>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 6013

:2014

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS A 6013 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

が JIS A 6013:2005 を改正した内容だけを示すものである。

JIS A 6013:2005

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS A 6013:2014 となる。


日本工業規格

JIS

 A

6013

:2014

改質アスファルトルーフィングシート

(追補 1)

Polymer-modified bitumen roofing sheets

(Amendment 1)

JIS A 6013:2005

を,次のように改正する。

6.

(外観)の e)f)  及び g)  の全文を,削除する。

7.2

(寸法の測定)の c)(厚さ)の“厚さは,JIS K 6250 の 9.1(寸法測定)a)(A 法)

,又はこれに準じる

測定器で測定する。

”を,

“厚さは,JIS K 6250 の 10.1(寸法測定)a)(A 法)

,又はこれに準じる測定器で

測定する。

”に置き換える。

7.5.1

(試験機器)の b)(加熱恒温器)の“JIS K 6257 の 6.2(試験装置)

7.2(試験装置)又はこれに準じ

る装置で,

”を,

JIS K 6257 の 5.2[強制循環形熱老化試験機(縦風式)

5.3[強制循環形熱老化試験機

(横風式)

,又はこれに準じる装置で,

”に置き換える。

7.10.1

(試験機器)の b)(コンクリート平板)の“コンクリート平板は,JIS A 5371 に規定する舗装用普通

平板 N300 とする。

”を,

“コンクリート平板は,JIS A 5371 に規定する舗装・境界ブロック類 I 類普通平板

N300

とする。

”に置き換える。

図 の題名の“耐へこみ性試験方法”を,“耐折り曲げ性試験方法”に置き換える。