>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 8421-2

:2011

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 8421-2:1998 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 A

8421-2

:2011

土工機械−ローダ−

第 2 部:仕様書様式及び性能試験方法

(追補 1)

Earth-moving machinery-Loaders-

Part 2: Standard form of specifications and testing methods

(Amendment 1)

JIS A 8421-2:1998

を,次のように改正する。

4.5

(質量及び質量配分)の 4.5.5(質量配分)と 4.6(エンジン)との間に,次の細分箇条を追加する。

4.5.6

本体質量  機械質量から作業装置の質量を除いた質量。

備考  作業装置は,車両本体に装着され,土砂などを取り扱う装置。主なものはリフトアーム,バケ

ット,リフトシリンダ,バケットシリンダ,ベルクランク(又はレバー)

,バケットリンク,ピ

ン,カッティングエッジ,爪及びフォーク,ブレード,バックホウ,スカリファイヤ,ウイン

チなどである。

4.5.7

機体質量  本体質量から燃料,潤滑油,作動油,冷却水,携行工具などの質量を差し引いた本体の

質量。

付表 1(ローダ仕様書様式)の出荷質量と質量配分との間に,次を追加する。

本体質量

kg

機体質量

kg