>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 5540:2008

(1)

目  次

ページ

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  構成

1

4  製品の形式及び呼び方 

2

5  性能

4

5.1  引張強度 

4

5.2  永久変形 

4

6  試験方法

4

6.1  引張強度 

4

6.2  永久変形 

4

7  検査

4

7.1  引張強度 

5

7.2  永久変形 

5

8  包装

5

9  表示

5

9.1  包装の表示 

5

9.2  製品の表示 

5

10  報告書

5

附属書A(規定)ターンバックルボルトの種類,形状及び寸法

6


 
A 5540:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本鋼構

造協会(JSSC)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS A 5540:2003 は改正され,また,JIS A 5542:2003 は廃止され,この規格に置き換えら

れた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 A

5540

:2008

建築用ターンバックル

Turnbuckle for building

適用範囲 

この規格は,建築物の筋かいなどに用いる建築用ターンバックル(以下,ターンバックルという。

)につ

いて規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 5541  建築用ターンバックル胴

JIS B 0205-2  一般用メートルねじ−第 2 部:全体系

JIS B 0209-3  一般用メートルねじ−公差−第 3 部:構造体用ねじの寸法許容差

JIS B 0251  メートルねじ用限界ゲージ

JIS B 1180  六角ボルト

JIS B 1181  六角ナット

JIS B 1186  摩擦接合用高力六角ボルト・六角ナット・平座金のセット

JIS B 7507  ノギス

JIS G 3101  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3136  建築構造用圧延鋼材

JIS G 3138  建築構造用圧延棒鋼

JIS G 4321  建築構造用ステンレス鋼材

JIS H 8641  溶融亜鉛めっき

構成 

ターンバックルの構成は,次による。

a)  ターンバックルは,建築用ターンバックル胴(以下,ターンバックル胴という。)1 個と建築用ターン

バックルボルト(以下,ターンバックルボルトという。

)2 本とから構成する。ただし,必要寸法を確

保するために,長尺のターンバックルボルト(以下,長尺用ターンバックルボルトという。

)を必要と

する場合は,両ねじボルトと羽子板ボルトとを接続用ターンバックル胴でつないだものを 1 本のター

ンバックルボルトとみなす(この構成のものを以下,長尺用ターンバックルという。

b)  ターンバックルボルトは,附属書 による。 
c)  ターンバックル胴は,JIS A 5541 による。

d)  製品は,使用する材料の鋼種,めっき処理の有無によって炭素鋼製品,溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製



A 5540:2008

品及びステンレス鋼製品に区分する。ターンバックルボルト及びターンバックル胴は,

表 A.1 及び JIS 

A 5541 の表 に示す同一の製品区分同士の組合せとする。

製品の形式及び呼び方 

ターンバックルの形式は,ターンバックルボルトとターンバックル胴との種類の組合せによって決まる。

その呼び方は,規格番号,

表 A.1 及び JIS A 5541 に規定する種類及び記号によって,次の順序で表す。

1 項:規格番号

2 項:左ねじターンバックルボルトの種類を示す記号(左ねじを示す L)

3 項:ターンバックル胴の種類を示す記号

4 項:右ねじターンバックルボルトの種類を示す記号(右ねじを示す R)

長尺用羽子板ボルトの場合は“ SW・”の後に接続用ターンバックル胴の種類を示す記号を示す。

5 項:製品の区分を表す記号。2 項∼4 項の製品の区分をまとめてこの位置に表記する(炭素鋼製品は除く。)。

6 項:ねじの呼び×ターンバックルの呼び長さ

ターンバックルの呼び長さとは,

図 1,図 2,図 及び図 に示すように一対のターンバックルボル

トの長さ(L

1

及び L

2

)に,ねじの呼びに応じた

表 の中あき長さ(m)(参考寸法)を加えたものを

いう。ここでの中あき長さは規格値ではなく,ターンバックルがもつねじによる長さ調整機能を発

揮するために必要な寸法を参考寸法として表す。

製品形式の呼び方及び図の具体例を,次の

例 1∼例 及び図 1∼図 に示す。

例 1  JIS A 5540 S(L)-ST-S(R)  M16×2500  (図 参照) 

S(L):左ねじ羽子板ボルト,ST:胴は割枠式,S(R):右ねじ羽子板ボルト,炭素鋼製品(省略),

M16×2500:ねじの呼びは M16,ターンバックルの呼び長さ 2 500 mm のものを示す。

L

1

:左ねじ羽子板ボルトの長さ    L

2

:右ねじ羽子板ボルトの長さ

L

3

:ターンバックルの呼び長さ    m:中あき長さ

a) 

  注

a)

  中あき長さは

表 による。ただし,寸法は参考寸法とする。

図 1−ターンバックルの例(1) 

例 2  JIS A 5540 S(L)-ST-D(R)  HDZ  M24×1800  (図 参照) 

S(L):左ねじ羽子板ボルト,ST:胴は割枠式,D(R):右ねじ両ねじボルト,HDZ:溶融亜鉛め

っき付き炭素鋼製品,M24×1800:ねじの呼びは M24,ターンバックルの呼び長さ 1 800 mm

のものを示す。

1 項

2 項(L)

3 項

4 項(R)

5 項

6 項


3

A 5540:2008

L

1

:左ねじ羽子板ボルトの長さ    L

2

:右ねじ両ねじボルトの長さ

L

3

:ターンバックルの呼び長さ    m:中あき長さ

a) 

  注

a)

図 

a) 

参照。

図 2−ターンバックルの例(2) 

例 3  JIS A 5540 S(L)-PT-S(R)  SUS  M20×3150  (図 参照) 

S(L):左ねじ羽子板ボルト,PT:胴はパイプ式,S(R):右ねじ羽子板ボルト,SUS:ステンレ

ス鋼製品,M20×3150:ねじの呼びは M20,ターンバックルの呼び長さ 3 150 mm のものを示

す。

L

1

:左ねじ羽子板ボルトの長さ    L

2

:右ねじ羽子板ボルトの長さ

L

3

:ターンバックルの呼び長さ    m:中あき長さ

a) 

  注

a)

図 

a) 

参照。

図 3−ターンバックルの例(3) 

例 4  JIS A 5540 S(L)-ST-SWPTJ(R)  M16×9200  (図 参照) 

S(L):左ねじ羽子板ボルト,ST:胴は割枠式,SW・PTJ(R):右ねじ長尺用羽子板ボルト(接続

用胴はパイプ式)

,炭素鋼製品(省略)

,M16×9200:ねじの呼びは M16,ターンバックルの呼

び長さ 9 200 mm のものを示す。

L

1

:左ねじ羽子板ボルトの長さ    L

2

:右ねじ羽子板ボルトの長さ

L

3

:ターンバックルの呼び長さ    m:中あき長さ

a) 

  注

a)

図 

a) 

参照。

図 4−ターンバックルの例(4) 



A 5540:2008

表 1−ねじの呼びに対応する中あき長さ 

単位  mm

ねじの呼び  M6  M8 M10 M12 M14

M16

M18

M20  M22

M24  M27  M30

M33

中あき長さ  50 60 70 100 115

120  140  150  165  170  200 200

220

性能 

5.1 

引張強度 

ターンバックルの引張強度は,6.1 によって試験したとき,

表 を満足しなければならない。

5.2 

永久変形 

ターンバックルの永久変形は,6.2 の試験方法によって

表 に示す保証荷重に相当する力を加えた後,使

用上有害な変形を生じてはならない。

表 2−性能 

単位  kN

炭素鋼製品,

溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

a)

ステンレス鋼製品

ねじの呼び

引張強度

(最小値)

保証荷重

b)

引張強度

(最小値)

保証荷重

b)

 M6

8.30

4.87

 M8

15.3

8.96

 M10

24.2

14.2

31.5

14.2

 M12

35.2

20.7

45.8

20.7

 M14

48.4

28.4

 M16

65.2

38.3

84.8

38.3

 M18

81.1

47.6

 M20

103

60.2

133

60.2

 M22

126

74.3

164

74.3

 M24

148

86.8

192

86.8

 M27

191

112

 M30

235

138

 M33

289

170

a)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品は,M10∼M33 とする。

b)

  保証荷重は,短期許容応力に相当する。

試験方法 

6.1  引張強度

附属書 に規定するターンバックルボルト及び JIS A 5541 に規定するターンバックル胴を組み合わせる。

ターンバックルが使用される状態に準じた状態をつくり出せる適切なジグを用いて,ターンバックルの羽

子板ボルトには取付けボルトを通し,また,両ねじボルトには取付けナットをはめ合わせて,ジグに固定

してからターンバックルの軸方向に力を加え,引張強度を求める。取付けボルト及び取付けナットは,

A.3∼表 A.10 に示したものを用いる。

なお,ターンバックルが長くて試験機などに収まらない場合には,ターンバックルボルトを切断して,

羽子板部分及びねじ部がターンバックル胴にセットされた部分を別々に試験してもよい。

6.2 

永久変形 


5

A 5540:2008

6.1 と同様にして,表 の保証荷重に相当する力を 15 秒間加えた後に力を取り除き,使用上有害な変形

の有無を調べる。 

検査 

7.1 

引張強度 

引張強度は,6.1 の方法で試験を行い,5.1 の規定に適合しなければならない。ジグ又は引張試験機の能

力などの条件によって,引張強度の最小値を求めることが不可能な場合は,

表 の引張強度(最小値)に

相当する力で試験体が破断しなければ,5.1 の規定に適合していると判断してもよい。

7.2 

永久変形 

永久変形は,6.2 の方法で試験を行い,5.2 の規定に適合しなければならない。

包装 

包装は,次による。

a)  ねじ部に損傷,じんあいの付着を生じないよう,適切な方法によって包装しなければならない。

b)  ターンバックルは,これを構成するターンバックルボルトとターンバックル胴とを別々に包装するこ

とができる。長尺用ターンバックルボルトを構成する両ねじボルト,接続用ターンバックル胴及び羽

子板ボルトを別々に包装する場合は,それぞれの構成材を使用者側で正しくつなぐことができるよう

に,組立手順書を添付する。

表示 

9.1 

包装の表示 

検査に合格したターンバックルには,包装ごとに,次の項目を容易に消えない方法で見やすい箇所に表

示しなければならない。ただし,受渡当事者間の協定によって,次の項目の一部を省略してもよい。

a)  規格番号,製品の形式

b)  ねじの呼び

c)  製造番号

d)  製造業者名又はその略号

9.2 

製品の表示 

ターンバックルには,製造業者名又はその略号を容易に消えない方法で見やすい箇所に表示しなければ

ならない。

10  報告書 

製造業者は,注文者の要求があった場合には,5.1 及び 5.2 に規定する引張強度及び永久変形についての

データを記載した報告書を提出しなければならない。



A 5540:2008

附属書A 
(規定)

ターンバックルボルトの種類,形状及び寸法

序文 

この附属書は,ターンバックルボルトの種類,形状及び寸法並びに外観について規定する。

A.1  種類及び記号 

ターンバックルボルトの種類及び記号は,その形状及び製品の区分によって,

表 A.1 のように表す。タ

ーンバックルボルトは,使用する材料の鋼種,めっき処理の有無によって炭素鋼製品,溶融亜鉛めっき付

き炭素鋼製品及びステンレス鋼製品に区分する。

表 A.1−種類及び記号 

種類

記号

製品の区分

羽子板ボルト S

炭素鋼製品

溶融亜鉛めっき付き羽子板ボルト S-HDZ

溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

ステンレス羽子板ボルト S-SUS

ステンレス鋼製品

両ねじボルト D

炭素鋼製品

溶融亜鉛めっき付き両ねじボルト D-HDZ

溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

ステンレス両ねじボルト D-SUS

ステンレス鋼製品

長尺用羽子板ボルト SW

炭素鋼製品

長尺用溶融亜鉛めっき付き羽子板ボルト SW-HDZ  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

長尺用ステンレス羽子板ボルト SW-SUS

ステンレス鋼製品

A.2  形状,寸法及びその許容差並びにねじの種類 
A.2.1  
形状,寸法及びその許容差 

ターンバックルボルトの形状,寸法及びその許容差は,

表 A.3∼表 A.10 による。

A.2.2  ねじの種類 

ターンバックルボルトのねじは,JIS B 0205-2 の並目ピッチとする。また,転造加工後のねじ精度は,

JIS B 0209-3 の公差域クラス 8 g とする。

注記  取付けボルト及び取付けナットは,建築用ターンバックルに含まれないが,表 A.3∼表 A.10 

示したものを使用しなければ,ターンバックルに要求される強度は確保できない。

A.3  外観 

ターンバックルボルトの外観は,次による。

a)  割れ,きずなどの使用上有害な欠点があってはならない。

b)  使用上有害な偏心・曲がりがあってはならない。

A.4  材料 

ターンバックルボルトの材料は,

表 A.2 による。


7

A 5540:2008

表 A.2−材料 

種類

材料

丸鋼 M6∼M10 は JIS G 3101 の SS400

M12∼M33 は JIS G 3138 の SNR400B

羽子板ボルト

平鋼及び板

M6∼M10 は JIS G 3101 の SS400 
M12∼M33 は JIS G 3136 の SN400B

丸鋼 M10 は JIS G 3101 の SS400

M12∼M33 は JIS G 3138 の SNR400B

溶融亜鉛めっき付き羽子板ボルト

平鋼及び板

M10 は JIS G 3101 の SS400 
M12∼M33 は JIS G 3136 の SN400B

両ねじボルト M6∼M10 は JIS G 3101 の SS400

M12∼M33 は JIS G 3138 の SNR400B

溶融亜鉛めっき付き両ねじボルト M6∼M10 は JIS G 3101 の SS400

M12∼M33 は JIS G 3138 の SNR400B

ステンレス羽子板ボルト

丸鋼及び平

JIS G 4321 の SUS304A

ステンレス両ねじボルト

丸鋼

JIS G 4321 の SUS304A

A.5  製造方法 
A.5.1  
ターンバックルボルトの軸部 

ターンバックルボルトの軸部は,溶接による接合があってはならない。

A.5.2  長尺用ターンバックルボルトの接続用ターンバックル胴へのはめ込み 

右ねじ両ねじボルト及び右ねじ羽子板ボルトを接続用ターンバックル胴でつないだものを 1 本の長尺用

ターンバックルボルトとする。両ねじボルト及び羽子板ボルトを接続用ターンバックル胴にはめ込む場合

は,共回りがおこらないように,ねじの回転が止まるまではめ込む。

A.5.3  ターンバックルボルトのねじ部 

ターンバックルボルトのねじ部は,転造加工法によって製作する。

A.5.4  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品 

溶融亜鉛めっきの付着量は,JIS H 8641 に規定する HDZ35 以上とする。

A.5.5  ステンレス鋼製品の羽子板ボルトの溶接部の処理 

ステンレス鋼製品の羽子板ボルトの溶接部は,溶接後酸洗い又はこれに準じる処理を行って仕上げなけ

ればならない。

A.6  試験方法 
A.6.1  
形状及び寸法の測定 

形状及び寸法は,JIS B 7507 によるノギスを用いて,ターンバックルボルト軸径  (d

1

),ねじ部の長さ  (S)

などの

表 A.3∼表 A.10 に示す寸法を測定する。

A.6.2  ねじ精度の測定 

ねじ精度の測定は,JIS B 0251 によるメートルねじ用限界ゲージ又はこれに代わるねじ精度測定器具を

用いて,ねじ転造加工後測定する。

A.7  検査 
A.7.1  
形状及び寸法 



A 5540:2008

形状及び寸法は,A.6.1 の方法で測定し,A.2.1 の規定に適合しなければならない。

A.7.2  ねじ精度 

ねじ精度は,A.6.2 の方法で測定し,A.2.2 の規定に適合しなければならない。

A.7.3  外観 

ターンバックルボルトの外観は,目視によって確認し,A.3 の規定に適合しなければならない。

A.8  ターンバックルボルトのねじ部の処理 

炭素鋼製品は,潤滑油などによる防せい(錆)処理を施す。溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品で,溶融亜

鉛めっき後にねじ転造加工した製品は,JIS H 8641 に規定する HDZ35 と同等以上の防せい処理を施す。

ステンレス鋼製品は,ねじ転造加工時に付着した切削油などを除去する。


9

A 5540:2008

表 A.3−羽子板ボルト

a) 

の形状及び寸法 

炭素鋼製品及び溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

単位  mm

ねじの呼び  d

M6  M8  M10 M12 M14 M16 M18 M20 M22

最大 5.32

7.16

8.99

10.83

12.66

14.66

16.33

18.33

20.33

軸径 
  d

1

最小 5.14

6.97

8.78

10.59

12.41

14.41

16.07

18.07

20.07

調整ねじの長さ  S 
許容差  +25,−8

50  63  75  100 115 125 140 150 165

取付けボルト穴径  R 
許容差  0,−0.5

13 13 13 17 17 17 21.5

21.5

23.5

端あき  e

1

b)

許容差  +5,0

30 30 30 40 40 45 50 50 55

へりあき  e

2

b)

許容差  +10,0

22 22 22 28 28 28 34 34 38

切板製

板厚  t

3.2

3.2

3.2

6 6 6 9 9 9

へりあき  e

2

b)

許容差  +10,0

19 19 19 25 25 25 32.5

32.5

37.5

平鋼製

板厚  t

3 3 4.5

6 6 6 9 9 9

ボルト端から取付けボルト

穴心のあき  e

3

(最小)

35 38 40 52 52 59 66 66 73

溶接長さ

c)

 W  許容差  +10,0

30 30 35 40 50 55 60 75 85

ねじの呼び

M12 M12 M12 M16 M16 M16 M20 M20 M22

本数

1 1 1 1 1 1 1 1 1

取 付 け ボ
ルト

d)

種類

−  JIS B 1186 に規定する 2 種高力ボルト F10T

e)

−  JIS B 1180 に規定する呼び径六角ボルトの機械的性質 10.9

e)

a)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品は,M10∼M22 とする。

b)

  e

1

e

2

が確保されていれば形状は自由でよい。

c)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,全周溶接を施さなければならない。

d)

  羽子板とガセットプレートとの接合は,表に示す取付けボルトを使用し,一面せん断(支圧)接合とする。

せん断部にねじ部がかからない取付けボルトを選定しなければならない。

e)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,JIS B 1186 に規定する 1 種 F8T A に準じるものを使用する。

JIS B 1186 に代わるものとして,参考文献に示すものを用いてもよい。


10 
A 5540:2008

表 A.4−長尺用羽子板ボルト

a)

  の形状及び寸法 

炭素鋼製品及び溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

接続用ターンバックル胴は  JIS A 5541 を使用する

単位  mm

ねじの呼び  d

M6  M8  M10 M12 M14 M16 M18 M20 M22

最大 5.32

7.16

8.99

10.83

12.66

14.66

16.33

18.33

20.33

軸径 
  d

1

最小 5.14

6.97

8.78

10.59

12.41

14.41

16.07

18.07

20.07

調整ねじの長さ  S

許容差  +25,−8

50  63  75  100 115 125 140 150 165

取付けボルト穴径  R

許容差  0,−0.5

13 13 13 17 17 17 21.5

21.5

23.5

端あき  e

1

b)

許容差  +5,0

30 30 30 40 40 45 50 50 55

へりあき  e

2

b)

許容差  +10,0

22 22 22 28 28 28 34 34 38

切板製

板厚  t

3.2

3.2

3.2

6 6 6 9 9 9

へりあき  e

2

b)

許容差  +10,0

19 19 19 25 25 25 32.5

32.5

37.5

平鋼製

板厚  t

3 3 4.5

6 6 6 9 9 9

ボルト端から取付けボルト 
穴心のあき  e

3

(最小)

35 38 40 52 52 59 66 66 73

溶接長さ

c)

 W  許容差  +10,0

30 30 35 40 50 55 60 75 85

ねじの呼び

M12 M12 M12 M16 M16 M16 M20 M20 M22

本数

1 1 1 1 1 1 1 1 1

取 付 け ボ
ルト

d)

種類

−  JIS B 1186 に規定する 2 種高力ボルト F10T

e)

−  JIS B 1180 に規定する呼び径六角ボルトの機械的性質 10.9

e)

a)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品は,M10∼M22 とする。

b)

  e

1

e

2

が確保されていれば形状は自由でよい。

c)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,全周溶接を施さなければならない。

d)

  羽子板とガセットプレートとの接合は,表に示す取付けボルトを使用し,一面せん断(支圧)接合とする。

せん断部にねじ部がかからない取付けボルトを選定しなければならない。

e)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,JIS B 1186 に規定する 1 種 F8T A に準じるものを使用する。

JIS B 1186 に代わるものとして,参考文献に示すものを用いてもよい。


11

A 5540:2008

表 A.5−羽子板ボルトの形状及び寸法 

炭素鋼製品及び溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

単位  mm

ねじの呼び  d

M24 M27 M30 M33

最大

22.00 25.00 27.67 30.67

軸径 
  d

1

 

最小

21.69 24.69 27.34 30.34

調整ねじの長さ  S 
許容差  +25,−8

175 200 200 225

取付けボルト穴径  
許容差  0,−0.5

21.5 21.5 23.5 23.5

穴ピッチ  P

60 60 60 60

端あき  e

1

a)

  許容差+5,0 50 50 55 55

へりあき  e

2

a)

許容差  +10,0

38 45 45 50

切板製

板厚  t 9

9

12

12

へりあき  e

2

a)

許容差  +10,0

37.5 45  45  50

平鋼製

板厚  t 9

9

12

12

ボルト端から取付けボルト 
穴心のあき  e

3

(最小)

70 72 83 90

溶接長さ

b)

 W  許容差+10,0 85

90

95

110

ねじの呼び

M20 M20 M22 M22

本数

2 2 2 2

取付けボル

c)

種類

−  JIS B 1186 に規定する 2 種高力ボルト F10T

d)

−  JIS B 1180 に規定する呼び径六角ボルトの機械的性

質 10.9

d)

a)

  e

1

e

2

が確保されていれば形状は自由でよい。

b)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,全周溶接を施さなければならない。

c)

  羽子板とガセットプレートとの接合は,表に示す取付けボルトを使用し,一面せん断(支

圧)接合とする。せん断部にねじ部がかからない取付けボルトを選定しなければならな

い。

d)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,JIS B 1186 に規定する 1 種 F8T A に準じるも

のを使用する。

JIS B 1186 に代わるものとして,参考文献に示すものを用いてもよい。


12 
A 5540:2008

表 A.6−長尺用羽子板ボルトの形状及び寸法 

炭素鋼製品及び溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

接続用ターンバックル胴は  JIS A 5541  を使用する

単位  mm

ねじの呼び  d

M24 M27 M30 M33

最大

22.00 25.00 27.67 30.67

軸径 
  d

1

 

最小

21.69 24.69 27.34 30.34

調整ねじの長さ  S 
許容差  +25,−8

175 200 200 225

取付けボルト穴径  
許容差  0,−0.5

21.5 21.5 23.5 23.5

穴ピッチ  P

60 60 60 60

端あき  e

1

a)

  許容差+5,0 50 50 55 55

へりあき  e

2

a)

許容差  +10,0

38 45 45 50

切板製

板厚  t 9

9

12

12

へりあき  e

2

a)

許容差  +10,0

37.5 45  45  50

平鋼製

板厚  t 9

9

12

12

ボルト端から取付けボルト 
穴心のあき  e

3

(最小)

70 72 83 90

溶接長さ

b)

 W  許容差+10,0 85

90

95

110

ねじの呼び

M20 M20 M22 M22

本数

2 2 2 2

取付けボル

c)

種類

−  JIS B 1186 に規定する 2 種高力ボルト F10T

d)

−  JIS B 1180 に規定する呼び径六角ボルトの機械的性

質 10.9

d)

a)

  e

1

e

2

が確保されていれば形状は自由でよい。

b)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,全周溶接を施さなければならない。

c)

  羽子板とガセットプレートとの接合は,表に示す取付けボルトを使用し,一面せん断(支

圧)接合とする。せん断部にねじ部がかからない取付けボルトを選定しなければならな

い。

d)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品の場合は,JIS B 1186 に規定する 1 種 F8T A に準じるも

のを使用する。

JIS B 1186 に代わるものとして,参考文献に示すものを用いてもよい。


13

A 5540:2008

表 A.7−両ねじボルト

a) 

の形状及び寸法 

炭素鋼製品及び溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品

単位  mm

ねじの呼び  d

M6  M8  M10 M12 M14 M16 M18

最大 5.32

7.16

8.99

10.83

12.66

14.66

16.33

軸径 
  d

1

 

最小 5.14

6.97

8.78

10.59

12.41

14.41

16.07

調整ねじの長さ  S 
許容差  +25,−8

50  63  75 100 115 125 140

ねじの呼び

M6  M8  M10 M12 M14 M16 M18

取付けナット

種類,個数

JIS B 1181  2 個

ねじの呼び  d

M20 M22 M24 M27 M30 M33

最大 18.33

20.33

22.00

25.00

27.67

30.67

軸径 
  d

1

 

最小 18.07

20.07

21.69

24.69

27.34

30.34

調整ねじの長さ  S 
許容差  +25,−8

150 165 175 200 200 225

ねじの呼び

M20 M22 M24 M27 M30 M33

取付けナット

種類,個数

JIS B 1181  2 個

a)

  溶融亜鉛めっき付き炭素鋼製品は,M10∼M33 とする。 


14 
A 5540:2008

表 A.8−ステンレス羽子板ボルトの形状及び寸法 

ステンレス鋼製品    M10∼M22 

単位  mm

ねじの呼び  d

M10 M12 M16 M20 M22 M24

最大

8.99 10.83 14.66 18.33 20.33 22.00

軸径  d

1

最小

8.78 10.59 14.41 18.07 20.07 21.69

調整ねじの長さ  S  許容差  +25,−8

75 100 125 150 165 175

取付けボルト穴径  R  許容差  0,−0.5

13 17 17 21.5

23.5

21.5

端あき  e

1

a)

  許容差  +5,0

30 40 45 50 55 50

穴ピッチ  P(M24 だけ)

− 60

へりあき  e

2

a)

  許容差  +10,0

19 25 25 32.5

37.5

37.5

板厚  t

5 6 6 9 9 9

ボルト端から取付けボルト 
穴心のあき  e

3

(最小)

40 52 59 66 73 70

溶接長さ  W

許容差  +10,0

35 40 55 75 85 85

ねじの呼び

M12 M16 M16 M20 M22 M20

本数

1 1 1 1 1 2

取付けボルト

b)

種類

JIS B 1186 に規定する 2 種高力ボルト F10T

c)

。材質はステンレス製と

する。

a)

  e

1

e

2

が確保されていれば形状は自由でよい。

b)

  羽子板とガセットプレートとの接合は,表に示す取付けボルトを使用し,一面せん断(支圧)接合とする。

せん断部にねじ部がかからない取付けボルトを選定しなければならない。

c) 

JIS B 1186 に代わるものとして,参考文献に示すものを用いてもよい。

ステンレス鋼製品    M24


15

A 5540:2008

表 A.9−長尺用ステンレス羽子板ボルトの形状及び寸法 

ステンレス鋼製品    M10∼M22 

接続用ターンバックル胴は JIS A 5541 を使用する

単位  mm

ねじの呼び  d

M10 M12 M16 M20 M22 M24

最大

8.99 10.83 14.66 18.33 20.33 22.00

軸径  d

1

最小

8.78 10.59 14.41 18.07 20.07 21.69

調整ねじの長さ  S  許容差  +25,−8

75 100 125 150 165 175

取付けボルト穴径  R  許容差  0,−0.5

13 17 17 21.5

23.5

21.5

端あき  e

1

a)

  許容差  +5,0

30 40 45 50 55 50

穴ピッチ  P(M24 だけ)

− 60

へりあき  e

2

a)

  許容差  +10,0

19 25 25 32.5

37.5

37.5

板厚  t

5 6 6 9 9 9

ボルト端から取付けボルト

穴心のあき  e

3

(最小)

40 52 59 66 73 70

溶接長さ  W

許容差  +10,0

35 40 55 75 85 85

ねじの呼び

M12 M16 M16 M20 M22 M20

本数

1 1 1 1 1 2

取付けボルト

b)

種類

JIS B 1186 に規定する 2 種高力ボルト F10T

c)

。材質はステンレス製と

する。

a)

  e

1

e

2

が確保されていれば形状は自由でよい。

b)

  羽子板とガセットプレートとの接合は,表に示す取付けボルトを使用し,一面せん断(支圧)接合とする。

せん断部にねじ部がかからない取付けボルトを選定しなければならない。

c) 

JIS B 1186 に代わるものとして,参考文献に示すものを用いてもよい。

ステンレス鋼製品    M24


16 
A 5540:2008

表 A.10−ステンレス両ねじボルトの形状及び寸法 

ステンレス鋼製品

単位  mm

ねじの呼び  d

M10 M12 M16 M20 M22 M24

最大

8.99 10.83 14.66 18.33 20.33 22.00

軸径  d

1

最小

8.78 10.59 14.41 18.07 20.07 21.69

調整ねじの長さ  S 
許容差  +25,−8

75 100 125 150 165 175

ねじの呼び M10 M12 M16 M20 M22 M24

取付けナット

種類,個数

JIS B 1181 を 2 個とする。

参考文献  日本鋼構造協会規格 JSS   09-1996  構造用トルシア形高力ボルト・六角ナット・平座金のセ

ット