>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 5390

:2012

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 5390:2001 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 A

5390

:2012

鉄筋コンクリート製品用プラスチックスペーサ

(追補 1)

Plastics spacers for precast concrete

(Amendment 1)

JIS A 5390:2001

を,次のように改正する。

2.

(引用規格)の JIS K 6921-2  プラスチック−ポリプロピレン (PP) 成形用及び押出用材料−第 2 部:試

験片の作り方及び諸性質の求め方を,JIS K 6921-2  プラスチック−ポリプロピレン (PP) 成形用及び押出

用材料−第 2 部:試験片の作製方法及び特性の求め方に置き換える。

2.

(引用規格)の JIS K 6922-2  プラスチック−ポリエチレン (PE) 成形用及び押出用材料−第 2 部:試験

片の作り方及び諸性質の求め方を,JIS K 6922-2  プラスチック−ポリエチレン (PE) 成形用及び押出用材

料−第 2 部:試験片の作製方法及び特性の求め方に置き換える。

2.

(引用規格)の JIS K 7113  プラスチックの引張試験方法を,JIS K 7161  プラスチック−引張特性の試

験方法  第 1 部:通則に置き換える。

7.

(材料)の

表 5(成形材料ポリプロピレン試験項目及び規格値)及び表 6(成形材料ポリエチレン試験項

目及び規格値)の試験方法の JIS K 7113 を,JIS K 7161 に置き換える。

7.

(材料)の

表 5(成形材料ポリプロピレン試験項目及び規格値)の単位の N/mm

2

を,MPa に置き換える。

12.

(報告)の

表 8[材料試験成績表の標準様式(様式 2)]及び表 9[材料試験成績表の標準様式(様式 3)]

の試験方法の JIS K 7113 を,JIS K 7161 に置き換える。

12.

(報告)の

表 8[材料試験成績表の標準様式(様式 2)]の単位の N/mm

2

を,MPa に置き換える。