>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 6509

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS A 6509:1994 は改正され,一部が置き換えられた。


A 6509

:2006

(2) 

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 A

6509

:2006

建築用構成材(木質屋根パネル)

(追補 1)

Building components (Wood panel for roof)

(Amendment 1)

JIS A 6509:1994

を,次のように改正する。

表 8(使用材料の品質)の普通合板の日本農林規格を,合板の日本農林規格に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の構造用合板の日本農林規格を,削除する。

表 8(使用材料の品質)の特殊合板の日本農林規格を,削除する。

表 8(使用材料の品質)の石綿スレート板を,スレート板に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の JIS A 5403 を,JIS A 5430 に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の JIS A 5417 を,JIS A 5404 に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の JIS A 9505 を,JIS A 9504 に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の JIS A 9514 を,JIS A 9511 に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の JIS K 6402 を,削除する。 

表 8(使用材料の品質)のコーキング材を,シーリング材に置き換える。

表 8(使用材料の品質)の JIS A 5751 を,削除する。

表 8(使用材料の品質)の JIS K 6802 を,JIS A 5538 に置き換える。


2

A 6509

:2006

   

表 8(使用材料の品質)の以下の文を,削除する。

レゾルシノール樹脂

エポキシ樹脂        JIS K 6802 と同等又は同等以上の性能をもつもの。

7.3.2

の JIS A 1418 を,JIS A 1418-1 に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 0004 建築のモデュール割りの原則を,JIS A 0004 建築のモデュラーコーディ

ネーションの原則に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 1418 建築物の現場における床衝撃音レベルの測定方法を,JIS A 1418-1 建築物

の床衝撃音遮断性能の測定方法−第 1 部:標準軽量衝撃源による方法に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 5403 石綿スレートを,JIS A 5430 繊維強化セメント板に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 5404 木毛セメント板を,JIS A 5404 木質系セメント板に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 5417 木片セメント板を,削除する。

付表 1(引用規格)の JIS A 5751 建築用油性コーキング材を,削除する。

付表 1(引用規格)の JIS A 9504 ロックウール保温材を,JIS A 9504 人造鉱物繊維保温材に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 9505 グラスウール保温材を,削除する。 

付表 1(引用規格)の JIS A 9511 ポリスチレンフォーム保温材を,JIS A 9511 発泡プラスチック保温材に

置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS A 9514 硬質ウレタンフォーム保温材を,削除する。

付表 1(引用規格)の JIS K 6402 衣料用軟質ウレタンフォームを,削除する。

付表 1(引用規格)の JIS K 6802 フェノール樹脂木材接着剤を,JIS A 5538 壁・天井ボード用接着剤に置

き換える。