>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 5548

:2015

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  種類・区分  

1

4.1

  用途による区分  

1

4.2

  主成分の種類  

2

4.3

  ホルムアルデヒド放散基準による区分  

2

5

  品質 

2

5.1

  外観  

2

5.2

  侵食性  

2

5.3

  有機溶剤の使用の有無  

2

5.4

  性能  

2

5.5

  可使時間及び張付け可能時間  

2

5.6

  ホルムアルデヒド放散特性  

3

6

  試験 

3

6.1

  試験の一般条件  

3

6.2

  試験に用いる材料及び用具  

4

6.3

  試験方法  

5

7

  検査 

11

8

  製品の呼び方  

11

9

  表示 

12

10

  取扱い上の注意事項  

12

附属書 A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表  

13


A 5548

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本接着剤工業会

(JAIA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS A 5548:2003 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 28 年 6 月 20 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS マ

ーク表示認証において,JIS A 5548:2003 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 A

5548

:2015

セラミックタイル張り内装用有機系接着剤

Interior organic adhesives for ceramic tiles

適用範囲 

この規格は,建築物の内壁面に JIS A 5209 に規定するセラミックタイルを施工する場合に使用する有機

系接着剤(以下,接着剤という。

)について規定する。

なお,技術的に重要な改正に関する新旧対照表を

附属書 に記載する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 5209

  セラミックタイル

JIS A 5430

  繊維強化セメント板

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS K 6800

  接着剤・接着用語

JIS K 7100

  プラスチック−状態調節及び試験のための標準雰囲気

JIS R 3202

  フロート板ガラス及び磨き板ガラス

JIS R 5201

  セメントの物理試験方法

JIS R 6252

  研磨紙

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS K 6800 によるほか,次による。

3.1

合成樹脂系エマルション

合成樹脂を水に分散させたもの。

3.2

張付け可能時間

接着剤塗布後タイルを接着するまでの時間のうち,所定の接着強さを満足する時間。

種類・区分 

4.1 

用途による区分 

接着剤は,その用途によって,

表 のとおり区分する。


2

A 5548

:2015

表 1−用途による区分 

区分

用途

タイプ I

湿っている下地に張付け後,長期にわたって水及び

温水の影響を受ける箇所に用いるもの。

タイプ II

ほぼ乾燥している下地に張付け後,間欠的に水及び
温水の影響を受ける箇所に用いるもの。

タイプ III

ほぼ乾燥している下地に張付け後,水及び温水の影
響を受けない箇所に用いるもの。

4.2 

主成分の種類 

接着剤は,その主成分の種類によって,

表 のとおりとする。

表 2−主成分の種類 

種類

主成分内容

合 成 樹 脂 系 エ マ
ルション形

合成樹脂系エマルション,例えば,アクリルエマルシ
ョンを主成分としたもので,その他の樹脂,添加剤,

充塡剤などを配合したもの。

エポキシ樹脂系

エポキシ樹脂を主成分とし,その他の樹脂,添加剤,

充塡剤などを配合したもの。

ウレタン樹脂系

ウレタン樹脂を主成分としたもの。

変 成 シ リ コ ー ン

樹脂系

変成シリコーン樹脂を主成分としたもの。

4.3 

ホルムアルデヒド放散基準による区分 

接着剤は,ホルムアルデヒド放散基準による区分を

表 の 1 区分とする。

表 3−ホルムアルデヒド放散基準による区分 

区分

記号

内容

F

☆☆☆☆等級  F☆☆☆☆

ユリア樹脂,メラミン樹脂,フェノール樹脂,レゾルシノール

樹脂,ホルムアルデヒド系防腐剤,メチロール基含有モノマー
及びロンガリット系触媒のいずれをも使用してはならない。

品質 

5.1 

外観 

接着剤の外観は,均質で,有害と認められる異物の混入があってはならない。

5.2 

侵食性 

接着剤は,これに接するタイル,下地などを侵すものであってはならない。

5.3 

有機溶剤の使用の有無 

接着剤は,トリフェニルスズ化合物及びトリブチルスズ化合物,炭素数 3 以下の塩素化合物,並びに二

硫化炭素を使用してはならない。

5.4 

性能 

接着剤は,箇条 の試験に従って

表 に○印で示す試験項目の試験を行ったとき,表 及び 5.5 の規定

に適合しなければならない。

5.5 

可使時間及び張付け可能時間 

接着剤は,6.3.5 及び 6.3.6 の試験を行ったとき,製品の容器に表示した時間に適合しなければならない。


3

A 5548

:2015

ただし,可使時間は二液形に適用する。

表 4−品質試験項目 

区分

混練終結確認

容易性

接着強さ

耐熱性

ずれ抵抗性

可使時間

張付け可能時

標準

温水

乾燥・水中

乾燥・湿潤

熱劣化

低温硬化

アルカリ水中

タイプ I

タイプ II

タイプ III

表 5−特性 

性能

判定基準

適用試験箇条

混練終結確認容易性

混練終結時の色が明瞭である。

6.3.1 

接着強さ

a)

N/mm

2

標準 0.60 以上

6.3.2 

温水 0.30 以上

乾燥・水中 0.30 以上

乾燥・湿潤 0.30 以上

熱劣化 0.30 以上

低温硬化 0.30 以上

アルカリ水中 0.30 以上

耐熱性 60

℃,

おもり 4.5 kg で 24 時間経過後に,

タイルの剝がれ落ちがない。

6.3.3 

ずれ抵抗性

ずれが生じない。

6.3.4 

混練終結確認容易性は,二液形に適用する。

a)

接着強さは,この数値未満の場合でも,その破断位置が下地試料又はセラミック
タイルであれば適合とする。

5.6 

ホルムアルデヒド放散特性 

接着剤は,ユリア樹脂,メラミン樹脂,フェノール樹脂,レゾルシノール樹脂,ホルムアルデヒド系防

腐剤,メチロール基含有モノマー及びロンガリット系触媒のいずれをも使用してはならない。

試験 

6.1 

試験の一般条件 

試験の一般条件は,次による。

a)

試験体の作製は,特に指定のない限り標準状態で行う。ここでいう標準状態とは,JIS K 7100 に規定

する標準雰囲気 2 級[温度 23±2  ℃,湿度(50±10)%]をいう。

b)

接着剤,試験に用いる材料及び用具は,標準状態の室内に試験体の作製前 24 時間以上放置しておかな

ければならない。

c)

接着剤は,試験に際して,よくかき混ぜてから用いる。ただし,一液形のウレタン樹脂系及び変成シ

リコーン樹脂系はこの限りではない。

d)

二液形の接着剤を試験するときは,主剤と硬化剤とを製造業者の定めた割合にとり,練り上がり約 300


4

A 5548

:2015

g

を大きさ約 300 mm×300 mm,厚さ約 5 mm のガラス板上に載せ,直ちに適切なへらを用いて均質に

なるようによく練り混ぜる。

6.2 

試験に用いる材料及び用具 

試験に用いる材料及び用具は,次のとおりとする。

a)

試験に用いる材料及び用具は,

表 による。

表 6−試験に用いる材料及び用具 

材料及び用具

材質

繊維強化セメント板

JIS A 5430

に規定するフレキシブル板。

モルタル板

JIS R 5201

の 11.5(供試体の作り方)に規定する方法によって調製した

モルタルを,内のり寸法 70 mm×70 mm×20 mm の金属製型枠を用いて
成形し,温度 20±3  ℃,湿度 80 %以上の状態で 24 時間養生した後脱型

し,その後 6 日間,20±2  ℃の水中で養生する。さらに,7 日間以上養

生室で養生した後,JIS R 6252 に規定する研磨材の粒度による P150 の研
磨紙を用いて成形時の下面を十分に研磨して試験用基板としたもの。

セラミックタイル

JIS A 5209

に規定するセラミックタイルで,BIII 施ゆうタイル,100 mm

角,裏面無処理のもので裏あしのないもの。

ガラス板

JIS R 3202

に規定するフロート板ガラス及び磨き板ガラス。

標準くし目ごて

JIS G 3101

に規定する SS330。

鉄片,ジグ

b)

試験に用いる塗布用具は,標準くし目ごてとする。ただし,製造業者の指定するくし目ごてを用いて

もよい。標準くし目ごての形状・寸法は,

図 による。厚さは 0.8±0.2 mm とする。

単位  mm

部位

寸法

a 130

±10

b 150

±5

c 85

±5

d 3

±0.2

e 3

±0.5

f 3

±0.2

図 1−くし目ごて 

c)

試験体の作製に用いる鉄片の接着面は,40 mm×40 mm の正方形とし,その他の形状・寸法の例を

2

に示す。


5

A 5548

:2015

単位  mm

図 2−鉄片(例) 

6.3 

試験方法 

6.3.1 

混練終結確認容易性(二液形に適用) 

混練終結確認容易性試験は,主剤及び硬化剤を約 300 mm×300 mm,厚さ約 5 mm のガラス板上に,製

造業者の示す割合で合計約 200 g∼300 g 程度となるように採取し,へらで十分に均質になるよう約 3 分間

混練する。

練り混ぜ前の主剤及び硬化剤と混練終了後のものとを比較して,目視によって混練終結が明瞭であるこ

とを確認する。

6.3.2 

接着強さ 

接着強さ試験は,次による。

a)

試験用材料  試験用材料は,次による。

1)

下地材  下地は,表 に規定するモルタル板とし,大きさ 70 mm×70 mm,厚さ 20 mm とする。表

面は,ごみ,その他の異物の付着がないように清掃する。

2)

セラミックタイル  表 に規定するセラミックタイル(以下,タイルという。)は,あらかじめ 40 mm

×40 mm の大きさに切断したものを用いる。

b)

試験体の作製  試験体の作製は,次による。

1)

下地材の処理  タイプ I の接着剤の試験に供試するモルタル板は,各試験とも 23±2  ℃の水中に 7

日間浸せきしたものを用いる。水中から取り出したモルタル板は,布などを用いて軽く被着面を拭

った後,直ちに供試接着剤を塗布する。

なお,タイプ II 及びタイプ III は

表 のモルタル板を用いる。

2)

供試接着剤の塗布  供試接着剤の塗布操作を行うときは,図 に示す鉄製塗布用補助枠に,平滑面

を上にして下地材 5 枚を隙間なく挿入固定し,

図 に示すように,下地材を粘着テープで 3 方を約

7 mm

覆うように張り付け,供試接着剤の適量を載せて,へらなどを用いて厚さ約 3 mm に塗布した

後,6.2 b)  に規定する標準くし目ごてを角度約 60 度に立てて両手で一気に手前に引いて,供試接着

剤を 5 枚の下地材に均一に塗布する。粘着テープは,供試接着剤塗布後直ちに静かに剝がして取り

去る。


6

A 5548

:2015

単位  mm

部位

寸法

a 350

±1

b 70

±0.5

c 10

±4

d 20

±1

図 3−鉄製塗布用補助枠,供試接着剤 

単位  mm

図 4−供試接着剤の塗布(例) 

3)

タイルの張付け  供試接着剤塗布後,20 分の待ち時間をとり,a) 2)に規定するタイルを供試接着剤

が塗布してあるそれぞれの下地材の中央に静かに載せ,更に各タイル上に質量 1 kg のおもりを約 30

秒間載せた後,おもりを取り除き,7 日間養生する。

4)

鉄片の取付け  養生 4 日から 6 日までの間に 6.2 c)に規定する鉄片を標準状態の中でエポキシ樹脂

系接着剤など

1)

でタイルに接着し,

図 のように取り付けておく(試験体作製時に,タイルの施ゆ

う面を研磨紙などで,目荒ししておくとよい。

1)

この接着剤は,供試接着剤の接着強さより大きいものを用いる。


7

A 5548

:2015

図 5−鉄片の取付け 

c)

試験体の養生  試験体の養生は,標準養生,低温養生及び高温養生とし,養生の条件は表 による。

表 7−養生及び処理の条件 

条件

項目

時間

h

温度

水分

養生 
条件

標準養生 168

23

±2 50±10(RH%)

低温養生 168

5

±2

高湿養生 168

23

±2 90 以上(RH%)

処理

条件

温水浸せき処理 24  50±2

温水中

乾燥・水中浸せき

繰返し処理

4 23

±2

水中

20 60

±2 50±10(RH%)

これを 1 サイクルとして 4 サイクル繰り返す。

乾燥・湿潤繰返し

処理

4 23

±2 90±10(RH%)

20 60

±2

乾燥

これを 1 サイクルとして 4 サイクル繰り返す。

熱劣化処理 672

60

±2

乾燥

低温硬化処理 672  5±2

アルカリ水中浸せ
き処理

48 23

±2

水酸化カルシウ
ム飽和溶液中

d)

試験体の処理  試験体の処理は,次による。

1)

標準  標準養生を行った後の処理は行わない。

2)

温水  低温養生を行った後,恒温水槽内において表 に示す温水浸せき処理を行う。

3)

乾燥・水中  低温養生を行った後,表 に示す乾燥・水中浸せき繰返し処理を行う。乾燥は恒温恒

湿槽(室)で行い,水中へは

図 に従って浸せきする。

4)

乾燥・湿潤  高湿養生を行った後,表 に示す乾燥・湿潤繰返し処理を行う。乾燥は恒温槽(室),

湿潤は恒温恒湿槽(室)で行う。

5)

熱劣化  標準養生を行った後,表 に示す熱劣化処理を恒温室内で行う。

6)

低温硬化  低温養生を行った後,表 に示す低温硬化処理を恒温室内で行う。

7)

アルカリ水中  標準養生を行った後,表 に示すアルカリ水中浸せき処理を行う。水酸化カルシウ

ム飽和溶液中へは

図 に従って浸せきする。


8

A 5548

:2015

単位  mm

図 6−試験体の水中浸せき 

e)

接着強さ試験

1)

試験機  試験機は,破壊荷重が試験機の容量の 15 %∼85 %に相当する引張試験機で,変位速度が 3

mm/min

に調節できるものとする。

2)

接着強さ  接着強さは,b)  によって作製した試験体を表 に示す養生及び処理を行った後,図 

示すジグ及び

図 に示す補助枠を用いて,試験機に図 の方法で取り付けて,変位速度は 3 mm/min

で引張試験を行い,破断するまでの最大荷重を測定し,破断の状況を記録する。

なお,引張試験は,養生終了後,直ちに行うものとする。ただし,乾燥・湿潤繰返し処理及び熱

劣化処理を行った試験体は,標準状態で 24 時間静置した後に行う。

図 7−ジグ 

単位  mm

部位

寸法

a 21

±5

b 80

±5

c 50

±5


9

A 5548

:2015

単位  mm

部位

寸法

a 12.5

±3

b 45

±3

図 8−補助枠 

図 9−ジグの取付け 

3)

接着強さの求め方  接着強さは,次の式によって求める。

A

P

F

=

ここに,

F

接着強さ(N/mm

2

P

最大荷重(N)

A

タイルの面積(mm

2

接着強さは,5 個の試験体の平均値を求め,四捨五入によって,小数点以下 2 桁で表す。

4)

破断の状況の記録  破断の状況は,次のように記録する。破断面を観察し,最大面積を示す破断の

位置を

図 10 に従って目視によって測定し,その破断の位置を記号で示す。

記号

破断の位置

G

下地材

GA

下地材と供試接着剤との界面

A

供試接着剤

AB

供試接着剤とタイルとの界面

B

タイル

図 10−破断位置 


10

A 5548

:2015

なお,鉄片とタイルとの界面で破断を生じた試験体については,その試験体の個数に応じて再試験を行

い,先の試験値と合わせて 5 個の試験体の平均値で表す。

6.3.3 

耐熱性 

図 11 に示すように,タイル相互を 10 mm 上下にずらして裏面同士を接着し,表 の標準養生をした試

験体を 60  ℃の恒温槽(室)にほぼ鉛直につるし,一方のタイルに質量 4.5 kg のおもりをかけ,24 時間そ

のままとする。タイルの剝がれ落ちの有無を観察する。

単位  mm

図 11−耐熱性試験方法 

6.3.4 

ずれ抵抗性 

ずれ抵抗性試験は,次による。

a)

試験用材料  試験用材料は,次による。

1)

下地材  下地は,表 に規定する厚さ 8 mm のフレキシブル板を 200 mm×500 mm の大きさに切断

し,その短辺の両端に 5 mm 角の棒材をエポキシ樹脂系接着剤で張り付けたものとする。表面は,

ごみ,その他の異物の付着がないように清掃する。

2)

セラミックタイル  表 に規定するセラミックタイルを用いる。

b)

試験体の作製及び試験方法

1)

供試接着剤の塗布  供試接着剤の塗布操作を行うときは,供試接着剤の適量をとり,へらなどを用

いて下地材に厚さ約 3 mm で塗布した後,6.2 b)に規定する標準くし目ごてを角度約 60 度に立てて

両手で一気に引いて余分の接着剤を取り除く。くし目の方向は,下地材の長辺方向に平行方向及び

直角方向の二通りとする。

2)

試験方法  供試接着剤塗布後 5 分以内に,a) 2)に規定するタイルを図 12 に示すとおり供試接着剤が

塗布してある下地材へ静かに載せ,更にその上に質量 5 kg のおもりを約 30 秒間載せた後,おもり

を取り去り,試験体中央部に墨,油性ペンなどで印を付け,基準線とする。

直ちに試験体を垂直に立てる。24 時間経過後に基準線からのずれ長さを,精度 0.5 mm 以上の長

さ測定器を用いて測定する。


11

A 5548

:2015

単位  mm

図 12−ずれ抵抗性試験 

6.3.5 

可使時間 

可使時間の試験は,二液形に適用し,次による。

a)

接着剤が 23±2  ℃であることを確認する。

b)

主剤及び硬化剤を製造業者の指定する割合で合わせて 300 g 程度になるように採取し,へらで均質に

なるように 3 分間混練する。その後,200 g 以上入る容器に気泡が入らいないように充塡する。

c)

直ちに回転式粘度計で粘度測定を行い,10 分間隔で測定を継続する。製造業者が事前に設定した粘度

範囲を超えない時間を可使時間とする。

6.3.6 

張付け可能時間 

張付け可能時間の試験は,次による。

a)

試験用材料及び試験方法は,6.3.2 による。試験体は,タイルの張付けを 20 分以降は 10 分おきに行う。

ただし,張付け可能時間があらかじめ想定できる場合,待ち時間を変更することができる。

b)

標準養生を行った後,測定によって得られた結果が 0.6 N/mm

2

を下回らない時間を張付け可能時間と

する。

検査 

接着剤は,合理的な抜取検査方式によって試料を抜き取り,5.15.5 の規定を満足する場合は合格とす

る。ただし,5.6 については,新しく設計したとき又は品質に影響を及ぼす技術的生産条件を大幅変更した

ときに行う。

製品の呼び方 

製品の呼び方は,次の例に示すとおり,ホルムアルデヒド放散基準による区分の記号,主成分の種類,

規格名称及び用途による区分の順とする。


12

A 5548

:2015

例  F☆☆☆☆・合成樹脂系エマルション形・セラミックタイル張り内装用有機系接着剤・

(タイプ II)

用途による区分

規格名称

主成分の種類

ホルムアルデヒド放散基準による区分の記号

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した接着剤の容器には,容易に消えない方法で,次の事項を表示しな

ければならない。

a)

製品の呼び方

b)

適用できるタイル

c)

可使時間(二液形の場合に表示)

d)

張付け可能時間

e)

1

回当たり塗布面積

f)

正味質量

g)

製造年月日又はロット番号(ロット番号は製造年月日が明確である表示方法とする。

h)

有効期限又は有効期間

i)

製造業者名又はその略号

表示例

商品名

製品の呼び方

製造業者名又はその略号

○  ○株式会社

製造年月日

年  月  日

可使時間

○  ○  分間

正味質量

○  ○  kg 1 回当たり塗布面積

m

2

張付け可能時間

○  ○分間

有効期限又は有効期間

適用できるタイル

セラミックタイル

10 

取扱い上の注意事項 

接着剤のカタログ,取扱説明書などに,次の事項を記載しなければならない。

a)

保管には直射日光を避けるとともに,凍結が起こらないように,気温の変化に注意する。

b)

気温 5  ℃以上で使用する。

c)

接着剤の安全な取扱いについては,製造業者の指定する注意事項を守る。


13

A 5548

:2015

附属書 A

(参考)

技術上重要な改正に関する新旧対照表

現行規格(JIS A 5548:2015)

旧規格(JIS A 5548:2003)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

規格名称

セラミックタイル張り内装用有機系接着剤

Interior organic adhesives for ceramic tiles

規格名称

陶磁器質タイル用接着剤

Organic adhesives for ceramic tiles

引用規格である JIS A 5209 が 2014
年の改正において,規格名称が“陶

磁器質タイル”から“セラミック

タイル”へ変更されたため。

2

引用規格

削除

JIS K 6800

  接着剤・接着用語  の追加

2.

引用規格

JIS Z 1525

  包装用ポリ塩化ビニル粘着テープ

試験体作製時の養生に使用するテ
ープのため,性能規定まで必要な

いと判断したため。

3

用語及び

定義

削除

3.

定義

b)

合成ゴムラテックス

同成分系の接着剤は既に市販され

ていないため。

削除

 f)

反応硬化形 

区分を見直したため。

表 2  主 成
分の種類

・  削除 
・  削除

表 2  主成分
による区分

・  合成ゴム系ラテックス形 
・  エポキシ変成合成ゴム系ラテックス形

・  同成分系の接着剤は既に市販

されていないため。

・  エ ポ キ シ 樹 脂 系   エ ポ キ シ 樹 脂 を 主 成 分 と

し,その他の樹脂,添加剤,充塡剤などを配

合したもの。

・  エポキシ樹脂系反応硬化形  エポキシ樹脂

を主成分とする主剤と,硬化剤との二液混

合形の接着剤で,それぞれに,その他の樹
脂,添加剤,充塡剤などを配合したもの。

・  他 成 分 系 に お い て も 反 応 硬

化,二液混合形が存在するこ

とから整合させたため。

5

品質

d)  項の削除

5.

品質

d)

接着剤は,常温・常湿において,製造後 6

か 月 間 保 存 し て も 著 し い 品 質 の 低 下 がな

く,かつ,e)及び f)の品質に適合しなければ
ならない。

製造業者が有効期限又は有効期間

を表示しており,また,6 か月保

存後の品質確認を規定すると品質
の維持向上のための製品開発及び

改良の時間的制約となること,接

着剤に関連するその他の JIS では
有効期限に関する規定を設けてい

ないことから削除。

表 4  品 質
試験項目

削除

表 4  品質試
験項目

貯蔵安定性

13

A

 5

548


201

5


14

A 5548

:2015

現行規格(JIS A 5548:2015)

旧規格(JIS A 5548:2003)

改正理由

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

表 5  特性

・  単位 N/mm

2

・  削除

・  標準  0.60 以上 
・  温水  0.30 以上

・  乾燥・水中  0.30 以上

・  乾燥・湿潤  0.30 以上 
・  熱劣化  0.30 以上

・  低温硬化  0.30 以上

・  アルカリ水中  0.30 以上

表 5  判定基

・  単位 N/cm

2

・  貯蔵安定性

・  標準  58.8 以上 
・  温水  29.4 以上

・  乾燥・水中  29.4 以上

・  乾燥・湿潤  29.4 以上 
・  熱劣化  29.4 以上

・  低温硬化  29.4 以上

・  アルカリ水中  29.4 以上

単位を全て N 及び N/mm

2

に統一し

たことによる。また,有効桁数を

2

桁にして,旧規格値以上の設定

となるようにした。ただし,おも

り,荷重は kg を継続。

6.1

試 験 の

一般条件

c)

接着剤は,試験に際して,よくかき混ぜてか
ら用いる。ただし,一液形のウレタン樹脂系

及び変成シリコーン樹脂系は除く。

6.1

試 験 の

一般条件

c)

接着剤は,試験に際して,よくかき混ぜて
から用いる。

接着剤が分離した状態で使用され
ないことからの記載であるが,一

液形湿気硬化タイプの接着剤では

適さないため。

d)

二液形の接着剤 d)  エポキシ樹脂系の接着剤 

表 6  試 験
に用いる材
料及び用具

・  繊維強化セメント板

フレキシブル板

表 6  試験に
用 い る 材 料
及び用具

・  スレート

フレキシブル板

引 用 規 格 の 改 正 に 伴 う 整 合 の た

め。

・  セラミックタイル

JIS A 5209

に規定するセラミックタイルで,

BIII

施ゆうタイル,100 mm 角,裏面無処理の

もので裏あしのないもの。

・  陶磁器質タイル

JIS A 5209

に規定する内装陶磁器質タイ

ルで 100 mm 角,裏面無処理のもので,9.

の適用タイルに規定するもの。

貯蔵安定性(一液形に適用)項の削除

6.3.1

貯蔵安

定性(一液形

に適用)

4 kg

以上の缶入り接着剤 2 缶を 1 kg ずつに分け

1 kg

缶 8 個を用意する。

この中の 4 缶を貯蔵安定性試験に供する。4 週

間のうち,最初の 2 週間は 23±2  ℃,後半の 2
週間は 50±2  ℃で貯蔵し,その後の容積及び粘

度に著しい変化が見受けられるかどうか目視に

よって調べる。 
なお,残りの 1 kg 缶 4 個の接着剤は,ほかの試

験に供するものとする。

箇条 5(品質)と同理由による。

6.3.1

混 練

終結確認容
易性(二液

形に適用)

練り混ぜ前の主剤及び硬化剤と混練終了後のもの

とを比較,目視によって混練終結が明瞭であるこ
とを確認する。

6.3.2

混練終

結 確 認 容 易
性(二液混合

形に適用)

目視によって混練終結と色が明瞭であることを

確認する。

確認する比較対象が明確になるよ

うに追記。

14

A

 5

548


201

5


15

A 5548

:2015

現行規格(JIS A 5548:2015)

旧規格(JIS A 5548:2003)

改正理由

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

6.3.2

接 着

強さ

a)  試験用材料

1)

下地材

表 に規定するモルタル板

2)

セラミックタイル

表 に規定するセラミ

ックタイル

6.3.3

接着強

さ試験方法

a)  試験用材料

1)

下地材  モルタル板

2)

陶磁器質タイル  陶磁器質タイル

表 を引用。

b)  試験体の作製

3)

タイルの張付け  供試接着剤塗布後,20 分
の待ち時間

b)  試験体の作製

3)

タイルの張付け  接着剤塗布後,通常,

20

分の待ち時間

待ち時間を明確にするため。

c)  試験体の養生  を追加

d)  試験体の処理

1)

標準  を追加

2)

温水  低温養生を行った後,恒温水槽内にお

いて

表 に示す温水浸せき処理を行う。

3)

乾燥・水中  低温養生を行った後,

表 に示

す乾燥・水中浸せき繰返し処理を行う。乾燥

は恒温恒湿槽(室)で行い,水中へは

図 6

に従って浸せきする。

4)

乾燥・湿潤  高湿養生を行った後,

表 に示

す乾燥・湿潤繰返し処理を行う。乾燥は恒温
槽(室)

,湿潤は恒温恒湿槽(室)で行う。

5)

熱劣化  標準養生を行った後,

表 に示す熱

劣化処理を恒温室内で行う。

6)

低温硬化  低温養生を行った後,

表 に示す

低温硬化処理を恒温室内で行う。

c)  試験体の処理

1)

温水浸せき  低温養生を行った後,

表 7

に示す養生を恒温水槽内において行う。

2)

乾燥・水中浸せき繰返し  低温養生を行

った後,

表 に示す養生を行う。乾燥は

恒温恒湿室で行う。水中へは

図 に従っ

て浸せきする。

3)

乾燥・湿潤繰返し  高湿養生を行った後,
表 に示す養生を行い,乾燥は恒温室で
行う。湿潤は恒温恒湿室で行う。

5)

熱劣化  標準養生を行った後,

表 に示

す養生を恒温室内で行う。

6)

低温硬化  低温養生を行った後,

表 

示す養生を恒温室内で行う。

養 生 と 処 理 の 表 現 が 混 在 し て お
り,不明瞭であったため。 
表 に記載の接着強さの項目に合
わせた記載とした。 
“養生”と“処理”の使用方法を

明確にした。

 7)

アルカリ水中  標準養生を行った後,

表 7

に示すアルカリ水中浸せき処理を行う。水酸

化カルシウム飽和溶液中へは

図 に従って

浸せきする。

 4)

アルカリ水中浸せき  標準養生を行った
後,

表 に示す養生を行う。水酸化カル

シウム飽和溶液中へは

図 に従って浸せ

きする。

e)  接着強さ試験

2)

表 に示す養生及び処理を行った後

d)  接着強さ試験

2)

表 に示す養生を行った後

 3)

接着強さは,5 個の試験体の平均値を求め,

四捨五入によって,小数点以下 2 桁で表す。

3)

接着強さは,5 個の試験体の平均値で表

す。

規格値の変更に伴う変更,及び数

値の丸め方を明記した。

15

A

 5

548


201

5


16

A 5548

:2015

現行規格(JIS A 5548:2015)

旧規格(JIS A 5548:2003)

改正理由

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

6.3.3

耐 熱

・タイル相互を 10 mm 上下にずらして裏面同士を

接着

6.3.4

耐熱性

試験方法

・タイル相互を 10 mm 上下にずらして接着

張付け面を明確にした。

6.3.4

ず れ

抵抗性

a)  試験用材料

1)

下地材

表 に規定する厚さ 8 mm のフレキ

シブル板

6.3.5

ずれ抵

抗 性 試 験 方

a)  試験用材料

1)

下地  厚さ 8 mm のフレキシブル板

表 に材料を規定する記載がある
ため。

2)

セラミックタイル

表 に規定するセラミ

ックタイル

b)  試験体の作製及び試験方法

2)

陶磁器質タイル  9.に規定する適用タイ

ルで 100 mm 角タイル

b)  試験体の作製及び試験方法

2)

試験方法  試験体中央部に墨,油性ペンなど
で印を付け,基準線とする。

2)

試験方法  試験体中央部に墨を打ち,基
準線とする。

タイル厚さによって墨打ちが適切
にできない場合があるため。 

6.3.5

可 使

時間

可使時間の試験手順をより詳細に規定。

6.3.6

可使時

間 及 び 張 付

け可能時間

可使時間及び張付け可能時間の定め方は,

表 5

に規定する標準接着強さを満足する最長の時間

とする。

JIS K 6870

を参考にタイル施工に

おいて適切な粘度変化を用いるこ

ととした。

6.3.6

張 付

け可能時間

張付け可能時間の試験手順をより詳細に規定。

試験方法を明確にした。

8

製品の呼

び方

・  セラミックタイル張り内装用有機系接着剤

8.

製 品 の 呼

び方

・  陶磁器質タイル用接着剤

規格名称変更による変更。

9

表示

削除

g)

製造年月日又はロット番号

9.

表示

g)

ロット番号

h)

製造年月日

ロット番号は製造年月日が明確で

ある表示方法と規定したため。

16

A

 5

548


201

5