>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 8345

:2004 (ISO 10264:1990)

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 11 条に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定し

た日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 10264:1990,Earth-moving machinery

− Key−locked starting systems を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


A 8345

:2004 (ISO 10264:1990)

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

3.1

  始動装置(starting systems) 

1

4.

  要求事項

1

4.1

  始動装置 

1

4.2

  ロック装置 

1

4.3

  要領書

1

 


日本工業規格

JIS

 A

8345

:2004

(ISO 10264

:1990

)

土工機械−キーロック始動装置

Earth-moving machinery

−  Key-locked starting systems

序文  この規格は,1990 年に第 1 版として発行された ISO 10264,Earth-moving machinery − Key-locked

starting systems

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

1. 

適用範囲  この規格は,土工機械の不正な始動を防止するキーロック始動装置又はその他の同等な手

段に対する,性能要求及び位置について規定する。

この規格は,JIS A 8308 に規定するすべての土工機械に適用する。

なお,この規格は,正規の運転員の保護,機械の悪用,破壊又は盗難を防止することを意図するもので

はない。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 10264:1990

,Earth-moving machinery  −  Key-locked starting systems(IDT)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 8308

  土工機械−基本機種−用語

備考 ISO 

6165:2001

  Earth-moving machinery  − Basic types − Vocabulary が,この規格と一致し

ている。

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

3.1 

始動装置(starting systems)  単独で又は他の構成部品と組み合わせて作動させたとき,エンジン又は

他の動力源の始動機器を起動させる,始動操作装置として機械に取り付ける部品及び構成部品。

4. 

要求事項

4.1 

始動装置  始動装置は,部外者による起動を防止するキー形のイグニッションスイッチ又は施錠可

能な主切断スイッチのいずれかを備えなければならない。

4.2 

ロック装置  始動装置を守るロック装置及びその他の施錠設備は,始動装置の一部をなすものでな

ければならない。

ロック装置は,正規の運転員が運転席から容易に手の届く位置になければならない。

4.3 

要領書  製造業者の停止要領書は,その要領書に従って機械を停止するとき,防止装置又は機器を

使用するよう推奨しなければならない。