>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 8603-1

:2010

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  コンクリートミキサの主要構造

5

4.1

  重力式ミキサの主要構造 

5

4.2

  強制練りミキサの主要構造 

5

5

  コンクリートミキサの仕様項目

5

5.1

  一般仕様 

5

5.2

  寸法

6

5.3

  その他の仕様 

7

附属書 A(参考)コンクリートミキサの構造及び寸法の例 

10

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

27


A 8603-1

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本建設機械化協会(JCMA)及び財

団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS A 8603:1994 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS A 8603

(コンクリートミキサ)の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

A

8603-1

第 1 部:用語及び仕様項目

JIS

A

8603-2

第 2 部:練混ぜ性能試験方法


日本工業規格

JIS

 A

8603-1

:2010

コンクリートミキサ−第 1 部:用語及び仕様項目

Concrete mixers-Part 1: Terms and commercial specifications

序文 

この規格は,2004 年に第 1 版として発行された ISO 18650-1 を基に,対応する部分については対応国際

規格を翻訳し,単位の一部を除き技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国

際規格には規定されていない項目(用語の定義及び注記)を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない又は変更している事

項である。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,ISO 11375 に規定した種々のコンクリートミキサにかかわる機能,及び標準又はオプショ

ンの構成品を表すための用語及び仕様項目について規定する。

この規格は,トラックミキサには適用しない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 18650-1:2004

,Building construction machinery and equipment− Concrete mixers−Part 1:

Vocabulary and general specifications (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 0203

  コンクリート用語

JIS A 8613

  コンクリートミキサ及びコンクリートプラントの安全要求事項

ISO 11375

,Building construction machinery and equipment−Terms and definitions

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 0203JIS A 8613 及び ISO 11375 によるほか,次による。

3.1 

コンクリートミキサ 

コンクリート及びモルタルを製造する練混ぜ機械(JIS A 8613 参照)

注記  コンクリートミキサは,断続的に又は連続的に運転する。


2

A 8603-1

:2010

3.2 

バッチミキサ 

一練り分ずつのコンクリート材料を練り混ぜるミキサ(JIS A 0203 参照)

3.3 

重力式ミキサ 

内側に練混ぜ用羽根の付いた練混ぜドラムの回転によってコンクリート材料をすくいあげ,自重で落下

させて練り混ぜる方式のミキサ(JIS A 0203 参照)

3.4 

傾胴形ドラムミキサ 

コンクリート又はモルタルを排出するために,練混ぜドラムを傾けることができる重力式ミキサの一種

図 A.1∼図 A.3 参照)。

注記  定格出力 2.2 kW 以下で,機械の補助なしに手で運べる傾胴形ドラムミキサを小形傾胴形ドラム

ミキサ(

図 A.1 参照)という(JIS A 8613 参照)。

3.5 

逆転排出形ドラムミキサ 

内側に練混ぜ用羽根が付いた練混ぜドラムを逆回転することによって,コンクリート又はモルタルを排

出する重力式ミキサの一種(

図 A.4 及び図 A.5 参照)(JIS A 8613 参照)。

3.6 

シュート排出形ドラムミキサ 

ドラム(胴)を傾けることなくシュートを使ってコンクリート又はモルタルを排出することができる重

力式ミキサの一種(

図 A.5A 参照)(JIS A 8613 参照)。

3.7 

強制練りミキサ 

動力で回転させる羽根によってコンクリート材料を強制的に練り混ぜ,コンクリートを製造する方式の

ミキサ。

注記  強制練りミキサには,水平 1 軸形,水平 2 軸形,パン形などの種類がある(JIS A 0203 参照)。

3.8 

パン形ミキサ 

縦向きに配置された固定式パン又は回転式パンと,回転式羽根又は固定式羽根とによって練り混ぜる強

制練り式ミキサの一種。材料は上から供給する(JIS A 8613 参照)

3.9 

ターボミキサ 

固定式パン内で垂直軸に取り付けられた羽根を回転させて練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ(

A.6

図 A.8 参照)(ISO 11375 参照)。

3.10 

プラネタリミキサ 

固定式パン内で垂直に取り付けられた羽根を遊星運動させて練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ

図 A.9 及び図 A.10 参照)(ISO 11375 参照)。

3.11 

ターボプラネタリミキサ 


3

A 8603-1

:2010

固定式パン内で垂直軸に取り付けられた羽根が回転すると同時に,垂直に取り付けられた他の羽根を遊

星運動させて練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ(ISO 11375 参照)

3.12

高速かくはんミキサ

固定式パン内で垂直軸に取り付けられた 1 個の高速回転する羽根を含む 1 個又は複数の羽根を回転させ

て練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ(ISO 11375 参照)

3.13 

回転式パン形ミキサ 

羽根と同方向又は反対方向に回転する回転式パン内で垂直軸に取り付けられた 1 個又は複数の羽根を回

転させて練り混ぜる方式のパン形強制練りミキサ(ISO 11375 参照)

3.14 

パドルミキサ 

上部から材料を供給し,固定槽内の水平 1 軸又は 2 軸の回転する羽根によって練り混ぜ,底のゲートを

開閉する又は槽を傾けることによって排出する強制練りミキサの一種(

図 A.11∼図 A.14 参照)。

3.15 

連続練りミキサ 

コンクリート材料の計量,

供給及び練混ぜを行う各機械を一体化して,コンクリートを連続して製造し,

排出する装置(

図 A.15 及び図 A.16 参照)(JIS A 0203 参照)。

3.16 

投入時間 t

1

1

バッチのコンクリート材料をミキサに投入するのに要する時間 (s)。

3.17 

練混ぜ時間(バッチミキサ)t

2

コンクリート材料の投入完了からそれらの練混ぜ完了までの経過時間 (s)。

3.18 

練混ぜ時間(連続練りミキサ)t

2

コンクリート材料が練混ぜ槽内にある時間 (s)。

注記  連続練りミキサの練混ぜ時間は,次の式で計算する。

t

2

m

c

 / q

m

ここに,

m

c

練混ぜ槽内のコンクリート材料の質量 (kg)

q

m

投入されるコンクリート材料の流量 (kg/s)

3.19 

排出時間 t

3 

排出開始から完了までの経過時間 (s)。

注記  排出後のミキサ内の残留量は,3  %を超えないことが望ましい。

3.20 

再投入時間 t

4

排出完了から次のバッチを投入開始するまでの経過時間 (s)。

3.21 

サイクルタイム t

c


4

A 8603-1

:2010

コンクリート材料の投入開始から,練混ぜ完了・排出後,次の投入受入れ準備ができるまでの経過時間

(s)

注記  サイクルタイムは,次の式で計算する。

t

c

t

1

t

2

t

3

t

4

3.22 

バッチ数 n 

1

時間当たりの練混ぜバッチ数。

注記 1  1 時間当たりのバッチ数は,次の式で計算する。

n=3 600 / t

c

ここに,

t

c

サイクルタイム (s)

注記 2  バッチ数は,ミキサの能力を表すもので,通常,密度が 1 800∼2 500 kg/m

3

で,セメント,水,

細骨材,粗骨材,添加材及び添加剤で構成された,建設現場で使われている普通のコンクリ

ート製造に適用される。それ以外の特別なコンクリート(例えば,プレキャストコンクリー

ト業界で使用される低水セメント比のコンクリート)では,長めの練混ぜ時間を必要とする。

3.23 

乾燥材料容量 V

c 

1

バッチの乾燥材料(セメント+骨材)の体積 (m

3

)

3.24 

レディーミクストコンクリート容量 V

u

1

バッチで得られるレディーミクストコンクリートの体積 (m

3

)

注記  1 バッチで得られるレディーミクストコンクリートのおおよその体積は,次の式で計算する。

V

u

V

c

α

ここに,

V

u

レディーミクストコンクリートの体積 (m

3

)

V

c

乾燥材料の体積 (m

3

)

α: V

u

 / V

c

の比に等しい係数[普通のコンクリート(3.22

注記 参照)では 0.7 となる]

(容積比率ともいう。

3.25 

定格容量 V

umax

1

バッチで練混ぜできる最大のレディーミクストコンクリート容量 (m

3

)

注記  一般的に,コンクリートミキサの定格容量は,普通のコンクリート(3.22 の注記 参照)によ

る値をもって表す。特殊なコンクリートミックス(例えば,重量骨材を用いたコンクリート)

に使用するミキサの容量 V

s

については,事前に製造業者及び使用者間で,普通コンクリートの

定格容量 V

umax

との差異を確認する必要がある。

3.26 

理論出荷容量 Q

u

稼働 1 時間当たりにミキサから排出される最大のレディーミクストコンクリートの体積 (m

3

/h)

注記 1  バッチミキサの理論出荷容量は,次の式で表す。

Q

u

nV

umax

ここに,

n: 1 時間当たりのバッチ数

V

umax

定格容量 (m

3

)

注記 2  連続練りミキサの理論出荷容量は,次の式で計算する。


5

A 8603-1

:2010

Q

u

=3.6q

m

/

ρ

ここに,

q

m

投入されるコンクリート材料の流量 (kg/s)

ρ: 製造されたコンクリートの密度 (kg/m

3

)

注記 3  特別なコンクリート(例えば,プレキャストコンクリート業界で使用する低水セメント比の

コンクリート)の場合の理論出荷容量 Q

s

については,事前に製造業者及び使用者間で普通コ

ンクリートの理論出荷容量 Q

u

との差異を確認する必要がある。

コンクリートミキサの主要構造 

4.1 

重力式ミキサの主要構造 

重力式ミキサ(

図 A.1∼図 A.5A 参照)は,次の主要装置によって構成する。

電動モータ又は内燃機関,練混ぜドラム,練混ぜドラム駆動装置,傾胴機構及び支持架台。移動のため

の車輪を備えたものもある。大形(約 0.35 m

3

を超える定格容量)のミキサは,スキップホイスト又は投

入バケット,給水装置,けん引棒(

図 A.3,図 A.4 及び図 A.5A 参照)を備えているものがある。

4.2 

強制練りミキサの主要構造 

強制練りミキサ(

図 A.6∼図 A.14 参照)は,次の主要装置によって構成する。

パン又は固定槽,かくはん羽根,電動モータ,かくはん羽根駆動機構,排出ゲート及びその駆動装置。

大形(約 0.35 m

3

を超える定格容量)のミキサは,スキップホイスト,パン又は固定槽のカバー及び給水

装置(

図 A.7,図 A.8,図 A.10 及び図 A.14 参照)を備えている。移動を容易にするため,車輪を備えてい

るものもある。

コンクリートミキサの仕様項目 

5.1 

一般仕様 

5.1.1 

主要仕様 

a)

形式。例えば,傾胴形,逆転排出形,シュート排出形,パン形,ターボ,プラネタリ,ターボプラネ

タリ(逆回転,同回転)

,高速かくはん,パドルなど。

b)

定格容量 (m

3

)

c)

理論出荷容量 (m

3

/h)

d)

粗骨材の最大寸法:

−  砂利 (mm)

−  砕石 (mm)

e)

総出力 (kW)

f)

本体質量 (kg)

g)

稼働時無負荷質量 (kg)

h)

外形寸法

−  全長 (mm)

−  全幅 (mm)  

−  全高 (mm)

5.1.2 

主要装置類の詳細仕様 

5.1.2.1 

練混ぜ機構のモータ及びエンジン 

a)

電動モータ


6

A 8603-1

:2010

−  相数

−  供給電圧 (V)

−  出力 (kW)

−  周波数 (Hz)

−  回転速度 (min

1

)

b)

内燃機関

−  形式

1)  4

サイクル,ガソリン

2)  2

サイクル,ガソリン

3)

ディーゼル

−  定格出力 (kW)

−  定格回転速度 (min

1

)

5.1.2.2 

スキップホイスト又はバケット 

a)

スキップホイスト又はバケット容量 (m

3

)

b)

昇降速度 (m/min)

c)

昇降時間(投入バケット) (s)

d)

スキップホイスト又はバケット質量 (kg)

5.1.2.3 

傾胴用油圧又は空圧装置 

a)

油圧ポンプ又は空気圧縮機の容量 (L/min)

b)

最高圧力[MPa(ゲージ圧)

c)

作動油タンク又はエアレシーバの容量 (L)

5.1.2.4 

給水装置(オプション仕様) 

a)

吐出圧力 (MPa)

b)

吐出量 (L/min)

c)

供給管内径 (mm)

d)

供給装置の形式

−  流量計付き流量形

−  タンク付き容量形

−  はかり付き質量形

e)

タンク容量 (L)

5.2 

寸法 

コンクリートミキサの次の寸法,特性及び設置,運転に必要な事項を明示する(

図 A.1∼図 A.6 及び図

A.8

図 A.14 参照)。

a)

運転時及び移動時(後者は車輪付きのミキサ)の外形寸法(全長,全幅及び全高) (mm)

b)

運転中のドラムの最大傾斜角(傾胴形ミキサ)

(°)

c)

排出ゲートの回転角 δ を含む,投入口及び排出口の寸法及び位置 (mm)

d)

スキップホイスト又は投入バケットの寸法

−  スキップホイスト軌道の幅及び長さ (mm)

−  スキップホイスト及びバケットの外形寸法 (mm)

e)

スキップホイストのドラム又はパンに対する位置


7

A 8603-1

:2010

f)

パン及びそのカバーの寸法(直径及び高さ) (mm)

g)

取付穴の間隔(定置形ミキサ) (mm)

5.3 

その他の仕様 

注記  その他の仕様は,5.1 及び 5.2 の追加として記載する。

5.3.1 

傾胴形ドラムミキサ(図 A.1,図 A.2 及び図 A.3 参照) 

a)

ドラムの回転速度 (min

1

)

b)

電気ショックからの追加の防護方法[クラスⅡ絶縁,漏電遮断器 (RCD),分離変圧器など]

c)

許容搬送速度 (km/h)

d)

傾斜機構の形式

−  人力

1)

ドラム位置固定付き手動レバー

2)

ドラム位置の固定方法:直接固定,ブレーキ板又はペダル操作式

−  空圧

−  油圧

e)

車輪の形式及び寸法

−  形式

−  鉄輪

−  樹脂タイヤ

−  硬質ゴムタイヤ

−  空圧タイヤ

−  寸法は,5.2

図 A.1,図 A.2 及び図 A.3 を参照。

f)

オプション

−  車又はトラック用けん引棒,泥よけ,照明付きライセンスプレート及び 80 km/h までのけん引用ス

プリング懸架式車軸

−  水平練混ぜ用ドラムカバー

−  ドラムカバー洗浄装置

5.3.2 

逆転排出形ドラムミキサ 

図 A.4 及び図 A.5 を参照。

a)

ドラムの回転速度 (min

1

)

b)

許容搬送速度 (km/h)

c)

寸法は,5.2

図 A.4 及び図 A.5 を参照。

d)

オプション

−  かき寄せショベル

−  給水装置(水量を計測するための流速又は計量装置,ストレーナ及びストップバルブ)

−  スキップホイスト計量装置

5.3.2A

  シュート排出形ドラムミキサ 

図 A.5A を参照。

a)

ドラムの回転速度 (min

1

)

b)

許容搬送速度 (km/h)

c)

寸法は,5.2 及び

図 A.5A を参照。


8

A 8603-1

:2010

d)

オプション

−  かき寄せショベル

−  給水装置(水量を計測するための流速又は計量装置,ストレーナ及びストップバルブ)

−  スキップホイスト計量装置

5.3.3 

パン形ミキサ(図 A.6∼図 A.10 を参照) 

5.3.3.1 

一般仕様 

a)

ミキサからの排出方法:

−  人力,電気−機械式,油圧又は空圧による回転若しくはスライドゲート

−  パン底の中心に設けたドロップゲート

−(対応国際規格の内容を削除)

b)

かくはん羽根の支持方法:

−  固定

−  弾性支持

c)

制御

−  スイッチボックスの押しボタン

−  寸法は,5.2

図 A.8 及び図 A.10

1)

を参照。

d)

オプション装置

−  投入装置(スキップホイストなど)

−  本体支持用ベース

−  給水装置(水量を計測するための流速又は計量装置,ストレーナ及びストップバルブ)

−  セメント及び骨材の計量装置

1)

  パン形ミキサは種類が多いが,ここでは最もよく使われるターボミキサ及びプラネタリミ

キサの 2 種類だけを載せた。

5.3.3.2 

ターボミキサ 

図 A.6∼図 A.8 を参照。

a)

かくはん羽根

−  ロータの回転速度 (min

1

)

−  かくはん羽根の数

−  パンの側面の清掃用スクレーパの数

b)

寸法は,5.2 及び

図 A.8 を参照。

5.3.3.3 

プラネタリミキサ及びターボプラネタリミキサ 

図 A.9 及び図 A.10 を参照。

a)

かくはん羽根

−  公転軸の回転速度 (min

1

)

−  自転軸の回転速度 (min

1

)

−  自転軸の数

−  1 個の自転軸の羽根の数

−  パン表面の清掃用スクレーパの数

−  ターボシステム内のワーキング羽根の数

b)

寸法は,5.2 及び

図 A.10 を参照。


9

A 8603-1

:2010

5.3.3.4 

高速かくはんミキサ 

a)

かくはん羽根

−  高速かくはん装置の数

−  高速かくはん装置の回転速度 (min

1

)

b)

寸法は,5.2 を参照。

5.3.3.5 

回転式パン形ミキサ 

a)

かくはん羽根

−  パンの回転速度 (min

1

)

−  かくはん羽根の回転速度 (min

1

)

−  かくはん羽根の数

−  1 個のかくはん羽根の数

−  パン表面の清掃用スクレーパの数

b)

寸法は,5.2 を参照。

5.3.4 

パドルミキサ 

図 A.11∼図 A.14 を参照。

a)

ミキサの形式

−  軸数

−  1 軸

−  2 軸

−  パドル軸回転速度 (min

1

)

b)

排出の方法

−  固定槽の底のゲート開閉

−  固定槽の傾斜

c)

寸法は,5.2

図 A.13 及び図 A.14 を参照。

d)

オプション装置

−  投入装置(スキップホイストなど)

−  本体支持用ベース

−  給水装置(水量を計測するための流速又は計量装置,ストレーナ及びストップバルブ)

−  セメント及び骨材の計量装置

5.3.5 

連続練りミキサ 

図 A.15 及び図 A.16 を参照。

a)

ミキサの形式

−  重力式ミキサ

−  強制練りミキサ(1 軸又は 2 軸アジテータ)

b)

理論出荷容量 (m

3

/h)

c)

かくはん軸

−  回転速度 (min

1

)

−  羽根の形式又は枚数

d)

寸法は,5.2

図 A.15 及び図 A.16 を参照。


10

A 8603-1

:2010

附属書 A

(参考)

コンクリートミキサの構造及び寸法の例

単位  mm

1

練混ぜドラム

2

内歯及びドラム位置ロック付き傾胴機構

3

架台及び移動車輪

4

モータ,ベルト変速機及び電装品

5

かさ歯車

6

けん引棒

D

練混ぜドラム径

D

1

投入口直径

H

全高

H

1

排出高さ

δ

1

稼働中の練混ぜドラム傾斜角

L

全長

L

1

移動中の全長

W

全幅

a

投入及び練混ぜ姿勢

b

排出姿勢

図 A.1−車輪付き小形傾胴形ドラムミキサ 


11

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

練混ぜドラム

2

傾胴機構

3

ヨーク

4

駆動装置

5

架台

D

1

投入口直径

δ

1

稼働中の練混ぜドラム傾斜角

γ

1

排出角

L  全長 
W  全幅 
H  全高

図 A.2−定置式傾胴形ドラムミキサ 


12

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

投入バケット

2

台車

3

前後サポート

4

電気装置

5

車軸

6

サイドサポート

7

練混ぜドラム

8

けん引棒

9

給水装置

10

傾胴機構

11

油圧装置

12

制御箱

13

ガード

14

練混ぜドラムサポート

H

0

稼働時全高

L

0

稼働時全長

L

1

移動時全長

W

0

稼働時全幅

図 A.3−スキップバケット付き傾胴形油圧駆動ドラムミキサ 


13

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

架台

2

練混ぜドラム

3

冠歯車のガード

4

投入バケット

5

油圧駆動装置

6

給水装置

7

電気制御盤

8

車軸

9

けん引棒

H

m

最大高さ

H

1

排出高さ

H

2

移動時全高

L

0

稼働時全長

L

1

移動時全長

図 A.4−投入バケット付き逆転排出形油圧駆動ドラムミキサ 


14

A 8603-1

:2010

単位  mm

L

0

稼働時全長

L

2

スキップホイスト長さ

L

3

スキップホイスト軌道長さ

L

4

ドラム頂部から機械式のショベル連結部までの距離

L

5

スキップホイスト用穴長さ

W

1

スキップホイスト軌道幅

W

2

スキップホイスト幅

H

1

排出高さ

H

2

高さ

H

3

スキップホイスト用穴深さ

h

移動車軸高さ

δ

2

軌道の傾斜角

L

全長

W

全幅

H

全高

図 A.5−スキップホイスト付き逆転排出形機械駆動ドラムミキサ 


15

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

架台

2

練混ぜドラム

3

投入シュート

4

排出シュート

H  全高 
H

1

排出高さ

L

全長 

図 A.5A−シュート排出形ドラムミキサ 


16

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

パン

2

ライニング

3

駆動装置

4

かくはん羽根

5

排出ゲート

6

パンカバー

L

全長

W

全幅

H

全高

図 A.6−ターボミキサ 


17

A 8603-1

:2010

1

パン

2

ライニング

3

駆動装置

4

かくはん羽根

5

排出ゲート

6

排出ゲート用油圧駆動装置

7

パンカバー

8

排出ゲートカバー

9

排出ゲート用リミットスイッチ

10

パンカバーの安全遮断スイッチ

11

給水ノズル

12

注油口

13

軌道

14

巻上げウインチ

15

スキップホイスト

図 A.7−スキップホイスト付きターボミキサの構造 


18

A 8603-1

:2010

単位  mm

H

全高

H

4

排出装置高さ

H

5

パン高さ

H

6

カバー高さ

H

7

スキップホイスト用穴深さ

H

8

軌道サポート高さ

H

9

練混ぜユニット駆動部ハウジング高さ

H

10

パンまでの高さ

D

2

パン直径

R

排出ゲート回転半径

L

全長

L

2

スキップホイスト長さ

L

6

排出位置でのミキサ軸とスキップホイスト軸との距離

L

7

ミキサ軸と軌道サポートとの距離

L

8

軌道サポートと軌道の穴の入口との距離

L

9

軌道の穴の入口と穴の後壁との距離

L

10

穴の底の長さ

L

11

練混ぜユニット駆動部ハウジングの長さ

L

12

排出ゲート軸とミキサ軸との距離

L

13

軌道下部長さ

W

1

スキップホイスト幅

W

2

トラック幅

W

3

練混ぜユニット駆動部ハウジング幅

δ

2

軌道傾斜角

図 A.8−スキップホイスト付きターボミキサの寸法


19

A 8603-1

:2010

1

パン

2

清掃用スクレーパ

3

排出ゲート用油圧駆動装置

4

自転運動のかくはん羽根

5

かくはん羽根の駆動装置

6

電気制御装置

7

パンカバー

8

給水ノズル

図 A.9−プラネタリミキサの構造 


20

A 8603-1

:2010

単位  mm

H

5

パン高さ

H

6

パンカバー高さ

H

11

パンサポートからスキップホイストウインチまでの

高さ

H

12

ミキサ高さ

H

13

スキップホイスト高さ

H

14

ミキサベースとスキップホイスト上端との距離

D

3

パン外径

L

2

スキップホイスト長さ

L

14

スキップホイスト外側から軌道までの距離

L

15

軌道サポートからミキサ軸までの距離

L

16

排出ゲートの駆動装置からミキサ軸までの距離

L

17

軌道からミキサ軸までのミキサベース面での距離

L

18

ミキサベース面から軌道下端までの距離

L

19

ミキサ軸と排出ゲート軸との距離

L

20

開いた排出ゲートとミキサ軸との最大距離

R

排出ゲート回転半径

W

2

スキップホイスト幅

W

4

軌道の内幅

δ

3

スキップホイスト軌道傾斜角

図 A.10−スキップホイスト及び か所の排出ゲート付きプラネタリミキサの寸法 


21

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

骨材投入口

2

排出ゲート

3 2

個のらせん羽根と羽根による練混ぜシステム

4

練混ぜシステム駆動用ギアモータ及びチェーン変速機

L

全長

W  全幅 
H  全高 
H

15

ミキサベースからのシャフト高さ

L

21

固定槽長さ

W

5

固定槽幅

図 A.11軸パドルミキサ 


22

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

固定槽

2

ライニング

3

駆動装置

4

シャフト及びアーム

5

かくはん羽根

6

排出ゲート

L

全長

W

全幅

H

全高

図 A.12軸パドルミキサ 


23

A 8603-1

:2010

単位  mm

L

全長

L

21

固定槽長さ

L

22

取付穴間隔

W

6

取付穴間隔

L

23

排出に要する距離

W

全幅

W

7

固定槽上端幅

H

ミキサ全高

H

16

排出姿勢でのミキサ高さ

D

4

取付穴直径

図 A.13−パドルミキサの寸法 


24

A 8603-1

:2010

単位  mm

H

17

スキップホイスト掘削高さ

H

18

下部軌道サポート高さ

H

19

固定槽とベースフレーム高さ

H

20

ベースフレームからスキップホイスト上端までの高さ

H

21

軌道サポート高さ

L

13

軌道下部長さ

L

24

ミキサの支持構造の高さによる任意の軌道長さ

L

25

フレーム端から軸までの距離

L

26

フレーム長さ

L

27

軌道とスキップホイスト上端との距離

L

28

ベースフレームの排出口長さ

L

29

軌道のコンクリートレスト長さ

δ

2

軌道傾斜角

図 A.14−支持構造上にスキップホイストをもつパドルミキサ


25

A 8603-1

:2010

単位  mm

L

全長

W

全幅

H

全高

H

22

ベースフレームから固定槽上端までの高さ

L

30

ベースフレーム長さ

L

31

固定槽有効練混ぜ部長さ

W

8

固定槽幅

a

コンクリート材料の投入

b

コンクリートミックスの排出(固定槽を傾斜させて排出する。

図 A.15−連続練りミキサ 


26

A 8603-1

:2010

単位  mm

1

固定槽

2

ライニング

3

駆動装置

4

シャフト及びアーム

5

かくはん羽根

6

排出ホッパ

7

排出ゲート

L

全長

W

全幅

H

全高

図 A.16軸パドル連続練りミキサ


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS A 8603-1:2010

  コンクリートミキサ−第 1 部:用語及び仕様項目

ISO 18650-1:2004

  Building construction machinery and equipment−Concrete mixers

−Part 1: Vocabulary and general specifications

(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(

Ⅱ)

国際規格

番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

3

用 語 及

び定義

ISO 18650-1

の ほ

か,15 種類のコンク
リ ー ト ミ キ サ の 定

義を規定している。
また,コンクリート
の容量,練混ぜ時間

な ど に つ い て 定 義
している。

 3

JIS

とほぼ同じであるが,

コンクリートミキサにつ
いては,パン形ミキサだ

けを定義している。

追加/ 
変更

ISO

規格では,パン形ミキサ

だけを定義しているが,JIS
を引用し,更にすべてのコン

クリートミキサを規定した。
また,ISO 規格では,単位を

dm

3

で表示しているが,JIS 

は m

3

で表示している。さら

に,バッチ数及び理論出荷容
量については,コンクリート

の種類によってその値が異な
ることを注記として追加して
いる。

国際規格では,ISO 11375 に定義さ
れているため,パン形ミキサ以外に
ついては引用によって省略されて

いる。したがって,ISO 11375 の対
応 JIS ができれば,国際規格に合わ
せて追加した用語は削除する。

なお,単位については,ISO 規格の
見直しのときに提案する予定。技術
的差異はない。

4

コ ン ク

リ ー ト ミ

キ サ の 主
要構造

ミ キ サ を 構 成 す る
主 要 装 置 を 規 定 し

ている。

 4

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格では,dm

3

で表示して

いるが,JIS では m

3

で表示し

ている。

技術的差異はないが,ISO 規格の見
直しのときに提案する予定。

5

コ ン ク

リ ー ト ミ
キ サ の 仕
様項目

5.1

ミキサを構成す

る 主 要 装 置 に つ い
て,容量,寸法など
必 要 な 仕 様 項 目 を

指定している。

 5.1

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

では,ミキサの形式の例と

して,パン形を追加している。

技術的差異はないが,ISO 規格の見

直しのときに提案する予定。

27

A

 8

603

-1


20
10


(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(

Ⅱ)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

5

コ ン ク

リ ー ト ミ
キサの仕

5.3.2

逆転排出形ド

ラ ム ミ キ サ の 仕 様
を規定している。

 5.3.2

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

では,オプションの給水装

置に,ストレーナ及びストップ
バルブを追加している。

技術的差異はないが,ISO 規格の見

直しのときに提案する予定。

様項目(続

き)

5.3.2A

シ ュ ー ト 排

出 形 ド ラ ム ミ キ サ
の 仕 様 を 規 定 し て
いる。

追加

JIS

では,シュート排出形ドラ

ムミキサの仕様項目を追加し
ている。

技術的差異はないが,ISO 規格の見

直しのときに提案する予定。

 5.3.3.1

パ ン 形 ミ キ

サ の 仕 様 を 規 定 し

ている。

 5.3.3.1

JIS

とほぼ同じ

削除

JIS

では,ミキサを傾けること

によることを削除している。 

国内では傾けることはない。

 5.3.4

パドルミキサ

の 仕 様 を 規 定 し て

いる。

 5.3.4

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

では,オプション装置とし

て,本体支持用ベース及びセメ

ント及び骨材の計量装置を追
加している。

技術的差異はないが,ISO 規格の見
直しのときに提案する予定。

 5.3.5

連続練りミキ

サ の 仕 様 を 規 定 し
ている。

 5.3.5

JIS

とほぼ同じ

削除

追加

JIS

では,粗骨材の最大寸法,

総出力,本体質量,電動モータ
及びエンジンの仕様は,5.1 に

規定しているため削除した。

JIS

では,かくはん軸の回転速

度及び羽根の形式又は枚数を

追加している。

技術的差異はないが,ISO 規格の見
直しのときに提案する予定。

附属書 A 
(参考)

代 表 的 な コ ン ク リ
ー ト ミ キ サ の 構 造

及び寸法について,
図で例示している。

追加

JIS

では,図 A.5A として,シ

ュート排出形ドラムミキサの

図を,また,図 A.15 には,コ
ンクリートミックスの排出に
説明書きを追加している。

ISO

規格の見直しのときに提案す

る予定。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 18650-1:2004,MOD

28

A

 8

603

-1


20
10


注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

29

A

 8

603

-1


20
10