>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

8902

-1988

ショベル及びスコップ

Shovels and Scoops

1.

適用範囲  この規格は,土木用,農事用及び家庭用のショベル及びスコップについて規定する。

引用規格: 

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法

JIS Z 9003

  計量規準型一回抜取検査(標準偏差既知でロットの平均値を保証する場合及び標準偏差

既知でロットの不良率を保証する場合)

JIS Z 9006

  計数選別型一回抜取検査

2.

種類  ショベル及びスコップの種類は,その種類によって区分し,表 のとおりとする。

表 1  種類

種類

形状

丸形 1 番

付図 1

丸形 2 番

付図 1

角形 1 番

付図 2

角形 2 番

付図 2

園芸用丸形

付図 3

園芸用角形

付図 4

ショベル

コンクリート用

付図 5

2

付図 6

スコップ

3

付図 6

3.

品質  品質は,次のとおりとする。

(1)

さじ部は,適当な熱処理を行い,刃先から 25∼50mm の箇所における硬さは,8.1 に規定する試験を

行ったとき,ショベル丸形では HRC 37∼49,その他の種類では,HRC 30∼45 でなければならない。

ただし,その他の種類においては板厚が 1.4mm 未満の場合には,HRA 65.5∼73 でなければならない。

(2)

ショベル丸形 1 番,ショベル丸形 2 番,ショベル角形 1 番,ショベル角形 2 番,スコップ 2 番及びス

コップ 3 番については,8.2 の負荷試験を行い,破損,緩み又は著しい変形がなく,かつ,試験の前後

において握り部の位置の差が 25mm を超えてはならない。

4.

構造  軸部は,木製においては,リベットを用いてさじ部と十分に緊結しなければならない。また,

パイプ製では,溶接,はめあい,リベットなどの結合を用いて,さじ部と十分に緊結しなければならない。

5.

形状及び寸法  形状及び寸法は,付図 1及び付表に示すとおりとする。


2

A 8902-1988

なお,軸部は,その断面形状によって,円形軸又は異形軸とする。また,握り部の形状は Y 形とする。

6.

外観  外観は,次のとおりとする。

(1)

さじ部の表面には,使用上有害なきず,割れその他の欠点があってはならない。

(2)

柄部は,木製では表面が滑らかで,使用上有害なふし,目切,くされ,虫くい,曲がりなどの欠点が

あってはならない。パイプ製では,使用上有害な突起,くぼみ,曲がりなどの欠点があってはならな

い。

7.

材料  材料は,次のとおりとする。

(1)

さじ部の材料は,

表 に示す化学成分の鋼板又はこれと同等以上の品質をもつ鋼板とする。

表 2  化学成分

単位 %

C Si Mn P  S

0.40

∼0.55 0.35 以下 0.75 以下 0.050 以下 0.050 以下

(2)

軸部の材料は,木又はパイプとし,木製については,かし又はこれに準じる品質を有する堅木で,含

水率 18%以下のものとする。パイプ製については,構造用鋼,ステンレス鋼,アルミニウム,樹脂な

どのパイプ又はこれらの材料を組み合わせたものとする。

(3)

握り部の材料は,木,構造用鋼,ステンレス鋼,アルミニウム,樹脂又はこれらの材料を組み合わせ

たものとする。

8.

試験

8.1

硬さ試験  さじ部の硬さは,刃先から 25∼50mm の任意の 3 か所において JIS Z 2245(ロックウェ

ル硬さ試験方法)によって測定し,その平均値とする。

8.2

負荷試験  図に示すように押さえ金具 P の縦の中心線  (A

A)

が,刃先先端から 50mm の位置にあ

るように,また横の中心線  (B

B)

が柄部の中心線に直角になるようにさじ部を締め付け,握り部に質量

M

のおもりを 1 分間かけた後これを取り除き,さじ部及び柄部の破損,緩み,変形などの異状及びおもり

をかける前と取り除いた後との握り部の位置の差 (mm) を調べる。ただし,おもりの質量 の値は,

表 3

のとおりとする。

表 3  おもりの質量

単位 kg

種類

軸部材料

質量  M

木柄 60

ショベル丸形 2 番

パイプ柄 80

木柄 40

その他

パイプ柄 60


3

A 8902-1988

図  負荷試験

9.

検査

9.1

検査項目  検査は,構造,形状,寸法,外観,硬さ及び負荷試験について行う。

9.2

構造,形状及び外観  構造,形状及び外観の検査は,全数について行い,4.5.及び 6.の規定に適合

すれば合格とする。

9.3

寸法,硬さ及び負荷試験  寸法,硬さ及び負荷試験については,次によって種類を異にするごとに

抜取検査を行い,3.及び 5.の規定に適合すればその供試品が代表する組を合格とする。

(1)

寸法は,JIS Z 9006(計数選別型一回抜取検査)に規定する抜取方法によって検査を行う。ただし,

AOQL

は 5%とし,その供試品が代表する組の合否の判定は,寸法測定箇所別に行うものとする。

(2)

硬さ及び負荷試験は,9.3(1)の検査に合格した組を JIS Z 9003[計量規準型一回抜取検査(標準偏差既

知でロットの平均値を保証する場合及び標準偏差既知でロットの不良率を保証する場合)

]に規定する


4

A 8902-1988

抜取方法によって検査を行う。ただし,p

0

及び p

1

は,

表 のとおりとする。

表 4  硬さ及び負荷試験の p

0

及び p

1

項目

p

0

 %

p

1

 %

硬さ 3  10

負荷試験 3

10

10.

呼び方  ショベル及びスコップの呼び方は,種類及び軸部の材料を併せて呼ぶものとする。

1:ショベル  丸形2番(木柄)

2:ショベル  角形1番(パイプ柄)

3:スコップ      3番(木柄)

11.

表示  ショベル及びスコップは,そのさじ部に製造業者名又はその略号を適当な方法によって明記し

なければならない。


5

A 8902-1988

付図 1  ショベル丸形 番及びショベル丸形 

単位 mm

さじ部

肩幅

種類

全長

A

高さ

F

厚さ

t

長さ

C

D

E

寸法 915

1.5  255 195 202

ショベル 
丸形 1 番

(木柄)

許容差

±10

310

∼390

±0.15

±5

±5

±5

寸法 915

1.5  255 195 202

ショベル

丸形 1 番

(パイプ柄)

許容差

±10

310

∼390

±0.15

±5

±5

±5

寸法 970

1.6  292 224 232

ショベル 
丸形 2 番 
(木柄)

許容差

±10

325

∼425

±0.16

±5

±5

±5

寸法 970

1.6  292 224 232

ショベル 
丸形 2 番

(パイプ柄)

許容差

±10

325

∼425

±0.16

±5

±5

±5


6

A 8902-1988

付図 2  ショベル角形 番及びショベル角形 

単位 mm

さじ部

先端の幅

肩幅

種類

全長

A

高さ

F

厚さ

t

長さ

C

D

D

´

E

寸法 915

1.5  255 220 205 190

ショベル 
角形 1 番

(木柄)

許容差

±10

360

∼440

±0.15

±5

±5

±5

±5

寸法 915

1.5  255 220 205 190

ショベル

角形 1 番

(パイプ柄)

許容差

±10

360

∼440

±0.15

±5

±5

±5

±5

寸法 970

1.6  300 255 240 230

ショベル 
角形 2 番 
(木柄)

許容差

±10

400

∼500

±0.16

±5

±5

±5

±5

寸法 970

1.6  300 255 240 230

ショベル 
角形 2 番

(パイプ柄)

許容差

±10

400

∼500

±0.16

±5

±5

±5

±5


7

A 8902-1988

付図 3  ショベル園芸用丸形

単位 mm

さじ部

肩幅

種類

全長

A

厚さ

t

長さ

C

D

E

寸法 815  1.5  222  162  167

ショベル園芸用

丸形(木柄)

許容差

±10

±0.15

±5

±5

±5

寸法 815  1.5  222  162  167

ショベル園芸用

丸形(パイプ柄)

許容差

±10

±0.15

±5

±5

±5


8

A 8902-1988

付図 4  ショベル園芸用角形

単位 mm

さじ部

先端の幅

肩幅

種類

全長

A

厚さ

t

長さ

C

D

D

´

E

寸法 815 1.5 218 180 170 167

ショベル園芸用 
角形(木柄)

許容差

±10

±0.15

±5

±5

±5

±5

寸法 815 1.5 218 180 170 167

ショベル園芸用 
角形(パイプ柄)

許容差

±10

±0.15

±5

±5

±5

±5


9

A 8902-1988

付図 5  ショベルコンクリート用

単位 mm

さじ部

先端の幅

肩幅

種類

全長

A

厚さ

t

長さ

C

D

D

´

E

寸法 910 1.5 220 180 165 170

ショベル 
コンクリート用 
(木柄)

許容差

±10

±0.15

±5

±5

±5

±5

寸法 910 1.5 220 180 165 170

ショベル 
コンクリート用

(パイプ柄)

許容差

±10

±0.15

±5

±5

±5

±5


10

A 8902-1988

付図 6  スコップ 番及びスコップ 

単位 mm

さじ部

先端の幅

肩幅

種類

全長

A

高さ

F

厚さ

t

長さ

C

D

D

´

E

寸法

1

050

1.5  367 275 250 240

スコップ 2 番

(木柄)

許容差

±15

450

∼550

±0.15

±6

±5

±5

±8

寸法

1

050

1.5  367 275 250 240

スコップ 2 番 
(パイプ柄)

許容差

±15

450

∼550

±0.15

±6

±5

±5

±8

寸法

1

080

1.5  395 290 270 255

スコップ 3 番

(木柄)

許容差

±15

450

∼550

±0.15

±6

±5

±5

±8

寸法

1

080

1.5  395 290 270 255

スコップ 3 番
(パイプ柄)

許容差

±15

450

∼550

±0.15

±6

±5

±5

±8


11

A 8902-1988

付図 7  軸部の主な形状及び測定箇所

木柄

パイプ柄


12

A 8902-1988

付図 8  握り部の主な形状及び測定箇所


13

A 8902-1988

付表  柄部の寸法及び許容差

単位 mm

柄部

軸部

握り部

材  料

直径 d

許容差

3

2

+

材料

内幅 b

許容差±5

さじ部

種類

37

木 92

37

金属 
樹脂

95

ショベル丸形 2 番 
ショベル角形 2 番

スコップ 2 番 
スコップ 3 番 
コンクリート用

34

同上 95

ショベル丸形 1 番 
ショベル角形 1 番

31

同上 88

ショベル園芸用丸形 
ショベル園芸用角形

34

金属 
樹脂

95

ショベル丸形 2 番 
ショベル角形 2 番 
スコップ 2 番

スコップ 3 番 
コンクリート用

33

同上 95

ショベル丸形 1 番

ショベル角形 1 番

パイプ

29

同上 88

ショベル園芸用丸形

ショベル園芸用角形

備考  異形軸の直径については最大軸径とする。

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

井  垣      久

大阪府立大学工学部

山  中  久  彦

大阪府立工業技術研究所

春  原  一  盛

財団法人機械電子検査検定協会

内  仲  康  夫

通商産業省基礎産業局

笹  谷      勇

工業技術院標準部

瀬  倉  久  男

防衛庁装備局

大  竹  喜八郎

東京利器工具卸商協同組合

宮  城  太利治

宮城鋼具株式会社

浅  野  芳  正

湯浅金物株式会社

高  田  宏  之

“ドイト”ヒノデ株式会社営業本部

北  村  喜久治

全国ショベル・スコップ工業協同組合

河  渕  龍三郎

日工株式会社産機事業部

多  木  興  国

多木農工具株式会社

栗  岡      昇

三宝工業株式会社

島  橋  五三大

浅香工業株式会社