>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

6022

:2011

ストレッチアスファルトルーフィングフェルト

追補 1)

Stretchy asphalt roofing felts (Synthetic fiber base)

(Amendment 1)

JIS A 6022:2005

を,次のように改正する。

改正に関する新旧対照表を,

附属書 に示す。

3.

(種類)の

表 1(種類及び製品の抗張積の呼び)のストレッチルーフィング及び砂付ストレッチルーフィ

ングの“JIS K 2207 に規定された防水工事用アスファルト 3 種又は 4 種に適合するアスファルト”を,

JIS 

K 2207

に規定された防水工事用アスファルト 3 種,ストレートアスファルト又はブローンアスファルトに

適合するアスファルト”に置き換える。

7.5

(原反の単位面積質量及びアスファルトの単位面積質量)の 7.5.1(試験機器)の c)(加熱恒温器)の

JIS K 6257 の 6.2(試験装置)

7.2(試験装置)

”を,

JIS K 6257 の 5.2[強制循環形熱老化試験機(縦

風式)

5.3[強制循環形熱老化試験機(横風式)

”に置き換える。


附属書 1

参考)

技術上重要な追補改正に関する新旧対照表

JIS A 6022:2011

JIS A 6022:2005

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

3.

種類

表 1  ストレ

ッチルーフ

ィング及び
砂付ストレ

ッチルーフ

ィング

使用するアスファルトについては,JIS K 

2207

に規定された防水工事用アスファル

ト 3 種,ストレートアスファルト又はブロ

ーンアスファルトに適合するアスファル

3.

種類

表 1  ストレ

ッチルーフ

ィング及び
砂付ストレ

ッチルーフ

ィング

使用するアスファルトについては,JIS K 

2207

に規定された防水工事用アスファル

ト 3 種又は 4 種に適合するアスファルト

防水工事用アスファルトは,1 種から 4 種まで

4

種類あるが,このうち,規定されている 4 種

のアスファルトは生産が終了している。一方,

3

種のアスファルトについても,防水工事用が

主力となり,工場生産用の材料確保が厳しい状

況となってきており,現在,生産が需要に追い

つかない状況となっている。 
  なお,ストレートアスファルト又はブローン

アスファルトについては,比較テストを重ね,

基準に適合することを確認している。

2

A

 6

022


20
1

1