>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

0115

- 1991

電子式金銭登録機用語

Electronic cash registers

−Vocabulary

1.

適用範囲  この規格は,電子式金銭登録機に関する用語について規定する。

2.

分類  用語の分類は,次による。

(1)

名称に関する用語

(2)

機能・構造に関する用語

(a)

登録,訂正,キー入力,表示,その他に関する用語

(b)

印字に関する用語

(c)

合計器に関する用語

(d)

引出し・キャビネットに関する用語

(3)

システムに関する用語

3.

用語及び定義  用語及び定義は,次のとおりとする。

なお,対応英語を参考として示す。

備考  用語及び対応英語で括弧を付けてある部分は,紛らわしくない場合に用いてもよい。

(1)

名称に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1001 

電子式金銭登録機

取引の記録,演算,金銭管理などを電子的操作で
行う機械。情報の収集及び分類集計機能を備えた
ものもある。

備考  電子レジスタ又は ECR ともいう。

electronic cash register,

ECR

1002 

独立形電子式金銭登録

単独で機能する電子式金銭登録機。

electronic cash register

(stand alone type)

1003 

システム形電子式金銭
登録機

クレジットオーソリゼーション,オンライン処理,
マスタ/サテライトなどのシステムを構築できる

電子式金銭登録機。

electronic cash register

(for system use)

1004 

端末機形電子式金銭登
録機

スキャナなどをもち,ストアプロセッサなどと接

続して単品情報管理を行うための端末機。

備考 POS ターミナルともいう。

POS terminal

1005 

ストアコントローラ形
電子式金銭登録機

ストアコントローラの機能をもつ POS 端末機。

備考  ストアコントローラ機能付き POS ター

ミナルともいう。

POS terminal

(store controller type)


2

B 0115 - 1991

(2)

機能・構造に関する用語

(a)

登録,訂正,キー入力,表示,その他に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2001 

登録

売上金額,部門別,取引別の区分などを登録機に
入力し,その処理内容の表示,印字などをする一

連の動作。 
例えば,売上,戻し,入金,支払など。

registration

2002 

部門登録

あらかじめ,割り振られた分類(部門)ごとに行
われる商品の登録。

department entry

2003 

単品登録

1

件だけの商品の金額及び記号の登録。

single item entry

2004 

明細登録

個々の商品の金額及び記号を登録し,内部で集計
すること。

itemized entry

2005 

乗算登録

複数の同一商品の登録について乗算によって行う
登録。

multiplication entry

2006 

リピート登録

複数の同一商品の登録について,金額の入力を省
略して繰り返して行う登録。

repeat entry

2007 

プリセット登録

あらかじめ決められている数値(単価,料率など)

を簡便に入力するために,その数値を記憶させ,
簡単なキー操作でこれを読み出して行う登録。

Preset entry

2008 

PLU

登録,

プライスルックアップ
登録

記憶された商品コードを入力することによって,
商品名,部門番号,単価などを読み出して行う登
録。

price look up

(PLU)

2009 

プリセットオープン登

プリセット登録機能を一時的に解除し,金額又は
料率を入力して行う登録。

preset open

2010 

直前訂正

直前に登録した誤登録の内容を取り消すこと。

last item correction

2011 

指定訂正

一回の取引の中で,既に登録された誤登録の内容
を任意に指定して取り消すこと。

designated void

2012 

返品登録

返品の登録。 return

2013 

取引終了後訂正

取引終了後に誤登録の内容を取り消すこと。取引

全体を取り消す方法と,誤登録だけを取り消す方
法とがある。

register minus/transaction

(item) void

2014 

ボトルリターン登録

ビン代などの返金に用いる登録。 bottle

return

2015 

値引き登録

売上金額に対しての値引き額の登録。部門登録に
対しての値引き登録と,小計額とに対しての値引

き登録とがある。

discount

2016 

割引き登録

売上金額に対しての割引き額の登録。部門登録に

対しての割引き登録と,小計額とに対しての割引
き登録とがある。

percent minus

2017 

割増し登録

売上金額に対しての割増し額の登録。部門登録に

対しての割増し登録と小計額とに対しての割増し
登録とがある。 
税金計算などの簡便的に使用することがある。

percent plus

2018 

小計

一回の取引の中間における合計確認のための操作
及び金額。

subtotal

2019 

単品売上登録

単一商品売上時,部門登録と売上登録とを一方だ
けの操作によって,一括して処理する方式。

single item sales

2020 

明細売上登録

明細登録,及びこれに続く売上操作までの一連の
登録。

itemized sales

2021 

売上登録

商品を登録後,支払い形態に応じて行う売上の締

め操作。

finalize


3

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2022 

現計登録

商品登録後,現金支払いのとき行う売上の締め操
作。

cash sales

2023 

預り登録

現金支払いの時,預り金を入力し,つり銭額を自
動算出するための操作。

amount tender

2024 

掛計登録

商品登録後,掛売りのとき行う売上の締め操作。

charge sales

2025 

信計登録, 
カード売上登録

商品登録後,信用売り(カード売り)のとき行う
売上の締め操作。

credit sales

2026 

万券登録

1

万円札による支払い時,操作を簡略化するため

に専用キーによって入力して行う登録。

2027 

クーポン登録

クーポン券などによって,取引が行われる場合の
売上金額に対する受領額の登録。

coupon

2028 

複合取引登緑

一取引の中で,支払い方法が現金,クレジットカ

ード,クーポン,サービス券及び掛売の組合せの
場合,取引別金額,及び取引総額を明示した 1 枚
の領収証を発行する登録。

split tender

2029 

人数登録, 
客数登録

飲食店などでの税金計算のため,登録時に人数を
入力すること。

number of persons,

number of guests

2030 

奉仕料登録

明細登録後,設定された料率で奉仕料を計算する
こと。通常は,税金計算と同時に自動算出される。

service charge

2031 

税金登録

税率,免税店などをあらかじめプリセット登録し
ておき,明細登録後,税金額を計算すること。通
常は,奉仕料計算と同時に自動算出される。

tax charge

2032 

前残登録

前回の繰越額を入力し,継続処理させるための登
録。 
繰越額によって,前残プラス,前残マイナスに分

かれる。

previous balance

2033 

前受金登録

あらかじめ前受金などの名目で預かった金額を入

力し,以降の登録内容から,その金額を減算する
ための登録。

deposit

2034 

繰越登録

登録内容以降に繰越すための仮締め操作。 transfer

2035 

両替登録

両替のために,引出しを開く操作。 no

sale

2036 

不加算登録

入力数値を合計に加算しない登録。コード番号の

登録などに用いる。

non add

2037 

入金登録

引出しの中の現金在高などを把握するために,入

金額を入力する操作。

received on account

2038 

支払登緑

引出しの中の現金在高などを把握するために,支
払金額を入力する操作。

paid out

2039 

釣り銭準備金登録

現金売上時の釣り銭などのため,準備金を引出し
の中に収納するときに,その金額を入力し,引出

しの中の現金在高などを明確にするための操作。

loan

2040 

回収金登録

売上途中で売上額の一部を回収するときに,その
金額を入力し,引出しの中の現金在高などを明確

にするための操作。

pick up

2041 

置数制限

誤登録防止のため,入力のけた数又は金額を制限

すること。

listing limit

2042 

割込み登録

現在の売上登録を一時保留し,他の登録を割り込
ませること。

overlap

2043 

モード

電子レジスタの各種機能(登録,点検,精算,停
止など)の動作の状態。モード切替えはコントロ

ールロック式,又はキー操作による方式がある。

mode


4

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2044 

コントロールロック

モードを設定し,操作する錠。一般的にプログラ
ム用,登録用,点検用,精算用など複数個のかぎ
(鍵)をもち,所定のモードを設定した上で電子

レジスタを操作する。 
モードロックともいう。

control lock

2045 

登録モード

売上などを電子レジスタへ登録するモード。 register

mode

2046 

点検モード

登録された金額,回数などを点検するモード。 
点検の範囲を全体,特定グループなど,個別に指

定できる場合もある。X モードともいう。

read mode

2047 

精算モード

登録された金額,回数などを,読み出すと同時に

零に戻すモード。 
精算の範囲を全体,特定グループなど,個別に指
定できる場合もある。Z モードともいう。

reset mode

2048 

設定モード

電子レジスタの各種操作及び機能を設定するため
のモード。

program mode

2049 

訂正モード

取引終了後に,誤登録の内容を訂正するモード。
登録された内容は,すべて電子レジスタの売上か
ら減算される。

void mode (minus mode)

2050 

管理者モード

店の管理者が,電子レジスタの各種の合計器又は
プログラムなどの保全,記録などを処理するため
のモード。

supervisor mode

2051 

訓練モード

電子レジスタの操作訓練に使用するためのモー
ド。登録の点数,金額などは,売上合計には関係

しない。

training mode

2052 

自己診断モード

電子レジスタ各部の状態の検査,故障部分の発見
などに用いられるモード。

self-diagnostic mode

2053 

置数キー

金額の登録に使用するキー。金額のほかに数量,
コードなどの置数にも使用する。

numeric key

2054 

機能キー

電子レジスタに各種処理内容を指示するキーの総
称。小計,%,乗算,不加算,訂正キーなどがあ
る。取引別キーを含めていう場合もある。

function key

2055 

部門別キー

商品を部門別に分類して登録するキー。 department

key

2056 

担当者別キー

電子レジスタ取扱いの担当者を区分するキー。 clerk

key

2057 

取引別キー

各種取引を区分するキー。例えば,現金,掛売,
信用売(クレジット)

,入金,支払キーなど。

transaction key

2058 

クリアキー

置数誤りなど登録における誤りを正すための目的
で使用するキー。

clear key

2059 

領収紙送りキー

領収紙の送りに使用するキー。このキーを押して
いる間,領収紙は送られる。

receipt feed key

2060 

記録紙送りキー

記録紙の送りに使用するキー。このキーを押して

いる間,記録紙は送られる。

journal feed key

2061 

修飾キー, 
モディファイキー

直後に続く登録操作などを修飾するためのキー。

返品登録,置数制限解除,メニューのシフト操作
などに使用される。

modifier key

2062 

ダミーキー

使用しないキーの部分を覆うふた。ブラインドキ

ーともいう。

dummy key

2063 

複機能キー

2

種類の処理機能をもったキー。

double function key

2064 

ステイダウンキー

押し下げられたキーを再度押すか,他のキーに押
換えを行わない限り,その状態を保つキー。

stay down key


5

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2065 

領収紙発行/停止スイ
ッチ

領収紙を発行,又は停止するときに使用するスイ
ッチ。

receipt on-off switch

2066 

制御パネル

電子レジスタの操作開始の際,モードを定めるた
めのスイッチ,コントロールロックなどが配置さ
れたパネル。

control panel

2067 

バッファリング

操作が通常の処理能力より早い場合,一時的にそ
の操作内容を記憶し,入力順に処理すること。キ
ー操作内容を記憶するものをキーバッファ,印字

内容を記憶するものをプリントバッファという。

buffering

2068 

登録確認音

置数キーなどを押したとき,その動作が有効に入

力されたことを確認する音。

key depress tone

2069 

防水カバー

ぬれた手で操作するときなど,水滴を防ぐための
キーボードのカバー。

waterproof cover

2070 

ディスプレイ

表示器に入力内容などを明示すること,又は表示
器そのものの総称。ディスプレイには,前面表示

器及び客面表示器がある。

display

2071 

前面表示器

取扱者が,主に登録又は合計時に,入力内容,合
計金額などの確認に使用する表示器。

上下首振り式,左右首振り式など,取扱者の姿勢
及び位置などに合わせて表示の角度を調整できる
ものもある。

operator display

2072 

客面表示器

顧客が,取扱者の入力状況及び合計金額の確認に
使用する表示器。上下移動式,左右首振式など,

顧客の位置に合わせて最も見やすい高さ及び角度
が選択できるものがある。

customer display

2073 

7

−区分ディスプレイ

表示管を の字形に 7−区分(構成素子)で構成し,

それらの区分の組合せで,数字又は記号などを表
示する表示器。ドットマトリックスディスプレイ
に比較して,表示内容に制限がある。

7-segment display

2074 

ドットマトリックスデ
ィスプレイ

ドット(点)の組合せによって数字又は記号だけ
でなく,仮名,漢字,アルファベット,数字など

を表示する表示器。

dot matrix display

2075 

状態表示

電子レジスタの動作状態の表示。取扱者への指針
又は登録の誤りなどを,三角マーク又はメッセー

ジで示す。

status display

2076 

インタロック

誤操作防止のため,相互に関連して働く制御回路,

又は機構。

interlock

2077 

アラーム

誤操作,あふれなどを知らせる警報。 alarm

2078 

ゼロスキップ

点検又は精算で合計が零の部分を印字させずにと
ばすこと。

zero data skipping

2079 

ゼロ消去

不要な零の表示又は印字を省略すること。 zero

suppression

2080 

登録時消費力

登録操作を行っているときの最大消費電力。

maximum operating power

consumption

2081 

待機時消費力

電源を入れた状態で,登録操作を行っていないと
きに消費される電力。

stand-by power

consumption

2082 

記憶保持時間

電源を切った状態で,揮発性メモリに記憶されて
いるデータを完全に保持できる時間。

memory holding time


6

B 0115 - 1991

(b)

印字に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2101 

(レジスタ用)プリン

営業記録,領収書及び伝票に金額,記号などを印

刷する装置。

printer

2102 

キッチンプリンタ

レストランで,注文されたメニューを印刷するた

めに,厨房に設置されたプリンタ。

kitchen printer

2103 

パーシャルカット

領収紙の一部分を残して切り取ること。 
スタブレシートに利用することもある。

partial cut

2104 

スタブレシート

領収書に付加して発行される半券。 stub

receipt

2105 

領収書後発行

取引終了後,顧客の要求によって,領収書を発行

すること。

buffered receipt issue

2106 

記録紙巻取り器

記録紙を巻き取る装置。

journal paper roller

2107 

印字速度

領収書,営業記録などを印刷する速さ。 printing

speed

2108 

印字けた数

領収書,営業記録などに印刷できるけた数。 printing

capacity

2109 

カッタ

領収書を切り取る装置。 cutter

2110 

オートカッタ

自動的に領収書を切り取る装置。 auto

cutter

2111 

ニアエンド検出器

ロール紙が終わりに近づいたときに,それを検出
する装置。

near end sensor

2112 

伝票検出器

伝票の挿入状態を検出する装置。 slip

sensor

2113 

領収紙

領収書用紙。

receipt paper roll

2114 

記録紙

営業記録用紙。

journal paper roll

2115 

インクリボン

営業記録,領収書などの印刷に使用するインクを
含んだリボン。

ink ribbon

2116 

インクリボンスプール

インクリボン巻取枠。

ink ribbon spool

2117 

インクリボンカセット

営業記録,領収書などの印刷に使用するカセット

式のインクリボン。

ink ribbon cassette

2118 

インクローラ

営業記録,領収書などの印刷に使用するインクを

含んだローラ。

ink roller

2119 

店名スタンプ

店名などを刻印したスタンプ。 logo

stamp

2120 

インク補給装置

インクリボン,インクローラなどにインクを補給
する装置。

ink supplier

2121 

店名スタンプインク

店名スタンプに補給するインク。 stamp ink

(c)

合計器に関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2301 

合計器

登録した金額を積算する装置。 totalizer

2302 

回数器

取引の回数,客数,点数(売上品目の数量)など

を積算する装置。

counter

2303 

合計器容量

合計器が積算できる最大けた数。 totalizer

capacity

2304 

回数器容量

回数器が積算できる最大けた数。 counter

capacity

2305 

部門別合計

商品の部門別区分によって登録された売上合計。

department total

2306 

PLU

合計,

(ぷるごうけい) 
プライスルックアップ
合計

PLU

別商品の売上合計。 PL

total

2307 

総売上合計

値引き前の各部門別合計の総計。

gross sales total

2308 

値引き合計

値引き登録の合計。 discou

total

2309 

純売上合計

総売上合計から値引き合計を減じた合計。

net sales total

2310 

税金合計

取引ごとに計算された税金の合計。 tax

total

2311 

奉仕料合計

取引ごとに計算された奉仕料の合計。

service charge total

2312 

訂正合計

訂正した登録の合計。 vo

total


7

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2313 

担当者別合計

取扱者別の売上合計。 clerk total

2314 

取引別合計

取引区分別の売上合計。 transaction

total

2315 

グループ別合計

部門別合計,PLU 合計などに基づいて,グループ
別にまとめた合計。

group total

2316 

時間帯別合計

指定された時間帯ごとの売上合計。 hourly

total

2317 

現金在高

引出しの中にあるべき現金の合計。現金売上合計
に入金額,釣り銭準備金などを加え,支払額など

を減じた金額。

cash in drawer

2318 

日計

1

日の売上合計。 daily total

2319 

期間計

週間売上又は月間売上など,ある一定期間の売上
合計。

accumulated total

2320 

部門別点数

部門別合計における取引点数。 department

count

2321 

PLU

点数

(ぷるてんすう)

PLU

合計における取引点数。 PLU

count

2322 

担当者別回数

担当者別合計における取引回数。 clerk

count

2323 

取引別回数

取引別合計における取引回数。 transaction

count

2324 

一連番号

記録紙,領収紙などに印刷される一続きの番号。

consecutive number

2325 

精算回数

精算するごとに加える回数。 reset

count

(d)

引出し・キャビネットに関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2401 

ベース

電子レジスタ本体を載せ,引出しを収める台。 base

2402 

引出し

電子レジスタで管理された現金,小切手,商品券

などを収納しておく引出し。

cash drawer

2403 

現金箱

引出しから取り出すことができる硬貨入れ及び札
入れ。

till

2404 

硬貨入れ

硬貨を入れる箱。 co

tray

2405 

札入れ

紙幣を入れる箱。 bill

tray

2406 

札押さえレバー

紙幣を押さえるレバー。 bill

hol lever

2407 

補充硬貨入れ

補充用の硬貨などを入れる箱。 sub-coin tray

2408 

現金箱ふた

現金箱を持ち運ぶ際,金銭が落ちないようにする
ためのふた。

tirl lid

2409 

引出し解放レバー

手動で引出しを開けるときに使用するレバー。レ
バーでなくかぎで開ける形式もある。

drawer release lever

2410 

引出し保護錠

引出しを開放できないようにする錠。

cash drawer lock

2411 

収納台

海綿など小物を置く台。吟味台ともいう。 cashier's

table

2412 

札受け

金銭授受時,札を一時的に置く場所。 bill

holder

2413 

ベル

引出しが開くときに鳴るベル。 bell

2414 

キャビネット

電子レジスタ本体を保護・装飾するケース。 cabinet

2415 

プリンタカバー

印刷用紙(領収書,記録紙)

,インクリボン(又は

インクローラ)

,店名スタンプなどの交換の際に開

閉する覆い。

printer cover

2416 

プリンタカバー錠

プリンタカバーを開放できないようにする錠。

printer cover lock

2417 

インクリボンカバー

インクリボン(又はインクローラ)交換の際に開
閉する覆い。プリンタカバーで併用する場合もあ
る。

ink ribbon cover

2418 

記録窓

記録紙に備考などを書き込むときに使用する窓。

journal paper window

2419 

認証伝票挿入口

認証印字するための伝票の挿入口。 validation

opening

2420 

表示フィルタ

外光の反射及び表示のまぶしさを取り除くため
の,表示器の覆い。

display filter


8

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2421 

ダストカバー

ちりを防ぐための覆い。 dust

cover

(3)

システムに関する用語

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3001 

POS,

ポス

販売時点の情報を管理する装置,又はそのシステ
ム。マスタ端末機(又はストアプロセッサ)と複

数のサテライト端末機とが並列に接続されてシス
テムを構成する場合が多い。主として走査を装備
して単品情報管理を行う。

POS,

point of sales

3002 

ストアプロセッサ

店舗内の販売,在庫などの情報を総合管理する装
置。

POS

端末機の集計データを再加工し,店舗レベル

の管理記録を作成する。

store processor

3003 

ストアコントローラー POS 端末機の上位の制御装置で,主に PLU などの

共通ファイルの制御,並列回線の制御などを行う
もの。

store controller

3004 

ホストコンピュータ POS システムの中核となるコンピュータ。ストア

プロセッサ又はマスタ端末機の情報を収集して本
部レベルの管理レポートを作成し,また端末機本

部情報を各店舗に配信する。(遠隔地のホストコ
ンピュータ,付加業者のコンピュータも含まれる
場合がある。

host computer

3005 

インテリジェント端末

高度の処理能力がある端末機。ストアプロセッサ
などがなくても,単独で店頭レベルの情報を処理
し記憶できる。

対語:インタラクティブ端末機

intelligent terminal

3006 

インタラクティブ端末

キーボード,プリンタ,表示器などを装備し,通

常の POS 端末として使用されるが,端末機自身は
データの処理,記憶能力がなく,すべて制御装置
でデータ処理される方式の端末機をいう。

interactive terminal

3007 

サテライト端末機 POS システムに使用される端末子機。売上げ登録

を行う装置で一般に走査が接続され,価格情報な
どを上位機から並列でもらって登録が行われる。

satellite terminal

3008 

マスタ端末機

サテライト端末機の親機(上位機)

。通常サテライ

ト機能に加えサテライト端末機との通信を制御し

情報の収集,集計,レポート発行などを行う。ス
トアプロセッサ又はリモートコンピュータとの通
信機能をもつ場合が多い。

PLU

ファイルを内蔵する場合もある。

master terminal

3009 

フローティングキャッ
シャシステム

複数の端末機と複数キャッシャとで運営する場
合,各々のキャッシャが随時任意の端末機を操作

しても,キャッシャごとの売上げなどの管理がで
きるシステム。

floating cashier system

3010 

集落システム

マスタ端末機(又はストアプロセッサ)を中心に
複数のサテライト端末機が並列接続されたシステ
ム。集落にはホストコンピュータなどの上位コン

ピュータが含まれる場合もある。

cluster system

3011 

マスタ/サテライトシ
ステム

マスタ端末機とサテライト端末機とで構成された
最小規模の集落システム。

master/satellite system


9

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3012 

データ収集

複数のサテライト端末機のデータを収集するこ
と。並列オンライン,又はオフラインによる方法
がある。

data capture

3013 

レジスタ統合

複数のサテライト端末機のデータを集計するこ
と。並列,オンライン,又はオフラインによる方

法がある。

register consolidation

3014 

現金収納者ファイル

現金収納者(又は照合者)別の売上げ,取引情報
などを集計するためのメモリファイル。

cashier file

3015 

予備ファイル

常時使用しているファイルが故障したときに,元
の機能を維持するための補助ファイル。

通常,補助のマスタ端末機又は補助のストアプロ
セッサなどに組み込まれる。

back up file

3016 

バッチファイル

ある時間に一括して処理(伝送,データの加工な

ど)をするために設けられたファイル。 
磁気テープ,フロッピーディスクなどに蓄えた情
報を指す場合もある。

batch file

3017 

更新用ファイル

主(メイン)ファイルを一括して更新(変更,追
加,削除など)するために,一時的に更新情報を

記憶しておくファイル。用途別に,変更ファイル,
追加ファイル,削除ファイルという場合もある。

maintenance file

3018 

ファイル更新

ファイル情報を更新すること。メンテナンスファ

イルの情報によって更新する方法や,ターミナル
のキーボード,カセットテープ,フロッピーディ
スクなどから更新データを入力して行う方法があ

る。

file maintenance

3019 

無効クレジットファイ

紛失又は盗難届けがあったカード,信用の不確か

な自社のカード,クレジットカードなどのカード
番号を記憶したファイル。通常 POS に組み込まれ
て使用される。単にネガファイルと呼ぶ場合もあ

る。

negative credit file

3020 

在庫商品識別番号,
SKU

在庫する商品につける識別のための記号。部門,
クラス,その他の識別番号を含み,単品レベルの

売上げ又は発注管理などに利用される。

stock keeping unit,

SKU

3021 

価格検索, 
PLU

プライスルックアップ

価格が含まれていない商品コードをスキャナで読

み取り,又は手入力によって,そのコードに対応
した商品情報(価格,商品名,部門コードなど)
を記憶装置から検索すること。単品レベルの売上

登録,在庫管理などに使われる。この商品情報記
憶装置を PLU ファイルということがある。

price look up,

PLU

3022 

セーブ

情報をカセットテープ,フロッピーディスクなど

にコピーすること,又は空き記憶装置に待避する
ことをいう。

save

3023 

ロード

カセットテープ,フロッピーディスクなどの情報
を端末機又はストアプロセッサなどの記憶装置へ
書き込むこと。

load

3024 

プログラマブルオプシ
ョン

プログラミングによって選択できる機能。あらか
じめ用意されている機能から二者択一したり,条
件設定によって機能を変更できる。

programmable option


10

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3025 

ターミナル ID コード

通信相手(主に屋内通信において)を認識するた
めに,各ターミナルに割り当てられた呼び出し番
号。ポールコードともいう。

terminal identification code

3026 

集信

オンライン又は並列で,データなどを収集するこ
と。例えば複数のサテライト端末機のデータをマ

スタ端末機,又はホストコンピュータから屋内通
信線を介して収集すること。

up load

3027 

配信

オンライン又は並列で,データなどの情報を配る

こと。例えば日付又はプリセットされたデータな
どをマスタ端末機,又はホストコンピュータから
サテライト端末機に通信線を介して伝送するこ

と。ダウンロードともいう。

down load

3028 

バーコードシンボル

数字を,太さが異なる黒い線と白い線との組合せ

で表現したもの。スキャナで光学的に読み取る。
線の組合せは数字ごとに標準化されているととも
に,標準化されたコード体系の中でソースマーキ

ングとインストアマーキングとに大別され,商品
個々の識別などに利用される。

bar code symbol

3029 

バーコードスキャナ

一般にバーコード情報の読み取り装置をいうが,

光学的読取り装置を指す場合もある。バーコード
上を走査(スキャニング)することによって読み
取ることからスキャナと呼ばれる。固定式,ペン

式,ワンド式などがある。

bar code scanner

3030 

リーダ

データ読み取り装置。例えば,バーコードリーダ

はバーコードのシンボルを読み取って電気信号に
変換する装置である。

reader

3031 

磁気カードリーダ,
MCR

磁気記録されたクレジットカード,銀行カード,

自社カードなどの読取り装置。

magnetic card reader,

MCR

3032 

ライタ

データ書込み装置。例えば,磁気カード又は IC カ

ードに更新,又は追加データを書き込む装置であ
って,ほとんどがリーダと一体になっている。

writer

3033 

マーキング

印をつけること。ソースマーキング,インストア

マーキングなどがある。

marking

3034 

ソースマーキング

生産者が国別コード,商品メーカーコード,商品

アイテムコードなどをバーコード化して製品に印
刷すること。標準コードと短縮コードがある。

(国

別コードによって,UPC コード,EAN コード,JAN

コードなどがある。

source marking

3035 

納入業者マーキング

納入業者が独自の商品管理番号(商品コード,価
格,その他)をバーコード又は OCR によって表示

すること。通常インストアマーキングと同じコー
ド体系をとる。

vendor marking

3036 

小売業者マーキング

小売業者などが独自の商品管理番号をバーコード
又は OCR 化して,その商品に表示すること。 
価格などを含む場合もある。

in-store marking

3037 

ラベリング

値札,商品の管理番号などをはること。 labeling

3038 

PIN

パッド

顧客が,本人照合のために暗証番号を入力する小

さなキーボード。

PIN pad

(personal identification

number pad)


11

B 0115 - 1991

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3039 

一括処理, 
バッチ処理

ある時間内のデータを一括して伝送したり,加工
処理を行うこと。

batch processing

3040 

即時処理, 
リアルタイム処理

データの発生時点で直ちに伝送,又は加工処理を
行うこと。

real-time processing

3041 

タイムアウト

定められた時間内に正常な応答がない場合の処理

手段。例えば,データ通信で相手を呼び出しても
一定時間無応答の場合,タイムアウトとして通信
を中断する。

time-out

3042 

端末機オープン

開店時,又はレジ係が作業を開始するときに,日
付,レジ係の暗証番号などを入力して,端末機を

動作可能状態にすること。

terminal open

3043 

端末機クローズ

レジ係が作業を終了したり,閉店したときに,暗
証番号などを入力して,端末機を動作不能状態に

すること。

terminal close

3044 

サインイン

端末機を使用開始するために,現金収納者が,暗

証番号を入力すること。

sign in

3045 

サインアウト

レジ係が作業を終了し,レジから離れるときに,
端末機の動作を閉じるために暗証番号を入力する

こと。

sign out

3046 

ロック

端末機は使用開始されているが,一時的にレジか

ら離れるときなど,簡単な操作でターミナルの動
作を不能にすること。

lock

3047 

プリセット

あらかじめデータを設定(記憶)しておくこと。

商品名,単価,割引き率,その他のデータ設定な
どがある。 
通常プログラムモードで設定される。

preset

関連規格  JIS B 0117  事務機械用語

JIS B 9510

  電子式金銭登録機の仕様書様式


12

B 0115 - 1991

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

神  保  泰  雄

東海大学工学部精密機械工学科

志  村  正  道

東京工業大学情報工学科

桑  原  茂  樹

通商産業省機械情報産業局

吉  田  藤  夫

工業技術院標準部

小  畑  祐  士

オフィスオートメーション学会(日本橋女学館短期大学)

篠  崎  徳  量

社団法人日本経営協会

鈴  木  耀太郎

社団法人日本オフィスオートメーション協会

矢  代  良  雄

社団法人日本印刷技術協会

岡  本      巌

社団法人用度需要者協会

小  野  耕  三

財団法人流通システム開発センター情報システム部

小  野  昶  二

富士ゼロックス株式会社技術管理部

松  川  勝  弘

富士通株式会社情報機器事業本部企画部

山  本  一  男

東京電気株式会社システム機器事業部第二技術部

熊  谷  唯智郎

株式会社リコーシステム事業本部事業企画室

山  田  克  彦

キャノン株式会社事務機標準推進室

(事務局)

漆  田  茂  雄

社団法人日本事務機械工業会

桐  谷  俊  雄

社団法人日本事務機械工業会