>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0101

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  分類 

1

3

  用語及び定義  

2

参考文献  

32

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

34


B 0101

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会

(JFRI)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 0101:1994 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

0101

:2013

ねじ用語

Screw threads and fasteners-Vocabulary

序文 

この規格は,2009 年に第 2 版として発行された ISO 1891 及び ISO 5408 を基とし,使用実態を反映する

ため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,一般に用いるねじの“ねじ基本”及び“締結用部品(ねじ部品,座金,ピン及びリベット)

に関する用語及び定義について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 1891:2009

,Fasteners−Terminology

ISO 5408:2009

,Screw threads−Vocabulary(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

分類 

用語は,

“ねじ基本”及び“締結用部品”の二つに大分類し,次による。

a)

ねじ基本

1)

一般

2)

基礎

3)

形式

4)

はめあい

b)

締結用部品

1)

一般

2)

頭の形

3)

ねじ先の形

4)

小ねじなど

5)

ボルト

6)

ナット

7)

座金

8)

ピン


2

B 0101

:2013

9)

リベット及びその他のねじ部品

用語及び定義 

この規格で規定する用語及び定義は,次による。

なお,対応英語を参考として示す。

注記 1  用語の一部に,丸括弧“(  )”を付けてあるものは,この丸括弧の中の用字を含めた用語と,

丸括弧の中の用字を省略した用語の二通りあることを示し,丸括弧の中の用字を含めた用語

を優先するのがよい。ただし,これらの用語を複合語として用いる場合は,一般に丸括弧の

中の用字は省略できる。

用語の下にある丸括弧の中の細字は,用語の読み方を示す。

注記 2  幾つかの用語を複合してねじ部品の名称とする場合は,次の例のようにする。

頭部に付随する用語

部品の基本的名称

複合した部品の名称

b) 2)に示す用語]

b) 4)b) 5)に示す用語]

六角(頭)

ボルト

六角ボルト

 すりわり付き(頭)なべ(頭)

小ねじ

すりわり付きなべ小ねじ

注記 3  定義欄で用語の後に付けてある丸括弧内の数字は,この規格の用語番号を示す。

a)

ねじ基本

1)

一般

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1101 

ねじ 

ねじ山をもった円筒又は円すい全体。 
注記  ねじ(2102)参照。

screw thread

1102 

おねじ 

ねじ山が円筒又は円すいの外面にあるねじ。 external

thread,

bolt thread

1103 

めねじ 

ねじ山が円筒又は円すいの内面にあるねじ。 internal

thread

nut thread

1104 

平行ねじ 

ねじ山が円筒の外面又は内面にあるねじ。

cylindrical screw thread, 
straight thread,   
parallel thread

1105 

テーパねじ 

ねじ山が円すいの外面又は内面にあるねじ。

taper screw thread,   
taper thread

1106 

一条ねじ 

リードがピッチに等しいねじ(

図 1106a 及び図 1106b)。 single-start

thread

1107 

二条ねじ 

リードがピッチの 2 倍に等しいねじ(

図 1107)。 two-start

thread

double-start thread

1108 

多条ねじ 

リードがピッチの 2 以上の整数倍に等しいねじ。 multi-start

thread

1109 

右ねじ 

軸方向に見たとき,時計回り(右回り)にたどると遠ざかるよ

うなねじ(

図 1106a 及び図 1106b)。

right-hand thread

1110 

左ねじ 

軸方向に見たとき,逆時計回り(左回り)にたどると遠ざかる

ようなねじ(

図 1110)。

left-hand thread

2)

基礎

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1201 

つる巻き線 

円筒又は円すいの表面に沿って,軸方向移動と軸線の周りの回

転角との比が,一定であるような点が描く軌跡(

図 1201a 及び

図 1201b)。

helix


3

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1202 

ねじ山 

二つの隣り合ったフランク間の実体部分(

図 1202a 及び図

1202b

ridge

1203 

ねじ溝 

二つの隣り合ったフランク間のくぼみの空間部分(

図 1202a 

図 1202b)。

groove

1204 

基準山形 

軸線を含む断面において,めねじとおねじとが共有する理論上
の寸法と角度とで定義されるねじの理論上のねじ山形状(

1204

basic profile

1205 

設計山形 

基準山形(1204)に対して,山の頂及び谷底に丸み又は平たん
形状を付与したねじ山形状。

design profile

1206 

最大実体山形 

設計山形に対して寸法許容差を適用したとき,最大実体寸法
JIS B 0401-1 参照)となるねじの山形。

maximum material

profile

1207 

最小実体山形 

設計山形に対して寸法許容差を適用したとき,最小実体寸法
JIS B 0401-1 参照)となるねじの山形。

minimum material

profile

1208 

リード 

ねじのつる巻き線に沿って軸の周りを一周するとき,軸方向に
進む距離(

図 1201a の P

h

図 1201b の P

h

及び

図 1107 の P

h

注記  リードの量記号は,P

h

で表す。

なお,一条ねじの場合:P

h

P

      多条ねじの場合:P

h

n×P

ここに:はねじの条数,はピッチ。

lead

1209 

ピッチ 

ねじの軸線を含む断面において,互いに隣り合うねじ山の相対
応する 2 点を軸線に平行に測った距離。 
注記  ピッチの量記号は,で表す(図 1209 の P)。

pitch

1210 

25.4 mm 当たり

の)山数 

25.4 mm をピッチで割った値。

threads per inch

1211 

リード角 

平行ねじの場合は,ねじ山のつる巻き線と,その上の 1 点を通
るねじの軸に直角な平面とがなす角度。テーパねじの場合は,

ねじ山の円すいつる巻き線と,その上の 1 点を通るねじの軸に
直角な平面とがなす角度を,その点を通るねじの半径線に直角
な平面に投影した角度。

特に指定のない場合は,有効径を定義するために用いた仮想的
な円筒又は円すい上のつる巻き線についてのリード角を指す

図 1201a の φ 及び図 1201b の φ)。

注記  リード角の量記号は,φ で表す。

なお,リード(テーパねじの場合は,軸方向に測ったリ

ード)を P

h

,その点におけるつる巻き線の半径を とす

れば,リード角 φ は tanφP

h

/(2πr)によって計算すること

ができる。

lead angle

1212 

ねじの軸線 

有効径を定義するために用いた仮想的な円筒又は円すいの軸線

図 1201a 及び図 1201b)。

axis of pitch diameter,   
axis of screw thread

1213 

ピッチ線 

有効径を定義するために用いた仮想的な円筒又は円すいの母直
線(

図 1204 及び図 1209)。

pitch line

1214 

(おねじの)外径 

おねじの山の頂に接する仮想的な円筒(又は円すい)の直径(

1209

の d

major diameter of

external thread

1215 

おねじの谷の径 

おねじの谷底に接する仮想的な円筒(又は円すい)の直径(

1209

の d

3

minor diameter of

external thread

1216 

めねじの谷の径 

めねじの谷底に接する仮想的な円筒(又は円すい)の直径(

1209

の D

major diameter of

internal thread

1217 

(めねじの)内径 

めねじの山の頂に接する仮想的な円筒(又は円すい)の直径(

1209

の D

1

minor diameter of

internal thread


4

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1218 

有効径 

ねじ溝の幅がねじ山の幅に等しくなるような仮想的な円筒(又
は円すい)の直径。 
この場合,ピッチが規定のピッチに等しいときは単独有効径

1414)に等しい(

図 1209 の d

2

D

2

pitch diameter

1219 

呼び径 

ねじの寸法を代表する直径で,おねじの外径及びめねじの谷の

径の基準寸法が使われる。

nominal diameter,   
nominal size

1220 

基準径 

テーパねじにおいて,直径寸法を定めるための基準となる直径。

  gauge diameter

1221 

基準径の位置 

テーパねじにおいて,基準径を定めるための軸直角平面の位置。

  position of gauge plane

1222 

フランク 

山の頂と谷底とを連絡する面。

軸線を含んだ断面形では,一般に直線になっている(

図 1202b)。

flank

1223 

進み側フランク 

ねじ込みの際,その品物の進行方向に対面するフランク。 leading

flank

1224 

追い側フランク 

進み側フランクの反対側のフランク。 following flank

1225 

圧力側フランク 

ねじ込まれて荷重がかかった際,直接荷重を受ける側のフラン
ク。

load flank,   
pressure flank

1226 

遊び側フランク 

圧力側フランクの反対側のフランク。 clearance flank

1227 

山の頂 
(やまのいただき)

ねじ山の両側のフランクを連絡する面(

図 1227)。 crest

1228 

谷底 

ねじ溝の両側のフランクを連絡する面(

図 1202b)。 root

1229 

フランク角 

ねじの軸線を含んだ断面形において測った個々のフランクが,
軸線に直角な直線となす角(

図 1202b の β)。

注記 1  基準山形が対称断面形であるねじ山の場合には,フラン

ク角を“ねじ山の半角”ということもある。

注記 2  フランク角の量記号は,β で表す。

flank angle

1230 

ねじ山の角度 

ねじの軸線を含んだ断面形において測った隣り合う二つのフラ

ンクがなす角度(

図 1202b 

α

注記 1  “ねじ山の全角”ということもある。 
注記 2  ねじ山の角度の量記号は,

α

で表す。

thread angle,   
included angle

1231 

山の高さ 

ねじの軸線を含んだ断面形において,山の頂を連ねる直線と谷
底を連ねる直線との間を軸線に直角に測った距離(

図 1202b)。

thread height

1232 

山の頂の切取り高

 

ねじの軸線を含んだ断面形において,とがり山の頂を連ねる直
線と山の頂を連ねる直線との間を軸線に直角に測った距離(

1232

crest truncation

1233 

谷底の切取り高さ 

ねじの軸線を含んだ断面形において,とがり谷底を連ねる直線

と谷底を連ねる直線との間を軸線に直角に測った距離(

1232

root truncation

1234 

とがり三角形 

ねじの軸線を含んだ断面形において互いに隣り合う二つのフラ

ンクを山の頂の方向に延長して交わった点を頂点とし,谷底の
方向に延長して交わった点を連ねる直線を底辺とする 1 ピッチ
分の三角形(

図 1234)。

fundamental triangle

1235 

とがり山の高さ 

とがり三角形の高さ(

図 1234)。

注記  とがり山の高さの量記号は,で表す。

fundamental triangle

height

1236 

ひっかかりの高さ 

互いに同心にはまり合うおねじとめねじとの軸線を含んだ断面
形において,おねじの山の頂を連ねる直線と,めねじの山の頂

を連ねる直線との間を軸線に直角に測った距離(

図 1236)。

thread overlap

1237 

基準のひっかかり

の高さ 

基準山形におけるひっかかりの高さ(

図 1236)。

basic thread overlap


5

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1238 

ひっかかり率 

基準のひっかかりの高さに対する,実体のひっかかりの高さの
百分率。次の式で算出する(

図 1236)。

(%)

100

1

1

×

=

H

'

H

ひっかかり率

ここに,H

1

:基準のひっかかりの高さ

H

1

':実体のひっかかりの高さ

percentage of thread

engagement

1239 

(おねじの)山頂

すきま 

互いに同心にはまり合う  おねじ  と  めねじ  との軸線を含んだ

断面形において,めねじの谷底を連ねる直線と,おねじの山の
頂を連ねる直線との間を軸線に直角に測った距離(

図 1239)。

major clearance,   
crest clearance

1240 

(おねじの)谷底

すきま 

互いに同心にはまり合う  おねじ  と  めねじ  との軸線を含んだ
断面形において,めねじの山の頂を連ねる直線と,おねじの谷
底を連ねる直線との間を軸線に直角に測った距離(

図 1239)。

minor clearance,   
root clearance

3)

形式

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1301 

ねじの呼び 

ねじの形式,呼び径及びピッチを表す呼び記号(JIS B 0123 
照)

例えば,

“M10”は呼び径が 10 mm のメートル並目ねじ,

“M8

×1”は呼び径が 8 mm でピッチが 1 mm のメートル細目ねじ,
“3/8-16UNC”は,おねじの外径及びめねじの谷の径の基準寸法

が 25.4×3/8 mm で,25.4 mm 当たりの山数が 16 のユニファイ並
目ねじを表す。

nominal designation of

thread

1302 

並目ねじ 
(なみめねじ)

呼び径とピッチとの組合せが一般的で,最も普通に使用されて
いるねじ。

coarse thread

1303 

細目ねじ 
(ほそめねじ)

並目ねじに比べて呼び径に対するピッチの割合が細かいねじ。

fine pitch thread

1304 

三角ねじ 

ねじ山の形が正三角形に近いねじの総称。 
注記  メートルねじ・ユニファイねじ・ミニチュアねじなどは,

これに属する。

triangular screw thread

1305 

メートルねじ 

ねじの各部の寸法を 1 mm 基準として決めたねじ山の角度 60°
の三角ねじ。

metric thread

1306 

メートル並目ねじ 

メートルねじで並目のもの(JIS B 0205-2 参照)

metric coarse thread

1307 

メートル細目ねじ 

メートルねじで並目ねじよりピッチの細かいもの(JIS B 0205-2

参照)

metric fine pitch thread

1308 

インチねじ 

ねじの各部の寸法を 25.4 mm 基準として決めたねじ山の角度
60°の三角ねじ。

inch thread

1309 

ユニファイ並目ね

 

基準山形がメートルねじと同じの,並目のインチねじ(JIS B 

0206

参照)

unified coarse thread,   
UNC thread

1310 

ユニファイ細目ね

 

基準山形がメートルねじと同じの,ユニファイ並目ねじよりピ
ッチが細かいねじ(JIS B 0208 参照)

unfied fine pitch thread, 
UNF thread

1311 

メートル台形ねじ 

山の頂及び谷底の切取りが大きい対称断面形のねじをもち,ね
じの各部の寸法を 1 mm 基準として決めた,

ねじ山の角度が 30°

のねじ(JIS B 0216-1JIS B 0216-3 参照及び

図 1311)。

metric trapezoidal screw

thread

1312 29

度台形ねじ 

山の頂及び谷底の切取りが大きい対称断面形のねじをもち,ね
じの各部の寸法を 1 mm 基準として決めた,

ねじ山の角度が 29°

の台形ねじ。 
注記  ピッチは,25.4 mm 当たりの山数で表す。

29-degree trapezoidal

screw thread

1313 

角ねじ 
(かくねじ)

ねじ山の断面形が正方形に近いねじ。

square thread


6

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1314 

のこ歯ねじ 

軸方向の力が一方向だけに働く場合に用いられる非対称断面形
のねじ(

図 1314)。

buttress thread

1315 

丸ねじ 

台形ねじの山の頂及び谷底に大きい丸みを付けたねじ(

1315

round thread,   
knuckle thread

1316 

ミニチュアねじ 

時計,光学機器,電気機器,計測器などに用いる呼び径が小さ
い,ねじ山の角度が 60°のねじ(JIS B 0201 参照)

miniature screw thread

1317 

自転車ねじ 

自転車,その他これに準じるものに用いる,ねじ山の角度が 60°
のねじ(JIS B 0225 参照)

cycle thread

1318 

管用ねじ 
(くだようねじ)

管,管用部品,流体機器などの接続に用いるねじ。

平行ねじとテーパねじとがある。 
注記  テーパねじではテーパを 1/16 にとるのが普通である。

pipe thread

1319 

管用平行ねじ 

機械的結合を主目的とする管用ねじ(JIS B 0202 参照)

parallel pipe thread

1320 

管用テーパねじ 

ねじ部の耐密性を主目的とする管用ねじ(JIS B 0203 参照)

taper pipe thread

1321 

アメリカ管用ねじ 

アメリカで使用されている管用ねじ。 
1/16 のテーパを付けるものと,平行ねじとがある。ねじ山の角
度は 60°である。 
注記  一般用の管用ねじのほかに,ねじ山の気密性をよくする

ことを目的とした気密管用ねじ(dry sealed pipe thread)が

ある。

American Standard pipe

thread

1322 

電線管ねじ 

電線管をつなぐねじ(JIS C 8305 参照)

1)

厚鋼電線管ねじ(あつこうでんせんかんねじ)

厚鋼電線管をつなぐ,ねじ山の角度が約 55°ねじ[

1322(1)

2)

薄鋼電線管ねじ(うすこうでんせんかんねじ)

薄 鋼 電 線 管 を つ な ぐ , ね じ 山 の 角 度 が 80° ね じ [

1322(2)

1)  thick steel duct

2)  conduit tube thread

1323 

電球ねじ 

電球の口金及び受け金に用いるねじ。 
ねじ山の形がほぼ同じ大きさの山の丸みと谷の丸みとが連続し
ているねじ(JIS C 7709-0JIS C 7709-3 参照及び

図 1323)。

electric socket and

lamp-base thread

4)

はめあい

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1401 

(ねじの)はめあ

い長さ 

おねじとめねじとが互いに接触し,はまり合っている部分の長
さを軸線方向に測ったもの。

length of thread

engagement

1402 

標準のはめあい長

 

実際のはめあいの長さと関係なく,公差を算出するとき,基準
とするはめあい長さ。 
注記  通りねじゲージの長さと一致させるのが普通である。

reference length of

(thread) engagement

1403 

ピッチ誤差 

実際のピッチと規定上のピッチとの差。 
注記 1  実際のピッチが,規定より大きい場合は正,小さい場合

は負とする。

注記 2  一般には 1 ピッチについていうが,2 ピッチ以上につい

ていうこともある。

pitch deviation,   
pitch error

1404 

単一ピッチ誤差 

1 ピッチに対するピッチ誤差。

simple pitch error

1405 

累積ピッチ誤差 

2 ピッチ以上離れた山と山との間のピッチの合計に対するピッ
チ誤差。

cumulative pitch

deviation,

cumulative pitch error

1406 

(リードの)よろ

めき 

1 リード以内におけるねじ山の進みが 1 リードを 1 周期又は数周
期として増減しているようなリードの誤差。

drunkenness


7

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1407 

ピッチの許容差 

一定のねじ部長さ(標準のはめあいの長さをとるのが普通であ
る。

)内にある任意の山と山との間の単一及び累積ピッチ誤差に

対して定められた許容差。

pitch tolerance

1408 

(山の)角度誤差 

実際の山の角度と規定上の山の角度との差。 
注記  実際の山の角度が,規定より大きい場合は正,小さい場

合は負とする。

angle error

1409 

(山の)倒れ 

ねじの軸線を含んだ断面におけるねじ山の両フランクの中心線

が軸線(テーパねじで,ねじ山がテーパ面に直角に規定された
ものではテーパ面)に直負な直線となす角。

1410 

フランク角誤差 

実際のフランク角と規定上のフランク角との差。 
注記  実際のフランク角が,規定より大きい場合は正,小さい

場合は負とする。

flank angle deviation,   
flank angle error

1411 

(山の)半角誤差 

基準山形が対称断面形であるねじ山の場合のフランク角(ねじ
山の半角)誤差。

error of half angle

1412 

(山の)半角の許

容差 

ねじ山の半角誤差に対して定められた許容差。

tolerance on half angle

1413 

有効径当量 

ねじ山のピッチ誤差又は半角誤差を有効径に換算した数値。普
通,次の換算式を用いる。

f

1

=1.732

δ

p

f

2

=0.436P

δ

α1

ここに,f

1

:ピッチ誤差の有効径当量(

μm)

f

2

:半角誤差の有効径当量(

μm)

P:ピッチ(mm)

δ

p

:はめあいの長さ内にある任意の山と山との間

の単一又は累積ピッチ誤差の最大値(

μm)

δ

α1

:半角誤差の絶対値の最大値(分)

pitch diameter

equivalent

1414 

単独有効径 1)  平行ねじの場合,軸線に沿って測ったねじ溝の幅が規定上

のピッチの

2

1

であるような仮想的な円筒の直径(

図 1414)。

2)

テーパねじの場合は,テーパ面に沿って測ったねじ溝の幅

が,テーパ面に沿って測った規定上のピッチの

2

1

であるよう

な円すいの直径。

simple pitch diameter,   
thread groove diameter

1415 

総合有効径 

単独有効径にピッチ誤差の有効径当量及び半角誤差の有効径当

量を加算した(めねじの場合は,差し引いた)もの。

virtual pitch diameter,   
functional diameter

b)

締結用部品

1)

一般

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2101 

ねじ部品 

ボルト,ナットなどのように,その一部にねじをもった部品。 
注記  おねじをもったねじ部品をおねじ部品,めねじをもった

ねじ部品をめねじ部品という。

threaded fastener

2102 

ねじ 

1)

ねじ山をもった部品の総称。

2)

ボルト(2501)と対照していう場合は,ナットを組まない
で用いるおねじをもった部品の総称。

注記  ねじ(1101)参照。

1) threaded

fastener

2) screw


8

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2103 

ねじ部 

ねじ部品のおねじ又はめねじの部分。ただし,円筒部(2109
をもつおねじ部品では,円筒部と完全ねじ部との境界にある不
完全ねじ部はねじ部に含めず,ねじ先端部の不完全ねじ部はね

じ部に含める。全ねじ(円筒部がないもの)のおねじ部品では,
首下部及びねじ先端部にある不完全ねじ部はねじ部に含める

図 2103)。

なお,ねじ先端の面取り部は不完全ねじ部の一部である(

2103

threaded portion

2104 

完全ねじ部 

山の頂と谷底の形状が両方とも完全な山形となっているねじ部

図 2103)。

complete thread

2105 

不完全ねじ部 

ねじの加工工具の面取り部又は食い付き部などによって作られ
た山形が不完全なねじ部(

図 2103)。円筒部をもつおねじ部品で

は,円筒部と完全ねじ部との境界部及びねじ先端部に,不完全

ねじ部が生じる。全ねじのおねじ部品では,首下部及びねじ先
端部に生じる。

thread runout,   
vanish thread,   
washout thread,   
incomplete thread,   
run-out of thread

2106 

面取り部 

おねじとめねじが食い付きやすくなるように,ねじ部の端に設
けた面取りの部分(

図 2103)。

chamfer

2107 

頭部 

おねじ部品の頭の部分。

head

2108 

軸部 

おねじ部品の頭部を除いた部分。

shank

2109 

円筒部 

おねじ部品の頭部とねじ部との間にある円筒部分(

図 2103)。

body

2110 

座面 

ねじ部品の締付けのとき直接力を受ける面の部分。ただし,ね

じのフランクを除く。

bearing surface

2111 

頂面 

ボルト頭又はナットで,座面の反対側にある力を受けない面。

top face

2112 

ねじ先 

おねじ部品のねじ部の端。

end,  
point

2113 

首下丸み部 

頭部から円筒部へ移行する部分に付けたすみ肉の部分。

underhead fillet

2114 

(ねじの)逃げ溝 

1)

おねじ部品のねじ部と円筒部との境界に設けた溝。

2)

全ねじおねじ部品の頭部首下に設けた溝(JIS B 1018 参照及

図 2114)。

thread undercut

2115 

すりわり 

ねじ回しの先端を差し込んでねじ部品を回転するために設けた

溝(

図 2115)。

slot

2116 

十字穴 

十字ねじ回しの先端を差し込んでねじ部品を回転するために設

けた十字形のくぼみ。 
注記  十字形の形状について,JIS B 1012 では,次の 3 種類を規

定している。

1)  H

形[

図 2116(1)

2)  Z

形[

図 2116(2)

3)  S

形[

図 2116(3)

cross recess 
1)  recess type H

2)  recess type Z

3) special

(cross

recess) type,

recess type S

2117 

六角穴 

六角棒スパナを差し込んでねじ部品を回転するために設けた六
角断面形のくぼみ(

図 2117)。

hexagon socket

2118 

ヘクサロビュラ穴 

断面がヘクサロビュラ形の棒スパナを差し込んでねじ部品を回
転するために設けたヘクサロビュラ断面形のくぼみ(

図 2118)。

hexalobular socket

2119 

四角穴 

断面が四角形の棒スパナを差し込んでねじ部品を回転するため
に設けた四角断面形のくぼみ(

図 2119)。

square socket

2120 

ねじ部長さ 

ねじ部(2103)で定義したねじ部の長さ。

thread length

2121 

円筒部長さ 

座面から最初の完全ねじ山までの長さ。首下丸み部又は逃げ溝

部及び不完全ねじ部を含める。

body length

2122 

呼び長さ 

おねじ部品の長さを表す代表的寸法。六角ボルトの場合には,

ねじ部長さと円筒部長さとの和になるが,部品によっては寸法
の取り方が多少異なる(

図 2122)。

nominal length


9

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2123 

グリップ長さ 

ボルトとナットとで締め付ける場合は,ボルト及びナットの両
座面間の距離。植込みボルトの場合は,ナットに接する被締付
け部材の厚さに相当する。皿頭ねじの場合は,皿穴を設けた部

材の皿の大径側面とナット座面との距離(

図 2123)。

grip length

2124 

頭の径 

円形の頭の最も大きい部分の直径(

図 2124)。

head diameter

2125 

円筒部径 

円筒部の直径(

図 2103)。

body diameter

2126 

頭の高さ 

平面の座面をもつおねじ部品では,頭の頂点又は上面から座面
までの距離。平面以外の座面をもつ場合は,頭の形状によって
寸法の取り方が多少異なる(

図 2126)。

height of head

2127 

ナットの高さ 

ナットの上面と座面との間の距離(

図 2127)。

thickness of nut

2128 

二面幅 

ねじ部品のスパナをかける部分の互いに平行な二面間の距離

図 2128)。

width across flat

2129 

対角距離 

ねじ部品のスパナをかける部分の互いに相対する角と角との間

の距離(

図 2129)。

width across corner

2130 

面取り角 

ボルトなどの頭部の頂面又はナットの頂面,座面及びねじ穴に

付けられた面取りの角度(

図 2130)。

angle of chamfer

2131 

首下丸み 

ねじの軸線を含んだ断面形において測った首下丸み部の半径

図 2131)。

radius under head

2132 

丸み移行円の径 
(まるみいこうえ

んのけい)

おねじ部品の頭部座面と首下丸みとが接する円の直径(

2132

fillet transition diameter

2133 

(ねじの)有効断

面積 

主としておねじ部品の応力計算に用いるが,ナットの保証荷重

応力などを求めるときにも用いるねじの断面積(JIS B 1082 
照)

tensile stress area

2134 

ねじ山せん断面積 

おねじとめねじとのはめあい長さ間において,おねじのねじ山
又はめねじのねじ山がせん断力を受ける面積の合計(

図 2134)。

注記  通常,おねじのねじ山のせん断面積は,めねじの内径を

直径とする仮想円筒と接するおねじのねじ山の面積とし
て計算され,めねじのねじ山せん断面積は,おねじの外
径を直径とする仮想円筒と接するめねじのねじ山の面積

として計算される。

thread shear area

2)

頭の形

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2201 

六角(頭) 

六角形の頭(

図 2201)。 hexag

head

2202 

座付き六角(頭) 

頭部下面に六角二面幅より小さい直径の座面がある六角頭(

2202

hexagon head with

washer face

2203 

四角(頭) 

四角形の頭(

図 2203)。 square head

2204 

止め穴付き(頭) 

回り止めのために,針金を通す横穴をあけた六角頭又は四角頭

図 2204)。

head with hole,   
drilled head

2205 

つば付き六角(頭)  頭部座面の面積を大きくするため,直径が六角対角距離より大

きい円盤状のつばをもつ六角頭(

図 2205)。

hexagon head with

collar

2206 

フランジ付き六角

(頭) 

頭部座面の面積を大きくするため,直径が六角対角距離より大

きい円すい状のつばをもつ六角頭(

図 2206)。

hexagon head with

flange

2207 

フランジ付きヘク

サロビュラ(頭) 

頭部座面の面積を大きくするため,直径が対角距離より大きい
円すい状のつばをもつヘクサロビュラ形の頭(

図 2207)。

hexalobular head with

flange

2208 

フランジ付き 12 

イント(頭) 

同軸同寸の六角形を 30°ずらしたような形状にフランジを付け
た頭(

図 2208)。

12 point flange head,   
bihexagonal head


10

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2209 

歯付きフランジ

(頭) 

フランジ付き頭の座面に戻り止めの作用をするように刻みを付
けた頭。

serrated toothed flange

head

2210 

すりわり付き(頭)  すりわりを入れた頭。

slotted head

2211 

十字穴付き(頭) 

上面に十字形のくぼみがある頭(

図 2211)。

cross recessed head

2212 

六角穴付き(頭) 

上面に六角形の穴がある頭(

図 2212)。

hexagon socket head

2213 

ヘクサロビュラ穴

付き(頭) 

上面にヘクサロビュラ穴がある頭(

図 2213)。

hexalobular socket head

2214 

四角穴付き(頭) 

上面に四角形のくぼみがある頭(

図 2214)。

square socket head

2215 

刻み付き(頭) 

指で締めやすいようにローレット目を付けた頭(

図 2215)。

注記  ローレット目には,平目,あや目などがある(JIS B 0951

参照)

knurled head

2216 

丸(頭) 

半球形に近い頭(

図 2216)。 roun head,

cup head

2217 

丸平(頭) 

上面に丸みの付いた平頭(

図 2217)。

raised cheese head,   
fillister head

2218 

なべ(頭) 

上面の角に丸みの付いた平頭(

図 2218)。リベットのなべ頭では,

これと異なるものがある。

pan head

2219 

平(頭) 

たけの低い円筒形の頭(

図 2219)。

flat fillister head

2220 

チーズ(頭) 

平頭で側面に僅かの傾斜を付けた頭(

図 2220)。 cheese

head

2221 

トラス(頭) 

小ねじに多く用いられるもので,丸頭より高さが低く,外径が
大きい頭(

図 2221)。

mushroom head,   
cup head,   
truss head

2222 

バインド(頭) 

上面に丸みの付いた径の大きな頭。座面にくぼみがあるものも

ある(

図 2222)。

binding head

2223 

ブレジャ(頭) 

タッピンねじ(2413)に多く用いられ,丸頭とトラス頭との中

間の形状の頭(

図 2223)。

brazier head

2224 

ウエハ(頭) 

上面が高さの低い丸形でつばをもった頭(JIS B 1125 参照及び
図 2224)。

wafer head

2225 

皿(頭) 

上面が平らで座面が円すい形の頭(

図 2225)。 countersunk

head,

flat head

2226 

丸皿(頭) 

上面に丸みの付いた皿頭(

図 2226)。

raised countersunk head, 
oval head

2227 

アンダカット皿

(頭) 

皿頭のおねじ部品で,ねじ部長さを大きくするため,頭部座面
側を切り取った皿頭(

図 2227)。

undercut countersunk

head,

undercut flat head

2228 

アンダカット丸皿

(頭) 

丸皿頭のおねじ部品で,ねじ部長さを大きくするため,頭部座

面側を切り取った丸皿頭(

図 2228)。

undercut raised

countersunk head,

undercut oval head

2229 

角皿(頭) 

座面が四角すいの頭(

図 2229)。

countersunk square head

2230 

小形皿(頭) 

皿頭の座面角度が 60°で,皿の外径が標準の皿頭(2225)より
小さい頭(JIS B 1125 参照及び

図 2230)。

countersunk trim head

2231 

トランペット(頭)  皿頭のテーパ座面部が円弧状になっている頭(JIS B 1125 参照

及び

図 2231)。

trumpet head

2232 T

(頭) 

長方形の頭(

図 2232)。 T-head,

hammer head


11

B 0101

:2013

3)

ねじ先の形

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2301 

あら先 

ねじ先端部が転造加工のままで,面を取っていないもの(JIS B 

1003

参照及び

図 2301)。

as-rolled end

2302 

面取り先 

ねじ部先端面が切断のままで,端部の角をほぼねじの谷の径ま

で面を取ったもの(JIS B 1003 参照及び

図 2302)。

chamfered end

2303 

丸先 

ねじ部先端に丸みを付けたもの(

図 2303)。 rounded

end

2304 

平先 

ねじ部先端に約 45°の面取りを施し,端面を平らに加工したも
の(JIS B 1003 参照及び

図 2304)。

flat point

2305 

棒先 

ねじ部先端に,ねじの呼び径の

2

1

に等しい長さの円筒部のあるも

の(JIS B 1003 参照及び

図 2305)。

long dog point

2306 

半棒先 

ねじ部先端に,ねじの呼び径の

4

1

に等しい長さの円筒部のあるも

の(JIS B 1003 参照及び

図 2306)。

short dog point

2307 

全とがり先 

ねじ先端部を,90°の円すい状にとがらしたもの(JIS B 1003
参照及び

図 2307)。

cone point

2308 

とがり先 1)  全とがり先(2307)のとがり先端を僅かに切り取ったもの

JIS B 1003 参照及び

図 2308(1)]。

2)  JIS B 1125

に規定するほぼ 25°にとがったねじ先で,とが

った先端付近までねじ山があるもの[

図 2308(2)]。

1)  truncated cone point

2) gimlet

point

2309 

くぼみ先 

ねじ部端面の中央にくぼみを付けたもの(JIS B 1003 参照及び
図 2309)。

cup point

2310 

パイロット先 

ねじ先端部におねじの谷の径よりも小さな径で,めねじの内壁
に添って挿入を案内する部分(パイロット)のあるもの。 
注記  パイロット先については,JIS B 1003 に次の 2 種類を規定

している。

1)

パイロット平先[

図 2310(1)]。

2)

パイロットとがり先[

図 2310(2)]。

pilot point, 
1) pilot

point

(flat)

2) pilot

point

with

truncated cone

2311 

切り刃先 1)  ねじ先端部に切り刃状の溝を付けたもの[JIS B 1003 参照及

図 2311(1)]。

2)

ねじ先端部にドリル状の部分をもつもの[JIS B 1124 参照及

図 2311(2)]。

1) scrape

point

2) drill

point

2312 

タッピンねじ先 1)  タッピンねじ先 C 形

約 45°にとがった先端で,とがり部の先端付近までねじ

山があるもの[JIS B 1007 参照及び

図 2312(1)]。

2)

タッピンねじ先 F 形

端面が平らで,先端部が先細りテーパとなっていて,テ

ーパ部に平行ねじ山の延長があるもの[JIS B 1007 参照及び
図 2312(2)]。

3)

タッピンねじ先 R 形

約 45°にとがった先端で,最先端は丸みを付けていて,

とがり部の先端付近までねじ山があるもの[JIS B 1007 参照
及び

図 2312(3)]。

1)  tapping screw type

C cone end

2)  tapping screw type

F flat end

3)  tapping screw type

R rounded end

4)

小ねじなど

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2401 

小ねじ 

比較的呼び径の小さい頭付きのねじ。駆動部の形状として一般
には,すりわり付き,十字穴付きなどがある。

machine screw

2402 

すりわり付き小ね

 

すりわり付きの小ねじ(JIS B 1101 参照)

slotted head machine

screw


12

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2403 

精密機器用すりわ

り付き小ねじ 

光学機器,計測機器などの精密機器に使用するすりわり付き小
ねじ(JIS B 1116 参照)

slotted head screw for

precision instrument

2404 

十字穴付き小ねじ 

十字穴付きの小ねじ(JIS B 1111 参照)

cross-recessed head

machine screw

2405 

座金組込み十字穴

付き小ねじ 

座金がねじから抜け落ちないように組み込まれた十字穴付き小
ねじ(JIS B 1188 参照及び

図 2405)。

cross recessed head

screw with captive 
washer

2406 

ヘクサロビュラ穴

付き小ねじ 

ヘクサロビュラ穴付きの小ねじ(JIS B 1107 参照)

hexalobular socket head

screw

2407 

眼鏡枠用小ねじ 

眼鏡枠に用いる小ねじ(JIS B 1119 参照)

machine screw for

spectacle frame

2408 

平座金組込みねじ 

平座金がねじから抜け落ちないように組み込まれた小ねじ又は
ボルト(JIS B 1130 参照)

screw and washer

assembly with plain 
washer

2409 

止めねじ 

ねじの先端を利用して機械部品間の動きを止めるねじ。駆動部
の形状として一般には,すりわり付き,六角穴付き,四角頭な

どがある(

図 2409)。

set screw

2410 

すりわり付き止め

ねじ 

すりわり付きの止めねじ(JIS B 1117 参照及び

図 2410)。

slotted set screw,   
slotted grub screw

2411 

六角穴付き止めね

 

六角穴付きの止めねじ(JIS B 1177 参照及び

図 2411)。

hexagon socket set screw

2412 

四角止めねじ 

四角頭の止めねじ(JIS B 1118 参照)

square head set screw

2413 

タッピンねじ 

ねじ自身でねじ立てができるねじの総称。 
駆動部の形状として一般には,すりわり付き,十字穴付き,六
角頭などがある。

self tapping screw,   
tapping screw

2414 

すりわり付きタッ

ピンねじ 

すりわり付きのタッピンねじ(JIS B 1115 参照及び

図 2414)。

slotted head tapping

screw

2415 

十字穴付きタッピ

ンねじ 

十字穴付きのタッピンねじ(JIS B 1122 参照及び

図 2415)。

cross recessed head

tapping screw

2416 

六角タッピンねじ 

六角頭のタッピンねじ(JIS B 1123 参照及び

図 2416)。

hexagon head tapping

screw

2417 

平座金組込みタッ

ピンねじ 

平座金がねじから抜け落ちないように組み込まれたタッピンね
じ(JIS B 1129 参照)

tapping screw washer

assembly with plain 
washer

2418 

つば付き六角タッ

ピンねじ 

つば付き六角頭のタッピンねじ(JIS B 1126 参照)

。 hexagon

washer

head

tapping screw

2419 

フランジ付き六角

タッピンねじ 

フランジ付き六角頭のタッピンねじ(JIS B 1127 参照)

hexagon flange head

tapping screw

2420 

ヘクサロビュラ穴

付きタッピンね
 

ヘクサロビュラ穴付きのタッピンねじ(JIS B 1128 参照)

hexalobular socket head

tapping screw

2421 

ドリリングタッピ

ンねじ 

ねじ先の形状がとがり先で,下穴を必要としないタッピンねじ。
JIS B 1125 参照)

self drilling tapping

screw

2422 

ドリルねじ 

ねじ先の形状が切り刃先で,下穴を必要としないタッピンねじ。
JIS B 1124 参照)

drilling screw

2423 

スレッドローリン

グねじ 

おねじ自身でメートルねじのめねじを塑性変形によって成形
し,締め付けるねじの総称。 
注記  スレッドフォーミングねじともいう。

thread forming screw


13

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2424 

木ねじ 

木材にねじ込むのに適した先端とねじ山とをもつねじ。駆動部
の形状として一般には,すりわり付き,十字穴付きがある。

wood screw

2425 

すりわり付き木ね

 

すりわり付きの木ねじ(JIS B 1135 参照及び

図 2425)。

slotted head wood screw

2426 

十字穴付き木ねじ 

十字穴付きの木ねじ(JIS B 1112 参照及び

図 2426)。

cross recessed head

wood screw

2427 

コーチねじ 

一般の木ねじより,比較的大きい木ねじ(

図 2427)。

四角コーチねじと六角コーチねじとがある。 
注記  四角コーチねじをラッグねじ(lag screw,lag bolt)という

こともある。

coach screw

2428 

打込みねじ 

くぎを打つように打ち込んで固定するねじ(

図 2428)。

ねじ部はリードの大きい多条ねじで,普通,硬化処理が施して

あり,先端の平らなものと,とがったものとがある。

drive screw

5)

ボルト

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2501 

ボルト 

一般にナットと組んで用いるおねじ部品の総称。 
円筒部の種類によって,次の 4 種類に分類される。

1)

呼び径ボルト(2502

2)

全ねじボルト(2503

3)

有効径ボルト(2504

4)

伸びボルト(2505

bolt

2502 

呼び径ボルト 

円筒部の径がほぼねじの呼び径に等しいボルト(

図 2502)。

bolt with nominal

diameter body

2503 

全ねじボルト 

円筒部をもたないボルト(

図 2503)。

2504 

有効径ボルト 

円筒部の径がほぼねじの有効径に等しいボルト(

図 2504)。

bolt with reduced shank

(shank diameter≒
pitch diameter)

2505 

伸びボルト 

円筒部の一部又は全部の径を細くして伸びやすくしたボルト

図 2505)。

bolt with waisted shank

2506 

六角ボルト 

六角頭(2201)をもつボルトの総称(JIS B 1180 参照)

JIS B 1180

の附属書では,二面幅の大きさによって“並形六角

ボルト”と“小形六角ボルト”とに分類している。

hexagon bolt,   
hexagon head bolt

2507 

座金組込み六角ボ

ルト 

座金がねじから抜け落ちないように組み込まれた六角ボルト
JIS B 1187 参照及び

図 2507)。

hexagon head screw

with captive washer

2508 

摩擦接合用高力六

角ボルト

(まさつせつごう

ようこうりき−)

建築(鉄骨製ビルなど)及び土木(橋りょうなど)に用いられ
る引張強さが高い六角ボルト(JIS B 1186 参照)

。一般的には単

に“高力ボルト”と呼ばれている。

hexagon head bolt for

high-strength 
structural bolting

2509 

四角ボルト 

四角頭のボルト(JIS B 1182 参照)

square head bolt

2510 

フランジ付き六角

ボルト 

六角頭のボルトで,頭部座面の面積を大きくするため,直径が
六角対角距離より大きい円すい状のつばをもつボルト。

hexagon flange bolt

2511 

フランジ付きヘク

サロビュラボル
 

ヘクサロビュラ頭のボルトで,頭部座面の面積を大きくするた
め,直径が対角距離より大きい円すい状のつばをもつボルト
JIS B 1189 参照)

hexalobular head bolt

with flange

2512 

皿ボルト 

皿頭のボルトで,すりわり付き,キー付きなどの種類がある(JIS 

B 1179

参照,

図 2512a 及び図 2512b)。

flat head bolt

2513 

六角穴付きボルト 

六角穴付き頭のボルト(JIS B 1176 参照及び

図 2513)。

hexagon socket head cap

screw


14

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2514 

六角穴付きボタン

ボルト 

丸頭に六角穴を付けたボルト(JIS B 1174 参照及び

図 2514)。

hexagon socket button

head screw

2515 

六角穴付きショル

ダボルト 

円筒部の径がねじの呼び径より大きい六角穴付きボルト(JIS B 

1175

参照及び

図 2515)。

hexagon socket head

shoulder screw

2516 

六角穴付き皿ボル

 

皿頭に六角穴を付けたボルト(JIS B 1194 参照)

。 hexagon

socket

countersunk head 
screw

2517 

ヘクサロビュラ穴

付きボルト 

ヘクサロビュラ穴付き頭のボルト(JIS B 1136 参照)

hexalobular socket head

cap screw

2518 

角根丸頭ボルト 

丸頭の付け根に,回り止めのための四角部をもつボルト(JIS B 

1171

参照及び

図 2518)。

cup square neck bolt,   
cup head square neck bolt

2519 

キー付き丸頭ボル

 

丸頭の付け根に,回り止めのためのキーを付けたボルト(

2519

cup head nib bolt,   
cup nib bolt

2520 

こぶ付き丸頭ボル

 

丸頭の付け根に,回り止めのためのこぶ状の突起を付けたボル
ト(

図 2520)。

cup oval neck bolt,   
fish bolt

2521 

六角リーマボルト 

リーマ仕上げをした穴にしっくりはめ込み,ずれ止めの役目も
させる六角ボルト。円筒部が平行のものと,僅かにテーパを付
けたものとがある(

図 2521)。

hexagon fit bolt,   
hexagon head reamer

bolt

2522 

ちょうボルト 

頭部がちょう形をしたボルト(JIS B 1184 参照及び

図 2522)。 wing

bolt

2523 

アイボルト 

丸い穴があるリング状の頭をしたボルト。頭の付け根に座を付

けたもの(JIS B 1168 参照)は,主としてつり上げ用として用
いられ,この種のものを“つりボルト”

(lifting eyebolt)という

ことがある(

図 2523)。

eye bolt,   
eyebolt

2524 

アイレットボルト 

ねじの外径にほぼ等しい材料をリング状に曲げて頭部としたボ
ルト(

図 2524)。

eyelet bolt

2525 

フックボルト 

頭部がかぎ形をしたボルト(

図 2525)。 clip

bolt

hook bolt

2526 U

ボルト 

U 字形をした両脚にねじを切ったボルト(図 2526)。 stirrup

bolt,

U bolt

2527 

溶接ボルト 

座面に突起部を設け,鋼板に溶接して用いるボルト(JIS B 1195
参照及び

図 2527)。

weld bolt

2528 

ねじ付き溶接スタ

ッド 

ほぼ有効径に等しい径の円筒部をもつ棒状のボルト。円筒部の
一端をアークスタッド溶接によって構造体に取り付けて用いる

図 2528)。

weld stud,   
single end stud,   
threaded stud

2529 

植込みボルト 

棒の両端にねじがあって,一方のねじを機械の本体などに固く
植え込んで用いるボルト(JIS B 1173 参照及び

図 2529)。

stud,  
stud bolt,   
tap-end bolt

2530 

控えボルト 

2 枚の板の間隔を決め,その板の控えとなるような働きをするボ
ルト(

図 2530)。

stay bolt

2531 

基礎ボルト 

機械構造物を据え付けるときに構造物を土台に締め付けるボル
ト。形状は種々ある(JIS B 1178 参照)

foundation bolt

2532 T

ボルト 

T 頭(2232)をもつボルト(図 2532)。 T-head

bolt,

hammer head bolt

2533 T

溝ボルト 

T 溝にはめ合わせて使用するボルト(JIS B 1166 参照)。 T-slot

screw,

T-slot bolt

2534 

アプセットボルト 

ボルト頭を圧造によって六角,四角などに成形したボルト(

2534

冷間圧造による六角頭のアプセットボルトは,頭部上面にへこ

みがあるのが普通である。

upset head bolt


15

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2535 

トリムドボルト 

ボルト頭をトリーマによって六角又は四角に打ち抜いたボルト

図 2535)。

trimmed head bolt

6)

ナット

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2601 

ナット 

めねじ部品の総称。

nut

2602 

六角ナット 

外形が六角形をしたナットの総称(JIS B 1181 参照及び

2602

JIS B 1181

の本体では,六角ナットを次の 5 種類に分類している。

1)

六角ナット−スタイル 1

2)

六角ナット−スタイル 2

3)

六角ナット−C

4)

六角低ナット−両面取り

5)

六角低ナット−面取りなし

JIS B 1181

の附属書では,二面幅の大きさによって“並形六角

ナット”と“小形六角ナット”とに分類している。

hexagon nut 
1)  hexagon nut (style 1)

2)  hexagon nut (style 2)

3) hexagon

nut

4)  hexagon thin nut

(chamfered)

5)  hexagon thin nut

(unchamfered)

2603 

座付き六角ナット 

六角二面幅より僅かに小さい直径の座面をもつ六角ナット(JIS 

B 1181

参照及び

図 2603)。

washer faced hexagon

nut

2604 

摩擦接合用高力六

角ナット 

摩擦接合用高力六角ボルトと合わせる六角ナット(JIS B 1186
参照)

hexagon nut for

high-strength 
structural bolting

2605 

四角ナット 

外形が四角のナット(JIS B 1163 参照及び

図 2605)。 square

nut

2606 

つば付き六角ナッ

 

座面の面積を大きくするため,直径が六角対角距離より大きい
円盤状のつばをもつ六角ナット(

図 2606)。

hexagon nut with collar

2607 

座金組込み六角ナ

ット 

六角ナットの座面側に,皿ばね座金,波形ばね座金などを組み
込んだナット(

図 2607)。

組み込まれた座金は,ナットに対して自由に回転ができ,かつ,

ナットから落ちないようになっている。

hexagon nut and spring

washer assembly

2608 

フランジ付き六角

ナット 

座面の面積を大きくするため,直径が六角対角距離より大きい

円すい状のつばをもつ六角ナット(JIS B 1190 参照及び

2608

hexagon nut with flange

2609 

フランジ付き 12 

イントナット 

外形が同軸同寸の六角形を 30°ずらしたような形をしたフラン
ジ付きのナット(

図 2609)。

12 point flange nut

2610 

歯付きフランジ六

角ナット 

フランジ付き六角ナットの座面に,戻り止めの作用をするよう

な刻みを付けたナット(

図 2610)。

serrated toothed flange

nut,

lock face nut

2611 

袋ナット 

おねじの先端が現れないように片面を帽子状にしたナット。 cap

nut,

box nut

2612 

六角袋ナット 

外形が六角の袋ナット(JIS B 1183 参照及び

図 2612)。 acorn

nut,

domed cap nut

2613 

すりわり付き丸ナ

ット 

上面にすりわりを付けた外形が円形のナット(

図 2613)。

slotted round nut

2614 

溝付き丸ナット 

側面にたて溝を切った外形が円形のナット(

図 2614)。

slotted round nut for

hook-spanner

2615 

横穴付き丸ナット 

ナットを締め付けるときに使う穴を側面に設けた外形が円形の

ナット(

図 2615)。

round nut with set pin

holes in side

2616 

上面穴付き丸ナッ

 

ナットを締め付けるときに使う穴を上面に設けた外形が円形の

ナット(

図 2616)。

round nut with drilled

holes in one face

2617 

アイナット 

環が付いたナット(JIS B 1169 参照)

。 eyenut


16

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2618 

つまみナット 

指で回して締め付けることができるように,つまみが付いたナ
ット(

図 2618)。

thumb nut

2619 

ちょうナット 

つまみがちょう形をしたつまみナット(JIS B 1185 参照)

。 wing

nut,

fly nut

2620 

刻み付きナット 

外周にローレット目を付けた丸形のナット(

図 2620)。 knurled

nut

2621 

戻り止めナット 

ナットの一部に戻り止めのための仕掛けが施されているナット

の総称。 
戻り止めのための仕掛けにはいろいろな種類がある。

self-locking nut

2622 

ばね板ナット 

ばね鋼などの板を打ち抜いて作ったナット(JIS B 1216 参照及

図 2622)。

1 山をもっているだけであるが,ばねの作用で回り止めになって
いる。

spring nut

2623 

溝付き六角ナット 

ナット脱落防止用の割りピンを差し込む溝がある六角ナット
JIS B 1170 参照)

次の形式がある。

1)

六角ナットの上面に溝を入れたもの[

図 2623(1)]。

2)

円筒部を設け,この部分に溝を入れたもの(キャッスルナ

ットともいう。

図 2623(2)]。

1)  hexagon slotted nut

2)  hexagon castle nut

2624 

プリベリングトル

ク形ナット 

相手おねじ部品にねじ込み又はねじ戻すときに必要なトルクが

発生するような仕掛けを施したナット(JIS B 1199-1JIS B 

1199-4

参照)

次の形式がある。

1)

非金属インサート付きプリベリングトルク形六角ナット

図 2624(1)

2)

全金属製プリベリングトルク形六角ナット[

図 2624(2)

3)

非金属インサート付きプリベリングトルク形フランジ付き
六角ナット[

図 2624(3)

4)

全金属製プリベリングトルク形フランジ付き六角ナット

図 2624(4)

1) prevailing

torque

type hexagon nut 
(with non-metallic 
insert)

2) prevailing

torque

type all-metal 
hexagon nut

3) prevailing

torque

type hexagon nut 
with flange (with 
non-metallic 
insert)

4) prevailing

torque

type all-metal 
hexagon nut with 
flange

2625 

プレートナット 

板にリベット止めして用いるナット(

図 2625)。

plate nut

2626 

溶接ナット 

座面に突起部を設け,鋼板に溶接して用いるナット。

JIS B 1196

は,次の 3 種類を規定している。

また,それぞれの種類には,幾つかの形式がある。

1)

六角溶接ナット[

図 2626(1)

2)

四角溶接ナット[

図 2626(2)

3)  T

形溶接ナット

weld nut 
1) hexagon

weld

nut

2)  square weld nut

3) T-shape

weld

nut

2627 

フランジ付き六角

溶接ナット 

フランジ座面に突起部を設け,鋼板に溶接して用いるナット
JIS B 1200 参照及び

図 2627)。

hexagon weld nut with

flange

2628 

眼鏡枠用ナット 

眼鏡枠に用いるナット(JIS B 1119 参照及び

図 2628)。

nut for spectacle frame

2629 T

溝ナット 

T 溝に入れて用いるナット(JIS B 1167 参照及び図 2629)。 nut

for

T-slot,

T-slot nut


17

B 0101

:2013

7)

座金

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2701 

座金 

小ねじ,ボルト,ナットなどの座面と締付け部との間に入れる

部品。 
形状,機能,用途などによっていろいろな種類がある。

washer

2702 

平座金 

平板状の座金(JIS B 1256 参照及び

図 2702)。

外形には丸,片面取りをした丸,四角などがあり,特に四角形
のものを“角座金”という。

plain washer

2703 

ばね座金 

コイル状をした座金(JIS B 1251 参照及び

図 2703)。

座金には,一巻のもの,二巻のものがあり,また,切り口が平

らなもの,つめ状をしたものなどがある。

spring lock washer

2704 

皿ばね座金 

皿状をしたばね作用をもつ座金(JIS B 1251 参照及び

図 2704)。  conical spring washer

2705 

波形ばね座金 

ばね座金(2703)を波形に曲げた座金(

図 2705)。 wave

spring

washer

2706 

歯付き座金 

回り止めの役目をする歯が設けてあるばね作用をもつ座金(JIS 

B 1251

参照及び

図 2706)。

toothed lock washer

2707 

波形座金 

丸い平座金(2702)を波形に曲げた座金(

図 2707)。 wave

washer

2708 

舌付き座金 
(したつきざがね)

丸い座金の一部を突き出した形とし,その部分を回り止めとし
た座金(

図 2708)。

tab washer,   
tongued washer

2709 

外つめ付き座金 

丸い座金外周の一部を切り開き,その部分を折り曲げて回り止
めとした座金(

図 2709)。

external tab washer,   
external claw washer

2710 

内つめ付き座金 

丸い座金内周の一部につめ状の突起部を設け,その部分を折り
曲げて回り止めとした座金(

図 2710)。

internal tab washer,   
internal claw washer

2711 

つめ付き角座金 

角座金の四すみにつめを付けた座金(

図 2711)。 square

claw

washer

2712 

四角テーパ座金 

片面に勾配を付けた四角座金(

図 2712)。

溝形鋼,I 形鋼などの締付けに多く用いる。

square taper washer (for

U and I section)

8)

ピン

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2801 

ピン 

穴に差し込んで継手,位置決め,ねじの回り止めなどの目的に

用いる棒状又は筒状の部品。 
ピンには頭付きのものもある。

pin

2802 

平行ピン 

断面が円形で側面が円筒になっている頭なしのピン(JIS B 1354
参照及び

図 2802)。

parallel pin,   
straight pin

2803 

ダウエルピン 

平行ピンの一種で焼入硬化をした精度の高いピン。

一般には,位置決めなどに用いる(JIS B 1355 参照及び

図 2803)。

dowel pin

2804 

めねじ付き平行ピ

 

平行ピンの一端にめねじを設けたピン(JIS B 1359 参照及び

2804

parallel pin with internal

thread

2805 

クレビスピン 

継手用のピン。

形状には平行ピンと同じようなもの,割りピン穴があるもの,
頭付きのものなどがあり,鉄道車両に多く用いる。

clevis pin

2806 

テーパピン 

断面が円形で,側面がテーパになっている頭なしのピン(JIS B 

1352

参照)

taper pin

2807 

先割りテーパピン 

テーパピンの小端部に軸方向の割りを入れたもの(JIS B 1353

参照)

taper pin with split

2808 

ねじ付きテーパピ

 

テーパピンの大端側にめねじ又はおねじを設けたピン[JIS B 

1358

参照,

図 2808(1)及び図 2808(2)]。

taper pin with thread

2809 

スプリングピン 

弾性がある板を円筒状に丸め,ピンの半径方向にばね作用が生

じるピン(JIS B 2808 参照)

ピンには溝付き[

図 2809(1)]のものと,二重巻き[図 2809(2)

のものとがある。

spring-type straight pin, 
spring pin


18

B 0101

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2810 

グルーブドピン 

平行ピンの軸方向に V 形の溝を入れて,溝縁の一部を盛り上げ
たピン(

図 2810)。

grooved pin

2811 

割りピン 

ねじの戻り,ピンの脱落などを防ぐために用いる部品(JIS B 

1351

参照及び

図 2811)。

split pin,   
cotter pin

2812 

スナップピン 

穴加工した軸に挿入し,脱落を防ぐために用いるピン(JIS B 

1360

参照及び

図 2812)。

snap pins

9)

リベット及びその他のねじ部品

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2901 

リベット 

軸部にねじのない頭付きの部品。 
締結物の穴に軸部を差し込み,軸端をかしめて継手とする。

rivet

2902 

冷間成形リベット 

冷間圧造によって頭部を成形したリベット(JIS B 1213 参照)

。  cold headed rivet

2903 

熱間成形リベット 

熱間圧造によって頭部を成形したリベット(JIS B 1214 参照)

。  hot headed rivet

2904 

チューブラリベッ

 

軸に中空部があるリベット。 
中空部の深さに浅いものと深いものとがある。

tubular rivet

2905 

セミチューブラリ

ベット 

中空部の深さが軸径の約 90 %のチューブラリベット(JIS B 

1215

参照及び

図 2905)。

頭の形状には,薄丸,トラス,平,皿,丸などがある。

semi-tubular rivet

2906 

フルチューブラリ

ベット 

中空部の長さが軸径の 1.12 倍を超えるチューブラリベット(

2906

full tubular rivet

2907 

足割りリベット 

軸端に軸方向に割りが入っているリベット(

図 2907)。

split rivet

2908 

ブラインドリベッ

 

差し込んだ側から,かしめができる構造になっているリベット

JIS B 0147 参照及び

図 2908)。

blind rivet

2909 

ターンバックル 

一端に右ねじ,他端に左ねじのめねじ部が設けられ,ワイヤー

やタイロッドなどの張力を調整するために用いられる部品(JIS 

A 5540

JIS A 5541 参照及び

図 2909)。

turnbuckle

2910 

アンカーボルト 

構造部材や設備機器を固定するためにコンクリートに埋め込ん
で用いるボルト。構造用両ねじアンカーボルトと呼ばれている
JIS B 1220 及び JIS B 1221 参照)

anchor bolt with rolled

(machined) threads 
for structure

2911 

頭付きスタッド 

構造部材や設備機器を固定するためにコンクリートに埋め込ん
で用いるスタッド。溶接して使用される(JIS B 1198 参照)

headed stud

2912 

ねじプラグ 

ねじ付きのプラグ(JIS D 2101 参照)

1)

管用テーパねじプラグ[

図 2912(1)]。

管用テーパねじをもつプラグで,駆動部の形状は,六角

頭付き,四角頭付き,六角穴付き及び四角穴付きがある。

2)

平行ねじプラグ[

図 2912(2)]。

平行ねじをもつプラグで,駆動部の形状は,六角頭付き,

四角頭付き及び六角穴付きがある。

1) pipe

plug

2) screw

plug

一条ねじのおねじ(右ねじ)

一条ねじのめねじ(右ねじ)

図  1106a 

図  1106b 


19

B 0101

:2013

二条ねじのおねじ(右ねじ)

一条ねじのおねじ(左ねじ)

図  1107 

図  1110 

平行ねじ

テーパねじ

図  1201a 

図  1201b 

おねじのねじ山の要素

おねじ

めねじ

図  1202a 

図  1202b 

つる巻き線

つる巻き線の接線

円すい  つる巻き線

円すい  つる巻き線


20

B 0101

:2013

図  1204 

図  1209 

図  1227 

図  1232 

図  1234 

図  1236 

図  1239 

図  1311 

山の頂の切取り高さ

谷底の切取り高さ


21

B 0101

:2013

図  1314 

図  1315 

図  1322(1) 

図  1322(2) 

図  1323 

図  1414 

図  2103

図  2114 

図  2115 

H 形

Z 形

S 形

図  2116(1) 

図  2116(2) 

図  2116(3) 


22

B 0101

:2013

図  2117 

図  2118 

図  2119 

図  2122

図  2123

図  2124 

図  2126 

図  2127 

図  2128 

図  2129 


23

B 0101

:2013

図  2130 

図  2131 

図  2132 

図  2134

図  2201 

図  2202 

図  2203 

図  2204 

図  2205 

図  2206 

図  2207 

図  2208 

図  2211 


24

B 0101

:2013

図  2212 

図  2213 

図  2214 

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

図  2215 

図  2216 

図  2217 

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

図  2218 

図  2219 

図  2220 

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

図  2221 

図  2222 

図  2223 

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

図  2224 

図  2225 

図  2226 

(すりわり付きの例)

(すりわり付きの例)

図  2227 

図  2228 

図  2229 


25

B 0101

:2013

図  2230 

図  2231 

図  2232 

図  2301 

図  2302 

図  2303 

図  2304 

図  2305 

図  2306 

図  2307 

図  2308(1) 

図  2308(2) 

図  2309 

図  2310(1) 

図  2310(2) 

図  2311(1) 

図  2311(2) 

タッピンねじ先 C 形

タッピンねじ先 F 形

タッピンねじ先 R 形

図  2312(1) 

図  2312(2) 

図  2312(3) 

(平座金組込みの例)

図  2405 

図  2409 


26

B 0101

:2013

(平先の例)

(平先の例)

図  2410 

図  2411 

(なべ頭の例)

(なべ頭の例)

図  2414 

図  2415 

図  2416 

(丸頭の例)

(皿頭の例)

図  2425 

図  2426  

図  2427 

図  2428 

図  2502 

図  2503 

図  2504 

(ばね座金組込みの例)

図  2505 

図  2507 

(すりわり付きの例)

(キー付きの例)

図  2512a 

図  2512b 


27

B 0101

:2013

図  2513 

図  2514 

図  2515 

図  2518 

図  2519 

図  2520 

図  2521 

図  2522 

図  2523 

図  2524 

図  2525 

図  2526 

図  2527 

図  2528 

図  2529 

図  2530


28

B 0101

:2013

(座なし六角頭の例)

図  2532 

図  2534 

図  2535 

図  2602

図  2603 

図  2605 

図  2606 

図  2607 

図  2608 

図  2609 

図  2610 

図  2612 

図  2613 

図  2614 

図  2615 

図  2616 


29

B 0101

:2013

図  2618 

図  2620 

図  2622 

図  2623(1) 

図  2623(2) 

図  2624(1) 

図  2624(2) 

図  2624(3) 

図  2624(4) 

図  2625 

図  2626(1) 

図  2626(2) 

図  2627 

星形

すりわり付き丸形

六角

図  2628 

図  2629 

図  2702


30

B 0101

:2013

図  2703

図  2704 

図  2705 

図  2706 

図  2707 

図  2708 

図  2709 

図  2710 

図  2711 

図  2712 

図  2802

図  2803 

図  2804 


31

B 0101

:2013

(めねじ付きの例)

(おねじ付きの例)

図  2808(1) 

図  2808(2) 

図  2809(1) 

図  2809(2) 

図  2810 

図  2811 

図  2812

図  2905 

図  2906 

図  2907 

図  2908

図  2909

図  2912(1) 

図  2912(2) 


32

B 0101

:2013

参考文献

規格番号

規格の名称

規格番号

規格の名称

JIS A 5540 

建築用ターンバックル

JIS B 1052-2 

締結用部品の機械的性質−第 2 部:保証

JIS A 5541 

建築用ターンバックル胴

荷重値規定ナット−並目ねじ

JIS B 0123 

ねじの表し方

JIS B 1052-6 

締結用部品の機械的性質−第 6 部:保証

JIS B 0147 

ブラインドリベット−用語及び定義

荷重値規定ナット−細目ねじ

JIS B 0201 

ミニチュアねじ

JIS B 1082 

ねじの有効断面積及び座面の負荷面積

JIS B 0202 

管用平行ねじ

JIS B 1101 

すりわり付き小ねじ

JIS B 0203 

管用テーパねじ

JIS B 1107 

ヘクサロビュラ穴付き小ねじ

JIS B 0205-1 

一般用メートルねじ−第 1 部:基準山形

JIS B 1111 

十字穴付き小ねじ

JIS B 0205-2 

一般用メートルねじ−第 2 部:全体系

JIS B 1112 

十字穴付き木ねじ

JIS B 0205-3 

一般用メートルねじ−第 3 部:ねじ部品

JIS B 1115 

すりわり付きタッピンねじ

用に選択したサイズ

JIS B 1116 

精密機器用すりわり付き小ねじ

JIS B 0205-4 

一般用メートルねじ−第 4 部:基準寸法

JIS B 1117 

すりわり付き止めねじ

JIS B 0206 

ユニファイ並目ねじ

JIS B 1118 

四角止めねじ

JIS B 0208 

ユニファイ細目ねじ

JIS B 1119 

眼鏡枠用小ねじ及びナット

JIS B 0209-1 

一般用メートルねじ−公差−第 1 部:原

JIS B 1122 

十字穴付きタッピンねじ

則及び基礎データ

JIS B 1123 

六角タッピンねじ

JIS B 0209-2 

一般用メートルねじ−公差−第 2 部:一

JIS B 1124 

タッピンねじのねじ山をもつドリルねじ

般用おねじ及びめねじの許容限界寸法

JIS B 1125 

ドリリングタッピンねじ

−中(はめあい区分)

JIS B 1126 

つば付き六角タッピンねじ

JIS B 0209-3 

一般用メートルねじ−公差−第 3 部:構

JIS B 1127 

フランジ付き六角タッピンねじ

造体用ねじの寸法許容差

JIS B 1128 

ヘクサロビュラ穴付きタッピンねじ

JIS B 0209-4 

一般用メートルねじ−公差−第 4 部:め

JIS B 1129 

平座金組込みタッピンねじ

っき後に公差位置 H 又は G にねじ立て

JIS B 1130 

鋼製平座金組込みねじ−座金の硬さ区分

をしためねじと組み合わせる溶融亜鉛

200 HV 及び 300 HV

めっき付きおねじの許容限界寸法

JIS B 1135 

すりわり付き木ねじ

JIS B 0209-5 

一般用メートルねじ−公差−第 5 部:め

JIS B 1136 

ヘクサロビュラ穴付きボルト

っき前に公差位置 h の最大寸法をもつ溶

JIS B 1163 

四角ナット

融亜鉛めっき付きおねじと組み合わせ

JIS B 1166 

T 溝ボルト

るめねじの許容限界寸法

JIS B 1167 

T 溝ナット

JIS B 0210 

ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及

JIS B 1168 

アイボルト

び公差

JIS B 1169 

アイナット

JIS B 0216-1 

メートル台形ねじ−第 1 部:基準山形及

JIS B 1170 

溝付き六角ナット

び最大実体山形

JIS B 1171 

角根丸頭ボルト

JIS B 0216-2 

メートル台形ねじ−第 2 部:全体系

JIS B 1173 

植込みボルト

JIS B 0216-3 

メートル台形ねじ−第 3 部:基準寸法

JIS B 1174 

六角穴付きボタンボルト

JIS B 0225 

自転車ねじ

JIS B 1175 

六角穴付きショルダボルト

JIS B 0401-1 

寸法公差及びはめあいの方式−第 1 部: JIS B 1176 

六角穴付きボルト

公差,寸法差及びはめあいの基礎

JIS B 1177 

六角穴付き止めねじ

JIS B 0951 

ローレット目

JIS B 1178 

基礎ボルト

JIS B 1003 

締結用部品−メートルねじをもつおね

JIS B 1179 

皿ボルト

じ部品のねじ先

JIS B 1180 

六角ボルト

JIS B 1006 

締結用部品−一般用メートルねじをも

JIS B 1181 

六角ナット

つおねじ部品の不完全ねじ部長さ

JIS B 1182 

四角ボルト

JIS B 1007 

タッピンねじのねじ部

JIS B 1183 

六角袋ナット

JIS B 1012 

ねじ用十字穴

JIS B 1184 

ちょうボルト

JIS B 1015 

おねじ部品用ヘクサロビュラ穴

JIS B 1185 

ちょうナット

JIS B 1018 

締結用部品−一般用メートルねじをも

JIS B 1186 

摩擦接合用高力六角ボルト・六角ナッ

つおねじ部品の逃げ溝

ト・平座金のセット


33

B 0101

:2013

規格番号

規格の名称

規格番号

規格の名称

JIS B 1187 

座金組込み六角ボルト

JIS B 1251 

ばね座金

JIS B 1188 

座金組込み十字穴付き小ねじ

JIS B 1256 

平座金

JIS B 1189 

フランジ付き六角ボルト

JIS B 1257 

座金組込みタッピンねじ用平座金−並

JIS B 1190 

フランジ付き六角ナット

形及び大形系列−部品等級 A

JIS B 1194 

六角穴付き皿ボルト

JIS B 1258 

座金組込みねじ用平座金−小形,並形及

JIS B 1195 

溶接ボルト

び大形系列−部品等級 A

JIS B 1196 

溶接ナット

JIS B 1351 

割りピン

JIS B 1198 

頭付きスタッド

JIS B 1352 

テーパピン

JIS B 1199-1 

プリベリングトルク形ナット−第 1 部: JIS B 1353 

先割りテーパピン

非金属インサート付き六角ナット

JIS B 1354 

平行ピン

JIS B 1199-2 

プリベリングトルク形ナット−第 2 部: JIS B 1355 

ダウエルピン

全金属製六角ナット

JIS B 1358 

ねじ付きテーパピン

JIS B 1199-3 

プリベリングトルク形ナット−第 3 部: JIS B 1359 

めねじ付き平行ピン

非金属インサート付きフランジ付き六

JIS B 1360 

スナップピン

角ナット

JIS B 2808 

スプリングピン

JIS B 1199-4 

プリベリングトルク形ナット−第 4 部: JIS C 7709-0 

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ

全金属製フランジ付き六角ナット

並びに互換性・安全性  第 0 部  電球類

JIS B 1200 

フランジ付き六角溶接ナット

の口金・受金及びそれらのゲージ類の総

JIS B 1213 

冷間成形リベット

括的事項

JIS B 1214 

熱間成形リベット

JIS C 7709-1 

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ

JIS B 1215 

セミチューブラリベット

並びに互換性・安全性  第 1 部  口金

JIS B 1216 

押込みばね板ナット

JIS C 7709-2 

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ

JIS B 1217 

管フランジ用ボルト・ナット

並びに互換性・安全性  第 2 部  受金

JIS B 1220 

構造用転造両ねじアンカーボルトセット JIS C 7709-3 

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ

JIS B 1221 

構造用切削両ねじアンカーボルトセット  

並びに互換性・安全性  第 3 部  ゲージ

JIS B 1250 

一般用ボルト,小ねじ及びナットに用い

JIS C 8305 

鋼製電線管

る平座金−全体系

JIS D 2101 

自動車部品−ねじプラグ


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 0101:2013

  ねじ用語

ISO 1891:2009

  Fasteners−Terminology

ISO 5408:2009

  Screw threads−Vocabulary 

(I)JIS の規定

(II)国際

規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇

条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技

術的差異の理由及び今後
の対策

箇条番号
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用 語 及
び定義

ISO 5408 

3∼7

symmetrical thread 
unsymmetrical thread 
thread start 
profile of thread 
adjacent flanks 
homologous flanks 
addendum 
dedendum 
major diameter 
minor diameter 
crest diameter 
root diameter 
pitch cylinder 
pitch cone 
axis of pitch diameter 
two-flank pitch 
cumulative pitch 
two-flank lead 
ridge thickness 
groove 
widthflank overlap 
length of assembly 
kinematic travel

削除

日本国内では使われ ない用
語であるため,削除した。

日本国内ではこれらの用
語を削除しても影響はな

い。

34

B 010

1


2

013


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後
の対策

箇条番号
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用 語 及
び定義 
(続き)

・  (おねじの)外径 
・  おねじの谷の径 
・  めねじの谷の径 
・  (めねじの)内径 
・  基準径の位置 
・  山の頂の切取り高さ 
・  谷底の切取り高さ 
・  ねじ部品 
・  ねじ 
・  ねじ部 
・  面取り部 
・  頭部 
・  軸部 
・  円筒部 
・  座面 
・  頂面 
・  ねじ先 
・  首下丸み部 
・  (ねじの)逃げ溝 
・  ヘクサロビュラ穴 
・  ねじ部長さ 
・  円筒部長さ 
・  呼び長さ 
・  グリップ長さ 
・  頭の径 
・  円筒部径 
・  頭の高さ 
・  ナットの高さ 
・  二面幅 
・  対角距離 
・  面取り角 
・  首下丸み 
・  丸み移行円の径

ISO 5408 

3

一般

追加

日本国内で頻繁に使 用する

用語を追加した。

技術的な差異はない。

35

B 010

1


2

013


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後
の対策

箇条番号
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用 語 及
び定義

・  基準のひっかかりの高さ

・  ひっかかり率

ISO 5408 

7

はめあい

追加

日本国内で頻繁に使 用する

用語を追加した。

技術的な差異はない。

(続き)

・  標準のはめあい長さ

・  単一ピッチ誤差 
・  (リードの)よろめき 
・  ピッチの許容差

・  (山の)角度誤差 
・  (山の)倒れ 
・  (山の)半角誤差

・  (山の)半角の許容差

ISO 5408 

8

許容差

追加

日本国内で頻繁に使 用する

用語を追加した。

技術的な差異はない。

・  ねじの呼び 
・  並目ねじ

・  細目ねじ 
・  三角ねじ 
・  メートル並目ねじ

・  ユニファイ並目ねじ 
・  ユニファイ細目ねじ 
・  メートル台形ねじ

・ 29 度台形ねじ 
・  角ねじ 
・  のこ歯ねじ

・  丸ねじ 
・  ミニチュアねじ 
・  自転車ねじ

・  管用ねじ 
・  管用平行ねじ 
・  管用テーパねじ

・  アメリカ管用ねじ 
・  電線管ねじ 
・  電球ねじ

ISO 1891 

3.1

ねじ基本

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

36

B 010

1


2

013


 (I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後
の対策

箇条番号
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用 語 及
び定義 
(続き)

・  止め穴付き(頭)

・  歯付きフランジ(頭) 
・  すりわり付き(頭) 
・  十字穴付き(頭)

・  六角穴付き(頭) 
・  四角穴付き(頭) 
・  刻み付き(頭)

・  平(頭) 
・  ブレジャ(頭) 
・  ウエハ(頭)

・  角皿(頭) 
・  小形皿(頭) 
・  トランペット(頭)

ISO 1891 

3.1

頭の形

追加

日本国内で頻繁に使 用する

用語を追加した。

技術的な差異はない。

タッピンねじ先

ISO 1891 

3.3

ねじ先の形

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

37

B 010

1


2

013


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後
の対策

箇条番号
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用 語 及
び定義 
(続き)

・  小ねじ

・  すりわり付き小ねじ 
・  精密機器用すりわり付き小ねじ
・  十字穴付き小ねじ

・  座金組込み十字穴付き小ねじ 
・  ヘクサロビュラ穴付き小ねじ 
・  眼鏡枠用小ねじ

・  平座金組込みねじ 
・  ボルト 
・  呼び径ボルト

・  全ねじボルト 
・  有効径ボルト 
・  伸びボルト

・  摩擦接合用高力六角ボルト 
・  皿ボルト 
・  溶接ボルト

・  控えボルト 
・  アプセットボルト 
・  トリムドボルト

・  アンカーボルト 
・  頭付きスタッド 
・  ねじプラグ

ISO 1891 

4.1 ISO メートルねじをも

つボルト及び小ねじ

追加

日本国内で頻繁に使 用する

用語を追加した。

技術的な差異はない。

・  すりわり付きタッピンねじ 
・  十字穴付きタッピンねじ

・  ドリリングタッピンねじ

ISO 1891 

4.2

タッピンねじ

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

ドリルねじ

ISO 1891 

4.4

ドリルねじ

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

スレッドローリングねじ

ISO 1891 

4.5

スレッドフォーミング
ねじ

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

コーチねじ

ISO 1891 

4.7

木ねじ

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

38

B 010

1


2

013


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後
の対策

箇条番号
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  用 語 及
び定義 
(続き)

・  止めねじ

・  すりわり付き止めねじ 
・  六角穴付き止めねじ 
・  四角止めねじ

ISO 1891 

4.9

止めねじ

追加

日本国内で頻繁に使 用する

用語を追加した。

技術的な差異はない。

・  ナット 
・  摩擦接合用高力六角ナット

・  座金組込み六角ナット 
・  歯付きフランジ六角ナット 
・  つまみナット

・  戻り止めナット 
・  ばね板ナット 
・  プレートナット

・  眼鏡枠用ナット

ISO 1891 

5

ナット

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

・  歯付き座金 
・  つめ付き角座金

ISO 1891 

6

座金

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

・  ダウエルピン 
・  先割りテーパピン

・  スナップピン

ISO 1891 

7

ピン

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

・  リベット 
・  冷間成形リベット

・  熱間成形リベット 
・  チューブラリベット 
・  セミチューブラリベット

・  フルチューブラリベット 
・  足割りリベット

ISO 1891 

追加

日本国内で頻繁に使 用する
用語を追加した。

技術的な差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:

ISO 1891:2009,ISO 5408:2009,MOD)

39

B 010

1


2

013


注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

40

B 010

1


2

013