>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

8403-1

-1996

土工機械−油圧ショベル−

第 1 部:用語及び仕様項目

Earth-moving machinery

−Hydraulic excavators-

Part 1 : Terminology and commercial specifications

1.

適用範囲  この規格は,油圧ショベルに関する主な用語(以下,用語という。)及び仕様項目について

規定する。なお,仕様項目は,

附属書に規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 7135 : 1993

  Earth-moving machinery−Hydraulic excavators−Terminology and commercial

specifications

2.

分類  用語は,次のとおり分類する。

(1)

種類及び形式

(2)

機械,装置及び部品

(a)

一般

(b)

上部旋回体

(c)

下部走行体

(d)

作業装置

(3)

操作及び施工

(4)

諸元及び性能

(a)

一般

(b)

本体 

(c)

作業装置及び作業寸法

(5)

その他

3.

用語及び定義  用語及び定義は,次のとおりとする。

なお,対応英語を参考として示す。

備考1.  一つの用語欄に二つの用語が併記してある場合は,記載されている順位に従って優先的に使

用する。

2.

用語の一部に,

“(  )

”を付けてあるものは,この丸括弧の中の用字を含めた用語と,丸括

弧の中の用字を省略した用語の二通りの用語を用いてよいことを示しているが,丸括弧の中

の用字を含めた用語を優先する。

3.

*

印は,ISO 7135 に用語が掲載されているものである。


2

A 8403-1-1996

(1)

種類及び形式

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*1001

油圧ショベル

自走するクローラ式,ホイール式又はトラック式の機械

で,通常 360°回転できる上部旋回体をもち,作業中は下
部走行体を停止したままで,油圧によって駆動されるブー
ム,アームに装着されたバケットの作動によって土砂など

を掘削,旋回及び放土するもの(以下,機械という。

図 1)。

hydraulic excavator

1002

ミニショベル

機械質量 6 000kg 未満,かつ標準バケット山積容量 0.25m

3

未満の油圧ショベル(

付図 2)。

compact excavator

1003

超小旋回形油圧シ
ョベル

狭あい(隘)な現場でも作業できるよう通常クローラ全幅

とほぼ同等(+20%以下)の幅以内で旋回できる後端旋回
半径とフロント最小旋回半径をもつように設計された油
圧ショベル(

付図 3)。

tight quarer excavator

*1004

バックホウ

バックホウアタッチメントを装備し,バケットを手前に引
きながら主として機械の置かれた地面より低い所を掘削

する油圧ショベルの一種(

付図 7)。

excavator with hoe

equipment

*1005

フェースショベル

バックホウバケットを反転した形式のアタッチメントを
装備し,バケットを前面に押し出しながら上げて,主とし

て機械の置かれた地面より高い所を掘削する油圧ショベ
ルの一種(

付図 8)。

excavator with shovel

equipment

1006

ローディングショ
ベル

標準寸法のフェースショベルに比べて短いブーム及びア
ームを装備し,バケットはバックホウ,フェースショベル
より大きいものが用いられ,バケットを前方に押し出しな

がら上げて,主として機械の置かれた地面より高い所を掘
削又はすくい込みを行う油圧ショベルの一種。バケットの
底部を開いて放土するボトムダンプ式とバケットを傾転

して放土するチルトダンプ式とがある(

付図 9)。

loading shovel

*1007

伸縮ブーム式ショ
ベル

伸縮式,かつ回転可能なブームにバケットを装備したもの
で,ブームを縮めバケットを手前に引きながら,主として

地上及び地下の斜面を掘削成形する油圧ショベルの一種。

telescoping boom

excavator

*1008

クラムシェル

クラムシェルアタッチメントを装着し,左右に開口する懸

垂されたバケットで土をつかむようにして掘削する油圧
ショベルの一種(

付図 10)。

excavator with clamshell

equipment

1009

電気式

油圧ショベルの形式の一種で,原動機に電動機を用いたも

の。電源は,機械に搭載したディーゼル発電機によるもの
と外部供給によるものとがある。

electric type

1010

低騒音形

作業時の騒音を低くするため,主としてエンジン,油圧装
置の発生音を低減し,ハウスなどに遮音対策を施した形式
のものをいう。

low noise type,

sound suppression type

1011

湿地形

湿地,軟弱地などにおける作業性を確保するため,標準形
より接地圧を小にし,走行力を増すなどした形式。

swamp type,

marshy type,

low ground pressure type

1012

分解形

輸送可能な質量範囲の小ブロックに分解でき,組立ても容
易な構造とした形式。

resoluble type,

assembly type


3

A 8403-1-1996

(2)

機械,装置及び部品

(a)

一般

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2101

完成機

油圧ショベル本体と作業装置を組み合わせて作業できる
状態にしたもの。

complete machine

*2102

(油圧ショベル)本

完成機から作業装置を取り除いた状態。下部走行体に上部
旋回体を取り付けたもの(

付図 31)。

base machine

*2103

上部旋回体

旋回フレーム及びその上部に架装されている諸機構から
なる油圧ショベルの一部分。

upper structure

*2104

下部走行体

機械に移動性をもたせるための走行機能と,上部旋回体を
支持する機能を備えた油圧ショベルの下部機構。主なもの
にクローラ式,ホイール式及びトラック式の 3 形式があ

る。

undercarriage,

chassis

2105

作集装置

上部旋回体又は下部走行体に装着され,土砂などを取り扱
う装置。エクイップメントとアタッチメントを組み合わせ

たもので,アタッチメントの主なものには,バックホウ,
フェースショベル,ローディングショベル,クラムシェル,
ブレードなどがある。

working device

*2106

エクイップメント

機械本来の設計機能を果たすために,本体に装着される構
成部品のセット。アタッチメントを装着して用いる。

equipment

*2107

アタッチメント

特定の用途のために,本体又はエクイップメントに装着さ
れる構成部品の組立品。

attachment

*2108

構成部品

本体,エクイップメント又はアタッチメントの部品,若し
くはその組立品。

component

2109

操縦装置

油圧ショベルをレバー,ペダル,ボタンなどによって操縦

運転する装置。その方式には,機械的リンクロッドなどに
よる手動機械式,動力によって発生した圧力油を切り替え
制御する油圧パイロット式,電気を用いて制御する電気式

などがある。

operating device

2110

旋回装置

上部旋回体を旋回させる装置で,旋回油圧モータ,減速機,

旋回ベアリング,ブレーキ及び旋回ピニオンを含む。

swing device

2111

走行装置

完成機を走行させる装置。狭義には走行油圧モータ,減速
機及びブレーキを含む。

travel device

2112

かじ取り装置

ホイール式やトラック式で進行方向を左右任意に転換す
るため,力や変位量を走行装置に伝達する装置。

steering device

2113

油圧回路安全装置

油圧を用いる作業動力機構,走行動力機構などで,油圧の
過度の上昇や異常低下による事故を防止するために,油圧
回路に設けた安全弁,逆止め弁などの安全装置。

safety device for

hydraulic circuit

2114

動力伝達装置

原動機からの動力を作業装置,走行装置などへ伝達する機
構。

power transmission

device

2115

制動装置

旋回,走行などの作動を制動する装置で,ブレーキ,油圧
ロック,機械式ロックなどの形式がある。

brake mechanism

2116

パワーテークオフ

エンジンの主軸以外の動力取出し口。予備の制御弁から油
圧動力を取り出す場合もいう。

power take off

2117

アワーメータ

油圧ショベルの稼動中の累積時間を測定する装置。これに

は表示装置及び作動装置を含む。

hour meter


4

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2118

銘板

機械のキャブ,その他見やすい箇所にちょう(貼)付して,
その製造経歴,仕様,注意事項などを明示するためのプレ
ート。

  機械名,形式名,製造業者名,製造年月,製造番号など
を表示した製造銘板,定格出力,各種質量,走行速度,バ
ケット容量などを表示した仕様銘板,機械の運転操作や日

常整備などの取扱いを表示した取扱い説明銘板,特に給油
脂の箇所,種類,周期などを示した給油銘板,安全,事故
防止上の重要事項を明示した安全・注意銘板などがある。

identification plate

2119

標識記号

運転操作,整備調整用などのレバー,スイッチ,ボタン類
の識別を明示し,誤作動を防ぐため統一使用されるマー

ク。

symbol

2120

シーブ

ロープ溝車。 sheave

2121

イコライザシーブ

複数シーブのロープの引張力を均等に支持するために用
いられる揺動機構付きのシーブ。

equalizer sheave

2122

油圧ポンプ

エンジン,電動機などで発生する機械動力を油圧動力に切

り替え,各アクチュエータに向け,圧力油を送出する機器。
歯車ポンプ,ピストン(プランジャ)ポンプなどの種類が
あり,また,ピストンポンプには,アキシャル形とラジア

ル形がある。 
  また,複数のポンプを一軸上に組み合わせたタンデム形
ポンプや 2 個のポンプを一体としたダブル形ポンプなど

がある。

hydraulic pump

2123

定容量形ポンプ

1

回転当たりの理論吐出し量を変えられない油圧ポンプ。  fixed displacement pump

2124

可変容量形ポンプ

1

回転当たりの理論吐出し量を変えられる油圧ポンプ。 variable

displacement

pump

2125

ポンプ制御方式

油圧ポンプの吐出し量を作動状態,負荷圧,外部指令など
によって調節する方式。ネガティブコントロール,ポジテ
ィブコントロール,ロードセンシング,全馬力制御などが

ある。

pump control method

2126

アクチュエータ

流体のもつエネルギを与えられて機械的な仕事をする機
器。油圧モータ,油圧シリンダなどをいう。

actuator

2127

油圧モータ

圧力油によって連続回転運動のできるアクチュエータ。歯
車モータ,プランジャモータなどがあり,定容量形と可変

容量形がある。

hydraulic motor

2128

油圧シリンダ

圧力油によって直線運動をし,その有効断面積及び差圧に
比例した力を発生させるアクチュエータ。複動形,単動形

などがある。

hydraulic cylinder

2129

制御弁,  
コントロール弁

圧力油などの流れの形,圧力又は流量の制御をする弁の総

称。油圧ショベルでは,アクチュエータを制御する方向制
御弁をいい,主としてスプール弁やロジック弁が用いられ
る。

control valve

2130

リリーフ弁

油圧回路の圧力が弁の設定値に達した場合,流体の一部又
は全量を戻り側に逃がして,回路内の圧力を設定値に保持
する圧力制御弁。

relief valve

2131

アキュムレータ

エネルギ源として用いる圧力油などを加圧状態で蓄える
容器で,ブラダ形,ダイヤフラム形,ピストン形などの形

式がある。蓄圧器ともいう。

accumulator

2132

スイベルジョイン

圧力下でも回転可能な管継手。 swive joint


5

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2133

油圧作動油

油圧回路に使用し,油圧機器を作動させて,動力伝達など
を行うための媒体となる油。略して作動油ともいう。

hydraulic oil

2134

作動油タンク

油圧回路の作動油を貯蔵する容器。大気圧に開放された形
式のものと,ポンプの吸入効果向上のため高めの空気圧な
どによって予圧を与える形式がある。

hydraulic oil tank

2135

作動油クーラ

作動油の過度の温度上昇を防止するために,回路中に設け
て作動油を冷却する装置。

hydraulic oil cooler

(b)

上部旋回体

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*2201

旋回フレーム

上部旋回体を構成する諸装置を搭載するフレーム。 revolving

frame

2202

旋回ピニオン

旋回装置に取り付けられ,下部走行体に取り付けられた旋
回ギヤとかみ合い,旋回運動を行わせる小歯車。

swing pinion

2203

旋回ブレーキ

上部旋回体を任意の位置に停止させるブレーキ。 swing

brake

2204

旋回駐車ブレーキ

上部旋回体を任意の位置で停止状態に保持するブレーキ。  swing parking brake

2205

旋回ロック

上部旋回体を特定の位置で固定させる装置。 swing

lock

*2206

キャブ

上部旋回体又はトラック式の下部走行体に付いている運

転室。

cab

2207

キャノピ

日よけ雨よけなどのため運転席上部に設けた簡易構造物。 canopy

*2208

落下物保護構造,  
FOGS

落石,飛来物などによる危険から運転員を防護するための
保護構造。上方からの落下物に対する保護構造と前方から
の飛来物に対する保護構造がある。

falling object guarding

system

2209

横転時保護構造,  
TOPS

機械の横転時に,シートベルトを装着した運転員を,キャ
ブやキャノピの変形による危険から保護する構造物。

tip-over protective

structure

2210

ハウス

キャブを除く機械室ボンネット又は建家。 house

*2211

カウンタウエイト

上部旋回体前部に集中する荷重とつり合わせるため,上部
旋回体後部に取り付けるおもり。

counter weight

(c)

下部走行体

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*2301

クローラ式

下部走行体の走行部にクローラベルトを使用した形式(

図 4)。

crawler type

*2302

ホイール式

下部走行体にタイヤの付いた走行車軸を装備した形式(

図 5)。

wheel type

2303

トラック式

ホイール式の一種で,下部走行体としてトラックの車台

(運転室,伝動機構を含む。

)をそのまま使用した形式(

図 6)。

truck type

2304

走行フレーム

下部走行体を構成する諸装置を搭載するフレーム。走行サ
イドフレームと上部旋回体の荷重を支持する横フレーム
からなる。

track frame,

lower frame

*2305

走行サイドフレー

ローラ類を介してクローラベルトを支持する縦フレーム。  track side frame,

side frame

2306

ロングクローラ

安定性向上の目的で,標準のクローラベルトよりも前後に
長いクローラ形式。

long crawler

2307

クローラ中心距離
拡張機構

輸送時又は走行時にクローラ全幅を縮小し,作業時に拡大

できる機構。

crawler retract

mechanism

*2308

クローラベルト

クローラシュー付きトラックリンクを連結したもの。鉄ク

ローラベルトとゴムクローラベルトがある。

track assembly


6

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2309

クローラベルト張
り調整装置

クローラベルトの脱輪を防止し,かつ,スムーズに回転で
きるよう,クローラベルトに適切なたるみをもたせて前後
方向に張るための装置。走行サイドフレームの中に組み込

まれている。

track adjuster

2310

トラックリンク

クローラベルトを屈曲自在に構成するためのリンク。シュ

ーと一体形のものもある。

track link

2311

クローラシュー

機械を支持し,また,走行させるための踏板。接地面とロ
ーラ踏面が表裏一体のものと,トラックリンクにボルトで

締結する組立形式のものがある。接地面形状には,突起を
設けたグローサ形,フラット形,湿地用三角形などがある。

track shoe,

crawler shoe

2312

グローサ

けん引力を増大し,走行を確実にするためにクローラシュ
ーの接地面に設けられた突起。

grouser

2313

シュープレート

組立形クローラシューの板部。 shoe plate

2314

タンブラ

起動輪及び遊動輪の総称。 tumbler

*2315

起動輪

クローラベルトを駆動する突起の付いたホイール。 sprocket

*2316

遊動輪

起動輪の反対側にあってクローラベルトの案内をするホ
イール。

idler

2317

下部ローラ

走行サイドフレームの下部に装着され,機体荷重を支持す
るローラ。

track roller,

lower roller

2318

上部ローラ

走行サイドフレームの上部に装着され,クローラベルトを
支えるローラ。

carrier roller,

upper roller

2319

トラックガード

走行中のトラックリンクの脱輪を防止するためのガード。  track guiding guard

2320

走行ブレーキ

走行用ブレーキ。 travelling brake

2321

走行駐車ブレーキ

油圧ショベルを停止状態で保持できるブレーキ装置。走行

停止時に自動的に作動するのが一般的である。

parking brake

2322

キャリヤ,  
シャーシ

ホイール式又はトラック式の下部走行体。 carrier,

chassis

2323

アウトリガ

シャーシなどに取り付けられ,支持ベースの寸法を増し安
定度を増加するための張り出し装置。手動式と油圧式があ

り,接地部の受台をアウトリガフロートという。

outrigger

2324

ボギー軸

トラック式で上下に揺動できる隣接した 2 本の車軸を支

えるビームの中心軸。

bogie axle

2325

旋回サークル

上部旋回体を支持しながら旋回させるための装置。ただ
し,旋回駆動機構を除く。

各種のベアリング形式が多い。

swing circle

*2326

旋回ベアリング

上部旋回体を支持しながら旋回させるためのベアリング。 swing

bearing

2327

旋回歯車

旋回用の大歯車で,下部走行体に固定された旋回サークル
の内歯歯車。これに上部旋回体の旋回ピニオンがかみ合っ
て,その回転によって旋回運動を行う。

swing gear

2329

センタジョイント

相対的に回転する配管又は機器を互いに接続する継手で,
旋回中心に設けられるジョイント。

center joint

(d)

作業装置

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*2401

バックホウアタッ
チメント

ブーム,アーム,リンク機構及びホウバケットから成り,

本体に架装されてバケットを手前に引きながら,主として
地面より低い所を掘削する作業装置の一種(

付図 32)。

hoe equipment and

attachment


7

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*2402

フェースショベル
アタッチメント

ブーム,アーム,リンク機構及びショベルバケットから成
り,本体に架装されてバケットを前に押し出しながら上げ
て,主として地面より高い所を掘削する作業装置の一種

付図 44)。

face shovel equipment

and attachment

2403

ローディングショ
ベルアタッチメン

独特のブーム,アーム,リンク機構及びローディングバケ

ットから成り,本体に架装されてバケットを前に押し出し
ながら上げて,主として地面より高い所を掘削又はすくい
込みを行う作業装置の一種。

loading shovel

equipment and

attachment

*2404

伸縮ブーム式ショ
ベルアタッチメン

伸縮式,かつ回転可能なブーム及びホウバケットから成
り,本体に架装されてバケットを手前に引きながら,主と
して地上及び地下の斜面を掘削成形する作業装置の一種

付図 47)。

telescoping boom

equipment

2405

クラムシェルアタ
ッチメント

ブーム,アーム,リンク機構及びクラムシェルバケットか

ら成り,本体に架装されてバケットを閉じることによって
垂直下方を掘削し,一般に地上へ揚土する作業装置の一種

付図 29)。

clamshell equipment

2406

オーガアタッチメ
ント

ブーム又はアームの先端に装着され,油圧モータによる回
転によって掘進を行うら旋状の作業装置の一種

付図 16)。

auger screw attachment

2407

油圧バイブロアタ
ッチメント

通常,アームの先端に取り付ける特殊形状のエキステンシ
ョンアーム,油圧駆動の起振機,チャック及び取付フレー
ムから成り,振動によって鋼矢板を打ち込み,又は引き抜

く作業装置の一種(

付図 15

hydraulic vibration

attachment

2408

ショートリーチフ
ロント

狭い限定された空間でも作業できるよう,標準より短いブ
ーム,アームを備えた作業装置。

short reach equipment

2409

ロングリーチフロ
ント

標準より長いブーム若しくはアームを備え,又はブーム,
アーム共に長いものを備えた作業装置。通常,取り付ける

バケットの容量がやや小さくなる。

long reach equipment

2410

スーパーロングフ
ロント

長大な作業半径と掘削深さを必要とするため,特別に長く
設計されたブーム及びアームと,軽掘削用小容量バケット

から成る作業装置。

super long reach

equipment

2411

ハイリフトフロン

地上から高い所にも届くよう,特別に設計した解体用ロン

グブーム,ロングアーム,油圧圧砕機,又は鉄筋カッタか
ら成る作業装置。ロングブームには,一体形,2 ピースブ
ーム,3 ピースブームがある(

付図 13)。

demolition super long

reach equipment

*2412

ブーム

旋回フレームの前部にピンで取り付ける,アーム,バケッ
トなどを支える主柱。用途によって各種のブームがある。

boom

*2413

一体形ブーム

一本式のブーム。用途によって各種の形状及び長さがある

付図 33)。

one-piece boom

*2414

2

ピースブーム

下ブームと上ブームから成る二分割形ブーム。ピンの位置

によって,上ブームの長さを調節できる形と,シリンダで
上下ブーム間の取付け角度を変えられる形とがある(

付図

34

two-piece boom

2415

3

ピースブーム

下ブーム,中ブーム及び上ブームから成り,相互の取付け
角度は,油圧シリンダによって変えられる三分割形のブー

ム。主に解体用である。

three-piece boom

*2416

上ブーム

分割式ブームの先端のブーム(

付図 32 及び 34 の 3)。 upper

boom

*2417

下ブーム

分割式ブームの根元のブーム(

付図 32 及び 34 の 2)。 lower boom,

stub

2418

中ブーム

ブームの長さを延長するため上下ブームの中間に入れる

ブーム。

intermediate boom


8

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2419

標準ブーム

各機種,型式別にその大きさによって製造業者が標準とし
て定めたブーム。

standard boom

2420

ロングブーム

標準ブームより有効長さが大きく,主に軽作業用及び大作
業半径用として用いられるブーム。

long boom

2421

スーパーロングブ
ーム

特に大きな作業半径,又は作業高さが得られるよう特別に

設計されたブーム。スーパーロングフロントを構成する。

super long boom

2422

オフセットブーム

機械中心面から左又は右に片寄った位置を機械中心面と

平行に掘削するため,途中を屈曲させた構造のブーム(

図 11)。

offset boom

*2423

スイング式ブーム

機械中心面から左又は右に片寄った位置を機械中心面と

平行に掘削するため,上部旋回体に垂直軸回りに回転でき
るように取り付けられた構造のブーム(

付図 12)。

swing type boom

2424

伸縮ブーム

ブームの長さを自由に伸縮することができる構造のブー
ム。伸縮動作は,主に油圧で行われる。

telescopic boom,

slide boom

2425

ブームスイングピ
ボット

スイング式ブームのスイング軸(

付図 35 の 35)。

boom swing pivot,

articulation bearing

*2426

ブームフートピン

上部旋回体にブームを取り付けるブーム根元の軸(

付図

32

及び 44 の 1)

boom foot pivot

2427

ブームシリンダフ
ートピン

上部旋回体とブームシリンダとの取付け軸。

boom cylinder foot pivot

2428

スイングブラケッ

スイング式ブーム及びブームシリンダを保持し,本体に対
して水平方向の角度を任意に揺動させるブラケット。

swing braket

*2429

アーム

バケットとブーム先端を連結する腕の総称(

付図 32 及び

44

の 6)

arm,

stick

2430

標準アーム

各機種,形式別にその大きさによって,製造業者が標準と
して定めたアーム。

standard arm

2431

ロングアーム

標準アームより有効長さが長い一体形のアーム。 long

arm

2432

エキステンション
アーム

標準アームの先端部に追加取り付けし,作業範囲を広げる
ための延長用アーム。

extension arm

2433

伸縮アーム

アームの長さを自由に伸縮することができる構造のアー
ム。伸縮動作は,主に油圧で行われる。

telescopic arm,

slide arm

*2434

アームヒンジピン

ブーム先端部とアームとの取付け軸

付図 32 及び 44 の 5)。 arm

pivot

*2435

ブームシリンダ

ブームを作動させるための油圧シリンダ(

付図 32 及び 44

の 4)

boom hydraulic cylinder

2436

ブームスイングシ
リンダ

ブームを左右にスイングさせるための油圧シリンダ(

付図

35

の 36)

boom swing cylinder

2437

オフセットシリン

ブームを左右にオフセットさせるための油圧シリンダ。 offset

cylinder

*2438

アームシリンダ

アームを作動させるための油圧シリンダ(

付図 32 及び 44

の 7)

arm cylinder

*2439

バケットシリンダ

バケットを作動させるための油圧シリンダ(

付図 32 及び

44

の 10)

bucket cylinder

*2440

ブレードシリンダ

ブレードを上下動させるための油圧シリンダ(

付図 48 

30

blade cylinder

*2441

バケットリンク

バケットを油圧シリンダなどで作動させるためのリンク
機構(

付図 32 及び 44 の 12)。

bucket linkage

*2442

バケットヒンジピ

アーム先端部とバケットとの取付け軸(

付図 32 及び 44 

8

bucket pivot


9

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*2443

バケット

土砂などを直接掘削又は積込みをするための切刃などを
付けた容器の総称で,使用目的によってそれぞれ適した形
状のものが使用される。一般に,掘削機の種類の名称を冠

して呼称される。

bucket

2444

標準バケット

各機種,形式別にその大きさによって,製造業者が標準と

して定めたバケット。

standard bucket

2445

バケット旋回方式

クラムシェルバケットなどの向きを変えるために,バケッ
トを垂直軸回りに回転させる方式。

bucket swing method

*2446

エジェクタ付バケ
ット

バケット内部の土砂を押し出す装置をもったバケット(

図 39)。 
  通常,バックホウバケット又はクラムシェルバケットに
用いられる。

ejector bucket,

drainage bucket

*2447

てい形バケット

バックホウバケットの一種で,掘削断面が台形になるよう

にしたバケット(

付図 41)。

備考1.  三角形のものもある。

2.

分かりにくい場合には,

“てい形バケット”

“てい(梯)形バケット”としてもよい。

profile bucket,

trapezoidal bucket,

“V”type bucket

2448

のり面バケット

堤防などの盛り土斜面の成形,締固め作業に適した形状を

もったバケット。

備考  分かりにくい場合には,“のり面バケット”は

“のり(法)面バケット”と示してもよい。

slope finishing bucket

*2449

ディッチクリーニ
ングバケット

溝に堆積した汚泥,土砂などをすくい込んで除去・清掃す
るためのバケット(

付図 40

trench (ditch) cleaning

bucket

2450

リッパバケット

硬土掘削,抜根などの作業に使用する大形のつめをもった
バケット。

ripper bucket

*2451

クラムシェルバケ
ット

両側のつめ付きシェルの開閉によって,土砂などを掘削及

び積込みをするバケット(

付図 42)。

clamshell bucket

2452

グラブバケット

つめのないシェルの開閉によって,バラ物のすくい込み及

び積込みをするバケット。

grab bucket

*2453

マルチクローグラ

油圧シリンダで開閉する複数のつめによって,対象物をつ
かみ,積込みをするバケット(

付図 43)。

multi-claw grab

*2454

ボトムダンプバケ
ット

フロントバケットとリヤバケットから成り,土砂などをフ
ロントバケットの開きによって放土するローディングシ

ョベル用バケット(

付図 46

bottom dump bucket

2455

フロントバケット

ローディングショベル用ボトムダンプ形バケットの前半
分部分。

bucket front

2456

リヤバケット

ローディングショベル用ボトムダンプ形バケットの後半
分部分。

bucket rear

2457

リッパ

アーム先端に取り付け,軟岩・硬土の掘削,抜根などの作
業をするための大形つめ状の掘削具。

Ripper

*2458

バケット本体

附属するつめ,サイドカッタなどを除いたバケットの本体
部分(

付図 38 及び 45 の 9)。

  グラブバケット,クラムシェルバケットなどのバケット

の器を構成する部分は,特にシェルという。

bucket body

2459

バケット底部

バックホウ,フェースショベル又はローディングショベル
用のバケット本体の切刃に続く底板部分。

bucket bottom

*2460

切刃

土を直接切削するバケットなどの刃の部分(

付図 3840

及び 45 の 13)

cutting edge,

cutting blade

*2461

つめホルダ

つめの挿入部(

付図 38 及び 45 の 50)。 tooth

adapter


10

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*2462

つめ

バケットに取り付ける掘削用のつめ(

付図 3840 及び 45

の 14)

  つめには,一体形と分割形があり,つめ本体,つめチッ

プ,つめ止めなどから構成される。

Tooth

*2463

サイドカッタ

バックホウバケットの両側面に取り付けられる切刃。溝掘

削などで側面土砂の掘削を容易にする(

付図 38 及び 45 

15

side cutter

*2464

スピルガード

バケット後部の土砂こぼれ防止板(

付図 46 の 21)。 spill

guard

2465

クイックヒッチ

バケット,油圧ブレーカなどのアタッチメントの交換を短
時間で行う装置。

quick hitch,

quick coupler

2466

ブレーカ

岩石,コンクリート舗装版などチゼル(のみ)の打撃によ
って破砕するアタッチメント(

付図 14)。

  油圧ショベルなどの本体動力源を利用する油圧ブレー

カ,圧縮空気によるエアブレーカなどがある。

Breaker

2467

油圧圧砕機

油圧ショベルの本体動力源を利用し,コンクリート板や,

コンクリート柱などを挟み,圧縮・曲げ作用によって破砕
するアタッチメント。カッタを備えたものもある(

付図

13

Crusher

2468

グラップル

相対する湾曲した 2∼3 のつめを閉じることによって,ス
クラップ,木材などをつかむアタッチメント(

付図 17)。

Grapple

*2469

荷役装置

鋼材などをつり上げる装置。マグネット式とクランプ式が
ある(

付図 37)。

material handling

attachment

2470

リフティングマグ
ネット

電磁石を用いて,鋼材などを吸着してつり上げる装置[

図 18 及び付図 37 (a)]。

lifting magnet

*2471

フック

先端がかぎ状の荷のつり上げ装置(

付図 36)。

備考  労働安全衛生規則第 164 条第 1 項によって,一

般に,油圧ショベルによる荷のつり上げは,主
たる用途以外の使用として禁止されている。

hook attachment

2472

オーガスクリュ

回転によって掘進を行うアースオーガ用のら旋状の掘削
具(

付図 16)。

auger screw

*2473

ブレード

油圧ショベルの車体前方に取り付けられる押土用アタッ
チメント(

付図 48 の 29)。

  掘削土砂の集積,地表面の整正,掘削跡の埋戻しなど,

簡易なドーザ作業に使用される。

Blade

(3)

操作及び施工

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3001 

掘削

バケットなどで土砂を掘り削ること。 digging

excavating

3002 

積込み

バケットなどで土砂や荷重をトラックの荷台などに入れ
ること。

Loading

3003 

旋回

上部旋回体を回転させること。 swing,

slewing,

revolving

3004 

ブーム上げ

ブームを上方に上げること。 boom

raising

3005 

ブーム下げ

ブームを下方に下げること。 boom

lowering

3006 

アーム押し

アームを前方に押し出すこと。 arm

pushing

3007 

アーム引き

アームを手前に引き込むこと。 arm

crowding

3008 

バケット掘削

バケットを回転又はシェルを閉じて土砂などをすくい込
むこと。

bucket crowding


11

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

3009 

バケットダンプ

バケットを反対方向に回転又はシェルを開いて土砂など
を放出すること。

bucket dumping

3010 

バケット開

ローディングバケット及びクラムシェルにおいて,フロン
トバケット又はシェルを開くこと。

bucket openning

3011 

バケット閉

ローディングバケット及びクラムシェルにおいて,フロン

トバケット又はシェルを閉じること。

bucket closing

3012 

オフセット右

オフセットブームのオフセットシリンダを用いて,アーム

及びバケットを機体中心線と平行に右に移動させること。

offset right

3013 

オフセット左

オフセットブームのオフセットシリンダを用いて,アーム
及びバケットを機体中心線と平行に左に移動させること。

offset left

3014 

ブームスイング右

作業機全体を,ブームスイングピボットを中心に,上部旋
回体前後中心線方向に対し,右方向に回転させること。

boom swing right

3015 

ブームスイング左

作業機全体を,ブームスイングピボットを中心に,上部旋
回体前後中心線方向に対し,左方向に回転させること。

boom swing left

3016 

アーム伸

伸縮アームでアームを伸ばすこと。 arm

extending

3017 

アーム縮

伸縮アームでアームを縮めること。 arm

retracting

3018 

ブレード上げ

ブレードを上方に上げること。 blade

raising

3019 

ブレード下げ

ブレードを下方に下げること。 blade

lowering

3020 

押土

ブレードで盛土を押しならすこと。 Dozing

3021 

ピボットターン

片側のクローラベルトを制動し,反対側のクローラベルト
を駆動して行う方向変換。

pivot turn

3022 

スピンターン

片側のクローラベルトを前進方向に,反対側のクローラベ
ルトを後進方向に駆動して行う方向変換。

spin turn

3023 

土羽打ち

ブームの上下動作を急激に連続して行い,バケット底部で
盛土を突き固めること。

bumping,

tamping

3024 

床付け

ブーム,アーム及びバケットを同時操作して,掘削面を平
らに仕上げること。

leveling work

3025 

のり面掘削

ブーム,アーム及びバケットを同時に操作して,規定角度

の斜面に掘削すること。

slope digging

3026 

のり面仕上げ

ブーム,アーム及びバケットを同時に操作して,規定角度

の斜面に仕上げること。

slope leveling

3027 

短時間昇圧

一時的に持上げ力,掘削力などを製造業者設定の標準状態
より約 10%前後増大させるため,油圧回路のリリーフセッ

ト圧を通常時よりも上昇させること。

temporary pressure boost

(4)

諸元及び性能

(a)

一般

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4101

バケット容量

バケットの内容積で,平積容量,山積容量などの総称。 bucket capacity

4102

平積容量

バケットの上縁に平らに掘削物を入れたときの容量。

参考  JIS A 8404 参照。

struck capacity

4103

山積容量

バケットの上縁からバックホウ,

フェースショベルでは 1 :

1

の,ローディングショベルでは 1 : 2 のこう(勾)配で掘

削物を盛り上げたときの容量。

参考  JIS A 8404 参照。

heaped capacity

*4104

エンジン定格出力

定められた運転条件で,定められた一定時間の運転を保証
する出力。

参考  JIS D 0006 参照。

rated horse power,

rated output

4105

エンジン定格回転
速度

定格出力を出すときのエンジンの回転速度。

rated engine speed


12

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4106

基準地表面,  
GRP

機械の高さ方向の寸法を測る場合に基準となる地表面。グ
ローサシューの場合は,グローサを除くシュー下面とし,
湿地用三角シューの場合は,シューの端面と傾斜面との交

点を通る水平面とし,ゴムクローラの場合は,ラグ高さの
下面とする(

付図 23)。

ground reference plane

*4107

全長

輸送姿勢(ホイール式及びトラック式においては走行姿
勢)における運転状態の全長(

付図 19 の LL8 及び付図 20

の LL10)

overall length in

transport condition/

travelling condition

*4108

全幅

輸送姿勢(ホイール式及びトラック式においては走行姿
勢)における運転状態の全幅(

付図 2324 及び 25 の W1)。

overall width

*4109

全高

輸送状態(ホイール式及びトラック式においては走行姿
勢)における運転状態の全高(

付図 19 の HH29 及び付図

20

の HH30)

  クローラ式ではグローサ高さを含む。

overall working

equipment height in

transport position/

travelling position

*4110

運転質量

燃料,潤滑油,作動油及び冷却水を規定量とし,製造業者
が指定するキャブ又はキャノピ,FOGS,作業装置などを

装備した本体に,乗員 1 名分 (75kg) 及び携行工具の質量
を加えた質量。

operating mass

*4111

出荷質量

燃料をタンク容量の 10%とし,潤滑油,作動油及び冷却水
を規定量として,乗員を含まず空荷状態の本体の質量に,
製造業者が指定するキャブ又はキャノピ,FOGS,作業装置

などを加えた質量。

shipping mass

4112

機械総質量

運転質量に最大積載質量を加えた質量。 gross

machinery

mass

4113

機械質量

運転質量から乗員の質量を差し引いた質量。 machine

mass

4114

本体質量

機械質量から作業装置を除いた質量。

base machine mass

4115

機体質量

本体質量から燃料,潤滑油,作動油,冷却水,携行工具な
どの質量を差し引いた本体の乾燥質量。

base machinery mass

4116

作業装置質量

運転質量から本体,乗員 1 名及び携行工具を差し引いた質

量。

equipment and

attachment mass

4117

最大積載質量

最大作業半径の状態において,上部旋回体に対し,360°

いずれの方向においても作業機械として十分な安定度を
もつことができる積載質量をいい,標準バケット山積容量

(m

3

)

に,土砂の密度として 1.8t/m

3

を乗じた値。

maximum loading mass

*4118

キャブ,キャノピ又
は FOGS の質量

本体への取付具を含めたキャブ,キャノピ又は FOGS の質
量。

cab, canopy and FOGS

mass

*4119

最高旋回速度

上部旋回体が旋回するときの最高の速度。

maximum swing speed

*4120

最高走行速度

走行するときの最高の速度。

maximum travel speed

4121

登坂能力

平らな堅土の坂路で,無負荷状態の油圧ショベルを登坂,
降坂及び停止するため,走行制御装置の能力,エンジンの
傾斜運転角度,燃料・作動油などの漏れを生じない傾斜角

度及び機械安定性などの制限から登坂できる最大能力。た
だし,油圧ショベルと路面との滑りによる影響はないもの
とした場合の連続登坂できる最大の能力。

gradability,

climbing ability

4122

最大けん引力

水平堅土で走行中に出すことのできる最大のけん引力。た
だし,油圧ショベルと路面との滑りによる影響は考えな
い。

maximum tractive force

4123

接地圧

運転質量に相当する荷重を接地面積で除した圧力。 ground

pressure,

bearing pressure

4124

クローラ接地長さ

タンブラ中心距離に,クローラ全長からタンブラ中心距離
を差し引いた値の 35%を加えた長さ。

crawler bearing length,

length of track ground


13

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4125

クローラ接地面積

クローラ接地長さに,左右のシュー幅の和を乗じた面積。  crawler bearing area,

ground contact area

4126

標準荷重

標準バケット平積容量 (m

3

)

に,土砂の密度として 1.8t/m

3

を乗じた値に相当する荷重。

standard load

4127

転倒荷重

転倒状態となるときの荷重(バケット・つり具などを含

む。

参考  JIS A 8402 参照

tipping load

4128

最大積載荷重

最大積載質量に相当する荷重。 maximum

load

4129

安定度

作業時における転倒荷重に対する最大積載荷重の割合。 
  また,無負荷時における後方安定度,ホイール式及びト

ラック式の走行姿勢における左右の安定度などを総称し
ていう場合もある。

stability

4130

前方安定度

過大なブーム,アーム,バケット,各種作業装置などを取
り付けたりして前方に転倒する危険を避けるために設け
られた度合い。

front stability

4131

後方安定度

過大なカウンタウエイトを取り付けたりして,無負荷時後
方に転倒する危険を避けるために設けられた度合い。

backward stability

4132

転倒支線

転倒の支点となる点を結んだ線(

付図 21)。 tipping

line

4133

質量配分

ホイール式及びトラック式の機械で,運転状態における走
行姿勢のとき,各車軸に配分される質量と,その運転質量

に対する比率。

axle distribution

4134

輪荷重

ホイール式及びトラック式の機械で,上記質量配分された

質量の各軸荷重を,その軸上にある輪数で除したそれぞれ
の値。

unit load per travel wheel

4135

旋回中心

上部旋回体の旋回運動の中心。

axis of rotation

*4136

最大掘削力

掘削動作時におけるバケット刃先に生じる掘削力の最大
値。

  バックホウ,フェースショベルでは,バケットシリンダ
力,アームシリンダ力によって発揮することができる最大
の掘削力で表し,ローディングショベルでは,アームシリ

ンダ力による最大押出し力又はバケットシリンダ力によ
る最大掘削力で表示する。

参考  JIS A 8404 参照

maximum digging force

4137

最大持上げ力

ブームシリンダの作動によってバケット刃先に生じる垂
直上向き力の最大値。

参考  JIS A 8404 参照

maximum lifting force

4138

設定圧力,  
セット圧

所定の作動特性を得るために調整された油圧回路の圧力。 set

pressure

4139

最大かじ取り角度

ホイール式及びトラック式の機械で,進行方向に対し操向
輪の方向を変えることができる最大角度。

maximum steering angle

*4140

表小回転半径

ホイール式及びトラック式で,最低速で最大かじ取りを行
ったとき,最外輪の路面との接触面の中心の作る軌跡の半
径,又は本体最外側部の描く軌跡(クリアランスサークル)

付図 22 の R1,R2)。

参考  JIS A 8303 参照

minimum turning radius

*4141

機械最外側部最小
回転半径

最小回転で走行したときの機械最外側部の最小回転半径

付図 22 の RR8)。

参考  JIS A 8303 参照

outside machine

clearance radius

*4142

ブレーキ性能

常用ブレーキ,非常ブレーキ及び駐車ブレーキの性能の総
称。

brake performance


14

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*4143

かじ取り性能

ホイール式及びトラック式で,かじ取り装置の操向性能。
最小回転半径などで判断される。

steering capacity

4144

前方オーバハング

走行姿勢で前軸から完成機前端までの距離。 front

overhang

4145

後方オーバハング

走行姿勢でボギー軸中心(2 軸の場合は後軸)から完成機
後端までの距離。

rear overhang

4146

操作力

操作レバー,操作ペダルなどで操作する場合に必要なレバ
ー引張力,ペダル踏力など。

operating physical force

4147

視界

運転視野の範囲。 visibility

4148

騒音レベル

無負荷エンジン最高回転時,負荷作業時などにおける機械

の周囲騒音,キャブ内騒音などを騒音計を用いて計測表示
した値。

noise level

4149

(地盤の)振動レベ

エンジン最高回転で,作業装置を定められた条件で急激に

操作したとき,周囲の地盤を伝搬する地盤振動を振動レベ
ル計で計測表示した値。

vibration level

4150

作業寸法

作業装置によって作業できる範囲を示す限界寸法。例えば
最大掘削深さなど。

working dimension

(b)

本体

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*4201

本体全長

上部旋回体と下部走行体を合わせた本体の全長(

付図 23

25 の L1)

overall length of base

machine

*4202

本体全幅

本体の両外側間の距離。アウトリガのあるものは収納時全
幅及び張出し時全幅の両方(

付図 23 の W1,付図 24 及び

25

の W12)

overall width of base

machine,

overall width including

outriggers and

supporting plates

*4203

本体全高

基準地表面からキャブ最高部までの高さ(

付図 2325 

H1

overall height of base

machine

*4204

ハウス高さ

基準地表面からキャブを除いたハウス又は建屋までの高
さ(

付図 2325 の H3)。

height of house

*4205

キャブ全長

キャブの前後端間の水平距離(

付図 2325 の L19)。

cab overall length

*4206

キャブ幅

キャブ両側壁の外側寸法(

付図 2325 の W19)。

cab width overall

*4207

キャブ高さ

上部旋回体の床面からキャブ最高部までの高さ(

付図 23

25 の H24)

cab height

*4208

上部旋回体全幅

上部旋回体の両外側端の距離(

付図 2325 の W17)。 upper

structure

overall

width

4209

運転室最小空間

安全,かつ自在な運転操作をするために必要なキャブ内の

り(法)の最小寸法。

cab minimum space

4210

シートインデック
スポイント,  
SIP

キャブ内空間,操縦装置などのオペレータとの関係位置を
数値で示すときに用いる運転席の基準点。

seat index point

*4211

旋回体後端距離

旋回中心から旋回体後端までの水平距離(

付図 2325 

L16

upper structure rear most

distance from axis of

rotation

*4212

後端旋回半径

旋回体後部の旋回時の最大半径(

付図 2325 の R4)。 swing

radius

*4213

旋回中心から輸送
姿勢時の機械最前
端までの距離

旋回中心から輸送姿勢時における機械の最前端までの水
平距離(

付図 19 の LL16)。

front distance to axle of

rotation at shipping

condition


15

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*4214

旋回中心から旋回
体最右端までの距

旋回中心から旋回体最右端までの水平距離(

付図 2325

の W18)

right side upper structure

distance from axis of

rotation

*4215

旋回体後部下端高

基準地表面から旋回体後部下端までの高さ(

付図 2325

の H26)

clearance height under

upper structure

*4216

クローラ全長

所定の張りに調整されたクローラベルトの前後端間の水
平距離(

付図 23 の L14)。

crawler overall length,

track length

*4217

タンブラ中心距離

起動輪の中心と遊動輪の中心との間の水平距離(

付図 23

の L2)

crawler base,

tumblerdcenter distance

*4218

旋回中心から起動
輪までの距離

旋回中心から起動輪中心までの水平距離

付図 23 の R15)。  sprocket axis to axis of

rotation

*4219

クローラ中心距離

左右のクローラの中心間の水平距離(

付図 23 の W21)。 track

gauge

*4220

クローラ拡張中心
距離

左右のクローラベルトが拡張できるもので最大に拡張し
たときのクローラ中心距離(

付図 23 の W21')。

extended track gauge

*4221

クローラ全幅

左右のクローラの両外側端間の水平距離(

付図 23 

W16

undercarriage overall

width

*4222

クローラ高さ

クローラ全長の中央部における基準地表面からグローサ

上端までの垂直距離(

付図 23 の H25)。

crawler tracks height

*4223

クローラシュー幅

クローラシューの幅(

付図 23 の W4)。

track shoe width

*4224

グローサ高さ

基準地表面からグローサ先端までの垂直距離(

付図 23 

H5

grouser height

*4225

最低地上高さ

下部走行体の中心から,左右にクローラ中心距離又は輪距
の各 25%以内における最も低い部分の基準地表面からの
高さ(

付図 2325 の H4)。

ground clearance of

undercarriage

4226

キャリヤ旋回体ク
リアランス

上部旋回体とキャリヤとの間の最小クリアランス(

付図

24

及び 25 の X

minimum clearance

between

upper-structure and

chassis

*4227

キャリヤ全長

キャリヤの全長(

付図 24 及び 25 の L17)。 undercarriage

overall

length

*4228

キャリヤ全幅

アウトリガを収納したときのキャリヤの最大幅(

付図 24

及び 25 の WW13)

overall width including

outriggers at road

travelling position

*4229

軸距

前後の車軸の中心間の水平距離。3 軸あるものは,前軸と

中軸の間を第一軸距,中軸と後軸の間を第二軸距という。
同様に 4 軸あるものは更に第三軸距という。 
  また,3 軸以上あるものの第 1 軸から最後端までの軸距

を最遠軸距という。ボギー軸の場合は,前軸とボギー軸の
中心位置との水平距離をいう(

付図 24 及び 25 の L3,H''

及び H'''

wheel base

4230

ボギー軸距

ボギーの 2 軸中心間の水平距離(

付図 25 の H''')。

distance between centre

of bogie

*4231

アウトリガ張出し
中心距離

アウトリガを最大に張り出した場合の左右アウトリガフ
ロートの中心間水平距離(

付図 24 及び 25 の WW13)。

width of pad centre

outrigger extended

*4232

旋回中心から機械
最前端までの距離

ホイール式油圧ショベルの走行姿勢における旋回中心か

ら機械の最前端までの水平距離(

付図 20 の LL11)。

front distance to axis of

rotation

*4233

ハンドル中心から
機械最前端までの
距離

ホイール式油圧ショベルの操向ハンドルの中心から走行

姿勢における機械の最前端までの水平距離(

付図 20 

LL12

front distance to steering

wheel centre


16

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*4234

前輪軸から前方ア
ウトリガ中心まで
の距離

ホイール式油圧ショベルの前輪軸中心から前方アウトリ
ガ中心までの水平距離(

付図 20 の LL13)。

front pad centre to front

axle

*4235

後輪軸から後方ア
ウトリガ中心まで
の距離

ホイール式油圧ショベルの後輪軸中心から後方アウトリ
ガ中心までの水平距離(

付図 20 の LL14)。

rear pad centre to rear

axle

*4236

輪距

左右タイヤ踏面の路面との接触面の中心間の水平距離。複
輪の場合は複輪間隔中心間の水平距離。

  前,後の輪距が異なる場合は,輪距(前)

,輪距(後)

という(

付図 24 及び 25 の W3)。

tread

*4237

キャリヤ後軸位置

旋回中心からボギー軸中心(2 軸の場合は後軸)までの水
平距離(

付図 24 及び 25 の L18)。

rear axle to axle of

rotation

4238

キャリヤ前方オー
バハング

前軸中心からキャリヤ最前部までの水平距離(

付図 24 

び 25 の V

front overhang of chassis

4239

キャリヤ後方オー
バハング

ボギー軸中心(2 軸の場合は後軸)からキャリヤ後端まで

の水平距離(

付図 2425 の U)。

rear overhang of chassis

4240

後方オーバハング

走行姿勢でボギー軸中心(2 軸の場合は後軸)から,完成
機後端までの水平距離(

付図 24 及び 25 の W)。

rear overhang

(c)

作業装置及び作業寸法

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4301

ブーム長さ

ブームフートピン中心からアームヒンジピン中心までの
距離(

付図 2628 の A)。

boom length

4302

アーム長さ

バケットヒンジピン中心からアームヒンジピン中心まで
の距離(

付図 2628 の B)。

arm length

4303

バケットリスト半

バケットヒンジピン中心からバケットつめ先端までの距

離(

付図 26 及び 27 の D)。

bucket wrist radius

4304

バケットリスト角

バケットシリンダの作動によるバケットの回転角度の最

大値(

付図 26 及び 27 

α

bucket wrist angle

4305

バケット質量

バケット本体質量に製造業者が指定する切刃,つめなどの
質量を加えた質量。

bucket mass

4306

バケット幅

バケットリップ幅の外側寸法。 
  サイドカッタを付けたときはサイドカッタの外側寸法。

outside width of bucket

4307

バケット平均内幅

バケット内側側面の図心位置における内幅。

average inside width of

bucket

4308

バケット上縁角度

クラムシェルバケットのシェル側面の上縁が水平面とな
す角度。

upper edge angle of

clamshell bucket

*4309

バケット開口幅

ローディングショベルのボトムダンプバケット及びクラ

ムシェルバケットで,バケットを最大に開いたときの開口
幅[付

図 28(3)の A,付図 29 の WW10]。

width of open grab

*4310

バケット開口高さ

クラムシェルでバケットを最大に開いたときのバケット
取付けピン中心からつめ先端までの高さ(

付図 29 

HH32

height of open grab

*4311

バケット閉口幅

クラムシェルでバケットを閉じたときの両シェルの外側
寸法(

付図 29 の WW9)。

width of closed grab

*4312

バケット閉口高さ

クラムシェルでバケットを閉じたときバケット取付けピ
ン中心からバケット最下端までの高さ

付図 29 の HH31)。

height of closed grab


17

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4313

バケット最大オフ
セット量

オフセットブーム付き又はスイングブーム付き油圧ショ
ベルでバケットを左右各最大にオフセットし,バケットつ
め先端を地面上に接したときのバケット中心線と下部走

行体中心線との間の最大水平距離(

付図 26 の 及び V’)。

Offset distance of bucket

4314

ブームスイング角

上部旋回体に対し,ブームを左右にスイングできる各最大

角度(

付図 26 

β

及び

β

'

Boom swing angle

4315

ブームスイングピ
ボット偏心量

ブームスイング式ショベルで,スイングピボット中心と下
部走行体中心との偏心量(

付図 26 の X)。

Eccentric quantity of

boom swing pivot

*4316

最大掘削半径

バケットつめ先端を水平方向に最も押し出したときの旋
回中心からバケットつめ先端までの水平距離のうちの最

大値(

付図 2629 の RR1)。

Maximum reach

*4317

最大掘削深さ

バケットつめ先端を最低の位置にした場合の基準地表面
からバケットつめ先端までの深さ

付図 2629 の HH24)。

Maximum digging depth

*4318

最大掘削深さ時半

最大掘削深さ時の旋回中心からバケットつめ先端までの
水平距離(

付図 26 及び 29 の RR3)。

Reach at maximum

digging depth

*4319

最大垂直掘削深さ

バケット底面を垂直壁面に沿って掘る場合の最も深く掘
れる基準地表面からの深さ(

付図 26 の HH25)。

Maximum vertical

digging depth

*4320

2.5m

水平掘削可能

の最大掘削深さ

2.5m

の水平掘削可能な最大掘削時の基準地表面からバケ

ットつめ先端までの深さ(

付図 26 の HH26)。

Maximum digging depth

at 2.5m floor length

*4321

最大掘削高さ

バケットつめ先端を最高の位置にしたときの基準地表面

からバケットつめ先端までの高さ

付図 2628 の HH20)。

Maximum height of

cutting edge

*4322

最大掘削高さ時半

最大掘削高さ時の旋回中心からバケットつめ先端までの

水平距離(

付図 2628 の RR6)。

Reach at maximum

height

*4323

最大ダンプ高さ

ダンプ可能状態のうちのバケット最高位置で,ダンプ動作
を行った場合にバケットつめ先端が描く軌跡の基準地表

面からの高さ。ボトムダンプ式バケットの場合は,開いた
バケットのリヤバケット下端までの高さ

付図 26 の HH23,

付図 27 の HH27,付図 28 の HH23 又は HH27)。

参考  JIS A 8404 参照。

Maximum dumping

height

*4324

最大ダンプ高さ時
半径

最大ダンプ高さ時の旋回中心からバケットつめ先端まで

の水平距離。ただし,ボトムダンプ式バケットの場合は,
リヤバケットの下端までの水平距離(

付図 26 の RR6,付

図 27 及び 28 の 及び J’)。

Reach at maximum

dumping height

*4325

最大バケットヒン
ジピン高さ

最大ダンプ高さ時のバケットヒンジピンの基準地表面か
らの高さ(

付図 2628 の HH21)。

Maximum bucket hinge

pin height

4326

最小ダンプ高さ

ブームを最大に上昇させ,アームを垂直にしてバケットを
ダンプさせたとき,バケットつめ先端が描く軌跡の基準地
表面からの高さ(

付図 26 の R)。

Minimum dumping

height

*4327

床面最大掘削半径

バケットつめ先端を最も押し出した状態で,つめ先端を接
地させたときのつめ先端の旋回中心からの水平距離(

付図

26

29 の RR2)

maximum reach at

ground reference plane

*4328

床面最小掘削半径

バケットつめ先端を最も引き込んだ状態で,つめ先端を接
地させたときのつめ先端の旋回中心からの水平距離(

付図

27

及び 28 の RR4)

minimum reach at

ground reference plane

4329

床面仕上げ最大半

バケットを最も押し出した状態で,バケット底部を接地さ
せたときのつめ先端の旋回中心からの水平距離(

付図 27

及び 28 の P

maximum level floor

radius

*4330

床面仕上げ最小半

バケットを最も引き込んだ状態で,バケット底部を接地さ

せたときのつめ先端の旋回中心からの水平距離(

付図 26

27

及び 28 の RR7)

minimum level floor

radius


18

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

*4331

床面水平作業距離

バケット底部を接地させた状態で,バケットつめ先端の最
近位置から最遠位置までの水平距離(

付図 27 及び 28 

LL15

length of level floor cut

4332

床面仕上げ最大半
径時チルト角

フェースショベル,ローディングショベルにおける床面仕
上げ最大半径の位置で,バケットつめを上方に最大限回転

させたときのバケット底部の水平面とのなす角度(

付図

28

α

tilting angle at maximum

level floor radius

4333

フロント最小旋回
半径

バケットが隣接部分と干渉しない範囲で,作業装置を最も

引き込んだ状態における作業装置最外側の旋回中心から
の水平距離(

付図 26 及び 29 の T

付図 27 の R)。

minimum radius of

equipment and

attachment

4334

オフセット時フロ
ント最小旋回半径

オフセットブーム付き又はスイングブーム付き油圧ショ
ベルで,バケットを左右各最大にオフセットしたときのフ
ロント最小旋回半径。

minimum radius of

equipment at

maximum front offset

4335

フロント最小旋回
半径時全高

フロント最小旋回半径時における作業装置最上端の基準
地表面からの高さ(

付図 26 及び 29 の U

付図 27 の T)。

overall height at

minimum radius of

equipment and

attachment

4336

作業半径

バケットフック中心,オーガスクリュ中心,リフティング

マグネット中心などの旋回中心からの水平距離。

operating radius

*4337

クラムシェル最大
ダンプ始め高さ

クラムシェルバケットをダンプ始め状態としたときの,基
準地表面からバケットつめ先端までの最大高さ(

付図 29

の HH21)

maximum bucket loading

clearance

*4338

クラムシェル最大
ダンプ終り高さ

クラムシェルバケットをダンプ終り状態としたときの,基

準地表面からバケットつめ先端までの最大高さ(

付図 29

の HH20)

maximum height of

bucket opening

*4339

クラムシェル最大
ダンプ高さ時作業
半径

クラムシェルバケットで,最大ダンプ高さ時の,旋回中心

からバケット中心までの水平距離(

付図 29 の RR5)。

operating radius at

maximum loading

clearance

*4340

クラムシェル最大
ダンプ高さ時掘削
半径

クラムシェルバケットで,最大ダンプ終り高さ時の,旋回
中心からバケット前方側のつめ先端までの最大距離(

付図

29

の RR6)

cutting radius at

maximum height of

bucket opening

4341

総揚程

クラムシェルバケットの上下方向に移動できる全体の高
さ(

付図 29 の R)。

total lift

*4342

ブレード寸法

ブレード本体の最大幅及びブレードを基準地表面上に降
ろしたときの最大高さ(

付図 30 の WW1 及び HH1)。

blade dimension

4343

ブレード刃先角度

ブレードを基準地表面上に降ろしたとき,ブレード前面下

端の接線と基準地表面とのなす角度(

付図 30 

α

cutting angle

4344

ブレード取付け水
平距離

チルティング及びアンダリングしない状態で,ブレードを

基準地表面に降ろしたときの,旋回中心からブレード中央
部前縁の接地点までの水平距離(

付図 30 の C)。

distance between the

front end of blade and

the axis of rotation

*4345

ブレード最大上昇

チルティング及びアンダリングしない状態で,ブレードを

最高の位置にしたときの,基準地表面からブレード中央部
におけるブレード下端までの高さ(

付図 30 の HH2)。

blade maximum lifting

*4346

ブレード最大下降

チルティング及びアンダリングしない状態で,ブレードを
最低の位置にしたときの,基準地表面からブレード中央部
におけるブレード下端までの深さ(

付図 30 の HH3)。

blade maximum

lowering

4347

ブレードアプロー
チ角度

最大上昇量のときのブレード下端を通り,左右遊動輪下端
側のシューグローサ又はラグの先端に接する平面が,基準
地表面となす角(

付図 30 

γ

blade approach angle


19

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

4348

ブレードチルト角

最大チルト状態で,ブレード下端の一端を接地したときの
他端の高さ(

付図 30 の F)。

blade maximum tilting

4349

ブレードアングル

ストレート状態から左右にアンダリングできる最大角度

付図 30 

β

blade maximum angling

4350

オーガスクリュ長

アースオーガのスクリュ部分の長さ。

length of auger screw

4351

最大掘削深度

アースオーガなどで,掘削できるあな(孔)の基準地表面

からの最大深さ。

maximum cutting depth

4352

最大掘削口径

アースオーガなどで,掘削できるあな(孔)の最大直径。 maximum

cutting

diameter

(5)

その他

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5001

運転質量状態

運転質量の状態。 operating

condition

5002

走行姿勢

作業装置を,その種類ごとに指定された状態とし,また,

アウトリガなどを収納することによって,一般に最外側寸
法を最小限にし,最も走行に支障を来さないようにした姿
勢(

付図 20)。

travelling condition

5003

輸送姿勢

トラックなどによって油圧ショベルを輸送するために,最
も重心が低く,かつ,外径寸法を小さくするようにした姿
勢。

大形機などでは,作業装置,キャブ,ハウスなどを取り除
いた状態でいう場合もある(

付図 19)。

shipping condition

5004

転倒状態

作業装置に大きな負荷をかけたとき油圧ショベルの重心
が転倒支線に近づいた状態。 
鉄クローラ式では,ブームがクローラと平行であるとき,

荷重に対してタンブラ中心距離の

3

1

のクローラベルトが

床面を離れた状態,又はブームがクローラと直角であると
き,荷重に対して下部ローラが床面に残るクローラのトラ

ックリンクの踏面からクローラ中心距離の2%の高さに離
れた状態とする。

ゴムクローラ式では,ブームがクローラと平行であると

き,遊動輪側又は起動輪側のシュー下面が床面からタンブ
ラ中心距離の 2%の高さに離れた状態,又はブームがクロ
ーラと直角であるとき,シューの下面が床面からクローラ

中心距離の 2%の高さに離れた状態とする。 
ホイール式及びトラック式では,転倒支線に含まれないタ
イヤが接地面を離れたとき又はアウトリガを使用すると

きはアウトリガボックスがアウトリガ支点間距離の 2%だ
け地上高さを増したときとする。

参考  JIS A 8402 参照。

tipping (load) condition

5005

荷重表

つり荷作業を行う場合の各作業半径(又はつり具の各位
置)に対応した各つり上げ荷重を表示又は図示したもの。

object handling capacity

table

5006

ダンプ始め状態

土砂を放出するときの始めの姿勢で,バケット上縁部が水
平の状態。 
  クラムシェルバケットやボトムダンプ式バケットでは,

バケット閉の状態。

condition of dump

beginning


20

A 8403-1-1996

番号

用語

定義

対応英語(参考)

5007

ダンプ終り状態

土砂を放出し終った姿勢で,バケットを最大にダンプさせ
た状態及びボトムダンプバケットやクラムシェルバケッ
トでは最大に開いた状態。ただし,フェースショベル及び

ローディングショベル(チルトダンプ式)では,バケット
底部が水平線に対して 45 度下方に傾いた状態。

condition of dump

ending


21

A 8403-1-1996

付図 1  油圧ショベル

付図 2  ミニショベル

付図 3  超小旋回形油圧ショベル

付図 4  クローラ式油圧ショベル

付図 5  ホイール式油圧ショベル

付図 6  トラック式油圧ショベル


22

A 8403-1-1996

付図 7  バックホウ

付図 8  フェースショベル 

付図 9  ローディングショベル

付図 11  オフセットブーム

付図 10  クラムシェル


23

A 8403-1-1996

付図 12  スイングブーム

付図 14  油圧ブレーカ

付図 13  ハイリフト解体機(油圧圧砕機付)

付図 15  油圧バイブロ


24

A 8403-1-1996

付図 16  アースオーガ

付図 17  木材グラップル

付図 18  リフティングマグネット


25

A 8403-1-1996

付図 19  クローラ式油圧ショベルの輸送姿勢

付図 20  ホイール式油圧ショベルの走行姿勢


26

A 8403-1-1996

付図 21  転倒支線(クローラ式及びホイール式)

付図 22  最小回転半径及びクリアランスサークル(ホイール式)

付図 23  本体寸法(クローラ式)


27

A 8403-1-1996

付図 24  本体寸法(ホイール式)

付図 25  本体寸法(トラック式)


28

A 8403-1-1996

付図 26  バックホウアタッチメント作業寸法


29

A 8403-1-1996

付図 27  フェースショベル作業寸法


30

A 8403-1-1996

付図 28  ローディングショベルアタッチメント作業寸法


31

A 8403-1-1996


32

A 8403-1-1996

付図 29  クラムシェルアタッチメント作業寸法


33

A 8403-1-1996


34

A 8403-1-1996

付図 30  ブレード作業寸法


35

A 8403-1-1996

付図 31  油圧ショベルの本体


36

A 8403-1-1996

付図 32  バックホウアタッチメント

付図 33  一体形ブーム


37

A 8403-1-1996

付図 34  ピースブーム


38

A 8403-1-1996

付図 35  スイング式ブーム


39

A 8403-1-1996

付図 36  フック


40

A 8403-1-1996

付図 37  荷役装置


41

A 8403-1-1996

付図 38  ホウバケット

付図 39  エジェクタ付バケット


42

A 8403-1-1996

付図 40  ディッチクリーニングバケット

付図 41  てい形バケット


43

A 8403-1-1996

付図 42  クラムシェルバケット

付図 43  マルチクローグラブ


44

A 8403-1-1996

付図 44  フェースショベルアタッチメント

付図 45  フェースショベルバケット


45

A 8403-1-1996

付図 46  ボトムダンプバケット

付図 47  伸縮ブーム式ショベルアタッチメント


46

A 8403-1-1996

付図 48  アウトリガ及びドーザブレード


47

A 8403-1-1996

附属書  油圧ショベルの仕様項目−SI 単位(例示)

1.

エンジン(仕様性能)

製造業者名及び形式

圧縮着火(ディーゼル)又は火花点火

サイクル形式(2 又は 4 ストローク)

無過給,機械式強制過給又はターボチャージ

シリンダ数

内径

行程

総行程容積

冷却系統(空冷又は水冷)

燃料の種類

エンジン出力(ネット)

(    min

-1

において)

最大トルク

(    min

-1

において)

始動電動機

電気系統 V

2.

油圧系統

ポンプ  形式

ポンプ数

調整システム

最大ポンプ吐出量

最小ポンプ吐出量

作業回路圧力

シリンダ(数及び寸法)

3.

系統別流体容量

燃料タンク

油圧系統

油タンク

冷却系統

エンジンクランクケース

終減速機

ポンプ駆動

旋回駆動


48

A 8403-1-1996

4.

ろ(濾)過器系統

5.

クローラ式

5.1

クローラ

形式

寸法

接地面積(計算方法)

シューの数(左右)

キャリヤローラの数(左右)

トラックローラの数(左右)

5.2

ブレーキ系統

6.

ホイール式

6.1

変速機

6.2

駆動軸(仕様形式)

例示

ハイドロスタティック

4

輪駆動

揺動軸

遊星式終減速機

6.3

かじ取り装置(仕様形式)

例示

ブースト式,手動式,油圧式

非常かじ取り装置

回転半径

6.4

ブレーキ

6.4.1

常用ブレーキ(仕様形式)

例示

ドラム,ディスク

空圧式,油圧式,空圧・油圧併用式,機械式

6.4.2

非常ブレーキ

形式

作動系統

6.4.3

駐車ブレーキ

形式

作動系統

6.5

タイヤ

サイズ及び形式

プライ数

リムサイズ


49

A 8403-1-1996

7.

運転質量

8.

出荷質量

関連規格  JIS A 8303  車輪式建設機械の回転半径測定方法

JIS A 8402

  油圧ショベルの性能試験方法

JIS A 8404

  油圧ショベルの仕様書様式

JIS D 0006

  建設機械用ディーゼルエンジンの仕様書様式及び性能試験方法

JIS

原案作成委員会  構成表

(1)

本委員会

氏名

所属

(委員長)

藤  本  義  二

株式会社エミック

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

天  野      徹

工業技術院標準部

西  本  徳  生

労働省労働基準局安全衛生部

今  岡  亮  司

建設省建設経済局

吉  田      正

建設省土木研究所材料施工部

石  原  晴  美

建設省建設大学校建設部

永  盛  峰  雄

千葉工業大学

杉  山  庸  夫

社団法人日本建設機械化協会

倉  田  恒  三

マルマ重車輌株式会社

杉  本      豊

株式会社小松製作所技術本部

吉  田  雄  彦

三菱重工業株式会社相模原製作所

小  栗  匡  一

新キャタピラー三菱株式会社技術部

服  部  士  朗

小松メック株式会社技術管理室

矢  仲  哲太郎

株式会社神戸製鋼所建設・汎用機械本部

渡  辺      正

日立建機株式会社 CS 本部

北  崎      誠

東洋運搬機株式会社竜ケ崎工場

杉  山      篤

水資源開発公団第一工務部

小  室  一  夫

西松建設株式会社平塚製作所

根  尾  紘  一

株式会社熊谷組工事総合本部機材部

水  口      弘

株式会社大林組東京本社機械部

山  岸  宏  充

大成建設株式会社安全・機材本部機械部

木  村  隆  一

鹿島建設株式会社土木技術本部

高  野      漠

日本鋪道株式会社

野  村  昌  弘

国土開発工業株式会社

(事務局)

川  合  雄  二

社団法人日本建設機械化協会

大  橋  秀  夫

社団法人日本建設機械化協会

(2)

分科会

氏名

所属

(分科会長)

渡  辺      正

日立建機株式会社 CS 本部

菅      俊  和

建設省建設経済局

稲  垣      孝

建設省関東地方建設局

能  勢  博  文

石川島建機株式会社

都  築  文  雄

株式会社加藤製作所

大  関  雅  彦

カヤバ工業株式会社

佐  藤  文  紀

株式会社クボタ

松  田  光  範

株式会社小松製作所


50

A 8403-1-1996

氏名

所属

田  中  三  郎

新キャタピラー三菱株式会社

伊  藤  茂  晴

住友建機株式会社

戸  田      登

北越工業株式会社

鶴  丸  英  雄

ヤンマーディーゼル株式会社

田  畑  哲  生

油谷重工業株式会社

中  井  康  孝

株式会社フジタ

(事務局)

川  合  雄  二

社団法人日本建設機械化協会

(文責  渡辺  正)