>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 6205

:2013

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 6205:2003 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 A

6205

:2013

鉄筋コンクリート用防せい剤

(追補 1)

Corrosion inhibitor for reinforcing steel in concrete

(Amendment 1)

JIS A 6205:2003

を,次のように改正する。

5.3.1

(コンクリートの材料)b)(骨材)の

表 2(骨材の品質)の注(

2

)

の“JIS A 5005 の 5.8(粒形判定実積

率試験)

”を,

JIS A 5005 の 6.6(粒形判定実積率試験)

”に置き換える。

5.4

[塩化物イオン(Cl

)量]の“JIS A 6204 

附属書 3[コンクリート用化学混和剤中に含まれる塩化物

イオン(Cl

)量の試験方法]

”を,

JIS A 6204 

附属書 A[化学混和剤中に含まれる塩化物イオン(Cl

量の試験方法]

”に置き換える。

5.5

(全アルカリ量)の“JIS A 6204 

附属書 4(コンクリート用化学混和剤中に含まれるアルカリ量の試験

方法)

”を,

JIS A 6204 

附属書 B(化学混和剤中に含まれるアルカリ量の試験方法)”に置き換える。

5.5

(全アルカリ量)の

注(

10

)

の“JIS A 6204 

附属書 の 4.5(計算)”を,

JIS A 6204 

附属書 の B.3.5(計

算)

”に置き換える。

付表 1(引用規格)の“JIS A 1132  コンクリートの強度試験用供試体の作り方”を,“JIS A 1132  コンク

リート強度試験用供試体の作り方”に置き換える。

付表 1(引用規格)の“JIS Z 8801-1  試験用ふるい−第一部;金属網ふるい”を,“JIS Z 8801-1  試験用

ふるい−第 1 部:金属製網ふるい”に置き換える。

附属書 1(鉄筋の塩水浸せき試験方法)の 2.3(直流電位差計)の“JIS Z 8805 の 6.1.1(高入力抵抗電圧計)”

を,

JIS Z 8805 の 7.1.1(高入力抵抗電圧計)

”に置き換える。

附属書 1(鉄筋の塩水浸せき試験方法)の 2.4(比較電極)の“JIS Z 8805 の 4.2(比較電極の性能)”を,

JIS Z 8805 の 5.2(比較電極の性能)

”に置き換える。

附属書 1(鉄筋の塩水浸せき試験方法)の 3.1.2(水)の“JIS K 0050 の 7.3(水)”を,“JIS K 0050 の 7.1


2

A 6205

:2013

   

(水及び試薬)

”に置き換える。