
イクル(

付図 13 参照)。

過給ボイラ複
合サイクル

combined

supercharged

boiler and gas

turbine cycle

11005 

給水加熱式コンバ
インドサイクル

ガスタービンの排気を蒸気プラントの給水加熱器に

導き,排熱回収を行う方式のコンバインドサイクル

付図 14 参照)。

給水加熱複合

サイクル

feed-water heating

heat recovery

combined cycle


39

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

11006 

一軸形コンバイン
ドサイクル

コンバインドサイクルプラントで,ガスタービンと蒸
気タービンとが共通の発電機を駆動する方式の設備

付図 15 参照)。

 single-shaft

type

combined cycle

11007 

多軸形コンバイン
ドサイクル

コンバインドサイクルプラントで,ガスタービンと蒸

気タービンとがそれぞれ別の発電機を駆動する方式
の設備(

付図 16 参照)。

 multi-shaft

type

combined cycle

11008 

単圧式コンバイン
ドサイクル

コンバインドサイクルで,排熱回収ボイラ及び蒸気タ
ービンがともに単一の高圧レベルの主蒸気系統をも
つ方式の設備(

付図 10 参照)

 combined

cycle

with

single-pressure

steam cycle

11009 

複圧式コンバイン
ドサイクル

コンバインドサイクルで,排熱回収ボイラ及び蒸気タ
ービンがともに二つ以上の圧力段階の主蒸気系統を

もつ方式の設備(

付図 17 参照)。

混圧式コンバインドサイクルともいう。

 combined

cycle

with

multi-pressure

steam cycle

11010 

再熱式コンバイン
ドサイクル

蒸気タービン系において,蒸気が膨張過程で,中間圧
力において再加熱されるコンバインドサイクル(

付図

18

参照)

 reheat

Rankine

combined cycle

11011 

トッピングサイク

コンバインドサイクルにおいて,熱的に上流(高温側)
に位置するサイクル。一般的にはガスタービンサイク
ルを指す。

 topping

cycle

11012 

ボトミングサイク

コンバインドサイクルにおいて,熱的に下流(低温側)
に位置するサイクル。一般的には蒸気タービンサイク

ルを指す。

 bottoming

cycle

備考  複合語例  排熱回収単圧式一軸形コンバインドサイクル

l)

ガスタービンを使ったその他の発電プラント

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

12001 

コンバインドサイ
クル発電プラント

複数の熱サイクルを組み合わせて,熱効率の向上を図

る発電プラント。一般的には,ガスタービンで発電を
行い,ガスタービンの排熱回収によって発生した蒸気
を使用して,蒸気タービンでも発電を行う電力供給設

備。

複合サイクル

発電プラント

combined (cycle)

power plant

12002 

コージェネレーシ
ョンプラント

ガスタービンなどで電力を供給するとともに,排ガス

の熱エネルギーを回収して,発生した蒸気,熱水など
の熱エネルギーを供給する設備(

付図 19 参照)。

熱電併給 co-generation

plant

12003 

熱併給形コンバイ
ンド発電プラント

ガスタービンなどの内燃機関で電力を供給するとと

もに,排ガスの回収熱によって発生した蒸気で,電力
とともに,蒸気,熱水などの熱エネルギーを供給する
設備(

付図 20 参照)。

combined heat and

power plant

12004 

加圧流動床コンバ
インド発電プラン

加圧流動床ボイラの下流にガスタービンを設置した
コンバインドサイクル発電プラント(

付図 21 参照)。

PFBC

加圧流動床複

合発電プラン

pressurized

fluidized bed

combustion

combined cycle

power

generation plant


40

B 0128

:2005

参考

番号

用語

定義

慣用語

対応英語

12005 

石炭ガス化コンバ
インド発電プラン

石炭をガス化して利用するコンバインドサイクル発
電プラント(

付図 22 参照)。

備考  残さ油などをガス化して利用するものも

“IGCC”ということもある。

IGCC

石炭ガス化複

合発電プラン

integrated coal

gasification

combined cycle

power

generation plant

12006 

リパワリング

出力・効率向上を目的として,既設の汽力発電プラン
トに,追設したガスタービン発電設備とを組み合わせ

て,コンバインドサイクル化することの総称。

 repowering

12007 

圧縮空気エネルギ
ー貯蔵発電プラン

空気を圧縮して地下空洞などに保存し,この圧縮空気

をガスタービンに利用した発電プラント(

付図 24 

照)

CAES compressed

air

energy storage

power plant

12008 

蒸気噴射形ガスタ
ービン発電プラン

ガスタービン発電において,排ガスのもつ熱エネルギ

ーによって発生させた高温・高圧の蒸気を,燃焼器又
はタービンに注入して,高出力・高効率化を図った発
電設備(

付図 25 参照)。過熱蒸気を使用するプラント

を考案者の名前をとって“チェンサイクル”という。

steam injected gas

turbine power

plant


41

B 0128

:2005

付図  1  ガスタービンの要素構成例

        単純サイクル,一軸形ガスタービン

付図  2  ガスタービンの要素構成例

        再生サイクル,一軸形ガスタービン

付図  3  ガスタービンの要素構成例

        単純サイクル,フリータービン形


42

B 0128

:2005

付図  4  ガスタービンの要素構成例

        中間冷却及び再熱サイクル,多軸形ガスタービン

付図  5  ガスタービンの要素構成例

抽気ガスタービン

付図  6  ガスタービンの要素構成例

        密閉サイクル,一軸形ガスタービン


43

B 0128

:2005

付図  7  出力曲線の例

付図  8  多段軸流圧縮機の性能曲線の例


44

B 0128

:2005

付図  9  排熱回収ボイラの温度プロフィールの例

付図 10  排熱回収式コンバインドサイクルの例

付図 11  排気助熱式コンバインドサイクルの例

付図 12  排気再燃式コンバインドサイクルの例

付図 13  過給ボイラ式コンバインドサイクルの例

付図 14  給水過熱式コンバインドサイクルの例

付図 15  一軸形コンバインドサイクルの例


45

B 0128

:2005

(1)ガスタービンが 1 台の場合

(2)ガスタービンが複数台の場合

付図 16  多軸形コンバインドサイクルの例

付図 17  腹圧式コンバインドサイクルの例

付図 18  再熱式コンバインドサイクルの例


46

B 0128

:2005

付図 19  コージェネレーションプラントの例

付図 20  熱併給形コンバインドサイクル

発電プラントの例

付図 21  加圧流動床コンバインドサイクル発電プラントの例

付図 22  石炭ガス化コンバインドサイクル発電プラントの例


47

B 0128

:2005

関連規格  JIS B 0130  火力発電用語(一般)

付図 23  トッピングサイクル,ボトミングサイクルの例

付図 24  圧縮空気エネルギー貯蔵発電

プラントの例

付図 25  蒸気噴射形ガスタービン発電

プラントの例