>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 6022

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人建材試験

センター (JTCCM)/アスファルトルーフィング工業会 (ARK)/財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業

標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産

業大臣が改正した日本工業規格である。これによって,JIS A 6022 : 1991 は改正され,この規格に置き換

えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


A 6022

:2005

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲  

1

2.

  引用規格  

1

3.

  種類  

1

4.

  品質  

2

5.

  寸法及び製品の単位面積質量  

2

5.1

  寸法  

2

5.2

  寸法及び製品の単位面積質量の表示値に対する許容差  

2

6.

  外観  

2

7.

  試験  

3

7.1

  試験の一般条件  

3

7.2

  寸法の測定  

4

7.3

  外観  

5

7.4

  製品の単位面積質量  

5

7.5

  原反の単位面積質量及びアスファルトの単位面積質量  

5

7.6

  鉱物質粒子の単位面積質量  

6

7.7

  引っ張り  

6

7.8

  耐折り曲げ性  

6

7.9

  加熱処理後の耐折り曲げ性  

7

7.10

  アスファルトの浸透状況  

7

7.11

  寸法安定性  

7

7.12

  寸法安定性試験後の引っ張り  

7

7.13

  耐熱性  

7

8.

  検査  

8

9.

  製品の呼び方  

8

10.

  表示  

8


日本工業規格

JIS

 A

6022

:2005

ストレッチアスファルトルーフィングフェルト

Stretchy asphalt roofing felts (Synthetic fiber base)

1.

適用範囲  この規格は,防水工事,防湿工事などに用いるストレッチアスファルトルーフィングフェ

ルト(以下,ストレッチルーフィングという。

)について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 2207

  石油アスファルト

JIS K 6257

  加硫ゴム及び熱可塑性ゴム─熱老化特性の求め方

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

JIS Z 8801-1

  試験用ふるい─第 1 部:金属製網ふるい

3.

種類  種類は,表 による。

  1  種類及び製品の抗張積の呼び

種類

製品の抗張積

(

1

)

の呼び

備考

ストレッチルーフィング 1

000

1 800

有機合成繊維を主原料とした不織布原反(以下,原反という。

)に,JIS 

K 2207

に規定された防水工事用アスファルト 3 種又は 4 種に適合する

アスファルトを浸透,被覆し,表裏面に鉱物質粉末を付着させたもの。

砂付ストレッチルーフィ

ング

  800

原反に,JIS K 2207 に規定された防水工事用アスファルト 3 種又は 4

種に適合するアスファルトを浸透,被覆し,表面の片側 100 mm を除い
た残りに鉱物質粒子(

2

)

を密着させ,残りの表裏面に鉱物質粉末を付着

させたもの。

(

1

)

抗張積とは,引張強さと最大荷重時の伸び率との積で表す(7.7 参照)

(

2

)

鉱物質粒子は,JIS Z 8801-1 に規定する公称目開き 3.35 mm の金属製網ふるいを通過し,150

μm の金属製網

ふるいに残るもので,砕石状のもの及びりん(鱗)片状の天然スレートチップの 2 種類がある。


2

A 6022

:2005

4.

品質  品質は,7.  によって試験を行い,表 の規定に適合しなければならない。

  2  品質

種類

ストレッチルーフィング

砂付ストレッチルーフィング  適用試験

箇条

製品の抗張積の呼び

1 000

1 800

800

製品の単位面積質量 g/m

2

(

3

)

1 500

以上 1

500

以上 3

000

以上

(2 500 以上)(

4

)

7.4

原反の単位面積質量 g/m

2

 120

以上

7.5

アスファルトの単位面積質量 g/m

2

 850

以上 850 以上 1

000

以上

鉱物質粒子の単位面積質量 g/m

2

− 1

200

以上

(800 以上)(

4

)

7.6

引 っ 張

引張強さ N/cm

80

以上 120 以上 80 以上

7.7

最大荷重時の伸び率 %

6.0

以上 10.0 以上 5.0 以上

3 %

引張応力 N/cm

40

以上 60 以上 60 以上

抗張積  N・% /cm

1 000

以上 1

800

以上 800 以上

耐折り曲げ性

試験片 10 個中 9 個以上にき裂が生じないこと。

7.8 

加熱処理後の耐折曲げ性

7.9 

アスファルトの浸透状況

アスファルトの不浸透部分がないこと。

7.10 

寸 法 安

定性

伸縮量  mm 0.0±5.0 0.0±5.0 0.0±3.0

7.11 

変形

しわ,反り,はく離などの異状な状態が生じないこと。

寸法安定性試験後の引っ張り %

引っ張り規格値の 90.0 以上。

7.12 

耐熱性

鉱物質粒子の 5 mm 以上のず

れ落ち,発泡などが生じない

こと。

7.13 

(

3

)

表示値に対して,5.2 の許容差の範囲とする。

(

4

)

鉱物質粒子として,りん(鱗)片状の天然スレートチップを使用する場合は,

(  )内とする。 

5.

寸法及び製品の単位面積質量

5.1

寸法  寸法は,受渡当事者間の協定による。

5.2

寸法及び製品の単位面積質量の表示値に対する許容差  寸法は 7.2 によって,及び製品の単位面積質

量は 7.4 によって試験をした場合,表示値に対する許容差は,

表 による。

  3  寸法及び製品の単位面積質量の表示値に対する許容差

長さ

単位面積質量

プラス側は規定しない。

マイナス側は認めない。

プラス側は規定しない。

マイナス側は 1.0 %まで認める。

プラス側は規定しない。

マイナス側は認めない。

6.

外観  外観は,7.3 によって試験を行い,次の規定に適合しなければならない。

a)

著しいわん曲,起伏,裂けた箇所,折れ,しわ及び穴がないこと。ただし,被覆しているアスファル

トに細かい起伏があっても差し支えない。

b)

相互に粘着する部分がなく,被覆しているアスファルト又は鉱物質粒子がはがれていないこと。

c) 1

巻の長さが 8.0 m 未満の場合,1 巻の途中で切断していないこと。

d) 1

巻の長さが 8.0 m 以上の場合,1 巻の途中で 2 か所以上切断していないこと。1 か所切断している場

合,1 片の長さが 2.0 m 以上あること。


3

A 6022

:2005

7.

試験

7.1

試験の一般条件

7.1.1

試験場所の温湿度条件並びに試料及び試験片の養生条件  試験場所の温湿度条件並びに試料及び

試験片の養生条件は,次による。

a)

寸法の測定,外観及び製品の単位面積質量の測定の温湿度条件は,JIS Z 8703 に規定する 20  ℃15 級,

65

%20 級 [20±15  ℃,(65±20)  %]  とする。

b)  a)

以外の試験の温湿度条件は,特に指定のない限り,JIS Z 8703 に規定する 20  ℃2 級,65  %20 級 [20

±2  ℃,(65±20)  %]  とする。

c)

試料及び試験片の養生時間は,特に指定のない限り,試験前 1 時間以上とする。

7.1.2

試料及び試験片の作製  試料及び試験片の作製は,次による。

a)

試料,試験片の寸法及び個数は,

表 による。

  4  試料,試験片の寸法及び個数

試験項目

試験片

の記号

試料及び試験片の寸法

(長手方向×幅方向)mm

個数

製品の単位面積質量

− 2

500

×  全幅 1

原反の単位面積質量 A

50

× 200

3

アスファルトの単位面積質量

鉱物質粒子の単位面積質量

引っ張り

長手方向 B

200

×  50

10

幅方向

    B

 50

× 200

10

耐折り曲げ性

長手方向 C

250

×  25

10

幅方向

    C

 25

× 250

10

加熱処理後の

耐折り曲げ性

長手方向 D

250

×  25

10

幅方向

    D

 25

× 250

10

アスファルトの浸透状況 E

100

×  全幅

1

寸法安定性

長手方向 F

300

×  50

 6

幅方向

    F

50

× 300

 6

寸法安定性試験

後の引っ張り

長手方向

F

  200

×  50 (

5

)

6

幅方向

    F

      50

× 200 (

5

)

6

耐熱性 H

200

× 200

 3

(

5

)

寸法安定性試験後,引張試験用に切断した大きさ。


4

A 6022

:2005

b)

試験片の形状及び採り方の例を,

図 に示す。

  1  試験片の形状及び採り方(例)

7.1.3

数値の丸め方  測定値・計算値を丸める場合の数値の丸め方は,JIS Z 8401 による。

7.2

寸法の測定  寸法の測定は,次による。

a)

長さ  長さは,平面に広げた全長の最短部を 0.01 m の単位まで測定する。1 巻中に切断箇所がある場

合は,それぞれの最短部分の長さを同様にして測定し,その和から 0.15 m 減じた長さを 1 巻の長さと


5

A 6022

:2005

する。

b)

幅  幅は,長手方向の両端付近及び中央付近の 3 か所において 1 mm の単位まで測定し,測定値の平

均値で表す。

7.3

外観  外観は,ストレッチルーフィングを平面に広げ,目視によって調べる。

7.4

製品の単位面積質量  製品の単位面積質量は,7.2 で長さ及び幅を測定した後のストレッチルーフィ

ングの端部から約 1 m を除き,これから全幅にわたって長さ 2.5 m の試料を長手方向に直角に切り取り,

その試料の長さ及び幅の 3 か所を 1 mm の単位まで測定し,これらの平均値から面積を求めた後,その質

量を 1 g の単位まではかり,次の式によって算出する。

なお,計量器の都合で,2.5 m の試料を一度にはかることができない場合には,

図 の試験片の採り方

に支障のないように,試験体を 2 分割にしてもよい。

A

m

M

=

    (1)

ここに,

M

:  製品の単位面積質量 (g/m

2

)

m

:  試料の質量 (g)

A

:  試料の面積 (m

2

)

7.5

原反の単位面積質量及びアスファルトの単位面積質量

7.5.1

試験機器  試験機器は,次による。

a)

抽出器  抽出器は,フラスコ容量が,500 ml 以上で,抽出器の内径が 30 mm 以上のソックスレー抽出

器,又はこれに準じるものとする。

b)

デシケータ  デシケータは,シリカゲル,無水塩化カルシウムなどの乾燥剤を入れたガラス製などの

容器とする。

c)

加熱恒温器  加熱恒温器は,JIS K 6257 の 6.2(試験装置),7.2(試験装置),又はこれに準じる装置

で,設定温度に対して±3  ℃に調整できるものとする。

7.5.2

試験方法  試験片の長さ及び幅の 3 か所を 0.1 mm の単位まで測定し,それらの平均値から面積を

求めた後,

質量を 0.01 g の単位まではかる。

次にこれをトルエンなどの炭化水素系溶剤で抽出器によって,

抽出液が着色しなくなるまでアスファルトを抽出した後,原反及び鉱物質を取り出し,室温で溶剤を揮発

させ,更に 105±3  ℃の加熱恒温器中で 1 時間乾燥する。乾燥した原反及び鉱物質をデシケータに入れ,

室温になるまで冷却した後取り出し,それぞれの質量を 0.01 g の単位まで手早くはかる。

原反の単位面積質量は,次の式によって算出し,試験片 3 個の平均値で表す。

1

1

1

A

m

M

=

     (2)

ここに,

M

1

:  原反の単位面積質量 (g/m

2

)

m

1

:  抽出後の乾燥した原反の質量 (g)

A

1

:  試験片の面積 (m

2

)

アスファルトの単位面積質量は,次の式によって算出し,試験片 3 個の平均値で表す。

1

2

1

0

2

A

m

m

m

M

=

     (3)

ここに,

M

2

:  アスファルトの単位面積質量 (g/m

2

)

m

0

:  試験片の質量 (g)

m

1

:  抽出後の乾燥した原反の質量 (g)

m

2

:  抽出後の乾燥した鉱物質の質量 (g)

A

1

:  試験片の面積 (m

2

)


6

A 6022

:2005

7.6

鉱物質粒子の単位面積質量

7.6.1

試験機器  試験機器は,JIS Z 8801-1 に規定する金属製網ふるいとする。

7.6.2

試験方法  7.5.2 で分離した鉱物質を,JIS Z 8801-1 に規定する公称目開き 3.35 mm 及び 150 µm の

金属製網ふるいでふるい,公称目開き 3.35 mm の金属製網ふるいを通過し,150 µm のふるい上にとどまっ

た鉱物質粒子の質量を 0.01 g の単位まではかる。

鉱物質粒子の単位面積質量は,次の式によって算出し,試験片 3 個の平均値で表す。

1

3

3

A

m

M

=

    (4)

ここに,

M

3

:  鉱物質粒子の単位面積質量 (g/m

2

)

m

3

:  鉱物質粒子の質量 (g)

A

1

:  試験片の面積 (m

2

)

7.7

引っ張り

7.7.1

試験機器  試験機器は,引張試験機とする。引張試験機は,試験片を一定速度で引っ張り,荷重及

び変位が自動記録できるものとする。

7.7.2

試験方法  試験片の幅は 3 か所を 0.1 mm の単位まで測定し,その平均値とする。つかみ間隔が 100

mm

になるように試験片を引張試験機に取り付け,変位速度 100 mm/min で試験片が破断するまで引っ張り,

最大荷重を求める。ただし,試験の際,つかみ金具から 10 mm 以内で破断した場合は,その試験片を除外

し,新たに試験片を追加する。

引張強さは,次の式によって算出し,試験片 10 個の平均値で表す。

W

P

T

=

    (5)

ここに,

T

:  引張強さ (N/cm)

P

:  最大荷重 (N)

W

:  試験片の幅 (cm)

最大荷重時の伸び率は,次の式によって算出し,試験片 10 個の平均値で表す。

100

0

×

=

L

L

E

     (6)

ここに,

E

最大荷重時の伸び率

  (

)

L

最大荷重時の変位量

 (mm)

L

0

つかみ間隔

 (mm)

3

%引張応力は,次の式によって算出し,試験片

10

個の平均値で表す。

W

P

T

3

3

=

     (7)

ここに,

T

3

 3

%引張応力

 (N/cm)

P

3

 3

%伸び時の荷重

 (N)

W

試験片の幅

 (cm)

抗張積は,上で求めた最大荷重及び最大荷重時の伸び率の各平均値から,次の式によって算出する。

E

T

T

×

=

E

     (8)

ここに,

T

E

抗張積

 (N

・%

/cm)

T

最大荷重

 (N/cm)

E

最大荷重時の伸び率

  (

)

7.8

耐折り曲げ性

7.8.1

試験機器  試験機器は,次による。


7

A 6022

:2005

a

)

マンドレル  マンドレルは,直径

15 mm

で,それぞれ長さ

50 mm

以上の鋼製の丸棒とする。

b

)

恒温水槽  恒温水槽は,温度を

0

℃±

1

℃に調節できるものとする。

7.8.2

試験方法  試験片を

0

℃±

1

℃に調節した恒温水槽に約

15

分間浸せきした後取り出し,直ちに,

マンドレルに当てて

2

秒間に

180

度折り曲げ,表面にき裂を生じるか否かを調べる。ただし,砂付ストレ

ッチルーフィングの場合は,鉱物質粒子が内側になるように折り曲げる。

7.9

加熱処理後の耐折り曲げ性

7.9.1

試験機器  試験機器は,次による。

a

)

マンドレル  マンドレルは,直径

25 mm

で長さ

50 mm

以上の鋼製の丸棒とする。

b

)

加熱恒温器  加熱恒温器は,7.5.1 c

)

による。

7.9.2

試験方法  試験片を

70

±

3

℃の加熱恒温器中の金網上に

168

時間静置する。その後,取り出して

室温まで冷却した後,

マンドレルを用い 7.8 と同様の操作によって折り曲げて表面のき裂の有無を調べる。

7.10

アスファルトの浸透状況  試験片を製品の幅方向に全幅にわたって

1

か所手で引き裂き,内部にア

スファルトの不浸透部分があるか否かを調べる。

7.11

寸法安定性

7.11.1

試験機器  試験機器は,次による。

a

)

測長器  測長器は,

0.1 mm

以下の目量のものとする。

b

)

加熱恒温器  加熱恒温器は,7.5.1

c

)

による。

c

)

恒温水槽  恒温水槽は,温度を

60

±

1

℃に調節できるものとする。

7.11.2

試験方法  試験片を

60

±

3

℃の加熱恒温器中の金網上に

24

時間静置後,取り出して室温まで冷却

し,直ちにその長さを

0.1 mm

の単位まで測定して基準長とする。

次に,試験片を

60

±

1

℃の恒温水槽中に

24

時間浸せきした後,同様に長さを測定して基準長との差を

0.1 mm

の単位まで求める。

恒温水槽浸せき後の差は,次の式によって算出し,試験片

6

個の平均値で表す。

S

W

1

D

L

L

L

=

     (9)

ここに,

  L

D1

恒温水槽浸せき後の差

 (mm)

L

W

恒温水槽浸せき後の試験片の長さ

 (mm)

L

S

試験片の基準長

 (mm)

次いで,再び

60

±

3

℃の加熱恒温器中に

24

時間静置後,同様に長さを測定し,基準長との差を

0.1 mm

の単位まで求める。

加熱恒温器静置後の差は,次の式によって算出し,試験片

6

個の平均値で表す。

S

A

2

D

L

L

L

=

     (10)

ここに,

  L

D2

加熱恒温器静置後の差

 (mm)

L

A

加熱恒温器静置後の試験片の長さ

 (mm)

L

S

試験片の基準長

 (mm)

この湿潤・乾燥の操作を

5

回繰り返し,各平均値の中で絶対値が最大のものを伸縮量とする。併せて処

理後の試験片について,しわ,反り,はく離などの異状な外観変化の有無を調べる。

7.12

寸法安定性試験後の引っ張り  寸法安定性試験後,7.7 によって引張試験を行い,平均値で表す。

7.13

耐熱性

7.13.1

試験機器  試験機器は,7.5.1 c

)

の加熱恒温器による。

7.13.2

試験方法  試験片を

80

±

3

℃の加熱恒温器中に

2

時間懸垂する。その後取り出して被覆物のずれ

落ち,発泡の有無を調べる。


8

A 6022

:2005

8.

検査  検査は,7.

によって試験を行い,4.

5.

及び 6.

の規定によって合否を決定する。

なお,検査は,合理的な抜取検査方法によって行うことができる。

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,種類及び製品の抗張積の呼びによる。

1.

 
 
 
 

2.

  ストレッチルーフィング

1 000

  製品の抗張積の呼び

  種類

 

  砂付ストレッチルーフィング

800

      製品の

抗張積の呼び

種類

10.

表示  製品には,

1

巻ごとに包装の見やすい箇所に,次の事項を表示しなければならない。

a

)

種類及び製品の抗張積の呼び

b

)

長さ,幅及び製品の単位面積質量

c

)

製造年月日又はその略号

d

)

製造業者名又はその略号

e

)

製造工場名又はその略号