>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 5721

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  種類 

1

4

  品質 

2

4.1

  外観  

2

4.2

  性能  

2

5

  形状及び寸法  

2

5.1

  形状  

2

5.2

  寸法  

3

6

  試験方法  

3

6.1

  試験片及び試験場所の状態  

3

6.2

  外観  

4

6.3

  寸法の測定  

4

6.4

  曲げ試験  

5

6.5

  局部圧縮試験  

5

6.6

  衝撃試験  

6

6.7

  耐燃性試験  

6

6.8

  滑り試験  

6

6.9

  耐候性試験  

7

7

  検査 

8

8

  表示 

8

8.1

  製品の表示  

8

8.2

  包装の表示  

8

9

  取扱い上の注意事項  

8

附属書 A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表  

10


A 5721

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人建材

試験センター(JTCCM)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規

格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規

格である。

これによって,JIS A 5721:1995 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 25 年 5 月 19 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS マ

ーク表示認証において,JIS A 5721: 1995 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 A

5721

:2013

プラスチックデッキ材

Plastic floor parts

序文 

この規格は,1979 年に制定され,その後 2 回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は 1995 年に

行われたが,その後の引用規格の廃止(予定)に伴う試験方法の一部見直しへ対応するために改正した。

また,技術上重要な改正に関する旧規格との対照を

附属書 に示す。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

適用範囲 

この規格は,住宅のベランダ,バルコニーなどの床を構成するプラスチックデッキ材(以下,デッキ材

という。

)について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 1408

  建築用ボード類の曲げ及び衝撃試験方法

JIS A 1414-2

  建築用パネルの性能試験方法−第 2 部:力学特性に関する試験

JIS A 1415

  高分子系建築材料の実験室光源による暴露試験方法

JIS B 1115

  すりわり付きタッピンねじ

JIS B 1122

  十字穴付きタッピンねじ

JIS B 1125

  ドリリングタッピンねじ

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7512

  鋼製巻尺

JIS B 7516

  金属製直尺

JIS K 6911

  熱硬化性プラスチック一般試験方法

種類 

デッキ材は,形状及び働き幅によって次のとおり区分する。

a) 

形状による区分及び記号 

連結形(連結機構のあるもの)J[

図 1 a)参照]

単独形(連結機構のないもの)S[

図 1 b)参照]

b) 

働き幅による区分 

90

形,100 形,150 形,180 形,200 形,300 形


2

A 5721

:2013

品質 

4.1 

外観 

デッキ材には,割れ,ねじれ,曲がり,色むらなどの使用上有害な欠点があってはならない。

4.2 

性能 

デッキ材は,箇条 に規定する試験をしたとき,

表 に適合しなければならない。

表 1−デッキ材の性能 

試験項目

性能

適用試験

項目

曲げ

亀裂及び割れがない

6.4 

たわみが 3.5 mm 以下

局部圧縮

亀裂及び割れがない

6.5 

衝撃

亀裂及び割れがない

6.6 

耐燃性

燃え続けない

6.7 

滑り

滑り材の始動時の荷重が 98.1 N 以上

(長さ方向及び幅方向とも)

6.8 

耐候性

引張強さ変化率      −15 %以内

6.9 

伸び変化率                  50 %以内

注記  引張強さ変化率の“−”は劣化を表している。

形状及び寸法 

5.1 

形状 

デッキ材の形状は,

図 に示すとおりとする。


3

A 5721

:2013

a) 

連結形 b) 

単独形 

図 1−デッキ材の形状の一例 

5.2 

寸法 

デッキ材の寸法及び許容差は,

表 のとおりとする。ただし,長さは,受渡当事者間の協定によって記

載値以外とすることができる。この場合の許容差は,設定寸法に対して

20

0

mm

とする。

表 2−デッキ材の寸法及び許容差 

単位  mm

働き幅による区分

働き幅(W

a)

長さ(L

高さ(H

b)

寸法

許容差

寸法

許容差

寸法

許容差

90

c)

 90

±1.5 1

820

+20 25

±1.0

100

c)

 100

2

750  0

28

d)

150

形 150

±2.0 3

650

  30

180

形 180

4

550

200

形 200

300

形 300

±2.5

a)

連結形のデッキ材にあっては,見えがくれとなる連結部分は,働き幅に含めない。

b)

デッキ材の高さは,側面の肩口の足部を測定する。

c)

主として幅調整用とする。

d)

当分の間認める。

試験方法 

6.1 

試験片及び試験場所の状態 


4

A 5721

:2013

6.1.1 

試験片 

試験片の形状及び寸法は,

表 のとおりとする。

なお,試験片は,温度 20±2  ℃の条件下に 24 時間以上放置する。デッキ材から

表 に示す寸法の試験

片を採取できない場合は,これに代わる試験片によってもよい。この場合の試験片は,デッキ材と同一条

件で作製したものとする。

表 3−試験片の形状及び寸法 

試験項目

形状・寸法

個数

曲げ

原形のままで長さ 1 500 mm

3

局部圧縮

原形のままで長さ 300 mm

3

衝撃

原形のままで長さ 500 mm

3

耐燃性

製品から長さ 150 mm,幅 10 mm に切り取ったもの

1

滑り

原形のままで長さ 300 mm

1

耐候性

製品から長さ 150 mm,幅 30 mm に切

り取ったもの(

図 参照)

保存試験片

3

暴露試験片

3

単位  mm

図 2−耐候性試験片の形状・寸法(採取の例) 

6.1.2 

試験場所の状態 

試験は,20±5  ℃の場所で行う。

6.2 

外観 

デッキ材の外観は,目視によって検査する。

6.3 

寸法の測定 

デッキ材の寸法の測定は,次による。

a)

働き幅  試験体を平らな台に置き,長手方向の 3 か所を JIS B 7507 に規定するノギスなどの 1/20 mm

以上の精度をもつ測定器を用いて 0.1 mm まで測定し,3 点の平均値を求めて働き幅とする。

b)

長さ  試験体を平らな台に置き,試験体の全長の最短部分を,JIS B 7512 に規定する目量が 1 mm の


5

A 5721

:2013

巻尺又は JIS B 7516 に規定する目量が 1 mm の直尺を用いて測定する。

c)

高さ  試験体の長手方向のほぼ中央部の肩口足部 2 か所を JIS B 7507 に規定するノギスなどの

1/20 mm

以上の精度をもつ測定器を用いて測り,その平均値を求めて高さとする。

6.4 

曲げ試験 

試験片を

図 に示すように,スパン 450 mm で 4 か所を JIS B 1115JIS B 1122 若しくは JIS B 1125 のい

ずれかに規定するタッピンねじ又はこれらと同等以上の性能をもつタッピンねじなどで使用状態に固定し,

スパンの中央に 147.1 N の荷重を試験片の全幅にかけ,その点をたわみ量の原点とする。次に,588.4 N の

荷重を試験片の全幅に載荷し

1)

,そのときの中央部のたわみ量を JIS B 7503 に規定するダイヤルゲージな

どを用いて測定する。さらに,荷重を 1 471.0 N  とし,試験片の亀裂及び割れの有無を調べる。ただし,

連結形で働き幅 150 mm 以下のものについては 3 本連結し,中央の 1 本に上記と同じ操作を行う。試験は,

3

個の試験片について行う。たわみ量については,3 個の平均値を試験結果とする。

1)

たわみ量が,約 2 mm/min となる載荷速度で載荷するのがよい。

単位  mm

a)

連結形幅 150 mm 超の場合

b) 

連結形幅 150 mm 以下の場合 

図 3−曲げ試験の例 

6.5 

局部圧縮試験 

図 に示すように JIS A 1414-2 の 5.2(局部圧縮試験)によって試験片の裏面の補強がない箇所に

980.7 N

の荷重を 5 秒∼10 秒で達するように加え,圧入部分の亀裂及び割れの有無を調べる。試験は,

3

個の試験片について行う。


6

A 5721

:2013

単位  mm

図 4−局部圧縮試験の例 

6.6 

衝撃試験 

試験片を

図 に示すように,スパン 450 mm で支持し,裏面に補強がない箇所に,図 に示す質量 1 kg

のおもりを 1 200 mm の高さから自由落下させ,亀裂及び割れの有無を調べる。おもりは,JIS A 1408 に規

定するなす形おもり(W1-1000)を使用する。試験は,3 個の試験片について行う。

単位  mm

単位  mm

r≒26 mm

図 5−衝撃試験の例 

図 6−衝撃試験用おもり 

6.7 

耐燃性試験 

JIS K 6911

の 5.24(耐燃性)の A 法による。ただし,試験体は 1 体とする。

6.8 

滑り試験 

試験片を

図 のように平板上に固定し,その上に乾燥した長さ 200 mm,幅 100 mm,厚さ約 25 mm のラ

ワン材の表面に,厚さ 5 mm∼7 mm のフェルトを取り付けた滑り材を介して,質量 75 kg のおもりを載せ,

ばねばかりなどを用いて水平に徐々に力を加え,滑り材の始動時の荷重を長さ方向及び幅方向について,

それぞれ 3 回ずつ行い,その最小値を読み取る。

注記  フェルトには,R17M,R19M,R23M 又は R25W2 を使用するとよい。


7

A 5721

:2013

単位  mm

図 7−滑り試験の例 

6.9 

耐候性試験 

6.9.1 

促進暴露試験 

表 に規定する暴露試験片を用いて,JIS A 1415 の 6.2(オープンフレームカーボンアークランプによる

暴露試験方法)に従って促進暴露処理を行う。ただし,暴露試験方法は WS-A 法とし,水噴霧 18 分間,

水噴霧停止を 102 分間とする。また,試験時間は 500 時間とする。

6.9.2 

ウェザリングの評価試験 

ウェザリングの評価方法は,次による。

a)

暴露試験片及び保存試験片から,

図 に示す試験片をそれぞれ 3 個ずつ作り,試験片の中心から左右

20 mm

離れた所に標線を付ける。

単位  mm

図 8−ウェザリング評価用試験片 

b)  a)

で作ったそれぞれの試験片を引張試験機に取り付け,毎分 10 mm の速さで試験片が破断するまでの

最大荷重を測定し,次の式によって引張強さを求める。

w

t

P

T

×

ここに,

T: 引張強さ(N/mm

2

P: 試験片が破断するまでの最大荷重(N)

t: 引張前の試験片の厚さ(mm)

2)

w: 引張前の試験片の最小幅(mm)

また,試験片が破断したときの標線間の距離を測定し,次の式によって伸びを求める。


8

A 5721

:2013

Δll−40

ここに,

Δl: 伸び(mm)

l: 試験片が破断したときの標線間距離(mm)

試験片の幅,厚さ及び標線間距離は,0.01 mm まで測定する。測定値は 3 個の試験片の平均値とす

る。

2)

凹凸のあるものについては,最も厚い箇所で測定するのがよい。

c)

b)

の計算値に基づき,次のそれぞれの式によって,引張強さ変化率及び伸び変化率を求める。

100

1

1

2

×

T

T

T

ΔT

ここに,

ΔT: 引張強さ変化率(%)

T

1

保存試験片の引張強さ(N/mm

2

T

2

暴露試験片の引張強さ(N/mm

2

100

1

1

2

×

Δl

Δl

Δl

ΔL

ここに,

ΔL: 伸び変化率(%)

Δl

1

保存試験片の伸び(mm)

Δl

2

暴露試験片の伸び(mm)

検査 

検査は,合理的な抜取検査方式を用いて,品質,形状及び寸法について箇条 の試験を行ったとき,箇

条 及び箇条 に適合しなければならない。

表示 

8.1 

製品の表示 

この規格の全ての要求事項に適合したデッキ材には,次の事項を表示しなければならない。

a)

規格番号

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造年月又はその略号

d)

製品の種類又はその略号

8.2 

包装の表示 

デッキ材の包装には,次の事項を表示しなければならない。

a)

製造業者名又はその略号

b)

製造年月又はその略号

c)

材料名又はその略号

d)

形状による区分,働き幅による区分及び寸法

例 1  連結形−100(働き幅)−1820(長さ)−30(高さ)又は J-100-1820-30

例 2  単独形−180(働き幅)−2750(長さ)−25(高さ)又は S-180-2750-25

e)

1

包装内の数量

f)

この規格の番号

取扱い上の注意事項 

デッキ材には取扱説明書などを添付し,少なくとも次の項目について,注意事項を記載しなければなら


9

A 5721

:2013

ない。

a)

取扱い上の注意

1)

熱変形についての注意

2)

重量物を長期間置く場合の注意

3)

寒冷時の衝撃に対する注意

4)

清掃上の注意

b)

施工上の注意

1)

デッキ材の固定についての注意

2)

デッキ材の突合せ接続についての注意

3)

根太間隔についての注意


附属書 A

(参考)

技術上重要な改正に関する新旧対照表

現行規格(JIS A 5721:2013)

旧規格(JIS A 5721:1995)

改正理由

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

2

引用規

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,こ
の規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その
最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 1408

  建築用ボード類の曲げ及び衝撃試験方法

JIS A 1414-2

  建築用パネルの性能試験方法−第 2 部:力

学特性に関する試験

JIS A 1415

    高分子系建築材料の実験室光源による暴露

試験方法

JIS B 1115

    すりわり付きタッピンねじ

JIS B 1122

    十字穴付きタッピンねじ

JIS B 1125

    ドリリングタッピンねじ

JIS B 7503

    ダイヤルゲージ

JIS B 7507

    ノギス

JIS B 7512

    鋼製巻尺

JIS B 7516

    金属製直尺

JIS K 6911

    熱硬化性プラスチック一般試験方法

1. 

適 用

範囲 
備考 1. 

この規格の引用規格を,次に示す。

JIS A 1414

  建築用構成材(パネル)及びその構造部分の性能

試験方法

JIS A 1415

  プラスチック建築材料の促進暴露試験方法

JIS K 6911

  熱硬化性プラスチック一般試験方法

JIS L 3201

  羊毛長尺フェルト

JIS Z 8301

へ整合

させ 2  引用規格
に変更した。プラ

ス チ ッ ク デ ッ キ
材 の 各 種 試 験 の
測 定 に 用 い る 測

定 器 具 に 関 す る

JIS

を新たに引用

した。

6.2 

外観

デッキ材の外観は,目視によって検査する。

品 質 に 規 定 さ れ

て い る 項 目 で あ
るため,試験方法
に規定した。

10

A

 5721


2013


現行規格(JIS A 5721:2013)

旧規格(JIS A 5721:1995)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

6.3

寸 法

の測定

デッキ材の寸法の測定は,次による。

a)

働き幅  試験体を平らな台に置き,長手方向の 3 か所を
JIS B 7507

に規定するノギスなどの 1/20 mm 以上の精度

をもつ測定器を用いて 0.1 mm まで測定し,3 点の平均値
を求めて働き幅とする。

b)

長さ  試験体を平らな台に置き,試験体の全長の最短部
分を,

JIS B 7512

に規定する目量が 1 mm の巻尺又は JIS 

B 7516

に規定する目量が 1 mm の直尺を用いて測定す

る。

c)

高さ  試験体の長手方向のほぼ中央部の肩口足部 2 か所
を JIS B 7507 に規定するノギスなどの 1/20 mm 以上の精

度をもつ測定器を用いて測り,その平均値を求めて高さ
とする。

品質,性能が規定
さ れ て い る 項 目

であるため,試験
方法に規定した。

6.4

曲 げ

試験

試験片を

図 に示すように,スパン 450 mm で 4 か所を JIS B 

1115

JIS B 1122 若しくは JIS B 1125 のいずれかに規定する

タッピンねじ又はこれらと同等以上の性能をもつタッピン

ねじなどで使用状態に固定し,スパンの中央に 147.1 N の荷
重を試験片の全幅にかけ,その点をたわみ量の原点とする。
次に,588.4 N の荷重を試験片の全幅に載荷し

1)

,そのとき

の中央部のたわみ量を JIS B 7503 に規定するダイヤルゲー
ジなどを用いて測定する。さらに,荷重を 1 471.0 N  とし,
試験片の亀裂及び割れの有無を調べる。ただし,連結形で働

き幅 150 mm 以下のものについては 3 本連結し,中央の 1 本
に上記と同じ操作を行う。試験は,3 個の試験片について行
う。たわみ量については,3 個の平均値を試験結果とする。

1)

たわみ量が,約 2 mm/min となる載荷速度で載荷
するのがよい。

5.3

曲 げ

試験

試験片を

図 に示すように,スパン 450 mm で 4 か所をタッ

ピンねじなどで使用状態に固定し,スパンの中央に 147.1 N

{15 kgf}

の荷重を試験片の全幅にかけその点をたわみ量の原

点とし,更に 588.4 N {60 kgf}  の荷重を試験片の全幅に徐々に
加え,そのときの中央部のたわみ量を測定する。ただし連結
形で幅 150 mm 以下のものについては 3 本連結し,中央の 1

本に上記と同じ操作を行う。さらに荷重を 1 471.0 N {150 kgf} 
とし,試験片にき裂,割れの有無を調べる,試験は 3 個の試
験片について行う。

試 験 片 の 固 定 方
法 に つ い て 詳 細
を規定した。

載 荷 速 度 に つ い
ても,荷重の加え
方 を 補 助 す る た

め に 注 と し て 追
加した。 
たわみ量は,3 個

の 平 均 値 を 試 験
結 果 と す る こ と
が 分 か る よ う に

規定した。

6.5

局 部

圧縮試験

図 に示すように JIS A 1414-2 の 5.2(局部圧縮試験)によ
って試験片の裏面の補強がない箇所に 980.7 N の荷重を 5 秒
∼10 秒で達するように加え,圧入部分の亀裂及び割れの有
無を調べる。試験は,3 個の試験片について行う。

5.4

局 部

圧縮試験

図 に示すように JIS A 1414 の 6.9(局部圧縮試験)によって
試験片の裏面に補強がない箇所に 980.7 N {100 kgf}  の荷重を
加え,圧入部分に  き裂,割れの有無を調べる。試験は 3 個の
試験片について行う。

荷 重 の 加 え 方 に

ついて規定した。

11

A

 5721


2013


現行規格(JIS A 5721:2013)

旧規格(JIS A 5721:1995)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

6.7

耐 燃

性試験

JIS K 6911

の 5.24(耐燃性)の A 法による。ただし,試験体

は 1 体とする。

5.6

耐 燃

性試験

JIS K 6911

の 5.24(耐燃性)による。

試験方法を JIS K 

6911

の A 法と規

定した。また,試
験体は 1 体とする
旨を追加した。

6.8

滑 り

試験

試験片を

図 のように平板上に固定し,その上に乾燥した長

さ 200 mm,幅 100 mm,厚さ約 25 mm のラワン材の表面に,

厚さ 5 mm∼7 mm のフェルトを取り付けた滑り材を介して,
質量 75 kg のおもりを載せ,ばねばかりなどを用いて水平に
徐々に力を加え,滑り材の始動時の荷重を長さ方向及び幅方

向について,それぞれ 3 回ずつ行い,その最小値を読み取る。

注記  フェルトには,R17M,R19M,R23M 又は R25W2

を使用するとよい。

単位  mm

図 7−滑り試験の例 

5.7

滑 り

試験

試験片を

図 のように平板上に固定し,その上に乾燥した長

さ 200 mm,幅 100 mm,厚さ約 25 mm のラワン材の表面に,

JIS L 3201

に規定する R19M 又は R17M で厚さ 7 mm のフェル

トを取り付けた滑り材を介して,質量 75 kg のおもりを載せ,
ばねばかりなどを用いて水平に徐々に力を加え,滑り材の始

動時の荷重を長さ方向及び幅方向について,それぞれ 3 回ず
つ行い,その最小値を読みとる。

図 

単位  mm

JIS L 3201

(羊毛

長尺フェルト)の

廃 止 が 予 定 さ れ
て い る こ と に 伴
い,フェルトの種

類,厚みなどを変
更した。

12

A

 5721


2013


現行規格(JIS A 5721:2013)

旧規格(JIS A 5721:1995)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

6.9.1 

進暴露試

表 に規定する暴露試験片を用いて,JIS A 1415 の 6.2(オ
ープンフレームカーボンアークランプによる暴露試験方法)

に従って促進暴露処理を行う。

ただし,

暴露試験方法は WS-A

法とし,水噴霧 18 分間,水噴霧停止を 102 分間とする。ま
た,試験時間は 500 時間とする。

5.8.1 

進暴露試

表 に規定する暴露試験片を用いて,JIS A 1415 に規定する
操作方法に従って促進暴露試験を行う。ただし,試験装置は

WS

型を使用し,試験時間は 500 時間とする。

JIS A 1415

に規定

さ れ て い る オ ー

プ ン フ レ ー ム カ
ー ボ ン ア ー ク 試
験 方 法 の WS-A

法 で あ る こ と を
明確に記述した。
また,試験条件を

JIS A 1415

と同様

に記載した。

13

A

 5721


2013