>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0123 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS B 0123 : 1982 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,この規格に直接対応する国際規格がないので,関連する個々の国際規格で用いているね

じの表し方にできるだけ整合させるとともに,関連する日本工業規格間でのねじの表し方に矛盾が生じな

いように考慮して行われた。さらに,JIS Z 8301(規格票の様式)が 1996 年 7 月に改正されたのに伴い,

それに従って規格票の様式も変更した。

JIS B 0123

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  参考文献


日本工業規格

JIS

 B

0123

: 1999

ねじの表し方

Designation system for screw threads

序文  この規格は,ねじに関連する個々の国際規格(附属書参照)を元に,対応する部分(ねじの表し方)

についてこれを編集し,一体化して作成した日本工業規格である。

なお,ねじに関連する個々の日本工業規格で規定しているねじの表し方との整合も保って作成した。

この規格は,

ねじ基本に関する規格及びねじ山をもつ製品に関する規格に引用されることによって,

製図,

仕様書,帳票,製品などに用いるねじの表し方(書き方,呼び方,刻印など)に適用することができる。

1.

適用範囲  この規格は,ねじ基本に関する規格及びねじ山をもつ製品に関する規格に用いるねじの表

し方について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0201

  ミニチュアねじ

JIS B 0202

  管用平行ねじ

JIS B 0203

  管用テーパねじ

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 0206

  ユニファイ並目ねじ

JIS B 0207

  メートル細目ねじ

JIS B 0208

  ユニファイ細目ねじ

JIS B 0210

  ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0212

  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0215

  メートルねじ公差方式

JIS B 0216

  メートル台形ねじ

JIS B 0217

  メートル台形ねじ公差方式

3.

ねじの表し方の項目及び構成  ねじの表し方は,ねじの呼び,ねじの等級及びねじ山の巻き方向の各

項目について,4.に規定する方法を用い,次のように構成する。ただし,ねじ山の巻き方向の挿入位置は

特に定めない。

4.

各項目の表し方


2

B 0123 : 1999

4.1

ねじの呼び  ねじの呼びは,ねじの種類を表す記号,直径又は呼び径を表す数字及びピッチ又は

25.4mm

についてのねじ山数(以下,山数という。

)を用い,次の a)c)のいずれかによって表す。

なお,

表 にねじの種類を表す記号及びねじの呼びの表し方の例を示す。

a)

ピッチをミリメートルで表すねじの場合

ただし,メートル並目ねじ及びミニチュアねじのように,同一呼び径に対し,ピッチがただ一つ規

定されているねじでは,一般にはピッチを省略する。また,メートルねじ又はメートル台形ねじにお

ける多条ねじは,次のいずれかで表す。

多条メートルねじの場合 

多条メートル台形ねじの場合 

b)

ピッチを山数で表すねじ(ユニファイねじを除く)の場合

ただし,管用ねじのように,同一直径に対し,山数をただ一つだけ規定しているねじでは,一般に

は山数を省略する。

c)

ユニファイねじの場合

表 1  ねじの種類を表す記号及びねじの呼びの表し方の例

区分

ねじの種類

ねじの種類
を表す記号

ねじの呼びの表し方の例

引用規格

メートル並目ねじ M8

JIS B 0205

メートル細目ねじ

M

M8

×1

JIS B 0207

ミニチュアねじ S

S0.5

JIS B 0201

ピッチを mm で
表すねじ

メートル台形ねじ Tr

Tr10

×2

JIS B 0216

テーパおねじ

R R

3

/

4

テーパめねじ

Rc Rc

3

/

4

管用テーパねじ

平行めねじ Rp

Rp

3

/

4

JIS B 0203

管用平行ねじ G

G

1

/

2

JIS B 0202

ユニファイ並目ねじ UNC

3

/

8

−16UNC

JIS B 0206

ピッチを山数で
表すねじ

ユニファイ細目ねじ UNF

No.8

−36UNF

JIS B 0208

4.2

ねじの等級  ねじの等級は,ねじの等級を表す数字と文字との組合せ又は文字によって,表 のよ

うに表す。この場合,ねじの種類に対する等級の区分は,それぞれの関連する規格の規定による。

なお,ねじの等級は,必要がない場合には,省略してもよい。

4.3

ねじ山の巻き方向  ねじ山の巻き方向は,左ねじの場合には “LH”,右ねじの場合には一般に付けな

いが,必要な場合には “RH” で表す。


3

B 0123 : 1999

表 2  ねじの等級の表し方

区分

ねじの種類

めねじ・おねじの別

ねじの等級の
表し方の例

引用規格

めねじ

有効径と内径の等級が
同じ場合

6H

有効径と外径の等級が
同じ場合

6g

おねじ

有効径と外径の等級が

異なる場合

5g 6g

メートルねじ

めねじとおねじとを組み合わせたもの 6H/5g

5H/5g 6g

JIS B 0215

めねじ 3G6

おねじ 5h3

ミニチュアねじ

めねじとおねじとを組み合わせたもの 3G6/5h3

JIS B 0201

めねじ 7H

おねじ 7e

ピッチを mm で
表すねじ

メートル台形ねじ

めねじとおねじとを組み合わせたもの 7H/7e

JIS B 0217

管用平行ねじ

おねじ A

JIS B 0202

めねじ 2B

JIS B 0210

ピッチを山数で
表すねじ

ユニファイねじ

おねじ 2A

JIS B 0212

5.

ねじの表し方の例  3.及び 4.の規定に基づくねじの表し方の例を次に示す。

なお,管用テーパねじの場合のように,ねじの呼びが異なるめねじとおねじとの組合せを示す場合は,

この順にねじの呼び(等級がある場合には,それを付記する。

)を並べ,その間に左下がりの斜線を入れて

表す。

a)

メートル台形ねじ以外の場合


4

B 0123 : 1999

b)

メートル台形ねじの場合


5

B 0123 : 1999

附属書(参考)  参考文献

序文  この附属書は,JIS B 0123 を作成する際に参考にした国際規格を示したものであり,規定の一部で

はない。

[1]  ISO 7-1 : 1994

  Pipe threads where pressure-tight Joints are made on the threads−Part 1 : Dimensions,

tol-erances and designation

[2]  ISO 228-1 : 1994

  Pipe threads where pressure-tight joints are not made on the threads−Part 1 : Dimensions,

tolerances and designation

[3]  ISO/DIS 965-1 : 1996 (

1

)

  ISO general-purpose metric screw threads−Tolerances−Part 1 : Principles and

basic data

(

1

)  ISO 965-1 : 1980

の改正案

[4]  ISO/R 1501 : 1970

  ISO miniature screw threads

[5]  ISO 2903 : 1993

  ISO metric trapezoidal screw threads−Tolerances

[6]  ISO/CD 3161 : 1997 (

2

)

  Aerospace−UNJ threads−General requirements and limit dimensions

(

2

)  ISO 3161 : 1996

の改正案

[7]  ISO/CD 5855-1 : 1997 (

3

)

  Aerospace−MJ threads−Part 1 : General requirements

(

3

)  ISO 5855-1 : 1988

の改正案

[8]  ISO 5864 : 1993

  ISO inch screw threads−Allowances and tolerances

[9]  ISO 6410-1 : 1993

  Technical drawings−Screw threads and threaded parts−Part 1 : General conventions

ねじの表し方 JIS 原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(主査)

吉  本      勇

東京工業大学(名誉教授)

(幹事)

西  山  信  夫

株式会社名古屋螺子製作所

(委員)

新  井      正

日産自動車株式会社

稲  葉  元  成

日本ねじ研究会

大  橋  宣  俊

湘南工科大学助教授

田  中  誠之助

株式会社佐賀鉄工所

谷  口  良  憲

トヨタ自動車株式会社

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

中  村  智  男

日本ねじ研究会

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

本  間      清

工業技術院標準部

丸  山  一  男

東京工業大学教授

宮  林  光  行

株式会社彌満和製作所

文責  西山  信夫