>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 8310-2

:2006

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  通則

2

5

  色彩

3

6

  スタビライザ識別記号 

4

7

  アウトリガ識別記号

5

8

  クラムシェルバケット識別記号

6

9

  グラップル識別記号

7

10

  ブルドーザ排土板識別記号 

8

11

  グレーダ作業装置識別記号 

9

12

  スクレーパ作業装置識別記号

12

13

  ショベル系掘削機・バックホウ作業装置識別記号 

15

14

  ショベル系掘削機・フェースショベル作業装置識別記号

19

15

  ローダバケット識別記号 

20

16

  ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)荷台識別記号 

22

17

  土工装置(リッパ及びスカリファイヤ)識別記号 

23

18

  ウィンチ識別記号

24

19

  スカリファイヤ識別記号 

24

20

  トレンチャ識別記号

25

21

  油圧シリンダ識別記号 

31

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

32


A 8310-2

:2006

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本建設機械化協会(JCMA)及び財

団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS A 8310:1993 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登録出願

に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特

許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任

はもたない。

JIS A 8310

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

A

8310-1

第 1 部:共通識別記号

JIS

A

8310-2

第 2 部:特定機種,作業装置及び附属品識別記号


日本工業規格

JIS

 A

8310-2

:2006

土工機械−操縦装置及び表示用識別記号−第 2 部:

特定機種,作業装置及び附属品識別記号

Earth-moving machinery

Symbols for operator controls and other displays

Part 2: Specific symbols for machines, equipment and accessories

序文 

この規格は,1993 年に第 1 版として発行された ISO 6405-2,/Amendment 1(1997)及び Amendment 2(2004)

を基に作成した日本工業規格であるが,既に改訂版が出版された ISO 6405-1: 2004 との整合を図るため,

技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,JIS A 8308 に規定する土工機械の操縦装置及び表示用の特定使用の識別記号について規定

する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6405-2:1993

,Earth-moving machinery−Symbols for operator controls and other displays−Part 2:

Specific symbols for machines, equipment and accessories

,Amd 1(1997)及び Amd 2(2004)

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 8308

  土工機械−基本機種−用語

注記  対応国際規格:ISO 6165  Earth-moving machinery−Basic types−Vocabulary(IDT)

JIS A 8310-1

  土工機械−操縦装置及び表示用識別記号−第 1 部:共通識別記号

注記  対応国際規格:ISO 6405-1  Earth-moving machinery−Symbols for operator controls and other

displays

−Part 1: Common symbols (IDT)

JIS Z 8221-1

  機器・装置用図記号の基本原則−第 1 部:図記号原形の創作


2

A 8310-2

:2006

注記  対応国際規格:IEC 80416-1  Basic principles for graphical symbols for use on equipment−Part 1:

Creation of symbol originals(IDT)

JIS Z 8221-2

  機器・装置用図記号の基本原則−第 2 部:矢印の形及び使用方法

注記  対応国際規格:ISO 80416-2  Basic principles for graphical symbols for use on equipment−Part 2:

Form and use of arrows (IDT)

JIS Z 8221-3

  機器・装置用図記号の基本原則−第 3 部:図記号を使用するときの指針

注記  対応国際規格:IEC 80416-3  Basic principles for graphical symbols for use on equipment−Part 3:

Guidelines for the application of graphical symbols(IDT)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 8310-1 による。

通則 

4.1 

識別記号は,この規格の箇条 621(除く箇条 19)の表に規定するものでなければならない。しか

し,外形線で示す特定の識別記号は,実際の適用に当たっては,複写品の明りょう(瞭)さ及び運転員に

とっての判読性の改善のため個々の識別記号に特記がない限り塗りつぶしてもよい。 

4.2 

複写及び表示装置の技術上の固有の制約によって,識別記号の線幅を太くしたり又はその他のわず

かな変更が必要になることがある。このような変更は,識別記号の基本的な要素を保ち運転員が見分けら

れる限り許容される。 

4.3 

さらに,識別記号の見栄え及び判読性を改善するため,又は適用対象の機械装置の設計と協調させ

るため,線幅の変更又は角を丸めるなどの変更を行う必要があるときは,識別記号の基本的な判読上の性

質が維持される限り,図案のデザイナがこのような変更を行ってもよい(JIS Z 8221-1 及び JIS Z 8221-3

参照)

 

4.4 

実際の適用に当たっては,識別記号は運転員が容易に見分けるのに必要な大きさで複写しなければ

ならない。 

識別記号の適切な寸法は,JIS Z 8221-3 を指針として参照する。個別に特記がない限り,識別記号はこ

の規格に示す向きとする。

4.5 

識別記号の多くは,多様な識別記号を意味が整合するように組み合わせて新たな識別記号を作成す

るという,組合せ手法によって作成している。 

4.6 

識別記号が,機械又は機械の部品の側面図を示すときは,識別記号内で機械は左から右に動くと見

なす。識別記号が,機械又は機械の部品の平面図を示すときは,識別記号内で機械は下から上に動くと見

なす。 

4.7 

操縦装置及び表示装置に付ける識別記号は,背景となる装置に対して明りょう(瞭)に目立つよう

にしなければならない。大部分の操縦装置に対しては暗色の背景に明色の識別記号が推奨される。表示装

置には,暗色の背景に明色の識別記号及び明色の背景に暗色の識別記号のいずれか判読性が最良となるも

のを用いてよい。識別記号の明暗を反転するときは(黒を白又はその反対)

,その識別記号全体に実施しな

ければならない。 

4.8 

識別記号は,それを用いて識別する操縦装置の上に,又は隣接して配置しなければならない。操縦

装置に対して複数の識別記号が必要なときは,その識別記号が表現する操縦装置の動作と関連した位置に

配置しなければならない。 


3

A 8310-2

:2006

4.9 

識別記号に使用する矢印は JIS Z 8221-2 の要求事項に適合しなければならない。図記号原形(識別

記号の原形)は JIS Z 8221-1 の通則を考慮して創作しなければならない。識別記号の適用に当たっては,

JIS Z 8221-3

を考慮するのがよい。 

4.10  ISO/IEC

登録番号を,この規格の各識別記号に対して示す。登録番号 5000 以下は,ISO 7000 参照。

登録番号 5000 を超える識別記号は IEC 60417 参照。 

注記   図記号原形は ISO/TC 145/SC 3 によって承認,登録され ISO 7000 で発行される。

4.11 

この規格の識別記号は,

図記号原形の 32%の寸法で示す。

コーナマークは,

JIS Z 8221-1

の一辺 75 mm

の正方形を区切る表示である。コーナマークは,識別記号の一部ではないが,識別記号の表現の一様性を

確実とするために表示する。 

色彩 

照明された表示装置に使用するときは,表示装置の色彩は,次の意味をもつ。

−  赤:故障又は重大な機能不全で緊急の注意を要する

−  黄又はだいだい(橙)

:通常の運転限界を超過

−  緑:通常の運転状態


4

A 8310-2

:2006

スタビライザ識別記号(Stabilizer symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

6.1 

ISO 7000-2072

スタビライザ基本識別記号

(Stabilizer

Basic symbol)

6.2 

ISO 7000-2073

左スタビライザ上げ

(Left stabilizer

Up)

6.3 

ISO 7000-2074

左スタビライザ下げ

(Left stabilizer

Down)

6.4 

ISO 7000-1292

右スタビライザ上げ

(Right  
stabilizer

−Up)

6.5 

ISO 7000-1291

右スタビライザ下げ

(Right  
stabilizer

−Down)

6.6 

ISO 7000-2075

左スタビライザ伸ばし

(Left stabilizer

Extend)

6.7 

ISO 7000-2076

左スタビライザ縮め

(Left stabilizer

Retract)


5

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

6.8 

ISO 7000-1536

右スタビライザ伸ばし

(Right stabilizer

Extend)

6.9 

ISO 7000-1537

右スタビライザ縮め

(Right stabilizer

Retract)

アウトリガ識別記号(Outrigger symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

7.1 

ISO 7000-2077

アウトリガ基本識別記号

(Outrigger

−Basic

symbol)

7.2 

ISO 7000-2078

アウトリガ−左ビーム張出し
−水平伸ばしだけ

(Outrigger

−Left

beam out

Horizontal 
extension only)

7.3 

ISO 7000-2079

アウトリガ−左ビーム格納 
−水平縮めだけ

(Outrigger

Left beam in

Horizontal 
retraction only)

7.4 

ISO 7000-0746-B

アウトリガ−右ビーム張出し
−水平伸ばしだけ

(Outrigger

Left beam out

Horizontal 
extension only)

7.5 

ISO 7000-0747-B

アウトリガ−右ビーム格納 
−水平縮めだけ

(Outrigger

Right beam in

Horizontal 
retraction only)


6

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

7.6 

ISO 7000-2080

アウトリガ−左ジャッキ張出
し−垂直伸ばしだけ

(Outrigger

Left jack down

Vertical extension 
only)

7.7 

ISO 7000-2081

アウトリガ−左ジャッキ格納
−垂直縮めだけ

(Outrigger

Left jack up

Vertical retraction 
only)

7.8 

ISO 7000-0750-B

アウトリガ−右ジャッキ張出
し−垂直伸ばしだけ

(Outrigger

−Right

jack down

Vertical extension 
only)

7.9 

ISO 7000-0751-B

アウトリガ−右ジャッキ格納
−垂直縮めだけ

(Outrigger

−Right

jack up

−Vertical

retraction only)

クラムシェルバケット識別記号(Clamshell bucket symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

8.1 

ISO 7000-1494

クラムシェルバケット基本 
識別記号

(Clamshell bucket
−Basic symbol)

8.2 

ISO 7000-1495

クラムシェルバケット開

(Clamshell bucket
−Open)

8.3 

ISO 7000-1496

クラムシェルバケット閉

(Clamshell bucket
−Close)


7

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

8.4 

ISO 7000-2082

クラムシェルバケット回転

(Clamshell bucket
−Rotate)

8.5 

ISO 7000-1497

クラムシェルバケット右回転

(Clamshell bucket
−Rotate 
clockwise)

8.6 

ISO 7000-1498

クラムシェルバケット左回転

(Clamshell bucket
−Rotate 
counter-clockwise)

グラップル識別記号(Grapple symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

9.1 

ISO 7000-1499

グラップル基本識別記号

(Grapple

−Basic

symbol)

9.2 

ISO 7000-1500

グラップル開

(Grapple

−Open)

9.3 

ISO 7000-1501

グラップル閉

(Grapple

−Close)

9.4 

ISO 7000-1502

グラップル回転

(Grapple

−Rotate)


8

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

9.5 

ISO 7000-2083

グラップル右回転

(Grapple

−Rotate

clockwise)

9.6 

ISO 7000-2084

グラップル左回転

(Grapple

−Rotate

counter-clockwise)

10 

ブルドーザ排土板識別記号(Dozer blade symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

10.1 

ISO 7000-1451

排土板基本識別記号

(Blade

−Basic

symbol)

10.2 

ISO 7000-1452

排土板上げ

(Blade

−Raise)

10.3 

ISO 7000-1453

排土板下げ

(Blade

−Lower)

10.4 

ISO 7000-1454

排土板保持

(Blade

−Hold)

10.5 

ISO 7000-1455

排土板浮き

(Blade

−Float)


9

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

10.6 

ISO 7000-1461

排土板前傾

(Blade

−Pitch

forward)

10.7 

ISO 7000-1460

排土板後傾

(Blade

−Pitch

rearward)

10.8 

ISO 7000-1457

排土板左チルト

(Blade

−Tilt left)

10.9 

ISO 7000-1456

排土板右チルト

(Blade

−Tilt right)

10.10 

ISO 7000-1459

排土板左アングル

(Blade

−Angle left)

10.11 

ISO 7000-1458

排土板右アングル

(Blade

−Angle

right)

11 

グレーダ作業装置識別記号(Grader equipment symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

11.1 

ISO 7000-1503

グレーダ土工板基本識別記号

(Blade

−Basic

symbol)


10

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

11.2 

ISO 7000-1506

グレーダ土工板左上げ

(Blade

−Raise left

side)

11.3 

ISO 7000-1507

グレーダ土工板左下げ

(Blade

−Lower left

side)

11.4 

ISO 7000-1504

グレーダ土工板右上げ

(Blade

−Raise right

side)

11.5 

ISO 7000-1505

グレーダ土工板右下げ

(Blade

−Lower

right side)

11.6 

ISO 7000-1509

グレーダ土工板左シフト

(Blade

−Side shift

left)

11.7 

ISO 7000-1508

グレーダ土工板右シフト

(Blade

−Side shift

right)

11.8 

ISO 7000-2085

グレーダ土工板上げ

(Blade

−Raise

whole blade)


11

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

11.9 

ISO 7000-2086

グレーダ土工板下げ

(Blade

−Lower

whole blade)

11.10 

ISO 7000-1510

グレーダ土工板サークル右回

(Blade circle

Rotate clockwise)

11.11 

ISO 7000-1511

グレーダ土工板サークル左回

(Blade circle

Rotate 
counter-clockwise)

11.12 

ISO 7000-1513

グレーダ土工板サークル左シ
フト

(Blade circle

Shift left)

11.13 

ISO 7000-1512

グレーダ土工板サークル右シ
フト

(Blade circle

Shift right)

11.14 

ISO 7000-1518

前輪左リーニング

(Wheel lean

Lean left)

11.15 

ISO 7000-1517

前輪右リーニング

(Wheel lean

Lean right)


12

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

11.16 

ISO 7000-2243

グレーダ土工板基本識別記号
(側面視)

(Grader blade

Basic symbol

Side view)

11.17 

ISO 7000-2244

グレーダ土工板前傾

(Grader blade

Pitch forward)

11.18 

ISO 7000-2245

グレーダ土工板後傾

(Grader blade

Pitch rearward)

11.19 

ISO 7000-2246

車体屈折式グレーダ基本シン
ボル(機械の平面視)

(Articulated grader 
−Basic symbol−
Overhead view of 
machine)

11.20 

ISO 7000-2247

車体屈折式グレーダ左操向

(Articulated grader 
−Steer left)

11.21 

ISO 7000-2248

車体屈折式グレーダ右操向

(Articulated grader
−Steer right)

12 

スクレーパ作業装置識別記号(Scraper equipment symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

12.1 

ISO 7000-1523

ボウル基本識別記号

(Bowl

−Basic

symbol)


13

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

12.2 

ISO 7000-1524

ボウル上げ

(Bowl

−Raise)

12.3 

ISO 7000-1525

ボウル下げ

(Bowl

−Lower)

12.4 

ISO 7000-1526

ボウル保持

(Bowl

−Hold)

12.5 

ISO 7000-2087

エプロン基本識別記号

(Apron

−Basic

symbol)

12.6 

ISO 7000-1527

エプロン上げ

(Apron

−Raise)

12.7 

ISO 7000-1528

エプロン下げ

(Apron

−Lower)

12.8 

ISO 7000-1529

エプロン保持

(Apron

−Hold)


14

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

12.9 

ISO 7000-1530

エプロン浮き

(Apron

−Float)

12.10 

ISO 7000-2088

エジェクタ基本識別記号

(Ejector

−Basic

symbol)

12.11 

ISO 7000-1531

エジェクタ押出し

(Ejector

−Eject)

12.12 

ISO 7000-1532

エジェクタ引込み

(Ejector

−Return)

12.13 

ISO 7000-1533

エジェクタ保持

(Ejector

−Hold)

12.14 

ISO 7000-2089

エレベータ基本識別記号

(Elevator

−Basic

symbol)

12.15 

ISO 7000-1534

エレベータ積込み

(Elevator

−Load)


15

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

12.16 

ISO 7000-1535

エレベータ降ろし

(Elevator

−Unload)

13 

ショベル系掘削機・バックホウ作業装置識別記号(Excavator/backhoe equipment symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

13.1 

ISO 7000-1468

バックホウ基本識別記号

(Hoe equipment

Basic symbol)

13.2 

ISO 7000-1470

バックホウブーム上げ

(Boom

−Raise)

13.3 

ISO 7000-1469

バックホウブーム下げ

(Boom

−Lower)

13.4 

ISO 7000-1472

バックホウブーム伸ばし

(Boom

−Extend)

13.5 

ISO 7000-1471

バックホウブーム縮め

(Boom

−Retract)


16

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

13.6 

ISO 7000-1486

バックホウブーム輸送用ロッ

[オン(5007)並びにオフ(5008),
オン・オフ(5010)又は結合
(0022)

並びに解除(0023)識別記

号と組み合わせて用いてもよ
い。]

(Boom

−Transport

lock)

13.7 

ISO 7000-1474

バックホウアーム押し

(Arm

−Out)

13.8 

ISO 7000-1473

バックホウアーム引き

(Arm

−In)

13.9 

ISO 7000-1475

バックホウアーム伸ばし

(Arm

−Extend)

13.10 

ISO 7000-1476

バックホウアーム縮め

(Arm

−Retract)

13.11 

ISO 7000-1477

バックホウバケットダンプ

(Bucket

−Dump)

13.12 

ISO 7000-1478

バックホウバケット掘削・積
込み

(Bucket

Dig/rollback)


17

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

13.13 

ISO 7000-2090

バックホウブームスイング基
本識別記号

(Boom swing

Basic symbol)

13.14 

ISO 7000-1480

バックホウブーム左スイング

(Boom swing

Swing left)

13.15 

ISO 7000-1479

バックホウブーム右スイング

(Boom swing

Swing right)

13.16 

ISO 7000-1481

バックホウブームスイングロ
ック

[オン(5007)並びにオフ(5008),
オン・オフ(5010)又は結合
(0022)

並びに解除(0023)識別記

号と組み合わせて用いてもよ
い。]

(Boom swing

Swing lock)

13.17 

ISO 7000-1482

バックホウブームスイングブ
レーキ

[オン(5007)並びにオフ(5008),
オン・オフ(5010)又は結合
(0022)

並びに解除(0023)識別記

号と組み合わせて用いてもよ
い。]

(Boom swing

Swing brake)

13.18 

ISO 7000-2091

バックホウブーム横移動基本
識別記号

(Boom side shift

Basic symbol)

13.19 

ISO 7000-1483

バックホウブーム側方移動−
左移動

(Boom side shift

Shift left)


18

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

13.20 

ISO 7000-1484

バックホウブーム側方移動−
右移動

(Boom side shift

Shift right)

13.21 

ISO 7000-1485

バックホウブーム側方移動−
側方移動ロック

[オン(5007)並びにオフ(5008),
オン・オフ(5010)又は結合
(0022)

並びに解除(0023)識別記

号と組み合わせて用いてもよ
い。]

(Boom side shift

Shift lock)

13.22 

ISO 7000-2249

バックホウオフセットブーム

左オフセット

(Offset boom swing
−Swing left)

13.23 

ISO 7000-2250

バックホウオフセットブーム

右オフセット

(Offset boom swing 
−Swing right)

13.24 

ISO 7000-2637

バックホウ掘削力増加

(Excavator/backhoe
, Power boost)

13.25 

ISO 7000-2638

バックホウ作業モード選択

(Excavator/backhoe
, Work mode 
selector)

 
 
 
 
 
 


19

A 8310-2

:2006

14 

ショベル系掘削機・フェースショベル作業装置識別記号(Excavator/shovel equipment symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

14.1 

ISO 7000-1487

フェースショベル基本識別記

(Shovel equipment
−Basic symbol)

14.2 

ISO 7000-1489

フェースショベルブーム上げ

(Boom

−Raise)

14.3 

ISO 7000-1488

フェースショベルブーム下げ

(Boom

−Lower)

14.4 

ISO 7000-1490

フェースショベルアーム押し

(Arm

−Out)

14.5 

ISO 7000-1491

フェースショベルアーム引き

(Arm

−In)

14.6 

ISO 7000-1492

フェースショベルバケットダ
ンプ

(Bucket

−Dump)

14.7 

ISO 7000-1493

フェースショベルバケット掘
削・積込み

(Bucket

Dig/rollback)

 


20

A 8310-2

:2006

15 

ローダバケット識別記号(Loader bucket symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

15.1 

ISO 7000-1437

ローダバケット基本識別記号

(Bucket

−Basic

symbol)

15.2 

ISO 7000-1438

ローダバケット上げ

(Bucket

−Raise)

15.3 

ISO 7000-1439

ローダバケット下げ

(Bucket

−Lower)

15.4 

ISO 7000-1440

ローダバケット保持

(Bucket

−Hold)

15.5 

ISO 7000-1441

ローダバケット浮き

(Bucket

−Float)

15.6 

ISO 7000-1442

ローダバケットダンプ

(Bucket

−Dump)

15.7 

ISO 7000-1443

ローダバケット積込み

(Bucket

Rollback)


21

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

15.8 

ISO 7000-2092

サイドダンプバケット基本識
別記号

(Side-dump bucket
−Basic symbol)

15.9 

ISO 7000-1449

サイドダンプバケットダンプ

(Side-dump bucket
−Dump)

15.10 

ISO 7000-1450

サイドダンプバケット戻し

(Side-dump bucket
−Return)

15.11 

ISO 7000-2093

サイドダンプバケット保持

(Side-dump bucket
−Hold)

15.12 

ISO 7000-1445

マルチパーパスバケット基本
識別記号

(Multi purpose 
bucket

−Basic

symbol)

15.13 

ISO 7000-1446

マルチパーパスバケット開

(Multi-purpose 
bucket

−Open)

15.14 

ISO 7000-1447

マルチパーパスバケット閉

(Multi-purpose 
bucket

−Close)


22

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

15.15 

ISO 7000-1448

マルチパーパスバケット保持

(Multi purpose 
bucket

−Hold)

16 

ダンパ(重ダンプトラック及び不整地運搬車)荷台識別記号(Dumper body symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用 

対応英語(参考)

16.1 

ISO 7000-2094

ダンパ荷台基本識別記号

(Dumper body

Basic symbol)

16.2 

ISO 7000-1519

ダンパ荷台上げ

(Dumper body

Raise)

16.3 

ISO 7000-1520

ダンパ荷台下げ

(Dumper body

Lower)

16.4 

ISO 7000-1521

ダンパ荷台保持

(Dumper body

Hold)

16.5 

ISO 7000-1522

ダンパ荷台浮き

(Dumper body

Float)

 
 
 
 


23

A 8310-2

:2006

17 

土工装置(リッパ及びスカリファイヤ)識別記号[Ground engaging equipment (ripper and scarifier) 

symbols] 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

17.1 

ISO 7000-2096

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)基本識別記号

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Basic symbol]

17.2 

ISO 7000-2097

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)上げ

[複数のリッパ及びスカリ
ファイヤは,アラビア数字
で明示する。例えば,“1
は,機械の最前部を示す。]

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Raise]

17.3 

ISO 7000-2098

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)下げ

[複数のリッパ及びスカリ
ファイヤは,アラビア数字
で明示する。例えば,“1
は,機械の最前部を示す。]

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Lower]

17.4 

ISO 7000-2099

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)保持

[複数のリッパ及びスカリ
ファイヤは,アラビア数字
で明示する。例えば,“1
は,機械の最前部を示す。]

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Hold]

17.5 

ISO 7000-2251

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)浮き

[複数のリッパ及びスカリ
ファイヤは,アラビア数字
で明示する。例えば,“1
は,機械の最前部を示す。]

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Float]

17.6 

ISO 7000-2252

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)ピッチイン

[複数のリッパ及びスカリ
ファイヤは,アラビア数字
で明示する。例えば,“1
は,機械の最前部を示す。]

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Pitch in]


24

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

17.7 

ISO 7000-2253

土工装置(リッパ又はスカ
リファイヤ)ピッチアウト

[複数のリッパ及びスカリ
ファイヤは,アラビア数字
で明示する。例えば,“1
は,機械の最前部を示す。]

[Ground-engaging 
equipment (ripper 
or scarifier)

Pitch out]

18 

ウィンチ識別記号(Winch symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

18.1 

ISO 7000-1176

ウィンチ基本識別記号

(Winch

−Basic

symbol)

18.2 

ISO 7000-1539

ウィンチ巻出し

(Winch

−Spool

out)

18.3 

ISO 7000-1538

ウィンチ巻込み

(Winch

−Spool

in)

18.4 

ISO 7000-1540

ウィンチ巻取りフリー

(Winch

−Free

spool)

19 

スカリファイヤ識別記号(Scarifier symbols) 

注記  スカリファイヤ識別記号は原国際規格 ISO 6405-2:1993/Amendment 1:1997 で削除され箇条 17 

含まれている。

 
 
 
 


25

A 8310-2

:2006

20 

トレンチャ識別記号(Trencher symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.1 

ISO 7000-2254

掘削ブーム基本識別記号

(Digging boom

Basic symbol)

20.2 

ISO 7000-2255

掘削ブーム上げ

(Digging boom

Raise)

20.3 

ISO 7000-2256

掘削ブーム下げ

(Digging boom

Lower)

20.4 

ISO 7000-2257

掘削チェーン前方回転

(Digging chain

Forward rotation)

20.5 

ISO 7000-2258

掘削チェーン後方回転

(Digging chain

Reverse rotation)

20.6 

ISO 7000-2259

掘削チェーン外し

(Digging chain

Disengage)

20.7 

ISO 7000-2260

トレンチャ側方移動基本
識別記号

(Trencher

−Side

shift

−Basic

symbol)


26

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.8 

ISO 7000-2261

トレンチャ左移動

(Trencher

−Side

shift

−Shift left)

20.9 

ISO 7000-2262

トレンチャ右移動

(Trencher

−Side

shift

−Shift right)

20.10 

ISO 7000-2263

トレンチャ側方移動固定

(Trencher

−Side

shift

−Shift lock)

20.11 

ISO 7000-2264

トレンチャトレンチクリ
ーナ基本識別記号

(Trencher

Trench cleaner

Basic symbol)

20.12 

ISO 7000-2265

トレンチャトレンチクリ
ーナ上げ

(Trencher

Trench cleaner

Raise)

20.13 

ISO 7000-2266

トレンチャトレンチクリ
ーナ下げ

(Trencher

Trench cleaner

Lower)

20.14 

ISO 7000-2267

コンベヤ基本識別記号

(Conveyor

Basic symbol)


27

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.15 

ISO 7000-2268

コンベヤ外側移動

(Conveyor

−Side

shift

−Shift out)

20.16 

ISO 7000-2269

コンベヤ内側移動

(Conveyor

−Side

shift

−Shift in)

20.17 

ISO 7000-2270

コンベヤ左回転

(Conveyor

−Left

rotation)

20.18 

ISO 7000-2271

コンベヤ右回転

(Conveyor

Right rotation)

20.19 

ISO 7000-2272

ディスクトレンチャ基本
識別記号

(Disk trencher

Basic symbol)

20.20 

ISO 7000-2273

ディスクトレンチャ上げ

(Disk trencher

Raise)

20.21 

ISO 7000-2274

ディスクトレンチャ下げ

(Disk trencher

Lower)


28

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.22 

ISO 7000-2275

ディスクトレンチャ前方
回転

(Disk trencher

Forward rotation)

20.23 

ISO 7000-2276

ディスクトレンチャ後方
回転

(Disk trencher

Reverse rotation)

20.24 

ISO 7000-2277

ディスクトレンチャ外し

(Disk trencher

Disengage)

20.25 

ISO 7000-2278

ディスクトレンチャスタ
ビライザ基本識別記号

(Disk trencher

Stabilizer

−Basic

symbol)

20.26 

ISO 7000-2279

ディスクトレンチャスタ
ビライザ上げ

(Disk trencher

Stabilizer

−Raise)

20.27 

ISO 7000-2280

ディスクトレンチャスタ
ビライザ下げ

(Disk trencher

Stabilizer

Lower)

20.28 

ISO 7000-2281

ディスクトレンチャトレ
ンチクリーナ基本識別記

(Disk trencher

Trench cleaner

Basic symbol)


29

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.29 

ISO 7000-2282

ディスクトレンチャトレ
ンチクリーナ上げ

(Disk trencher

Trench cleaner

Raise)

20.30 

ISO 7000-2283

ディスクトレンチャトレ
ンチクリーナ下げ

(Disk trencher

Trench cleaner

Lower)

20.31 

ISO 7000-1462

プラウ基本識別記号

(Direct burial 
plough

−Basic

symbol)

20.32 

ISO 7000-1463

プラウ上げ

(Direct burial 
plough

−Raise)

20.33 

ISO 7000-1464

プラウ下げ

(Direct burial 
plough

−Lower)

20.34 

ISO 7000-2284

プラウ浮き

(Direct burial 
plough

−Vertical

float)

20.35 

ISO 7000-1466

プラウピッチイン

(Direct burial 
plough

−Pitch in)


30

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.36 

ISO 7000-1467

プラウピッチアウト

(Direct burial 
plough

−Pitch

out)

20.37 

ISO 7000-2285

プラウ振動付加

(Direct burial 
plough

−Vibrator

−Engage)

20.38 

ISO 7000-2286

プラウ振動除去

(Direct burial 
plough

−Vibrator

−Disengage)

20.39 

ISO 7000-2287

プラウ揺動基本識別記号

(Direct burial 
plough

−Plough

swing

−Basic

symbol)

20.40 

ISO 7000-2288

プラウ左揺動

(Direct burial 
plough

−Plough

swing

−Swing

left)

20.41 

ISO 7000-2289

プラウ右揺動

(Direct burial 
plough

−Plough

swing

−Swing

right)

20.42 

ISO 7000-2290

プラウ揺動横方向浮き

(Direct burial 
plough

−Plough

swing

−Lateral

float)


31

A 8310-2

:2006

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

20.43 

ISO 7000-2291

プラウブレード左操向

(Direct burial 
plough

−Plough

blade

−Steer left)

20.44 

ISO 7000-2292

プラウブレード右操向

(Direct burial 
plough

−Plough

blade

−Steer

right)

20.45 

ISO 7000-2293

リールキャリア上げ

(Reel carrier

Raise)

20.46 

ISO 7000-2294

リールキャリア下げ

(Reel carrier

Lower)

21 

油圧シリンダ識別記号(Hydraulic cylinder symbols) 

ISO / IEC 

登録番号 

識別記号 

識別記号の内容記述・適用  対応英語(参考)

21.1 

ISO 7000-2642

油圧シリンダロック

(Hydraulic 
cylinder

−Lock)

21.2 

ISO 7000-2643

油圧シリンダロック解除

(Hydraulic 
cylinder

Unlock)

参考文献  [1] ISO 7000, Graphical symbols for use on equipment — Index and synopsis 

[2] IEC 60417, Graphical symbols for use on equipment

1)

[3] http://www.graphical-symbols.info/

1)

は,IEC 及び ISO ウェブサイト[3]上のデータベースとして発行。


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS A 8310-2 : 2006

  土工機械−操縦装置及び表示用識別記号−第 2 部:特定機種,

作業装置及び附属品識別記号

ISO 6405-2:1993

  Earth-moving machinery−Symbols for operator controls and other

displays

−Part 2: Specific symbols for machines, equipment and accessories

ISO 6405-2:1993/Amd 1:1997

ISO 6405-2:1993/Amd 2:2004

  Additional symbols

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

1

適 用 範

適用範囲を規定。

1

JIS

に同じ。

一致

2

引 用 規

2

一部で旧規格を引用又は

規定で参照しない規格を
掲載

ISO 6165 

ISO 6405-1 

ISO 3461-1(IEC 80416-1)

ISO 4196(ISO 80416-2)

ISO 7000 

IEC 417 

変更

ISO

規格で引用の旧規格を最

新の規格に置き換え,また,規
定項目で参照しない規格を省
略。

JIS A 8310-1

に合わせ,参考文

献とした。

対応国際規格の発行が古く,アッ

プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

3

用 語 及

び定義

JIS A 8310-1

の用語

及び定義を適用。

3

JIS

に同じ。

一致

4

通則

通則を規定。

4

4.3

識 別 記 号 の わ ず か
な変更を許容。

4.3

旧規格 ISO 3461-1 を参
照。

変更

ISO

規格で引用の ISO 3461-1

を置き換えた JIS Z 8221-1 

び JIS Z 8221-3 を参照。

対応国際規格の発行が古く,アッ
プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

4.4

識 別 記 号 の 寸 法 に

関して規定。

 4.4

旧規格 ISO 3461-1 を参

照。

変更

JIS Z 8221-3

を参照。

対応国際規格の発行が古く,アッ

プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

32

A

 8

310

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3

0

A

 8

310

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3


1

A 8310-2

:2006

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

4.9

識別記号の原形(図

記号原形)の創作に
ついて規定

 4.9

旧規格 ISO 3461-1 及び旧

規格 ISO 4196 を参照。

変更

ISO

規格で引用の ISO 3461-1

を置き換えた JIS Z 8221-1,引
用の ISO 4196 を置き換えた

JIS Z 8221-2

及び JIS Z 8221-3

を参照。

対応国際規格の発行が古く,アッ

プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

4.11

識 別 記 号 の 寸 法 に
ついて記述

 4.11

コーナマークで囲う寸法
で 参 照 規 格 の 記 述 を 欠

く。

変更

ISO

規格では参照していない

JIS Z 8221-1

を参照

対応国際規格の発行が古く,アッ
プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

  4.12

JIS

にない記号入手に関

する記述。

削除

ISO

規格の記述は現状を反映

していないので削除

対応国際規格の発行が古く,アッ

プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

5

色彩

識 別 記 号 の 色 彩 に

ついて規定

 5

JIS

に同じ。

一致

6

ス タ ビ

ラ イ ザ 識
別記号

ス タ ビ ラ イ ザ の 識

別記号を規定

 6

JIS

に同じ。

変更

登録番号を JIS A 8310-1 に合

わせ ISO 7000 の番号に変更し
た。

実質的な差異はない。

7

ア ウ ト

リ ガ 識 別
記号

ア ウ ト リ ガ の 識 別

記号を規定

 7

JIS

に同じ。

一致

7.4

ア ウ ト リ ガ − 右 ビ
ー ム 張 出 し − 水 平
伸 ば し だ け の 識 別

記号を規定

 7.4

ISO/IEC

識別番号は旧表

示の“0746 second version”
を記載。

変更 ISO/IEC

識別番号は現行表示

で“0746-B”を記載。

対応国際規格の発行が古く,アッ
プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

7.5

ア ウ ト リ ガ − 右 ビ
ー ム 格 納 − 水 平 縮

め だ け の 識 別 記 号
を規定

 7.5

ISO/IEC

識別番号は旧表

示の“0747 second version”

を記載。

変更 ISO/IEC

識別番号は現行表示

で“0747-B”を記載。

対応国際規格の発行が古く,アッ
プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

7.8

ア ウ ト リ ガ − 右 ジ
ャ ッ キ 張 出 し − 垂
直 伸 ば し だ け の 識

別記号を規定

 7.5

ISO/IEC

識別番号は旧表

示の“0750 second version” 
を記載。

変更 ISO/IEC

識別番号は現行表示

で“0750-B”を記載。

対応国際規格の発行が古く,アッ
プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

1

A 8

3

1

0

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3

33

A

 8

310

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3


2

A 8310-2

:2006

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

7.9

ア ウ ト リ ガ − 右 ジ

ャ ッ キ 格 納 − 垂 直
縮 め だ け の 識 別 記
号を規定。

 7.9

ISO/IEC

識別番号は旧表

示の“0751 second version” 
を記載。

変更 ISO/IEC

識別番号は現行表示

で“0751-B”を記載。

対応国際規格の発行が古く,アッ

プ デ ー ト が 必 要 な の で , 今 後

Amendment

などを提案。

8

ク ラ ム

シ ェ ル バ
ケ ッ ト 識

別記号

ク ラ ム シ ェ ル バ ケ
ッ ト の 識 別 記 号 を
規定。

 8

JIS

に同じ。

一致

9

グ ラ ッ

プ ル 識 別
記号

グ ラ ッ プ ル の 識 別

記号を規定。

9

JIS

に同じ。

一致

10

ブルド

ー ザ 排 土
板 識 別 記

ブ ル ド ー ザ 排 土 板

の識別記号を規定。

10

JIS

に同じ。

一致

11

グレー

ダ 作 業 装

置 識 別 記

グ レ ー ダ 作 業 装 置
の識別記号を規定。

11

JIS

に同じ。

一致

12

スクレ

ー パ 作 業
装 置 識 別
記号

ス ク レ ー パ 作 業 装

置 の 識 別 記 号 を 規
定。

12

JIS

に同じ。

一致

13

ショベ

ル 系 掘 削
機・バック

ホ ウ 作 業
装 置 識 別
記号

シ ョ ベ ル 系 掘 削
機・バックホウ作業
装 置 の 識 別 記 号 を

規定。

13

JIS

に同じ。

一致

34

A 8

3

1

0

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3

2

A

 8

310

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3


3

A 8310-2

:2006

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

14

ショベ

ル 系 掘 削
機・フェー
ス シ ョ ベ

ル 作 業 装
置 識 別 記

シ ョ ベ ル 系 掘 削

機・フェースショベ
ル 作 業 装 置 の 識 別
記号を規定。

14

JIS

に同じ。

一致

15

ローダ

バ ケ ッ ト
識別記号

ロ ー ダ バ ケ ッ ト の
識別記号を規定。

15

JIS

に同じ。

一致

16

ダンパ

( 重 ダ ン

プ ト ラ ッ
ク 及 び 不
整 地 運 搬

車)荷台識
別記号

ダンパ(重ダンプト
ラ ッ ク 及 び 不 整 地

運搬車)荷台の識別
記号を規定。

16

JIS

に同じ。

一致

17

土工装

置(リッパ
及 び ス カ
リ フ ァ イ

ヤ)識別記

土工装置(リッパ及

びスカリファイヤ)
の識別記号を規定。

17

JIS

に同じ。

一致

18

ウィン

チ 識 別 記

ウ ィ ン チ の 識 別 記
号を規定。

10

JIS

に同じ。

一致

19

スカリ

フ ァ イ ヤ
識別記号

規定なし。

19 1993

年版の規定は 1997

年の Amendment 1 で削除
され,JIS に同じ。

一致

3

A 8

3

1

0

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3

35

A

 8

310

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3


4

A 8310-2

:2006

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

20

トレン

チ ャ 識 別
記号

ト レ ン チ ャ の 識 別

記号を規定。

 20

JIS

に同じ。

一致

21

油圧シ

リ ン ダ 識
別記号

油 圧 シ リ ン ダ の 識

別記号を規定。

 20

JIS

に同じ。

一致

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 6405-2:1993,Amd 1(1997),Amd 2(2004):MOD

被引用法規

関連する法規

関連する外国規格

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

36

A 8

3

1

0

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3

4

A

 8

310

-2


000

0 IS


6

405

-2


199

3