>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 6914:2008

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 6914:1997 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 A

6914

:2008

せっこうボード用目地処理材

(追補1)

Jointing materials for gypsum plasterboards

(Amendment 1)

JIS A 6914:1997 を,次のように改正する。

序文の“この規格は,せっこうボード製品の目地処理材として 1985 年に制定されたが,1995 年に JIS Z 8301

(規格票の様式)によって形式的に改正された。今回の改正では”を,

“この規格は,せっこうボード製品

の目地処理材として 1985 年に制定されたが,今回の改正は,被引用規格の見直しによって形式的に改正さ

れた。前回の改正(1997 年)では”に置き換える。

1.(適用範囲)の備考の全文を削除し,更に本体の{  }内に示した従来単位による併記をすべて削除する。 

2.(引用規格)の JIS P 8113 紙及び板紙の引張強さの試験方法を,JIS P 8113 紙及び板紙−引張特性の試験

方法−第 2 部:定速伸張法に置き換える。

2.(引用規格)の JIS Z 8801 試験用ふるいを,JIS Z 8801-1 試験用ふるい−第 1 部:金属製網ふるいに置

き換える。

6.2(粉末度試験)の“JIS Z 8801 に規定する呼び寸法 500 µm のふるい”を,“JIS Z 8801-1 に規定する公

称目開き 500 µm のふるい”に置き換える。