>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

JIS B 0002

は,次の 3 部で構成される。

第 部:通則

第 部:ねじインサート

第 部:簡略図示方法


日本工業規格

JIS

 B

0002-2

: 1998

 (I

6410-2

: 1993

)

製図−ねじ及びねじ部品

−第 2 部:ねじインサート

Technical drawings-Screw threads and threaded parts

−Part 2 : Screw thread inserts

序文  JIS B 0002 のこの部は,1993 年に第 1 版として発行された ISO 6410-2, Technical drawings-Screw

threads and threaded parts-Part 2 : Screw thread inserts

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある“備考”及び“参考”は,原国際規格にはない事項である。

JIS B 0002

は,締結用部品の設計,製造,及び組付けに携わる種々の関係者の間の,情報交換の共通の方

法を供するために作成された。

1.

適用範囲  JIS B 0002 のこの部は,ねじインサートを図に表す方法について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,JIS B 0002 のこの部の規定の一

部を構成する。これらの規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0002-1

  製図−ねじ及びねじ部品−第 1 部:通則

備考  ISO 6410-1 : 1993, Technical drawings-Screw threads and threaded parts-Part 1 : General

conventions

が,一部を除き,この規格と一致している。

JIS Z 8312

  製図に用いる線

備考  ISO 128 : 1982, Technical drawings-General principles of presentation からの引用事項は.この規

格の該当事項と同等である。

3.

図示

3.1

ねじインサートの実形図示  ねじインサートの実形図示(図 1参照)は,例えば,カタログの中

でのように,図解のためだけに使用すべきで,製図には使用を避けるのがよい。

図 


2

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

図 2

図 3

3.2

通常図示  ねじインサートは,通常は JIS B 0002-1 に基づく通常図示で描く。

ねじインサートの外側形状は,使用目的,材料,製造業者などによって非常に大きく異なり,ねじのな

いものもあるが,すべて同じ方法で描く。例を

付表 に示す。

3.3

簡略図示  簡略図示では,図面の種類,及び関連文書の目的によって,インサートの必要最小限の

特徴だけを示す。

ねじインサートに対しては,可能な限り簡略図示を使用するのがよい。

簡略化の原則を

図 に示す。インサートの簡略図示のための各種の例,及び簡略図示が許される限度を

付表 に示す。


3

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

図 4


4

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

断面図では,ねじインサートの輪郭(外側及び内側の山の頂)は,太い実線(JIS Z 8312 による。

)で示

す。組み立てた状態のめねじの呼び径は,示さない。インサート自体には,ハッチングを施さない(

図 5

参照)

参考  JIS Z 8312 による太い実線は ISO 128 の type A と同等である。

図 5

端面から見た図で,外側及び内側の山の頂は,太い実線による完全な円で示す。組み立てた状態のめね

じの呼び径は,示さない(

図 参照)。

図 6

4.

表示及び寸法記入  ねじインサートは,該当する規格に定めるとおりに表示する。そのような規格が

利用できない場合には,表示は,ねじの呼び d×P(そのねじインサートを使用しようとするねじ)に,記

号 INS(インサートを表す。

)を続けて表す。

  M30×1.5INS 

例えば,1 個のインサートが配置されているという,より総括的な記載で十分な場合には,略号 INS で

指示をする(

図 及び図 参照)。

備考1.  ねじが並目の場合には,ピッチ は,省略してもよい。

追加情報(製造業者名,カタログ番号など)を付加してもよい。

表示は,引出線を用いて(

図 参照),又は寸法と同様に(付表 参照)指示してもよい。


5

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

図 7


6

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

付表 1

図示

実形

通常

簡略

インサート

貫通穴

インサート

装着状態

止まり穴

 

 

貫通穴

インサート

組立状態

止まり穴


7

B 0002-2 : 1998 (ISO 6410-2 : 1993)

ねじ製図 JIS 原案作成 WG  構成表

氏名

所属

(主査)

中  込  常  雄

中込技術士事務所

(幹事)

西  山  信  夫

株式会社名古屋螺子製作所

(委員)

池  田  雅  俊

通商産業省機械情報産業局

桑  田  浩  志

トヨタ自動車株式会社

田  中  誠之助

株式会社佐賀鉄工所

中  村  智  男

日本ねじ研究協会

福  島      彰

日本船舶標準化協会

福  永  太  郎

東京都立工科短期大学(名誉教授)

本  間      清

工業技術院標準部

吉  本      勇

東京工業大学(名誉教授)

(事務局)

杉  田  光  弘

財団法人日本規格協会技術部国際整合化規格室

大  芦      誠

財団法人日本規格協会技術部国際整合化規格室

文責  西山  信夫