>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 5506:1995 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 A

5506

:2008

下水道用マンホールふた

追補 1)

Manhole covers for sewerage works

(Amendment 1)

JIS A 5506:1995 を,次のように改正する。

1.(適用範囲)の備考の JIS B 0407  鋳鉄品普通許容差を,JIS B 0403  鋳造品−寸法公差方式及び削り代方

式に置き換える。

5.(形状,寸法及び寸法の許容差)の“JIS B 0407 の並級以上”を,“JIS B 0403 の表 1(鋳造品の寸法公

差)の CT11(肉厚は CT12)

”に置き換える。 

6.1(ねずみ鋳鉄ふた)の“3 種(FC200),4 種(FC250)又は 5 種(FC300)の材質とする”を,“FC200,

FC250 又は FC300 の材質とする”に置き換える。

6.2(球状黒鉛鋳鉄ふた)の“3 種(FCD500),4 種(FCD600)又は 5 種(FCD700)の材質とする”を,

“FCD500-7,

FCD600-3 又は FCD700-2 の材質とする”に置き換える。

6.3(鉄筋コンクリートふた)の

(1)

の“普通鉄線又は溶接金網用鉄線とする”を,

“普通鉄線又はコンクリ

ート用鉄線とする”に置き換える。

6.3(鉄筋コンクリートふた)の

(2)

の“2 種(FC150)又は 3 種(FC200)の材質とする”を,

“FC150 又

は FC200 の材質とする”に置き換える。

付図 の備考 1.

の“3 種(FC200)の材質のものに適用し,4 種(FC250)及び 5 種(FC300)の材質のも

のは”を,

“FC200 の材質のものに適用し,FC250 及び FC300 の材質のものは”に置き換える。

付図 の備考 1.

の“3 種(FCD500)の材質のものに適用し,4 種(FCD600)及び 5 種(FCD700)の材質

のものは”を,

“FCD500-7 の材質のものに適用し,FCD600-3 及び FCD700-2 の材質のものは”に置き換え

る。



A 5506:2008

付図 の備考 2.

の“ねずみ鋳鉄品の 3 種(FC200)の材質のものに適用し,ねずみ鋳鉄品の 4 種(FC250)

及び 5 種(FC300)

,球状黒鉛鋳鉄品の 3 種(FCD500)

,4 種(FCD600)及び 5 種(FCD700)の材質のも

のは”を,“ねずみ鋳鉄品の FC200 の材質のものに適用し,ねずみ鋳鉄品の FC250 及び FC300,球状黒鉛

鋳鉄品の FCD500-7,FCD600-3 及び FCD700-2 の材質のものは”に置き換える。

付図 の備考 2.

の“3 種(FCD500)の材質のものに適用し,4 種(FCD600)及び 5 種(FCD700)の材質

のものは”を,

“FCD500-7 の材質のものに適用し,FC600-3 及び FCD700-2 の材質のものは”に置き換え

る。

付図 の備考 5.

の“3 種(FCD500)の材質のものに適用し,4 種(FCD600)及び 5 種(FCD700)の材質

のものは”を,

“FCD500-7 の材質のものに適用し,FC600-3 及び FCD700-2 の材質のものは”に置き換え

る。