>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

   

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 6511:2002 は改正され,一部が置き換えられた。


 

   

日本工業規格

JIS

 A

6511

:2008

空胴プレストレストコンクリートパネル

追補 1)

Prestressed concrete hollow cored panels

(Amendment 1)

JIS A 6511:2002 を,次のように改正する。

2.(引用規格)の JIS A 1132  コンクリートの強度試験用供試体の作り方を,JIS A 1132  コンクリート強度

試験用供試体の作り方に置き換える。

6.1(セメント)の“JIS R 5210 に適合するポルトランドセメント及び白色セメントとする。”を,“JIS R 5210

に規定する普通ポルトランドセメント,又は JIS R 5210 に規定する物理的特性と同等以上の白色セメント

とする。

”に置き換える。

8.3(透水性)の“JIS A 5406 の 7.4(透水性試験)の規定による”を,“JIS A 5406 の 7.5(透水性試験)の

規定による”に置き換える。

9.2(コンクリートの強度検査)の a)

の 2 行目の“JIS A 1132 によりにくい超硬練りコンクリートの場合は,

を,

JIS A 1132 による方法で,詰めにくい超硬練りコンクリートの場合は,

”に置き換える。