>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 6201:2015

(1)

目  次

ページ

1  適用範囲  

1

2  引用規格  

1

3  用語及び定義  

1

4  種類 

2

5  品質 

2

6  品質の均一性  

3

7  試料 

3

8  試験方法  

3

8.1  二酸化けい素含有量  

3

8.2  湿分  

4

8.3  強熱減量  

4

8.4  密度  

4

8.5  粉末度  

4

8.6  フロー値比  

5

8.7  活性度指数  

5

9  検査 

5

10  包装  

5

11  表示  

5

12  報告  

5

附属書 A(規定)フライアッシュの二酸化けい素含有量の蛍光 線分析方法  

7

附属書 B(規定)45 μm ふるい残分試験方法(網ふるい方法)  

11

附属書 C(規定)フライアッシュのモルタルによるフロー値比及び活性度指数の試験方法  

13

附属書 D(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表  

16


 
A 6201:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本フライアッシ

ュ協会及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これに

よって,JIS A 6201:2008 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 A

6201

:2015

コンクリート用フライアッシュ

Fly ash for use in concrete

適用範囲 

この規格は,コンクリート又はモルタルに混和材料として用いるフライアッシュ(以下,フライアッシ

ュという。

)について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 6201  化学分析用白金るつぼ 
JIS K 0050  化学分析方法通則 
JIS K 0119  蛍光 X 線分析通則

JIS K 8180  塩酸(試薬) 
JIS K 8615  炭酸カリウム(試薬) 
JIS K 8625  炭酸ナトリウム(試薬)

JIS K 8863  ほう酸(試薬) 
JIS M 8819  石炭類及びコークス類−機器分析装置による元素分析方法 
JIS P 3801  ろ紙(化学分析用)

JIS Q 0030  標準物質に関連して用いられる用語及び定義 
JIS R 1301  化学分析用磁器るつぼ 
JIS R 1302  化学分析用磁器蒸発ざら

JIS R 1603  ファインセラミックス用窒化けい素微粉末の化学分析方法 
JIS R 5201  セメントの物理試験方法 
JIS R 5210  ポルトランドセメント

JIS Z 1505  クラフト紙袋−セメント用 
JIS Z 8801-1  試験用ふるい−第 1 部:金属製網ふるい

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1 

基準モルタル 

フライアッシュの品質の試験において,普通ポルトランドセメントを用いて作製した基準とするモルタ

ル。



A 6201:2015

3.2 

試験モルタル 

フライアッシュの品質の試験において,普通ポルトランドセメントと試験の対象とするフライアッシュ

とを用いて作製したモルタル。

3.3 

フロー値比 

基準モルタルのフロー値に対する試験モルタルのフロー値の比を百分率で表したもの。

3.4 

活性度指数 

基準モルタルの圧縮強度に対する試験モルタルの圧縮強度の比を百分率で表したもの。

種類 

フライアッシュの種類は,次の 4 種類とする。

a)  フライアッシュ I 種

b)  フライアッシュ II 種 
c)  フライアッシュ III 種 
d)  フライアッシュ IV 種

品質 

フライアッシュの品質は,箇条 によって試験を行ったとき,

表 の規定に適合しなければならない。

表 1−フライアッシュの品質 

項目

フライアッシュ

I 種

フライアッシュ

II 種

フライアッシュ

III 種

フライアッシュ

IV 種

二酸化けい素含有量

a)

 %

45.0 以上

湿分 %

1.0 以下

強熱減量

b)

 %

3.0 以下 5.0 以下 8.0 以下 5.0 以下

密度 g/cm

3

 1.95 以上

粉末度

c)

網ふるい方法

(45

μm ふるい残分)

%

10 以下 40 以下 40 以下 70 以下

ブレーン方法(比表面積) 5

000 以上 2

500 以上 2

500 以上 1

500 以上

cm

2

/g

フロー値比 %

105 以上 95 以上 85 以上 75 以上

活性度指数 %

材齢 28 日 90 以上 80 以上 80 以上 60 以上

材齢 91 日 100 以上 90 以上 90 以上 70 以上

a)

  二酸化けい素含有量は,溶解質量分析方法又は蛍光 X 線分析方法による。

b)

  強熱減量に代えて,未燃炭素含有率の測定を JIS M 8819 又は JIS R 1603 に規定する方法で行い,その結果に

対し,強熱減量の規定値を適用してもよい。

c)

  粉末度は,網ふるい方法又はブレーン方法による。ただし,網ふるい方法による場合は,ブレーン方法によ

る比表面積の試験結果を参考値として併記する。


3

A 6201:2015

品質の均一性 

品質の均一性は,粉末度について次のとおりとする。

a)  粉末度を網ふるい方法によって評価する場合,45

μm ふるい残分は提出見本の値より 5 %を超えて異

ならない。

b)  粉末度をブレーン方法によって評価する場合,比表面積は提出見本の値より 450 cm

2

/g を超えて異な

らない。

なお,提出見本の値は,受渡当事者間で取り決めた基準の値である。

試料 

試料は,JIS R 5201 の箇条 5(試料)によって採取し,調整をする。

試験方法 

8.1 

二酸化けい素含有量 

二酸化けい素含有量は,次の溶解質量分析方法又は蛍光 X 線分析方法による。

8.1.1 

溶解質量分析方法 

溶解質量分析方法による二酸化けい素含有量の試験は,次のとおり行う。

a)  試料約 0.5 g を JIS H 6201 に規定する一般用白金るつぼ(PTCR20,PTCR25 又は PTCR30)に 0.1 mg

まで正しく量り採る(m

1

b)  これに JIS K 8625 に規定する炭酸ナトリウム及び JIS K 8615 に規定する炭酸カリウムによる混合融剤

[質量で炭酸ナトリウム(無水)1+炭酸カリウム 1]3∼5 g を加えて試料と均一に混合し,更に少量

の混合融剤で混合物の上を覆う。

c)  るつぼに蓋をして,徐々に加熱し,内容物が融解してから更に 20∼30 分間強熱を続ける。 
d)  るつぼを放冷し,融解物をるつぼから離して JIS R 1302 に規定する磁器蒸発皿(120 mm)に移し,る

つぼ及び蓋を少量の塩酸(1+1)及び温水で洗って洗浄液を磁器蒸発皿に加える。

e)  磁器蒸発皿を時計皿で覆い,JIS K 8180 に規定する塩酸 15∼20 ml を少しずつ静かに加えて融解物を

溶かした後,磁器蒸発皿中の溶液を水浴上で蒸発乾固する。このとき,乾いた内容物が大きな塊にな

らないようにガラス棒で突き砕いてときどきかき混ぜる。蒸発乾固は完全に行う。

f)  放冷後,塩酸約 10 ml を加えてかき混ぜ 1∼2 分間静置した後,水を加えて約 100 ml とし,水浴上で

約 5 分間加熱して可溶性塩類を溶かす。

g)  これを,JIS P 3801 に規定するろ紙(5 種 B  直径 110 mm)でろ過し,洗浄液に塩素イオンがほとん

ど認められなくなるまで温水で洗浄する。

注記  温水を用いた繰り返し洗浄回数は 10∼12 回でよい。

h)  ろ液及び洗浄液を磁器蒸発皿に移し,再び水浴上で蒸発乾固し,最後に空気浴中に入れて 110∼115  ℃

で 1 時間加熱した後,前と同様に操作してろ過する。

i)

g)  及び h)  で得た沈殿物をるつぼに入れて乾燥し,徐々に加熱して炎の出ないように注意しながらろ

紙を灰化した後,1 000±50  ℃に調節した電気炉で 1 時間強熱し,デシケーター中で放冷した後,質

量を 0.1 mg まではかる(m

2

j)  二酸化けい素含有量は,次の式によって算出し,四捨五入によって小数点以下 1 桁に丸める。

100

1

2

×

=

m

m

A



A 6201:2015

ここに,

A

二酸化けい素含有量(

%

m

1

試料の質量(

g

m

2

沈殿の質量(

g

8.1.2 

蛍光 線分析方法 

蛍光

X

線分析方法による二酸化けい素含有量の試験は,

附属書 による。

8.2 

湿分 

湿分の試験は,次のとおり行う。

a)

試料約

2 g

を平形はかり瓶(

50 mm

)に

0.1 mg

まで正しく量り採って(

m

3

)薄く広げ,蓋を取って

105

110

℃に調節した空気浴中で

2

時間乾燥し,蓋をしてデシケーター中で放冷した後,質量をはかる。

b)

更に

1

時間ずつ乾燥を繰り返し,恒量になったときの減量(

m

4

)を求める。

なお,恒量とは,乾燥を繰り返した,その前後の質量差が

0.5 mg

以下になったときをいう。

c)

湿分は次の式によって算出し,四捨五入によって小数点以下

1

桁に丸める。

100

3

4

×

=

m

m

B

ここに,

B

湿分(

%

m

3

試料の質量(

g

m

4

恒量になったときの減量(

g

8.3 

強熱減量 

強熱減量の試験は次のとおり行う。

なお,JIS M 8819 又は JIS R 1603 に規定する方法で未燃炭素含有率を測定し,強熱減量の規定値を適用

してもよい。

a)

試料約

1 g

を JIS R 1301 に規定する化学分析用磁器るつぼ(容量

15 ml

)に

0.1 mg

まで正しく量り採

り(

m

5

975

±

25

℃に調節した電気炉で

15

分間強熱し,デシケーター中で放冷した後,質量をはか

る。

b)

更に

15

分ずつ強熱を繰り返して,恒量になったときの減量(

m

6

)から次の式によって強熱減量を算

出し,四捨五入によって小数点以下

1

桁に丸める。

なお,恒量とは,強熱を繰り返した,その前後の質量差が

0.5 mg

以下になったときをいう。

B

m

m

C

×

=

100

5

6

ここに,

C

強熱減量(

%

m

5

試料の質量(

g

m

6

恒量になったときの減量(

g

B

湿分(

%

8.4 

密度 

密度の試験は,JIS R 5201 の箇条 7(密度試験)による。ただし,試料は

70 g

0.1 g

まで量り採る。

なお,セメントの場合よりも空気が抜けにくいので,空気を十分に追い出すように注意しなければなら

ない。

8.5 

粉末度 

粉末度は,次の網ふるい方法又はブレーン方法による。

8.5.1 

網ふるい方法(45 

μ

ふるい残分) 

網ふるい方法による

45

μm

ふるい残分の試験は,

附属書 による。

8.5.2 

ブレーン方法(比表面積) 


5

A 6201:2015

ブレーン方法による比表面積の試験は,JIS R 5201 の 8.1(比表面積試験)による。ただし,試料の質量

は,そのポロシティーがセメントの標準試料のポロシティーにできるだけ近くし,更に,供試圧縮体がセ

メントの場合と同程度の圧力で詰められる程度の量となるように量り採る。

注記

セメントの標準試料は,一般社団法人セメント協会が提供している。

8.6 

フロー値比 

フロー値比の試験は,

附属書 による。

8.7 

活性度指数 

活性度指数の試験は,

附属書 による。

検査 

フライアッシュの検査は,合理的な抜取検査方式によって試料を抜き取り,箇条 に規定する試験を行

い,箇条 及び箇条 に適合したものを合格とする。

10 

包装 

フライアッシュを包装する場合は,JIS Z 1505 に規定するセメントクラフト紙袋又はこれと同等以上の

ものを使用する。

11 

表示 

フライアッシュを包装する場合は,紙袋などに,包装しない場合は送り状に,次の事項を表示する。

なお,出荷日は,受渡当事者間の協定によって,適当な形式の表示を記入することができる。

a)

名称(種類)

b)

正味質量

c)

製造業者名

12 

報告 

製造業者は,購入者から要求があった場合は,試験成績表を提出しなければならない。また,品質の均

一性についても同様とする。試験成績表の様式の一例を

表 に示す。

なお,用紙の大きさは,日本工業規格

A

4

番(

210 mm

×

297 mm

)とする。



A 6201:2015

表 2−試験成績表の様式の一例 

フライアッシュの試験成績表

年      月度

製造業者名

項目

JIS A 6201 による規定値

※  該当の種類を○で囲む

試験値

フライアッシュ

I 種

フライアッシュ

II 種

フライアッシュ

III 種

フライアッシュ

IV 種

二酸化けい素含有量

a)

 %

45.0 以上 45.0 以上 45.0 以上 45.0 以上

湿分 %

1.0 以下 1.0 以下 1.0 以下 1.0 以下

強熱減量

b)

 %

3.0 以下 5.0 以下 8.0 以下 5.0 以下

密度 g/cm

3

 1.95 以上 1.95 以上 1.95 以上 1.95 以上

粉末度

c)

  網ふるい方法

(45

μm ふるい残分)%

10 以下 40 以下 40 以下 70 以下

ブレーン方法

(比表面積)

 cm

2

/g

5 000 以上 2

500 以上 2

500 以上 1

500 以上

フロー値比 %

105 以上 95 以上 85 以上 75 以上

活性度指数 %

材齢 28 日 90 以上 80 以上 80 以上 60 以上

材齢 91 日 100 以上 90 以上 90 以上 70 以上

 

a)

  蛍光 X 線分析方法による場合は,その試験値に(XRF)と付記する。

b)

  未燃炭素測定による場合は,その試験値に(炭素)と付記する。

c)

  粉末度は,網ふるい方法又はブレーン方法による。ただし,粉末度を網ふるい方法による場合は,ブレ

ーン方法による比表面積の試験結果を参考値として併記する。

連絡先  社名・担当部門 

所    在    地

電  話  番  号


7

A 6201:2015

附属書 A

(規定)

フライアッシュの二酸化けい素含有量の蛍光 X 線分析方法

A.1  一般事項 

分析に関する一般事項は,JIS K 0050 及び JIS K 0119 によるほか,次による。

a)  分析数  分析は,

2

枚一組の粉末加圧成形体による測定とする。

b)  質量の表記  質量は,グラム(

g

)で表し,小数点以下

3

桁まで示す。

A.2  標準物質及びバインダ 
A.2.1  
標準物質 

標準物質は,JIS Q 0030 の標準物質(

RM

)の定義を満足するものを用いる。

注記

標準物質は,独立行政法人産業技術総合研究所で提供している。

A.2.2  バインダ 

粉末加圧成形体を調製する際には,バインダとして JIS K 8863 に規定するほう酸を用いる。

A.3  装置及び器具 
A.3.1  
天びん(秤) 

天びん(秤)は,

0.001 g

まで計量できるものとする。

A.3.2  粉砕・混合装置 

粉砕・混合には,自動乳鉢又は振動ミルを使用する。

A.3.3  粉末加圧成形体の調製ジグ 

加圧成形型を載せるプレスダイス及び加圧成形型は,きず及び汚れがないものを使用する。プレスダイ

スは,表面を平滑に仕上げたもので,使用するとき表面の平滑性を常に保つようにする。加圧成形型は,

塩化ビニル製又はアルミニウム製で圧密時に柔軟に変形するものを使用する。

A.3.4  粉末加圧成形体を調製する時に使用する圧密装置 

圧密装置は,A.6.2 c)

を行うことができる装置を使用する。

注記

内径

30 mm

程度の加圧成形型を用いる場合には,

200 kN

程度の力をかけることができる装置が

必要である。

A.3.5  蛍光 線分析装置 

蛍光

X

線分析装置は,JIS K 0119 で規定するもので,二酸化けい素について十分な感度で測定できるも

のを使用する。

A.4  測定条件 

試料の種類,装置の種類などに応じて,適切な感度が得られ,所定の測定精度を満足できる測定条件を

設定する。

注記

表 A.1 に測定条件の一例を示す。



A 6201:2015

表 A.1−測定条件の一例 

分析線

波長

(nm)

分光素子

検出器

X 線通路

X 線管球

測定時間

SiK α

1

 0.712

5  PET  ガスフロー形

比例計数管

真空 Rh ターゲット 40 秒

A.5  試料 

試料は,平均品質を表すように箇条 の試料を更に縮分したフライアッシュを用いる。

A.6  粉末加圧成形体の調製 
A.6.1  
要旨 

粉末加圧成形体の測定面の均一性を確保できるように,検量線用試料又は試料とバインダとを混合し,

粉砕する。

A.6.2  粉末加圧成形体の調製方法 

粉末加圧成形体は,次のとおり調製する。

a)  試料の量り採り  検量線用試料又は試料とバインダとの質量比が

10

1

となるように,

0.001 g

までそ

れぞれ正しく量り採る。

b)  粉砕・混合操作  量り採った検量線用試料又は試料とバインダとを,自動乳鉢の容器又は振動ミルに

入れ,十分に粉砕・混合を行う。

なお,検量線用試料又は試料の粉砕・混合は,同一の装置及び同一の時間で行う。

注記

粉砕・混合時間は,自動乳鉢では

30

分間,振動ミルでアルミナ製又はジルコニア製容器を用

いる場合は

15

分間,タングステンカーバイト製容器を用いる場合は

5

分間が目安となる。こ

のとき,粉砕・混合した試料は,指先ですり合わせて,ざらつきのない程度となる。

c)  圧密  圧密装置を用いて,測定面が平滑になるよう,また,圧密後に持ち運ぶときに破損しないよう

十分な圧密を行う。

なお,圧密はこの分析の全ての粉末加圧成形体の調製において,同一条件(混合した試料の量,力,

保持時間,及び加圧成形型の直径)で行う。

注記

内径

30 mm

程度の加圧成形型を用いた場合,圧密装置によって

200 kN

の力をかけた状態で

1

分間保持することが望ましい。

d)  粉末加圧成形体測定面の確認  測定面にきず,剝離痕などによる凹凸がないことを目視で確認する。

きず又は凹凸が見られる場合は,再度 b)

の工程から調製を行う。

A.7  検量線の作成 
A.7.1  
要旨 

粉末加圧成形体の調製条件は,検量線の作成時と,試料の分析時とで同一とする。調製条件を変更した

場合は,検量線を再度,作成する。検量線は,検量線用粉末加圧成形体の

X

線強度を測定し,標準値

1)

その

X

線強度との関係から作成する。

1)

標準値とは,標準物質の二酸化けい素含有率をいう。

A.7.2  検量線用粉末加圧成形体の調製 

二酸化けい素含有量が

45 %

程度から

80 %

程度の間で,偏りのないように選んだ

4

種類以上の検量線用


9

A 6201:2015

試料を用いて,A.6 によって検量線用粉末加圧成形体を各試料

1

枚調製する。

なお,

2

種類以上の標準物質を混合調製して,検量線用試料としてはならない。

調製した検量線用粉末加圧成形体は,測定面にきずが付かないように注意し,デシケーター中で保存す

る。

上口デシケーター(減圧デシケーター)は,シリカゲルを入れた上口デシケーターの内圧を

2.0 kPa

以下

にして用いる。

A.7.3 X 線強度の確認用粉末加圧成形体の調製 

試料の分析を行う際に

X

線強度のドリフトを確認するため,

X

線強度の確認用粉末加圧成形体を,A.6

によって

2

枚調製する。

X

線強度の確認用試料は,A.2.1 に示す標準物質とし,その二酸化けい素含有量が

検量線用試料の二酸化けい素含有量の範囲内のものとする。ただし,確認用粉末加圧成形体の調製に用い

る標準物質は,検量線用粉末加圧成形体の調製に用いた標準物質と同一であってはならない。

注記

確認用粉末加圧成形体に用いる標準物質の二酸化けい素含有量は,検量線用試料の二酸化けい

素含有量の中間値より含有量が多いものが望ましい。

調製した

X

線強度の確認用粉末加圧成形体は,測定面がきず付かないように注意し,A.7.2 に示すデシ

ケーター中で保存する。

A.7.4  検量線の作成手順 

検量線用粉末加圧成形体の

X

線強度を測定し,最小二乗法によって,

1

次回帰式として検量線を作成す

る。また,

X

線強度の確認用粉末加圧成形体の

X

線強度(

D

01

D

02

)を測定し,記録する。

A.8  試料の分析 

試料の分析は,次によって行う。

a)

  2

枚一組の分析用粉末加圧成形体を A.6 によって調製する。

b)

検量線用粉末加圧成形体と同じ測定条件において,

X

線強度の確認用粉末加圧成形体及び分析用粉末

加圧成形体の

X

線強度を測定する。このとき,

X

線強度は A.7.4 で測定した検量線用粉末加圧成形体

X

線強度の範囲内になくてはならない。

c)

  X

線強度の確認用粉末加圧成形体の

X

線強度(

D

1

D

2

)の平均値(

D

A

)と,A.7.4 で記録した

D

01

D

02

の平均値(

D

0A

)とを用いて分析装置のドリフト割合(

D

V

)を次の式によって算出し,

D

V

0.990

1.010

の範囲にあることを確認する。

0A

A

V

D

D

D

=

ここに,

D

V

分析装置のドリフト割合

D

A

確認用粉末加圧成形体の

X

線強度平均値

D

0A

検量線作成時に取得する確認用粉末加圧成形体の

X

線強

度平均値

D

V

がこの範囲を超えた場合は,検量線を作成した時点の

X

線強度に対してドリフトが認められる

ことから,保管していた検量線用粉末加圧成形体及び

X

線強度の確認用粉末加圧成形体を用いて,A.7

に従って検量線を作成する。

d)

分析用粉末加圧成形体の

X

線強度を A.7.4 で作成した検量線式に代入し,定量値を四捨五入によって

小数点以下

2

桁で算出する。

e)

算出した各々の定量値と二つの定量値の平均値との差が

1.5 %

以内であることを確認する。この差が


10 
A 6201:2015

1.5 %

を超えた場合は,再度,

X

線強度の測定を行い,定量値を求める。これらの定量値と,定量値の

平均値との差が,再度±

1.5 %

を超えた場合は,A.6 によって分析用粉末加圧成形体を調製し直し,b)

ら e)

までの操作を行う。

A.9  二酸化けい素含有量の求め方 

二酸化けい素含有量は,A.8 e)

を満たした二つの定量値を平均し,四捨五入によって小数点以下

1

桁に

丸める。


11

A 6201:2015

附属書 B

(規定)

45 μm ふるい残分試験方法(網ふるい方法)

B.1  試験用器具 
B.1.1  
試験用ふるい  試験用ふるいは,JIS Z 8801-1 に規定する金属製網ふるい

45

μm

とし,枠の内径は

50 mm

,深さは

75 mm

のものを使用する。

B.1.2  スプレーノズル  スプレーノズルは,先端に

0.5 mm

の孔が

17

個付き,かつ,水圧確認用の圧力計

が付いたものを使用する。

B.1.3  精密はかり  精密はかりは,

0.1 mg

の質量差を読み取ることのできるものを使用する。

B.2  試験に用いる材料 
B.2.1  
試験に用いる水  試験に用いる水は,精製水又は上水道水とする。

B.2.2  校正用標準試料  校正用標準試料は,粉末度測定用セメント標準試料を使用する。

注記

セメント標準試料は,一般社団法人セメント協会が提供している。

B.3  試験方法 

試験方法は,次のとおりとする。

a)

ふるいだけの質量を

0.1 mg

まで正確にはかる。

b)

試料

1 g

0.1 mg

まで正確に量り採って,ふるいに入れる。

c)

ふるい内の試料粉末が凝集している場合は,水洗前に筆の穂先などでふるい枠に軽くすり付けてほぐ

す。

d)

次に静かな水流によって,試料全体を湿らせた後,スプレーノズルによって,水圧

0.069

±

0.005 MPa

の水を試料にあて,ふるいを

1

秒間に

1

回転の割合で,円運動をさせながら

1

分間水洗する。

e)

ふるいの下部に付着した水滴などを,柔らかい紙できれいに拭い取る。

f)

あらかじめ

100

110

℃に保った乾燥器内に,残分をふるいごと入れて,

15

分間乾燥した後,デシケ

ーター中で放冷し,残分の入ったふるいの質量を

0.1 mg

まで正確にはかり,試験前のふるいだけの質

量を差し引き,残分とする。

B.4 45 

μ

ふるい残分の計算 

B.4.1 45 

μ

ふるい残分 

45

μm

ふるい残分の値は,次の式によって算出し,その数値は,四捨五入によって整数に丸める。

100

1

2

×

×

=

C

m

m

f

ここに,

f

45

μm

ふるい残分(

%

m

1

初めの試料量(

g

m

2

残分(

g

C

網ふるいの校正係数

B.4.2  網ふるいの校正 

網ふるいの校正には,粉末度測定用セメント標準試料を用いる。標準試料の

45

μm

ふるい残分を B.3 


12 
A 6201:2015

方法で測定し,次の式によって網ふるいの校正係数を求める。

r

r

C

0

=

ここに,

C

網ふるいの校正係数

r

0

標準試料の

45

μm

ふるい残分標準値(

%

r

標準試料の

45

μm

ふるい実測残分(

%


13

A 6201:2015

附属書 C 
(規定)

フライアッシュのモルタルによるフロー値比及び活性度指数の試験方法

C.1  試験用器具 

試験用器具は,JIS R 5201 の 9.2.3(機械練り用練混ぜ機)

9.2.4(手練り用練混ぜ器具)

11.2.2(モル

タル供試体成形用型)

11.2.3(型詰め機)

11.2.4(圧縮強さ試験機)

11.2.5(曲げ強さ試験機)及び 12.1

(フロー試験用機械器具)に規定するものとする。

また,計量は,

10 mg

まで読み取ることのできるはかりを使用する。

C.2  試験に用いる材料 
C.2.1  
セメント  セメントは,任意に選んだ三つの異なる製造業者の,JIS R 5210 に規定する普通ポルト

ランドセメントを,等量ずつ混合して使用する。

C.2.2  標準砂  標準砂は,JIS R 5201 の 11.3(標準砂)に規定する標準砂を用いる。

C.2.3  水  水は,精製水又は上水道水とする。

C.3  試料 

試料は,箇条 によって適当量を採取し,縮分した上で防湿性の気密な容器に密封して保存する。ここ

で,適当量とは,縮分後の試料が

5 kg

以上になる量をいう。

C.4  温度及び湿度 

供試体を成形する試験室の温度は

20

±

2

℃とし,相対湿度は

50 %

以上とする。型枠に詰めた供試体を

貯蔵する湿気箱内の温度は

20

±

1

℃とし,相対湿度は

90 %

以上とする。水槽の水温は,

20

±

1

℃とする。

C.5  試験方法 
C.5.1  
モルタルの配合 

モルタルの配合は,

表 C.1 のとおりとする。

表 C.1−モルタルの配合 

単位  g

モルタルの種類

セメント

試料

標準砂

基準モルタル 450±2 0 1

350±5 225±1

試験モルタル 337.5±1.5 112.5±0.5

注記  この表は,1 回の練混ぜ量を示したもので,供試体 3 個分又はフロー試験 2

回分のモルタル量に相当する。

C.5.2  練混ぜ 

モルタルの練混ぜは,JIS R 5201 の 9.2.3 に規定する練混ぜ機を使用し,機械練りによって行う。練り鉢

及びパドルを設置し,練り鉢に規定量の水を入れ,次に基準モルタルの場合はセメントを,試験モルタル

の場合はセメントと試料をそれぞれ入れる。直ちに練混ぜ機を低速(自転速度:毎分

140

±

5

回転,公転速


14 
A 6201:2015

度:毎分

62

±

5

回転)で始動させる。パドルを始動させて

30

秒後に,規定量の標準砂を

30

秒間で入れる。

高速(自転速度:毎分

285

±

10

回転,公転速度:毎分

125

±

10

回転)にし,引き続き

30

秒間練混ぜを続け

る。

90

秒間練混ぜを休止し,休止の最初の

15

秒間にかき落としを行う。休止後,再び高速で始動させ,

60

秒間練り混ぜる。練混ぜ時間は,休止時間も含めて

4

分間である。

練混ぜが終了後,練り鉢を練混ぜ機から外し,さじで

10

回かき混ぜる。

なお,さじは,JIS R 5201 の 9.2.4 に規定するものを用いる。

C.5.3  フロー試験 

フロー試験には,JIS R 5201 の 12.1 に規定するフローテーブル,フローコーン及び突き棒を用いる。

モルタルを,乾燥した布でよく拭ったフローテーブル上の中央の位置に正しく置いたフローコーンに

2

層に分けて詰める。各層は,突き棒の先端がその層の約

1/2

の深さまで入るよう,全面にわたって各々

15

回突き,最後に不足分を補い表面をならす。直ちにフローコーンを正しく上の方に取り去り,

15

秒間に

15

回の落下運動を与え,モルタルが広がった後の径を最大と認める方向と,これに直角な方向とで測定し,

その平均値をミリメートルを単位とする無名数の整数で表す。試験は

2

回行い,その平均値をフロー値と

する。

フロー値の測定に用いたモルタルは,圧縮強度試験に用いてはならない。

C.5.4  圧縮強度試験 
C.5.4.1  
供試体の作製 

供試体の作製は,次のとおりとする。

a)  供試体の大きさ  圧縮強度試験に用いる供試体は,断面が正方形の角柱体とし,その長さは

40 mm

し,供試体の長さは

160 mm

とする。成形用型は,通常,JIS R 5201 の 11.2.2 に規定するモルタル供

試体成形用型とする。

b)  成形  供試体は,モルタルの練混ぜ終了後すぐに作製する。型詰め機は,JIS R 5201 の 11.2.3 に規定

するテーブルバイブレータを用い,モルタル供試体成形用型は添え枠を載せて,テーブルバイブレー

タに固定しておく。テーブルバイブレータの振動時間は,全部で

120

±

1

秒である。モルタルは,成形

用型に

2

層に詰める。

1

層目のモルタルは,振動開始から

15

秒間で成形用型の高さの

1/2

までさじで詰める。次の

15

秒間

は,詰める作業を休止する。さじで鉢のモルタルを集めながら,次の

15

秒間に残りのモルタルを,

1

層目と同じ順序で詰める。さらに,引き続き

75

秒間振動を加える。

振動終了後,テーブルバイブレータに載せた成形用型を静かに外す。すぐに成形用型から添え枠を

外して,残りのモルタルを使って約

5 mm

盛上げをし,湿気箱に入れる。その後,モルタルを詰めて

からブリーディングが収まった後

1)

,成形用型の上のモルタルの盛上げを削りとり,上面を平滑にす

る。削りとりは,金属製のストレートエッジ(JIS R 5201 

図 参照)を鉛直に保ち,それぞれの方

向に一度ずつのこ引きを行う。最後にストレートエッジをなでる方向に傾け,押し付けないで一度軽

くなでることによって,上面を平滑にする。削りとりが終わったら,厚さ

6 mm

190 mm

×

160 mm

のガラス板を成形用型の上に置く。同様の寸法の鋼又は不透水性の板を使用してもよい。

脱型時に供試体が分かるように成形用型に目印を付け,湿気箱に入れる。

1

日より長い材齢の試験

については,成形後

20

時間から

24

時間の間に,供試体に印を付けて丁寧に脱型を行い,水槽に入れ

て完全に水中に浸す。

1

日材齢の試験については,供試体を試験する前の

20

分以内に脱型を行い,試

験まで湿布で覆っておく。

なお,養生水を交換する場合は,一度に全量を交換してはならない。


15

A 6201:2015

注記

型枠は,水漏れのないようにグリースを塗布して締め付ける。また,供試セメント,試料,

標準砂及び水は,室温と等しくなるようにあらかじめ試験室内に準備しておく。

1)

標準的な放置時間は,

3

時間程度である。

C.5.4.2  測定 

圧縮強度試験には,JIS R 5201 の 11.2.4 に規定する試験機を使用する。試験時の材齢は,

28

日(湿気箱

24

時間,水中

27

日間)及び

91

日(湿気箱中

24

時間,水中

90

日間)とする。

圧縮強度試験は,上記の材齢の

3

個の供試体を JIS R 5201 の 11.2.5 に規定する試験機によって

2

分割し

6

個の試料を用いて行い,供試体を成形したときの両側面を加圧面とし,荷重用加圧板を用いて供試体

中央部に,毎秒

2 400

±

200 N

の割合で載荷して最大荷重を求める。

C.6  フロー値比及び活性度指数の計算 
C.6.1  
フロー値比 

フロー値比は,次の式によって算出し,その数値は,四捨五入によって整数に丸める。

100

1

2

×

=

l

l

F

ここに,

F

フロー値比(

%

l

1

基準モルタルのフロー値

l

2

試験モルタルのフロー値

C.6.2  活性度指数 

活性度指数は,次の式によって算出し,その数値は,四捨五入によって整数に丸める。

100

1

2

×

=

c

c

A

ここに,

A

活性度指数(

%

c

1

各材齢における基準モルタル供試体

6

個の圧縮強度の平均

値(

N/mm

2

c

2

各材齢における試験モルタル供試体

6

個の圧縮強度の平均

値(

N/mm

2


16 
A 6201:2015

附属書 D 
(参考)

技術上重要な改正に関する新旧対照表

現行規格(JIS A 6201:2015)

旧規格(JIS A 6201:1999)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

5  品質

表 1−フライアッシュの品質  の項目 
  二酸化けい素含有量

5.  品質

表 1  フライアッシュの品質  の項目 
  二酸化けい素

旧規格では,

表 の項目の中で二酸化け

い素だけが,試験結果の数量を表す名称

になっていなかったため,名称を“二酸

化けい素含有量”に変更した。

5  品質

表 1−フライアッシュの品質  の注 

a)

  二酸化けい素含有量は,溶解質量分析方

法又は蛍光 X 線分析方法による。

b)

  強熱減量に代えて,未燃炭素含有率の測

定を JIS M 8819 又は JIS R 1603 に規定

する方法で行い,その結果に対し強熱減

量の規定値を適用してもよい。

c)

  粉末度は,網ふるい方法又はブレーン方

法による。ただし,網ふるい方法による

場合は,ブレーン方法による比表面積の
試験結果を参考値として併記する。

5.  品質

表 1  フライアッシュの品質  の注 
注(

1

)  強熱減量に代えて,未燃炭素含有率の測

定を JIS M 8819 又は JIS R 1603 に規定

する方法で行い,その結果に対し強熱減
量の規定値を適用してもよい。

(

2

)  粉末度は,網ふるい方法又はブレーン方

法による。

(

3

)  粉末度を網ふるい方法による場合は,ブ

レーン方法による比表面積の試験結果

を参考値として併記する。

二酸化けい素含有量の分析方法は,旧規
格で規定されていた方法又は蛍光 X 線

分析方法によることを,

表 の二酸化け

い素含有量の注として記述した。 
なお,新たに,従来の方法の名称を“溶

解質量分析方法”とした。

8  試験方法

8.1  二酸化けい素含有量 
  二酸化けい素含有量は,次の溶解質量分析方

法又は蛍光 X 線分析方法による。 
8.1.1  溶解質量分析方法

8.  試 験 方

8.1  二酸化けい素 
二酸化けい素の試験は,次のとおり行う。

8.1 の細分箇条名“二酸化けい素”を表
の項目の名称に合わせて“二酸化けい
素含有量”に変更した。 
また,旧規格で規定されていた試験方法

“溶解質量分析方法”を,8.1.1 におい

て記述した。

8  試験方法

j)  二酸化けい素含有量は,次の式によって算

出し,四捨五入によって小数点以下 1 桁に

丸める。

8.  試 験 方

j)  二酸化けい素の含有率は次の式によって

算出し,JIS Z 8401 によって小数点以下 1

けたに丸める。

二酸化けい素含有量の算出結果の数値
の丸め方を JIS Z 8401 の方法から四捨

五入の方法に変更した。

16

A

 6

201

20
15


17

A 6201:2015

現行規格(JIS A 6201:2015)

旧規格(JIS A 6201:1999)

改正理由

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

8  試験方法

8.1.2  蛍光 X 線分析方法 
蛍光 X 線分析方法による二酸化けい素含有量

の試験は,

附属書 による。

8.  試 験 方

(なし)

二酸化けい素含有量の分析方法として

の蛍光 X 線分析方法を 8.1.2 において記

述した。

8  試験方法

8.2  湿分 
c)  湿分は次の式によって算出し,四捨五入に

よって小数点以下 1 桁に丸める。

8.  試 験 方

8.2  湿分 
c)  湿分は次の式によって算出し,JIS Z 8401

によって小数点以下 1 けたに丸める。

湿分の算出結果の数値の丸め方を JIS Z 
8401 
による方法から四捨五入の方法に
変更した。

8  試験方法

8.3  強熱減量 
b)  更に 15 分ずつ強熱を繰り返して,恒量に

なったときの減量(m

6

)から次の式によっ

て強熱減量を算出し,四捨五入によって小

数点以下 1 桁に丸める。

なお,恒量とは,強熱を繰り返した,そ

の前後の質量差が 0.5 mg 以下になったと

きをいう。

8.  試 験 方

8.3  強熱減量 
b)  さらに 15 分ずつ強熱を繰り返して,恒量

(

7

)になったときの減量(m

6

)から次の式に

よって強熱減量を算出し,JIS Z 8401 によ

って小数点以下 1 けたに丸める。

注(

7

)  強熱前後の質量差が 0.5 mg 以下になっ

たとき。

強熱減量の算出結果の数値の丸め方を
JIS Z 8401 の方法から四捨五入の方法
に変更した。

12  報告

表 2−試験成績表の様式の一例  の項目 
  二酸化けい素含有量

a)

  強熱減量

b)

  粉末度

c)

a)

  蛍光 X 線分析方法による場合は,その試

験値に(XRF)と付記する。

b)

  未燃炭素測定による場合は,その試験値

に(炭素)と付記する。

c)

  粉末度は,網ふるい方法又はブレーン方

法による。ただし,粉末度を網ふるい方
法による場合は,ブレーン方法による比

表面積の試験結果を参考値として併記

する。

12.  報告

表 2  試験成績表の様式 
品質

  二酸化けい素

  強熱減量(

1

)

  粉末度(

2

)

注(

1

)  未燃炭素測定による場合は,その試験値

に(炭素)と付記する。

(

2

)  粉末度は,網ふるい方法又はブレーン方

法による。

(

3

)  粉末度を網ふるい方法による場合は,ブ

レーン方法による比表面積の試験結果

を参考値として併記する。

備考  用紙の大きさは,日本工業規格 A 列 4

番(210×297 mm)とする。

表 に合わせて,“二酸化けい素”を“二
酸化けい素含有量”に変更した。また,

二酸化けい素含有量の分析が蛍光 X 線

分析方法による場合は,その試験値に

(XRF)と付記することを注で記述した。

旧規格の

表 の備考の用紙に関する記

述は規定であるため,本文中へ移動し
た。

17

A

 6

201

20
15


18 
A 6201:2015

現行規格(JIS A 6201:2015)

旧規格(JIS A 6201:1999)

改正理由

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

附属書 

(規定)フラ

イアッシュ
の二酸化け

い素含有量

の蛍光 X 線
分析方法

(なし)

二酸化けい素含有量の蛍光 X 線分析方

法として

附属書 を追加した。

附属書 

( 規 定 ) 45

μm ふ る い
残分試験方

法(網ふる

い方法)

B.4.1 45 μm ふるい残分 
45

μm ふるい残分の値は,次の式によって算出

し,その数値は,四捨五入によって整数に丸め
る。

附属書 

( 規 定 ) 45

μm ふるい
残分試験方

法(網ふる

い方法)

5.1 45

μm ふるい残分

45

μm ふるい残分の値は,次の式によって算出

し,その数値は,JIS Z 8401 によって整数に丸
める。

算出結果の数値の丸め方を JIS Z 8401

による方法から四捨五入の方法に変更

した。

附属書 

(規定)フラ

イアッシュ

のモルタル
によるフロ

ー値比及び

活性度指数
の試験方法

C.6.1  フロー値比 
  フロー値比は,次の式によって算出し,その

数値は,四捨五入によって整数に丸める。 
C.6.2  活性度指数 
  活性度指数は,次の式によって算出し,その

数値は,四捨五入によって整数に丸める。

附属書 

(規定)フラ

イアッシュ

のモルタル
によるフロ

ー値比及び

活性度指数
の試験方法

7.1  フロー値比 
  フロー値比は,次の式によって算出し,その

数値は,JIS Z 8401 によって整数に丸める。 
7.2  活性度指数 
  活性度指数は,次の式によって算出し,その

数値は,JIS Z 8401 によって整数に丸める。

18

A

 6

201

20
15