>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 8333-1

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本建設機械化協会(JCMA)/財団

法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 14401-1:2004,Earth-moving

machinery

−Field of vision of surveillance and rear-view mirrors−Part 1: Test methods を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS A 8333-1:2005

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格の対比表

JIS A 8333

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS A 8333-1

  第 1 部:試験方法

JIS A 8333-2

  第 2 部:性能基準


A 8333-1

:2005

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  試験器材

2

4.1

  光源

2

4.2

  試験地表面 

2

4.3

  試験用手持ち鏡

2

5.

  機械の構成 

2

6.

  測定手順

2

6.1

  光源法

2

6.2

  計算及びコンピュータシミュレーション手順

3

7.

  試験報告書 

4

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格の対比表

5

 


日本工業規格

JIS

 A

8333-1

:2005

土工機械―後写鏡及び補助ミラーの視野―

第 1 部:試験方法

Earth-moving machinery

Field of vision of surveillance and rear-view

mirrors

Part 1: Test method

序文  この規格は,2004 年に第 1 版として発行された ISO 14401-1,Earth-moving machinery−Field of vision

of surveillance and rear-view mirrors

−Part 1: Test methods を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業

規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,着座した運転員が,後写鏡及び補助ミラーから得られる視野を測定するため

の二種類の試験方法について規定する。この規格は,公道及び公道外で使用される,JIS A 8308 に定義す

る自走式の,車輪式及び履帯式土工機械(以下,機械という。

)に適用できる。

備考1.  公道上を走行する機械には我が国の規制を追加適用してもよい。

2. 

この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 14401-1:2004

,Earth-moving machinery−Field of vision of surveillance and rear-view mirrors−

Part 1: Test methods (MOD)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 8308

  土工機械―基本的機種―用語

備考 ISO 

6165

  Earth-moving machinery−Basic types−Vocabulary が,この規格と一致している。

JIS A 8311

  土工機械―運転席の視界測定方法とその評価基準

備考 ISO 

5006-1:1991

  Earth-moving machinery−Operator's field of view−Part 1: Test method  からの

引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS A 8318

  土工機械―座席基準点(SIP)

備考 ISO 

5353:1995

  Earth-moving machinery,  and tractors and machinery for agriculture and forestry

−Seat index point  が,この規格と一致している。

JIS A 8320

  土工機械―機械全体,作業装置及び構成部品の質量測定方法

備考 ISO 

6016:1998

  Earth-moving machinery−Methods of measuring the masses of whole machines,

their equipment and components

が,この規格と一致している。


2

A 8333-1

:2005

JIS A 8333-2

  土工機械―後写鏡及び補助ミラーの視野―第 2 部:性能基準

備考 ISO 

14401-2:2004

  Earth-moving machinery−Field of vision of surveillance and rear-view mirrors

−  Part 2: Performance criteria からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

3.1 

光源中心点(目の位置)  [filament position centre point (eye position)]  座席基準点(SIP)の上方 660

mm

及び前方 20 mm に位置する点(目の位置)

JIS A 8311 参照。

備考  座席基準点の定義は,JIS A 8318 参照。

3.2 

視野 (field of vision)  運転員の位置から,後写鏡及び補助ミラーを介して視認できる範囲。

3.3 

後写鏡 (rear-view mirror)  機械の後方及び側方の間接視野をもたらす装置。

3.3.1 

内装後写鏡  (interior rear-view mirror)  運転室(キャブ又はキャノピ)の内部に取り付けられた後

写鏡。

3.3.2 

外装後写鏡 (exterior rear-view mirror)  運転室(キャブ又はキャノピ)の外部に取り付けられた後

写鏡。

3.4 

補助ミラー (surveillance mirror)  運転室(キャブ又はキャノピ)の内部又は外部に取り付けられ,

特定範囲の視野をもたらす鏡。

4. 

試験器材

4.1 

光源  フィラメントが垂直に組み込まれた一つのハロゲン電球(又は相当品)で構成する。光源は,

固定装置によって,3.1 に定義する光源中心点に設置する。

JIS A 8333-2

に規定する要求視野が得られるように,光源を JIS A 8311 に規定する二つの電球とする場

合は,試験報告書に記載するとともに,運転取扱説明書に,後写鏡及び補助ミラーで所要の視野を得るに

は,運転員が視点を動かす必要がある旨を記載しなければならない。

4.2 

試験地表面  締め固められた地面又は舗装面であり,かつ,どの方向にも 3  %以上の傾斜があって

はならない。

4.3 

試験用手持ち鏡  後写鏡及び補助ミラーからの光源反射光を,視野において見るもの。

5. 

機械の構成

5.1 

機械は,製造業者の仕様どおりとする。

5.2 

ドア,窓などのすべての開閉部は,閉めた状態とする。

5.3 

機械は,JIS A 8311 で定義するように設置する。油圧ショベルのブーム位置については,JIS A 8333-2

を参照のこと。

5.4 

鏡は,JIS A 8333-2 に規定する要求視野が得られるように調節する。

6. 

測定手順

6.1 

光源法

6.1.1 

機械を試験地表面上に,

図 に示すとおりに設置する。


3

A 8333-1

:2005

  1  試験地表面及び機械の位置

6.1.2 

光源を 4.1 に規定するとおりに設置する。  機械を 5.3 のとおりに設置したとき,光源と鏡との間で,

例えば油圧ショベルのブームなどによって,直接視界が妨げられる場合は,油圧ショベルでは光源を前方

150 mm

まで,移動してもよい。

6.1.3 

機械に取り付けられた鏡からの光源反射光によって,その鏡の視野が定まる。試験用手持ち鏡を用

いて,JIS A 8333-2 に規定する視野の測定位置で光源反射光を視認してもよい。試験用手持ち鏡に投影さ

れた反射光は,可能な限り,地表面又は他の規定位置に近いところで,試験用手持ち鏡の下端で測定しな

ければならない。

6.1.4

視野の測定は,次の a)d)  の手順による。

a)

機械(6.1.1)及び光源(6.1.2)を設置した後,JIS A 8333-2 によって最低要求視野の印を付ける。

b)

機械に近い測定位置が手持ち鏡で視認できるように,機械の鏡を調節する。

c)

その後,規定等級の視野について,規定されたすべての測定位置を測定する。

d)

手持ち鏡で視認できる境界を測定し,境界の印を付け,実寸法を測定する。

備考  試験は,地表面での視野の内外境界線を直接確定できる,暗やみ(闇)環境下で行ってもよい。

6.2

計算及びコンピュータシミュレーション手順  6.1 に記載の測定手順は,視野を計算する数学的技法

を用いて,シミュレートしてもよい。

31

以上

8

以上

8

以上

2

以上

単位  m

光源中心点

3.1 参照)


4

A 8333-1

:2005

6.1

に従った実証試験は,コンピュータシミュレーションによる視野を確認するために,最初のシミュレ

ーションの後に行わなければならない。

7.

試験報告書  試験報告書には,次の情報を含めなければならない。

−  製造業者名

−  機種

−  運転質量(JIS A 8320 参照)

−  運転場所説明

−  鏡の種類,寸法,曲率半径及び取付け位置

−  鏡の種類,寸法,曲率半径及び取付け位置視野(ダイヤグラム又は測定視野の図面) 
 


5

A 8333-1

:2005

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格の対比表

JIS A 8333-1

:2005  土工機械―後写鏡及び補助ミラーの視野―第 1 部:試験方法

ISO 14401-1

:2004,土工機械―後写鏡及び補助ミラーの視野―第 1 部:試験

方法

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の

理由及び今後の対策

1.

適用範囲

後 写 鏡 及 び 補 助 ミ
ラ ー の 視 野 の 試 験

方法について規定

ISO 

14401-1 

1

JIS

と同じ

IDT

2.

引用規格

JIS A 8308

JIS A 8311

JIS A 8318

JIS A 8320

JIS A 8333-2

2

ISO 6165

ISO 5600-1

ISO 5353

ISO 6016

ISO 14401-2

IDT

MOD/

変更

IDT

IDT

MOD/

変更

3.

定義

3

JIS

と同じ

IDT

4.

試験機器

4.1

4.2

4.3

光源に関して規定。

4

4.1

4.2

4.3

JIS

で追加の複数光源

を 用 い る 場 合 の 記 述

を欠く。

MOD/

追加

IDT

IDT

JIS

では ISO にない複

数光源を用いる場合に

関する記述を追加。

ISO/FDIS

反対投票時に JIS 案の記

述追加を技術的理由としてコメン

5

A

 8333-1


2005

5

A

 8333-1


2005


6

A 8333-1

:2005

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

項目番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の

理由及び今後の対策

5.

機器の構成

5.1

5.2

5.3

5.4

機 械 の 設 置 に 関 し
て規定。

5.3

5.4

JIS

と同じ

JIS

と同じ

JIS

に同じであるが,

JIS

で削除した引用規

格 の 発 行 年 及 び 参 照
箇所も記述。

JIS

と同じ

IDT

IDT

MOD/

変更

IDT

ISO

では,引用規格の発

行年及び参照箇所を記

載しているが,JIS では
削除。

ISO/FDIS

反対投票時に JIS 案の記

述追加を技術的理由としてコメン

6.

測定手順

6.1

6.1.1

6.1.2

6.1.3

6.1.4 a)

6.2

鏡 に よ る 視 野 の 測

定に関して規定。 

試 験 測 定 を 開 始 す
る 際 に 要 求 視 野 の
印 を つ け る 旨 を 規

定。

6

6.1

6.1.1

6.1.2

6.1.3

6.1.4 a)

6.2

JIS

に同じであるが,

JIS

で削除した引用規

格 の 発 行 年 及 び 参 照
箇所も記述。

JIS

に同じであるが,

JIS

で削除した引用規

格 の 発 行 年 及 び 参 照

箇所も記述。

JIS

と同じ

MOD/

変更

MOD/

変更

IDT

ISO

では,引用規格の発

行年及び参照箇所を記

載しているが,JIS では
削除。 

ISO

では,引用規格の発

行年及び参照箇所を記
載しているが,JIS では

削除。

ISO/FDIS

反対投票時に JIS 案の記

述追加を技術的理由としてコメン

ト 

ISO/FDIS

反対投票時に JIS 案の記

述追加を技術的理由としてコメン

7.

試験報告書

7

JIS

と同じ

IDT

 
JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

6

A

 8333-1


2005

6

A

 8333-1


2005


7

A 8333-1

:2005

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2.

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

7

A

 8333-1


2005

7

A

 8333-1


2005